VRヘッドマウントディスプレイおすすめ4選【解像度が高い商品を紹介】

VRヘッドマウントディスプレイおすすめ4選【解像度が高い商品を紹介】
IT・テックライター
石井 英男

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。 ライター歴25年。PC/ITに関するテクノロジーの解説や製品レビューを得意とする。 最近は、STEM教育や3DプリンターやCNCを初めとするデジタルファブリケーションに興味を持ち、積極的に取材や記事執筆を行っている。 また、子どもへのプログラミング教育にも関心があり、CoderDojo守谷のメンターを務めている。

IT・テックライターの石井英男さんへの取材をもとに、VRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)の選び方と、おすすめの製品を紹介します。近年、VR HMDやスマートグラスといったウェアラブル端末の小型化、軽量化が進んでおり、仕事や健康管理、医療などの分野にも用途が拡大していくと考えられ、注目を集めています。VR HMDに対応するアプリは多く、映画館でVR HMDを使って映画鑑賞するサービスなども始まっており、身近なものになりつつあります。重さや接続方法、視野角の違いなどが商品によってさまざまで、どれを選べばいいのか悩みますよね。IT・テックライターの石井英男さんの選び方やおすすめ商品を参考に、自分にあった一台を見つけてください!


VRヘッドマウントディスプレイの選び方 IT・テックライターに聞く!

IT・テックライターの石井 英男さんに、VRヘッドマウントディスプレイを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。ここで紹介する選び方を参考にしながら、自分の使いたいVRヘッドマウントディスプレイを見つけてみてください。

VRヘッドマウントディスプレイをつける人
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

VRヘッドマウントディスプレイがあれば、VRコンテンツを気軽に楽しめるようになります。

解像度とリフレッシュレートをチェック

IT・テックライター

ここでは、PC用と単体で動作するVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)を取り上げます。まずは、表示画面の解像度とリフレッシュレート(書き換え速度)をチェックしましょう。解像度は高ければ高いほど、ドットのアラが目立たず、より快適にVRに没入できます。

目安は1,920×1,080ドット以上のものをおすすめします。リフレッシュレートは、VR酔いと密接な関係があり、高いほど首の向きに遅れずに映像が表示されますので、VR酔いしにくくなります。特に車などに酔いやすい人は、リフレッシュレートが90Hz(1秒間に90回)以上の製品がおすすめです。

高い解像度とリフレッシュレートの製品を選べば、多彩なコンテンツを楽しむことができます。写真はOculusの『Oculus Rift』。

コンテンツプラットフォームを確認

IT・テックライター

VR HMDで使えるゲームなどのVRコンテンツは、「SteamVR」や「Oculus Store」「Windowsストア」といった、コンテンツプラットフォーム経由で配信されています。HMDによって、対応するコンテンツプラットフォームが変わりますので、自分が利用したいVRコンテンツがそのHMDで使えるかを確認するようにしましょう。

トラッキングの自由度も重要

IT・テックライター

トラッキングとは、HMD装着者の顔の向きや3次元空間の中での位置を取得する機能で、3自由度(3DoF)と6自由度(6DoF)に大別できます。

3自由度はヘッドトラッキングとも呼ばれ、頭の向いている方向を取得できるもので、自由に視線を動かすことはできますが、VR空間を自分の足で歩き回ることはできません(手でコントローラーを操作して移動することはできます)。

6自由度はヘッドトラッキング+ポジショントラッキングとも呼ばれ、頭の向きに加えて、HMD装着者の3次元空間内での位置を取得できます。6自由度なら視線移動に加えて、VR空間を自由に歩き回ることができます。VRコンテンツによっては6自由度が必須となります。

HTCの『HTC VIVE』のように6自由度に対応した製品を選べば、空間内を自由に歩くこともできます。

眼鏡をかけたまま利用できるかチェック

IT・テックライター

VR HMDには、眼鏡をかけたままでも装着できるものと、裸眼またはコンタクトにしか対応していないものがあります。眼鏡をかけている人は、眼鏡をかけたままでもHMDを装着できるか、チェックしておきましょう。

それほど強くない近視や遠視なら、HMDの視度調整機能でカバーできる場合もあります。気になる人は、購入前に実際に装着してみることをおすすめします。

おすすめのVRヘッドマウントディスプレイ IT・テックライターが選ぶ!

