PR(アフィリエイト)

夏フェス向けレインウェア(ポンチョ)おすすめ13選【屋外・アウトドアの雨対策に】

KiU ニュースタンダードレインポンチョ
KiU ニュースタンダードレインポンチョ

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2024年05月31日に公開された記事です。

時期によって、アウトドアやフェスでは雨対策が欠かせません。そんなときにおすすめなのがレインウェア。傘だと片手がふさがってしまいますが、レインウェアなら両手を使えて雨の中でも移動しやすく、アウトドアや屋外フェスを楽しむことができます。

そこで、この記事では屋外・アウトドアの雨対策に必須のポンチョやコートタイプなど夏フェス向けレインウェアの選び方とおすすめ商品をご紹介します。防水性能の高い商品やおしゃれなモデルも厳選!

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

夏フェス向けレインウェアの選び方 夏フェス向けレインウェアおすすめ13選
全てを見る全てを見る

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ファッション
西原 みなみ

「ファッション」カテゴリーを担当。仕事と育児の両立に奮闘中の20代ママ編集部員。プチプラアイテムを活かしたきれいめコーデが得意で、オンオフ着まわせる洋服に飛びつきがち。最近のマイブームは、子供とリンクコーデをしてでかけること。

夏フェス向けレインウェアの選び方

まずは夏フェス向けレインウェアの選び方からご紹介します。選び方のポイントは次の4つです。

【1】防水性と耐水圧で選ぶ
【2】透湿性で選ぶ
【3】携帯性や収納性で選ぶ

【1】防水性は耐水圧をチェック

 

KiU ニュースタンダードレインポンチョ

防水性は、「耐水圧」という指標であらわします。耐水圧とは、生地への水の染み込みにくさを数値化したもの。小雨程度なら300mm、大雨対策には10,000mmほどの耐水圧が必要になります。

【耐水圧の目安】
300mm:小雨
2,000mm:中雨
10,000mm:大雨
20,000mm:嵐

【2】透湿性で選ぶ

 

コロンビア スペイパインズ ポンチョ

雨が多い夏は、ジメジメと湿気も多いもの。とくに梅雨時は蒸れやすく不快感も最高潮に高まります。「レインウェアを着たら蒸し暑くなってしまうのでは?」という方は透湿性の高いレインウェアを選んでください。ポンチョをはじめレインウェアには、透湿性を重視したタイプのものも多く、蒸し暑さを和らげることができます

透湿性の単位は、g/m2/24hrsで表され、数値が大きいほど透湿性が高くなります。目安としては、5,000g/m2/24hrs以上。暑い夏のフェスには、10,000g/m2/24hrs以上のものがベターです。レインウェア内に湿気がこもらず、かつ水分が服の中に入ってこないような機能性の高いレインウェアで、夏の雨の日も乗り切りましょう。

【3】携帯性や収納性で選ぶ

 

KiU 豪雨対応 自転車 大雨 台風 袖付き レインコート

フェス用のレインウェアは、コンパクトに収納できるタイプがよいでしょう。折りたたんでポーチなどに収まるサイズだと持ち運ぶのに便利です。

また、収納袋付きのものであれば、濡れてもほかの荷物まで濡れる心配がありません。

マイナビおすすめナビ:編集部

マイナビおすすめナビ

ここがポイント!

「フジロックフェスティバル」のような地方で開催される野外フェスでは、よく雨が降ることが多いです。雨が降ると土壌がぬかるみ、泥がはねたりもします。そんなときに役立つのが、足首あたりまで覆ってくれるレインウェアです。とくにレインポンチョのように持ち運びや着脱に便利なタイプがおすすめです。

夏フェス向けレインウェアおすすめ13選

ここからは、ポンチョやコートタイプなど夏フェスで役に立つレインウェアのおすすめを厳選してご紹介します。

Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』

Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

普段着にも使えるスタイリッシュなレインコート

シンプルなデザインながら普段着にもつかえるスタイリッシュなレインコートです。おしゃれなデザインで、素材にはTPUラミネートを使用することによって耐水圧5,000mmという高い機能性を実現しています。

