【フォトグラファーが選ぶ】カメラ防湿庫おすすめ5選|大事な一眼レフを湿気やカビから守る

【フォトグラファーが選ぶ】カメラ防湿庫おすすめ5選|大事な一眼レフを湿気やカビから守る

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表:瀬川 陣市
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表
瀬川 陣市

米国ウィスコンシン州立大学などで写真を学び、帰国後に独立。 1995年からプロカメラマンとして人物、ウェディング、料理、建築、海外取材など広い分野の撮影をする傍ら、写真講座やメディア出演、執筆などを通じて撮影テクニックやフォトライフの楽しみ方を伝えている。 さらに動画撮影、ドローン撮影にも着手。画像や動画を未来につなげる活動を提案している。2018年には、長崎県五島市アンバサダーに就任。 写真と映像で行う地域貢献や海外に向けた日本文化の映像発信にも積極的に取り組んでいる。

一眼レフカメラやレンズを湿気や衝撃から守ってくれるカメラ防湿庫。その性能はさまざまで、安易に選んでしまうのは失敗のもとです。通電型を選ぶのかそれとも簡易型を選ぶのかといったポイントや、自分の持っているカメラを入れるのにどれくらいの容量が必要になるのかなど考慮しなければいけない点は数多くあります。そこで今回はフォトグラファーである瀬川陣市さんへの取材をもとに、カメラ防湿庫の失敗しない選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。


カメラ防湿庫の選び方|フォトグラファーの瀬川陣市さんに聞く

一眼レフカメラ本体とたくさんのレンズ

Photo by chuttersnap on Unsplash

フォトグラファーの瀬川陣市さんに、カメラ防湿庫を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

手持ちの機材の分量に合うサイズを選ぶ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラ防湿庫選びでまず確認することは容量。

防湿庫の容量はL(リットル)で表記されますが、具体的に機材がどれくらい入るのか表記だけではわかりにくいものです。

実機を見れない場合は、機材を入れてあるサンプル写真を参考にしてどのくらいの容量が入るものか確認しましょう。

手持ちの機材を充分保管できる容量があるのかを事前に確認することが大事です。

備え置きタイプか簡易タイプか

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラ防湿庫には、金庫のように部屋に備え置いて使うものと、簡易ボックス型で携帯や移動などもしやすいタイプに大別されます。

安定した保管場所として使うのであれば備え置きタイプのもの、持ち運ぶことを前提にする使い方であれば簡易タイプのものが使いやすいでしょう。

自分の持っている機材の分量とどのように保管するかを考えて、使い勝手のよいタイプの保管庫を選びましょう。

除湿機能で選ぶ|通電タイプと簡易タイプ

フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラ防湿庫は、除湿させた空間にカメラ機材を保管するものです。

防湿庫の除湿方法には、自動で湿度を管理してくれる通電タイプと、除湿剤などを使う簡易タイプがあります。

通電タイプは、安定した除湿性能が期待できるぶん、価格設定も高め。
機種により機能も異なり、当然ハイスペックなものほど価格に反映されます。

一定の湿度管理を求める場合は、除湿機能の性能に重きをおいて選択するのが的確でしょう。

カメラ防湿庫5選|フォトグラファーの瀬川陣市さんのおすすめ

ここまでに紹介したカメラ防湿庫の選び方のポイントをふまえて、実際にフォトグラファーの瀬川陣市さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HAKUBA『ドライボックスNEO KMC-39』

出典:Amazon

サイズ
外寸:幅330×奥行220×高さ135mm、内寸:幅250×奥行175×高さ105mm
容量
約5.5L
湿度管理
手動
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

手軽に使える簡易タイプの防湿庫

カメラ防湿庫は、密閉された箱であることが機能としての最低条件ですが、この機種はその密閉できる機能のみをもつボックスです。

密閉性を保った箱にカメラの機材を入れておくだけでもある程度の防湿は可能。
除湿する場合は、このボックスに除湿剤を入れて使用します。

まず簡易タイプの防湿庫を使ってみたいという場合や、防湿庫を持ち運びしながら使いたいという方に適したタイプでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ナカバヤシ『キャパティ ドライボックス DB-27L-N』

