カメラ用ブロアーおすすめ8選|空気の調節がしやすいモデルもご紹介

Giottos『ハイパワーロケットブロアー (AA1900)』
出典:Amazon

本記事では、カメラ用ブロアーの必要性や使い方、失敗しない選び方、そして、おすすめ商品をご紹介。

ぜひ参考に、自分にピッタリの商品を見つけてください。


目次

この記事を担当するエキスパート

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:PC・スマホ・カメラ,メンズファッション
横尾 忠徳

「PC・スマホ・カメラ」「メンズファッション」カテゴリーを担当。PC雑誌の編集経験者で、デジタル系商品に馴染みがある。一眼レフカメラやレンズ、メンズファッションにおいて、ユーザーとしての利用・購入機会が多く、物欲や感心が高い。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

カメラ用ブロアーとは

 

カメラ用ブロアーとは、スポイトのような形状で、風を送り込むことで、カメラのレンズや内・外部の隅に付いたホコリやゴミを取り除くアイテムのこと。

種類も豊富で、空気が出る先端がL字になっているものや、空気を送るパワーが強力なものまであります。カメラのメンテナンスに欠かせないのでしっかり選びましょう。

カメラ用ブロアーの必要性

 

カメラは精密機械であるため、内部にホコリやゴミが付いていると電子回路などがうまく作動せず、故障の原因にもなります。また、外部にホコリが付くと、ボタンの稼働に影響しますし、レンズにホコリなどが付いている場合はカメラ写りにも大きく影響します。

カメラカバーを掛けている場合でも、目に見えないホコリやゴミは付きますので、定期的に掃除をすることで、長く安心してカメラを使うことができるのです。

カメラ用ブロアーの使い方

 

カメラ用ブロアーを使用するタイミングは「撮影前」と「撮影後」。使い方は簡単で、力加減を調節しながらブロアーを握り、スポイトのように風を送り込み、レンズやカメラのボディに付いたゴミやホコリを吹き飛ばします。

特に、レンズに使用する際はブロアーで表面のホコリやゴミを吹き飛ばすだけでなく、クリーニングペーパーなどできれいに拭き取ると、カメラ写りもさらに良くなります。

注意点としては、直に手で触らないようにすること。手にはホコリやゴミだけでなく、手垢などの汚れも付着しています。別の汚れが付くと、ブロアーだけできれいにするのが難しくなるので注意しましょう。

カメラ用ブロアーの選び方

それでは、カメラ用ブロアーの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】本体サイズと風力
【2】合成ゴム製の素材に注意
【3】用途に応じたノズルの長さ
【4】使い分けが可能なヘッド交換タイプ


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】本体サイズと風力を確認

 

カメラ用のブロワーはサイズがさまざまあります。ブロワーのようなカメラをクリーニングするツールは、カメラと一緒に外へ持ち出すことも多いので、サイズ選びは重要です。

シリコンゴムでできたブロアーのボディ部分を握り、風をノズルの先から出して使うため、ブロアーの大きさや種類によって風力・風圧が変わってきます。

ボディ本体が大きいほど、ノズルから出る風のパワーは大きくなります。強いパワーが必要なときには本体が大きいものを選択しましょう。

できればかさばらずコンパクトなものだといいと考えがちですが、あまりに小さいものだと、風力が弱くてホコリや砂を吹き飛ばせずまったく使えない、ということもあるのでご注意ください。

(★)スプレー式もあるが、手動ポンプ式が理想

 

カメラ用ブロワーは、スプレータイプの強力なものが多く発売されています。しかし、できれば手動ポンプ式が理想です。手動ポンプ式であれば、自分で風力の調整が可能です。

一方スプレータイプは、強力すぎる場合があり、ホコリを飛ばすつもりが逆に奥の隙間に詰まってしまう可能性があります。なるべく手動ポンプ式を選ぶほうが無難といえます。

【2】合成ゴム製の素材に注意

カメラ用ブロワーはさまざまな素材のものがありますが、合成ゴム製のものは取り扱いに注意が必要です。

合成ゴム製のブロワーは価格がリーズナブルなものが多く魅力的ではありますが、長年使用するとひび割れを起こす可能性があります。またひび割れたまま使うと、ひび割れのかけらがカメラのレンズを傷つけることもあります。

【3】用途に応じたノズルの長さを確認

 

ブロアー先端部分のノズルの形状や長さは、短いタイプと長いタイプに大別されます。クリーニングする箇所に応じて使用するタイプを選びましょう。指先では届かない深い部分を吹き払うときには、長いノズルがあると便利です。短いノズルは、ピンポイントに狙いを定めやすいメリットがあります。

