リースリングおすすめ12選|甘口・辛口を評価!【美味しい飲み方も紹介】

紫波リースリングリオン [ 白ワイン 中辛口 日本 750ml ]
出典:Amazon

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、初心者向けの甘口のリースリングから、上級者向けの辛口リースリングまで、選び方とおすすめ商品をご紹介いたします! 通販サイトの最新人気ランキングも確認できるので、口コミなども参考にしながらお気に入りの1本を見つけていきましょう!


目次

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート
石関 華子

埼玉県出身、高知県在住。一児の母。慶應義塾大学文学部仏文科卒。三越日本橋本店の洋酒担当を経てワインやビール、ウィスキーなどの洋酒全般の知識を培い、2016年、J.S.Aワインエキスパートの資格を取得。 現在はOffice Le Lionの代表として、高知県内のワイナリーのアドバイザーやワイン検定の講師を務める一方、ワインに関連する記事やコラム等の執筆も多数手がけています。2019年、日本ソムリエ協会高知支部副支部長に就任。

「リースリング」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
WEINGUT ROBERT WEIL (ロバート・ヴァイル)『RIESLING TROCKEN (リースリング・トロッケン) 2017』
ドメーヌ・トリンバック『トリンバック・リースリング』
紫波『リースリングリオン』
クラッハー『トロッケンベーレンアウスレーゼ N.V 187ml』
ピュージー・ヴェイル 『イーデン・ヴァレー リースリング 2015』
Foris Vineyards Winery (フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー) 『SWALLOW Riesling(スワロー・リースリング)2017』
Franz Josef Faber(フランツ・ヨゼフ・ファーバー)『ピースポーター・ギュンタースライ』
シュロス リーザー『リースリング カビネット』
G.A. シュミット『NO.11 リースリング Q.b.A.』
BIO MANIA(ビオマニア)『オーガニック ドイツ リースリング』
フライシャー『リースリング』
ローズマウント『ブレンド トラミネール・リースリング』
商品名 WEINGUT ROBERT WEIL (ロバート・ヴァイル)『RIESLING TROCKEN (リースリング・トロッケン) 2017』 ドメーヌ・トリンバック『トリンバック・リースリング』 紫波『リースリングリオン』 クラッハー『トロッケンベーレンアウスレーゼ N.V 187ml』 ピュージー・ヴェイル 『イーデン・ヴァレー リースリング 2015』 Foris Vineyards Winery (フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー) 『SWALLOW Riesling(スワロー・リースリング)2017』 Franz Josef Faber(フランツ・ヨゼフ・ファーバー)『ピースポーター・ギュンタースライ』 シュロス リーザー『リースリング カビネット』 G.A. シュミット『NO.11 リースリング Q.b.A.』 BIO MANIA(ビオマニア)『オーガニック ドイツ リースリング』 フライシャー『リースリング』 ローズマウント『ブレンド トラミネール・リースリング』
商品情報
特徴 辛口派におすすめのドイツのリースリング フランスのアルザスらしさ溢れる辛口の1本 スッキリとした酸味、ソフトでさわやかな味わい 4分の1サイズの本格派!今すぐ飲んでもおいしい! 豪州の銘醸地で育まれた辛口リースリング 米国オレゴン州の優しい甘さのリースリング 丁寧に造られたドイツの甘口リースリング 甘口のワインが好きな人におすすめ 甘口ですっきりと飲みやすい ナチュラルなぶどうだけを使ったビオワイン 輸出ワインフランス最大手のリースリング トラミネールとのブレンドのリースリング
容量 750ml 750ml 750ml 187ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml 750ml
産地 ドイツ(ラインガウ) フランス(アルザス) 岩手県紫波町 オーストリア オーストラリア アメリカ(オレゴン州) ドイツ ドイツ ドイツ ドイツ フランス オーストラリア
味わい 辛口 辛口 やや辛口 極甘口 辛口 ほんのり甘口 甘口 やや甘口 甘口 辛口 辛口 やや甘口
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月22日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月25日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月24日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月24日時点 での税込価格

