PR(アフィリエイト)

【2024年】青軸のゲーミングキーボードおすすめ8選!静音・バックライト搭載モデルも

【2024年】青軸のゲーミングキーボードおすすめ8選!静音・バックライト搭載モデルも
【2024年】青軸のゲーミングキーボードおすすめ8選!静音・バックライト搭載モデルも

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年12月16日に公開された記事です。

がっつりとゲームをやる人には必須と言ってもいい「ゲーミングキーボード」。さまざまな種類が販売されているので、どれを購入すればよいのか迷ってしまいますよね。

この記事では、クリック音がうるさくない静音タイプやバックライト搭載モデルなど青軸のゲーミングキーボードのおすすめと選び方をご紹介します。

記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもありますので、あわせて参考にしてみてください。


目次

ゲーミングキーボードとは 青軸とは ゲーミングキーボードの選び方 青軸のゲーミングキーボードおすすめ8選 通販サイトの最新人気ランキングを参考にする
全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ITガジェット・家電ライター
荒俣 浩二
IT・家電ライターとして活動。PC、関連デバイスの記事に定評があり、様々な媒体へ寄稿している。電脳街の練り歩きを日課とし、常に情報収集(趣味)を怠らない。散財するのも大好きなので、新しいものが出るとすぐに飛びついてしまう傾向が強い。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ゲーム・ホビー
水貝 英斗

「ゲーム・ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

ゲーミングキーボードとは

gaming keyboard

Photo by Almas Salakhov on Unsplash

gaming keyboard

Photo by Almas Salakhov on Unsplash

ゲーミングキーボードとは、ゲームを快適にプレイできるように作られた専用キーボードのことです。普通のキーボードとは違い「マクロ機能」や、「キーの複数同時押し機能」を搭載したモデルがあるのが特徴です。

その他にもキーをタッチしたときの打鍵感が良いもの、長時間使い続けても疲れにくいなどの工夫が施されているものなど、商品によってこだわりのポイントはさまざま。自分の好みや遊ぶゲームに合わせてゲーミングキーボードを選択してみてください。

青軸とは

 

メカニカルキーボードの特徴になっているのが、キーボードの「軸」です。

軸とはキーボードの部品のことで、色によってそれぞれタッチ感に違いがあります。キーボードの軸について知識があると、自分の操作しやすいキーボードを見つけやすくなります。

なかでも青軸はキーを打つときの心地よさが特徴。キーボードを気持ちよく打鍵することでテンションが高まるようなゲーマーに向いていると言えるでしょう。

なお、打鍵感があるので、キーを押した時の音が大きいので、チャットをしながらの入力や夜間の作業の際には周りに気をつけましょう。

ゲーミングキーボードの選び方

gaming keyboard

Photo by Axville on Unsplash

gaming keyboard

Photo by Axville on Unsplash

それでは、ゲーミングキーボードの基本的な選び方を見ていきましょう。

【1】構造・種類
【2】軸
【3】機能
【4】テンキーの有無
【5】LEDイルミネーション
【6】キー配列
【7】片手用

上記のポイントを押さえることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。

青軸のゲーミングキーボードおすすめ8選

ここからは、青軸のゲーミングキーボードのおすすめを紹介します。

Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEE ワイヤレスゲーミングキーボード G913 TKL』

Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEEワイヤレスゲーミングキーボードG913TKL』
この商品を見るview item 出典:Amazon

聴き心地も手触りもいい、カチッという音を提供

プロレベルのワイヤレスLIGHTSPEED、高度なLIGHTSYNC RGB、そして複数タイプのプログレードの薄型メカニカルスイッチを備えたテンキーレスゲーミングキーボード。コンパクトなテンキーレスデザインで、マウスの動作空間を広げるために設計されています。

高パフォーマンスのコンパクトGLメカニカルスイッチを搭載。こちらは通常スイッチの半分の高さのクリッキーGLスイッチを採用し、まるで青軸のようなクリック感と打ち心地のメカニカルスイッチです。