また、ノズルが短いとサイズがコンパクトになり携帯しやすいです。実際に使う場面を想像してみて、使いやすそうなものを選びましょう。

【4】使い分けが可能なヘッド交換タイプが便利

 

ブロアーのノズル先端部にも種類があり、風の吹き出し口が空いているだけのものがノーマルなタイプです。このノーマルなタイプ以外に、ノズルのヘッド部分をブラシがついたタイプに交換できるものがあります。ヘッド部分の交換ができることで用途によって使い分けが可能となり、1本2役として使用することができます。

ブロアーは基本的にレンズについたホコリを吹き払うものですが、カメラボディに付着した細かい部分の埃を取り除きたいときにも使えます。カメラボディの拭いてもなかなか取れない汚れなどを払うときに、ブラシタイプは便利です。

フォトグラファーのアドバイス

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

ブロアーは、基本的にカメラなどの細部に付着した埃を風で吹き払うために使うものです。どの製品を使っても、性能としてはあまり大差ありません。

製品によって異なってくるのは、ボディのサイズや風力、ノズルの長さなどです。クリーニングするものの形状やブロアーを携帯するときなどの状況に応じて、使いやすいものを選択するのがよいでしょう。

カメラ用ブロアーおすすめ3選|強力タイプ

上記で紹介したカメラ用ブロアーの選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介します。まずは、風力の強い強力タイプのカメラ用ブロアーです。ぜひ参考にしてください。

Akineko『シリコン製カメラ用ブロアー』

Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ Akineko強力ブロアークリーニング用品シリコン製カメラ用ブロアーグレイ
出典:Amazon この商品を見るview item

細かいところまできれいに掃除できる

通常のブロアーよりも大きい容量の180ccなので、パワフル。隙間のホコリなどをしっかり取り除きます。また取り外しができるブラシがついているので、繊細な細部も優しくクリーニングできます。パソコンのキーボードなどの掃除にも適しています。

底の部分が平らなので、スタンド式で安定感があり自立します。転がり防止のラインがついているので、使っているときも滑りにくく安定感があります。18か月の保証付きで安心です。

Giottos『ハイパワーロケットブロアー (AA1900)』

GiottosハイパワーロケットブロアーAA1900Lサイズ(ジャンボ) GiottosハイパワーロケットブロアーAA1900Lサイズ(ジャンボ) GiottosハイパワーロケットブロアーAA1900Lサイズ(ジャンボ)
出典:Amazon この商品を見るview item

Lサイズで使いやすい大きさのブロアー

ブロアーとしてはLサイズジャンボなので、立てると20cmほどの高さになり大きめです。しかし手でパンプする部分が10cm程あるので、握るときにちょうどいい大きさです。ジャンボなのでパワーもあり、レンズの外のチリなどは一吹きで簡単にきれいにできます

繊細な部分も傷つけることなく、掃除ができます。先端部分がレッドになったおしゃれなデザインで、女性にも人気です。パソコンのキーボードや検査機器などの掃除にも最適です。

UN『ブロアー ジャンボハリケーン(UN-1301)』

UNブロアージャンボハリケーンUN-1301 UNブロアージャンボハリケーンUN-1301 UNブロアージャンボハリケーンUN-1301
出典:Amazon この商品を見るview item

ゴム球のハイパワーなブロアー

大きいゴム球を使用したカメラ用ブロアーです。圧縮させて空気を噴射するので力強く、細部に入り込んだホコリなども瞬時に吹き飛ばしてきれいにします。使いやすい形なので手にも馴染みます。見た目のサイズはコンパクトですが、パワーが強いので、屋外の撮影時の持ち運びなどにも最適です。

もちろんパソコンのキーボードや周辺機器の掃除など自宅で使うときにも重宝します。使い始めはゴムの臭いがしますが、徐々になくなっていきます。

カメラ用ブロアーおすすめ5選|繊細タイプ

続いては、細かい部分にピンポイントで風を送れる繊細タイプです。こちらもぜひ参考にしてください。

Kenko『パワーブロワー ブラシ付きタイプ レッド (KPB2-WB RE)』

Kenkoクリーニング用品パワーブロワーブラシ付きタイプシリコン製レッドKPB2-WBRE Kenkoクリーニング用品パワーブロワーブラシ付きタイプシリコン製レッドKPB2-WBRE Kenkoクリーニング用品パワーブロワーブラシ付きタイプシリコン製レッドKPB2-WBRE Kenkoクリーニング用品パワーブロワーブラシ付きタイプシリコン製レッドKPB2-WBRE Kenkoクリーニング用品パワーブロワーブラシ付きタイプシリコン製レッドKPB2-WBRE
出典:Amazon この商品を見るview item

