PR(アフィリエイト)

ダイワのウェーダーの魅力&おすすめ11選!サーフ・渓流釣りに

ダイワ(DAIWA) フィッシングウェーダー タイトフィットソルトストッキングウェーダー ブラック M SW-4001S-T
出典:Amazon
ダイワ(DAIWA) フィッシングウェーダー タイトフィットソルトストッキングウェーダー ブラック M SW-4001S-T
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ウェーダーは、釣りやアウトドア活動において重要な役割を果たすアイテムです。特に、ダイワのウェーダーは耐久性のある素材と快適なフィット感が特徴。チェスト、ウエスト、ヒップと種類も豊富で長時間の釣行でも快適に過ごすことができます。そこでこの記事では、ダイワのウェーダーのおすすめ商品を紹介します。

記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

キャンプ/釣りライター
中山 一弘
青年期に始めた釣り新聞への寄稿を始めとして、サイトAllAboutでのフィッシングガイドを務める。 ほかにも雑誌『Salty!(ソルティ)』やアウトドア系の雑誌やWeb媒体などでの執筆多数。 今も休日には必ず海山湖を駆けまわっている自然派で、あらゆるジャンルの釣りを体験し、季節に合わせて日本中の旬な魚を追っている。 キャンプ用品は、あえて払い下げのミリタリー系ギアで揃えるマニアな一面も。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:アウトドア・キャンプ、自動車・バイク
大熊 武士

「アウトドア・キャンプ」「自動車・バイク」カテゴリを担当。休日は車やバイクでドライブ・ツーリングを満喫し、ゴルフ、釣り、キャンプといったアウトドア全般を楽しむパパ編集者。おすすめルートは草津から志賀高原に抜ける日本一高い国道292号線。元WEBデザイナーでIT編集者という経歴も持つ。

ウェーダーとは

ウェーダーを着てしゃがんでいる写真
ペイレスイメージズのロゴ
ウェーダーを着てしゃがんでいる写真
ペイレスイメージズのロゴ

ウェーダーとは、水辺で釣りをするために着用する胴長靴です。ウェーダーを着用することで、体が濡れずに釣りを行うことができます。ウェーダーは、素材や形状、丈などによって、さまざまな種類があります。

素材は、ゴアテックス、ネオプレン、PVCなどがあります。ゴアテックスは、透湿性に優れた素材で、ウェーダー内を快適に保つことができます。ネオプレンは、保温性に優れた素材で、冬の釣りに適しています。PVCは、耐久性に優れた素材で、安価に購入することができます。

形状は、ブーツタイプとストッキングタイプがあります。ブーツタイプは、足首まで覆うタイプで、安定した釣りをすることができます。ストッキングタイプは、足首が露出したタイプで、動きやすいのが特徴です。

ウェーダーの丈には、チェストハイ、ウエストハイ、ヒップハイなどがあります。チェストハイは、胸まで覆うタイプで、最も一般的なタイプです。ウエストハイは、腰まで覆うタイプで、動きやすいのが特徴です。ヒップハイは、お尻まで覆うタイプで、最も安価に購入することができます。

ウェーダーを選ぶ際には、釣りの場所や季節、自分の好みなどを考慮して選ぶ必要があります。

ダイワとは

 

ダイワは、1958年に創業された釣り用具メーカーです。本社は大阪府大阪市に置かれています。ダイワの釣り用具は、世界中で販売されており、その品質と性能は世界中で高い評価を得ています。

シマノとともに釣具の「2大ブランド」と評されることも多く、圧倒的なシェアを得ており、リール、ロッド、ルアー、ウェア、タックルバッグなど、幅広いラインナップを取り揃えています。

ダイワのウェーダーの魅力

 

ダイワのウェーダーは、その品質と性能の高さから、世界中の釣り人に愛用されており、素材や形状、丈などによって、さまざまな種類があります。

また、素材にこだわっているのも特徴の一つ。ブレスアーマー、リップストップナイロン、PVCなどの素材を使用しており、釣りの場所や季節に合わせて選ぶことができます。

さらに形状にもこだわっています。ブーツタイプとストッキングタイプがあり、釣りのスタイルに合わせて選ぶことができます。

ほかにも、チェストハイ、ウエストハイ、ヒップハイなどがあり、釣りの場所や季節に合わせて選ぶことができます。

ダイワのウェーダーは、その品質と性能の高さから、世界中の釣り人に愛用されています。ダイワのウェーダーを使用することで、釣りの楽しさをより一層感じることができるでしょう。

