PR(アフィリエイト)

【2024年】安いスマホおすすめ9選|コスパの良い、税抜き5万円未満の端末を厳選

【2024年】安いスマホおすすめ9選|コスパの良い、税抜き5万円未満の端末を厳選
【2024年】安いスマホおすすめ9選|コスパの良い、税抜き5万円未満の端末を厳選

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2022年10月03日に公開された記事です。

安いスマホ端末のおすすめ商品と選び方をご紹介。スマホ初心者や、iPhoneからAndroidに乗り換えようとしている方におすすめのモデルをラインナップしています。ドコモやau、ソフトバンクなどでも販売されているモデルもありますよ。

記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの売れ筋ランキングのリンクも掲載しているので、チェックしてみてくださいね。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:家電・AV機器、PC・スマホ・カメラ
福本 航大

「家電・AV機器」「PC・スマホ・カメラ」を担当。シンプルでミニマルなガジェットには目がなく、つい散財してしまう。とくに、白無地のガジェットが大好物。ひそかに、折りたたみ式のスマートフォンへの乗り換えを計画中。

コスパに優れた安いスマホが最高!

スマホを持つ男性
Pixabayのロゴ
スマホを持つ男性
Pixabayのロゴ

昨今の円安の影響もあり、スマホ価格は上昇の一途にあります。リーズナブルながらも、日常で使うには申し分ない機能性を備えたスマホは何だろう、と新しいスマホを探している方におすすめしたい機種をご紹介していきます。

最近では、高画質な画面でYouTubeなどの動画を見れたり、インターネット検索もサクサク使えたりするリーズナブルなスマホが出そろっています。自分が必要となる機能を備えた、スマホを見つけてみてくださいね。

安いスマホの選び方

ここからは安いスマホの選び方をご紹介していきます。ポイントは下記。

【1】用途と価格のバランスで選ぶ
【2】CPU性能
【3】カメラ性能
【4】バッテリー
【5】ロックの開錠方法
【6】その他の機能
【7】サイズと重さ

これらを抑えて、自分が使うのにぴったりな1台を探してみてくださいね。一つずつ解説していきます。

【1】用途と価格のバランスで選ぶ

スマホを持っている女性
Pixabayのロゴ
スマホを持っている女性
Pixabayのロゴ

2万円未満のものから、20万円を超えるものまであるスマホ。あまりスマホを触らないにも関わらず、ハイクオリティなスマホを持っていても持て余してしまうので、用途に合った価格帯の商品を選びましょう。

インターネット検索をしたり、メールや電話で連絡を取ったりするだけなら、およそ3万円で購入できるエントリーモデルがおすすめ。LINEやTwitterなどのSNS閲覧もスムーズに行えます。

また、3Dゲームはしないけれど、YouTubeなどの動画を視聴したり、きれいな写真を撮影してSNSにアップしたりする方には、5万円程度で購入できるミドルクラスのスマホがおすすめです。

【2】スムーズに操作できるCPU性能をチェック

CPU
ペイレスイメージズのロゴ
CPU
ペイレスイメージズのロゴ

CPUとは、Central Processing Unitの略で、スマホの頭脳にあたります。性能がよければよいほど、サクサク快適に動きます。一般的に、数値が高いとCPUの性能も高いです。例えば、「Snapdragon 480」と「Snapdragon 680」を比較したときに、後者の方が高性能ということになります。

【3】カメラ性能をチェック

スマホで撮影する人
Pixabayのロゴ
スマホで撮影する人
Pixabayのロゴ

写真をきれいに撮りたいという方であれば、カメラの質に注目しましょう。ポイントはカメラの数と解像度です。標準カメラ以外に、近い距離でも広い写真が撮れる「超広角」や、天体の写真も撮影できる「望遠」を搭載するトリプル・クアッドカメラだと、撮影の幅が広がりますよ。また、高解像度であれば、ディテールまできれいに撮影することができます。

人物や食べ物を主に撮影するなら、ポートレートモードの有無もチェックしましょう。背景がぼやけた印象的な写真を撮ることができます。

夜景やイルミネーションなど、暗所の撮影を考えているなら、夜景モードやナイトモードを搭載したモデルがおすすめ。白飛びやノイズを抑え、きれいに写真に仕上がります。

【4】バッテリーをチェック

 

長時間、充電せずに使うならバッテリー性能は大切なポイントです。おすすめは、バッテリー容量4000mAh以上。動画を見続けたり、ゲームをし続けたりしなければ、一日中持つはずです。

