PR(アフィリエイト)

【2024年】ビルトインIHクッキングヒーターおすすめ13選|人気メーカーを厳選

Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-K32EST)』
出典:Amazon
Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-K32EST)』
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

高火力でありつつ、ガスコンロよりもお手入れのしやすいビルトインIHクッキングヒーター。オール電化の自宅でなくとも導入できますし、昨今は価格も下がりつつあるので一般的になっています。ただ、さまざまな専門用語も多く、どれを選んでよいか迷ってしまいますよね。

この記事では、ビルトインIHクッキングヒーターの選び方とおすすめ商品を紹介します。パナソニックや日立、三菱電機といった定番メーカーや、コスパに優れたアイリスオーヤマなどの人気メーカーの商品をピックアップ。戸建てを建てる際や買い替えを考えているなら、ぜひ参考に!

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター
たろっさ
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。 学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。 個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験を持っています。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通しています。家電で分からないことはありません。 現在は家電ライターの業務も通して「全ての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力しています。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
天野 駿太郎

「家電・オーディオ」「パソコン・スマホ」「カメラ・ビデオカメラ」カテゴリーを担当する30代編集者。モノを極力持ちたくないミニマリストで、趣味は断捨離。とはいえ、最新ガジェットには興味津々で、多機能な家電に目がない。

ビルトインIHクッキングヒーターとは?

 

ビルトインIHクッキングヒーターとはキッチンのガスコンロに代わるIHコンロです。システムキッチンに埋め込むことになるため、見た目も洗練された印象を与えることができます。

また、火力に関しても家庭用のガスコンロに比べて熱量が多いため、高火力で調理を行うことが可能。
お手入れも平面のため、汚れが酷くない限りはサッと拭くだけで完了するのも利点です。

メリット・デメリットも確認!

上記でも少し触れましたが、メリットは主にデザイン性と火力、そしてお手入れの簡単さが挙げられます。反面デメリットとしては工事が必要になる場合が多い、鍋振りがやりづらい、IH対応の器具でないと使用できないという点です。

2口以上のビルトインIHクッキングヒーターは基本的に200Vの製品がほとんどです。なので、コンセントがない場合はまずそちらの回路の増設工事が必要になります。当然200Vなので専用の回路を使わないといけないため、コンセントがないとまず間違いなく20,000円程度の工事費用がかかる可能性が高いという点は押さえておきましょう。

鍋振りに関しては、鍋の底がヒーターと接触することによって熱を生み出すIHクッキングヒーターにとって難しく、長時間ヒーターから離しての運用はしにくいのが難点。

また、IHクッキングヒーターを使用するのであれば、対応している製品にしなければいけません。中にはオールメタルやラジアントヒーターなどで対応するものもありますが、通常のものより火力は下がってしまう点に注意しましょう。

ビルトインIHクッキングヒーターの選び方

それではビルトインIHクッキングヒーターの選び方を見ていきましょう。ポイントは下記。

【1】オールメタル対応か
【2】サイズ・口数
【3】火力
【4】両面グリルかどうか
【5】その他機能

上記のポイントをおさえることで、よりほしい商品をみつけることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】オールメタル対応だとどんな金属鍋でも使える

 

通常、IHクッキングヒーターは鉄などの電気抵抗が高くてジュール熱が発生しやすいものしか使用できず、銅やアルミといった電気抵抗の低い素材は使用できませんでした。しかし、加熱周波数を通常より大きくし、こういった電気抵抗の少ない製品でも使用できるようにしたのがオールメタルと呼ばれる機能です。

これにより、電気抵抗の少ない鍋やフライパンでも使用できるようになりましたが、通常の鉄などのIH対応器具に比べやはり火力は下がってしまううえ、消費電力も多くなってしまうという点は注意しましょう。

【2】サイズ・口数で選ぶ

 

ビルトインIHクッキングヒーターの天板サイズは60cmと75cmの2種類あり、どちらもビルトイン部分の大きさは変わらないため、同じスペースに取り付けを行うことができます。キッチンが広いのであれば75cmのほうがゆったりと使用することができますが、導入コストは60cmよりも高め。予算に応じて選びましょう。

口数も重要です。主流は2口~3口になっており、一部4口のものも。どの程度使用するかという点も重要ですが、使用する器具がすべてフライパンであれば3口あっても活用することが難しくなります。フライパンや口の広い器具を中心に使用するのであれば2口、鍋などをバランスよく使用したいのであれば3口のものがいいでしょう。

