チョコチップおすすめ5選【料理家が厳選】クッキーやマフィン、パン作りに!

溶けにくいチョコチップ / 500g TOMIZ/cuoca(富澤商店)
出典:Amazon

マフィンやクッキーなどのお菓子やパンづくりの材料として使われることが多いチョコチップ。焼き菓子に向くものやフレーバータイプなど種類があるため、作りたいものに合わせて使い分けることがポイントです。

この記事では、料理家でフードスタイリストの池 ももこさんへの取材をもとに、チョコチップの選び方とおすすめの商品を紹介します! 記事後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。作りたいものに合わせて最適なチョコチップを選びましょう!


目次

この記事を担当するエキスパート

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト
池 ももこ

お米もまともに炊けない料理オンチの状態から独学で華やか家庭料理・スイーツのプロに。 食事制限ゼロ、おいしい食事で−15kgのダイエットにも成功し、ファッション誌の読者モデルなどとしても活動中。 きれいとおいしいはつくれる”を活動テーマとし、料理教室「4step kitchen」を主宰。4stepで食卓がパッと華やぐお手軽レシピに定評がある。 料理教室を運営する傍ら、メディア出演・企業でのメニュー開発や食空間スタイリング・イベント講師・コラム執筆など幅広く活動中。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク
中村 美結

「食品・ドリンク」カテゴリーを担当。常に旬な情報をチェックするZ世代の編集者で、話題のカフェやスイーツ、コスメに詳しい。小さい頃から料理をしていたため、美味しくて健康的な食品・食材や調味料を探すのが日課になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

「チョコチップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
富澤商店『TOMIZ 溶けにくいチョコチップ』
共立食品『チョコチップ』
東京フード『キューブチョコレート M10T』
タイセイ『cotta チョコチップ キャラメル』
キクヤ『キューブチョコ 濃いイチゴ』
商品名 富澤商店『TOMIZ 溶けにくいチョコチップ』 共立食品『チョコチップ』 東京フード『キューブチョコレート M10T』 タイセイ『cotta チョコチップ キャラメル』 キクヤ『キューブチョコ 濃いイチゴ』
商品情報
特徴 焼き菓子に入れてもしっかり形が残るチョコチップ スーパーでも手に入るコスパがいいチョコチップ しっかり焼き残るチャンクタイプのチョコチップ 使い勝手のいいキャラメル風味の大容量チョコチップ 鮮やかなピンク色をしたイチゴ味のチョコチップ
内容量 500g 45g 1kg 1kg 250g
原材料 砂糖、植物油脂、乳糖、ココアパウダー、全粉乳、カカオマス、乳化剤(大豆由来)、香料 砂糖、カカオマス、ココアバター、植物油脂、全粉乳、レシチン(大豆由来)、香料 植物油脂、乳糖、砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアパウダー、乳化剤、香料、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に大豆を含む) 原材料:砂糖、植物油脂、全粉乳、乳糖、ココアバター、デキストリン、水あめ、加糖練乳、加糖脱脂練乳、ココアパウダー、クリーム、ほか 砂糖、植物油脂、全粉乳、乳糖、ココアバター、澱粉、ホエイパウダー、乾燥いちご、乳化剤、着色料(ビートレッド、紅麹)、香料ほか
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月26日時点 での税込価格

チョコチップの選び方 料理家・フードスタイリストに聞く!

不ぞろいのチョコチップ
Pixabayのロゴ

焼き菓子に使う場合には、チョコレートが溶けきらないように植物油脂の含有量をチェックしましょう。

お菓子やパンを作るときの副材料として使うチョコチップには、用途ごとに向き不向きがあります。そのため、商品の特徴を知っておいたほうがいいです。

そこで、料理家・フードスタイリストの池 ももこさんに、チョコチップを選ぶ際のポイントを教えてもらいました。

ポイントは下記の3つ。

【1】形状や食感
【2】甘さやフレーバー
【3】耐性チェック

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】形状や食感の好みで選ぶ

 

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

チョコチップには、スーパーの製菓コーナーなどでよく見かける「チップタイプ」と、アメリカンクッキーやパンなどによく使われる「チャンクタイプ」があります。

おいしさはどちらも変わりませんが、カップケーキのトッピングなど少量を使うときはチップタイプが使いやすいです。チョコパンなどたっぷり生地に練り込んで仕上げるものには、チャンクタイプが向いています。用途や好みに合わせて形状や食感を選びましょう。

【2】用途に合わせて甘さやフレーバーを選ぶ

 

