腰袋おすすめ7選|小型から大容量、丈夫な商品まで幅広く紹介

腰袋おすすめ7選|小型から大容量、丈夫な商品まで幅広く紹介

腰袋といえば、大工さんや電気工事士が腰周りに付けているものをイメージする人が多いでしょう。腰袋はそうした職人だけでなく、DIYのさまざまなシーンでも重宝します。

本記事では、腰袋の選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事後半には、比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ、売れ筋や口コミも確認してみてください。


この記事を担当するエキスパート

空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:家具・インテリア,住まい・DIY
加藤 佑一

「家具・インテリア」「住まい・DIY」カテゴリーを担当。ホテルライクな部屋が好きな30代編集者。しかし、生活感のないレイアウトを目指すも、実現にはまだまだかかりそう。飼い猫のために、キャットトンネルを段ボールで自作する工作好きな面も実現しない要因のひとつ。記事制作を行いながら、好みの家具を探すのが趣味の一環になっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

商品詳細がすぐに見たいという方は、下記の「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンをクリックしてください。本記事の商品紹介箇所にジャンプします。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

選び方からじっくり読みたいという方は、ぜひ、そのままスクロールして読み進めてくださいね。

また、「『おすすめ商品』を今すぐ見る」ボタンは記事の各所に設置していますので、こちらも、ぜひご利用ください。

それでは、選び方やおすすめ商品を解説していきます。

腰袋とは

DIY
Pixabayのロゴ

腰袋は、作業する際に必要な工具や材料などを収納して腰につけ、作業効率の向上をはかるための道具。おもに、大工・鳶職や電工(電気工)の職人が使いますが、最近ではDIYを趣味とする人にも人気です。

とくに、高所での作業はいちいち下に降りることなく作業ができて大活躍です。

腰袋の選び方

それでは、腰袋の基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】容量
【2】ポケットの有無
【3】腰袋の底面の強度
【4】素材
【5】防水機能があるか


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『おすすめ商品』を今すぐ見る

【1】容量をチェック

幅広い種類の工具
Pixabayのロゴ

腰袋は、工具箱まで取りに行くことなく、作業に合わせて必要な道具を使い分けられる用にするアイテムです。収納できないアイテムがあると利便性が悪くなってしまうので、使用するアイテムがすべて収納できるサイズを選ぶようにしましょう。

また、腰袋の容量を超えるほどの道具を無理やり収納してしまうと、大切な道具を落としてしまうこともあります。無理なく収納できるサイズの腰袋を手に入れましょう。

【2】ポケットの有無をチェック

 

腰袋の収納量をチェックする際に見ておきたいのが、収納する道具がきちんと入れられるかという点です。たとえば、金づちなど長さのある道具を収納する場合、浅いポケットしか無いときちんと収納できず、取り出すときに落としてしまう可能性があります。

一方で、首やビスなどの小さな部品は、底の深いポケットだと取りづらくなってしまいます。腰袋のデザインや収納例を見て、手持ちの道具をきちんと収納できるものを選びましょう

空間デザイン・DIYクリエイター

腰袋の形や大きさはさまざまですので、収納したい工具の種類や形に合わせた腰袋を選択する必要があります。

(★)ポイント1:道具が少ないなら小型タイプを選ぼう!

 

空間デザイン・DIYクリエイター

一度に持ち運ぶ工具が少なければ小さな腰袋で十分ですし、たくさんの工具を常に持ち運びながら作業したいのであれば大容量の腰袋を選択する必要があります。ただし、あまりにも多いと腰が重くなり作業効率が悪くなるため、バランスが重要です。

(★)ポイント2:特定の道具専用の腰袋もある

テーブルの上におかれた電動ドライバー
Pixabayのロゴ

ネジ締めだけなど、一定の作業だけを行なう際には、ハサミなどは必要なく電動ドライバーなどの特定の道具だけ持ち歩ければじゅうぶんです。そこで、特定の道具だけを収納する場合には、専用構造が設けられた腰袋を選びましょう。

専用構造の腰袋には、電動ドライバーやドリル専用のホルスターなど幅広い種類があります。普段遣いの腰袋と使い分けて、作業効率をあげましょう。

【3】腰袋の底面の強度をチェック

さまざまな種類のドライバー
Pixabayのロゴ

ドライバーやペンチといった先の尖っている工具は、腰袋が破れてしまうためしっかり奥まで収納できず、不安定な状態でしか入れられない場合があります。その結果、工具を取ろうとしたときに落としたり、手をケガをしたりする可能性があります