また、とても軽量なのでさまざまなシーンで気軽に身につけることができます。オリーブ、ベージュ、ギンガムの3色がラインナップされており、好みに合わせて選べるのもポイント。

サイズ M、L
重量 -
タイプ レインコート
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ M、L
重量 -
タイプ レインコート
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

SOMETHING(サムシング エドウィン)『ウィズレインハイポンチョ Plus』

SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』 SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』 SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』 SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』 SOMETHING(サムシングエドウィン)『ウィズレインハイポンチョPlus』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

自転車もまるっとカバーするおしゃれなポンチョ

機能性が高いオーバーサイズのレインウェア。ロングタイプで足元まで包み込み、自転車走行中も足元を濡れにくくします。袖口には手の甲を守ってくれるカバーがついていたり、面ファスナーでフードの深さを調整できたりと、細部にまで行き届いた機能性の高さも魅力。

ブルーをベースに無地、ストライプ柄とデザインを選べます。ロゴデザインもおしゃれで、ファッショナブルなポンチョです。

サイズ フリー(ワンサイズ)
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリー(ワンサイズ)
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

LACE LADIES『レインコート』

LACELADIES『レインコート』 LACELADIES『レインコート』 LACELADIES『レインコート』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
LACELADIES『レインコート』 LACELADIES『レインコート』 LACELADIES『レインコート』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

雨の日が楽しくなるおしゃれなデザイン

袖をつけて丈を長めにすることで、足元までカバーしてくれるポンチョ。風によるめくれ上がりも少なくなり、足元を濡らしたくない方におすすめです

また、フロントジップでパーカーのように着られるので、顔や髪をポンチョについた水滴で濡らしてしまうこともありません。「濡れたポンチョの着脱で顔や頭が濡れてしまう」という女性が気になりがちなポイントをしっかりとおさえた、使い勝手のいいアイテムです。

サイズ フリー(ワンサイズ)
重量 335g
タイプ ポンチョ
耐水圧 10,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリー(ワンサイズ)
重量 335g
タイプ ポンチョ
耐水圧 10,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』

Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

ツートンカラーが印象的なレインウェア

アウトドアブランドとして知られる「コールマン」のレインウェアです。上からすっぽり被るポンチョタイプで、ツートンカラーになっているのが特徴。

フェスやスポーツ観戦など、屋外でも使いやすいデザイン。専用のメッシュケースが付いているので、持ち運びも簡単です。

サイズ フリーサイズ
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリーサイズ
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

コロンビア『スペイパインズ ポンチョ』

コロンビア『スペイパインズポンチョ』 コロンビア『スペイパインズポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
コロンビア『スペイパインズポンチョ』 コロンビア『スペイパインズポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

高い防水性能を備えたポンチョタイプの防水コート

目を引く柄やパターンが印象的な防水タイプのポンチョです。登山用品にも使われる防水透湿素材を使用しているうえ、縫い目にも止水処理を施すなど、高い防水性能を備えています。

ドローコードを引き絞ることにより、さらに体にフィットさせることも可能。ほかにも、スナップボタンを固定してフィット感をアップすることもできます。

サイズ S、M
重量 250g(Mサイズの場合)
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ S、M
重量 250g(Mサイズの場合)
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』

スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

ゆったりした作りなので好きなインナーを着られる

2.5レイヤーの防水・透湿素材を使用した、ポンチョタイプのレインウェアです。全体的に無地ですが、ポケット部分にさりげなく入っているロゴプリントとアスタリスクマークが特徴。

表地には強度の高いリップストップナイロンを使用しているので丈夫。袖は身ごろに余裕を持たせた作りになっているため、インナーに着る服を選ばずに済むのもおすすめポイントです。

サイズ 1、2
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ 1、2
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

mont-bell(モンベル)『トレッキング レインポンチョ』

mont-bell(モンベル)『トレッキングレインポンチョ』 mont-bell(モンベル)『トレッキングレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:Amazon
mont-bell(モンベル)『トレッキングレインポンチョ』 mont-bell(モンベル)『トレッキングレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:Amazon