併せてバッテリーの性能もチェックしましょう。メーカーによって、使わないときはスリープ状態に入る省エネモードなどを搭載しているモデルを展開しています。

【5】ロックの開錠方法も確認

指紋認証する人の手
Pixabayのロゴ
指紋認証する人の手
Pixabayのロゴ

スマホを使う上で、画面ロックをして使うのがスタンダード。いちいちパスワードを入力しなくても、開錠できるセキュリティシステムがあるので、チェックしていきましょう。

●顔認証
ディスプレイの上部に備わったインカメラで、顔を認証してロック解除するのがこのシステム。最近では、マスクをしたままでも解除できるタイプも豊富になってきました。

●指紋認証
本体の前面、側面、背面などにセンサーを備えており、指を合わせることでロック解除できます。中でもおすすめは、画面内指紋認証。ディスプレイに指を乗せるだけでOKなので、ストレスなくスマホを使うことができますよ。

【6】その他の機能をチェック

ほかにもいろんな機能性があるので、チェックしていきましょう。ただ、多機能であれば価格も上がっていくので、必要な機能が備わっている機種を選ぶことが大切。

水やチリへの耐久性を示す「防水・防塵性」

防水機能のあるスマホ
Pixabayのロゴ
防水機能のあるスマホ
Pixabayのロゴ

雨の日に電車の乗換案内を確認したり、レシピを検索して調理したり、お風呂に持ち込んで音楽を聴いたりすることがあると思います。また、アウトドアやスポーツ、DIYなどをする機会が多く、砂ぼこりやチリなどを浴びやすいという方も。そんなシーンでスマホを壊さないために、防水性と防塵性をチェックしておきましょう。

主に、「IP〇〇」という表記で性能を確認することができます。○の部分には数字が入り、3桁目は防塵性能、4桁目は防水性能を表します。例えば「IP68」なら、防塵性は6等級、防水性は8等級ということ。水に沈めても大丈夫な防水レベルは、7~8、チリやホコリを浴びても問題ない防塵レベルは5~6です。

キャッシュレス決済を使うなら「おサイフケータイ」

NFC(キャッシュレス決済)
ペイレスイメージズのロゴ
NFC(キャッシュレス決済)
ペイレスイメージズのロゴ

スーパーやコンビニなどで、スマホをピッと機器にかざすだけで決済できる「おサイフケータイ」機能。SuicaやPasmoなどをインストールすれば、スマホだけで電車に乗ることも。

日常生活を快適に過ごすアシストをしてくれる機能なので、チェックしておきましょう。

【7】サイズと重さも大切

ポケットにスマホを入れる男性
ペイレスイメージズのロゴ
ポケットにスマホを入れる男性
ペイレスイメージズのロゴ

大画面であれば文字や映像を見やすいですが、サイズも比例して大きくなります。とにかく大画面で見やすさが重要!という方なら、ワイドなディスプレイを選ぶようにしましょう。

一方、小中学生や女性など手が小さい方でもラクにスマホを使えるのが、小さくて軽量なタイプ。パンツのポケットにも入りやすく、持ち運びしやすいメリットもあります。

どのくらいのサイズと重量がベストかは、人によってさまざまなので、不安な方は一度実機を手に持ってみても!

安いスマホおすすめ9選

ここからはおすすめの安いスマホをご紹介していきます。自分が必要な性能を備えたスマホを探してみてくださいね。

Google(グーグル)『Pixel 6a』

Google(グーグル)『Pixel6a』 Google(グーグル)『Pixel6a』 Google(グーグル)『Pixel6a』 Google(グーグル)『Pixel6a』
出典:Amazon この商品を見るview item

サクサク動くパワフルチップを搭載!

ミドルレンジのスマホながら、チップは上位モデルであるGoogle Pixel 6 Proと一緒のGoogle Tensorを搭載しているのが最大のウリ。アプリの起動や、画像・動画の読み込みも迅速で、サクサク作業できるはずです。

本体サイズは約152×72mm、重さは178gと軽量なので、手の小さい女性や子どもでも手に収まりやすいです。暗所にも強いデュアルカメラを搭載しているのも注目ポイント。撮影した写真に写り込んだ不要な背景を「消しゴムマジック」機能で、サッと消し去ることができるのも便利ですね。