そこで、ドライバーなどを収納したい場合は、腰袋の底面などが補強されているなど、先端部分がカバーできるタイプの腰袋を手に入れましょう。

【4】素材をチェック

 

腰袋の耐久性などに関係するのが使われている素材です。

●やわらかい素材:動きやすさを重視する方に
●本革素材:耐久性を重視する方に
●ターポリン素材の防水タイプ:屋外で作業する方に

素材による腰袋の使いやすさの違いを把握し、使い方に合う腰袋を選んでください。

【5】防水機能があるかチェック

 

屋外で使用するのに向いている素材が、防水性能のある素材です。ターポリン素材をはじめとした防水性能のある素材は、水分が中まで染み込まないので道具やネジなどの腐食を防ぐことができます。

また、雨の日などに作業する場合には、フタができる腰袋を選ぶと作業が長引いても道具が濡れるのを防げて、より便利に活用可能です。

エキスパートのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

整理整頓しやすいもチェックしておこう

腰袋は常に工具を持ち運べるため作業効率を上げてくれる道具ですが、整理整頓できない腰袋では必要な道具がすぐに見つからず、逆に効率が悪くなってしまいます。

腰袋にはポケットや仕切りがついているものも。持ち運ぶ工具類を整理整頓し、取り出しやすくしまいやすいかというのが選び方のポイントとして重要です。

人気メーカー・ブランドの特徴

おすすめ商品をみるまえに、腰袋の人気メーカーをいくつか紹介していきます!

『おすすめ商品』を今すぐ見る

makita(マキタ)

 

電気工具の業界ではとても知名度の高い「マキタ」。とくに、マキタ製の電気工具を愛用している方は腰袋もマキタのものがおすすめ! フィットした腰袋が選べます。

フジ矢

 

「フジ矢」はペンチやニッパーなど幅広い工具を製造しているメーカー。シンプルなデザインで使いやすく、安いものも多いのでプロからアマチュアまで幅広く指示されています。

NICKS(ニックス)

 

ニックスは、プロ仕様の工具バッグを販売するメーカー。こだわりの天然素材の本革を使用しており、使えば使うほど味が出てくる商品を多数ラインナップ。耐久性がプロ仕様かつ、デザインも本格派。革本来の質感を楽しみたい方におすすめです。

腰袋のおすすめ7選

前述した腰袋の選び方のポイントをふまえて、おすすめ商品を紹介していきます!ぜひ参考にしてくださいね。

エキスパートのおすすめ

藤原産業 『E-Value ビスカップ(EBC-2)』

藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』 藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』 藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』 藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』 藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』 藤原産業『E-Valueビスカップ(EBC-2)』
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

コンパクトでリーズナブルな腰袋をお探しのあなたに

価格も安くてコンパクトな点が魅力的な商品です。ビス入れとして作られていますが、中に仕切りがないので、さまざまなものが収納できます。

たくさんの工具は持ち運ばない方、DIYでちょっとした工具だけ腰にセットしておきたい方におすすめな商品です。カラビナがついているので、ベルトループなどにつけておくことができます。

とにかく安さがうれしい腰袋ですので、腰袋の入門編ともいえるでしょう。

エキスパートのおすすめ

三共コーポレーション『DBLTACT 本革腰袋(DTL-11)』

空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

丈夫で耐久性のある本格派腰袋

本革でできている、丈夫で耐久性のある本格派の腰袋です。なんといってもその丈夫さと、収納のしやすさがおすすめな点

細かな段違いポケットと仕切りで工具の出し入れがしやすいので、作業効率が上がるのは間違いないでしょう。

トンカチなどの長さのある工具から、ドリルビットなどの長さが短い工具まで、すっぽり収納できてしまう優秀な腰袋。価格に見合った価値のある商品といえるでしょう。

KNICKS(ニックス)『腰袋(KN-301DD)』

総グローブ皮仕上げ! 耐久性ピカイチの腰袋

最高級のグローブ革で仕上げたニックスの腰袋。フチもグローブ革テープ巻で、従来品のビニールテープ使用商品より、耐摩耗度約10倍を実現しました。まさにプロ仕様。

縫い代がめくれず、指にひっかかりません。なかには仕切りがついていて、工具を整理整頓しやすく、出しやすくしまいやすい仕様です。かゆいところに手が届く腰袋ですよ!

