ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

ボール盤おすすめ9選|大きな穴を空けるタイプ・様々な素材に対応するモデルも

正確にきれいな穴をあけるのに便利なボール盤。DIY用からプロ用までさまざまな機種があり、ねじ切り加工やリーマ加工など、どのような加工をするかによって選ぶべき機種がかわってきます。

本記事では、ボール盤の選び方とおすすめの商品をご紹介。マキタやハイコーキなど、日本製メーカーの特徴についても詳しく解説しています。ぜひ参考にしてくださいね。


この記事を担当するエキスパート

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主
末永 京

DIYアドバイザーで3児の母。 埼玉県川口市にある『インテリア&カフェToiToiToi』店主。 DIYワークショップ講師、店舗や住宅のDIYプロデュース、内装リフォームなど。著書に『シェルフを作ろうはじめてのDIY』㈱パッチワーク通信社がある。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

ボール盤とは

ドリルの先端のイメージ写真
Pixabayのロゴ

ボール盤とは、木材や金属に穴をあける工具です。テーブルとよばれる台のうえに加工したい材料を乗せ、ドリルを真上から下ろすことで穴をあけられます。

ハンドドリルと違って手元がブレにくく、きれいに穴をあけたいときに向いています。先端に取り付けるドリルの種類を変えれば、穴をあけるだけでなく加工面を滑らかにしたり、ねじ切り加工をほどこしたりも可能です。

■卓上ボール盤と電磁ボール盤の違い

ドリルの先端の写真
Pixabayのロゴ

ボール盤には、卓上ボール盤と電磁ボール盤があります。

卓上ボール盤は手動のハンドルで回転しているドリル部分の位置を調整できるのが特徴です。かんたんな操作で、精度の高い穴あけができます。深さを一度設定すると、連続での穴あけも可能です。

電磁ボール盤はマグネット吸着式のボール盤です。鋼材に電磁気が吸着して穴あけをするので、すでに建材として使われている鋼材などに使用します。電磁気を使用する特性から、木材には使用できません。

ボール盤の選び方

それでは、ボール盤の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】ボール盤の種類
【2】電源
【3】機能


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】ボール盤の種類をチェック

ボール盤の種類には、卓上ボール盤、小型卓上ボール盤、直立ボール盤、ラジアルボール盤、タッピングボール盤があります。それぞれ特徴が異なるので、自分が使いたい用途に合った種類を選びましょう。

▼卓上ボール盤|DIYに適して、手ごろな値段

 

卓上ボール盤は、コンパクトなサイズが特徴です。取り付けられるドリルは13mmまでのものが多くなっています。家庭用のDIYなどの用途で使用する場合に、ぴったりの卓上ボール盤です。

作業台のうえにおいて使い、サイズが小さいため家庭で設置する場合にもスペースを圧迫しません。手にしやすい価格の製品がそろっているのも魅力です。

▼小型卓上ボール盤|置くスペースが限られている方向け

 

卓上ボール盤よりもさらに本体サイズをコンパクトにしたのが、小型卓上ボール盤です。初心者でも使いやすく、メンテナンスもしやすいです。卓上ボール盤でも設置するスペースがない、という場合に選択肢に入ります。

価格も卓上ボール盤より手にしやすいものがそろっています。一方、ドリルの径が6mm程度までとなっているため、あけたい穴の大きさなどを確認したうえで購入するようにしましょう。

▼直立ボール盤|大型ドリルの設置が可能

 

ボール盤として一般的なタイプが、直立ボール盤です。大型のドリルが取り付けられるため、より作業の幅が広がります。重量は小さいものなら10kg~の場合もありますが、大型のものなら100kg程度のものもあります。

本体が大きく重いため設置するスペースや運搬方法を確保しなければいけません。おもに業務用として使用されています。

▼ラジアルボール盤|加工物の移動ができなくても使える

 

加工する材料の違う部分に穴をあけたいとき、材料をはずして再固定しなくても使えるのがラジアルボール盤です。ドリルが上下左右前後、斜めに動くため、加工する材料をはずさなくてもそのまま違う場所に穴あけができます。

同じ材料に連続して高い精度で穴あけしたいときなどの用途として、おもに業務用として使用されています。

▼タッピングボール盤|ネジ穴立ての作業もこなす

ねじの写真
Pixabayのロゴ

タッピングボール盤とは、タッピング(ネジ立て)機能の付いたボール盤です。1台で穴あけとネジ立てふたつの作業か可能になっています。作業効率が上がる一方、価格は高めです。

