コーチジャケットおすすめ8選【メンズコーデに使える】人気ブランド・ランキングも

[ザノースフェイス] ジャケット ザ コーチジャケット メンズ NP22030 ブラック M
出典:Amazon
ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

スポーツテイストやストリートテイストのメンズファッションになじみやすいアウターのコーチジャケット。大人が着こなすには、着回しがきいてレイヤードも楽しめる、薄手のシンプルなタイプが人気です。定番のチャンピオンをはじめ、スポーツブランドのナイキ、アウトドアブランドのザ・ノース・フェイスほか、別注モデルなども登場しています。この記事では、[着こなし工学]提唱者でライターの平 格彦さんへの取材をもとに、メンズのコーチジャケットの選び方のポイントやおすすめの商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


コーチジャケットとはどんなアイテム? 襟付き、スナップボタン、裾にゴムや紐がついて絞れる

コーチジャケット
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

コーチジャケットとは、アメフトのコーチが着用していたジャケットです。その後、著名なヒップホップアーティストが着用しはじめたことから、ストリートファッションとしても取り入れられるようになり著名度があがりました。

コーチジャケットは襟が付いている、スナップボタン、袖がすぼまっている、裾にゴムや紐がついていてすぼめられるといった特徴があります。

コーチジャケットの魅力 ストリートスタイル、コンパクト、コーデのしやすさ

コーチジャケットにはいろいろな魅力があります。コーチジャケットを選ぶまえに覚えておきたい魅力を解説します。

スケートやストリートと関わりがある スケーターファッション、ヒップホップスタイルなど

コーチジャケットは著名なヒップホップアーティストが着用したことから広まりました。ヒップホップの文化を取り入れている、スケーターをはじめとしたストリートファッションとコーチジャケットは深い関わりがあります。

コーチジャケットを着用するときに背景にあるカルチャーとの関わりを考えると、よりコーチジャケットの持つ深みや魅力を感じられるようになります。

コンパクトなのに暖かい ナイロン素材で軽く、防風性、防寒性も

コーチジャケットは、もともとアメフトをはじめとしたスポーツシーンで活用されてきたアイテムです。そのため、ファッション性だけでなくスポーツシーンやアウトドアシーンにもぴったりの機能もほどこされています。

おもにナイロン素材が使われているため、軽くて丈夫なのが特徴です。さらに、保温性を高めるために裏地がボアになっているものなどもあります。

コーデに取り入れやすい 各種ブランドからも出ているアイテム

コーチジャケットは、基本的にシンプルなデザインのものが多いです。華美な装飾やロゴなどもないため、どんなコーデにも合わせやすい魅力があります。

スポーティ、ストリートライクなイメージのあるアイテムですが、実はいろいろなインナー、アウターに合わせやすくなっています。はじめて取り入れたい人でも、さっと羽織れるのが魅力です。

コーチジャケットの選び方 素材や質感、カラーイメージ、サイズ、裏地など

着こなし工学提唱者・平 格彦さんにコーチジャケットの選び方のポイントを教えていただきました。

素材や質感で選ぶ ナイロン製やコットン製、ツヤありかマットか

コーチジャケットは基本的に素材としてナイロンが使用されていますが、ファッションとして取り入れられるようになってからコットンなどのいろいろな素材が使われるようになりました。素材によって機能性や雰囲気が異なってきます。

また、素材の持つ光沢も雰囲気に影響を与えます。ツヤのあるものならカジュアルに、マットなものならシックで大人っぽい印象が得られます。

色で得られるイメージで選ぶ ブラック、ネイビー、グレー、ベージュ、カーキ、ネオンカラーなど

コーチジャケットはいろいろなカラーがあります。カラーによってニュアンスが異なるため、コーデの参考としてカラーにも注目してみましょう。

コーデに取り入れやすいブラック

いろいろなコーデで使いたい、ふだん使いできるコーチジャケットがほしいといったときには、黒が向いています。黒のコーチジャケットならインナーやボトムスの色を選ばず、羽織るだけでまとめられるのが魅力です。

はじめてコーチジャケットを取り入れたい人や、コーデに自信がない人でも、黒のコーチジャケットならいろいろなシーンで着こなせるでしょう。

キレイめの着こなしならネイビーやグレー

洗練された印象をあたえたいなら、ネイビーやグレーのコーチジャケットが向いています。大人っぽさやキレイめにまとめたいときには、これらの色を選んでみましょう。

また、光沢のあるコーチジャケットよりもツヤをおさえたマットなもののほうが、より落ち着きのある印象が与えられます。カラーと一緒に光沢も踏まえて選ぶようにしましょう。

