作業用防寒手袋のおすすめ11選|使用可能温度・素材で選ぶ!

おたふく手袋『防寒手袋 PU-WAVE』
出典:Amazon
グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士
ふじえりこ

『はじめてでもカンタン!多肉植物の育て方・楽しみ方』(コスミック出版)では文を担当。『土作りで決まる!とびきりおいしい野菜の作り方』(ブティック社)『ベランダ菜園 おいしい野菜づくりのポイント70』(メイツ出版)では監修&執筆。『趣味の山野草』、エバーグリーンなどで連載執筆中。 著書は『花とハーブのおまじない』(主婦の友社)(筆名:セレス)をはじめ、着物の植物文様を中心に執筆した『和のお守り文様366日』(PHP研究所)『開運!日本の伝統文様』(日本実業出版社)『日本の文様』(大和書房)など。 豪華客船飛鳥のクルーズ講師、園芸教室Ceresを主宰するほか、都内植木市の園芸相談員歴20年以上。また、産業安全保健エキスパート、理科支援員・コーディネーター・アドバイザーの経歴を活かし『生き物たちのひみつ』(NHK)などのキッズライターととしての顔も持つ。 映画、漫画、健康分野にも精通し各種ライティング実績があるほか、『愛犬の選び方・飼い方・健康管理(主婦の友)』では取材ライターとしての実績あり。 多種多様、動物園の爬虫類館の植物管理経験も。植物はハーブを中心に、野菜、作物、多肉植物を栽培中。ハーブコーディネーター、植物文様研究家としても活動している。 ほかにも撮影現場のインテリアを手がける撮影インテリアコーディネーターとしても活動しており、植物を中心に現場を明るく彩るエキスパートでもある。

冬場の雪かきや冷凍倉庫での作業にあると便利な作業用防寒手袋。寒さから手を守ってくれるアイテムで、なかには防水加工や耐油性など耐久性能があるものもあります。本記事では、グリーンアドバイザー・ふじえりこさんと編集部が、作業用防寒手袋の選び方とおすすめ商品11選+番外編を紹介します。


作業用防寒手袋の選び方 グリーンアドバイザーに聞いた!

工具と一緒に置いてある作業防寒手袋
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

寒い中での作業に必要な作業防寒手袋。防水加工がしてあれば、急な雨や雪かきでも冷たくならずに作業が進みますね。

作業用防寒手袋を選ぶ際、チェックしておきたいポイントをこまかくご紹介します。素材や特殊加工などの特徴から、用途に合ったものを選びましょう。

使用可能温度は要確認!

作業用防寒手袋には使用可能温度が記載されているものもあり、使用環境に適したものを選ぶことが重要です。定められた使用可能温度外の環境で使うと、耐寒性能が十分発揮されない恐れがあります。

冷凍倉庫など非常に寒い場所で使用する方は、-20℃まで対応できるものなど、使用可能温度の範囲が広いものを選びましょう。

内側に使われている素材で選ぶ

防寒性能を重視する場合、手袋の内側の素材に注目してみましょう。一般的な素材としてあげられるのが、冬物のパーカーやトレーナーに使われている裏起毛です。繊維の間に空気を多く含むことで、保温性を高めてくれます。

ほかには、ボアやフリースを使っている商品、保温性の高い素材を2つ組み合わせているものもあります。それぞれの素材の特徴をよく理解したうえで、選ぶようにしましょう。

使用用途に適した素材や特徴を持った手袋を選ぶ

作業用防寒手袋はどんな素材で作られているかによって、得意とする作業が異なります。また耐切創、耐静電などの機能性がある手袋なら、危険な作業をより安全に行うことができますよ。購入する際は、使用用途にあった素材や機能を選びましょう。

汎用性や耐久性の高さで選ぶなら「革製」

耐久性があり、多目的に使いたいなら革製がおすすめ。頑丈な作りで長く使えるというメリットがあります

また、着用すればするほど手に馴染んでフィットしてくれるのも革製ならではですね。冬場の軽作業やアウトドア、スポーツまで幅広い用途で使うことができますよ。

防水性、グリップ力を重視なら「ゴム製、ポリウレタン製」

作業効率を図りたいなら、ゴム製もしくはポリウレタン製の作業用防寒手袋が重宝します。グリップ力が高く、すべりにくいという特徴があり、荷物運搬などの作業にぴったりです。防水加工があるものは、寒冷地での雪かきにも適しています。

