自由錐おすすめ10選|木工用・金工用別に、人気商品を幅広く紹介

自由錐おすすめ10選|木工用・金工用別に、人気商品を幅広く紹介

「自由錐(じゆうきり)」は、その名のとおりさまざまなサイズの穴をキレイに開けることができる工具。別名サークルカッターとも呼ばれ、さまざまな目的に使用できる便利な工具です。

木材だけではなく、金属に穴を開けられる金工用自由錐もあります。タイプもいろいろあり、購入するときに迷う方もいるかもしれません。

本記事では、自由錐の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに記事の最後に、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

芸術大学教員/DIYアドバイザー
野口 僚

徳島県の家具メーカーにて木製家具の製造に携わり、機械加工、仕上げ、組み立て、塗装など木工全般と家具製造ノウハウを培いました。 その後東京では業界新業態の体験型DIYショップで店長として勤務。店頭ではお客様の相談に乗りつつ、一人一人にぴったりのDIY用品を提案してきました。 同時にDIYレッスンの企画と講師を行い、日本のDIY文化発展のために努めてきました。 現在は大学のデザイン学部の助手として大学内工房に在中し、 学生に対しデザインやモノづくりの手法などを主に教えています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

自由錐とは

自由錐で開けた穴

Photo by Gabriel on Unsplash

自由錐とは、木材や金属など自由自在に穴を開けることができる工具です。読み方は「じゆうきり」ですが、メーカーによっては「自在錐(じざいきり)」や「サークルカッター」という名称で販売されています。

ドリルで穴を開ける場合には、サイズごとに合うものを用意しなければなりませんが、自由錐は開けたい直径を変えられるので、ひとつあれば複数のサイズの穴を開けられます。

■自由錐の使い方

 

自由錐の使い方は、電動ドリルやボール盤、インパクトドライバーなどの回転する電動工具にセットして使います。手軽に使用できるのがメリットです。ただし、使い方を誤ると大変危険なので、じゅうぶん注意して扱うようにしましょう。

自由錐は商品によって使用できる材質が異なり、おもに木材に使用する「木工用」と鉄やアルミなどに使用する「金工用」に分けられます。ダウンライトや配管などの穴あけが可能な製品もあります。

自由錐の選び方

それでは、自由錐の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】刃のタイプ
【2】木工用か、金工用か
【3】穴径サイズ
【4】替え刃や安全ストッパー


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】刃のタイプをチェック

自由錐の刃には、「二枚刃タイプ」と「一枚刃タイプ」の2種類があります。一つひとつ解説していきます。

▼二枚刃タイプ|安定感がありブレにくい

 

二枚刃タイプは、電気ドリルのように手動で作業する場合に、軸を安定させることができます。左右に刃がついていて、ブレにくく、きれいに穴を開けられます。おもに木工用にはこのタイプを使って電気ドリルと組み合わせれば問題なく作業できます。

▼一枚刃タイプ|コストを抑えられる

 

金属に穴を開ける場合は一枚刃をボール盤にとりつけて使うのがいいでしょう。一枚刃は二枚刃よりも価格が安いものが多いです。

左右のどちらか片方にしか刃がないので、ずれやすいという難点があります。ボール盤を使用すればずれることはないので、穴をきれいに開けられます。

【2】木工用か、金工用か、チェック

 

たいていの木材は、ほとんどの自由錐で問題なく穴を開けることができます。しかし相手がかたい金属になると、金工専用の自由錐を使わなくてはなりません。無理に木工向けの自由錐で対金属の作業をおこなうと、刃が破損してしまい危険です。

取りつける電動工具は、木工用なら電動ドライバーかボール盤です。金工用ならボール盤かインパクトドライバーです。ボール盤は木工用のものだと取りつけできない場合もあります。無理に取りつけると事故の原因になりかねませんので、要注意です。

【3】穴径サイズをチェック

 

自由錐のバーの長さによって開けられる穴の大きさが決まります。バーが長い方がより大きい直径の穴を開けられます

購入するときは穴径サイズを必ず確認してください。バーに目盛りがついているので、その範囲内であれば自由にサイズ調整できます。バーの調整用のハンドルやネジがあるものを選ぶとよいでしょう。

【4】替え刃や安全ストッパーをチェック

 