タッピングボール盤は、スイッチで穴あけ、ネジ立ての作業を切り替えておこなえます。ネジ立て加工を使う場合、一般的なボール盤ではできない逆回転も可能です。

【2】電源をチェック

コンセントのイメージ画像
Pixabayのロゴ

家庭で使う家電製品の多くは、単相100Vと呼ばれる家庭用コンセントから電気を供給しています。ただし、工場などでプロが使う消費電力が大きいものは、より電圧が高い三相200Vを使用しています。

▼単相100V|家庭用電源でも使える

単相100V式のボール盤は、家庭用電源で使用できるのが特徴です。家庭用のDIYなどの用途で使用する場合には、単相100V式のボール盤を選びましょう。

ボール盤自体のパワーは電圧が高い三相200Vよりも落ちますが、DIYなどの用途で使用する場合はじゅうぶんです。ほかの家庭用工具でも、単相100V式のものは多くラインナップされています。

▼三相200V|取り扱いが難しくプロ向け

三相200Vのボール盤は、工場などで使用されている業務用電源のためパワーが高いのが特徴です。ドリルの径が大きいボール盤や、タッピング機能の付いているボール盤は、ほとんどが三相200Vの電源を採用しています。

プロ並みの用途でボール盤を使用する場合には、三相200Vの電源が必須というのを覚えておきましょう。

【3】機能をチェック

ボール盤を使う際に便利なさまざまな機能があるので、参考にしてみましょう。

▼先端の工具を取り換えると加工の幅が広がる

ドリルの先端の写真
Pixabayのロゴ

ボール盤に取り付けるドリルを取り換えられるものなら、穴あけのほかあけた穴の加工もできるようになるため、作業の幅が広がります。

より多くの用途で使用するなら、先端の工具を取り換えなくても複数作業ができる多軸ボール盤や多頭ボール盤も選択肢に入ります。都度工具を取り換えずに穴の大きさや深さの異なる加工ができるため、作業効率が上がります。

▼回転数が調整できるとさまざまな素材の加工に便利

金属加工のイメージ画像
Pixabayのロゴ

ボール盤のドリルの回転数は、1分間に何回転するかを示すrpmという単位であらわされています。木材やプラスチックを加工したい場合は10000rpm以上の回転数、金属を加工したい場合には300~1000rpmほどの回転数と、材料によって適した回転数が異なります。

異なる材料を加工したい場合には、回転数が変えられるボール盤を選びましょう。

▼穴あけ能力も忘れずにチェック

金属パンチの写真
Pixabayのロゴ

ボール盤によって、あけられる穴の大きさが異なります。最大加工能力として、鉄工12mm/木工22mmのように表記されているので、確認しておきましょう。

鉄工14mm以上の穴あけをする場合には、テーパーシャンクドリルというドリルを使用します。卓上ボール盤の場合、テーパーシャンクドリルを使う場合モールステーパー(MT)という主軸ならそのまま使用できます。主軸がジャコブステーパー(JT)の場合は、チャックアーバーを取り付けると軸を変更し、テーパーシャンクドリルが使用できます。

人気メーカー・ブランドの特徴

さまざまなメーカーからボール盤が販売されていますが、HiKOKI(ハイコーキ)、makita(マキタ)、RYOBI(リョービ)、藤原産業についてご紹介していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

makita(マキタ)|プロからも高い支持

 

国内の電動工具メーカーとして、もっとも多くのシェアを誇るのがマキタです。幅広い電動工具をリリースしています。

卓上ボール盤は業務用のものもあれば、シンプルで使いやすい家庭用のものも発売されています。ボール盤をふくめ電動工具の品質が高く安定した作業ができるのが特徴です。業務用は価格が高めですが、家庭でも使用できる手にしやすい価格帯のものもあります。

HiKOKI(ハイコーキ)|パワーに定評

 

国内でマキタに次ぐ規模をほこる電動工具メーカーが、ハイコーキです。おもに業務用の卓上ボール盤をリリースしています。

ボール盤のラインナップそのものはやや少ないものの、いずれもパワーが高いのが魅力です。また、卓上ボール盤以外にも磁気で吸着するため鋼材の加工に向いている、磁気ボール盤もリリースしています。

RYOBI(リョービ)|家庭用からプロ用まで豊富なラインナップ

 

グローバルな商品展開もおこなっている、ダイカストトップメーカーがリョービです。業務用のプロ仕様のものをふくめ、手にしやすい価格帯のものがそろっています。

DIY初心者なども手にしやすい、シンプルな構造でリーズナブルな価格のものも多くあります。はじめて卓上ボール盤を購入したいときにも、商品選びの選択肢に入るメーカーです。