【3】火力で選ぶ

 

IHクッキングヒーターを選ぶ際、火力に着目することで自分に合ったものを選びやすくなります。小さいものだと2.0kW程度、大きいものだと3.2kWで、消費電力が上がれば上がるほど火力は高くなります。

中華料理などの大火力で一気に調理する料理を好む人は3kW以上のものを、ビルトイン初心者でまずはビルトインを体感してみたいという人は2.5kW程度でも十分活用できるでしょう。

【4】両面ロースターだと裏返す必要なし

 

焼き魚や焼き鳥、ハンバーグなどといった両面焼きをするグリルの利用を頻繁に行う人はグリル部分の性能にも注目しましょう。

上面にしかヒーターが付いていない場合、ひっくり返して再度焼き上げるという手間が発生しますが、両面グリルであればひっくり返さなくてもそのまま焼き上げられるため、料理の手間を減らせます。

【5】その他の機能で選ぶ

液晶の見やすさ

 

火力調整の数字やタイマー、モードの選択など、ビルトインIHクッキングヒーターには必要な情報が多数あります。その時に液晶の視認性は重要なポイント。見やすい位置にあるか、確認はしやすいかなどをチェックしておきましょう。

便利機能の有無

 

調理に便利な機能が付いているかどうかもチェックしておくといいでしょう。ワンタッチで火加減を調節してくれる機能や吹きこぼれの抑制機能、適温キープ機能などさまざまあるので、購入前にどんな機能があるかを確認しておきましょう。

スマホ連携

 

昨今のビルトインIHクッキングヒーターはスマホと連携ができるものも増えてきています。作りたいレシピをスマホで選んで鍋にセットし、スマホからレシピを転送することで、火加減を自動で調節する機能など、利用すると便利になること間違いありません。

【6】手入れのしやすさで選ぶ

 

ビルトインIHクッキングヒーターを選ぶ際にはお手入れのしやすさも重要です。全面フラットで拭きやすいということだけでなく、汚れがつきにくい加工がされているか、排気部分をすべて取り外して洗えるか、溝部分は掃除しやすいかなどをチェックしておきましょう。

おすすめのメーカー

Panasonic(パナソニック)

 

日本が世界にほこる総合家電メーカーのパナソニックですが、ビルトインIHクッキングヒーターの分野でも多くのシェアを獲得しています。オールメタルIHクッキングヒーターを最初に開発したメーカーとしても有名で古くから製品を世に送り出しており、グリルもIHである製品など、品質の高さが特徴です。

HITACHI(日立)

 

白物家電の総合メーカーとして有名な日立ですが、IHクッキングヒーターも有名です。カラー液晶パネルやグリル内の様子を確認できるグリルカメラ、スマホ連携におまかせ調理といった近未来的な機能が多数搭載されています。また、ブラックデザインを採用しており、デザイン性に関しても目を見張るものがあります。

MITSUBISHI(三菱電機)

 

車や鉄鋼業、家電に至るまで広い分野で活躍する総合メーカー、三菱電機です。ビルトインIHクッキングヒーターも製造しており、とにかく使いやすさに重点を置いているのが特徴。

業界最大の直径26センチのリングコイルを使用した製品や小型加熱、タテ加熱といったような不必要な部分の加熱をオフにする機能など、省エネや使用しやすさにポイントが置かれています。

ビルトインIHクッキングヒーターおすすめ13選

それでは前述したビルトインIHクッキングヒーターの選び方のポイントをふまえて、プロのIT家電ライターたろっささんと編集部が厳選したおすすめ商品をご紹介します。

Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-K32EST)』

ラジエントヒーター搭載のスタンダードモデル

パナソニックのビルトインIHクッキングヒーターの中でもスタンダードクラスに位置付けされる製品です。

中央口にはラジエントヒーターが搭載されており、そこまで熱効率は良くないものの、どんな製品であっても直接熱で温めることが可能。また、左右口は3.2kWと高火力になっているため、火力不足を感じることは少ないでしょう。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 ラジエントヒーター
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 ラジエントヒーター
全てを見る全てを見る

Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』

Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』
出典:Amazon この商品を見るview item

