ピンバイスのおすすめ商品5選|模型やプラモデル製作に役立つ【人気のタミヤも】

ピンバイスのおすすめ商品5選|模型やプラモデル製作に役立つ【人気のタミヤも】
空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

小さな穴をあけたい時にあると便利な道具「ピンバイス」。先端にドリルを取りつけることで、木材やプラスチック、アクリル板などさまざまなものに穴を開けることができます。最近はダイソーやセリアといった100均で購入することもできます。DIYなどで使う場合は、自分の目的や使い方に合ったものを選ぶと作業効率がぐんとよくなりますよ。こちらの記事では空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんに聞いた、ピンバイスを選ぶ時のポイントとおすすめの商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ピンバイスとは 極小の穴をあけるのに最適!

ピンバイスとは、素材を割ることなく比較的小さな穴をあけることのできる精密工具です。

そして金属専用、木材専用、プラスチック専用など、その穴をあける素材それぞれに専用のピンバイスが存在します。DIYで薄いベニヤ板に穴をあけるなら木材専用、レジンやプラ板といった樹脂の手芸などには、プラスチック専用が向いているといえます。

1mm以下の大きいドリルではあけられない小さな穴や、2~5mmといったサイズの穴もあけることができます。

ピンバイスの選び方 使い方もあわせて解説!

空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんに、ピンバイスを選ぶときのポイントを教えてもらいました。プロがどんな点に注目しているのかを参考にして、自分に合ったドリル刃や太さのものを選んでみましょう。

ピンバイス
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ピンバイスは取り付けるドリルをつけかえることで、さまざまな大きさの穴をあけることができる道具です。穴をあける素材によってピンバイスも変わってきますので、自分が使いたい場面を想像したうえで検討しましょう。

交換式か固定式か、用途に合わせて選ぶ

ピンバイスは大きくわけて交換式と固定式の2種類になります。

あらゆるサイズに対応、ドリルを付け替える「交換式」

本体とドリルが別々になっており、あらゆるサイズを付け替えて使用できるのがメリットです。本体の先端はコレットチャックとよばれる十字の溝が入ったタイプです。このコレットチャックがサイズ別にいくつも用意されているため、あらゆるサイズに対応できるようになっています。

DIY初心者などはじめて購入する方は交換式がおすすめです。

大きな穴をあける本体とドリルが一体になった「固定式」

ドリルの画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

比較的大きな穴をあけるのに向いているのが、本体とドリルが一体になっている固定式です。大きな穴をあけるにつれて、ドリルじたいに負荷がかかってきます。そのため、交換式ではドリルがぐらついてしまうこともあり、2mm以上の大きな穴をあける場合は固定式がおすすめです。

空間デザイン・DIYクリエイター

ピンバイス選びに迷ったらセットもおすすめ

ピンバイスは精密なドリルと考えてください。ピンバイスビットのサイズは、一般的に最小サイズの0.3mmほどから3mmほどまでこまかくサイズ分けされています。そのため、あけたい穴のサイズをしっかりと確認し、それに合ったサイズのピンバイスを選択しなければいけません。

ピンバイスにはサイズ固定のものと、ビット交換ができるもの、交換用のビットがセットになっているものもあるので、いくつかサイズがほしい場合にはセットから選ぶのもいいでしょう。

手にフィットするサイズかどうか

Jekenoのピンバイスならプラスチックからやわらかい金属まで、いろいろな素材に対応できます。

空間デザイン・DIYクリエイター

ピンバイスを使った作業はとても繊細なものです。そのため手にフィットし、使いやすいかがとても重要に。持ちづらいものを使うと、穴があけづらかったり、穴が狙った位置からズレてしまったりします。ピンバイスを鉛筆持ちをした際に、親指と人差し指に引っかかりができる凹凸のあるピンバイスは比較的フィットしやすいです。

事故防止に役立つ滑り止め加工

ピンバイスのグリップ

ピンバイスがストレートな形のものなら、ラバーのグリップがついていると、すべりづらいのでとても持ちやすく、使いやすいでしょう。また、万が一の事故やケガ防止にも役立ちます。

ピンバイス本体の大きさや、持ち手部分の形状や素材、グリップがついているのか、などをチェックするといいと思います。

長くつかうなら100均ではなく丈夫なものがおすすめ

ピンバイスは100円均一などでも購入することができます。安価で購入できるため利用者も多いようですが、やはり耐久性が気になるところです。長く利用するなら1000円前後で購入できるピンバイスがおすすめです。