上で紹介したVRヘッドマウントディスプレイの選び方のポイントをふまえて、IT・テックライターの石井英男さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

高解像度のものなどさまざまな商品を紹介しているので、性能比較をして、自分の使い方にあったものを見つけてみましょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HTC『HTC VIVE』

HTC『HTCVIVE』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 -
解像度 片目あたり1,080 x 1,200ピクセル(合計2,160 x 1,200ピクセル)
リフレッシュレート 90 Hz
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

ポジショントラッキング対応の高級機

Oculus Riftと双璧をなす人気のPC用VR HMDで、こちらも当初の6割くらいの価格になりました。解像度は2,160×1,200ドット、リフレッシュレートは90Hzとスペックも高く、眼鏡をかけたままでも楽に装着できます。トラッキングは6自由度で、VR空間内を自分の足で自由に歩き回れるポジショントラッキングを実現します。

両手に持って操作を行うハンドコントローラーも付属しています。対応コンテンツプラットフォームは、SteamVRです。商業施設でも採用されていますので、信頼性や耐久性についても安心。ゲームだけでなく、さまざまなVRコンテンツを楽しみたいという人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Oculus『Oculus Go』

Oculus『OculusGo』 Oculus『OculusGo』 Oculus『OculusGo』 Oculus『OculusGo』 Oculus『OculusGo』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 -
解像度 2,560 x 1,440ピクセル
リフレッシュレート 60Hz/72Hz
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

PC不要で気軽にVRを楽しめる

PCを使わずに単体利用できるVR HMDで、価格も手頃なことが魅力です。解像度は2,560×1,440ドット、リフレッシュレートは60Hzまたは72Hzです。スペーサーを使うことで、眼鏡をかけたままでの装着が可能。トラッキングは3自由度で、ヘッドトラッキングのみとなります。ハンドコントローラーは片手分のみの付属です。

Gear VR用コンテンツを利用できるほか、Youtube VR、Netflixなどの動画を見ることもできます。スピーカーも内蔵しており、気軽にVRコンテンツを楽しめますので、予算が限られている人や映画などの動画コンテンツを好きな姿勢で見たいという人におすすめの製品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

HTC『HTC VIVE Pro』

HTC『HTCVIVEPro』

出典:Amazon

本体サイズ -
重量 -
解像度 片目あたり1,440 x 1,600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル)
リフレッシュレート 90 Hz
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

プロ向けのハイエンドHMD

HTC VIVEの上位となるハイエンドVR HMDです。解像度は2,880×1,600ドット、リフレッシュレートは90Hzで、精細なVR映像を楽しめます。トラッキングは6自由度で、ポジショントラッキングの範囲もVIVEより広く、最大10×10mとなっています(ベースステーション2.0を4台利用時)。

眼鏡をかけたままでも装着できるほか、ヘッドホンが一体化されているので、装着感も向上しています。VIVEと同じく、両手で操作するハンドコントローラーも付属。対応コンテンツプラットフォームはSteamVRで、数多くのVRコンテンツを利用できます。価格は高価ですが、最高のVR体験を得たいという人におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

日本エイサー『Windows MRヘッドセット Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット 』

日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』 日本エイサー『WindowsMRヘッドセットAcerWindowsMixedRealityヘッドセット』

出典:Amazon

本体サイズ W195.8×H143.4×D384.2mm
重量 0.44kg
解像度 2,880×1,440ピクセル
リフレッシュレート 90Hz
Thumb lg 16e6f85c b803 4a45 8fff 2f0f3f3a13e4

IT・テックライター

Windows MR対応の注目製品

マイクロソフトが提唱するWindows Mixed Reality対応のPC用VR HMDです。解像度は2,880×1,440ドットで、リフレッシュレートは90Hzとなっています。トラッキングは6自由度で、インサイドアウト式カメラにより、外部にセンサーを設置せずにポジショントラッキングが可能なことが特長です。両手で操作するモーションコントローラーも付属しています。