ゴムのなかでもウレタンゴムは耐油性を持ち合わせており、灯油やガソリンを扱う作業にも使用できます。

耐切創、耐静電など、より安全性に優れた特殊素材

刃物や危険物を扱う作業をする際は、耐切創性が高いアイテムを選ぶといいでしょう。比較的厚手とはいえ、通常の作業用防寒手袋では刃物を触ると切れてしまい、ケガの原因となります。

また、冬といえば静電気が発生しやすい季節です。とくに精密機器を扱う工場や火災事故の恐れがある現場では、耐静電性のある製品を選びましょう。

動きやすさやこまかい作業に使うなら薄手のものを

手先を使うこまかい作業には、薄手のものが適しています。機械の分解作業などで工具を使うなど、手先の感覚が重要となる作業や、文字を書くことが多いときに便利です。ただし、薄すぎると防寒性が低くて使いづらくなります。使用環境に合わせて適切な厚みのものを選びましょう。

長時間の作業では通気性のよさもポイント

寒い時期でも、長時間手袋を着用していると手に汗をかいてしまうこともあります。作業用防寒手袋のなかでも、背拔き仕様のものは、通気性がよくムレを軽減してくれます。手汗が気になる人や、頻繁に使用する人は背抜きタイプがおすすめですよ。

水や雪に関する仕事では防水加工の有無もチェック

水仕事や雪かき作業をする場合は防水加工つきのアイテムが便利。手袋が水に触れても、中まで染み込んでこないので、手がかじかんで冷える心配もありません。

また、急に雨や雪が降ってきても安心。水の侵入を防ぐだけでなく、寒い環境下のなかでも保温状態を維持してくれます。

長く快適に使うには、お手入れ方法も重要

日常生活で作業用防寒手袋を使っていると、手汗で内側の衛生面が気になるところ。自宅で洗濯可能な商品もあるので、選ぶ際はチェックしておきたいポイントですね。手袋には汗や皮脂汚れがつきやすいので、定期的に洗って清潔な状態を保ちましょう。

耐久性の高さも確認を

長く同じ商品を愛用したい方は、素材だけでなく手袋の構造やコーティングも事前にチェックしてみましょう。何層にも素材を重ね合わせて作られたものや、ニトリルゴムをコーティングしたものなど、耐久性にすぐれた手袋がおすすめ。

作業や使用目的を明確にして選ぼう グリーンアドバイザーによるアドバイス

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

防寒用の手袋選びで一番大切なことは、どんな作業をするのか、どんな目的で使用するのかを明確にすることです。日常的に使用するだけなら、ただ手を温められればいいかも知れませんが、作業によっては防水性を重視したり、あるいは指の動かしやすさなどを考える必要もあります。必要性に応じて、スマホ対応型を視野にいれてもいいかも知れませんね。自分の手のサイズにあったものを使用することも忘れずに!

作業用防寒手袋のおすすめ12選 使用可能温度・素材・防水性もチェック!

さまざまな作業用防寒手袋のなかから、厳選した12商品をご紹介します。それぞれの特徴を詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

グリーンアドバイザー・愛玩動物飼養管理士

ユニワールド『ワンダーグリップ サーモ 』は、天然ゴムがコーティングされていることで、滑りにくさに特化しています。値段も手ごろなので雪かき作業などで温かい軍手が欲しいときなどにもおすすめします。

ユニワールド『ワンダーグリップ フリーズフレックスプラス』は、油(オイル)を使用する現場向き。-20℃までの防寒性があるので、どんなに寒い場所でも手を自由に使うことができそうですね。

ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』は、ガソリンスタンドなど静電対策が必要な場所におすすめします。ただし、防寒温度は-5℃までとなっているので、温度がそれより低い場所ではほかのものを使いましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ユニワールド『ワンダーグリップ サーモ 』

ユニワールド『ワンダーグリップサーモ』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、XL
使用可能温度 -
素材 コーティング部分:天然ゴム、手袋繊維:アクリル
防水性 -

グリップ力が抜群で作業性を高めるのにぴったり

天然ゴムによるグリップ力が魅力の防寒手袋です。手に持った荷物が滑りにくく、作業性がアップ。手袋内側には起毛が施してあり、保温力も抜群。寒い日の荷物運搬や雪かき作業にぴったりですね。