TAJIMA(タジマ)『着脱式腰袋(SFKBN-3L)』

タジマ(Tajima)着脱式腰袋3段大SFKBN-3L タジマ(Tajima)着脱式腰袋3段大SFKBN-3L タジマ(Tajima)着脱式腰袋3段大SFKBN-3L タジマ(Tajima)着脱式腰袋3段大SFKBN-3L タジマ(Tajima)着脱式腰袋3段大SFKBN-3L
出典:Amazon この商品を見るview item

腰周りの組み換えが簡単な着脱式!

使用シーンを選ばず、幅広い職人さんに適したスタンダードタイプの腰袋。ベルトを外さなくても、後付けできるホルダーを採用しています。防水加工された生地を使っているので、屋外での使用でも傷みにくくなっています。

位置ズレしにくいストッパーもついていて、使いやすさ抜群。作業効率があがりますよ!

エキスパートのおすすめ

FUJIYA(フジ矢)『ウエストラインシリーズターポリン電工バッグ タイプC(WB-CT)』

フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT フジ矢(Fujiya)電工ターポリンバッグ水に強いWB-CT
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

雨の日でも安心な耐水性腰袋

ターポリン素材でできている腰袋です。耐水素材で水に強く、雨の日の屋外作業でも腰袋の性能が悪くなることはありません

ネジや釘、工具類は鉄製のものも多く、水で錆びてしまうこともあるので、雨の日でも水が中に染み込まないのはこのターポリン素材ならではの魅力。

作業で汚れてしまっても水拭きができるのがさらに嬉しいところ。屋外作業が多い方におすすめの商品です。

エキスパートのおすすめ

Bucket Boss『カモサスペンションリグ CAMO 85035』

【BucketBoss(バケットボス)】エアーリフトサスペンションリグCAMO85035 【BucketBoss(バケットボス)】エアーリフトサスペンションリグCAMO85035 【BucketBoss(バケットボス)】エアーリフトサスペンションリグCAMO85035
出典:楽天市場 この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

作業効率アップの大容量腰袋

とにかく大容量の工具を持ち運び、作業効率をアップしたい方にはこちらの腰袋がおすすめ。

2つのバッグに、12個の仕切りポケット、ハンマーループが1つついており、収納に特化した腰袋です。

腰ベルトと取り外し可能なサスペンダーで支えるので、大容量でも安定して作業することが可能です。

工具を取りに戻らなければいけないといった非効率的な作業とは無縁の大容量腰袋ですね。

エキスパートのおすすめ

makita(マキタ)『ベルト付4点セット A-53855』

マキタ(Makita)ベルト付4点セットA-53855 マキタ(Makita)ベルト付4点セットA-53855
出典:Amazon この商品を見るview item
空間デザイン・DIYクリエイター:網田 真希

空間デザイン・DIYクリエイター

インパクトドリル収納可能な本格的腰袋

電動インパクトドリルも収納できる腰袋。あらゆる作業において、インパクトドリルの使用頻度は多いため、腰袋に収納できると便利です。

脚立の上で作業している場合など、インパクトの置き場に困って毎回脚立から降りて作業することがありますが、それでは作業効率がとても悪いです。腰にインパクトドリルが収納できれば作業効率の問題も解決できるでしょう。

かなりのプロ仕様ですが、装着すると気分が上がる、そんな商品ですので、本格的な腰袋を手に入れたい方におすすめです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
藤原産業 『E-Value ビスカップ(EBC-2)』
三共コーポレーション『DBLTACT 本革腰袋(DTL-11)』
KNICKS(ニックス)『腰袋(KN-301DD)』
TAJIMA(タジマ)『着脱式腰袋(SFKBN-3L)』
FUJIYA(フジ矢)『ウエストラインシリーズターポリン電工バッグ タイプC(WB-CT)』
Bucket Boss『カモサスペンションリグ CAMO 85035』
makita(マキタ)『ベルト付4点セット A-53855』
商品名 藤原産業 『E-Value ビスカップ(EBC-2)』 三共コーポレーション『DBLTACT 本革腰袋(DTL-11)』 KNICKS(ニックス)『腰袋(KN-301DD)』 TAJIMA(タジマ)『着脱式腰袋(SFKBN-3L)』 FUJIYA(フジ矢)『ウエストラインシリーズターポリン電工バッグ タイプC(WB-CT)』 Bucket Boss『カモサスペンションリグ CAMO 85035』 makita(マキタ)『ベルト付4点セット A-53855』
商品情報
特徴 コンパクトでリーズナブルな腰袋をお探しのあなたに 丈夫で耐久性のある本格派腰袋 総グローブ皮仕上げ! 耐久性ピカイチの腰袋 腰周りの組み換えが簡単な着脱式! 雨の日でも安心な耐水性腰袋 作業効率アップの大容量腰袋 インパクトドリル収納可能な本格的腰袋
サイズ 高さ130×幅95×奥行95mm 325(H)x325(W)x80(D)mm 幅180×高さ235×奥行130mm 縦250×横210×奥170mm 高さ270×幅170×奥行150mm ベルトはウエスト最大約132cmまでフィット 長さ1380×高さ340mm
素材 主材料:ポリエステル、カラビナ:アルミ 本革 最高級グローブ革 ナイロン ターポリン生地、EVA 600ポリー リップストップ
重量 85g 603g - 415g 530g - 1059g
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年8月20日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る 腰袋の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの腰袋の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:腰袋・釘袋ランキング
楽天市場:腰袋・道具袋ランキング
Yahoo!ショッピング:腰袋、工具差しランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの関連アイテムもチェック

