PR(アフィリエイト)

キーボードの中古品を選ぶ際の注意点&おすすめ7選!メリット・デメリットも解説

キーボードの中古品を選ぶ際の注意点&おすすめ7選!メリット・デメリットも解説
キーボードの中古品を選ぶ際の注意点&おすすめ7選!メリット・デメリットも解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。

パソコンを使用中にキーボードが故障してしまった場合、中古品で買い替えをおこなうのもひとつの選択肢です。

本記事では、キーボードのおすすめ中古品を7つ厳選して紹介します。中古品だからこそのメリットや、どのような点を重視して購入したらよいのかについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」を担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

中古キーボードのメリット

PCキーボードのアップ画像
Pixabayのロゴ
PCキーボードのアップ画像
Pixabayのロゴ

キーボードを中古品で買うことには、価格の面と選択肢が広がる面でメリットがあります。それぞれのメリットについて確認していきましょう。

新品よりも安価に購入できる

中古のキーボードを選ぶ最大のメリットは、新品よりも安価に購入できる点にあります。新品では金銭的な負担が大きい高性能なキーボードだとしても、中古品ならお手頃に購入できるでしょう。

また、キーボードは耐久性にすぐれているため、中古品だからといってすぐに壊れてしまう心配もありません。そのため、質のよいキーボードをなるべく安く購入したい方は、ぜひ中古品を検討してみてください。

過去の製品を購入できる

中古品のキーボードであれば、新品では市場に出ていない過去の製品も購入できる可能性があります。とくに、特定のモデルにこだわりがある方にとっては、中古品ならではのメリットといえます。

また、過去の製品であっても、性能や耐久性に満足できるものを見つけられれば、じゅうぶんな満足感を得られるでしょう。

中古キーボードを選ぶ際の注意点&デメリット

キーボードを打つ人の画像
Pixabayのロゴ
キーボードを打つ人の画像
Pixabayのロゴ

中古のキーボードは安く購入できる反面、リスクもあります。中古のキーボードを選ぶことのデメリットについて確認していきましょう。

使えないキーがある可能性がある

中古のキーボードを選ぶ際に注意したいのが、使えないキーが含まれていないかどうかです。中古品はこれまでの扱いによってさまざまな損傷や不具合が生じている場合があります。

そのため、一部のキーが壊れて反応しないキーボードがあるかもしれません。とくに、使用頻度の高いキーは故障のリスクが高いので注意が必要です。

中古専門店で購入する場合であれば、動作確認がされていないケースは考えにくいですが、個人売買で購入するケースでは動作確認が不じゅうぶんの場合もあるので、事前の確認を怠らないようにしましょう。

清掃が必要

中古品のキーボードの場合、前の使用者の手から出る汗や脂の汚れがこびりついている可能性があります。そのため、購入後はしっかり清掃をおこなうことが大切です。

また、清掃が面倒だという人は中古品専門店で購入するようにしましょう。中古品専門店なら、事前にきれいに清掃してから販売されているため、購入後の清掃の手間が省けます。

長期的な使用が難しい

中古品のキーボードは、長期的な使用が難しい点がデメリットとして挙げられます。使用歴や取り扱いによって損傷や劣化が進んでいる場合があるため、購入後しばらくするとキーの反応が鈍くなったり、特定のキーが動作しなくなる可能性があります。

また、中古品は保証期間が短いか、保証がない場合が多いため、トラブルが発生した際の修理や交換にかかる費用や手間が増えることもデメリットのひとつです。そのため、長期的な使用を考える場合は、使用歴の浅いキーボードを選択することが望ましいでしょう。

中古キーボード選びのポイント

机の上に置かれたキーボードの画像
Pixabayのロゴ
机の上に置かれたキーボードの画像
Pixabayのロゴ

中古のキーボードを購入する際は、安さだけでなく使い勝手も重視しましょう。続いては、中古のキーボードの選び方について確認していきます。

入力のしやすさで選ぶ

キーボードの入力のしやすさは作業効率に直結する要素です。キーを押す力があまり必要ないが、しっかりとした打鍵感のあるキーボードを選びましょう。

また、入力のしやすいキーボードを選ぶことで、長時間のパソコン作業でも腕が疲れにくくなる点もメリットです。中古品のキーボードを購入する際は、なるべく実際に触って打鍵感を確かめてから購入するようにしましょう。