出典:Amazon

サイズ
外寸:幅306×奥行486×高さ270mm、内寸:幅250×奥行410×高さ235mm
容量
約27L
湿度管理
手動
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

湿度計のついた簡易タイプ

密閉できる簡易タイプのプラスチックケースに湿度計が備わった防湿庫です。

湿度計がついているので、簡易タイプでありながら湿度管理もしやすいのが特徴。除湿機能は、別売りの除湿剤などを入れて使います。

また、同タイプのものを重ね置きもできるので、機材を複数にわけて保管することも可能です。小回りが利く防湿庫として使い勝手はよさそうです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HOKUTO『HSシリーズ 防湿庫 HS-25L』

出典:Amazon

サイズ
外寸:幅380×奥行260×高さ280mm、内寸:幅340×奥行230×高さ235mm
容量
約25L
湿度管理
自動
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

容量は少なめの備え置き型ベーシックタイプ

備え置きタイプの防湿庫で容量は25Lです。

目安として一眼タイプのカメラボディ2台と標準ズームレンズ2本程度が入ります。カメラ機材があまり多くなく、備え置きの防湿庫を求める方には容量は充分でしょう。

除湿機能は通電型で、一定の湿度に保つことができます。

また、施錠ができるので防犯対策も兼ね備えた防湿庫です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

東洋リビング『オートクリーンドライ ED-120CATP(B)』

出典:Amazon

サイズ
外寸:幅423×奥行406×高さ866mm、内寸:幅417×奥行344×高さ777mm
容量
約116L
湿度管理
自動
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

たくさんの機材を保管でき高性能の除湿機

容量が116Lと小型冷蔵庫並みのスペースがある機種です。内部は、4段の棚が設けられていて、多くのカメラ機材を仕分けして保管できます。

防湿庫内にふたつのコンセントがあり、内部でバッテリー充電などをすることも可能です。独自開発の電子ドライユニットは、国内の自社工場で製造される安心の品質。光触媒機構により庫内をつねにクリーンな状態に保ってくれます。

お値段に見合う機能がある防湿庫といえるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

BOLTLINK『カメラ防湿庫』

出典:Amazon

サイズ
外寸:幅290×奥行320×高さ605mm、内寸:幅288×奥行290×530mm
容量
約50L
湿度管理
自動
Thumb lg b9147965 a60c 458e 82ad fa1886fe538f
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

縦長タイプの中規模サイズ

容量が50Lの据え置きで縦長タイプのカメラ防湿庫。
縦長なので部屋の配置レイアウトも組みやすく、なかには3段の棚が設けられています。

一眼機のボディ2台と数本の標準ズーム程度の交換レンズ、さらに望遠レンズも同時に収納できるくらいの容量があります。

また、除湿機は省エネ設計されていて少ない電力で稼働できる性能です。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

HAKUBA『ドライボックスNEO KMC-39』
ナカバヤシ『キャパティ ドライボックス DB-27L-N』
HOKUTO『HSシリーズ 防湿庫 HS-25L』
東洋リビング『オートクリーンドライ ED-120CATP(B)』
BOLTLINK『カメラ防湿庫』

商品

HAKUBA『ドライボックスNEO KMC-39』 ナカバヤシ『キャパティ ドライボックス DB-27L-N』 HOKUTO『HSシリーズ 防湿庫 HS-25L』 東洋リビング『オートクリーンドライ ED-120CATP(B)』 BOLTLINK『カメラ防湿庫』

特徴

手軽に使える簡易タイプの防湿庫 湿度計のついた簡易タイプ 容量は少なめの備え置き型ベーシックタイプ たくさんの機材を保管でき高性能の除湿機 縦長タイプの中規模サイズ

価格

Amazon : ¥ 2,160
楽天市場 : ¥ 1,420
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,720
※各社ECサイトの 2019年3月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,514
楽天市場 : ¥ 3,326
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,218
※各社ECサイトの 2019年3月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,600
楽天市場 : ¥ 9,880
Yahoo!ショッピング : ¥ 9,800
※各社ECサイトの 2019年3月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 43,813
楽天市場 : ¥ 45,899
Yahoo!ショッピング : ¥ 45,899
※各社ECサイトの 2019年3月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 19,999
Yahoo!ショッピング : ¥ 26,398
※各社ECサイトの 2019年4月1日時点 での税込価格