グリルにもIHを使用で火力アップ

パナソニックのビルトインIHクッキングヒーターのミドルクラスです。オールメタル対応はしていないものの、3口とも全てIHを採用。真ん中でも2.0kWの高火力で、同時の調理なども楽にこなすことができます。

グリルにはIHを採用し、火力がアップ。どんな食材も中までしっかり火を通せます。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.2kW、右:3.2kW、中央:2.0kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 自動湯沸かし、タイマー機能
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.2kW、右:3.2kW、中央:2.0kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 自動湯沸かし、タイマー機能
全てを見る全てを見る

Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-L32AS)』

ビルトインIHクッキングヒーター入門機

価格を抑えて機能を絞ったパナソニックのビルトインIHクッキングヒーター入門機です。3.0kWのIH口にラジエントヒーター、シーズヒーターのグリルを採用しているため、上位のものと比べて火力は一歩落ちるものの、コンロより高火力という点を体感することが十分に可能。

限られた予算の中で選ぶということであれば選択肢に上がるでしょう。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 ラジエントヒーター、グリル自動調理
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 ラジエントヒーター、グリル自動調理
全てを見る全てを見る

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』
出典:Amazon この商品を見るview item

フラットパネルでお手入れラク

天板の中央に4.3インチのフルドットカラー液晶をあしらった日立のビルトインIHクッキングヒーターです。よく使う弱火、中火、強火をワンタッチで切り替えられたりグリル庫内の温度差を少なくして焼きムラを抑制したりとかゆいところに手が届く機能がもりだくさん。

トッププレートがフラットになっているため、お手入れもラクで、サッと拭くことができます。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階)
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 オートメニュー、ラク旨グリル
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階)
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 オートメニュー、ラク旨グリル
全てを見る全てを見る

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』
出典:Amazon この商品を見るview item

75cm幅で広々使える

上記で紹介しているHT-N8STFの天板が75cmになっているタイプです。天板が広くなっているため、大きめの鍋やフライパンなどを置きっぱなしにしても調理がラクに行えます。こちらももちろんフラット天板になっているため、デザイン性も評価されています。

トッププレート幅 75cm
ヒーター 3口
火力 [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階)
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 オートメニュー、ラク旨グリル
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 75cm
ヒーター 3口
火力 [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階)
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 オートメニュー、ラク旨グリル
全てを見る全てを見る

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』

HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』
出典:Amazon この商品を見るview item

日立ビルトインIHクッキングヒーター最上位モデル

日立のビルトインIHクッキングヒーターの中で最上位に位置するモデルです。上下に配置されたシーズヒーターで食材を裏返す手間が不要のラク旨グリルやフライパンや鍋の温度を自動でキープする適温調理、スマホからレシピを送信し、火加減や時間を自動で管理してくれるスマホ連携機能など、一歩進んだ機能が特徴です。

トッププレート幅 75cm
ヒーター 3口
火力 3.2kW/中央2.0kW
グリル火力 シーズヒーター【上】1.4kW 【下】1.2kW(触媒ヒーター250W)
火力調整 10段階
オールメタル対応 -
便利機能 適温調理、スマホ連携
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 75cm
ヒーター 3口
火力 3.2kW/中央2.0kW
グリル火力 シーズヒーター【上】1.4kW 【下】1.2kW(触媒ヒーター250W)
火力調整 10段階
オールメタル対応 -
便利機能 適温調理、スマホ連携
全てを見る全てを見る

MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-G321M)』

コスパに優れるラジエントヒーター対応モデル

三菱のビルトインIHクッキングヒータースタンダード帯の製品です。この価格帯でも水なしの両面自動焼きができるグリルに少量油も使用できる揚げ物機能、上面でのグリル操作など、必要最低限の機能が付いており使いやすいですよ。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:ラジエント1.2kW
グリル火力 シーズヒーター1.6kW
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 火加減タッチボタン、火力サイン、切タイマー
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:ラジエント1.2kW
グリル火力 シーズヒーター1.6kW
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 火加減タッチボタン、火力サイン、切タイマー
全てを見る全てを見る

MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』

MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』 MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』 MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

65cm幅の欧米スタイル

ビルトインIHクッキングヒーターでは珍しい65cm幅の製品です。デザイン性が重視されており、高級感のあるユーロケラガラスや未使用時は操作パネルの表示が消えるブラックフェイスパネルなど、キッチンとの調和を意識しています。