対応コンテンツプラットフォームは、WindowsストアとSteamVRで、SteamVRの全てのコンテンツが利用できるわけではありませんが、対応コンテンツも徐々に増加しています。気軽にVR空間の散歩を楽しみたい人におすすめです。

「VRヘッドマウントディスプレイ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
HTC『HTC VIVE』
Oculus『Oculus Go』
HTC『HTC VIVE Pro』
日本エイサー『Windows MRヘッドセット Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット 』
商品名 HTC『HTC VIVE』 Oculus『Oculus Go』 HTC『HTC VIVE Pro』 日本エイサー『Windows MRヘッドセット Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット 』
商品情報
特徴 ポジショントラッキング対応の高級機 PC不要で気軽にVRを楽しめる プロ向けのハイエンドHMD Windows MR対応の注目製品
本体サイズ - - - W195.8×H143.4×D384.2mm
重量 - - - 0.44kg
解像度 片目あたり1,080 x 1,200ピクセル(合計2,160 x 1,200ピクセル) 2,560 x 1,440ピクセル 片目あたり1,440 x 1,600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル) 2,880×1,440ピクセル
リフレッシュレート 90 Hz 60Hz/72Hz 90 Hz 90Hz
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年2月6日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする VRヘッドマウントディスプレイの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのVRヘッドマウントディスプレイの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:VRゴーグルランキング
楽天市場:VRゴーグルランキング
Yahoo!ショッピング:VRゴーグルランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

PC用VR HMDはPCのスペックにも注意! IT・テックライターからのアドバイス

IT・テックライター

HTC VIVEやOculus RiftなどのPCに接続して使うVR HMDは、PCのスペックにも注意が必要です。画面表示を高速化する単体GPU(Graphics Processing Unit)を搭載していない一般的なノートPCでは、3D描画性能が低いので、VR HMDを利用することはできません。

VR HMDによって、推奨スペックは多少変わりますが、高性能な単体GPUとCPUを搭載したゲーミングノートPCや、ゲーミングデスクトップPCが必要となります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/2/6 一部修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


スマホ用VRヘッドセットおすすめ5選【VR動画やゲーム向きの商品も紹介】

スマホ用VRヘッドセットおすすめ5選【VR動画やゲーム向きの商品も紹介】

IT・テックライターの石井英男さんに、スマホ用VRヘッドセットの選び方のポイントやおすすめ製品を取材しました。VR(バーチャル・リアリティ)とは仮想現実のことですが、これまで一般的だった3Dとは違って、360度の立体的な仮想世界をリアルに体験できるようになりました。最近では、リコー『RICOH THETA』で撮影した360度動画、DMM.comのVR動画、YouTube VRなど、誰でも気軽に体験できるスマホ用のVRコンテンツも人気です。また、VRで映画を見れるサービスも登場しており、今後も新たな使い道が増えるかもしれません。本記事のスマホ用VRヘッドセットのおすすめ商品や選び方を参考に、ご自身にぴったりな商品を探してみましょう。


Razer【ヘッドセット】おすすめ商品5選|オーバーヘッド/イヤホン/ネックバンド

Razer【ヘッドセット】おすすめ商品5選|オーバーヘッド/イヤホン/ネックバンド

ITライターが選ぶRazerヘッドセットおすすめ商品5選をご紹介します。オンラインゲームの人気とともにヘッドセットをつけてボイスチャットを楽しみながらゲームをする人も増えてきています。そこで、ゲーマーからも評価の高いゲーミングデバイスメーカー「Razer」のヘッドセットについて、ITライターの海老原 昭さんにお話をうかがいました。選び方のポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にして快適なゲーミング環境を整えてみてください。最後に各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【2020年版】リキッドファンデーション|プロのおすすめ5選と人気ランキング25選

【2020年版】リキッドファンデーション|プロのおすすめ5選と人気ランキング25選

ファッション誌や美容雑誌でプロのヘアメイクとして活躍する西 亜莉奈さんに、リキッドファンデーションを選ぶときに気をつけたいポイントと、とっておきのおすすめアイテムを教えてもらいました! さらにアンケート調査をもとに、434人のリキッドファンデーションの人気ランキングベスト25を発表! リアルな感想や口コミを参考に、自分にぴったりのリキッドファンデーションを探してくださいね。20代、30代、40代の世代別、肌タイプ別の人気ランキングもわかりますよ! そして、お待たせしました、2020年5月、春夏のトレンドと新作情報を追加しています!


