パンチャーおすすめ11選|金属板にも簡単に穴をあけて作業の時短を【手動式・電動式】

パンチャーおすすめ11選|金属板にも簡単に穴をあけて作業の時短を【手動式・電動式】

硬い金属板などに穴をあけるときに便利なアイテムが「パンチャー」です。事務用品の穴あけパンチを強力にしたような構造で、最近では一般の方でも使いやすい製品が増えてきています。

本記事では、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が、選び方とパンチャーのおすすめ11選をご紹介します。用途にあったぴったりのものを探してみましょう。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


目次

空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

「パンチャー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
WEIMALL(ウェイモール)『手動油圧式パンチャー(A27A)』
MARVEL(マーベル)『油圧フリーパンチ(MOP-1C)』
亀倉精機『油圧式 手動パンチャー(HP-3B)』
西田製作所『油圧ノッチングパンチ(NC-TP5032S)』
CACTUS(カクタス)『カクタスパンチ SKP-4型 油圧式鋼板穴あけ機』
Ogura(オグラ)『電動油圧式パンチャー(HPC-N209W)』
Ogura(オグラ)『コードレスパンチャー(HPC-156WDF)』
IKURATOOLS(育良精機)『ミニパンチャー(IS-14MPS)』
IKK『DIAMOND 油圧パンチャー(EP-1506S)』
IKURATOOLS(育良精機)『コードレスバリアフリーパンチャー(ISK-BP20LF)』
IKK『DIAMOND コードレスパンチャー(EPC-1525BLH)』
商品名 WEIMALL(ウェイモール)『手動油圧式パンチャー(A27A)』 MARVEL(マーベル)『油圧フリーパンチ(MOP-1C)』 亀倉精機『油圧式 手動パンチャー(HP-3B)』 西田製作所『油圧ノッチングパンチ(NC-TP5032S)』 CACTUS(カクタス)『カクタスパンチ SKP-4型 油圧式鋼板穴あけ機』 Ogura(オグラ)『電動油圧式パンチャー(HPC-N209W)』 Ogura(オグラ)『コードレスパンチャー(HPC-156WDF)』 IKURATOOLS(育良精機)『ミニパンチャー(IS-14MPS)』 IKK『DIAMOND 油圧パンチャー(EP-1506S)』 IKURATOOLS(育良精機)『コードレスバリアフリーパンチャー(ISK-BP20LF)』 IKK『DIAMOND コードレスパンチャー(EPC-1525BLH)』
商品情報
特徴 1万円以内で手に入る高コスパアイテム! 作業性を高めたポンプ一体型パンチャー 奥まった場所に使いやすいロング設計のホースタイプ ノッチング加工もできる多機能パンチャー 操作性にすぐれた軽量小型のホースタイプ 軽量かつ強力な高性能パンチャー 自由に持ち運べるコードレスタイプ 故障を防ぐ過負荷防止機構つき 360度回転ヘッド&4WAYハンドルで自由自在 ストレスフリーでスピーディーな作業を実現 1チャージ450回の穴あけが可能なパワフルモデル
駆動タイプ 油圧式手動タイプ 油圧式手動タイプ 油圧式手動タイプ 油圧式手動タイプ 油圧式手動タイプ 油圧式電動タイプ 油圧式電動タイプ 油圧式電動タイプ 油圧式電動タイプ 油圧式電動タイプ 油圧式電動タイプ
機能タイプ ホースタイプ ハンディタイプ ホースタイプ ノッチングタイプ ホースタイプ ハンディタイプ コードレスタイプ ハンディタイプ バリアフリータイプ バリアフリータイプ コードレスタイプ
付属ダイス φ51、φ39、φ32、φ26、φ20、φ16 直径19・25・31・39・51mm 直径・22・27.3・33.8・42.8・49.1・60.2mm 直径4.5・5.5・6.5・9・11mm 、角19横切、角30隅切 - 直径14mm 直径12mm - 直径11mm - 直径11mm
出力 - 73kN 88.2kN 65kN 78kN - - 147kN 98kN - -
重量 約13kg 2.6kg 4.5kg 2.4kg 1.3kg(カプラー含む) 11.3kg 7.9kg (バッテリ含む) 6.6kg 7kg 12.8kg(バッテリーパック含む) 6.2kg(バッテリーを含む)
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年6月21日時点 での税込価格