温かみのある雰囲気のベージュ

コーチジャケットはアメフトから発祥したアイテムということから、スポーティなテイストが強めになっています。スポーティさをおさえつつ、ふだんのコーデに取り入れたいときには、ベージュのコーチジャケットを選んでみましょう。

ベージュの持つ温かみのある雰囲気がスポーツライクな雰囲気を抑えてくれます。コーデがしやすい色であるのも魅力です。

無骨、こなれ感のあるカーキ

カーキは、こなれ感や無骨な感じを出したいときにぴったりの色です。男性っぽさを強調したいときや、コーチジャケットをちょっとおしゃれに着こなしたいときにも向いています。

また、カーキ色自体もコーデがしやすい色になっています。カーキ色のコーチジャケットにあわせる、インナーやボトムスの色によっていろいろな雰囲気を出せるのも魅力です。

個性派ならネオンカラーなど明るいカラーを

自分らしいコーデを楽しみたいときや、コーチジャケットの着こなしでほかの人とかぶりたくない、というときには、大胆なカラーのものを選ぶのもよいでしょう。レッドやイエロー、オレンジなど目をひくオリジナリティあふれるカラーのコーチジャケットも発売されています。

コーチジャケット一着だけで、独特かつ存在感のあるファッションが完成します。

基本はジャストサイズを選ぼう オーバーサイズがトレンドではあるものの

サイズのイメージ画像
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

はじめてコーチジャケットを選ぶときは、ジャストサイズを選びましょう

コーチジャケットのサイズの選び方は、基本的にジャストサイズを選ぶようにしましょう。スポーティテイストの強いコーチジャケットも、ジャストサイズならいろいろなコーデにまとめられます。

ストリートファッションのテイスト強めのコーデを楽しみたいときには、オーバーサイズを選ぶ選択肢もあります。ただし、大きすぎるとだらしない印象になってしまうので、サイズ選びには気をつけましょう。

チームスポーツのユニフォームサプライヤーが王道 スポーツブランド、スケーターブランド、サーフブランドなど

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

コーチジャケットの人気を裏づけるように、最近はさまざまなブランドがリリースしています。デザインや素材でアレンジしたタイプも増えていて、バリエーションも多種多様。どれを選ぶか悩ましいところですが、そんなときは元祖や起源に立ち返るのがおすすめです。

コーチジャケットはもともと、アメリカンフットボールのコーチが着用していたアウターが起源と言われています。ということで、アメフトのようなチームスポーツにユニフォームを供給しているスポーツブランドが正統派。

まずは王道のコーチジャケットから着こなしてみてはいかがでしょうか。

シンプルなデザインが着回しやすくて大人向き キレイめコーデのハズしアイテムやスポーツMIXスタイルに

スケートボーダーの写真
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

着回ししやすいデザインを選んでみましょう

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ストリートスタイルの定番アイテムとして一般に広まったコーチジャケットなので、ストリートブランドが独自のロゴやグラフィックでアレンジしたタイプも少なくありません。

ただし、着回すことを考えるとシンプルなタイプがおすすめ。大人なコーディネートにもなじみます。

クセのないコーチジャケットならキレイめコーデのハズしアイテムとして使えるほか、旬なストリート調のスポーツMIXスタイルまで幅広く対応可能です。

裏地のタイプで選ぶ 裏地なし、メッシュ、フリース、ボア付きなど

薄手をレイヤードで着るか、アウターとして着るか。寒い時期にはボア付きのものが保温性が高く、重宝します。

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

薄手のタイプでレイヤードを楽しむのがおすすめ!

コーチジャケットの裏地は、おおまかにわけると4タイプ。「裏地ナシ」「メッシュなどの通気性が高い裏地」「フリースなどの保温性がある裏地」「ボアなどの保温性にすぐれる裏地」があります。

このうち裏地がボアのタイプはかなり温かくて冬向きです。ほかのシーズンも着回すなら、薄手のタイプを選んがほうがベター。インナーを重ねることで保温性を調整したり、レイヤードを楽しんだりすることも可能です。

あらかじめどう着こなすかをしっかりイメージし、これだ! と思えるコーチジャケットを探してみてください。

コーチジャケットのおすすめ8選 人気のチャンピオン、ナイキ、ボルコム、バートンほか、ボア付きも

うえで紹介したメンズ用コーチジャケットの選び方のポイントをふまえて、着こなし工学提唱者・平 格彦さんに選んでもらったおすすめ商品、編集部で選んだ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Champion(チャンピオン)『コーチジャケット 19SS アクションスタイル』