リースリングとは? ドイツ原産のブドウ品種

リースリング
Pixabayのロゴ

リースリングはドイツを代表する白ワイン用のブドウです。

ドイツのラインガウ地方が原産のリースリングは、小ぶりの白ブドウです。ドイツで栽培されるようになったのは15世紀のこととされ、18世紀になるとリースリングを使った貴腐ワインの醸造がはじまりました。

今日では世界各地でリースリングが栽培されていますが、生育が難しいことから、生産量はそれほど多くありません。

リースリングの味の特徴

リースリングを使ってつくられたワインは、しっかりとした酸味と豊かな香りが特徴です。さっぱりとした辛口のワインから、スイーツなどとも相性がよい極甘口のワインまで幅広い味わいのワインがリースリングからつくられます。

辛口と甘口で相性のよい料理が変わるのも、リースリングの特徴です。辛口のリースリングには香りのよい豚肉料理を、甘口のリースリングには甘酸っぱいスイーツを合わせるとよいでしょう。

リースリングの選び方

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんに、リースリングを選ぶときのポイントを教えてもらいました。

ワインの個性を育む産地から選ぶ

白ワイン
Pixabayのロゴ

リースリングの代表的な産地はドイツで、フランスのアルザス地方やオーストラリア、ニュージーランド、アメリカなど、比較的冷涼な地域を中心に栽培されています。産地ごとにその香りや味わいの個性は異なります。ぜひ産地ごとの特徴をとらえながら選んでみてください。

バランスのよいドイツ産

 

リースリングの原産地であるドイツでは、辛口から極甘口までさまざまな味わいのワインがつくられています。おもな産地はモーゼルとラインガウの2地域で、モーゼルのものは透明感のあるデリケートな味わいが特徴です。一方、ラインガウのリースリングは、しなやかな力強さが感じられます。

ラインガウでは、貴腐ブドウを使って「トロッケンベーレンアウスレーゼ」という貴腐ワインもつくられています。

酸味が強いフランス産

 

フランスにおけるリースリングのおもな産地は、ドイツとの国境近くのアルザス地方です。年間雨量が少なく、日照時間が多く、寒暖差が大きいアルザス地方のリースリングは、張りのある酸味と力強さを合わせもっています。

辛口のワインが多く、さっぱりとした味わいの白ワインを求めている人にぴったりでしょう。

アルザス地方は、自然派の生産者が多いことでも知られています。フレッシュな果実の味わいを生かしたビオワインを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

キレがある辛口のオーストリア産

オーストリアのリースリングは、キレのよさが特徴です。若いうちはいきいきとしたフルーティーな味わいですが、熟成させることでアンズやモモ、トロピカルフルーツの風味が感じられる複雑な味わいに変化します。

強いミネラル感が感じられるのもポイントで、熟成に伴いバラのような香りが感じられることもあります。味わいは辛口のものが多いです。

個性豊かなニューワールド産

 

オーストラリアやタスマニアといったニューワールドでもリースリングは栽培されています。オーストラリア産のものはフルーティーな味わいが、タスマニア産のものは繊細なニュアンスが感じられるでしょう。

さっぱりとした飲み口のものが好みなら、アメリカ・ワシントン州産のものが適しています。

栽培している土地の個性を色濃く反映しているのが、ニューワールドのリースリングといえるでしょう。

好みに合わせてテイストから選ぶ

ワインとチーズ
Pixabayのロゴ

リースリングのワインには、甘口から辛口までさまざまな味わいのものが存在します。そのため、リースリングのワインを選ぶときは、少なくとも甘口や辛口といったテイストだけはチェックするようにしましょう。

初心者にも飲みやすい甘口

甘口のリースリングは、ワインを飲みなれない初心者の人にも飲みやすいワインです。リースリングのさわやかな酸味と甘みが感じられる軽やかな飲み口で、食前酒にも適しています。

アルコール度数が6~8度と高すぎないのもポイント。ドイツの品質等級では「シュペートレーゼ」や「アウスレーゼ」「ピースポーター・ギュンタースライ・シュペトレーゼ」のような甘口のものがおすすめ。