パンチャーとは 厚い金属に穴を開けたいときに

パンチャーで穴を開けられたステンレスのプレート
Pixabayのロゴ

厚い金属に穴を開けたいときに便利な道具がパンチャーです。ほかにも穴を開ける道具としてドリルなどもありますが、パンチャーは穴あけパンチを強力にしたような構造になっているため、短時間で効率よく金属に穴を開けることができます。

おもに業者向けのものが多かったパンチャーですが、最近では一般の方でも手を出しやすいお手頃な価格の商品も続々と登場しています。

さまざまな種類があるので、選び方のポイントをしっかりと確認してから購入しましょう。

パンチャーの選び方 使用用途、機能で

パンチャーにはさまざまな種類やタイプがあります。使用用途に合わせて、使いやすいぴったりのものを探してみましょう。まずは、選び方のポイントをくわしくご紹介します。

かんたんに穴を開けられる油圧式がおすすめ

 

パンチャーには油圧を使ったタイプのものと、油圧を使用せすバネの力で穴を開けるタイプの大きく2種類があります。このうち一般の方でもかんたんに作業ができる、おすすめのタイプは油圧式のパンチャーです。油圧の力を使うので、力を入れる必要もなく、ハイパワーで手早く穴をあけることができます。時間を取らないので、作業効率がいい点もポイントです。

いっぽう、バネの力で穴を開けるタイプのものは、厚い金属板に穴を開ける際には力を入れる必要があるので腕に負担がかかる点が難点です。薄いものにのみ使用するという場合はこちらのタイプでも問題ありませんが、ここでは油圧式についてご紹介します。

用途にあわせた種類を選ぶ

油圧式のパンチャーは、手動式と電動式の2つのタイプがあります。それぞれの特徴をチェックして、作業内容に適したものを選びましょう。

「手動式」大きな穴も開けられる

 

パンチャーにはダイスという付属品がついていますが、その大きさにより、開けられる穴のサイズが異なります。手動油圧式のパンチャーは、直径50mmを超える比較的大きな穴を開けられるダイスが入っているのが特徴。大きな穴を開けたいという場合は手動式を選ぶのがおすすめです。

手動タイプでも油圧式パンチャーはもちろん力を入れる必要がありません。手に入れやすいお手ごろな価格も魅力です。

手動式をスグにチェック

「電動式」厚い鉄板にも使用できる

 

電動油圧式パンチャーは一定の大きさの穴しか開けられないものが多く、直径20mmくらいまでのダイスしか入っていません。大きめの穴をあけたい場合には不向きですが、手動式に比べ強力なパワーがあるので、厚い鉄板でもらくらく作業ができるのがメリットです。

電動式にはさらに、単動式と複動式の2種類があります。単動式は穴を打ち抜くときにだけに油圧を使用し、複動式は打ち抜き・打ち上げのどちらにも油圧を使います。複動式なら、厚い鉄板などに使用する際に刃が戻らないという場合にも、油圧の力でかんたんに戻すことができます。

電動式をスグにチェック

求める機能でタイプを選ぶ

油圧式のパンチャーには手動・電動を問わず、さまざまなタイプがあります。おもな3つをみていきましょう。

「ホースタイプ」狭い場所にも使いやすい

 

ホースタイプは手動油圧式パンチャーにあるタイプです。ハンドルとダイスのついたヘッド部分がホースと繋がっており、ヘッド部分を伸ばすことができるので狭い場所の作業にも便利に活用できます。

電気設備工事や配管工事などの狭いところによく使われるタイプです。手ごろに手に入る機種もあるので、DIYに活用したい方にもおすすめ。

「バリアフリータイプ」ヘッド部分の可動域が広い

 

低い位置に固定されたものに穴を開ける場合や、下からしか穴を開けることができない場合は、ヘッド部分を自由自在に動かすことのできるバリアフリータイプがおすすめ。こちらは手動式・電動式のどちらにもあります。

