アウトドアライターがおすすめするレクタタープ5選|キャンプをさらに快適に!

アウトドアライターがおすすめするレクタタープ5選|キャンプをさらに快適に!

作家/アウトドアライター:夏野 栄
作家/アウトドアライター
夏野 栄

作家、マルチクリエイター、アウトドア・ファッションのライター・エディターとして活躍。 アウトドア誌やファッション誌でジャンルを超えて連載。ライトノベルやゲームシナリオを執筆。 アウトドアでは『キャンプチャリ』の制作やキャンプ場プロデュースを手掛ける。またファッションマーケットの企画運営からプロダクト開発まで幅広く活動。山岳部出身、海育ちのテンカラ師。 『BE-PAL』や『camp hack』、『OCEANS』や『MonoMax』『Fine』といったメンズ誌のほか、女性ファッション誌にも参加。

本記事は、レクタタープに詳しいアウトドアライターの夏野栄さんへの取材をもとに、レクタタープの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。夏の暑い日差しや急な雨など、さまざまな状況からキャンパーを守ってくれるレクタタープは、キャンプの快適さを決める大事なアイテムです。ぜひ専門家の選び方を参考にして、自分の条件に合ったタープを探してみてください。


レクタタープの選び方|アウトドアライターに聞く

レクタタープは商品の特徴が分かりにくいアイテムですが、重視するべきポイントはいくつかあります。専門家はどのような基準で商品を選んでいるのでしょうか。アウトドアライターの夏野栄さんにレクタタープを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

テント脇でコーヒーをのむ女性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

遮光性の高さを確認する

作家/アウトドアライター

紫外線をカットできるタープを!

タープは何もない野外に屋根を作るキャンプ用アイテムです。日差しの強いサイトでキャンプするときは、紫外線をカットしないタープを張ってもあまり意味がありません。タープの遮光性については、生地の厚さやコーティング、UV加工など商品によってさまざまです。

また、基本的に遮光性の高いタープほど、強い日差しを遮る効果が期待できるので、タープ下の温度は低くなります。レクタタープを選ぶときは、まずしっかりとした遮光性があるかどうかを重視して選ぶことが大切です。

キャンパルジャパン『ogawa フィールドタープ レクタDX』

遮光コーティングやUVカットなど遮光性は抜群。

タープ素材の特徴を確認する

作家/アウトドアライター

素材ごとに重さや防水性など違いがある

タープに使われている素材は商品によってさまざまです。純粋なポリエステルやコットン素材、コットンと他の素材を混ぜやコットン混紡素材があり、それぞれの性質は異なります。

たとえば、ポリエステルは比較的軽い素材で水に強く、やわらかな風合いが魅力のコットンは耐久性も高いのが特徴です。一方、混紡素材は組み合わせる素材によってそれぞれの良さを持っているのがメリットだといえます。

ただし、素材によってはメリットもある反面、デメリットもあるので注意しなければいけません。素材の特徴を理解して、自分のキャンプスタイルにマッチしたレクタタープを選びましょう。

snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』

本体素材は、75Dポリエステルタフタ、遮光ピグメントPUコーティング加工で耐水圧は1800mm。

キャンプスタイルに合わせて選ぶ

作家/アウトドアライター

利用シーンに必要な機能をイメージする

レクタタープは日差しをカットする以外にもさまざまな役割があり、シンプルで汎用性の高い道具です。例えば、キッチンスペースを確保したいときや、焚き火のシェルターに利用することができます。そのようなときは、耐火性に優れたタープを選びましょう。また、雨天時にオーバーフライとして使う場合は、耐水性を重視してタープを選ぶ必要があります。

レクタタープを選ぶときは、自分のキャンプスタイルを考慮したうえで、どのような使い方をするかを明確化することが大切です。用途にマッチしたタープを購入すれば、後悔することはないでしょう。

レクタタープ5選|アウトドアライターのおすすめ

レクタタープの選び方のポイントは理解できたでしょうか。それでは、選び方のポイントをふまえたうえで、アウトドアライターの夏野栄さんに選んでもらったおすすめ商品を5つご紹介します。ご自分に合った商品を見つけてみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』

出典:Amazon

サイズ
約550×400×250(h)cm
重量
約15.5kg
材質
【タープ】150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO PU防水、シームシール)、【ポール】スチール
耐水圧
約1500mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