自由錐の刃は、大手メーカーの場合に替え刃が販売されているものがあります。きちんと刃を交換すれば、長く使うことができます。

バーのエッジ部分に安全ストッパーがついているタイプもあります。これは万が一ネジを締めないまま使っても、飛んでくることを防いでくれます。国産の自由錐はどのメーカーも安全バーつきですが、海外製だと安全バーがついていないものがあります。価格の安さで選ぶのではなく、安全性を第一に吟味するようにしましょう。

自由錐のおすすめ商品

それでは、自由錐のおすすめ商品をご紹介いたします。

▼おすすめ5選|木工用

▼おすすめ5選|金工用

▼おすすめ商品の比較一覧表


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼おすすめ5選|木工用

まずは、木工用のおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』

スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』 スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』 スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』
出典:Amazon この商品を見るview item
200mmの大きい穴あけも! サイズ合わせがラク

この自由錐1台で、実に60~200mmまでの広範囲の穴あけができます。向いている用途はダウンライトや配管、ダクトの穴あけなど。二枚刃なので、きれいかつスピーディーな穴あけが可能。

作業前は、うまくいくかどうか緊張してしまう穴あけ作業。それがおどろくほど手軽に、特別な工具などなしでサイズ合わせができて、求めているサイズの穴が開けられるのが便利です。

神沢『自由錐A薄板用(K-101)』

神沢『自由錐A薄板用(K-101)』 神沢『自由錐A薄板用(K-101)』
出典:Amazon この商品を見るview item
ベニヤからゴム素材まで幅広く対応

薄ベニヤやゴム素材に関しては、この自由錐1台で小さい穴から大きい穴まで自在に穴あけが可能です。サイズは蝶ネジでかんたんに調節できます。

本体が小ぶりなので、作業もより快適になります。薄板の穴あけ作業は、ちょっとした力加減で失敗してしまうことも。これを使えば、スピーディーで美しい作業が実現するでしょう。

Rkkiou『自由錐 30-200mm』

Rkkiou『自由錐30-200mm』 Rkkiou『自由錐30-200mm』 Rkkiou『自由錐30-200mm』 Rkkiou『自由錐30-200mm』 Rkkiou『自由錐30-200mm』 Rkkiou『自由錐30-200mm』
出典:Amazon この商品を見るview item
防錆性と耐久性があり、穴あけ範囲200mmまで!

超硬合金の自由錐で、サビにくい性質と耐久性をあわせ持った商品。200mmまでの範囲で穴あけが可能で、かなり大きい穴にも対応できます。

開けられる穴のサイズの範囲の広さや、サビにくさ、耐久性など商品としてのバランスが良好。コストパフォーマンスにもすぐれています。調整で使う六角レンチと替え刃が2枚ついているのもポイントです。

スターエム(STAR-M)『超硬アジャスト自在錐(5010AT)』

スターエム(STAR-M)『超硬アジャスト自在錐(5010AT)』 スターエム(STAR-M)『超硬アジャスト自在錐(5010AT)』
出典:Amazon この商品を見るview item
バランス抜群の両刃タイプでスピーディーに穴あけ

サイディング材や堅木への穴あけにうってつけの自由錐です。これ1台で25~75mmまでの穴あけができます。堅木やダウンライト、配管などの穴あけにベストマッチといえるでしょう。

二枚刃で安定した使い心地で、すばやくきれいな穴が開けられます。特別な工具なしでサイズ調整ができるので、いろんな用途でラクラクと使えて初心者にも適している商品です。

友家(ユカ)『超硬自在錐木工用・充電ドリル用』

誘導ねじで穴ズレなくスムーズ! 穴充電ドリル用

誘導ねじがあるおかげで、きれいな穴あけがかんたんにできる、用途の広い自由錐です。穴あけ範囲は30〜120mm、深さ25mmまでで、切りこみもスムーズ。

対応できる素材が幅広く、木製ボードや合板、石膏ボードやプラスチック、厚紙などの穴あけに適しています。汎用性が高く、スムーズな作業が実現するすぐれものといえるでしょう。

▼おすすめ5選|金工用

続いては、金工用のおすすめ商品をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

神沢『自由錐M金工用(K-151)』

神沢『自由錐M金工用(K-151)』 神沢『自由錐M金工用(K-151)』
出典:Amazon この商品を見るview item
チタンコートでステンレス板も貫通

ほんの小さな穴から少し大きい穴用まで、これ1台で美しい穴あけができる自由錐です。刃とドリルはチタンコーティングによって耐久性がアップ。硬度も担保されており、ステンレス板の穴あけも可能です。

これを使って思い思いの用途に、手軽に穴あけ作業をしましょう。別売のスピードコントローラーを使えば、電動工具の回転数を自由自在に調節することもできますよ。

スターエム(STAR-M)『金工用自在錐(37)』

耐摩耗性にすぐれて金工に重宝!