ヘッド部分が固定されていないので、可動域が広く使いやすいのが特徴。90~360度まで、商品によって稼動範囲が異なります。とくに、本体が大きい電動油圧式を狭い場所に使用する際は、バリアフリータイプでないと作業が困難です。用途に合わせてチェックしましょう。

「ノッチングタイプ」切り欠き加工ができる

 

金属板を一部分だけ開いた状態で抜けるのがノッチングタイプのパンチャーです。一般的なパンチャーは、打ち抜いて穴を開けるのに対し、ノッチングタイプは一部分を残した状態で抜くことができます。

こちらは手動式・電動式のどちらにもあるタイプです。ただし、電動式のノッチングタイプはお値段が張るのが難点。たまにしか使わないという方は手動式もチェックしてみましょう。

電源の種類で選ぶ

電源式のパンチャーの電源には、AC電源式と充電式があります。自分の使いたい用途に合わせて、それぞれの特徴を参考にしてくださいね。

【AC電源式】すぐに使える

 

電源を繋いですぐに使える、AC電源式の電源油圧パンチャーです。充電式とは違い、コンセントさえあれば使いたい時にすぐに使うことが可能です。電圧が安定することも強みです。

【充電式】場所を選ばず使える

 

充電してどこでも使えるのが充電式のパンチャーです。バッテリーの種類でパワーも変わってきますが、電源がない場所で使えるのが最大の特徴です。充電しておけば場所に関係なく使えます。

穴あけ可能な穴径と厚みをチェック

 

パンチャーに付属するダイスのサイズによって、穴を開けることのできる穴径が異なります。一般的に、サイズ別のダイスが5~6個付属しています。ついてくるダイスのサイズは各メーカーごとに多少異なる場合があるため、あらかじめ開けたい穴のサイズを確認し、そのサイズが含まれているかチェックしておくと安心です。

また、ダイスはサイズだけでなく形状にも種類があります。丸型や、四角穴など、オーソドックスなものから特殊なものまであるので、こちらも合わせて確認してみてください。

さらに、穴あけできる厚みにも注意しましょう。素材により硬さが異なり、多くのメーカーはSS400(一般構造用圧延鋼材)を基準としています。SS400よりも硬いステンレスを使用している場合は、穴あけ可能な厚みが薄くなるので気をつけましょう。

素材の厚みなど考えてより自分にあったものを DIYクリエイターがアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

パンチャーは金属のスピーディーな穴あけをする工具で、電気工事など少し専門的な作業をする際に必要とされている工具です。

比較的値段も高いので、穴開けする素材の厚み、価格帯、手動、電動など、さまざまなタイプより、比較して自身にもっともあった道具を選ぶといいでしょう。

【手動式】パンチャーおすすめ5選 低価格で、手軽に

ここでは、手動式タイプのパンチャー5選をご紹介します。電動式よりは低価格で、大きな穴を開けることができるのが手動式の良さです。

空間デザイン・DIYクリエイター

WEIMALL(ウェイモール)『手動油圧式パンチャー(A27B)』は、DIYなどで金属に穴を開ける機会が多い方におすすめしたい商品です。

価格がほかに比べ安く、手に入れやすいのも魅力。油圧式で比較的軽い力で穴を開けることができます。まずはじめに購入するなら、おすすめしたい商品です。

WEIMALL(ウェイモール)『手動油圧式パンチャー(A27A)』

【送料無料】油圧パンチャー手動油圧パンチ8tonダイス6個セット付き[油圧工具パンチャー油圧パンチャパンチステンレス板鉄板穴あけ工具おすすめ]送料無料 【送料無料】油圧パンチャー手動油圧パンチ8tonダイス6個セット付き[油圧工具パンチャー油圧パンチャパンチステンレス板鉄板穴あけ工具おすすめ]送料無料

出典:楽天市場

1万円以内で手に入る高コスパアイテム!