手の甲にはゴムコーティングがされていないため、通気性がよく蒸れを軽減してくれます。長時間作業にも使いやすいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ユニワールド『ワンダーグリップ フリーズフレックスプラス』

ユニワールド『ワンダーグリップフリーズフレックスプラス』 ユニワールド『ワンダーグリップフリーズフレックスプラス』 ユニワールド『ワンダーグリップフリーズフレックスプラス』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、XL
使用可能温度 -20℃
素材 コーティング部分:ニトリルゴム、手袋繊維:アクリル・ナイロン
防水性

冬場の油仕事に! 耐油性にすぐれた防寒手袋

耐油性にすぐれるニトリルゴムがコーティングされた防寒手袋です。手の甲側まで加工されているので、水や汚れにも強く、-20℃でも手袋のゴムが硬くならないすぐれものです。

手首部分がフィットするタイプなので熱を逃がしません。また、内側は裏起毛が使われているので保温力も抜群です。寒冷地で油を使用する方にぴったりですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』

ダイヤゴム『防寒用手袋ダイローブ』

出典:Amazon

サイズ展開 LW
使用可能温度 -5℃
素材 表面:ポリウレタン、裏地:起毛・導電繊維
防水性 -

静電気対策用に! オイルを使った作業も可能

作業時に発生する静電気でお困りの方におすすめの防寒手袋。導電性が入ったアイテムで、服や靴なども併せて揃えるとばっちり静電気対策ができます。

油にも強いウレタンゴムが加工されているので、冬の屋外でのオイル作業にも使えます。また、薄手のタイプのため、手を動かしやすく作業性にもすぐれていますよ。

おたふく手袋『防寒手袋 PU-WAVE』

おたふく手袋『防寒手袋PU-WAVE』 おたふく手袋『防寒手袋PU-WAVE』 おたふく手袋『防寒手袋PU-WAVE』 おたふく手袋『防寒手袋PU-WAVE』 おたふく手袋『防寒手袋PU-WAVE』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、LL
使用可能温度 -
素材 掌部:ポリウレタン、ポリエステル、甲部・インナー部:ポリエステル
防水性 -

フィット感にすぐれたすべりにくい手袋

着け心地にこだわった、指まわりの違和感を感じにくいガンカット縫製を採用。やわらかい素材で手にフィットして動かしやすいので、確実に作業をこなしたいとき重宝します。冬場の建築、土木作業でも活躍してくれるでしょう。

手首部分にはマジックテープがついているので、ズレる心配もありません。手にぴったりフィットして使いやすい防寒手袋をお探しの方におすすめです。

ショーワグローブ『防寒テムレス』

ショーワグローブ『防寒テムレス』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、LL、3L
使用可能温度 -60℃
素材 樹脂部:ポリウレタン、繊維部:ナイロン・アクリル・ポリウレタン ほか
防水性

防水機能つきでムレにくい

極寒の地でも柔軟性を保つことができる、真冬の作業に適したアイテム。透湿性のあるポリウレタンが使われており、汗をかいてもムレにくい仕様になっています。もちろん耐水性もあるので、水や雪に触れても大丈夫です。

また、作業用としてはうれしい軽量タイプで、長時間着用しても疲れにくいのがポイントです。寒冷地の雪かきにも使いやすいでしょう。

ショーワグローブ『フリースグリップ』

ショーワグローブ『フリースグリップ』 ショーワグローブ『フリースグリップ』 ショーワグローブ『フリースグリップ』 ショーワグローブ『フリースグリップ』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、LL
使用可能温度 -
素材 樹脂部:天然ゴム、繊維部:アクリル・綿・ポリエステル ほか
防水性 -

長時間の作業でも疲れにくい

強力なグリップ力が魅力のフリースグリップです。手のひら部分には天然ゴムがコーティングされていて、すべり止め効果を発揮してくれますよ。

手の動きにフィットする構造で疲れにくく、冬場に長時間作業したい人に適しています。低価格なので、複数購入して車や作業場などさまざまな場所に常備しておくのもおすすめです。