有線か無線かで選ぶ

キーボードの接続方式によって、価格や利便性が異なります。有線の場合は価格が安い分配線がごちゃつきやすいのが特徴です。

一方で無線の場合は持ち運びがしやすかったり、配線のストレスがなっかたりといったメリットがありますが、有線よりも価格が高くなります。そのため、パソコンをネットサーフィンや仕事で使うのか、ゲームで使うのかなど、用途に合わせて接続方式は選ぶようにしましょう。

キーボードの配列で選ぶ

パソコンのキーボードには日本語配列と英語配列の2種類があり、日本で販売されているほとんどのキーボードは日本語配列になっています。

そのため、日本人の場合は日本語配列の方に打ちなれている方が多いでしょう。間違って英語配列のキーボードを購入してしまうと、タイピングに時間がかかったり、キーの打ちづらさを感じてしまいます。

中古品のキーボードを購入する際は、配列も複数種類があることを頭に入れておき、しっかり事前に確認しておくことが大切です。

おすすめの中古キーボード7選

Apple(アップル)『Apple Keyboard(A1243)』

洗練されたデザインのApple純正キーボード

シンプルで高いデザイン性が魅力のApple純正キーボードです。Apple製品のデザインは一貫して洗練されており、キーボードもその例外ではありません。

また、テンキーが付いているため、数字の入力をスムーズに行える点も魅力のひとつです。さらに、中古品ながら目立ったキズや汚れがなく、外観の美しさが保たれているので、使用感や品質に関しても期待できるでしょう。

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 430 x 115 x 15 mm
重量 570g

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 430 x 115 x 15 mm
重量 570g

Logicool(ロジクール)『キーボード(K270)』

万が一でも安心の耐水キーボード

テンキーが付いたLogicool製の耐水キーボードです。ワイヤレス接続なので、配線の乱れや絡みがなく、スッキリとしたデスク環境を実現できます。

付属のUnifyingレシーバーは、6台のデバイスまで接続が可能です。また、電池の寿命が最大24カ月間と長く、電池交換の手間を最小限に抑えられるのも魅力といえるでしょう。

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 450 x 155 x 18mm
重量 470g

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 450 x 155 x 18mm
重量 470g

DELL(デル)『キーボード(KB212-B)』

心地よい打鍵感で快適な入力

コンピューター製品関連の開発・販売を行っているDELLから出ている日本語配列のキーボードです。電卓のように数字を効率的に入力できるテンキー付きで、データ入力も素早く行えます。

さらに、打鍵感が心地よく、長時間の入力作業でもストレスを感じにくいのも特徴です。価格も1,000円以下と安価なので、手ごろのキーボードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 約460 x 190 x 30mm
重量 約900g

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 約460 x 190 x 30mm
重量 約900g

PFU(ピーエフユー)『Happy Hacking Keyboard Lite2(PD-KB210B/U)』

テンキーレスでコンパクトなキーボード

PFUから発売されているコンパクトタイプのキーボードです。テンキーが付いていないため、数字入力に少し不便さを感じるかもしれませんが、その代わり一般的なキーボードよりも省スペースで使用できます。

とくに、デスクスペースが限られている方や携帯性を重視する方にはおすすめです。また、有線接続方式を採用しているため、安定した接続が可能で、作業中でも接続が切れてキーボードが反応しなくなってしまう心配もありません。

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 約290 x 140 x 40mm
重量 約670g

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 約290 x 140 x 40mm
重量 約670g

ELECOM(エレコム)『ワイヤレス プレミアムメンブレン フルキーボード(TK-FDM088TBK)』

メカニカルキーボードと同様の設計で快適な打鍵感

こちらのキーボードは、メカニカルキーボードと同様のキートップ設計を採用しており、各キーが独立した構造を持っています。その結果、快適な打鍵感を実現し、長時間のタイピングでも疲れにくいのが特徴です。

さらに、キーの耐久性も高く、最大1000万回のキーストロークにも耐えられます。また、小型のマイクロレシーバーを装備しており、装着したまま持ち運びができる携帯性の高さも魅力です。