サイズ

外寸:幅330×奥行220×高さ135mm、内寸:幅250×奥行175×高さ105mm 外寸:幅306×奥行486×高さ270mm、内寸:幅250×奥行410×高さ235mm 外寸:幅380×奥行260×高さ280mm、内寸:幅340×奥行230×高さ235mm 外寸:幅423×奥行406×高さ866mm、内寸:幅417×奥行344×高さ777mm 外寸:幅290×奥行320×高さ605mm、内寸:幅288×奥行290×530mm

容量

約5.5L 約27L 約25L 約116L 約50L

湿度管理

手動 手動 自動 自動 自動

商品情報

カメラは湿度に弱い! 環境に適した防湿庫選びを

カメラと写真とスーツケース
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0
フォトグラファー、フォトララ写真未来研究所代表

カメラ防湿庫は、カメラを湿度や埃などから守り保管するために使うものです。

湿度などによりカメラのような精密機器はダメージを受けやすいことを理解することで、防湿庫の選び方もわかりやすくなるでしょう。

また、使用する環境や保管する機材の容量などにより選択肢は異なります。

場合によっては、簡易タイプの防湿庫のほうが使い勝手がよくてカメラを保管できる状況もあるわけです。

それぞれに応じたタイプ、容量から最適のものを選んでみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(マイナビおすすめナビ編集部)

2019/05/28 主に商品情報の修正のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 花島優史)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【バッテリーグリップ】のおすすめ商品5選|フォトグラファーが徹底解説

【バッテリーグリップ】のおすすめ商品5選|フォトグラファーが徹底解説

カメラの扱いに慣れてくると、撮りたい写真の種類も増えてきますよね。動きの早いスポーツの写真を撮っているときに連写性能を上げたくなったり、長時間撮影時に稼働時間をもっと長くしたくなったり。そんなときに購入を検討したいのがバッテリーグリップ。現在、キヤノンやニコン以外のメーカー各社からも発売されています。そこで、フォトグラファーでフォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、バッテリーグリップの選び方とおすすめ商品を紹介します。もっと撮影の幅を広げたい、効率化したいという方は、ぜひそれぞれ比較しながら参考にしてみてください。


カメラ用【レンズクリーナー】おすすめ5選|フォトグラファーが厳選

カメラ用【レンズクリーナー】おすすめ5選|フォトグラファーが厳選

レンズクリーナーがあれば、外出先などでレンズの汚れが気になっても、かんたんに汚れを落とすことができます。効率的なクリーニングのためには、用途に適した商品を選ぶことが大切です。そこで、フォトグラファー/フォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんに、カメラ用レンズクリーナーの選び方や種類、おすすめの商品を教えてもらいました。


【広角レンズ】の選び方&おすすめ商品6選|画角や焦点距離などカメラ評論家が解説

【広角レンズ】の選び方&おすすめ商品6選|画角や焦点距離などカメラ評論家が解説

外出先や旅先で美しい風景を目にした時、その景色を1枚の写真におさめてくれる広角レンズ。そして、人の目に映る視界よりも、さらに広がりのある風景の撮影を可能にしてくれます。しかし、多くのメーカーがさまざまな広角レンズを販売しているため、「どのレンズを選べばいいかわからない」と迷う人も。そこで、写真家/カメラ評論家の田中希美男さんから広角レンズの選び方についてアドバイスをいただきました。また、田中さんが厳選した6つの広角レンズもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


【カメラ防水ケース】選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

【カメラ防水ケース】選び方&おすすめ5選|フォトグラファーが商品を解説

雨の日や水辺、ダイビング時において、カメラ防水ケースを使うことで、室内や晴天とはひと味ちがう非日常の風景を撮影できます。しかし、カメラ防水ケースは、種類によって防水性能や大きさなどに違いがあります。そこで、フォトグラファー/フォトララ写真未来研究所代表の瀬川陣市さんにお話をうかがい、カメラ防水ケースの選び方とおすすめ商品を紹介していきます。アクティブに撮影を楽しむために、詳しく見ていきましょう。