藤原産業|低価格ながら高い品質

 

ハンドツールやガーデンツールなどの商社である藤原産業は、オリジナルの工具ブランドであるSK11を展開しています。SK11シリーズは、工具の専門店やホームセンターなどに卸されています。

SK11の卓上ボール盤は、手にしやすい価格が魅力です。初心者からセミプロまで使いやすくなっています。DIYで卓上ボール盤を取り入れたいときにも向いています。

ボール盤おすすめ9選

ボール盤の選び方のポイントをふまえて、DIYで気軽に使いたい人向けのボール盤や、本格的な作業向けのボール盤など、おすすめ商品をご紹介します。操作方法や穴あけの精度もふまえて選んでみましょう。

TAKAGI(高儀) EARTH MAN『卓上ボール盤(BB-250A)』

髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A 髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A 髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A 髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A 髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A 髙儀(Takagi)卓上ボール盤EARTHMANBB-250A
出典:Amazon この商品を見るview item

回転速度を変更できる

高儀の電動工具ブランド、アースマンから発売されている卓上ボール盤です。しっかり固定できるバイス付きで、小さい材料を加工したいときにも使いやすくなっています。

プーリーでドリルの回転速度を5段階変動できます。材質の異なる材料を加工したいときにも向いています。穴の深さ調節機能も付いているので、効率よく作業が進みます。

藤原産業『SK11 卓上ボール盤300W(SDP-300V)』

SK11卓上ボール盤300WSDP-300V SK11卓上ボール盤300WSDP-300V SK11卓上ボール盤300WSDP-300V SK11卓上ボール盤300WSDP-300V SK11卓上ボール盤300WSDP-300V SK11卓上ボール盤300WSDP-300V
出典:Amazon この商品を見るview item

大きな径の穴あけもまっすぐできる

鉄工8mm、木工24mmと大きめの径の穴あけができる卓上ボール盤です。一定の深さ、かつまっすぐに穴あけができるのが魅力です。

穴あけの深さを調節できる機能もついていますので、いろいろな加工が可能です。ベルト掛けかえにより、ドリルの回転速度を5段階調節できます。木材も金属も適した回転速度で加工可能です。

京セラインダストリアルツールズ『リョービ 卓上ボール盤(TB-1131K)』

リョービ(RYOBI)卓上ボール盤TB-1131K木工24mm鉄工13mm4091131 リョービ(RYOBI)卓上ボール盤TB-1131K木工24mm鉄工13mm4091131
出典:Amazon この商品を見るview item

いろいろな材料に安定して使える

バイス能力幅65×つかみ能力50mmの卓上ボール盤です。木材、プラスチック、金属、非金属といろいろな材料に対して安定して穴あけ加工ができます。

プロ仕様のスペックを持るボール盤ながら、家庭用電源に対応している単相100Vです。20kgとやや重量がありますが、設置するスペースと運搬方法を確保できれば家庭用のセミプロ機器としても活用できます。

makita(マキタ)『卓上ボール盤(TB131)』

マキタ(Makita)卓上ボール盤鉄工14mm木工24mmTB131 マキタ(Makita)卓上ボール盤鉄工14mm木工24mmTB131 マキタ(Makita)卓上ボール盤鉄工14mm木工24mmTB131
出典:Amazon この商品を見るview item

材料によってテーブルを傾けられる

深さ調節ナットとシャフトを使って、穴あけの深さが調節できる卓上ボール盤です。材料を置くテーブルは、45°まで傾けられるようになっています。穴をあけたい位置や材料の大きさに応じて、使いやすい位置に調節できます。

別売りの卓上ボール盤用バイスを使用すると、穴のあけにくいパイプなどの材料もしっかり固定できます。

藤原産業『SK11 ラジアルボール盤(SDP-600RD)』

SK11ラジアルボール盤600WSDP-600RD SK11ラジアルボール盤600WSDP-600RD SK11ラジアルボール盤600WSDP-600RD SK11ラジアルボール盤600WSDP-600RD SK11ラジアルボール盤600WSDP-600RD
出典:Amazon この商品を見るview item

大きな材料が使える大型ラジアルボール盤

大型の木工作業が多い人向けのラジアルボール盤です。フトコロ寸法が42.5cmもあり、85cm以内の幅の木材なら、穴あけ加工ができます。穴あけ深さ調整付きで、同じ深さの穴を連続してあける場合にも便利です。大きさ、重量ともにかなりあるため、十分な作業スペースを確保しましょう。

