【アウトドア&旅ライターがおすすめする】キャンプ用エアーベッド5選

【アウトドア&旅ライターがおすすめする】キャンプ用エアーベッド5選

アウトドア&旅ライター・編集者:大森 弘恵
アウトドア&旅ライター・編集者
大森 弘恵

オートキャンプ雑誌、アウトドア雑誌の編集部を経て、フリーランスに。 現在はアウトドア(おもにキャンプとウインターアクティビティ、野外料理)、旅をテーマに雑誌やWEBマガジンで活動。 趣味は30年ほど前からはじめた国内外でのオフロード・ツーリング&キャンプ。最近、ハンモック泊の心地よさに感激。

キャンプの必需品になりつつあるエアーベッド。サイズや値段で選んでしまいがちですが、寝心地や空気の入れやすさなど注目すべきポイントが多くあることはご存知でしょうか。この記事では、キャンプ用エアーベッドに詳しいフリーライターの大森弘恵さんへの取材をもとに、キャンプ用エアーベッドの選び方とおすすめ商品をご紹介します。テントだけではなく車のなかで使ったり、来客時に補助寝具として使ったりするなど、便利に使えるエアーベッドを見つけてください。


エアーベッドの選び方|アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに聞く

アウトドアフリーライターの大森弘恵さんに、エアーベッドを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。

テント

Photo by Will Truettner on Unsplash

エアーのみとフォーム入りは寝心地が違う

アウトドア&旅ライター・編集者

エアーベッドには、大きく分けて、空気だけを入れるものと内側にフォームが入っているインフレータブルタイプのふたつがあります。通常のベッドでは、スプリングで身体を支えると同時に適度に体圧を分散しています。

エアーベッドにおいて、通常のベッドと同じような仕組みがとられているものがインフレータブルタイプです。インフレータブルタイプのエアーベッドは、内部に仕切り(=柱)があり、ここに空気が入ることでスプリングのような役割を果たしています。柱の数や空気の入れ方によって寝心地が異なりますが、どちらかといえばエアーのみのベッドは硬め、インフレータブルタイプはソフトな寝心地です。

歩くスペースと荷物置き場を考慮してサイズ選び

アウトドア&旅ライター・編集者

一般的なエアーベッドの幅は、シングルサイズが90〜100cm、ダブルサイズは150cm前後。車中泊向きに幅130cm程度のものもあります。エアーベッドは寝返りをうつとほかの人にも振動が伝わるので、シングルを人数分並べるのがベストですが、ファミリー用テントに人数分のエアーベッドを敷きつめるのはたいへんです。

また、エアーベッドは身体を支えるのに充分な強度を持っていますが、歩いたり飛び跳ねたりすると破損の危険が高まります。ギリギリのサイズでは準備もたいへんなので、シングル、ダブル、車中泊向きを組み合わせて端の方に歩くスペースを確保できるサイズを選びましょう。

空気の注入はもちろん、排出にも注目

アウトドア&旅ライター・編集者

エアーの注入時には、逆止弁などがあり空気入れを抜いたときに空気が抜けにくい構造になっていると安心です。インフレータブルタイプはバルブを開放すると自然に内部のフォームが復元しようとして空気が入るのが便利ですが、一方で空気の排出に時間がかかる場合もあります。大きめの排出バルブでスムーズに空気を押し出せるものを選びましょう。

ロゴス 『セルフインフレートベッド』

収納袋で足りない空気を補えます。

>> Yahoo!ショッピングで詳細を見る

電源ポンプかダブルアクションポンプが便利

アウトドア&旅ライター・編集者

エアーベッドにはたくさんの空気を入れなくてはなりません。また、使用後はしっかり空気を抜かないとかさばってしまうので、優秀なポンプが不可欠です。パワフルな電源ポンプが断然らくですが、掃除機並みの音がするので作業する時間帯に気をつけてください。小さなフットポンプが付属されているエアーベッドがありますが、これだけで空気を入れるのはたいへんです。

電源ポンプは最後の一押しが苦手なので、フットポンプで調整するという具合に併用するといいでしょう。電源ポンプの音が苦手なら、引いても押しても空気が入るダブルアクションの手動ポンプを用意しましょう。収納袋タイプの空気入れも、一度にたくさんの空気が入ります。

エアーベッド5選|アウトドア&旅ライターの大森弘恵さんのおすすめ

上で紹介したエアーベッドの選び方のポイントをふまえて、実際にアウトドア&旅ライターの大森弘恵さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『コンフォートエアーマットレスS(170A6487)』