ピンバイスのおすすめ5選 人気のタミヤなど

上で紹介したピンバイスの選び方のポイントをふまえて、空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希と編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。商品ごとに丁寧に解説していただきましたので、ぜひチェックしてみてください! 手作りのアクセサリーやガンプラを作る時にも便利ですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Jekeno 『ハンドドリル ピンバイス 26セット』

Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』 Jekeno『ハンドドリルピンバイス26セット』

出典:Amazon

本体サイズ(長さ) 約9.5cm
素材 超硬合金、高速鋼
付属ドリルサイズ 0.5mm、0.6mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.35mm、3.0mm
セット内ドリル本数 9種類/26本

Thumb lg 997d4b4a 1737 4240 91bf a97cab28f9b0

空間デザイン・DIYクリエイター

ピンバイスをはじめて買うならこのセット!

ピンバイスとドリルビット9サイズがセットになった商品です。0.5mmと0.6mmが5本ずつ、1.0mmが3本、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.35mm、3.0mmが2本ずつ入っているので、折れてしまったときの交換もできて便利です。持ち手が凹凸になっており手にフィットしやすいでしょう。

これだけ入っていて手ごろな価格なので、コストパフォーマンスはバツグン! はじめてピンバイスを購入する方におすすめな商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ShiZak 『SHiZAK ピンバイス』

ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』 ShiZak『SHiZAKピンバイス』

出典:Amazon

本体サイズ(長さ)
素材
付属ドリルサイズ 0.8mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.2mm、2.5mm、2.8mm、3.0mm
セット内ドリル本数 10種類/20本

Thumb lg 997d4b4a 1737 4240 91bf a97cab28f9b0

空間デザイン・DIYクリエイター

柔らかい素材に利用しやすいピンバイスのセット

こちらは0.8mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.2mm、2.5mm、2.8mm、3.0mmのドリルビットがそれぞれ2本ずつ入っているセット。対象物を固定しておくバイスもセットになっているので、穴あけの際にとても便利です。プラスチックや樹脂、木の実など、比較的やわらかい素材専用ピンバイスなので、手芸、レジン工作などをする方におすすめな商品です。

専用ヤスリやクロスもついているので、作品の仕上げまでをカバーできます。専用のポーチに入れて収納や持ち運びができるのもうれしいポイント。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ANEX『ラバーグリップ ピンバイス収納式』

ANEX『ラバーグリップピンバイス収納式』

出典:Amazon

本体サイズ(長さ) 10.2cm
素材
付属ドリルサイズ 付属なし
セット内ドリル本数 付属なし

Thumb lg 997d4b4a 1737 4240 91bf a97cab28f9b0

空間デザイン・DIYクリエイター

ラバーグリップつきで作業しやすいピンバイス

こちらの商品は、ピンバイス本体の持ち手部分にラバーグリップがついている商品。こまかい穴あけ作業がスムーズにできます。こまかい作業は手に汗をかき、すべってしまって穴がズレてしまう、なんてこともしばしば。こちらの商品は、そんな失敗を少なくしてくれるピンバイスです。ストレートの持ち手ですが、ラバーグリップがついていることから、すべりづらくしっかりと持つことができるでしょう。

ドリルビットは別売りですので、自身の用途にあった素材用のサイズのビットを別で購入しましょう。ビットの対応サイズは0.1~3.2mmまでとなっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

タミヤ『精密ピンバイスS』

タミヤ『精密ピンバイスS』

出典:Amazon

本体サイズ(長さ)
素材
付属ドリルサイズ 付属なし
セット内ドリル本数 付属なし

Thumb lg 997d4b4a 1737 4240 91bf a97cab28f9b0

空間デザイン・DIYクリエイター

1mm以下のドリルが取りつけられるピンバイス

使用可能ドリルビットが0.1=1.0mmと、とにかく精密な穴あけが必要な方におすすめな商品。ほかのピンバイスに比べて、取りつけ可能なドリルビットサイズがとても小さく繊細な作りとなっています。ストレートタイプですが、持ち手部分がすべり止めのつぶつぶがついているので、すべりづらくなってます。

対応サイズがとても精密な穴あけ作業で活躍する高精度なピンバイスですので、模型やプラモデルなどの製作に向いている商品といえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Jekeno 『半自動式 ハンドドリル ピンバイス 27セット』