気軽に楽しめるワインを探している人に適しているといえるでしょう。

デザートとの相性がよい極甘口

貴腐菌が付着したリースリングを使って作る「貴腐ワイン」などは、デザートとの相性がよい極甘口のワインです。とろりとしたテクスチャーと、はちみつのような濃密な甘さ、ほどよい酸味が特徴で、ブルーチーズのようにクセのあるチーズとのマリアージュが楽しめます。

フォアグラのようにコクのある食材と合わせてもおいしいです。

すっきりとした味わいの辛口

リースリングというと甘口のワインを思い浮かべる人も多いですが、近年は辛口のワインも多くつくられています。リースリングの辛口は、シャープな酸味とクリアな果実味が特徴です。

すっきりとした飲み口なので、料理と合わせて楽しんでみましょう。カジュアルなものでもリースリングらしい華やかさがあり、飽きがこない飲み口です。

ふだんからワインを飲み慣れている方や、お酒は辛口派という方は「トリンバック・リースリング」のような辛口のものから選ぶといいでしょう。

合わせる料理から選ぶ

さんま
ペイレスイメージズのロゴ

一般的に辛口のリースリングのワインは、白身魚や豚肉などを使った料理とよく合います。ワイン自体が繊細な味わいのため、料理も同じように素材の味わいを活かした味つけのものがいいでしょう。

一方、甘口のものはフルーツやデザートなどと好相性です。ただし、同じリースリングのワインであっても、産地や生産者ごとに異なる個性があるため、相性のいい料理というのもワインによって異なります。

ぜひ相性のいい料理もチェックしながら選んでください。

リースリングおすすめ12選

ここまで紹介してきたリースリングの選び方のポイントをふまえて、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんが選んだおすすめ商品を紹介します。

WEINGUT ROBERT WEIL (ロバート・ヴァイル)『RIESLING TROCKEN (リースリング・トロッケン) 2017』

WEINGUTROBERTWEIL(ロバート・ヴァイル)『RIESLINGTROCKEN(リースリング・トロッケン)2017』

出典:Amazon

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

辛口派におすすめのドイツのリースリング

辛口派の方におすすめの本場ドイツのリースリングのワインがこちら。リースリングワインの銘醸地として知られるドイツのラインガウ地方でとりわけ高い名声を誇るロヴァート・ヴァイル醸造所が手掛ける「リースリング・トロッケン」です。

辛口を意味する「トロッケン」という言葉が示しているように、蜜入りリンゴや白桃のような香りが豊かに香り、シャープな酸味が感じられるエレガントな味わいに仕上がっています。

どことなく繊細さを感じさせるこのワインは、お寿司や塩でいただく天ぷらなど、素材の味を活かした和食とも好相性です。

ドメーヌ・トリンバック『トリンバック・リースリング』

ドメーヌ・トリンバック『トリンバック・リースリング』

出典:Amazon

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

フランスのアルザスらしさ溢れる辛口の1本

フランスのアルザス地方のリースリングらしさが味わえるおすすめのワインがこちらの「トリンバック・リースリング」です。

生産者のドメーヌ・トリンバックは、かつてアルザス地方のリースリングの魅力を世界に知らしめ、アルザス最高の生産者のひとりにも数えられています。

そんなトリンバックのリースリングは、柑橘系の果物のようなさわやかな香りと、ブドウ本来のフレッシュな果実味と酸味、ミネラル感が見事に調和したワインに仕上げられています。

上品で軽やかな味わいのため、魚の塩焼きやお刺身などのシンプルな味つけの和食とも抜群の相性です。

紫波『リースリングリオン』

紫波リースリングリオン[白ワイン中辛口日本750ml]

出典:Amazon

スッキリとした酸味、ソフトでさわやかな味わい

岩手県紫波町産リースリングリオン種を100%使用したやや辛口の白ワインです。リースリングリオンはリースリングと甲州三尺をかけ合わせた白葡萄品種です。さわやかな酸味が特徴の国産白ワインです。

クラッハー『トロッケンベーレンアウスレーゼ N.V 187ml』

クラッハートロッケンベーレンアウスレーゼ【KRACHER】【オーストリア産・貴腐ワイン・極甘口・187ml】

出典:Amazon

4分の1サイズの本格派!今すぐ飲んでもおいしい!