コールマン『コンフォートエアーマットレスS(170A6487)』

出典:Amazon

サイズ
約縦187×横97×厚さ19cm
重量
約2.5kg
素材
PVC
付属品
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

機能と価格のバランスにすぐれたスタンダードモデル

柱の数が適切で、しっかり身体を支えてくれるスタンダードなエアーベッドです。ダブルロック構造により、空気の出し入れは簡単。PVC製なので肌触りはあまりよくありませんが、ブランケットなどを併用することでカバーできます。商品にはポンプは付属していないので、空気の注入・排出ができるポンプを用意しましょう。ダブルサイズもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

コールマン『エクストラデュラブルエアーベッド ダブル(2000031957)』

コールマン『エクストラデュラブルエアーベッド ダブル(2000031957)』

出典:Amazon

サイズ
約縦198×横148×厚さ20cm
重量
約3.2kg
素材
70Dポリエステル、PVC
付属品
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

耐パンク性能が上がったタフさが自慢

コールマンのスタンダードなエアーベッドに比べて、軽くなったのに強度はアップ。なによりもダブルレイヤー構造でパンク性能が上がっているのが心強いです。

また、表面がポリエステル素材になり、肌触りも改良されています。幅300サイズのテントに2枚隣り合っても並べやすいサイズ感。ほかには車中泊向きの横幅135cmやシングルサイズもラインナップされています。残念ながら、ポンプは付属されていません。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス『どこでもオートベッド130』

ロゴス『どこでもオートベッド130』

出典:Amazon

サイズ
約縦186×横134×厚さ21cm
重量
約3.7kg
素材
PVC、ABS
付属品
フットポンプ、収納袋
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

フットと電動、ふたつのポンプを付属

フットポンプが付属するほか、ベッドには単一電池4本を使用する電動ポンプを内蔵しているので、クルマを横付けできないキャンプサイトでも安心して膨らませられます。

さらに、この内蔵モーターは空気の注入・排出ともに対応しているというのもうれしいポイント。強制的に排出できるので、きれいに空気が抜けます。ミニバンなどでの車中泊にもちょうどいいサイズで、ほかに幅100cm(シングル同等)やワイドな270cmのサイズ展開もあり、選択肢が豊富です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ロゴス 『セルフインフレートベッド』

ロゴス 『セルフインフレートベッド』

出典:Amazon

サイズ
約縦200×横80×厚さ9cm
重量
約3.8kg
素材
ポリエステル
付属品
収納袋
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

空気入れ機能つきの収納袋で最後の一押しが簡単

空気注入用バルブと排出用バルブが表裏になっていて、目的に合わせて回転させて使うのがユニークです。インフレータブルなので、空気の注入はバルブを開いて放っておくだけ。

しなやかな寝心地と無音で準備できるのが最大のメリットです。ベッドの収納袋は空気入れ機能もあるので、膨らみが足りない場合は収納袋に詰めた空気を送り込むことで解消できます。

シートゥサミット『コンフォートデラックスS.I.マット ダブル』

シートゥサミット『コンフォートデラックスS.I.マット ダブル』

出典:Amazon

サイズ
約縦201×横132×厚さ10cm
重量
約3.5kg
素材
35Dストレッチニット、75Dファブリック
付属品
-
Thumb lg d2773db1 52e6 43a2 b3f0 a6660de68ebb
アウトドア&旅ライター・編集者

プッシュすることでかたさを微調整

いち早くインフレータブルの極厚ベッドを発表したのがシートゥサミットです。バルブは大口径で、裏表入れ替えることで空気注入・排出がスムースに行なえます。空気の量で寝心地が変わりますが、プッシュにより空気の微調整ができるので、寝心地にうるさい人も安心です。

内蔵しているフォーム構造は、熱の対流を防止する独自の形状でエアーのみのベッドよりもあたたかく眠れる印象。サイズはレギュラー、ラージワイド、ダブルの3タイプですが、ダブルで横幅132cmと通常のエアーベッドよりは狭めです。

一覧表で「キャンプ用エアーベッド」のおすすめ商品を比較する

画像

コールマン『コンフォートエアーマットレスS(170A6487)』
コールマン『エクストラデュラブルエアーベッド ダブル(2000031957)』
ロゴス『どこでもオートベッド130』
ロゴス 『セルフインフレートベッド』
シートゥサミット『コンフォートデラックスS.I.マット ダブル』