本体サイズ/重さ ‎横368mm x 縦150mm x 高さ22mm/810g
キーの数 -
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル(クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク 2.7mm
キーロールオーバー -
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ ‎横368mm x 縦150mm x 高さ22mm/810g
キーの数 -
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル(クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク 2.7mm
キーロールオーバー -
全てを見る全てを見る

Logicool(ロジクール)『MX MECHANICAL ワイヤレスキーボード(KX850FC)』

Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『MXMECHANICALワイヤレスキーボード(KX850FC)』
この商品を見るview item 出典:Amazon

最大3台のデバイスを接続可能、満足なキーボード

薄型フォームファクター、スマートイルミネーション、素早い充電、Bluetooth接続、および3種類のユニークなスイッチタイプ(タクタイル、クリッキー、リニア)を特徴としたキーボード。こちらは青軸、クリッキーのスイッチタイプとなります。

薄型メカニカルスイッチを採用し、深く安定したタイピング感を提供。マットな質感のキーの面上を指がスムーズに滑り、2色のキーキャップにより指を簡単に配置できます。

本体サイズ/重さ 横433.85mm x 縦131.55mm x 高さ26.10mm/828g
キーの数 114
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカルキー(青軸・クリッキー)
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
キーロールオーバー -
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横433.85mm x 縦131.55mm x 高さ26.10mm/828g
キーの数 114
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカルキー(青軸・クリッキー)
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
キーロールオーバー -
全てを見る全てを見る

Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNC RGB(G512-CK)』

Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNCRGB(G512-CK)』
この商品を見るview item 出典:Amazon

心地よくゲームプレイできるクリック感

eスポーツ向けにデザインされたメカニカルキーボードです。クリック音と打鍵感が心地いいGX Blueスイッチを採用。

LIGHTSYNCに対応しており、ロジクール独自のソフトウェアを利用すれば配色と発酵パターンを好みにアレンジすることができます。

本体サイズ/重さ 横445mm x 縦132mm x 高さ35.5mm/1130g
キーの数 108
キー配列 日本語
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー 最大26
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横445mm x 縦132mm x 高さ35.5mm/1130g
キーの数 108
キー配列 日本語
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー 最大26
全てを見る全てを見る

Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』

Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』
この商品を見るview item 出典:Amazon

eスポーツのニーズに応えたコンパクトなキーボード

ロジクールのGキーボードの中でも、製品名に「PRO」の名前を冠した初の商品です。テンキーレスなので大会会場のデスクに収まり、マウスを使うときもジャマになりにくいのがポイント。

ロジクールの技術が結集されたメカニカルキーボードは、打ちごたえだけでなくレスポンスや耐久性も抜群。遠征のお供にもぴったりの1台です。

本体サイズ/重さ 横360mm x 縦153mm x 高さ34.3mm/980g
キーの数 91キー
キー配列 英語配列/日本語配列
キーの方式 メカニカル(青/赤/茶軸)
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
キーロールオーバー 26キーロールオーバー
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横360mm x 縦153mm x 高さ34.3mm/980g
キーの数 91キー
キー配列 英語配列/日本語配列
キーの方式 メカニカル(青/赤/茶軸)
キーピッチ 19mm
キーストローク 3.2mm
キーロールオーバー 26キーロールオーバー
全てを見る全てを見る

MSI(エムエスアイ)『VIGOR GK71 SONIC』

MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』
この商品を見るview item 出典:Amazon
MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』 MSI(エムエスアイ)『VIGORGK71SONIC』
この商品を見るview item 出典:Amazon

キーごとに色鮮やかなイルミネーションが輝く

軽量でありながら究極のクリック感を提供する高性能なキーボード。MSI独自のSonic Blueメカニカルスイッチを搭載し、45gの軽い押下圧とクリック感が特徴です。