狭い場所にも使用しやすいホースタイプの手動油圧式パンチャー。力を入れることなく軽々きれいな打ち抜き作業が可能です。6種類のダイスが付属しており、幅広い穴のサイズに対応ができます。

これだけの機能が揃っていて1万円以内で手に入る、驚きのお手ごろプライス。ほかと比べても圧倒的にリーズナブルな高コスパアイテムです。

MARVEL(マーベル)『油圧フリーパンチ(MOP-1C)』

【送料無料(沖縄離島除く)】MARVELマーベル油圧フリーパンチMOP-1C 【送料無料(沖縄離島除く)】MARVELマーベル油圧フリーパンチMOP-1C 【送料無料(沖縄離島除く)】MARVELマーベル油圧フリーパンチMOP-1C

出典:楽天市場

作業性を高めたポンプ一体型パンチャー

だれでも扱いやすいハンディタイプの手動油圧式パンチャー。小型で軽量設計の女性にもおすすめのアイテムです。ポンプ一体型のホースレスなので、作業効率が向上し、手早くかんたんに穴あけをすることができます。

ヘッド部分は360度自由自在に回転します。ほかのものでは対応しにくい場所にもらくらくアプローチが可能。パネルやボックスなど幅広い鋼板の穴加工に使用できます。

亀倉精機『油圧式 手動パンチャー(HP-3B)』

奥まった場所に使いやすいロング設計のホースタイプ

狭い場所にも使える手動油圧式パンチャー。長さ1mのロング設計ホースタイプなので、奥行きのある場所にもしっかり届きます。小型軽量で操作性にもすぐれた高性能な商品です。

サイズの異なる6種類の厚鋼電線管用ダイスが入っているので、パネル・ボックスの穴加工から、配線、配管の穴開けまで多種多様な用途に対応できます。

西田製作所『油圧ノッチングパンチ(NC-TP5032S)』

西田製作所NC-TP5032S油圧ノッチングパンチ 西田製作所NC-TP5032S油圧ノッチングパンチ 西田製作所NC-TP5032S油圧ノッチングパンチ

出典:楽天市場

ノッチング加工もできる多機能パンチャー

一部だけ残して開いた状態で抜く切欠き加工のできるノッチングタイプの手動油圧式パンチャーです。もちろん通常の金属板の打ち抜きも可能なので、用途によって使い分けることができます。

付属のダイスが充実しているのも魅力のひとつ。角19横切や角30隅切などもついているので、ふつうの丸穴だけでなく、角穴まで幅広い形状に対応できます。少し値は張りますが、バリエーション豊富な多機能パンチャーを探している方にはおすすめです。

CACTUS(カクタス)『カクタスパンチ SKP-4型 油圧式鋼板穴あけ機』

操作性にすぐれた軽量小型のホースタイプ

奥まった位置や狭い場所でも自在に穴あけが可能なホースタイプ。軽量小型の設計で作業効率を向上できる手動油圧式パンチャーです。

厳選された高品質な材料を使用し耐久性も抜群。ステンレス板でも2mmまで対応可能なハイパワーで、切れ味のいいきれいな切り口に仕上がります。鋼板・配電盤・制御盤の穴あけから、電気設備工事や配管工事まで、さまざまな用途に使用できる優秀アイテムです。

【電動式】パンチャーおすすめ6選 持ち運び可能な強力タイプも

ここでは、電動式タイプのパンチャー6選をご紹介します。手動式よりもちろんパワーがあって、機能性も充実しているので用途に合わせて選んでみたくださいね。

空間デザイン・DIYクリエイター

電動式のパワー重視のパンチャーなら、Ogura(オグラ)『電動油圧式パンチャー(HPC-N209W)』がおすすめ。

電動のため、比較的厚い金属にスムーズに穴を開けることができます。パワー重視、厚い金属穴あけをする機会が多い方におすすめしたい商品です。

Ogura(オグラ)『電動油圧式パンチャー(HPC-N209W)』

軽量かつ強力な高性能パンチャー

力強い穴あけ作業を可能にする電動油圧式パンチャーです。打ち抜きにも抜き上げにも油圧を使用し、パンチャーと材料をスムーズに引き離すことができる複動式なので、ストレスなく作業することができます。