Champion(チャンピオン)『コーチジャケット19SSアクションスタイル』(C3-K604)

出典:Amazon

サイズ S、M、L、XL
素材 ポリエステルタフタ(ポリエステル100%)
カラー ブラック、ダークグレー、ネイビー、エメラルド、ダークパープル、ゴールド

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

新鮮なカラー展開とロゴがポイント

「チャンピオン」はアメリカの王道スポーツウェアブランドであり、1989年にNBAの独占公式ユニフォームサプライヤーにもなっています。

正統と言えるコーチジャケットで、毎シーズンいくつかの種類をリリースしており、人気を集めています。

おすすめはこのモデルで、ほかのモデルと比べると、左胸にもロゴが入っていてアクセントとして効いているのがポイント。

ダークパープル、エメラルド、ゴールドといった新鮮味のあるカラー展開も魅力です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

NIKE(ナイキ)『ナイキ SB シールド コーチ ジャケット』

NIKE(ナイキ)『ナイキSBシールドコーチジャケット』(829510-010) NIKE(ナイキ)『ナイキSBシールドコーチジャケット』(829510-010) NIKE(ナイキ)『ナイキSBシールドコーチジャケット』(829510-010)

出典:Amazon

サイズ XS、S、M、L、XL、XXL
素材 ポリエステル100%
カラー ブラック×クールグレー、ハバネロレッド×バーガンディクラッシュ、ホワイト

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

着まわしやすいストリート調デザイン

「ナイキ」ももちろん正統派。2020年からの10シーズン、MLBのサプライヤーとなることを発表したばかりで、NFLとNBAのサプライヤーも務めています。

ただし、今回おすすめするコーチジャケットは「ナイキ SB」のもの。スケートボードラインで旬なストリート調を感じさせますが、シンプルにまとまっているバランスが秀逸です。

背面の右脇にさり気なくタグが配置されていて、個性をさり気なく主張できるのも大きな魅力。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『 ザ コーチジャケット』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ザコーチジャケット(メンズ)』(NP21836) THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ザコーチジャケット(メンズ)』(NP21836) THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ザコーチジャケット(メンズ)』(NP21836) THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ザコーチジャケット(メンズ)』(NP21836) THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ザコーチジャケット(メンズ)』(NP21836)

出典:Amazon

サイズ S、M、L、XL
素材 表地:ナイロン100%、裏地:ポリエステル100%
カラー ブラック2、エバーグレイドグリーン、ディープパワーパープル、ツイルベージュ、コズミックブルー

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

撥水加工や静電気ケアなど機能性が高い一品

バックスタイルで個性を主張できるという意味では、「ザ・ノース・フェイス」のコーチジャケットもおすすめ。

ブランドを象徴するデザインとして背面の右肩部分にロゴがレイアウトされていて、うしろ姿にもアイデンティティが宿っています。さらに、左袖にもロゴワッペンを配置。シンプルななかにも個性のあるコーチジャケットに仕上がっています。

アウトドアブランドということで機能性にも優秀。撥水加工や静電ケア設計を採用しています。

DESCENTE(デサント)『コーチジャケット』

サイズ S~XA
素材 表:ソロテックスハードウーブン、ポリエステル100%
カラー ブラック

スポーツを愛する人向けのコーチジャケット

素晴らしい技術とクラフトマンシップによって作り出されるデサントのアイテムは、各分野のプロフェッショナルが集まり作り出されたものです。ステッチ一本まで、機能を考えて作られるデサントから生み出されたコーチジャケットはファッショナブルながらも機能的なアイテムです。ハリ感の強い形状記憶の布を使い、撥水防風加工がほどこされてあり雨天時にも安心して使えます。

NEW ERA(ニューエラ) 『NEW ERA history コーチジャケット』

サイズ S~XXL
素材 ポリエステル97%、ポリウレタン3%
カラー ブラック

ストリートな雰囲気を醸す人気ブランドのジャケット

NEW ERAと言えばストリート系のキャップが有名です。人気のスポーツチーム等、様々なキャップがとても人気なブランドです。そんなNEW ERAのアパレルラインは、定番の着こなしができつつも軽量で長く愛用できるアイテムをそろえています。このコーチジャケットはポリエステル100%でできており計量な作りで、シルエットはゆったりめとなっています。背面にはブランドの歴史をつづったビッグロゴがあり、ストリートな雰囲気があります。