藤原産業『SK11 卓上ボール盤(SDP-600V)』

SK11卓上ボール盤600WSDP-600V SK11卓上ボール盤600WSDP-600V SK11卓上ボール盤600WSDP-600V
出典:Amazon この商品を見るview item

大きな穴もあけられる強力ボール盤

大きな穴をあけるのに適したボール盤です。600Wの強力なモーターを使用しており、鉄工13mm、木工では30mmの穴あけができます。速度は5段階で変えられるため、ドリルの太さに合わせた回転数に調節可能です。ワークテーブルの上下移動が片手ハンドルでできるため、作業の効率アップも期待できます

TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ミニボール盤(BB-100A)』

高儀EARTHMANミニボール盤BB-100A 高儀EARTHMANミニボール盤BB-100A 高儀EARTHMANミニボール盤BB-100A
出典:Amazon この商品を見るview item

小さな材料の加工に便利なミニボール盤

低価格で気軽に導入できるタイプのボール盤を探している人に向いています。コンパクトで、家庭用にぴったりです。材料を固定するバイスつきで、小さなものの穴あけに適しています。

連続使用可能時間が20分と短いため、たくさんの作業を続けて行いたい人には向いていませんが、DIYでちょっとした穴あけに使用するなら十分でしょう。

HiKOKI(ハイコーキ)『ドリルスタンド(D10-DS2)』

HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2 HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2 HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2 HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2 HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2 HiKOKI(ハイコーキ)旧日立工機ドリルスタンドコラムドリル保持φ43マウント方式 高さ450mm作業面160mm×170mmD10-DS2
出典:Amazon この商品を見るview item

電動ドリルをいかすドリルスタンド

すでに持っている電動ドリルを使用できるドリルスタンドです。電動ドリルを固定することにより、ボール盤のように垂直に穴をあけられます。ボール盤を使う頻度が多くないなら、ドリルスタンドで十分かもしれません。別売りのバイスを購入して材料を固定すれば、より安定します。

HOZAN(ホーザン)『デスクドリル(K-21)』

ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21 ホーザン(HOZAN)小型・軽量デスクドリルベルト掛け換え式3段変速切削深さ調整ストッパー付(最大30mm)K-21
出典:Amazon この商品を見るview item

金属の穴あけにぴったり! コンパクトドリル

金属類の穴あけに適したデスクドリルです。コンパクトで、テーブルの上で作業できます。音が静かなのも魅力です。切削の深さを調整するストッパーや、平行穴あけ加工用のガイドがついており、より正確な位置に穴をあけられます。精密さを要求される小物の金属加工にぴったりです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
TAKAGI(高儀) EARTH MAN『卓上ボール盤(BB-250A)』
藤原産業『SK11 卓上ボール盤300W(SDP-300V)』
京セラインダストリアルツールズ『リョービ 卓上ボール盤(TB-1131K)』
makita(マキタ)『卓上ボール盤(TB131)』
藤原産業『SK11 ラジアルボール盤(SDP-600RD)』
藤原産業『SK11 卓上ボール盤(SDP-600V)』
TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ミニボール盤(BB-100A)』
HiKOKI(ハイコーキ)『ドリルスタンド(D10-DS2)』
HOZAN(ホーザン)『デスクドリル(K-21)』
商品名 TAKAGI(高儀) EARTH MAN『卓上ボール盤(BB-250A)』 藤原産業『SK11 卓上ボール盤300W(SDP-300V)』 京セラインダストリアルツールズ『リョービ 卓上ボール盤(TB-1131K)』 makita(マキタ)『卓上ボール盤(TB131)』 藤原産業『SK11 ラジアルボール盤(SDP-600RD)』 藤原産業『SK11 卓上ボール盤(SDP-600V)』 TAKAGI(高儀)『EARTH MAN ミニボール盤(BB-100A)』 HiKOKI(ハイコーキ)『ドリルスタンド(D10-DS2)』 HOZAN(ホーザン)『デスクドリル(K-21)』
商品情報
特徴 回転速度を変更できる 大きな径の穴あけもまっすぐできる いろいろな材料に安定して使える 材料によってテーブルを傾けられる 大きな材料が使える大型ラジアルボール盤 大きな穴もあけられる強力ボール盤 小さな材料の加工に便利なミニボール盤 電動ドリルをいかすドリルスタンド 金属の穴あけにぴったり! コンパクトドリル
本体サイズ 約幅215×高さ250×奥行430mm 幅470×高さ592×奥行200mm 幅240×高さ580×奥行420mm - 幅265mm×高さ810mm×奥行870mm 幅440mm×高さ750mm×奥行265mm 約幅190mm×高さ380mm×奥行250mm コラムの高さ450mm 幅120mm×高さ350mm×奥行225mm
ワークテーブルサイズ 約160×165mm 162×164mm 幅162×奥行162mm 160×155mm 【ベース作業面】195mm×185mm、【テーブル作業面】231mm×217mm 【ベース作業面】155mm×154mm、【テーブル作業面】205mm×205mm 約170mm×170mm 【ベース作業面】約160mm×170mm
重量 約16kg 18.5kg 20kg 20kg 40kg 29kg 約5kg 3.7kg 4kg
穴あけ能力 木工24mm、鉄工13mm 鉄工8mm、木工24mm 木工24mm、鉄工13mm 鉄工13mm、木工24mm 木工30mm、鉄工13mm 木工30mm、鉄工13mm 木工6mm、鉄工4mm - 非鉄6mm、鉄工6mm
フトコロ寸法 - 103mm 103mm - 90mm~425mm 125mm 約100mm 140mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年10月27日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る ボール盤の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのボール盤の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ボール盤ランキング
楽天市場:ボール盤ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