オーストリアトップ生産者のクラッハーが造り手の甘口ワイン。オーストリア貴腐ワインの最高峰の飲み切り187mlのリトルサイズです。高く評価されたワインをお試しください。

ピュージー・ヴェイル 『イーデン・ヴァレー リースリング 2015』

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

豪州の銘醸地で育まれた辛口リースリング

オーストラリアのリースリングの辛口ワインで一押しの1本がこちら。土地の個性を反映したワイン造りに努めるピュージー・ヴェイルが手掛ける「イーデン・ヴァレー リースリング」です。

このワインの産地であるサウスオーストラリア州のイーデン・ヴァレーは、もともとドイツで宗教的迫害を受けた人々が移住してきたことでリースリングの栽培がはじまった場所。昼夜の寒暖差が激しく、国内きってのリースリングの銘醸地として知られています。

さわやかな柑橘系のフルーツや白い花、ローズマリーなどの香りに、果実味と酸味のバランスのとれた味わいが特徴で、魚介のマリネや香草焼きなどとよく合います。

Foris Vineyards Winery (フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー) 『SWALLOW Riesling(スワロー・リースリング)2017』

ForisVineyardsWinery(フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー)『SWALLOWRiesling(スワロー・リースリング)2017』

出典:Amazon

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

米国オレゴン州の優しい甘さのリースリング

ワイン初心者の方でも飲みやすく、コスパにすぐれたアメリカの甘口リースリングワインが、この「スワロー・リースリング」です。

生産者のフォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリーは、アメリカのオレゴン州におけるブドウ栽培のパイオニア的存在として知られる名門。

従来はブドウの栽培に適さないと考えられていたその地で、それを覆すような良質なワイン造りに成功しています。

白桃や蜂蜜、ジャスミンのような香りとやさしい甘さが特徴的。チーズやナッツ、生ハムなどの塩気のあるおつまみのほか、フルーツやデザートとも好相性です。

Franz Josef Faber(フランツ・ヨゼフ・ファーバー)『ピースポーター・ギュンタースライ』

FranzJosefFaber(フランツ・ヨゼフ・ファーバー)『ピースポーター・ギュンタースライ』

出典:Amazon

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

丁寧に造られたドイツの甘口リースリング

ドイツのリースリングのワインのなかでもイチオシの甘口ワインが、こちらのフランツ・ヨゼフ・ファーバー「ピースポーター・ギュンタースライ」です。

ピースポーターとはドイツのモーゼル地区のピースポート村で造られるワインのこと。このワインの生産者であるフランツ・ヨゼフ・ファーバーの畑は機械が使用できないような急斜面にあるため、作業はすべて人の手で行なわれています。

手作業でていねいに造られたこのワインは、上品な甘さと豊かなミネラルを感じられるのが特徴。ワイン初心者の方でも飲みやすく、ワイン熟練者の方も納得の1本です。チーズやカナッペ、フルーツ、ナッツなどのおつまみとよく合います。

シュロス リーザー『リースリング カビネット』

シュロスリーザーリースリングカビネット(シュロスリーザー)の2018年ドイツ白ワイン甘口750ml シュロスリーザーリースリングカビネット(シュロスリーザー)の2018年ドイツ白ワイン甘口750ml シュロスリーザーリースリングカビネット(シュロスリーザー)の2018年ドイツ白ワイン甘口750ml シュロスリーザーリースリングカビネット(シュロスリーザー)の2018年ドイツ白ワイン甘口750ml

出典:Amazon

甘口のワインが好きな人におすすめ

高級ドイツ銘醸白ワイン愛好家のモーゼル・リースリング・カビネットも飲んでいるリースリングです。ドイツの有名なワインガイド紙4紙から、最高の評価である満点5つ星を取っているワインです。斜度が60度の急斜面で、南向きのぶどうを育てるには最高の条件の土地で作られています。