三重科学『ソフトデジタルスベラン防寒』

三重科学『ソフトデジタルスベラン防寒』

出典:楽天市場

サイズ展開 S、M、L、LL
使用可能温度 -
素材 天然ゴム、アクリルパイル起毛
防水性 -

暖かいのにムレにくい防寒手袋

裏面にパイル起毛が使われており、外気が冷たくても暖かさを保つことができます。また、背向き仕様なので通気性にもすぐれており、手袋のなかが蒸れにくくなっているのもポイント。長時間にわたる作業でも快適につけていられます。

抗菌防臭加工つきで、手に汗をかいても臭いの発生を抑えてくれる機能も持ち合わせていますよ。手汗が気になる方におすすめのアイテムです。

オカモト『サーモ発泡』

オカモト『サーモ発泡』

出典:楽天市場

サイズ展開 ML、L、LL
使用可能温度 -(手の表面温度をキープ)
素材 塩化ビニル樹脂
防水性 -

内面発砲で温もりを長時間保つ

通常のビニール手袋より保温力が高い、オカモトのサーモ発砲。軽量でやわらく、オカモト独自の内面発泡層が手の温もりを長時間キープできます。

手袋の内側はクッション性があるので、ハードな作業からの衝撃もやわらげてくれますよ。水も吸収しづらく乾きやすい素材のため、洗車や洗い物など、冬場の水作業にはぴったりですね。

PROHANDS『防寒手袋』

PROHANDS『防寒手袋』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、LL
使用可能温度 -
素材 SBR、インナー:シンサレート・サーモレックス
防水性

3層構造で薄くても暖かい!

保温効果の高い素材を組み合わせた3層構造が特徴のアイテム。高機能素材のおかげで厚みも抑えられ、保温性と薄さを両立しています。厳しい寒さでも作業性を落としたくない方は要チェックです。

SBRという耐久性・防水性にすぐれた素材が使われており、自宅で洗濯できるのも大きなメリット。汗をかいても気軽に洗えるので、臭いも気になりにくいでしょう。

ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』

ダイヤゴム『防寒用手袋ダイローブ』

出典:Amazon

サイズ展開 M、L、LL
使用可能温度 -20℃
素材 表面:ポリウレタン、裏地:綿100%、インナー:ボア・起毛アクリル
防水性

-20℃の温度でも使える! 極寒での作業に

極寒期用に作られた防寒手袋です。-20℃までの温度で使用可能で、冷凍・冷蔵庫内の作業や雪かきする際にぴったりです。インナーはボアと起毛を使用しており、暖かさをしっかり保つことができます。

また、うれしい完全防水機能つき。冷水はもちろん、熱湯にも適応しているので、冬場のアウトドアやレジャーなど、さまざまな用途に使用できるのもポイントです。

おたふく手袋『冷凍庫用革手袋 厚手タイプ』

おたふく手袋『冷凍庫用革手袋厚手タイプ』

出典:Amazon

サイズ展開 フリー
使用可能温度 -
素材 掌部:牛革、甲部:綿
防水性 -

耐久性にすぐれた革の手袋

革製の冷凍庫作業用の手袋です。指の先などの消耗しやすい部分には補強がされており、耐久性をより高めています。掌部が革でできており厚手タイプなので、冷たいものを持っても手が冷えにくいでしょう。

長く同じものを愛用したい方におすすめです。徐々に革が馴染み動かしやすくなっていくので、手袋を育てる楽しみも感じられるのではないでしょうか。

【番外編】手を温めてくれるヒーターグローブも要チェック!

番外編として、発熱機能をもったヒーターグローブをご紹介します。雪かきや冬場のちょっとした作業なら充分活躍してくれるので、寒さが苦手な方はぜひチェックしてみてください。

WARMSPACE『メンズ ヒーターグローブ』

WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』 WARMSPACE『メンズヒーターグローブ』

出典:Amazon

サイズ展開 M、XL
使用可能温度 発熱温度:40~55℃
素材 表地:羊の革(防撥水性)、インナー:裏起毛
防水性

5段階調整可能! スマホ操作もできる電熱グローブ

手を直接温めることができるヒーターグローブです。手の甲から指先に掛けて電熱線が入っており、手の末端までしっかりと温めてくれます。5段階の温度設定ができるので、外の気温に合わせて調整可能です。