大手メーカーであるSTAR-Mが定番として発売し、長くユーザーに愛用されている金工用の自由錐。金属系の材質への穴あけに高い性能を見せてくれます。

この自由錐1台で30~130mmまで対応。さまざまな用途で手軽にきれいな穴あけができます。刃は耐摩耗性にすぐれているうえに、替刃式。気に入ったものを長く使えます。

神沢『自由錐金工用(K-104)』

神沢『自由錐金工用(K-104)』 神沢『自由錐金工用(K-104)』
出典:Amazon この商品を見るview item
1本で幅広く活用できるロングセラー!

大手メーカー・神沢の金工用に特化した自由錐です。さまざまなサイズの穴にも対応でき、鉄板やアルミ板など金属板の穴あけに安定した能力を発揮してくれる実力派。

コンパクトなつくりなので、狭いスペースでの作業にも重宝できそうです。その性能の高さは、たいへんだった作業も驚くほどラクになったという声があがるほど。仕上がりの美しさも、ロングセラーの理由のようです。

MKK『自在ソー本体 丸軸片刃金工用 ・専用替刃(WJ-120SH)』

MKK『自在ソー本体丸軸片刃金工用・専用替刃(WJ-120SH)』 MKK『自在ソー本体丸軸片刃金工用・専用替刃(WJ-120SH)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item
一枚刃ながら安定性と耐久性バツグン!

鉄板なら2mm、アルミ板なら4mm、硬質新建材なら6mmまでラクラク貫通することが可能。安定して穴を開けることができる自由錐です。

耐久性がすぐれているうえに調整で使う替え刃と六角レンチもついている点も、ユーザーにとってありがたいポイントといえるでしょう。ハイスペックな割に価格はしっかり抑えられた、コスパ良好な一品です。

神沢『自由錐SD アルミサイディング用(K-152)』

神沢『自由錐SDアルミサイディング用(K-152)』 神沢『自由錐SDアルミサイディング用(K-152)』
出典:Amazon この商品を見るview item
アルミサイディングに特化した信頼できる自由錐

数々のヒットを生み出している業界大手メーカー、神沢の自由錐。金属系サイディング用として特化したタイプで、自由自在に小さい穴から大きな穴まで、これ1台でカバーできるすぐれものです。

アルミサイディングであれば、深さ25mmまで対応可能。とりわけ外壁材の穴あけ用として作られているので、安定した使用感と仕上がりのクオリティが期待できます。

▼おすすめ商品の比較一覧表

画像
スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』
神沢『自由錐A薄板用(K-101)』
Rkkiou『自由錐 30-200mm』
スターエム(STAR-M)『超硬アジャスト自在錐(5010AT)』
友家(ユカ)『超硬自在錐木工用・充電ドリル用』
神沢『自由錐M金工用(K-151)』
スターエム(STAR-M)『金工用自在錐(37)』
神沢『自由錐金工用(K-104)』
MKK『自在ソー本体 丸軸片刃金工用 ・専用替刃(WJ-120SH)』
神沢『自由錐SD アルミサイディング用(K-152)』
商品名 スターエム(STAR-M)『超硬ワンタッチ自在錐(5010T)』 神沢『自由錐A薄板用(K-101)』 Rkkiou『自由錐 30-200mm』 スターエム(STAR-M)『超硬アジャスト自在錐(5010AT)』 友家(ユカ)『超硬自在錐木工用・充電ドリル用』 神沢『自由錐M金工用(K-151)』 スターエム(STAR-M)『金工用自在錐(37)』 神沢『自由錐金工用(K-104)』 MKK『自在ソー本体 丸軸片刃金工用 ・専用替刃(WJ-120SH)』 神沢『自由錐SD アルミサイディング用(K-152)』
商品情報
特徴 200mmの大きい穴あけも! サイズ合わせがラク ベニヤからゴム素材まで幅広く対応 防錆性と耐久性があり、穴あけ範囲200mmまで! バランス抜群の両刃タイプでスピーディーに穴あけ 誘導ねじで穴ズレなくスムーズ! 穴充電ドリル用 チタンコートでステンレス板も貫通 耐摩耗性にすぐれて金工に重宝! 1本で幅広く活用できるロングセラー! 一枚刃ながら安定性と耐久性バツグン! アルミサイディングに特化した信頼できる自由錐
対応素材タイプ 木工用 木工用 木工用 木工用 木工用 金工用 金工用 金工用 金工用 金工用
刃の枚数 二枚刃 一枚刃 二枚刃 二枚刃 一枚刃 一枚刃 一枚刃 一枚刃 一枚刃 一枚刃
穴あけ可能径 60~200mm 40~120mm 30~200mm 25~75mm 30~120mm 30~130mm 30~130mm 20~76mm 20~120mm 25~130mm
穴あけの深さ 片側:25mm、両側:50mm 5mm 30mm 片側:28mm、両側:56mm 25mm 鉄板:2mm、アルミ板:5mm、ステンレス板:2mm 鉄(SS400):2.3mm、ステンレス(SUS430):2.0mm、アルミ:5.0mm、硬質塩ビ:3.0mm ほか 鉄板2mm、アルミ板4mm 鉄板:2mm、アルミ板:4mm、硬質新建材:6mm アルミサイディング:25mm、石こうボード・木材・ゴムなど:8mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月24日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 自由錐の売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでの自由錐の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自由錐ランキング
Yahoo!ショッピング:円切りカッターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