軽量小型のハンディタイプながら、強力モーターを搭載したプロ仕様の性能です。ひとつの刃物で一般鋼材、ステンレス、アルミ、銅など幅広い加工に対応できます。

空間デザイン・DIYクリエイター

Ogura(オグラ)『コードレスパンチャー(HPC-156WDF)』は、コードレスで取り回しがしやすいパンチャーです。

屋外の電源のない場所での作業も可能で、持ち運びや移動しながらの作業が多い方におすすめしたい商品です。

Ogura(オグラ)『コードレスパンチャー(HPC-156WDF)』

自由に持ち運べるコードレスタイプ

電源コードから解放されたコードレスタイプで、作業中の持ち運びも自由自在。ストレスフリーで効率的に使用することができます。複動式の電動油圧パンチャーなので、抜き上げ時の部材への引っ掛かりがなく、スムーズに作業できるのも魅力です。

高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載し、SS400相当の一般鋼材連続135回の穴あけを実現。快適な使用感を追求したプロ仕様の高性能パンチャーです。

IKURATOOLS(育良精機)『ミニパンチャー(IS-14MPS)』

故障を防ぐ過負荷防止機構つき

コンパクトなボディで、軽量性にもすぐれた電動油圧式のミニパンチャー。小型設計なので手軽に使用することができ、持ち運びにも便利です。

圧力規制弁を搭載しているので、材質の硬さや金属板の厚みなど、能力以上のものをあやまって加工しようとした場合には本体を保護し、劣化や破損から守ってくれます。使い勝手のいいシンプルなモデルです。

IKK『DIAMOND 油圧パンチャー(EP-1506S)』

360度回転ヘッド&4WAYハンドルで自由自在

どんな向きでも使用できる、360度回転式のモーターを搭載。こまかい操作もしやすい使い勝手のいい電動油圧式パンチャーです。標準装備されている便利なサイドハンドルは、4カ所に取り付けが可能。使用環境に合わせて4WAYで使用できるので、持ちやすい向きで確実に保持することができます。

さらに、足の操作でオン・オフの操作が可能なフットスイッチ機能つき。さまざまな状況に対応できる多機能モデルです。

IKURATOOLS(育良精機)『コードレスバリアフリーパンチャー(ISK-BP20LF)』

育良精機(ikura)育良精器コードレスバリアフリーパンチャーISK-BP20LF 育良精機(ikura)育良精器コードレスバリアフリーパンチャーISK-BP20LF 育良精機(ikura)育良精器コードレスバリアフリーパンチャーISK-BP20LF 育良精機(ikura)育良精器コードレスバリアフリーパンチャーISK-BP20LF 育良精機(ikura)育良精器コードレスバリアフリーパンチャーISK-BP20LF

出典:Amazon

ストレスフリーでスピーディーな作業を実現

快適な使用を実現するコードレスタイプのバリアフリーパンチャーです。作業環境に合わせて自在にヘッドを調整し、障害物を避けて穴あけすることができます。

ふだんはバネの力で素早く戻り、噛みこみ時は油圧の力で戻るハイブリッド完全複動式で、ストレスフリーな使用感が特徴。さらに、新型ストッププレートの搭載により、プレートにケガキ線(材料の上にキズつけて引いた目印となる線)をあてるだけで、瞬時に穴あけ位置を合わせることができます。

IKK『DIAMOND コードレスパンチャー(EPC-1525BLH)』

1チャージ450回の穴あけが可能なパワフルモデル

小型なボディで作業する場所を選ばないコードレスパンチャー。リチウムイオンバッテリー搭載で1回のチャージで450回の穴あけが可能です。ヘッドは360度回転式なので、加工しにくい位置でも手軽に使用でき操作性も抜群。

さらに、油圧を調整できるポジションストッパーを装備しているので、より正確でスピーディーな穴あけ位置の確認が可能。軽量コンパクトながら高い機能性を発揮するパワフルモデルです。