スマホ操作にも対応しており、とっさの着信などにも対応できます。冬場の軽作業からウィンタースポーツ、ちょっとした外出まで幅広く活躍する便利なアイテムです。

「作業防寒手袋」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ユニワールド『ワンダーグリップ サーモ 』
ユニワールド『ワンダーグリップ フリーズフレックスプラス』
ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』
おたふく手袋『防寒手袋 PU-WAVE』
ショーワグローブ『防寒テムレス』
ショーワグローブ『フリースグリップ』
三重科学『ソフトデジタルスベラン防寒』
オカモト『サーモ発泡』
PROHANDS『防寒手袋』
ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』
おたふく手袋『冷凍庫用革手袋 厚手タイプ』
WARMSPACE『メンズ ヒーターグローブ』
商品名 ユニワールド『ワンダーグリップ サーモ 』 ユニワールド『ワンダーグリップ フリーズフレックスプラス』 ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』 おたふく手袋『防寒手袋 PU-WAVE』 ショーワグローブ『防寒テムレス』 ショーワグローブ『フリースグリップ』 三重科学『ソフトデジタルスベラン防寒』 オカモト『サーモ発泡』 PROHANDS『防寒手袋』 ダイヤゴム『防寒用手袋 ダイローブ』 おたふく手袋『冷凍庫用革手袋 厚手タイプ』 WARMSPACE『メンズ ヒーターグローブ』
商品情報
特徴 グリップ力が抜群で作業性を高めるのにぴったり 冬場の油仕事に! 耐油性にすぐれた防寒手袋 静電気対策用に! オイルを使った作業も可能 フィット感にすぐれたすべりにくい手袋 防水機能つきでムレにくい 長時間の作業でも疲れにくい 暖かいのにムレにくい防寒手袋 内面発砲で温もりを長時間保つ 3層構造で薄くても暖かい! -20℃の温度でも使える! 極寒での作業に 耐久性にすぐれた革の手袋 5段階調整可能! スマホ操作もできる電熱グローブ
サイズ展開 M、L、XL M、L、XL LW M、L、LL M、L、LL、3L M、L、LL S、M、L、LL ML、L、LL M、L、LL M、L、LL フリー M、XL
使用可能温度 - -20℃ -5℃ - -60℃ - - -(手の表面温度をキープ) - -20℃ - 発熱温度:40~55℃
素材 コーティング部分:天然ゴム、手袋繊維:アクリル コーティング部分:ニトリルゴム、手袋繊維:アクリル・ナイロン 表面:ポリウレタン、裏地:起毛・導電繊維 掌部:ポリウレタン、ポリエステル、甲部・インナー部:ポリエステル 樹脂部:ポリウレタン、繊維部:ナイロン・アクリル・ポリウレタン ほか 樹脂部:天然ゴム、繊維部:アクリル・綿・ポリエステル ほか 天然ゴム、アクリルパイル起毛 塩化ビニル樹脂 SBR、インナー:シンサレート・サーモレックス 表面:ポリウレタン、裏地:綿100%、インナー:ボア・起毛アクリル 掌部:牛革、甲部:綿 表地:羊の革(防撥水性)、インナー:裏起毛
防水性 - - - - - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月17日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 作業防寒手袋の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの作業防寒手袋の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:作業用手袋ランキング
楽天市場:作業用手袋ランキング
Yahoo!ショッピング:作業用防寒手袋ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】作業用防寒手袋に関連する記事をご紹介

芝刈り機やチェーンソーなど電動工具の振動による手や腕への負担を減らしてくれる防振手袋。本記事では、ガーデニング研究家のはたあきひろさんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。選び方の解説もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

木の枝や雑草対策、花の植え替えなど、庭づくりには欠かせない道具となっているのがガーデニング手袋です。枝や茎などから指を守ることができるなど、安全に作業するためにも必須の道具となっています。ただ、ガーデニング手袋は一見するとどれも同じ性能に感じるため、ダイソーやセリアなどの100均で使い捨てのも...

冬の路面をはじめ、さまざまな場所の凍結を防止するのに役立つ「凍結防止剤」。寒い時期に利用することで、アイスバーンによる転倒や車のスリップなどを防いでくれるでしょう。しかし、凍結防止剤は種類が豊富。タイプや成分によって使い方が異なるため、選ぶのに困る方もいるのではないでしょうか。この記事では、サ...

IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんへの取材をもとに、充電式カイロの選び方とおすすめをご紹介します。冬の外出には強いサポーターとなる充電式カイロ。使い捨てとは違って繰り返して使えるエコな面が好まれるのも、時代のあらわれでしょうか。この記事ではそんな充電式カイロの選び方のポイント、おすすめ...