芸術大学教員/DIYアドバイザー

自由錐はカッターの刃のような刃物で少しずつ材料を削りながらカットしていきます。そのため、選ぶ際はとくに刃の切れ味を意識して選びましょう。表記されている切断可能な素材や厚みを要チェックです。

また、自由錐特有の穴径を自分で調整できるという点はほかの工具にはないメリットです。ひとつあればいろいろな場面で活躍することの多い自由錐。どんなDIYをこれからしていくかをイメージして商品を選びましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


墨つぼ・チョークラインおすすめ11選|使い方やこまかな違いも解説

墨つぼ・チョークラインおすすめ11選|使い方やこまかな違いも解説

「墨つぼ・チョークライン」は一人でもまっすぐな直線を引ける道具。DIYを趣味にしている人は目にしたことがあるでしょう。 同じメーカーでも数種類の製品があり、どれを選べばいいのか迷いますよね。本記事では、墨つぼとチョークラインの使い方や選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 作業用品 , 塗料・塗装用品 , DIY

オシロスコープおすすめ9選|タイプ別に、手軽に測定できるモデルなどを紹介

オシロスコープおすすめ9選|タイプ別に、手軽に測定できるモデルなどを紹介

オシロスコープは、目に見えない電気の流れを可視化してくれる便利な器具です。最近では、趣味のDIYやちょっとした子供の夏休みの電子工作にオシロスコープを使う方も増えてきました。なお、オシロスコープにハンディタイプとデスクタイプがあり、生息機能や使い勝手が異なります。本記事では、オシロスコープの選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon DIY

アルミテープおすすめ18選【防水・耐熱機能など】導電性アルミテープやツヤ消しタイプも!

アルミテープおすすめ18選【防水・耐熱機能など】導電性アルミテープやツヤ消しタイプも!

水まわりやダクトの補修にも使えるアルミテープ。家庭で役立つ機会も多いアイテムですが、テープの構造や粘着力、耐熱温度など各商品で特徴が異なるため、正しい選び方を覚えておきたいところです。そこで本記事では、住まいづくりナビゲーター・神村さゆりさんに聞いた選び方とおすすめ商品を紹介します。記事の最後には、amazonの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてくださいね。

tag icon キッチン雑貨 , テープ , 日用品

ウッドデッキキットおすすめ7選|DIY初心者〜上級者向けの商品も紹介

ウッドデッキキットおすすめ7選|DIY初心者〜上級者向けの商品も紹介

庭やベランダにウッドデッキを設置しようと業者に見積依頼したら、工賃が高すぎて断念した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。DIYで設置するウッドデッキキットなら、費用を抑えてお家にウッドデッキを設置できます。本記事では、ウッドデッキキットの選び方やおすすめ商品をご紹介。DIY初心者から上級者向けのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon DIY , 住宅設備

電動サンダーおすすめ21選|木材の仕上げ用や車磨きに使える商品も紹介

電動サンダーおすすめ21選|木材の仕上げ用や車磨きに使える商品も紹介

木材などをかんたんに研磨できる電動サンダーは、DIYでの作業能率を左右するアイテムのひとつ。ヤスリの動き方や取り付け方をはじめ、重さや大きさなど製品によって違いはさまざま。商品選びでは、安全面にも着目したいものです。本記事では、電動サンダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 工具 , DIY

関連するタグ


工具 DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。