商品

コールマン『コンフォートエアーマットレスS(170A6487)』 コールマン『エクストラデュラブルエアーベッド ダブル(2000031957)』 ロゴス『どこでもオートベッド130』 ロゴス 『セルフインフレートベッド』 シートゥサミット『コンフォートデラックスS.I.マット ダブル』

特徴

機能と価格のバランスにすぐれたスタンダードモデル 耐パンク性能が上がったタフさが自慢 フットと電動、ふたつのポンプを付属 空気入れ機能つきの収納袋で最後の一押しが簡単 プッシュすることでかたさを微調整

価格

Amazon : ¥ 3,132
楽天市場 : ¥ 3,908
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,434
※各社通販サイトの 2019年5月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 7,474
楽天市場 : ¥ 8,640
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,640
※各社通販サイトの 2019年5月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,396
楽天市場 : ¥ 8,618
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,618
※各社通販サイトの 2019年4月22日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 27,000
楽天市場 : ¥ 27,000
Yahoo!ショッピング : ¥ 27,000
※各社通販サイトの 2019年4月12日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 59,432
※各社通販サイトの 2019年5月27日時点 での税込価格

サイズ

約縦187×横97×厚さ19cm 約縦198×横148×厚さ20cm 約縦186×横134×厚さ21cm 約縦200×横80×厚さ9cm 約縦201×横132×厚さ10cm

重量

約2.5kg 約3.2kg 約3.7kg 約3.8kg 約3.5kg

素材

PVC 70Dポリエステル、PVC PVC、ABS ポリエステル 35Dストレッチニット、75Dファブリック

付属品

- - フットポンプ、収納袋 収納袋 -

商品情報

タフなシーンを想定してアウトドアブランドを|アウトドア&旅ライターからのアドバイス

岩場のテント

Photo by Teddy Kelley on Unsplash

アウトドア&旅ライター・編集者

極厚で地面の影響を受けにくく、心地よく眠れるのがエアーベッドの利点。テントのフロアサイズにあったもので、2枚以上を並べる場合は、身体が隙間に落ちないよう計算することも大切です。

また、エアーベッドを使ううえでもっとも困るのが、空気漏れ。家庭用のエアーベッドでも似たような商品はありますが、アウトドアブランドが作っているものは家庭用とは違い、地面の石などを考慮して設計しているので、アウトドアブランドの製品を選ぶほうが安心です。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/09/20 タグ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

※2019/09/30 表示されている価格は税込価格ですが、消費税率は掲載時点、あるいは更新時点のものです。(マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

【防振双眼鏡】の選び方&おすすめ商品5選|テクニカルライターが解説!

テクニカルライターの石井英男さんに防振双眼鏡を選ぶポイントとおすすめ商品について紹介していただきました。景色を眺めたり、バードウォッチングを楽しんだり、スポーツ観戦やフェスやライブ鑑賞に使ったりと、双眼鏡はさまざまなシーンに役立つ便利なアイテムです。ただ、使い慣れていないと手ぶれが大きくなって集中できなくなることも。そこでおすすめしたいのが、手ぶれ補正機構を搭載した防振双眼鏡です。この記事では、数ある防振双眼鏡のなかからおすすめの商品を厳選しました。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。あわせて防振双眼鏡を選ぶ参考にしてみてください。


【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!

【折りたたみリュック】のおすすめ商品5選|アウトドアライターが選び方を解説!

アウトドアライターが選ぶ折りたたみリュック5選をご紹介します。旅行やハイキングなど、移動先で小回りのきくリュックがあると便利ですよね。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに、折りたたみリュックを選ぶ際に注目すべきポイントやおすすめの商品についてお話をうかがいました。ザ・ノース・フェイス、アークテリクス、カリマー、オスプレーなどアウトドアブランドを中心に商品を紹介しています。最後に売れ筋ランキングも掲載していますので、こちらも参考にしながら自分のニーズにぴったりのリュックを見つけてください。


【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

【トレッキング用リュックおすすめ5選!】アウトドアライターに聞く|フィットする商品の選び方

アウトドアライターの夏野 栄さんに、トレッキング用リュックのおすすめ商品5選と選び方を教えてもらいました。山へ行くのに欠かすことができないアイテムといえば、まずはリュックですよね。疲れや身体への負担を軽くするためにも体型や目的に合ったものを使う必要がありますが、各ブランドから数多くのモデルが販売されていて選ぶのが難しいと感じている人も多いようです。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんにお話しをうかがい、トレッキング用リュックを選ぶポイントを解説していただきました。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひトレッキング用リュック選びの参考にしてください。