ただしグリルが付いていないため、グリル調理を行いたい場合は別途ロースターなどを用意しなければいけない点は注意しましょう。

トッププレート幅 65cm
ヒーター 3口
火力 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:1.5kW
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 火加減クッキリサイン、上面操作
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 65cm
ヒーター 3口
火力 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:1.5kW
グリル火力 -
火力調整 9段階
オールメタル対応 -
便利機能 火加減クッキリサイン、上面操作
全てを見る全てを見る

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』
出典:Amazon この商品を見るview item

一人暮らしでも使いやすい手軽さが売り

アイリスオーヤマの一口のビルトインIHクッキングヒーターで、コンパクトなのが特徴の製品です。ブラックとホワイトの二色展開をしています。

取付工事は必要なものの、100V電源で使用できるため電気工事はほとんどの場合必要ありません。揚げ物などにも対応しているため、一口でも幅広い調理に使用できます。

トッププレート幅 31cm
ヒーター 1口
火力 1,400W
グリル火力 -
火力調整 6段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物モード、安全機能
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 31cm
ヒーター 1口
火力 1,400W
グリル火力 -
火力調整 6段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物モード、安全機能
全てを見る全てを見る

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』

IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 IRISOHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』
出典:Amazon この商品を見るview item

狭いキッチンでも2口使える

45cmと狭い幅ながらも奥行きをもたせることで2口確保をしているアイリスオーヤマのビルトインIHクッキングヒーターです。

200V電源を使用するためパワフルなのが特徴で、左ヒーターは最大でおよそ3,000Wと強力な火力を持っています。フラットプレートになっているので、お手入れがラクなのもポイントと言えるでしょう。

トッププレート幅 45cm
ヒーター 2口
火力 左:約100~3000W 右:約100~2300W
グリル火力 -
火力調整 12段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物モード、安全機能
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 45cm
ヒーター 2口
火力 左:約100~3000W 右:約100~2300W
グリル火力 -
火力調整 12段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物モード、安全機能
全てを見る全てを見る

三化工業『IHクッキングヒーター(SIH-BH113A)』

脅威の8色カラーバリエーション

一口タイプのビルトインIHクッキングヒーターで、一人暮らしや狭いキッチンでの使用が想定されています。特筆すべきはクッキングヒーターの中でもかなり珍しい豊富なカラーバリエーション展開で、なんと8色から製品を選ぶことが可能。どんなタイプのキッチンとも調和させやすいのが特徴です。

トッププレート幅 32cm
ヒーター 1口
火力 1300W
グリル火力 -
火力調整 5段階
オールメタル対応 -
便利機能 温度調節機能、安全装置
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 32cm
ヒーター 1口
火力 1300W
グリル火力 -
火力調整 5段階
オールメタル対応 -
便利機能 温度調節機能、安全装置
全てを見る全てを見る

Electrolux(エレクトロラックス)『IHクッキングヒーター(EHI635CB)』

ウィンドミル形式のオシャレなIH口

北欧のスウェーデンに本拠地を置く世界的に有名な家電メーカー、エレクトロラックスのビルトインIHクッキングヒーターです。ウィンドミル(風車)のような見た目のIH口が特徴で、鍋のサイズに合わせて加熱を行えるマキシセンス機能がポイント。

何度もボタンを押さないと最大まで火力調整が行えない製品が多いなか、こちらのクッキングヒーターは電源を入れてワンタッチで最大火力にすることができるパワー機能を備えています。

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左下:2300W 左下:1800W 左上:1400W
グリル火力 -
火力調整 11段階
オールメタル対応 -
便利機能 マキシセンス機能、パワー機能
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 60cm
ヒーター 3口
火力 左下:2300W 左下:1800W 左上:1400W
グリル火力 -
火力調整 11段階
オールメタル対応 -
便利機能 マキシセンス機能、パワー機能
全てを見る全てを見る

クリナップ『IHクッキングヒーター(ZZCH11C-C)』

シンプルな見た目で最低限

システムキッチンでおなじみのメーカー、クリナップが提供しているビルトインIHクッキングヒーターです。「ワンルームマンションなどのコンパクトキッチンに」とメーカーが謳っている通り、一口のコンパクトなデザインが特徴。