ダイワのウェーダーのシリーズ

ここからは、かずあるダイワのウェーダーのシリーズを紹介していきましょう。

SW系ブーツウェーダー(フェルトスパイク)

 


ダイワのSW系ブーツウェーダー(フェルトスパイク)は、ソールにフェルトスパイクを装備したウェーダーです。フェルトスパイクは、濡れた岩や滑りやすい場所でも滑りにくいのが特徴。また、フェルトスパイクは、砂や泥をよく噛むので、足が沈みにくいです。そのため、磯や河川などの水辺で釣りをする際に最適です。

ソールの他に、アッパー、ライニング、フットベッドにもこだわっています。アッパーは、耐久性と透湿性に優れた素材を使用しています。ライニングは、足を快適に保つための素材を使用しています。フットベッドは、足をサポートし、疲れを軽減する素材を使用しています。

また機能性とデザイン性にも優れているのもポイント。カラーは、ブラックとブラックグレーの2色のラインナップがあります。

ダイワのSW系ブーツウェーダー(フェルトスパイク)は、磯や河川などの水辺で釣りをする際に最適なウェーダーです。機能性とデザイン性に優れており、長時間使用しても快適です。

SW系ブーツウェーダー(ラジアル)

 


ダイワのSW系ブーツウェーダー(ラジアル)は、ソールにラジアルソールを装備したウェーダーです。ラジアルソールは、濡れた岩や滑りやすい場所でも滑りにくいのが特徴です。また、ラジアルソールは、砂や泥をよく噛むので、足が沈みにくいです。そのため、ソルトウォーター(海水)での釣りなどの際に最適です。

ダイワのSW系ブーツウェーダー(ラジアル)は、ソールの他に、アッパー、ライニング、フットベッドにもこだわっています。アッパーは、耐久性と透湿性に優れた素材を使用しています。ライニングは、足を快適に保つための素材を使用しています。フットベッドは、足をサポートし、疲れを軽減する素材を使用しています。

ソルトウォーター(海水)での釣りなどの際に最適なウェーダーです。

渓流系ブーツウェーダー(フェルト)

 


ダイワの渓流系ブーツウェーダー(フェルト)は、ソールにフェルトソールを装備したウェーダーです。フェルトソールは、岩や苔などの滑りやすい場所でも滑りにくいのが特徴です。また、フェルトソールは、水の抵抗が小さいので、動きやすいです。そのため、渓流釣りなどの際に最適。

ソールの他に、アッパー、ライニング、フットベッドにもこだわっています。アッパーは、耐久性と透湿性に優れた素材を使用しています。ライニングは、足を快適に保つための素材を使用しています。フットベッドは、足をサポートし、疲れを軽減する素材を使用しています。

ダイワの渓流系ブーツウェーダー(フェルト)は、渓流釣りなどの際に最適なウェーダーです。機能性とデザイン性に優れており、長時間使用しても快適です。

SW系・渓流系ストッキングウェーダー

 

ダイワのSW系・渓流系ストッキングウェーダーは、足首部分が露出したウェーダーです。そのため、ブーツウェーダーよりも動きやすく、足元が冷えにくいのが特徴です。また、ブーツウェーダーよりも軽量なので、長時間の釣行でも疲れにくいです。

耐久性と防水性に優れた素材で作られており、足首にはベルクロで調節できるストラップが付いています。また、裾にはゴムバンドが入っており、水の浸入を防ぎます。軽量で通気性が良く、快適な釣りを楽しめます。サイズはSから3Lまであり、自分に合ったものを選べます

また、表面に撥水加工が施されており、汚れや水滴を弾きます。内側にはメッシュ素材が使われており、ムレを防ぎます。また、足裏には滑り止め加工がされており、安全に歩けます。カラーはブラックとグレーの2種類があります。

防寒クロロプレンウェーダー

 