桃やあんずなどの果実味のある香りがあり、程よい酸味もあって飲みやすいワインです。やや甘味があるので、ワインが苦手な人や女性におすすめです。

G.A. シュミット『NO.11 リースリング Q.b.A.』

G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml] G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml] G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml] G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml] G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml] G.A.シュミットNO.11リースリングQ.b.A.[白ワイン甘口ドイツ750ml]

出典:Amazon

甘口ですっきりと飲みやすい

甘口なので、お酒の弱い女性にも飲みやすい口当たりのリースリング。手頃な価格なのでテーブルワインとしてもおすすめです。G.A.シュミット社は、創業した1618年からずっとリースリングを作り続けている老舗のワイン会社。NO.11の由来は、G.A.シュミット社で最高に素晴らしいワインができるときの樽ナンバーが11であったところから付けられています。

酸味が程よくあるので、甘口でも飽きずに美味しく飲めます。キンキンに冷やして、牡蠣や軽めの魚介類などの料理と合わせると最高です。

BIO MANIA(ビオマニア)『オーガニック ドイツ リースリング』

【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml] 【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml] 【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml] 【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml] 【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml] 【有機ワイン】ビオマニアオーガニックドイツリースリング[白ワイン辛口750ml]

出典:Amazon

ナチュラルなぶどうだけを使ったビオワイン

ドイツの有機認定機関の有機認証を受けた確かな品質のぶどうだけを使って作られたリースリングです。爽やかな柑橘系のアロマの香りで、飲むと果実感にさらにミネラルの風味が広がります。オーガニックのリースリングをサッポロビール岡山ワイナリーでボトリングしているので、品質は確かです。

辛口なので、食事と合わせて飲んでも美味しくいただけます。あっさりした魚介類の料理や、和食のお刺身や天ぷら、しゃぶしゃぶなどとも相性抜群です。

フライシャー『リースリング』

フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml] フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml] フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml] フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml] フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml] フライシャーリースリング[白ワイン辛口フランス750ml]

出典:Amazon

輸出ワインフランス最大手のリースリング

フランスのアルザス地方にで1979年に創業した、レ・グラン・シェ・ド・フランス社が生産したリースリングです。契約農家と密に連絡を取りながら、品質の高いワインを作り続けています。辛口でドライなリースリングです。香りは青リンゴやシトラス系の爽やかな果実感。酸味もあるのでキリッとした味わいです。

魚料理との相性は抜群で、ブイヤベースやムニエル、生牡蠣などにもおすすめです。手頃な価格なので、自宅用としても人気があります。

ローズマウント『ブレンド トラミネール・リースリング』

ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml] ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml] ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml] ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml] ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml] ローズマウントブレンドトラミネール・リースリング[白ワイン甘口オーストラリア750ml]

出典:Amazon

トラミネールとのブレンドのリースリング

オーストラリアのローズマウントのリースリングです。世界から高い評価を得ている会社で、ローズマウントは世界85カ国以上に輸出されているブランドです。リースリングの香りは白いバラや花梨、ライムなどのフルーティで華やかな香り。飲み口はほんのりと甘さが香ってジューシーな味わいです。

スパイシーな料理との相性がいいので、キリッと冷やしてエスニック料理や韓国料理、インド料理などアジアンフードなどに合わせても美味しく飲めます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする リースリングの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのリースリングの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:リースリングランキング
楽天市場:リースリングランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートがアドバイス リースリングの美味しい飲み方

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

一般的に、人間の味覚は低い温度のほうが酸味を感じやすいため、酸味が味わいの中心である白ワインは少し冷やして飲みます。ただし、あまり冷やしすぎるとコクや旨味を感じにくくなってしまうので注意。

辛口のリースリングを飲むときは、その30分〜1時間くらい前にセラーもしくは冷蔵庫から出し、6〜10℃の温度で飲むのがベストです。一方、甘口のものはよく冷やしたほうが甘味と酸味のバランスがよくなるので、飲む直前までセラーや冷蔵庫で冷やし、4〜8℃で飲むのが理想的。

このように、味わいによって飲む適温が異なるので、ぜひ最適な温度でそのワインの魅力を存分に味わってくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