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 446 x 149 x 33mm
重量 約555g

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 446 x 149 x 33mm
重量 約555g

BUFFALO(バッファロー)『フルキーボード(BSKBM01WH)』

安定したタイピングができるキーボード

キー底面にメタルシートを採用しており、適度な重さを感じながら安定したタイピングができるキーボードです。押すだけで輝度や音量の調整ができるファンクションキーが搭載されているため、パソコンの設定を素早く変更できます。

さらに、テンキー付きでエクセルなどのデータを扱うソフトも快適に使用でるのも魅力のひとつです。

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 444 x 129 x 23mm
重量 約516g

接続方式 有線
キー配列 日本語配列
サイズ 444 x 129 x 23mm
重量 約516g

Apple(アップル)『Magic Keyboard( MLA22J/A)』

Apple(アップル)『MagicKeyboard(MLA22J/A)』 Apple(アップル)『MagicKeyboard(MLA22J/A)』 Apple(アップル)『MagicKeyboard(MLA22J/A)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

打ち込みが快適なシザーキーボード

シンプルで美しいデザインが魅力のApple純正キーボードです。キーの下にある再設計されたシザー構造によって快適な打鍵感を実現しており、キー入力もストレスなく行えます。

さらに、キーボードについた滑らかな傾斜も打鍵のしやすさに貢献しています。また、一度の充電で約1カ月間使用できるため、手間も少なく便利に使えるでしょう。

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 279 x 114.9 x 41~109mm
重量 約231g

接続方式 無線
キー配列 日本語配列
サイズ 279 x 114.9 x 41~109mm
重量 約231g

「キーボード 中古」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Apple(アップル)『Apple Keyboard(A1243)』
Logicool(ロジクール)『キーボード(K270)』
DELL(デル)『キーボード(KB212-B)』
PFU(ピーエフユー)『Happy Hacking Keyboard Lite2(PD-KB210B/U)』
ELECOM(エレコム)『ワイヤレス プレミアムメンブレン フルキーボード(TK-FDM088TBK)』
BUFFALO(バッファロー)『フルキーボード(BSKBM01WH)』
Apple(アップル)『Magic Keyboard( MLA22J/A)』
商品名 Apple(アップル)『Apple Keyboard(A1243)』 Logicool(ロジクール)『キーボード(K270)』 DELL(デル)『キーボード(KB212-B)』 PFU(ピーエフユー)『Happy Hacking Keyboard Lite2(PD-KB210B/U)』 ELECOM(エレコム)『ワイヤレス プレミアムメンブレン フルキーボード(TK-FDM088TBK)』 BUFFALO(バッファロー)『フルキーボード(BSKBM01WH)』 Apple(アップル)『Magic Keyboard( MLA22J/A)』
商品情報
特徴 洗練されたデザインのApple純正キーボード 万が一でも安心の耐水キーボード 心地よい打鍵感で快適な入力 テンキーレスでコンパクトなキーボード メカニカルキーボードと同様の設計で快適な打鍵感 安定したタイピングができるキーボード 打ち込みが快適なシザーキーボード
接続方式 有線 無線 有線 有線 無線 有線 無線
キー配列 日本語配列 日本語配列 日本語配列 日本語配列 日本語配列 日本語配列 日本語配列
サイズ 430 x 115 x 15 mm 450 x 155 x 18mm 約460 x 190 x 30mm 約290 x 140 x 40mm 446 x 149 x 33mm 444 x 129 x 23mm 279 x 114.9 x 41~109mm
重量 570g 470g 約900g 約670g 約555g 約516g 約231g
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする キーボード 中古の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのキーボード 中古の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:キーボードランキング
楽天市場:キーボードランキング
Yahoo!ショッピング:キーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

キーボードは中古品で安く購入しよう

マイナビおすすめナビ:編集部

マイナビおすすめナビ

今回は、キーボードを中古品で買うメリットや、おすすめの商品について紹介しました。

中古品のキーボードなら、新品で買うよりもかなり安価で購入ができます。そのため、キーボードが壊れてしまった際は、中古品も選択肢のひとつとして入れておくとよいでしょう。

その他の中古PC関連アイテムをチェック

そのほかのキーボード関連の記事はこちら 【関連記事】

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button