【番外編】パンチャーと一緒に持っておくと便利なもの

ここでは、番外編としてあると便利なものをご紹介します。軍手や工具箱を揃えておくと作業の効率もあがるので一つは持っておきたいですね。

3M『コンフォートグリップ グローブ』

HAZE『 パーツケース付ツールボックス 190L-2』

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

まとめ

パンチャーのおすすめ11選をご紹介しました。使用用途にあわせて、ぴったりの商品を探してみてください。開けたい穴のサイズや厚み、使用環境に応じた利便性にも着目して比較検討してみましょう。

目的にあったパンチャーを手に入れれば、一般の方でも穴あけ作業がかんたんにできるようになります。上手に活用しましょう!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

メディアが大好きな編集部最年少の九州男児。おすすめナビでは、主に『家電・AV機器』を担当。趣味はSEO、サッカー観戦とファッション。休日はJリーグと海外サッカーに捧げる。月に数万円は洋服に浪費していながら、オフィスには着用してこない噂も・・・。ちなみに、毎朝アレクサで起きているものの、『あと、5分寝かせて!』が決まり文句。自称・九州男児の対岸にいる人。

関連する記事


鉄工ヤスリがおすすめ10選|柄あり・なし? 目の粗さ? 形状? 選び方も解説

鉄工ヤスリがおすすめ10選|柄あり・なし? 目の粗さ? 形状? 選び方も解説

木材や金属など幅広い素材を削れる鉄工ヤスリ。工作や加工、修繕などさまざまなシーンで活躍するので、1本持っていると便利ですよね。当記事では、DIYアドバイザーの鈴木ひろ子さんと編集部が、おすすめの鉄工ヤスリや選び方のポイントを紹介していきます。目の粗さや形状、メーカーなど、鉄工ヤスリを選ぶときにチェックしたいポイントはたくさん。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

電池チェッカーおすすめ12選|電池残量がすぐわかる!【充電池対応も】

電池チェッカーおすすめ12選|電池残量がすぐわかる!【充電池対応も】

乾電池などの残りの残量を知りたいときに役立つ「電池チェッカー」。災害時や節約したいときにもあると便利です。この記事では、電池チェッカーを買おうか悩んでいる人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品を紹介。さらにAmazonや楽天、ヤフーの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon パソコン周辺機器 , 工具 , パソコンサプライ品

ハンマーおすすめ13選と選び方【DIYに便利な金槌・木槌などを紹介】

ハンマーおすすめ13選と選び方【DIYに便利な金槌・木槌などを紹介】

家庭に1本は用意しておきたいハンマー。自宅で家具の組み立てるときや、キャンプでテントを立てるとき、車を修理するときなど、日常のさまざまなシーンで必要となる道具です。ホームセンターにはたくさんの種類が並んでいますが、目的によって必要なスキルと選ぶべきハンマーが変わってきます。本記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さんへの取材をもとに、使いやすいお気に入りのハンマーの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。初心者の方や自分のスタイルに合うハンマーをお探しの方は、ぜひこの記事を参考してください。

tag icon 工具 , DIY

クランプメーターおすすめ10選|漏れ・負荷電流測定などタイプ別に厳選

クランプメーターおすすめ10選|漏れ・負荷電流測定などタイプ別に厳選

はさむだけで電流を測定できるクランプメーター。通電中にかんたんに測定ができ、電気工事はもちろん、一般家庭における漏電チェックや契約アンペア数の見直しにも使えます。この記事では、クランプメーターの選び方と、おすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

コアドリルおすすめ19選【ミヤナガ・マキタ・コンセックなど】種類別に詳しく紹介!

コアドリルおすすめ19選【ミヤナガ・マキタ・コンセックなど】種類別に詳しく紹介!

エアコンの設置工事やエクステリア工事などに使われるコアドリル。振動用や複合材用、水がなくても使える乾式のものなどさまざまな種類があり、なにを選んだらよいか迷いますよね。本記事では、ネット販売されているコアドリル・ダイヤモンドコアドリルのなかから、おすすめの商品を種類別に紹介していきます。記事の最後には、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。

tag icon 工具 , DIY , 住宅設備

関連するタグ


工具 DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。