趣味は「某アイドルの推し活」の30代主婦。『美容・食品』カテゴリを主に担当。推しに会える日を夢見て美容にも惜しみなく投資する、「すべては推しのため」が口癖。これまでライターや編集経験を積み、2020年1月におすすめナビへ。ミーハー気質なため、流行りを常に追うが飽きるのも早い。ナチュールワインとエイジングケアコスメが好き。

関連する記事


アルゼンチンワインおすすめ11選|世界第5位のワイン生産国【産地や品種も解説】

アルゼンチンワインおすすめ11選|世界第5位のワイン生産国【産地や品種も解説】

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート・石関華子さんへの取材をもとに、アルゼンチンワインの選び方、マルベックスやトロンですなどおすすめ商品を紹介していきます。チリと並び、南米大陸の重要なワイン産地となっているアルゼンチンは、デイリー向けのオーガニックワインの宝庫です。日照時間が長く乾燥した気候のアルゼンチンでは、ブドウが病気にかかりにくく、農薬の使用量を抑えて生産できます。そのため無農薬でブドウを栽培している生産者も多く、オーガニックワインも数多く生産されています。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 海外赤ワイン , 海外白ワイン , 赤ワイン

メルロー種ワインおすすめ11選|高コスパのデイリーワインもご紹介

メルロー種ワインおすすめ11選|高コスパのデイリーワインもご紹介

この記事では、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの石関華子さんへの取材をもとに、メルロー種ワインの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。メルローは赤ワイン用ブドウ品種のひとつで、フランスのボルドー地方のポムロール地区やサンテミリオン地区などをはじめ、世界各地で栽培されており、日本では長野県の塩尻地区などが有名です。メルローのワインはイチゴやチェリーのような赤い色の果実の香りが多く感じられ、ジャムのような甘い香りが感じられるものもあります。タンニン(渋み)はそれほど強くなく、フルーティーな味わい。赤ワイン初心者の方や渋い赤ワインが苦手な方も比較的飲みやすいです。マイルドな味わいは和食とも相性がよく、デイリーワインにも最適です。

tag icon 海外赤ワイン , 国産赤ワイン , 赤ワイン

オーガニックワインおすすめランキング10選|環境にも良い、本来のブドウの味を楽しもう!

オーガニックワインおすすめランキング10選|環境にも良い、本来のブドウの味を楽しもう!

ワイン会で注目を集めているオーガニックワイン。最近ではオーガニックワインをつくるワイナリーも増えています。さまざまな銘柄が販売されており、「多すぎて選べない」と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、オーガニックワインの選び方と、おすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 赤ワイン , 白ワイン , ワイン

ドイツワインおすすめ10選【リースリングやピノノワールなど】甘口から辛口まで紹介

ドイツワインおすすめ10選【リースリングやピノノワールなど】甘口から辛口まで紹介

ドイツワインといえば甘口の白というイメージがありますが、近年ではドイツでも良質な辛口ワインが生産されるようになりました。今回はドイツワインを初めて選ぶ人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon 海外赤ワイン , 海外白ワイン , 赤ワイン

アメリカワインおすすめ9選|産地ごとの特徴を理解して美味しいワインを選ぶ

アメリカワインおすすめ9選|産地ごとの特徴を理解して美味しいワインを選ぶ

近年、ワインの生産地として実力を発揮しているアメリカワイン。アメリカ大陸の広大な土地と気候により、安価で飲みやすいものから、高級品まで幅広い商品があります。特に有名なのがカリフォルニア州やオレゴン州で生産されたアメリカワインですが、それ以外にも魅力的なワインがたくさんあります。本記事では、アメリカワインについて、「ナパヴァレー」で知られるカリフォルニア州やオレゴン州といった、産地ごとの味の特徴やおすすめ商品、さらに選び方まで、初心者向けにご紹介いたします。一通り読んでいただければ、アメリカワインの産地ごとの特徴や選び方を把握できるはずなので、ぜひ参考にしてください。

tag icon 海外赤ワイン , 海外白ワイン , 赤ワイン

関連するタグ


ワイン お酒

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。