形状記憶フォームを採用したエルゴノミックデザインのリストレストは、ゲーム中の快適性を高めます。長時間のゲームプレイでも指の疲労を最小限に抑え、快適な操作感を実現します。

本体サイズ/重さ 横442.5mm x 縦138mm x 高さ41mm/854g
キーの数 109キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカ(青軸)
キーピッチ -
キーストローク 3.5 mm
キーロールオーバー Hybrid 6+Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横442.5mm x 縦138mm x 高さ41mm/854g
キーの数 109キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカ(青軸)
キーピッチ -
キーストローク 3.5 mm
キーロールオーバー Hybrid 6+Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

Acer(エイサー)『ゲーミングキーボード Predator Aethon 301 TKL』

Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』
この商品を見るview item 出典:Amazon
Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボードPredatorAethon301TKL』
この商品を見るview item 出典:Amazon

ゲームプレイ時のマウス操作スペースを確保

コンパクトながらも高性能なテンキーレスゲーミングキーボード。80%レイアウトのこのキーボードは、ゲームプレイ時のマウス操作スペースを広く確保するために設計されています。

スイッチタイプには、しっかりとした打鍵感のOutemu社製メカニカルスイッチを採用。約5000万回のクリック耐久テストをクリアしています。

本体サイズ/重さ 横371mm x 縦‎146.6mm x 高さ26.6mm/970g
キーの数 87
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル(青軸)
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横371mm x 縦‎146.6mm x 高さ26.6mm/970g
キーの数 87
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル(青軸)
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

ELECOM(エレコム)『V-custom VK300C』

ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK300C』
この商品を見るview item 出典:Amazon

指にグッと食いつく、ミスのしにくいキーキャップ

ガンシューティング系ゲーム(FPS)に最適化された65%サイズのゲーミングキーボード。このキーボードは、青軸を搭載し、RGB LEDイルミネーションが特徴です。

高速な指の動きに対応するために設計されており、競技シーンを想定した応答速度とカスタマイズ性能を実現。新開発の「ELECOM Wireless S.P.S Engine for Keyboard」を搭載し、応答速度を約55%高速化させつつ、精度と安定性の向上を図っています。

本体サイズ/重さ 横322.4mm x 縦124.7mm x 高さ36.2mm/970g
キーの数 71キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ 19.0mm
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ 横322.4mm x 縦124.7mm x 高さ36.2mm/970g
キーの数 71キー
キー配列 日本語配列
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ 19.0mm
キーストローク 4.0mm
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

ELECOM(エレコム)『V-custom VK210C』

ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』
この商品を見るview item 出典:Amazon
ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』 ELECOM(エレコム)『V-customVK210C』
この商品を見るview item 出典:Amazon

シンプルながらも高性能で入門用にオススメ

初めてのゲーミングキーボードに最適な青軸搭載のテンキーレスキーボードです。こちらの商品はエレコムの中でもハイクラスに位置付けられており、コストを抑えながらも応答速度や精度、安定性を高めています。

キーキャップは文字部分が別色のプラスチックで形成されるダブルインジェクション方式を採用しているため、摩耗によって印字が消えてしまう事態も解消できます。重量と滑り止め加工のおかげで接地の安定感も高めです。

本体サイズ/重さ ‎14.26 x 36.61 x 3.73 cm/約955g
キーの数 90キー
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

本体サイズ/重さ ‎14.26 x 36.61 x 3.73 cm/約955g
キーの数 90キー
キー配列 英語配列
キーの方式 メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ -
キーストローク -
キーロールオーバー Nキーロールオーバー
全てを見る全てを見る