ブラシも使うなら、ヘッドを取り換えられるブロアー

先端部分をブラシタイプに付け替えることが可能な、状況に応じてツーウェイで使える便利なブロアーです。ブロアーは先端から風を吹き出し使いますが、レンズ表面に付着した細かい埃を吹き飛ばせない場合もあります。

そんなときにこのブラシを使えば、簡単に埃を払い落とすことができます。サイズも一般的で、風力も調整しやすいので初心者にはおすすめです。

ETSUMI『キューティーブロアー ブルー (E-5207)』

ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207 ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207 ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207 ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207 ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207 ETSUMIキューティーブロアーブルーE-5207
出典:Amazon この商品を見るview item

ペンギンのくちばしをイメージ可愛い実力派ブロアー

ブロアーの形状はどれも同じようなものばかりですが、このブロアーは先端部分がペンギンのくちばしを模した形になっています。少し曲がっている先端は、ピンポイントで風を送りたいときに位置を定めやすく使いやすいです。

また先端部分が透明な素材でできているので、クリーニングする箇所の状態も確認しやすくなっています。デザイン性を重視する方におすすめです。

UN『ショットブロー 黄 (UNX-1319)』

的確に吹き払える、ノズルが短いブロアー

このブロアーは、定番のものよりノズル部分が短く設計されています。ノズルが短いと吹き払いたい箇所を的確に定めて、一気に風を送れるメリットがあるので、ピンポイントに吹き当てたいときに最適です。逆にノズルが短いので、カメラボディの深さのある部分へ使うのには不向きなため、用途に合わせて使い分けましょう。

またゴムの弾力感や復元力に定評があり、小型ですが風量があるので、女性にも使いやすくておすすめです。

HOZAN『ブロー エクステンションノズル(Z-261)』

ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261 ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261 ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261 ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261 ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261 ホーザン(HOZAN)ブローエクステンションノズル、馬毛ブラシ付属ロッド式ノズルで伸縮自在Z-261
出典:Amazon この商品を見るview item

ノズルが伸縮するブロアー

このブロアーの特徴は、ノズル部分が伸縮するというところです。多くのブロアーはノズルのサイズが決まっていて、吹き払いたい箇所に合わせて使用する形です。しかしノズルが伸縮できると、クリーニングする箇所に応じて自由に長さを変えて使えるというメリットが生まれます。

特にカメラボディやレンズ内部など、深い位置で手の届かない細かな場所に使うときには有効です。

JJC『無塵ブロアー エアダスター』

JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能 JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能 JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能 JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能 JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能 JJC無塵ブロアーエアダスター黒大風量逆流防止精密機器清潔21ミクロン埃濾過濾紙交換可能
出典:Amazon この商品を見るview item

柔軟なノズルで繊細な部分も楽々お掃除

シリコン製の柔らかいポンプなので力を入れなくても簡単に力強い噴射ができて、細かい部分に入り込んだ汚れを吹き飛ばせます。濾過器の設置やエアーの吸入する場所と噴出する場所には逆流防止弁があるので、空気の流れが一方向で、清潔な空気で掃除ができます

3枚のフィルターがついているので、いつも清潔な状態を保てます。カメラの細部や精密機器の掃除、パソコンのキーボードや周辺機器などデリケートな機器の掃除に最適です。

「カメラ用ブロアー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Akineko『シリコン製カメラ用ブロアー』
Giottos『ハイパワーロケットブロアー (AA1900)』
UN『ブロアー ジャンボハリケーン(UN-1301)』
Kenko『パワーブロワー ブラシ付きタイプ レッド (KPB2-WB RE)』
ETSUMI『キューティーブロアー ブルー (E-5207)』
UN『ショットブロー 黄 (UNX-1319)』
HOZAN『ブロー エクステンションノズル(Z-261)』
JJC『無塵ブロアー エアダスター』
商品名 Akineko『シリコン製カメラ用ブロアー』 Giottos『ハイパワーロケットブロアー (AA1900)』 UN『ブロアー ジャンボハリケーン(UN-1301)』 Kenko『パワーブロワー ブラシ付きタイプ レッド (KPB2-WB RE)』 ETSUMI『キューティーブロアー ブルー (E-5207)』 UN『ショットブロー 黄 (UNX-1319)』 HOZAN『ブロー エクステンションノズル(Z-261)』 JJC『無塵ブロアー エアダスター』
商品情報
特徴 細かいところまできれいに掃除できる Lサイズで使いやすい大きさのブロアー ゴム球のハイパワーなブロアー ブラシも使うなら、ヘッドを取り換えられるブロアー ペンギンのくちばしをイメージ可愛い実力派ブロアー 的確に吹き払える、ノズルが短いブロアー ノズルが伸縮するブロアー 柔軟なノズルで繊細な部分も楽々お掃除
サイズ H185×W65mm H190×W60mm H134×W54mm H157mm×W57mm 125mm×直径54mm 117mm×直径52mm 230mm×直径63mm -
カラー オレンジ/グレー/青 ブラック グレー ブラック/ブルー/グリーン/レッド ブラック/ブルー/レッド/ホワイト レッド/ブラック/イエロー ブラック ブラック
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年3月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カメラ用ブロアーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのカメラ用ブロアーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:カメラブロアーランキング
楽天市場:カメラブロアーランキング
Yahoo!ショッピング:カメラブロアーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