遠隔でクルマのエンジンをかけられるため、冬場は事前にクルマを温められ、夏場は事前に車内を冷やせる……そんな便利なエンジンスターターですが、自動車メーカーやモデル専用品と汎用品があるので商品を選ぶときには注意が必要です。本記事では、カージャーナリストの松村 透さんへの取材をもとに、エンジンスター...

まとめ

作業用防寒手袋のおすすめ11選+αを紹介しました。

作業用防寒手袋は、防寒性能プラスαで選ぶことがポイントです。冬場は雪や氷を触る機会が増えるため、防水加工がついているものが便利ですね。

この記事をぜひ参考にして、寒い冬でも快適に作業をするために、あなたがほしいアイテムを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


DIY用作業台おすすめ6選【収納しやすい折りたたみタイプも】

DIY用作業台おすすめ6選【収納しやすい折りたたみタイプも】

ノコギリで木材を切る、溶接をするといったような作業をする際に、あると便利なDIY作業台。はじめのうちは自宅にあるテーブルを使っていても、だんだん慣れてくるとより効率よくDIY作業ができる機能的な作業台が欲しくなってきますよね。折りたたんで持ち運びがラクな簡易作業台、狭い家におく軽量DIY作業台、バイス(万力)や収納用の引き出しがついたものなど種類はさまざまです。そこで本記事では、空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんへの取材をもとに、DIY作業台の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。最初の1台を探している初心者の方も、買い替えを検討している方も、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


台車のおすすめ7選! 選び方のポイントから低価格・コンパクトタイプなどを紹介

台車のおすすめ7選! 選び方のポイントから低価格・コンパクトタイプなどを紹介

台車は家具や家電、タイヤなど大型の荷物を運ぶときにとても便利なアイテムです。車と家の往復などを考えると1台持っておくと安心ですよね。いまはニトリやカインズといったホームセンターでも購入できます。旅行バッグやゴルフバックを運んだり、園芸が趣味の人や引越しのときなどにも利用できます。しかし、サイズや積載重量、耐久性、静音性、コンパクト性など、何を重視して選べばよいのかを迷うかしれませんね。この記事では空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんに取材をもとに、台車を選ぶときのポイントとおすすめの商品を紹介します。家庭用にぴったりな1台を見つけてみてください。


農作業用長靴おすすめ13選【メンズもレディースも】折りたたみできるタイプなど!

農作業用長靴おすすめ13選【メンズもレディースも】折りたたみできるタイプなど!

農作業を快適で安全におこなえる、農作業用の長靴。農作業をしている人にとっては、欠かせないアイテムですよね。タイプや履き心地、デザインなど、農作業用長靴を選ぶときにチェックしたいポイントはたくさんあります。この記事では、グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに取材し、農作業用長靴の選び方とおすすめ商品をご紹介。記事後半には、大手通販サイトの売れ筋ランキングも掲載しています。


塗装ブースおすすめ14選|塗料を吸引! ダンボール・折りたたみ式など厳選

塗装ブースおすすめ14選|塗料を吸引! ダンボール・折りたたみ式など厳選

エアブラシやスプレーを使って塗装をすると、塗料が空気中に飛散します。その塗料を吸引し、安全な作業を手助けしてくれるのが「塗装ブース」です。ここでは、ライト付きやフィルターの入手しやすい商品など、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選ぶ塗装ブースおすすめ14選と選び方をご紹介していきます。記事後半にはAmazonとヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


DIYクリエイターが教える! DIY用集塵機おすすめ5選【電動工具と連動タイプも】

DIYクリエイターが教える! DIY用集塵機おすすめ5選【電動工具と連動タイプも】

DIYで発生する木くずや粉塵(ふんじん)の掃除を家庭用の掃除機でしようとすると、フィルターがつまるなどの問題が起きやすくなります。そんなときに便利なのがDIY用集塵機(しゅうじんき)です。電動工具と連動して使えるタイプ、乾いたゴミも湿ったゴミも吸い取れるタイプなどがあります。容量や収納スペースも考慮して、用途にあった集塵機を選びたいものです。この記事では、空間デザイン・DIYクリエイターとして活躍されている網田真希さんに聞いた、DIY用集塵機の選び方とおすすめ商品5選をご紹介します。


関連するブランド・メーカー


オカモト

新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る