フレーバータイプは少量販売のものが多いですが、この商品はたっぷり使える1kg入り。

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

おもに製菓材料として使われることが多いチョコチップは、カカオの含有量によりビター、ミルク、ホワイトに大別されます。そのほかに、キャラメルやストロベリーなどのフレーバータイプなどもあります。

あまり甘さを強調したくないときはカカオ分の多いビターやミルクタイプを少量使うとよいでしょう。バニラアイスクリームには変わりダネのフレーバータイプを使うとアクセントになります。仕上がりのイメージに合わせて使い分けをしてみましょう。

【3】耐性チェックも念頭に入れよう

 

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

製菓材料のなかでも、とくにチョコチップは焼き菓子に使われることが多い素材です。かなり高温で焼いても溶けきってしまわないように、原材料に植物油脂などを加えて耐熱性を高めています。

植物油脂が多く含まれているほど焼き残りの耐性が強くなりますので、焼き菓子に用いる場合は植物油脂の含有量を事前にチェックしておくとよいでしょう。

チョコチップのおすすめ5選 パンやケーキ、スコーンやマフィンにも!

ここまでに紹介したチョコチップの選び方をもとに、料理家・フードスタイリストの池 ももこさんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。定番のチョコレート味のほかに、フレーバータイプなども紹介していきます。

エキスパートのおすすめ

富澤商店『TOMIZ 溶けにくいチョコチップ』

富澤商店『TOMIZ溶けにくいチョコチップ』 富澤商店『TOMIZ溶けにくいチョコチップ』
出典:Amazon この商品を見るview item
料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

焼き菓子に入れてもしっかり形が残るチョコチップ

熱を加えてもチップの粒がしっかり残ることで評判がいい商品です。見た目や食感でチョコチップ感のある焼き菓子を作りたい人や、パンなど焼き時間の長いものに練り込みたい場合に特に向いています。

ミルクチョコレートの割には甘さも控えめなタイプであるため、たくさん入れても甘くなりすぎないところも魅力のひとつです。

エキスパートのおすすめ

共立食品『チョコチップ』

ホームメイド焼き菓子用チョコチップ45g ホームメイド焼き菓子用チョコチップ45g ホームメイド焼き菓子用チョコチップ45g ホームメイド焼き菓子用チョコチップ45g
出典:Amazon この商品を見るview item
料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

スーパーでも手に入るコスパがいいチョコチップ

スーパーの製菓コーナーなどでよく見かけます。製菓材料店まで材料を買いに行くのは少し面倒な人や、身近なところで入手できるものがよい人にとって手に入れやすい商品です。

おもに製菓材料を扱うメーカーなだけに、コスパや味、粒の大きさなども焼き菓子やパン生地に練り込むのに適しています。手軽に買うことができ、使いやすいトータルバランスのよさが魅力です。

エキスパートのおすすめ

東京フード『キューブチョコレート M10T』

チョコレートキューブチョコレートM10T240g チョコレートキューブチョコレートM10T240g チョコレートキューブチョコレートM10T240g チョコレートキューブチョコレートM10T240g チョコレートキューブチョコレートM10T240g
出典:Amazon この商品を見るview item
料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

しっかり焼き残るチャンクタイプのチョコチップ

焼き残りの耐性に優れているチャンクタイプのチョコチップです。焼き時間の長い焼き菓子に混ぜ込みたいときやゴロゴロっとした食感をしっかり残したい人に向いています。

存在感は残しながらもチョコレートの味自体には強いクセがないため、さまざまなスイーツやパンなどにも相性が抜群です。チョコチップの食べ応えがあります。

エキスパートのおすすめ

タイセイ『cotta チョコチップ キャラメル』

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

使い勝手のいいキャラメル風味の大容量チョコチップ

粒の大きさもちょうどよく、使い勝手がいいフレーバータイプです。プレーンチョコタイプ以外で大容量はなかなか取り扱っているところも少ないため、キャラメルフレーバー好きに向いています。

味も決してしつこくなく、キャラメルというより少しメープルの味わいに近い優しい甘みです。メープルの風味が好きな人もおいしく楽しむことができます。

エキスパートのおすすめ

キクヤ『キューブチョコ 濃いイチゴ』

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト:池 ももこ

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

鮮やかなピンク色をしたイチゴ味のチョコチップ

ミルクやビターのチョコチップに飽きた人、かわいさも求めたフレーバータイプのチョコチップを探している人に向いています。甘酸っぱいストロベリー風味は、プレーンマフィンやクッキー、チョコレート味の生地と合わせても相性抜群です。

また、バニラアイスなどに彩りをプラスしたいときにトッピングとして使うこともできます。色鮮やかなピンク色が映えて見栄えもよくなるチョコチップです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする チョコチップの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのチョコチップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:チョコチップスランキング
楽天市場:チョコチップランキング
Yahoo!ショッピング:チョコチップランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

料理家・フードスタイリストからのアドバイス

チョコチップクッキー

Photo by Jade Wulfraat on Unsplash

料理家・フードスタイリスト・テーブルウェアスタイリスト

ネット通販ならば、配送方法にも気を配って!