多彩なアレンジが可能な大型タープ

キャンプブランドのコールマンが発売している大型タープです。このタープには合計24カ所のグロメットがあるので、多彩なアレンジができるようになっています。素材は高耐久で軽量なコールマン独自のUVPRO生地が使われているので、水に強くて色落ちも少ないです。

また、直径32mmの高強度ポールにはランタンフックが装備されている点も便利です。キャンプ初心者からアレンジしたいベテランまで、幅広い層のキャンパーにおすすめの商品となっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』

出典:Amazon

サイズ
235cm×200cm×125cm
重量
570g(本体のみ)
材質
【本体】75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工
耐水圧
1800mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

コンパクトなので持ち運びに便利!

スノーピークが発売するソロからデュオ用のコンパクトサイズの小型タープです。組立てサイズは235cm×200cm×125cmで、1人でも簡単に設営できるのはメリットだといえます。収納性も高く、バックパッキングやツーリングのお供としても役に立つでしょう。

耐水圧は1800mmもあり、UVカット加工も施されているので、機能性も抜群です。ソロや少人数のキャンプで、性能の良いタープが欲しい人に向いているタープだといえます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

キャンパルジャパン『ogawa フィールドタープ レクタDX』

出典:楽天市場

サイズ
420cm×350cm
重量
約11.0kg
材質
【帯体】ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、【ポール】スチール
耐水圧
1500mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

遮光性の高さが魅力

国産テントブランドとして「小川張り」が有名なオガワが発売するタープです。210D素材を使った幕体はタープとしてはかなり厚手なうえ、遮光コーティングやUVカットが施されているので、遮光性は抜群です。

2019年モデルはカラーリングがベージュをメインとしたものに変更されていて、キャンプのトレンドをとらえている点もおすすめするポイントに挙げられます。オガワのテントをすでに使っているという人は、タープもオガワでそろえてみてはいかがでしょうか。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta』

サイズ
290cm×270cm
重量
約3.1kg
材質
【タープ本体】コットン(表面撥水加工・抗カビ加工)【パイピング部分】ポリエステル
耐水圧
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

焚き火に特化したコットンタープ

テンマクデザインはキャンパーのニーズに応えるブランドとして有名です。このタープはそんなテンマクデザインらしい、焚き火に特化させたコットンタープとなっています。コットン生地ならではのやわらかな風合いは生かしながら、化繊のタープよりも火の粉への耐久性が高いのが特徴です。幅広いおしゃれキャンプサイトにマッチするデザインで、ブッシュクラフトやヴィンテージスタイルにも良く似合います。

ただし、コットン素材は幕体が重く、水がしみ込みやすいといったデメリットもあるので、購入にあたってはよく検討しましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

TATONKA(タトンカ)『TARP 4 TC』

出典:Amazon

サイズ
285cm×400cm
重量
約1.5kg
材質
65/35ポリコットンPU
耐水圧
1300mm
Thumb lg 4b2c382a 6f8c 42c0 9730 4d3a3724af61
作家/アウトドアライター

高スペックでコスパ良し!

タトンカはドイツの有名なアウトドアブランドです。スペックが高いわりにリーズナブルなアイテムが多いのが特徴で、このタープもコスパに優れています。幕体に使用されているポリコットン生地は比較的軽量で防水性もあり、火の粉にも強いというポリエステルとコットンの良いところを合わせた混紡生地です。

デュオでもゆったり使えるサイズなうえ、アースカラーのシンプルデザインを採用しているので、幅広いキャンプスタイルで利用できます。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

31izkcilisl
31csduq kel
9999995249147 1
Kidenkogyo 1000307485 1
41j51bddhpl

商品

Coleman(コールマン)『スクエアタープDX』 snow peak(スノーピーク)『ライトタープ ポンタ シールド』 キャンパルジャパン『ogawa フィールドタープ レクタDX』 tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)『Takibi-Tarp Cotton SOLO Recta』 TATONKA(タトンカ)『TARP 4 TC』

特徴

多彩なアレンジが可能な大型タープ コンパクトなので持ち運びに便利! 遮光性の高さが魅力 焚き火に特化したコットンタープ 高スペックでコスパ良し!