モンベルの独自素材で抜群の耐水圧を実現

モンベル独自の高耐水圧素材を使用したレインポンチョです。縫い目にも同素材のシームテープ処理が施されており、高い防水性能を持っています。

フード部分はドローコードとベルクロにより、顔の周囲とひさしの上という2点でフィット感の調整が可能。295gと軽量なので、着たままバックパックを背負うなどしても大きな負担にはなりません。

サイズ S、M、L
重量 295g
タイプ ポンチョ
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ S、M、L
重量 295g
タイプ ポンチョ
耐水圧 5,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

Sea To Summit『ウルトラシルバー ナノポンチョ』

SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』
この商品を見るview item 出典:Amazon
SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』 SeaToSummit『ウルトラシルバーナノポンチョ』
この商品を見るview item 出典:Amazon

人間工学に基づいて設計されたフードが特徴

登山やスキー用品を販売している「シートゥサミット」のレインポンチョです。防水機能のある15Dウルトラシルナノファブリックを採用し、縫い目部分はダブルステッチで密封されています。

人間工学に基づいて設計された3パネルのピークフードは、高いカバー力が特徴。サイズ変更用のボタンにより、フィット感を調整できます。

サイズ フリーサイズ
重量 145g
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリーサイズ
重量 145g
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』

アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

破れにくく丈夫で、携帯もしやすい

アウトドア用品でよく使われるリップストップ生地を使用したレインポンチョです。格子状に織り込まれているため、破れにくく丈夫。

袖口はボタンで留められるようになっており、雨の侵入を防ぎます。専用の袋もセットになっているため、持ち運びも簡単です。

サイズ M、L
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ M、L
重量 -
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

洋服のようにオシャレなデザインのレインウェア

ロータス式の撥水生地を使用した、撥水性と防汚性に優れたレインウェアです。通気性も高いため、雨の中でも体の乾燥をよく保ち、蒸れを防ぎます。

洋服のようにオシャレなデザインで、さらに裾を絞ることでふんわりとしたシルエットにすることも可能。フロントには大きなポケットも付いていて便利です。

サイズ フリーサイズ
重量 290g
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリーサイズ
重量 290g
タイプ ポンチョ
耐水圧 -
透湿性 -
全てを見る全てを見る

KiU『ニュースタンダード レインポンチョ』

KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

柄とカラーのバリエーションが豊富

レインポンチョとレインコートのハイブリッドとも言えるアイテムです。全開前開きジップ仕様のため、荷物を背負ったままでも着脱可能。

袖口はマジックテープでサイズ調整でき、アクティブに動きやすくなっています。柄やカラーのバリエーションが豊富なため、自分のお気に入りが見つかるでしょう。

サイズ フリーサイズ
重量 420g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリーサイズ
重量 420g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

KiU『ニュースタンダード レインポンチョ【2022】』

KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』
この商品を見るview item 出典:Amazon
KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』 KiU『ニュースタンダードレインポンチョ【2022】』
この商品を見るview item 出典:Amazon

ツバ付き&ハイネック仕様のフードが頭をガード

前項で紹介した『ニュースタンダード レインポンチョ』の2022年バージョンです。ファスナーには止水タイプを採用し、縫い目にはシームテープを施すことで雨水の侵入を防ぎます。

フードはツバ付き&ハイネック仕様で、顔まわりを雨水からしっかりカード。右手側にある、水の侵入を防ぐフラップ付きのポケットも便利です。

サイズ フリーサイズ
重量 420g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

サイズ フリーサイズ
重量 420g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 -
全てを見る全てを見る

White Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)『レインポンチョ』

WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』 WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』 WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』 WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』 WhiteMountaineering(ホワイトマウンテニアリング)『レインポンチョ』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

UVカット率90%を誇る晴雨兼用のウェア

2020年にはパリコレのランウェイにも登場したことがある、ホワイト マウンテニアリングのレインウェアです。防水性・通気性・耐久性に優れた生地を採用し、高い防水性能を保持。