外部ストレージと、イヤホンジャックには対応していませんが、クラウドやワイヤレスイヤホンを使っている方なら問題ないでしょう。

画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ 152.2×71.8×8.9 mm
重量 178 g
バッテリー容量 4410mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP67
カメラ デュアルカメラ(広角、超広角)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 6.1インチ
本体サイズ 152.2×71.8×8.9 mm
重量 178 g
バッテリー容量 4410mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP67
カメラ デュアルカメラ(広角、超広角)
全てを見る全てを見る

OPPO(オッポ)『Reno7 A』

OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』 OPPO(オッポ)『Reno7A』
出典:Amazon この商品を見るview item

普段使いで困らない! あらゆる機能を完備

従来の機種より薄く、軽くなった6.4インチの有機ELディスプレイを搭載した1台。本体のボディは指紋や汚れなどが目立ちにくいマットな質感で、上質なデザインに仕上がっていますよ。

IP68の防水防塵性を備え、お風呂に持ち込んだり、アウトドアで使ったりしても壊れにくい仕様。カメラは広角、超広角、マクロの機能があり、最大約4800万画素で、風景や人物などをきれいに撮影することができます。ただ、暗所ではノイズが出やすいので注意!

指紋&顔認証に対応するほか、おサイフケータイで電車に乗ったり、コンビニ支払いもスマホ1つでOK!

画面サイズ 約6.4インチ
本体サイズ 159.7×73.4×7.6 mm
重量 175 g
バッテリー容量 4500mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.4インチ
本体サイズ 159.7×73.4×7.6 mm
重量 175 g
バッテリー容量 4500mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

Motorola(モトローラ)『moto g52j 5G』

Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』 Motorola(モトローラ)『motog52j5G』
出典:Amazon この商品を見るview item

6.8インチの大画面で、SNSや動画を快適閲覧!

6.8インチの大画面かつ、リフレッシュレートが最大120Hzなので、SNSやYouTubeを快適に見ることができます。3DゲームやVRといった重いデータを扱わない限り、スムーズに使えるはず!

マスク生活でもストレスなくロック解除できる指紋&顔認証に対応しているのも嬉しいポイントです。microSDカードに対応しており、128GBの内蔵ストレージがいっぱいになっても、データを保存可能。

そのほかには、イヤホンジャックを搭載していたり、おサイフケータイに対応していたり、普段使いする分には難なく使えるコスパの良いスマホです!

画面サイズ 6.8インチ
本体サイズ 171×76.8×9.1 mm
重量 206g
バッテリー容量 5000mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 6.8インチ
本体サイズ 171×76.8×9.1 mm
重量 206g
バッテリー容量 5000mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

OPPO(オッポ)『Reno5 A』

OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』 OPPO(オッポ)『Reno5A』
出典:Amazon この商品を見るview item

クアッドカメラで、写真も動画もきれいに撮影!

広角、超広角、モノクロ、マクロのクアッドカメラ機能を持つスマホです。しかも画素数は最大6400万画素で、ハイクオリティな写真を撮ることが可能。暗所でも、AIが周囲の光を認識し、クリアに撮影できますよ。

顔認証に加え、背面に指紋認証を備え、ロックを解除しやすいです。また、SIMとeSIMのデュアルSIMにも対応。仕事用とプライベート用で使い分けているスマホを1台にまとめることができますよ。

画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ
重量 182g
バッテリー容量 4000mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ クアッドカメラ(広角、超広角、モノクロ、マクロ)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ
重量 182g
バッテリー容量 4000mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ クアッドカメラ(広角、超広角、モノクロ、マクロ)
全てを見る全てを見る

Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 11』

Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』 Xiaomi(シャオミ)『RedmiNote11』
出典:Amazon この商品を見るview item

エントリーモデルながら魅力ポイントが豊富!

2万円程度という価格のエントリーモデルながら、5000mAhの大容量バッテリーを備えているのが魅力。リフレッシュレートは90Hz、防水防塵性能はIP53と普段使いには問題ないスペックです。

この価格帯だとモノラルスピーカーが多いですが、ステレオスピーカーを搭載し、立体的な音を堪能できるのもポイント。音楽やラジオを心地よく聴くことができますよ。指紋認証、顔認証の両方に対応しています。

おサイフケータイに対応していないのがデメリットですが、2台目のスマホや、必要最低限の機能でコスパの良いスマホを欲しいという方にぴったりですよ。

画面サイズ 約6.43インチ
本体サイズ 159.87×73.87×8.09 mm
重量 179 g
バッテリー容量 5000mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP53
カメラ クアッドカメラ(広角、超広角、マクロ、深度)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.43インチ
本体サイズ 159.87×73.87×8.09 mm
重量 179 g
バッテリー容量 5000mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP53
カメラ クアッドカメラ(広角、超広角、マクロ、深度)
全てを見る全てを見る

Apple(アップル)『iPhone SE(第3世代)』

Apple(アップル)『iPhoneSE(第3世代)』 Apple(アップル)『iPhoneSE(第3世代)』 Apple(アップル)『iPhoneSE(第3世代)』 Apple(アップル)『iPhoneSE(第3世代)』 Apple(アップル)『iPhoneSE(第3世代)』
出典:Amazon この商品を見るview item

初めてのiPhoneならコレ!