風力などのスペックをしっかり確認しよう

本記事では、カメラ用のブロアーについて、必要性や使い方、大切な選び方やおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

商品を選ぶ際は、本体サイズと風力を用途に合わせて選んだ上で、合成ゴム製の素材に注意つつ、ノズルの長さやヘッド交換ができるかどうかもチェックすると、より使いやすい商品を選ぶことができるはずです。

カメラは、大切に保管しても、知らず知らずにホコリが溜まってしまいます。また、撮影前にレンズを出すとホコリがついてしまうことも多々あります。 ブロアーは、日々のメンテナンスだけでなく、撮影直前でも重要なアイテムでもあるのです。

だからこそ、本記事を参考に、ただ「風力が強い」といったことだけでなく、使いやすいか、掃除しやすいか、といった目線も忘れずに、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

【関連記事】その他のカメラ掃除グッズはこちら

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


SDカードケースのおすすめ12選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

SDカードケースのおすすめ12選|保護性能で選ぶ! microSD収納タイプも

SDカードケースはその名のとおり、SDカードやmicroSDカードなどの持ち運びや収納に使えるケースです。ワンコインほどで手に入るお手ごろなものから、収納性や耐久性の高い商品までバリエーションが豊富。本記事では、SDカードケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。どれを選べばいいか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。記事の最後には、Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングも載せているので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてくださいね。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , SDメモリーカード

雲台おすすめ21選|種類別の特徴を知って撮影技術をワンランク上げる!

雲台おすすめ21選|種類別の特徴を知って撮影技術をワンランク上げる!

望遠レンズや一眼レフカメラでの撮影に欠かせない機材が雲台。しかし、一口に雲台といってもさまざまな種類の雲台があり、カメラ初心者にとっては、なにをどう選んでいいかわからないもの。本記事では、雲台の種類ごとの特徴や選び方、そして種類別のおすすめ商品をご紹介。撮影しやすいモデルや使い勝手のいいものを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ

レンズフィルターおすすめ人気15選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

レンズフィルターおすすめ人気15選【保護・ソフト・夜景撮影用のフィルターなどを紹介】

保護フィルター、PLフィルター、NDフィルターなど、さまざまな種類があります。今回は写真家でありカメラ評論家でもある田中希美男さんへの取材をもとに、レンズフィルターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので、売れ筋や評判・口コミなども確認してみましょう。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , デジタルカメラ

ミニ三脚おすすめ13選|スマホ・カメラの撮影に【一眼レフ・ミラーレス対応も】

ミニ三脚おすすめ13選|スマホ・カメラの撮影に【一眼レフ・ミラーレス対応も】

最近では、デジカメやスマホの普及で画像や動画撮影が身近になりましたよね。手持ちで思いのままに撮るのも楽しいですが、手ブレを抑えて安定した画像や映像を撮影するには、やはり三脚が欠かせません。三脚は安いものだとダイソーなどの100均でも手軽に購入できますが、ここでは、ITジャーナリストの一条真人さんが選んだミニ三脚のおすすめ商品と選び方のポイントをご紹介します。記事後半の通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてくださいね。

tag icon コンパクトデジタルカメラ , カメラ三脚 , デジタルカメラ

GoProアクセサリーおすすめ18選|旅行・ダイビング・スポーツに! セット商品も

GoProアクセサリーおすすめ18選|旅行・ダイビング・スポーツに! セット商品も

旅行やアクティビティの撮影にピッタリなGoPro。アクセサリーを取り付けることで、より撮影の幅を広げられます。ヘルメットに取り付けるマウントや自撮り用のグリップ。そして、ダイビング撮影など水中撮影には防水性のあるハウジングが必須。ここでは、GoProアンバサダーのtaiyo masudaさんと編集部が厳選したGoProアクセサリーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon カメラアクセサリ・サプライ品 , カメラ , ビデオカメラ

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。