価格

Amazon : ¥ 29,258
楽天市場 : ¥ 29,258
Yahoo!ショッピング : ¥ 29,258
※各社ECサイトの 2019年5月9日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,584
Yahoo!ショッピング : ¥ 35,189
※各社ECサイトの 2019年4月25日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 36,720
Yahoo!ショッピング : ¥ 36,720
※各社ECサイトの 2019年4月25日時点 での税込価格
Yahoo!ショッピング : ¥ 22,265
※各社ECサイトの 2019年4月25日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 20,989
楽天市場 : ¥ 45,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 29,800
※各社ECサイトの 2019年4月25日時点 での税込価格

サイズ

約550×400×250(h)cm 235cm×200cm×125cm 420cm×350cm 290cm×270cm 285cm×400cm

重量

約15.5kg 570g(本体のみ) 約11.0kg 約3.1kg 約1.5kg

材質

【タープ】150Dポリエステルオックスフォード(UVPRO PU防水、シームシール)、【ポール】スチール 【本体】75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧1800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工 【帯体】ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、【ポール】スチール 【タープ本体】コットン(表面撥水加工・抗カビ加工)【パイピング部分】ポリエステル 65/35ポリコットンPU

耐水圧

約1500mm 1800mm 1500mm 1300mm

商品情報

レクタを使いこなして快適なキャンプをしよう|アウトドアライターから一言

作家/アウトドアライター

長方形のレクタタープはタープの基本ともいうべき存在です。ヘキサタープやウィングタープを使用するキャンパーも増えてきましたが、まだまだレクタタープの魅力も捨てたものではありません。グロメットの多いレクタタープであれば、シンプルで汎用性に富んでいるので、いろいろな使い方を楽しめます。

レクタタープを張るにはある程度の知識や経験が必要になりますが、上手に張れたら「他のタイプのタープはいらない」と言えるぐらい便利なタープです。キャンプ初心者のタープ入門用、ベテランのトレーニング用のどちらでも使える幅広い層におすすめのタープなので、ぜひ購入を検討してみてください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【山岳/アウトドアライターが選ぶ】トレッキングシューズのおすすめ商品6選|軽量で快適に歩く

【山岳/アウトドアライターが選ぶ】トレッキングシューズのおすすめ商品6選|軽量で快適に歩く

登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。しかし、登山靴を選ぼうと思っても、アッパーの素材やソールのかたさ、ハイカットやミッドカット、ローカットなどの形状、ゴアテックスをはじめとした透湿防水性素材が使われているかなど、気にするポイントが多く、どんなものを買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、山岳/アウトドアライターである高橋 庄太郎さんへの取材をもとに、おすすめのトレッキングシューズや足にフィットする選び方のポイントをご紹介します!


アウトドアライターが選ぶ! ローカットトレッキングシューズのおすすめ商品6選

アウトドアライターが選ぶ! ローカットトレッキングシューズのおすすめ商品6選

山歩き専用の靴であるトレッキングシューズ。山を歩くことに特化しているため、1足持っているとトレッキングを快適に楽しむことができます。しかし、さまざまな機能をもつ商品があるため、どんなものを購入したらいいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんに聞いた、ローカットトレッキングシューズの選び方とおすすめ商品を紹介します。


【アーミーナイフ】選び方&おすすめ7選!|アウトドアライターが厳選

【アーミーナイフ】選び方&おすすめ7選!|アウトドアライターが厳選

ツールナイフや十徳ナイフ(じっとくナイフ)とも呼ばれ、キャンプや登山などのアウトドアで活躍するアーミーナイフ。このアーミーナイフの特徴は、ナイフのほかに栓抜きやドライバーなど、さまざまなツールがついていることです。しかし、商品によってツールの種類が異なるため、どれが自分に合っているのかわかりづらく感じる人もいるのではないでしょうか。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話をうかがい、おすすめのアーミーナイフをご紹介します。


キャンプで使えるグローブのおすすめ6選! アウトドアライターがレクチャー

キャンプで使えるグローブのおすすめ6選! アウトドアライターがレクチャー

たき火はキャンプの醍醐味のひとつだといえます。火を眺めながら物思いにふけってゆっくりしたり、普段はなかなか体験できない火起こしを楽しんだり、さまざまな楽しみ方が可能です。しかし、たき火は火を扱うので、危険と隣り合わせであることを忘れてはいけません。より安全に楽しむためには、耐熱性のあるグローブを用意しておいたほうがよいでしょう。そこで、アウトドア&旅ライター・編集者である大森弘恵さんへ取材し、キャンプ用グローブの選び方やおすすめ商品について聞きました。