機能性の高いA15 Bionicチップを搭載しつつ、5Gに対応したスマホ。iPhoneを使ってみたいという方にはぜひおすすめしたいモデルです。

シングルカメラながら、複数の写真を合成してきれいな画像に仕上げる画像処理テクノロジー「Deep Fusion」を搭載しているのはメリット。

スマホの背面に磁力でケースなどを装着できるMagSafeは備わっていませんが、ワイヤレス充電や指紋認証には対応しています。小型でリーズナブルなiPhoneを求めるならチェックしてみてくださいね。

画面サイズ 4.7インチ
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g
バッテリー容量 -
内蔵ストレージ 64、128、256GB
防水防塵性 IP67
カメラ シングルカメラ(広角)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 4.7インチ
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g
バッテリー容量 -
内蔵ストレージ 64、128、256GB
防水防塵性 IP67
カメラ シングルカメラ(広角)
全てを見る全てを見る

SONY(ソニー)『Xperia Ace III』

大容量バッテリーと5G対応がキモ!

本体サイズが140×69mmというコンパクトサイズかつ、162gという軽さでありながら、一日使える4500mAhのバッテリー容量を備えたエントリーモデルのスマホです。データ速度の速い5Gにも対応しており、SNSや動画も快適に見ることができますよ。

大きな文字とアイコン表示でスマホ初心者でも迷わずに操作できる「かんたんホーム」も搭載。ディスプレイには、割れにくく、傷にも強い高耐久ガラスを使っているのもポイントです。

背面指紋認証やおサイフケータイに対応し、快適なスマホライフを送れるでしょう。

画面サイズ 約5.5インチ
本体サイズ 約140×69×8.9mm
重量 162g
バッテリー容量 4500mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP68
カメラ シングルカメラ(広角)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約5.5インチ
本体サイズ 約140×69×8.9mm
重量 162g
バッテリー容量 4500mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP68
カメラ シングルカメラ(広角)
全てを見る全てを見る

FUJITSU(富士通)『arrows We』

FUJITSU(富士通)『arrowsWe』 FUJITSU(富士通)『arrowsWe』 FUJITSU(富士通)『arrowsWe』
出典:Amazon この商品を見るview item

独自機能で幅広い層に好相性!

電話やインターネット検索などを中心に利用するライトユーザーには十分な動作レスポンスを備えたエントリーモデル。本体サイズが147×71mmという手に収まりのいいサイズ感で、小中学生のお子さんでも使いやすいですよ。

IP68の防水防塵性と耐衝撃性を備え、ミルスペックに対応しているので、ラフな使い方ができるのも魅力。

また、ブランド独自の機能も豊富で、プライバシーモードや、スマホ初心者でも使いやすいシンプルモード、迷惑電話防止機能、フィッシング詐欺警告機能なども搭載しています。お子さんからお年寄りまで、幅広い層にぴったりの1台ですよ。

画面サイズ 約5.7インチ
本体サイズ 147×71×9.4mm
重量 172g
バッテリー容量 4000mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP68
カメラ デュアルカメラ(広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約5.7インチ
本体サイズ 147×71×9.4mm
重量 172g
バッテリー容量 4000mAh
内蔵ストレージ 64GB
防水防塵性 IP68
カメラ デュアルカメラ(広角、マクロ)
全てを見る全てを見る

SHARP(シャープ)『AQUOS sense6』

SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』 SHARP(シャープ)『AQUOSsense6』
出典:Amazon この商品を見るview item

デザイン賞を受賞した、タフな設計が自慢!

シャープ独自の省エネ機能で、最大1週間も電池が持つ4570mAhのバッテリーを備えたスマホ。見た目の美しさと使いやすい形状が評価され、グッドデザイン賞を受賞しています。

映像のきれいさにこだわっており、繊細な表現を可能にするIGZO OLEDをシリーズ初搭載しています。最大で約4800万画素のカメラ機能で、明るい場所でも薄暗い場所でも少ないノイズで写真を撮ることができるのもメリット。

耐衝撃性や、耐振動性、防水性など、17項目のMIL規格をクリアしており、普段使いからアウトドアシーンまでに十分対応できますよ!