UVカット率も90%を誇るので、屋外での使用に最適です。ボタン付きフルジップ(全開前開き)仕様なので、荷物を背負っていても着脱は簡単にできます。

サイズ 約 前丈104×着丈108×幅148cm
重量 約460g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 10,000g/m2・24h
全てを見る全てを見る

サイズ 約 前丈104×着丈108×幅148cm
重量 約460g
タイプ ポンチョ
耐水圧 20,000mm
透湿性 10,000g/m2・24h
全てを見る全てを見る

「夏フェス向けレインウェア」のおすすめ商品の比較一覧表

画像 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 SOMETHING(サムシング エドウィン)『ウィズレインハイポンチョ Plus』 LACE LADIES『レインコート』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 コロンビア『スペイパインズ ポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 mont-bell(モンベル)『トレッキング レインポンチョ』 Sea To Summit『ウルトラシルバー ナノポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 Caloics『レインポンチョ』 KiU『ニュースタンダード レインポンチョ』 KiU『ニュースタンダード レインポンチョ【2022】』 White Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)『レインポンチョ』
商品名 Kajimeiku(カジメイク)『PIRARUCU(ピラルク)サイクルモードレインコート』 SOMETHING(サムシング エドウィン)『ウィズレインハイポンチョ Plus』 LACE LADIES『レインコート』 Coleman(コールマン)『ファンスタンドポンチョ』 コロンビア『スペイパインズ ポンチョ』 スノーピーク『2.5レイヤーレインポンチョ』 mont-bell(モンベル)『トレッキング レインポンチョ』 Sea To Summit『ウルトラシルバー ナノポンチョ』 アウトドアプロダクツ『レインポンチョ』 Caloics『レインポンチョ』 KiU『ニュースタンダード レインポンチョ』 KiU『ニュースタンダード レインポンチョ【2022】』 White Mountaineering(ホワイト マウンテニアリング)『レインポンチョ』
商品情報
特徴 普段着にも使えるスタイリッシュなレインコート 自転車もまるっとカバーするおしゃれなポンチョ 雨の日が楽しくなるおしゃれなデザイン ツートンカラーが印象的なレインウェア 高い防水性能を備えたポンチョタイプの防水コート ゆったりした作りなので好きなインナーを着られる モンベルの独自素材で抜群の耐水圧を実現 人間工学に基づいて設計されたフードが特徴 破れにくく丈夫で、携帯もしやすい 洋服のようにオシャレなデザインのレインウェア 柄とカラーのバリエーションが豊富 ツバ付き&ハイネック仕様のフードが頭をガード UVカット率90%を誇る晴雨兼用のウェア
サイズ M、L フリー(ワンサイズ) フリー(ワンサイズ) フリーサイズ S、M 1、2 S、M、L フリーサイズ M、L フリーサイズ フリーサイズ フリーサイズ 約 前丈104×着丈108×幅148cm
重量 - - 335g - 250g(Mサイズの場合) - 295g 145g - 290g 420g 420g 約460g
タイプ レインコート ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ ポンチョ
耐水圧 5,000mm 5,000mm 10,000mm - - - 5,000mm - - - 20,000mm 20,000mm 20,000mm
透湿性 - - - - - - - - - - - - 10,000g/m2・24h
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年5月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年5月31日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 夏フェス向けレインウェアの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでの夏フェス向けレインウェアの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:フェス レインウェアランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

レインウェアに関するそのほかのおすすめ記事 【関連記事】

夏フェスにはポンチョタイプが便利

ここまで夏フェス向けレインウェアの選び方とおすすめ商品をご紹介してきました。最後に選び方のポイントをおさらいしましょう。

【1】防水性と耐水圧で選ぶ
【2】透湿性で選ぶ
【3】携帯性や収納性で選ぶ

夏フェスでは、携帯性に優れ雨から荷物を守ってくれるポンチョタイプが便利です。透湿性に優れたものならなおよしです。雨で濡れるのが前提の雨具ですから、収納袋付きのものだと安心ですよ。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button