チョコチップに含まれている「カカオマス」は脂肪分が多い成分です。そのためバターなどのように温度が上がると、べたついたり溶け出したりしてしまう性質を持っています。

チョコレートは室温が20度後半を超えると溶けはじめるといわれていますので、手元に届くまで時間がかかるネット通販ではクール便で対応できるかどうかも確認しておきましょう。とくに夏場の購入はチョコチップの形状やフレーバー、耐性に加えて配送方法にも注意が必要です。

ケーキ作りグッズのおすすめはこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ルビーチョコレートおすすめ5選|キットカットや製菓用も紹介!

ルビーチョコレートおすすめ5選|キットカットや製菓用も紹介!

最近話題となっている新種のルビーチョコレート。ダーク、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコレートといわれており、かわいいピンク色とさわやかな甘酸っぱいフレーバーで注目を浴びています。この記事では、フードアナリストの平林玲美さんに取材のもと、ルビーチョコレートの選び方とおすすめ商品を紹介! お試し用の少量サイズから、製菓用の大容量サイズまでさまざまピックアップしています。はじめてルビーチョコレートを購入する方は、ぜひチェックしてくださいね。

tag icon お取り寄せ(菓子・スイーツ) , チョコレート , 食品

【激安・業務用】割れチョコおすすめ9選|大容量・種類豊富!人気の自由が丘店も

【激安・業務用】割れチョコおすすめ9選|大容量・種類豊富!人気の自由が丘店も

通常だと少しお値段が張り、購入をためらうチョコレートもお手ごろ価格で手に入れることができる割れチョコ。しかし、種類も多くどれがいいか悩んでしまうものです。とくに量が多いと、好みに合わない場合は余ってしまう心配もあるでしょう。この記事では、フードコーディネーターの倉田沙也加さんと編集部が、割れチョコの選び方とおすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon チョコレート , スイーツ・菓子

板チョコのおすすめ13選|明治やロッテの定番から高カカオのチョコまで!

板チョコのおすすめ13選|明治やロッテの定番から高カカオのチョコまで!

1級フードアナリストの里井真由美さんへの取材をもとに板チョコの選び方やおすすめ商品をご紹介します。口さみしいときやおやつに食べたり、お菓子づくりに使ったりと多くの人に愛される板チョコ。味や香り、食感などがメーカーによっても異なります。定番の明治の板チョコ、通販お取り寄せで話題のチョコ、コンビニでも売っているチョコなどをご紹介。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。

tag icon お取り寄せ(菓子・スイーツ) , チョコレート , スイーツ・菓子

市販のチョコクッキーのおすすめ14選|サクサク食感もしっとりクッキーも!

市販のチョコクッキーのおすすめ14選|サクサク食感もしっとりクッキーも!

チョコクッキーは、チョコとクッキーのダブルの味わいが楽しめる人気のクッキーです。いろいろな種類が売られているため、どれを買えばいいか迷ってしまうことも。そこで、お菓子研究家の飯田順子さんへの取材をもとに、チョコクッキーの選び方やおすすめ商品をご紹介。目的や好みに合わせて選べるよう、通販などで手に入りやすい商品を中心に紹介していきます。記事後半の通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミも確認してみて。

tag icon お取り寄せ(菓子・スイーツ) , チョコレート , スイーツ・菓子

ティムタムおすすめ6選【定番の味は?】オーストラリアのお菓子を楽しもう

ティムタムおすすめ6選【定番の味は?】オーストラリアのお菓子を楽しもう

「ティムタム」は、ビスケットでクリームをはさみチョコレートでくるんだ、オーストラリアで広く愛されているチョコビスケットです。日本でもネットショッピングなどで手軽に買うことができます。テイストがいろいろとあり、定番ものと期間限定品もあって、目移りしそうですね。この記事では、料理研究家のRyogoさんにお話をうかがい、ティムタムの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon チョコレート , ギフト・プレゼント , スイーツ・菓子

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。