ダイワの防寒クロロプレンウェーダーは、クロロプレン素材を使用したウェーダーです。クロロプレン素材は、耐寒性、耐久性、透湿性に優れているのが特徴です。そのため、冬の釣りでも快適に使用することができます。

保温性と機動性を両立した4.5mm厚のクロロプレンを採用、新型のクロロプレンブーツは耐久性や保温性が高く、クッション性にも優れていて歩きやすいです。さらに、屈曲性が高いキュービックセンサーソール(フェルトソール)が搭載されており、歩行性を重視した踵フェルト付きフェルト仕様となっています。

付属のカップインソールをセットすることでフィット感やクッション性がアップし、突き上げ感も軽減します。また、脱ぎやすいキックオフやウエストベルト、ベルトループも標準装備されています。

ウェーダーの選び方

釣りをするウェーダーを着た男性
ペイレスイメージズのロゴ
釣りをするウェーダーを着た男性
ペイレスイメージズのロゴ

ここからは、ウェーダーを選ぶときのポイントを紹介しましょう。

・釣り場所に合わせて形を選ぶ
・足元のデザインも忘れずチェックしよう
・時期や場所に合わせて素材を選ぶ
・釣り場の環境に合わせてソールを選ぼう
・サイズはちょっとゆるいぐらい

上記のポイントを押えることで、より欲しい商品をみつけることができますよ。

ダイワのウェーダーおすすめ11選

ここからは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだダイワのウェーダーのおすすめ商品を紹介します。釣りで使うシーンをイメージしながら参考にしてみてください。

エキスパートのおすすめ

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item
キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

入門からベテランまで使えるシューズ一体型

一体型のウェーダーにフェルトスパイクシューズが装備されており、苔が生えた滑りやすい釣り場でも安定した歩行が可能です。スパイクが岩場での滑りを防ぎます。

その素材は透湿性があり、長時間の釣行でも蒸れにくく快適さを保つことができます。

胸部にはポケットが設けられており、ライフジャケットの内ポケットのように小物を収納するのに便利です。

ただし、このポケットは防水機能がないため、車のキーなどは水が侵入しないようにジップロックなどに入れてから保管することをおすすめします。

素材 透湿素材
ソール種類 フエルトスパイクシューズ
サイズ展開 5種類
タイプ チェストハイウェーダー

素材 透湿素材
ソール種類 フエルトスパイクシューズ
サイズ展開 5種類
タイプ チェストハイウェーダー

DAIWA(ダイワ)『ソルトブレスウェーダーネオ』

蒸れにくい防水透湿生地なのに、試しやすい価格

チェストハイウェーダーは暑さや蒸れが気になるものですが、この製品はメーカー独自の3層構造防水透湿素材「ブレスアーマーネオ」を使用しています。これにより、フィット感と動きやすさを保ちつつ、蒸れを抑えて快適な釣り体験を提供します。

足元はフェルトスパイクソールを採用しており、屈曲性とグリップ性に優れています。これにより、安定した足元を確保できます。また、釣り具を収納するためのポケットや、耐久性に優れたPVC一体成型ブーツなど、全体的に高いコストパフォーマンスを実現しています。

素材 ブレスアーマーネオ
ソール種類 フェルトスパイクソール
サイズ展開 3種類
タイプ チェストハイウェーダー

素材 ブレスアーマーネオ
ソール種類 フェルトスパイクソール
サイズ展開 3種類
タイプ チェストハイウェーダー

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ワンランク上の確かな快適さ

このウェーダーは、メーカーが開発した特別な防水透湿素材を使用しています。これにより、水の侵入を防ぎながらも、ムレを抑えて快適に過ごすことが可能です。また、前部分がフルオープンになる設計なので、着脱が容易で、トイレの際もストレスフリーです。

立体裁断により、体にフィットしながらも、歩行を妨げることなく自由に動くことができます。足裏にはグリップ力と屈曲性に優れたフェルトスパイクが付いており、滑りやすい場所でも安心して移動できます。さらに、キックオフやブーツと生地の境目にカバーシステムを採用するなど、機能性に優れた高品質な製品と言えます。