Jekeno『半自動式ハンドドリルピンバイス27セット』

出典:Amazon

本体サイズ(長さ) 約19.6cm
素材 アルミニウム合金
付属ドリルサイズ 0.5mm、0.6mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.35mm、3.0mm
セット内ドリル本数 9種類/27本

Thumb lg 997d4b4a 1737 4240 91bf a97cab28f9b0

空間デザイン・DIYクリエイター

手の疲れを軽減する半自動タイプのピンバイス

こちらのタイプは半自動となっています。穴をあける対象物にドリルビットを当てたあと、ピンバイス本体を下に向けて押しこみます。すると、ピンバイス本体のなかに仕込まれたギアがまわり、手でまわさなくてもドリルがまわってくれるのです。持ち手部分がひょうたん型になっており、手にもよくなじんでくれます。

ピンバイスでの穴あけはこまかい作業なので、半自動はとても便利。大量の穴あけ作業が必要な方などは、手の疲れの軽減にもつながりますのでおすすめします。

「ピンバイス」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Jekeno 『ハンドドリル ピンバイス 26セット』
ShiZak 『SHiZAK ピンバイス』
ANEX『ラバーグリップ ピンバイス収納式』
タミヤ『精密ピンバイスS』
Jekeno 『半自動式 ハンドドリル ピンバイス 27セット』
商品名 Jekeno 『ハンドドリル ピンバイス 26セット』 ShiZak 『SHiZAK ピンバイス』 ANEX『ラバーグリップ ピンバイス収納式』 タミヤ『精密ピンバイスS』 Jekeno 『半自動式 ハンドドリル ピンバイス 27セット』
商品情報
特徴 ピンバイスをはじめて買うならこのセット! 柔らかい素材に利用しやすいピンバイスのセット ラバーグリップつきで作業しやすいピンバイス 1mm以下のドリルが取りつけられるピンバイス 手の疲れを軽減する半自動タイプのピンバイス
本体サイズ(長さ) 約9.5cm 10.2cm 約19.6cm
素材 超硬合金、高速鋼 アルミニウム合金
付属ドリルサイズ 0.5mm、0.6mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.35mm、3.0mm 0.8mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.2mm、2.5mm、2.8mm、3.0mm 付属なし 付属なし 0.5mm、0.6mm、1.0mm、1.2mm、1.5mm、1.8mm、2.0mm、2.35mm、3.0mm
セット内ドリル本数 9種類/26本 10種類/20本 付属なし 付属なし 9種類/27本
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月13日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年5月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ピンバイスの売れ筋をチェック

Amazonでのピンバイスの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ハンドドリルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ピンバイスを購入する前のアドバイス ビットの交換も視野に入れて!

空間デザイン・DIYクリエイター

ピンバイスはとても繊細で精密な穴あけのための工具なので、その穴あけ用のドリルビットも細く繊細です。無理な力が加わるとすぐに曲がってしまう、ときには折れてしまうこともあります。

使い慣れていないうちはドリルビットをダメにしやすいので、最初は安価なものや、ビットのつけ替え予備などがセットになっているものから購入するといいでしょう。

またさまざまな素材に使用できるピンバイスもありますので、とりあえず1本買って使ってみたいという方は幅広く対応できるピンバイスもよいかと思います。自身の用途にあった穴あけが可能なピンバイスを選ぶようにしましょう。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:やきさんま、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/18 コンテンツ修正のため記事を更新しました。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部 大熊武士)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

【低価格・コンパクト】小型電動ドライバーおすすめ15選|最大トルクやビットなどの付属品も紹介

本記事では、DIYアドバイザーの嶋﨑都志子さんへの取材をもとに、小型電動ドライバーの選び方とおすすめ商品15選をご紹介します。小型電動ドライバーはDIYや家具の組み立てなどでのねじ締め作業をラクにしてくれる工具です。手作業でのねじ締めは、締め具合にバラつきがでたり、大量のねじ締めができなかったりと何かと苦労することも多いのではないでしょうか。小型電動ドライバーが1台あれば、ラクなねじ締めはもちろん、パーツの付け替えによって穴あけなどの作業も可能になります。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも

ガストーチおすすめ商品5選|キャンプの火起こしや料理、溶接にも

ガストーチ(ガスバーナー)はアウトドアでの強い味方です。薪や炭の火起こしや、料理で使用して肉や魚を炙ると風味がアップします。ここでは、アウトドアライター/キャンプブロガーのSAMさんと編集部が厳選したガストーチのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