【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

【アウトドアライターに聞く!】登山用のザックカバーおすすめ5選|軽量・防水

アウトドアライターの夏野 栄さんに登山用ザックカバーの選び方とおすすめの商品を教えていただきました。登山用のザックを購入するなら、あわせてそろえておきたいのがザックカバーです。山の天気は変わりやすいもの。ザックカバーは雨や雪はもちろん、ときにはホコリや砂からも大切な荷物を守ってくれます。後半では各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。備えあれば憂いなし。いざというとき頼りになる登山用ザックカバー選びの参考にしてください。


【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

【アタックザック】の選び方&おすすめ5選|アウトドアライターが商品を厳選!

アウトドアライターの夏野 栄さんが選ぶアタックザックのおすすめ5選をご紹介します。登山では山小屋やベースキャンプから頂上を目指す場合などに、最小限の荷物だけを持って挑むことがあります。こうしたときに役立つのが「アタックザック」や「サミットパック」と呼ばれる、携帯性にすぐれた予備のザックです。糸や生地の品質に加えてザックそのものの性能が向上し、各メーカーから軽量でコンパクトな製品が数多くリリースされています。そこで、夏野さんにアタックザックを選ぶポイントをうかがい、おすすめの商品について解説していただきました。記事後半の各通販サイトの売れ筋ランキングとあわせて参考にしてみてください。


新着記事


買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

買い換え用【冷蔵庫】選び方&おすすめ4選|家電ライターが商品を厳選!

家電ライターの秋葉けんたさんに、買い換え用の冷蔵庫を選ぶポイントとおすすめ商品4選を教えていただきました。生活に不可欠な冷蔵庫は、家族構成やライフスタイルに合わせて最適なものを選定したいですよね。ただ、いざ買い換えるとなると、各メーカーより充実した機能を備えた冷蔵庫が数多く販売されていて、どの冷蔵庫を選べばよいか悩んでしまいます。そこで、数ある冷蔵庫のなかから秋葉けんたさんに厳選しいていただいた5商品をご紹介します。後半に掲載した通販サイトの売れ筋ランキングも参考に、ライフスタイルにぴったりの冷蔵庫を見つけてくださいね。


【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

【小型PCケース】の選び方&おすすめ商品5選|IT&家電ライターと編集部が厳選!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんが選ぶ小型PCケース5選をご紹介します。デスクトップPCがほしいけど、設置スペースがない。そんな時に使うのが「小型PCケース」。本記事では、小型PCケースの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

【NECノートパソコン】の選び方&おすすめ商品5選|ITライター&編集部が商品を厳選!

ITライターの周防克弥さんが選ぶ「NECノートパソコン」5選をご紹介します。ノートパソコンを買おうと思っても、さまざまなメーカーから大きさや性能が異なる多くのモデルが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまいがちです。そこで、30年以上趣味に仕事にパソコンを使い倒してきたITライターの周防克弥さんに選び方やおすすめモデルについて教えてもらいました。国内シェアNo.1のNEC製ノートパソコン(2018年「ノートPCメーカー別販売台数シェア」BCN調べ)を取り上げ、選び方の解説をしています。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

おしゃれな加湿器のおすすめ7選|【インテリアになじむ一台を】

IT&家電ライターの井上真花さんに、おしゃれな加湿器の選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。空気に潤いを与える加湿器は、長時間使うことが多いため、部屋のインテリアになじむかどうかも大切なチェックポイント。加湿器を選ぶときは、デザインが部屋全体の雰囲気にあっているかどうかも確認しましょう。最近はカラーバリエーションが豊富なモデルも増えています。IT&家電ライターの井上真花さんおすすめ商品を参考に、お部屋のインテリアにあった、おしゃれな加湿器をみつけてください。


【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

【スマホアームバンドのおすすめ7選!】ランニングでズレを気にせず機能も充実!

マラソン完走請負人の牧野 仁さんに、スマホアームバンドの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。ランニングやウォーキングに行くときは、できるだけ身軽にいきたいですよね。でも、音楽を聴いたり計測アプリを使ったりするのにスマホは必要になります。そんなとき役に立つのがスマホアームバンド。この記事では、マラソン完走請負人の牧野 仁さんがスマホアームバンドの機能や性能について、くわしく説明してくれています。ぜひ参考にして、快適なランニングを楽しんでください。


人気の記事


>>総合ランキングを見る