素材 ブレスアーマー
ソール種類 フェルトスパイクソール
サイズ展開 8種類
タイプ チェストハイウェーダー

素材 ブレスアーマー
ソール種類 フェルトスパイクソール
サイズ展開 8種類
タイプ チェストハイウェーダー

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

耐久性・機動性を追求したラジアルウェーダー

耐久性と機動性を追求したウェーダーで、特に歩きやすさを重視した設計がなされています。PVC一体成型ブーツは屈曲性が高く、紫外線劣化にも強いため、耐久性が向上しています。また、ショート丈であるため、機動性にも優れています。

さらに、リップストップナイロンの採用により、タフな使用にも耐えることができます。内側はベタツキを最小限に抑えるスーパーメッシュ仕様となっており、脱ぎ履きが楽々となっています。小物や貴重品の収納に便利なポケットも内側に搭載されています。

素材 PVC
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ型

素材 PVC
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ型

DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

歩きやすくコンパクトなラジアルショートブーツ

PVCラジアルショートブーツを採用しているため、歩きやすく、コンパクトに畳めて持ち運びが楽々です。ブーツ部分はショートタイプを採用しているため、機動性が高く、長時間の歩行でも疲れにくいです。また、高次元のグリップ力を発揮するオリジナルラジアルソールを搭載しています。

さらに、タフな使用に耐えるリップストップナイロンを採用。ナイロン部分が畳めるので、コンパクトで持ち運びが楽です。また、ナイロン部分を折り畳むことが可能で、バッカン等に入れることができるのもポイントです。

素材 PVC
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ 水中型

素材 PVC
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ 水中型

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

フロントファスナーを採用した上位モデル

フロントにフルオープンファスナーが採用されています。これにより、着脱が容易になり、小用事の際にも便利です。さらに、ウェーダー内のムレも一気に放出できます。また、立体裁断が施されているため、歩行性が向上しています。

素材には、不快なムレを低減する4層構造防水透湿素材『ブレスアーマー』が採用。ブーツと生地の接続部分には、ダメージを軽減するカバーシステムが採用されています。

素材 ブレスアーマー
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ

素材 ブレスアーマー
ソール種類 ラジアルソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ

DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』

DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』
出典:Amazon この商品を見るview item

オリジナルの3層構造防水透湿素材を採用

このウェーダーは、ダイワオリジナルの3層構造防水透湿素材「ブレスアーマーネオ」を採用しています。これにより、不快なムレを低減し、快適な釣りを可能にしています。また、スリムフィット裁断により、フィット感に優れ、機動性も向上しています。

さらに、屈曲性とグリップ性に優れたスーパーキュービックセンサーソール(フェルトソール)を新たに採用、これにより、滑りにくく安定した歩行が可能となります

素材 ブレスアーマーネオ
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ ウエストハイ

素材 ブレスアーマーネオ
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ ウエストハイ

DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

オリジナルのウレタンインソールでリニューアル

このウェーダーは、スリムフィット裁断を採用しているため、フィット感が高く、動きやすさも向上。また、オリジナルのウレタンインソールを使用しているので、クッション性と通気性も向上しています。

耐久性が高いリップストップナイロンを本体生地に使用しており、摩擦に強く、厳しい使用環境にも耐えられます。内側はスーパーメッシュ仕様で、ベタつきを最小限に抑え、脱ぎ履きが容易な点がポイントです。

素材 リップストップナイロン
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ 水中型

素材 リップストップナイロン
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 5サイズ
タイプ 水中型

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

水の抵抗を抑えるタイとフィットフォルム

このウェーダーは、SWルアー専用設計で、予期せぬ波や流れの抵抗を最小限に抑えるスリム設計となっています。立体裁断により歩きやすさと動きやすさを両立しています。

耐摩耗性の高いリップストップナイロンを採用し、シューレースフック付きビルトイングラベルガード搭載、ディープウェーディングにも対応するハイバック仕様となっています。

素材 リップストップナイロン
ソール種類 -
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ

素材 リップストップナイロン
ソール種類 -
サイズ展開 5サイズ
タイプ チェストハイ

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレス ストッキングジップウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスストッキングジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスストッキングジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスストッキングジップウェーダー』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

フロントファスナーを採用した最上位モデル

このウェーダーは、フロントにフルオープンファスナーを採用しているため、着脱が楽で、小用事に便利。また、ウェーダー内のムレも一気に放出できます。立体裁断を採用したタイトフィットモデルで、歩行性が向上しています。