最後に|エキスパートのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

収納工具にあった、素材・耐久性を考えて

腰袋に収納する工具類は、重くて角がとがっていたりするものあり、腰袋にダメージを与えます。

収納する工具をよく考え、耐久性、素材もチェックしたうえで、作業効率が上がる腰袋を見つけてください。

立ったりしゃがんだりを繰り返すような作業が多い方の場合、浅い腰袋は中身が飛び出してしまうおそれがあるので、深めの腰袋を選ぶようにしましょう。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ウッドデッキキットおすすめ7選|DIY初心者〜上級者向けの商品も紹介

ウッドデッキキットおすすめ7選|DIY初心者〜上級者向けの商品も紹介

庭やベランダにウッドデッキを設置しようと業者に見積依頼したら、工賃が高すぎて断念した経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。DIYで設置するウッドデッキキットなら、費用を抑えてお家にウッドデッキを設置できます。本記事では、ウッドデッキキットの選び方やおすすめ商品をご紹介。DIY初心者から上級者向けのおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon DIY , 住宅設備

電動サンダーおすすめ21選|木材の仕上げ用や車磨きに使える商品も紹介

電動サンダーおすすめ21選|木材の仕上げ用や車磨きに使える商品も紹介

木材などをかんたんに研磨できる電動サンダーは、DIYでの作業能率を左右するアイテムのひとつ。ヤスリの動き方や取り付け方をはじめ、重さや大きさなど製品によって違いはさまざま。商品選びでは、安全面にも着目したいものです。本記事では、電動サンダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 工具 , DIY

【1万円以下】初心者向けディスクグラインダーおすすめ11選│人気メーカーも紹介

【1万円以下】初心者向けディスクグラインダーおすすめ11選│人気メーカーも紹介

金属などの加工に使う電動工具「ディスクグラインダー」。高性能な高額商品もありますが、DIY初心者が使うなら「1万円以下」で買えるアイテムでも充分製作を楽しめます。本記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さん監修のもと、DIY初心者におすすめの1万円以下で買えるディスクグラインダーをご紹介!さらに、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や口コミも確認してみてくださいね!

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

ギアレンチのおすすめ11選|作業効率格段アップ【車の整備に必須】

ギアレンチのおすすめ11選|作業効率格段アップ【車の整備に必須】

作業効率をアップできるギアレンチ。持っていると便利な工具ですが、さまざまな種類があるので、いざ購入しようとすると、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。本記事では、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が、ギアレンチの選び方、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考に、あなたにぴったりのギアレンチを見つけてみてください。

tag icon 自動車・バイク用工具 , DIY , メンテナンス用品(自動車・バイク)

チェーンソーオイルおすすめ10選│高コスパ商品・服が汚れても落ちやすい商品も

チェーンソーオイルおすすめ10選│高コスパ商品・服が汚れても落ちやすい商品も

チェーンソーをスムーズに回転させ、正常に動かすために必要不可欠な潤滑油であるチェーンソーオイル。チェーンが回るたびに起こる摩擦抵抗を軽減し、チェーンの摩耗を防ぐ役割があります。本記事では、ガーデニング研究家のはた あきひろさんに取材のもと、チェーンソーオイルの選び方とおすすめ商品をご紹介。ぜひ本記事を参考に、オイルの種類や粘度、使用時期などを考慮して最適なものを選んでくださいね。

tag icon 工具 , 作業用品 , DIY

関連するタグ


工具 DIY

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。