【防水デジタルカメラ】のおすすめ商品5選 | フォトグラファーが選び方を解説

【防水デジタルカメラ】のおすすめ商品5選 | フォトグラファーが選び方を解説

楽しいアウトドアシーンの思い出を写真におさめたい、でも水や衝撃によるカメラの破損が心配。そんなときは防水のデジタルカメラを使えば、水中でも気兼ねなく撮影することができます。カメラにはあまり詳しくないよ、という人もご安心ください。そんな人のために、フォトララ写真未来研究所代表・瀬川陣市さんにお話をうかがい、防水デジタルカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ポイントを押さえて、自分にぴったりの防水デジタルカメラを選びましょう。


最新の記事


アウトドア&旅ライターが選ぶ! キャンプで使えるアウトドア用ペグおすすめ商品5選|テントをしっかり固定

アウトドア&旅ライターが選ぶ! キャンプで使えるアウトドア用ペグおすすめ商品5選|テントをしっかり固定

アウトドアでテントやタープを設営するとき、必ずお世話になるアイテムがペグです。ペグの素材は主に3種類で、丈夫なスチール製、軽さと丈夫さを両立しているアルミ製、軽くて持ち運びが楽なプラスチック製があります。テントやタープに付属のものでは頼りないと買い足しにアウトドアショップに出向くと、素材だけでなく形状もさまざまな商品がずらりと並んでいて、どれを選べばよいのか迷います。この記事では、屋外レジャーに詳しいアウトドア&旅ライターである大森弘恵さんにお話を伺い、ペグの選び方とおすすめ商品について説明します。選び方を参考にして、自分に合ったペグを探してくださいね。


【文房具のプロが選ぶ!】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ8選|選び方も解説

【文房具のプロが選ぶ!】バイブルサイズ手帳のリフィルおすすめ8選|選び方も解説

バイブルサイズのシステム手帳は、持ち運びにもちょっとしたメモにも便利。リフィルを変えることでいろいろな使い方ができます。よく考えられたリフィルは、使い勝手のよさもさることながら、メモをとる楽しみも提供してくれます。メモ用リフィルであれば罫線の種類や紙の色による違い、スケジュールリフィルであれば月間や週間、見開きかどうかなど、レイアウトの種類が豊富にあります。この記事では、文房具のプロフェッショナルである、文房具ユーザーの他故壁氏さんへ取材し、バイブルサイズ手帳のリフィルの選び方、おすすめ商品を紹介します。


【整理収納アドバイザーが教える】 木製掛け時計のおすすめ8選|機能とデザインのバランス

【整理収納アドバイザーが教える】 木製掛け時計のおすすめ8選|機能とデザインのバランス

木製掛け時計は、アンティーク調のものからモダンなものまで種類が豊富で、どんな部屋のインテリアにも合わせやすいのが特徴です。自分の好みに合うデザインと、時計としての機能を果たしていることとのバランスがとても重要ですが、何を基準に選べば良いのか悩んでしまいますよね。ここでは、整理収納アドバイザーの鈴木久美子さんに取材をして教えていただいた選び方とおすすめ商品を紹介します。


【着こなし工学提唱者に聞く】男子学生のローファーおすすめ5選と選び方のポイント

【着こなし工学提唱者に聞く】男子学生のローファーおすすめ5選と選び方のポイント

男子学生の定番の革靴である「ローファー」。ハルタやリーガルなどのブランド、価格やカラー以外にもローファー選びのポイントが実はたくさんあるので、何を基準に選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。そこでこの記事では、ファッションに詳しい[着こなし工学]提唱者の平 格彦さんへの取材をもとに、男子学生向けのローファーの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。


タッチペン(スタイラス)付きボールペンおすすめ4選|教育・受験指導専門家に取材

タッチペン(スタイラス)付きボールペンおすすめ4選|教育・受験指導専門家に取材

この記事では、教育・受験指導専門家の西村 創さんへの取材をもとに、タッチペン(スタイラス)付きのボールペンの選び方とおすすめの商品をご紹介していきます。スマートフォンやタブレットを使って勉強や仕事をすることも多くなってきた今、注目したいのが、タッチペン(スタイラス)付きのボールペンです。ボールペンとタッチペン(スタイラス)を持ち替えることなく、複数の作業をスムーズに行うことができるからです。ふたつの機能を同時に手に入れることから、購入に際しては、気をつけて欲しいポイントがありますので、ぜひ参考にしてください。