New Balance(ニューバランス) 『コーチジャケット ビッグロゴ』

送料無料コーチジャケットnewbalanceニューバランスメンズクラシックコーチスタックドジャケットナイロンジャケットビッグロゴアウタージャンパーブラック黒30%offAMJ91521【あす楽対応】 送料無料コーチジャケットnewbalanceニューバランスメンズクラシックコーチスタックドジャケットナイロンジャケットビッグロゴアウタージャンパーブラック黒30%offAMJ91521【あす楽対応】 送料無料コーチジャケットnewbalanceニューバランスメンズクラシックコーチスタックドジャケットナイロンジャケットビッグロゴアウタージャンパーブラック黒30%offAMJ91521【あす楽対応】

出典:楽天市場

サイズ M~XL
素材 -
カラー ネイビー

ビッグロゴが特徴的で着こなし自在なジャケット

ニューバランスは、「N」のロゴが有名なシューズメーカーです。定番でシンプルな見た目な柄も、廃れることのない人気を誇っています。このコーチジャケットはそんなニューバランスの最大の特徴とでもいうべきNのビッグロゴを背面に大胆にあしらっています。メッシュインナーで快適な着こなしができるとともに、裾には紐がついていて着こなしをアレンジすることができます。

VOLCOM (ボルコム)『ボアインナー付き コーチジャケット』

VOLCOM『ボアインナー付きコーチジャケットA16318JA』 VOLCOM『ボアインナー付きコーチジャケットA16318JA』 VOLCOM『ボアインナー付きコーチジャケットA16318JA』

出典:楽天市場

サイズ M~L
素材 ポリエステル100%
カラー ブラック

軽量かつ防寒性も兼ねそなえたコーチジャケット

volcomは主に、ライディングスポーツに関するアパレルブランドです。このコーチジャケットにあしらわれているvolcomのロゴは、近年に使われているものではなく90年代のパンクロックを彷彿させるようなクラシカルなデザインとなっています。軽量ジャケットでありながら、ボアインナーが入っているので防寒対策にもばっちりなジャケットとなっています。

BURTON(バートン) 『アウターコーチジャケット』

BURTON『アウターコーチジャケット』 BURTON『アウターコーチジャケット』 BURTON『アウターコーチジャケット』

出典:楽天市場

サイズ S~L
素材 ポリエステルプレーンウーブン形状記憶素材
カラー ブラック,ブルー,ピンク,カモフラージュ

スノーボードメーカーが手掛けるの防寒ジャケット

BURTONは主にスノーボードのアイテムを手掛けるメーカーです。普段からウィンタースポーツを扱っているのもあって、このコーチジャケットも防寒性能の高いアイテムとなっています。内側にシェルパフリースライナーを施した防寒仕様です。また、適度な防水性のあるDRYRIDE2レイヤー素材により、防寒だけでなく荒天時にも安心のアイテムです。タウンユースにもスノーボードにも使えるコーチジャケットとなっています。

「コーチジャケット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Champion(チャンピオン)『コーチジャケット 19SS アクションスタイル』
NIKE(ナイキ)『ナイキ SB シールド コーチ ジャケット』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『 ザ コーチジャケット』
DESCENTE(デサント)『コーチジャケット』
NEW ERA(ニューエラ) 『NEW ERA history コーチジャケット』
New Balance(ニューバランス) 『コーチジャケット ビッグロゴ』
VOLCOM (ボルコム)『ボアインナー付き コーチジャケット』
BURTON(バートン) 『アウターコーチジャケット』
商品名 Champion(チャンピオン)『コーチジャケット 19SS アクションスタイル』 NIKE(ナイキ)『ナイキ SB シールド コーチ ジャケット』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『 ザ コーチジャケット』 DESCENTE(デサント)『コーチジャケット』 NEW ERA(ニューエラ) 『NEW ERA history コーチジャケット』 New Balance(ニューバランス) 『コーチジャケット ビッグロゴ』 VOLCOM (ボルコム)『ボアインナー付き コーチジャケット』 BURTON(バートン) 『アウターコーチジャケット』
商品情報
特徴 新鮮なカラー展開とロゴがポイント 着まわしやすいストリート調デザイン 撥水加工や静電気ケアなど機能性が高い一品 スポーツを愛する人向けのコーチジャケット ストリートな雰囲気を醸す人気ブランドのジャケット ビッグロゴが特徴的で着こなし自在なジャケット 軽量かつ防寒性も兼ねそなえたコーチジャケット スノーボードメーカーが手掛けるの防寒ジャケット
サイズ S、M、L、XL XS、S、M、L、XL、XXL S、M、L、XL S~XA S~XXL M~XL M~L S~L
素材 ポリエステルタフタ(ポリエステル100%) ポリエステル100% 表地:ナイロン100%、裏地:ポリエステル100% 表:ソロテックスハードウーブン、ポリエステル100% ポリエステル97%、ポリウレタン3% - ポリエステル100% ポリエステルプレーンウーブン形状記憶素材
カラー ブラック、ダークグレー、ネイビー、エメラルド、ダークパープル、ゴールド ブラック×クールグレー、ハバネロレッド×バーガンディクラッシュ、ホワイト ブラック2、エバーグレイドグリーン、ディープパワーパープル、ツイルベージュ、コズミックブルー ブラック ブラック ネイビー ブラック ブラック,ブルー,ピンク,カモフラージュ
商品リンク