「青軸のゲーミングキーボード」のおすすめ商品の比較一覧表

画像 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEE ワイヤレスゲーミングキーボード G913 TKL』 Logicool(ロジクール)『MX MECHANICAL ワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNC RGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 MSI(エムエスアイ)『VIGOR GK71 SONIC』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボード Predator Aethon 301 TKL』 ELECOM(エレコム)『V-custom VK300C』 ELECOM(エレコム)『V-custom VK210C』
商品名 Logicool(ロジクール)『LIGHTSPEE ワイヤレスゲーミングキーボード G913 TKL』 Logicool(ロジクール)『MX MECHANICAL ワイヤレスキーボード(KX850FC)』 Logicool(ロジクール)『LIGHTSYNC RGB(G512-CK)』 Logicool(ロジクール)『メカニカルゲーミングキーボードPRO(G-PKB-002)』 MSI(エムエスアイ)『VIGOR GK71 SONIC』 Acer(エイサー)『ゲーミングキーボード Predator Aethon 301 TKL』 ELECOM(エレコム)『V-custom VK300C』 ELECOM(エレコム)『V-custom VK210C』
商品情報
特徴 聴き心地も手触りもいい、カチッという音を提供 最大3台のデバイスを接続可能、満足なキーボード 心地よくゲームプレイできるクリック感 eスポーツのニーズに応えたコンパクトなキーボード キーごとに色鮮やかなイルミネーションが輝く ゲームプレイ時のマウス操作スペースを確保 指にグッと食いつく、ミスのしにくいキーキャップ シンプルながらも高性能で入門用にオススメ
本体サイズ/重さ ‎横368mm x 縦150mm x 高さ22mm/810g 横433.85mm x 縦131.55mm x 高さ26.10mm/828g 横445mm x 縦132mm x 高さ35.5mm/1130g 横360mm x 縦153mm x 高さ34.3mm/980g 横442.5mm x 縦138mm x 高さ41mm/854g 横371mm x 縦‎146.6mm x 高さ26.6mm/970g 横322.4mm x 縦124.7mm x 高さ36.2mm/970g ‎14.26 x 36.61 x 3.73 cm/約955g
キーの数 - 114 108 91キー 109キー 87 71キー 90キー
キー配列 日本語配列 日本語配列 日本語 英語配列/日本語配列 日本語配列 英語配列 日本語配列 英語配列
キーの方式 メカニカル(クリッキー) メカニカルキー(青軸・クリッキー) メカニカル(青軸・クリッキー) メカニカル(青/赤/茶軸) メカニカ(青軸) メカニカル(青軸) メカニカル(青軸・クリッキー) メカニカル(青軸・クリッキー)
キーピッチ - 19mm - 19mm - - 19.0mm -
キーストローク 2.7mm 3.2mm 4.0mm 3.2mm 3.5 mm - 4.0mm -
キーロールオーバー - - 最大26 26キーロールオーバー Hybrid 6+Nキーロールオーバー Nキーロールオーバー Nキーロールオーバー Nキーロールオーバー
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年3月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年4月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ゲーミングキーボードの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのゲーミングキーボードの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ゲーミングキーボードランキング
楽天市場:ゲーミングキーボードランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

関連記事|その他のゲーミングアイテムをチェック

心地よい打鍵音を愉しむ青軸のゲーミングキーボード

ITガジェット・家電ライター:荒俣 浩二

ITガジェット・家電ライター

青軸のゲーミングキーボードおすすめはいかがでしたか?

ゲーミングキーボードを選ぶときには自分が普段どのようなゲームをプレイするか振り返りながら選ぶとよいでしょう。シミュレーションゲームで遊ぶならフルサイズ。FPSなら片手用ゲーミングキーボードとマウスを併用する、eスポーツの大会ならテンキーレスなどいろいろ考えられます。

また、メカニカルキーボードの場合は、キーの打鍵の感触で選ぶのもよいでしょう。特にメカニカルキーボードのイメージのカチャカチャした打鍵音を愉しむには、スタンダードな青軸のキーボードが最適です。

実際に使う場面を想定しながら、この記事を参考に自分に合った商品を選んでみましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button