画面サイズ 約6.1インチ
本体サイズ 約152×70×7.9mm
重量 約156g
バッテリー容量 4570mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、標準、望遠)
全てを見る全てを見る

画面サイズ 約6.1インチ
本体サイズ 約152×70×7.9mm
重量 約156g
バッテリー容量 4570mAh
内蔵ストレージ 128GB
防水防塵性 IP68
カメラ トリプルカメラ(広角、標準、望遠)
全てを見る全てを見る

「安いスマホ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Google(グーグル)『Pixel 6a』
OPPO(オッポ)『Reno7 A』
Motorola(モトローラ)『moto g52j 5G』
OPPO(オッポ)『Reno5 A』
Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 11』
Apple(アップル)『iPhone SE(第3世代)』
SONY(ソニー)『Xperia Ace III』
FUJITSU(富士通)『arrows We』
SHARP(シャープ)『AQUOS sense6』
商品名 Google(グーグル)『Pixel 6a』 OPPO(オッポ)『Reno7 A』 Motorola(モトローラ)『moto g52j 5G』 OPPO(オッポ)『Reno5 A』 Xiaomi(シャオミ)『Redmi Note 11』 Apple(アップル)『iPhone SE(第3世代)』 SONY(ソニー)『Xperia Ace III』 FUJITSU(富士通)『arrows We』 SHARP(シャープ)『AQUOS sense6』
商品情報
特徴 サクサク動くパワフルチップを搭載! 普段使いで困らない! あらゆる機能を完備 6.8インチの大画面で、SNSや動画を快適閲覧! クアッドカメラで、写真も動画もきれいに撮影! エントリーモデルながら魅力ポイントが豊富! 初めてのiPhoneならコレ! 大容量バッテリーと5G対応がキモ! 独自機能で幅広い層に好相性! デザイン賞を受賞した、タフな設計が自慢!
画面サイズ 6.1インチ 約6.4インチ 6.8インチ 約6.5インチ 約6.43インチ 4.7インチ 約5.5インチ 約5.7インチ 約6.1インチ
本体サイズ 152.2×71.8×8.9 mm 159.7×73.4×7.6 mm 171×76.8×9.1 mm 159.87×73.87×8.09 mm 138.4×67.3×7.3mm 約140×69×8.9mm 147×71×9.4mm 約152×70×7.9mm
重量 178 g 175 g 206g 182g 179 g 144g 162g 172g 約156g
バッテリー容量 4410mAh 4500mAh 5000mAh 4000mAh 5000mAh - 4500mAh 4000mAh 4570mAh
内蔵ストレージ 128GB 128GB 128GB 128GB 64GB 64、128、256GB 64GB 64GB 128GB
防水防塵性 IP67 IP68 IP68 IP68 IP53 IP67 IP68 IP68 IP68
カメラ デュアルカメラ(広角、超広角) トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ) トリプルカメラ(広角、超広角、マクロ) クアッドカメラ(広角、超広角、モノクロ、マクロ) クアッドカメラ(広角、超広角、マクロ、深度) シングルカメラ(広角) シングルカメラ(広角) デュアルカメラ(広角、マクロ) トリプルカメラ(広角、標準、望遠)
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月14日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする やすいスマホの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのやすいスマホの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:スマートフォン本体ランキング
楽天市場:スマートフォン本体ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

格安SIMで月々のスマホ代もっと安く!

SIM
Pixabayのロゴ
SIM
Pixabayのロゴ

安いスマホ本体を購入したら、月々の通信料金も安く済ませましょう。ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアの半額以下になることも多々あります。

使用する通信データ量によって価格が異なってくるので、自分の使用量に合わせてプランを選ぶことが大切。選び方は下記の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。20GB以上使うヘビーユーザーから、3GB未満で十分なライトユーザーまで、適切なプランがありますよ!

【関連記事】その他の格安スマホをチェック

必要な機能を備えたスマホを手に入れよう

おすすめの安いスマホをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 毎日使うものだからこそ、便利な機能や扱いやすい端末サイズ・重量を考慮に入れて選ぶことが大切です。

ただ、スペックが高くなればなるほど価格が上がっていくので、自分にとって使いやすいスマホを選びましょう。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button