コンベックスおすすめ9選|正確で使いやすい老舗メーカーの商品も

コンベックスおすすめ9選|正確で使いやすい老舗メーカーの商品も

コンベックスとは、巻き取り式の金属製テープメジャーのこと。測量時には自立するのに、収容時には曲がるという特徴があります。木材を切るために長さを測ったり、家の間取り寸法を確認したりと、「ものづくり」には欠かせないアイテムです。今回は芸術大学教員でありDIYアドバイザーの野口僚さんに取材し、おすすめのコンベックスと選び方をお聞きしました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ロックピンおすすめ11選|形状の特徴や素材の違いをご紹介【かんたん操作】

ロックピンおすすめ11選|形状の特徴や素材の違いをご紹介【かんたん操作】

現場での位置決めや仮留め作業に役立つロックピン。小さくてシンプルな作りですが、これひとつで、それまで固定と解除に手間と時間がかかっていた作業を、ワンタッチでかんたんに行なえます。繰り返し頻繁に行なう作業には、こうした便利な工具があると作業効率と安全性が向上します。この記事では、ガーデンデザイナーの居場英則さんと編集部が選んだ「ロックピン」のおすすめ11選をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


【DIYアドバイザーに聞く】ノコギリおすすめ17選! 金属用や折りたたみのこぎりも

【DIYアドバイザーに聞く】ノコギリおすすめ17選! 金属用や折りたたみのこぎりも

DIYでとてもお世話になるノコギリ。これからDIYをはじめてみたいと考えるとノコギリは最初の購入候補になることも多いのですが、いざ購入しようとするとたくさん種類のノコギリが売られていて、口コミもたくさんあるため少し迷ってしまうかもしれません。そこで、DIYアドバイザーの野口 僚さんにお話をうかがい、ノコギリの選び方とおすすめ商品について教えてもらいました。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


関連するブランド・メーカー


TAMIYA(タミヤ)

新着記事


フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

フィッシンググローブおすすめ13選&ランキング【ダイワやシマノなど】

ゴツゴツした岩場や魚の鋭いヒレや歯から手を守るフィッシンググローブ。岩場で釣りをする人であれば、一双は持っておきたいもの。手の保護だけでなく、夏の紫外線や冬の寒さからも守ってくれます。ここでは、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんにお話をうかがい、フィッシンググローブの選び方とおすすめ商品、ランキングをご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

シャッドルアーおすすめ11選|初心者向けに浮力や重心、浸水深度も解説

ワイルドライフクリエーターで山岳写真家の荒井裕介さんへの取材をもとに、シャッドルアーのおすすめ商品をご紹介します。幅広いタイプのバスにアプローチできるのがメリットのシャッドルアー。テクニックと経験が必要なワームやラバージグとは違い、一定のスピードを保ちながら巻くだけで一定層をトレースできるため、初心者にも使いやすいアイテムです。選び方も解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。


【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

【プロ厳選】磁気枕おすすめランキング6選|首や肩のコリに効果的!

フィット感や医療機器認証の有無、清潔感を保てるかどうかなど、さまざまな特徴がある磁気枕。枕に埋め込まれている磁気によって、肩や首の凝りを軽減することができます。自分にあったものを選ぶと、毎日安心して眠ることができるもの。この記事では、磁気枕の選び方と暮らしコーディネーター・瀧本真奈美さんのおすすめランキングを紹介します。記事の後半には、枕の人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

釣り初心者入門セットおすすめ6選【魚・場所別に】ダイワやシマノなど人気メーカーも!

入門セットの多くはショップのオリジナルセットで、釣り具メーカーが販売しているものはほとんどありません。それは、同じ魚を狙う場合でも、地域によってタックルが異なったり、釣り人の好みもあるからです。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんにお話をうかがい、釣り初心者入門セットの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

【プロ厳選ランキング】釣り糸おすすめ11選|素材ごとの特徴を捉えた選び方と厳選アイテムをご紹介

近年は釣りのジャンルに関わらず、PEラインの使用率が高めですが、必ずしもPEラインが良いというわけではありません。キャッチ&リリースが前提の釣りには、魚を弱らせやすいPEラインは不向きです。また、特性上タックルや仕掛けに掛かる負荷も大きく、扱いを間違えるとリールのシャフトを曲げてしまったり、スナップなど接続金具が簡単に破損してしまうこともあります。この記事では、フィッシングライター/職業釣師の田澤 晃さんと編集部が選んだおすすめの商品をご紹介しています。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る