PR(アフィリエイト)

ハイランダーのインフレーターマットの魅力&おすすめ商品!枕がいい

Hilander(ハイランダー) インフレーターマット(枕付きタイプ) 4.0cm シングル ブラウン キャンプマット
Hilander(ハイランダー) インフレーターマット(枕付きタイプ) 4.0cm シングル ブラウン キャンプマット

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2023年06月30日に公開された記事です。

登山やキャンプ、ツーリングや車中泊に大活躍のインフレーターマット。スコットランドのアウトドアブランドとして知られるハイランダーは、枕付き・枕なしのインフレーターマットを販売しています。この記事では、ハイランダーのインフレーターマットのおすすめ商品を紹介します。

記事後半には通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるのであわせてチェックしてみてください。


目次

インフレーターマットとは Hilander(ハイランダー)とは ハイランダーのインフレーターマットの魅力 インフレーターマットの選び方 ハイランダーのインフレーターマットおすすめ 一緒に使いたいキャンプ用品を見てみよう! エキスパートからのアドバイス
全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:スポーツ・自転車、アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「スポーツ・自転車」「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリーを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

インフレーターマットとは

 

インフレーターマットとは、空気を充填して使用するマットのことです。キャンプやアウトドア活動に非常に適しており、その軽さと小さく畳むことができる特性から、持ち運びにとても便利。

空気の量を調節することで、マットの硬さを自分の好みに合わせて変えることが可能です。さらに、地面の凹凸を緩和する効果があり、これにより快適な寝心地を提供。地面からの冷気を遮断する性能も備えているため、寒い季節や低温地域でのキャンプにも最適です。

ただし、このマットを使用する際は、刃物や岩などで穴が開かないよう注意が必要です。また、マット内に空気を充填・排出するためには通常、手動のポンプを使用したり自分で息を吹き込む必要がありますが、近年では自動で充填できるモデルも増えてきているので、買う前に確認するとよいでしょう。

これらの特性を理解しておけば、インフレーターマットを最大限に利用することが可能です。

Hilander(ハイランダー)とは

 

ハイランダーは1980年代に設立され、アウトドアを楽しむことは誰でも可能であるという信念のもと、アウトドア用品を提供してきたメーカー。その理念は、35年以上にわたり同社がアウトドア用の衣類や装備を作り続ける原動力となっています。

アウトドア愛好家によって作られた会社で、創設者のバハラム・ゴルザリ氏はスコットランドの山々を探検することを愛し、その情熱は今も彼と彼の家族に引き継がれている。スタッフ全員がアウトドアを愛し、それぞれの方法でそれを追求しています。

ハイランダーは、他の冒険家を支援することにも力を入れています。過去には、自分たちが最高のギアを作るためのインスピレーションを与えてくれた遠征を支援してきました。

ハイランダーは、これからもアウトドアを愛する人々が、自分たちの世界を探検するための衣類や装備を提供し続けていくでしょう。

ハイランダーのインフレーターマットの魅力

 

ハイランダーのインフレーターマットは、自動の膨張機能のあるモデルがあります。設営が簡単で時間を節約できるのが魅力。バルブを開けるだけで1分弱でマットが自動的に膨張し、すぐに使用することができます。

また、マットの厚さが8cmや5cmといった厚めのモデルもあり、体をしっかりと支え、地面の硬さや凹凸から体を守るのが特徴。自然の中でも家のベッドのような快適な睡眠を得ることができます。

他にも、枕付きのモデルが多く枕なしタイプと比べて購入できるのもうれしいポイント。

さらに、多くのインフレーターマットは軽量で、空気を抜けばコンパクトに折りたたむことができます。これにより、持ち運びや収納が各段に容易になる利点も。そして、ハイランダーのマットは、アウトドア環境に耐えるための耐久性を持っているので、長期間にわたって使用することができます。

ハイランダーのインフレーターマットは、アウトドアでの快適な睡眠を追求する方におすすめのアイテムと言えます。

インフレーターマットの選び方

 

インフレーターマットを選ぶ際に重要なのが、用途とサイズ。使用するシーンは、テントや車中泊などが代表的です。インフレーターマットを選ぶポイントを紹介しましょう。

・キャンプや車中泊の場合は、寝心地を重視!
・登山やツーリングの場合は、収納性・持ち運び性を重視!
・利用人数に合わせてマットのサイズを決めよう
・使いやすさに関わる機能性に注目

上記のポイントを押さえることで、より欲しいインフレーターマットが探せます。

ハイランダーのインフレーターマットおすすめ

ここからは、ハイランダーのインフレーターマットのおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』

Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場
Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』
この商品を見るview item 出典:楽天市場

スエード生地で暖かい

デザイン性と機能性を兼ね備えた商品をリリースしているブランド「Hilander(ハイランダー)」のインフレーターマットです。生地はスエードとなっているため、触れた時の冷やっとする感覚がなく、冬場でも安心!

上部のピローに空気を入れれば、自分の頭に合う高さに調整可能で、アウトドアでも優れた寝心地を味わえます。厚みは5cmのため、底面の小石などによる段差の影響もしっかりカットしてくれるのが嬉しいポイントです。

サイズ 横132×縦192×厚さ5cm
収納サイズ 直径23×長さ70cm
本体重量 約3.6kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル
全てを見る全てを見る

サイズ 横132×縦192×厚さ5cm
収納サイズ 直径23×長さ70cm
本体重量 約3.6kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル
全てを見る全てを見る

おすすめ商品の比較一覧表

画像 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』
商品名 Hilander(ハイランダー)『スエードインフレーターマット(枕付き)5.0cm)』
商品情報
特徴 スエード生地で暖かい
サイズ 横132×縦192×厚さ5cm
収納サイズ 直径23×長さ70cm
本体重量 約3.6kg
空気注入方法 自動
主素材 ポリエステル
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年5月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする インフレーターマットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのインフレーターマットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:寝袋用マット・パッドランキング
楽天市場:マットランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

一緒に使いたいキャンプ用品を見てみよう! 【関連記事】

エキスパートからのアドバイス 初めてでも使いやすいハイランダー

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

ハイランダーのインフレーターマットはいかがでしたか?

ハイランダーのインフレーターマットは、その厚みと素材感、そして機能性により、アウトドアでの快適な睡眠を追求する人におすすめ。枕付きタイプから枕無しタイプ、さらには厚さや素材感を選べるバリエーションも豊富で、それぞれのニーズに合わせて選ぶことができます。

また、初回使用時の膨らませ方や、リペア用生地の付属など、ユーザーの利便性を考えた設計も魅力的。そして、他のマットとの連結可能性や収納袋の付属など、使い勝手の良さもハイランダーのインフレーターマットの特徴です。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button