一切飾りっ気のない本体のため、キッチンの雰囲気を邪魔しづらいのも利点と言えます。

トッププレート幅 31.8cm
ヒーター 1口
火力 1.3kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物温度調節
全てを見る全てを見る

トッププレート幅 31.8cm
ヒーター 1口
火力 1.3kW
グリル火力 -
火力調整 7段階
オールメタル対応 -
便利機能 揚げ物温度調節
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-K32EST)』
Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』
Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-L32AS)』
HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』
HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』
HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』
MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-G321M)』
MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』
IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』
三化工業『IHクッキングヒーター(SIH-BH113A)』
Electrolux(エレクトロラックス)『IHクッキングヒーター(EHI635CB)』
クリナップ『IHクッキングヒーター(ZZCH11C-C)』
商品名 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-K32EST)』 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-AN36S)』 Panasonic(パナソニック)『IHクッキングヒーター(KZ-L32AS)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N8STWF)』 HITACHI(日立)『IHクッキングヒーター(HT-N2500KTWF)』 MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-G321M)』 MITSUBISHI(三菱電機)『IHクッキングヒーター(CS-T322BFR)』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(IHC-B112)』 IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)『IHクッキングヒーター(PIH-D4522)』 三化工業『IHクッキングヒーター(SIH-BH113A)』 Electrolux(エレクトロラックス)『IHクッキングヒーター(EHI635CB)』 クリナップ『IHクッキングヒーター(ZZCH11C-C)』
商品情報
特徴 ラジエントヒーター搭載のスタンダードモデル グリルにもIHを使用で火力アップ ビルトインIHクッキングヒーター入門機 フラットパネルでお手入れラク 75cm幅で広々使える 日立ビルトインIHクッキングヒーター最上位モデル コスパに優れるラジエントヒーター対応モデル 65cm幅の欧米スタイル 一人暮らしでも使いやすい手軽さが売り 狭いキッチンでも2口使える 脅威の8色カラーバリエーション ウィンドミル形式のオシャレなIH口 シンプルな見た目で最低限
トッププレート幅 60cm 60cm 60cm 60cm 75cm 75cm 60cm 65cm 31cm 45cm 32cm 60cm 31.8cm
ヒーター 3口 3口 3口 3口 3口 3口 3口 3口 1口 2口 1口 3口 1口
火力 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW 左:3.2kW、右:3.2kW、中央:2.0kW 左:3.0kW、右:3.0kW、中央:1.25kW [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階) [左右]3.2kW (9段階)  [中央]1.6kW (7段階) 3.2kW/中央2.0kW 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:ラジエント1.2kW 左:IH3.0kW 右:IH3.0kW 中央:1.5kW 1,400W 左:約100~3000W 右:約100~2300W 1300W 左下:2300W 左下:1800W 左上:1400W 1.3kW
グリル火力 - - - - - シーズヒーター【上】1.4kW 【下】1.2kW(触媒ヒーター250W) シーズヒーター1.6kW - - - - - -
火力調整 7段階 7段階 7段階 9段階 9段階 10段階 9段階 9段階 6段階 12段階 5段階 11段階 7段階
オールメタル対応 - - - - - - - - - - - - -
便利機能 ラジエントヒーター 自動湯沸かし、タイマー機能 ラジエントヒーター、グリル自動調理 オートメニュー、ラク旨グリル オートメニュー、ラク旨グリル 適温調理、スマホ連携 火加減タッチボタン、火力サイン、切タイマー 火加減クッキリサイン、上面操作 揚げ物モード、安全機能 揚げ物モード、安全機能 温度調節機能、安全装置 マキシセンス機能、パワー機能 揚げ物温度調節
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月2日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ビルトインIHクッキングヒーターの売れ筋をチェック

楽天市場でのビルトインIHクッキングヒーターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:ビルトインIHクッキングヒーターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

一緒にチェックしたい関連記事

スタイリッシュなキッチンで調理欲もアップ!

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター:たろっさ

プロの家電販売員 兼 家電・ITライター

ビルトインIHクッキングヒーターは自分には敷居が高いと感じている人は意外と多くいらっしゃいます。しかし、工事を含めても取り付け自体は1時間程度で終わり、特別な設備も必要ありません。

一度ビルトインIHクッキングヒーターを使用すると、その意外にしっくりくる使い勝手の虜になる人が続出しています。皆さんもこの記事を参考にビルトインIHクッキングヒーターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button