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2019年12月5日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月21日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年12月21日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする コーチジャケットの売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでのコーチジャケットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:コーチジャケットランキング
Yahoo!ショッピング:コーチジャケットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

トレンドと割り切って安いプチプライスを狙ってもOK [着こなし工学]提唱者からのアドバイス

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

今回はシンプルなデザインのコーチジャケットをセレクトしました。コーチジャケットはスポーツテイストやストリートテイストの強いアイテム。だからこそ、シンプルなタイプでも独特な存在感があります。

今はトレンドですが、「流行を超越するスタンダード」とまでは言えないアウターです。そこで、旬なアウターとして1〜2シーズン使えればOKと割り切り、プチプライスなアイテムを狙うのも賢い戦術だと思います。

ただし、そもそもリーズナブルな価格帯が主流ですので、予算と相談しつつ納得できるコーチジャケットを選び抜いてください!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/04/13 タイトル変更のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 水貝英斗)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ライダースジャケットおすすめ9選|メンズブランドの選び方・コーデポイントを紹介

ライダースジャケットおすすめ9選|メンズブランドの選び方・コーデポイントを紹介

バイクに乗るときに羽織るイメージのあるライダースジャケット。その男らしさを強調するフォルムから、現在ではファッションアイテムとしてバイカー以外にも親しまれています。この記事では[着こなし工学]の提唱者でライター・編集者の平 格彦さんにお聞きした、ライダースジャケットの選び方とおすすめ商品を紹介します! 記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


アノラックパーカーおすすめ7選【ノースフェイス・カリマーなどアウトドアブランドほか・選び方や着こなしも】

アノラックパーカーおすすめ7選【ノースフェイス・カリマーなどアウトドアブランドほか・選び方や着こなしも】

軽めのアウターとして山でも街でも活躍するアノラックパーカー。タウンユース向けにデザインを重視したタイプもありますが、アウトドアブランドのしっかりした作りのアノラックなら流行にとらわれずに長く着られ、機能性も優れています。防水性や防風性、耐摩耗性など、商品ごとに機能もさまざま。着回しと機能性のどちらを重視するかも考えどころで、商品選びに迷われている方も多いのではないでしょうか。本記事では「着こなし工学」提唱者であるライター・編集者の平 格彦さんへの取材をもとに、アノラックパーカーの選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


おすすめのダウンベスト15選【メンズ・レディース・キッズ】アウトドアや旅行に

おすすめのダウンベスト15選【メンズ・レディース・キッズ】アウトドアや旅行に

幅広いシーンで活躍するダウンベスト。アウターとしてはもちろん、薄手のアウターのインナーに使用したりとさまざまな楽しみ方ができる便利なアイテムです。今回の記事では、そんなダウンベストの選び方を紹介しています。ダウンベストをより活躍させるための選び方のポイントから、おすすめの商品までご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


アウトドア用高機能レインウェアおすすめ12選【ゴアテックスも】人気アウトドアブランド多数!

アウトドア用高機能レインウェアおすすめ12選【ゴアテックスも】人気アウトドアブランド多数!

アウトドアでは常に常備しておきたい高機能レインウェア。そこで、アウトドアライターの夏野 栄さんに、高機能レインウェアの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。どういう素材や機能に注目すればよいのか、自分の利用シーンと照らし合わせながらチェックポイントを確認して、理想のレインウェアを見つけてくださいね。


フライトジャケットおすすめ13選|MA-1やレザーなど防寒・おしゃれに

フライトジャケットおすすめ13選|MA-1やレザーなど防寒・おしゃれに

フライトジャケットはもともと軍用機のパイロットなどが着用するために作られたジャケットですが、今ではファッションの定番になりました。時代の変遷に合わせてさまざまな種類があり、民間用のリプロダクト品も多様化しています。この記事では、[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんと編集部が、おすすめのフライトジャケットや選び方のポイントをまとめました。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


ファッションの人気記事


>>もっと見る