【生活コラムニストに取材】ベーコンプレスの選び方とおすすめ8選

【生活コラムニストに取材】ベーコンプレスの選び方とおすすめ8選

ベーコンプレスは、主にベーコンや肉を焼くときに使うキッチンツールです。ほどよい重みでプレスすることにより、いつもの料理をひと味違う仕上がりにしてくれるベーコンプレスですが、大きさや形状・材質などの違いによって、さまざまな種類が存在しています。この記事では、生活コラムニスト・ももせいづみさんへの取材をもとに、ベーコンプレス選びのポイントと、おすすめのベーコンプレス8商品を厳選して紹介します。ベーコンプレス選びの際は、ぜひ参考にしてください!


最新の記事


【アコギ】ミニギターの選び方とおすすめ5選 | 小物王・納富廉邦さんに取材

【アコギ】ミニギターの選び方とおすすめ5選 | 小物王・納富廉邦さんに取材

子どもの練習用や旅のお供に最適な楽器のひとつ、ミニギター。本記事では、小物王・納富廉邦さんへの取材をもとに、テイラー、モーリス、ヤマハなどから発売されている製品の中から厳選した5つのミニギターと失敗しない選び方をご紹介します。なお、エレキギターのサイズが小さいものもミニギターと呼称しますが、本記事ではアコースティックギターの小さいものだけをご紹介しています。


マンゴーのおすすめ6選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

マンゴーのおすすめ6選【フルーツアドバイザーが選び方も解説】

カロテンやビタミンCなどの栄養が含まれ、「世界三大美果」のひとつにも数えられているマンゴー。海外からの輸入が多いのですが、日本でも宮崎、沖縄、鹿児島、熊本を中心に生産されています。幅広い産地のマンゴーが手に入りやすくなった現在ですが、品種によって味わいが違ったり、厳しい基準をクリアした果実がブランドマンゴーとして販売されたりしていることをご存じでしょうか。そこで、フルーツアドバイザーの原 詩織さんに、マンゴーの選び方とおすすめ商品をうかがいました。自家用はもちろん贈答用を選ぶ際にもぜひ参考にしてくださいね。


【整理収納アドバイザーに聞く】水切りラックのおすすめ8選|キッチンをスマートに

【整理収納アドバイザーに聞く】水切りラックのおすすめ8選|キッチンをスマートに

キッチンに欠かせない水切りラック。設置した水切りラック次第で台所の使い勝手が変わるので、自分に合った商品を選びたいですね。しかし、水切りラックにはサイズの違いや折りたたみのできるもの、水はけのよさなど、重視したいポイントは多く、商品選びに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか? そこで整理収納アドバイザーの鈴木久美子さんに水切りラックの選び方のポイントをおうかがいしました。おすすめの商品も選んでいただいたので、そちらも合わせて紹介いたします!


市販アップルティーのおすすめ5選!【紅茶専門家に取材】

市販アップルティーのおすすめ5選!【紅茶専門家に取材】

りんごの甘酸っぱい香りが特徴的なアップルティーは、定番人気のフレーバードティー。缶入りやペットボトル入りなどをはじめ、手軽に楽しめるさまざまなタイプの商品が市販されています。こちらの記事ではCha Tea 紅茶教室代表の立川 碧さんに取材をし、そんな市販のアップルティーの選び方とおすすめ商品を紹介します。アップルティーを楽しみたいときには、ぜひ参考にしてください。


目利きライターが選ぶ! ブックカバーのおすすめ5選

目利きライターが選ぶ! ブックカバーのおすすめ5選

本を保護すると同時に、お気に入りのブックカバーは読書の気分を上げてくれるものです。ブックカバーの素材は紙製や布製、革製など種類が豊富。また、サイズも文庫本や新書、A5サイズなど本に合わせてさまざまです。なかにはサイズに制限されず、どんな大きさの本にも対応できるブックカバーも。そこで、目利きライターの納富廉邦さんにブックカバーの選び方とおすすめ商品を教えてもらいました。お気に入りのブックカバーを見つけて、日々の読書を楽しみましょう!