DIYアドバイザー・インテリアショップ店主

ボール盤は、機種によって能力が異なるため、穴をあけたい材料やあけたい穴の大きさなどによって、選ぶべき製品が変わります。DIY用なら卓上ボール盤が一般的ですが、大きい穴をあけたいなら、可能な穴あけサイズもしっかり確認しましょう。

大型のボール盤は、大きな材料を扱ったり、大きな穴をあけたりするのに適しています。しかし、重量があり、広い設置スペースが必要です。快適に作業ができるように、作業内容に合うボール盤を選びましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


コンクリートの穴あけにおすすめなドリルビット10選|形状ごとの違いも解説

コンクリートの穴あけにおすすめなドリルビット10選|形状ごとの違いも解説

コンクリート用ドリルビットとは、コンクリート材やタイル材などに穴を開けるために使用するドリルの先端に取り付けるパーツです。ハンマードリルや振動ドリルに取りつけて使います。本記事では、コンクリート用のドリルビットの選び方とおすすめ商品をご紹介。形状ごとの違いを解説した上で、振動ドリル用やンマードリル用、セット商品までピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

木材や金属の穴あけに!ドリルビットおすすめ13選|繊細な作業・大サイズ向けも

木材や金属の穴あけに!ドリルビットおすすめ13選|繊細な作業・大サイズ向けも

ドリルビットとは、いわゆる電動ドライバーの先端に取りつける刃のこと。本格的にDIYを始めるのには欠かせない工具です。ドリルビットの種類はひじょうに多く、DIYで何をしたいのかによって選び方が変わってきます。本記事では、DIYアドバイザーの野口僚さん監修のもと、初心者向けにドリルビットの種類や選び方、そして、おすすめ商品を素材別にご紹介。プラモデル向けの繊細な穴あけ用や、日用大工で使用できる木材の穴あけ用まで、幅広くピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

トルクスドライバーセットおすすめ5選|T型の使いやすい商品を紹介

トルクスドライバーセットおすすめ5選|T型の使いやすい商品を紹介

精密機器などに使われている星型のねじを「トルクス」と呼びます。本記事では、トルクス(ヘクサロビュラー・インターナル、ヘックスローブ)ドライバーが使用される場面やネジの特徴、選び方とおすすめをご紹介。さらに、記事後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

パワー重視モデル・操作性重視モデルまで厳選!振動ドリルおすすめ13選

パワー重視モデル・操作性重視モデルまで厳選!振動ドリルおすすめ13選

振動ドリルとは、軸方向に打撃力をプラスした電動ドリルのこと。コンクリートやモルタルなどに穴開けをするとき、回転のみのドリルでは目詰まりしてしまうために振動を加えます。本記事では、振動ドリルの選び方とおすすめをご紹介。パワー重視で硬いコンクリにも使えるタイプや、コンパクトで操作しやすいタイプまで幅広くピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

小型電動ドライバーおすすめ14選|低価格な商品やパワーが強いタイプも紹介

小型電動ドライバーおすすめ14選|低価格な商品やパワーが強いタイプも紹介

小型電動ドライバーはDIYや家具の組み立てなどでのねじ締め作業をラクにしてくれる工具です。手作業でのねじ締めは、締め具合にバラつきがでたり、大量のねじ締めができなかったりと何かと苦労することも多いのではないでしょうか。小型電動ドライバーが1台あれば、ラクなねじ締めはもちろん、パーツの付け替えによって穴あけなどの作業も可能になります。本記事では、小型電動ドライバーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 電動ドリル・ドライバードリル , 工具 , DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。