さらに、シューレースフック付きビルトイングラベルガード仕様で、シューズ履き口に被せることでジャリの侵入を軽減します。フロントにはデザイン性の高い止水ファスナー付きポケットが搭載されています。ただし、ポケットは防水仕様ではありませんので気を付けましょう。

素材 ブレスアーマー
ソール種類 -
サイズ展開 4サイズ
タイプ チェストハイ

素材 ブレスアーマー
ソール種類 -
サイズ展開 4サイズ
タイプ チェストハイ

DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』

DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』
出典:Amazon この商品を見るview item

高機能満載のクロロプレンウェーダー

このウェーダーは、保温性と機動性を両立した4.5mm厚のクロロプレンを採用しています。新型クロロプレンブーツが耐久性や保温性が高く、クッション性にも優れているため、歩きやすさが特徴です。

さらに、屈曲性が高いキュービックセンサーソールが搭載されており、歩行性を重視した踵フェルト付きフェルト仕様となっています。付属のカップインソールをセットすることで、フィット感やクッション性がアップし、突き上げ感も軽減します。

素材 クロロプレン
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 8サイズ
タイプ チェストハイ

素材 クロロプレン
ソール種類 フェルトソール
サイズ展開 8サイズ
タイプ チェストハイ

「ウェーダー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『ソルトブレスウェーダーネオ』
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』
DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレス ストッキングジップウェーダー』
DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』
商品名 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ソルトブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレスジップウェーダー(フェルトスパイクソール)』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワラジアルウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットブレスラジアルジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワスーパーブレスウェーダーネオ』 DAIWA(ダイワ)『ダイワパワーウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトストッキングウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『タイトフィットソルトブレス ストッキングジップウェーダー』 DAIWA(ダイワ)『ダイワネオウェーダー』
商品情報
特徴 入門からベテランまで使えるシューズ一体型 蒸れにくい防水透湿生地なのに、試しやすい価格 ワンランク上の確かな快適さ 耐久性・機動性を追求したラジアルウェーダー 歩きやすくコンパクトなラジアルショートブーツ フロントファスナーを採用した上位モデル オリジナルの3層構造防水透湿素材を採用 オリジナルのウレタンインソールでリニューアル 水の抵抗を抑えるタイとフィットフォルム フロントファスナーを採用した最上位モデル 高機能満載のクロロプレンウェーダー
素材 透湿素材 ブレスアーマーネオ ブレスアーマー PVC PVC ブレスアーマー ブレスアーマーネオ リップストップナイロン リップストップナイロン ブレスアーマー クロロプレン
ソール種類 フエルトスパイクシューズ フェルトスパイクソール フェルトスパイクソール ラジアルソール ラジアルソール ラジアルソール フェルトソール フェルトソール - - フェルトソール
サイズ展開 5種類 3種類 8種類 5サイズ 5サイズ 5サイズ 5サイズ 5サイズ 5サイズ 4サイズ 8サイズ
タイプ チェストハイウェーダー チェストハイウェーダー チェストハイウェーダー チェストハイ型 水中型 チェストハイ ウエストハイ 水中型 チェストハイ チェストハイ チェストハイ
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年6月26日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ウェーダーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのウェーダーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ウェーダーランキング
楽天市場:ウェーダーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ウェーダーと一緒に揃えたい!

エキスパートからのアドバイス

キャンプ/釣りライター:中山 一弘

キャンプ/釣りライター

ウェーダー着用時の転倒にはじゅうぶんに注意!

ウェーダーを着用する際には、水中での転倒に十分注意が必要です。ウェーダー内部には空気が含まれているため、水中で転んだ場合、ウェーダーが浮力を持ち、足が水面に向かってしまいます。これにより、立ち上がるのが困難になる可能性があります。

さらに、ウェーダー内に水が入ると、その重さにより動きが制限されてしまいます。これを防ぐためには、ウエストベルトをしっかりと締め、移動時にはステッキを持つなどの対策が有効です。

ウェーディングは楽しい活動ですが、何よりも安全が最優先です。安全に配慮しながら、ウェーディングを楽しんでください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button