CPUクーラーのおすすめ13選|空冷・水冷式、ノイズレベルなど性能で選ぶ!

CPUクーラーのおすすめ13選|空冷・水冷式、ノイズレベルなど性能で選ぶ!

CPUを冷やすためのパーツCPUクーラー。パソコンの頭脳であるCPUは、発熱量が多いため、冷却する必要があります。本記事では、ITサポートエンジニアの古賀竜一さんと編集部が選ぶCPUクーラーの選び方とおすすめモデル13選をご紹介していきます。冷却性能や静音性などを参考にして選んでみてください。


【2020年版】おすすめ人気パウダーファンデーション29選|メイクのプロと434人の厳選ランキング

【2020年版】おすすめ人気パウダーファンデーション29選|メイクのプロと434人の厳選ランキング

ファッション誌や美容雑誌でプロのヘアメイクとして活躍する西 亜莉奈さんに、パウダーファンデーションを選ぶときに気をつけたいポイントと、おすすめ商品を教えてもらいました! さらにアンケート調査をもとに、20~40代の女性434人のパウダーファンデーションの人気ランキングを発表! CHANEL(シャネル)、Dior(ディオール)といった憧れのデパコスから、お馴染みのプチプラコスメまで、プロのおすすめと実際に使った人のリアルな感想や口コミを参考に、自分にぴったりのパウダーファンデーションを探してくださいね。20代、30代、40代の世代別の人気もわかりますよ! 2020年5月、今年のトレンドと新作アイテムの情報をプラスしています。


新着記事


外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装会社一括検索サイトおすすめ7選|ぴったりな会社からお見積りまですべておまかせ

外壁塗装は、施工を依頼する会社によって工事費が大幅に異なります。しかも、仕上がり具合もまちまちであるため、どこの塗装会社に依頼していいのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今注目されているのが、外壁塗装会社一括検索サイトです。このサイトを活用することで、条件にぴったりマッチした優良な塗装会社を選択することができるのです。建築基準適合判定資格者の切塗よしをさんの解説とともに、外壁塗装会社一括検索サイトをご紹介します。


デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

デーツのおすすめ11選|食べやすい粒タイプや料理に使えるペーストタイプなど!

日本ではあまりなじみのないデーツですが、世界ではメジャーなフルーツとして多くの人に食べられています。栄養価が高く強い甘みとクセになる味わいが特徴。ここでは、フードスタイリストの江口恵子さんと編集部で、デーツの選び方とおすすめのデーツをご紹介します。


スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

スムージーシェイカーおすすめ12選|使いやすいシェイカーで【ダイエットにも】

毎日の健康をサポートするためにスムージーを飲む人が増えています。粉末タイプは溶けにくかったりしますが、そんなときに便利なのがスムージーシェイカー。ミキサーボール付きの便利な商品などもありますので、用途やシーンに合わせて選んでください。この記事では、管理栄養士の横川仁美さんと編集部が、スムージーシェイカーの選び方とおすすめ12選をご紹介します。


ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

ボールプールおすすめ12選|子どもが喜ぶ多彩な遊び方【安心して遊べる】

休園中や自宅待機などで外遊びができないと体力が有り余ってしまい、生活リズムが崩れてしまう場合も。そんなとき、子ども向けの遊具施設などにあるボールプールが自宅にあれば、体を動かして遊ぶことができます。商品によってサイズや仕様が異なるため、自宅に置けるものやどのように遊ばせるかで選ぶのが重要です。この記事では、保育士・武田優希さんと編集部でボールプールの選び方とおすすめ12商品を紹介します。


花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉対策メガネのおすすめ商品12選|紫外線カット・曇り止めなど

花粉が飛ぶシーズンになると悩まされるのが花粉性結膜炎。ゴロゴロとした不快な異物感も症状のひとつです。本記事では、花粉対策に役立つメガネの選び方をご紹介します。医療ライターの宮座美帆さんからのアドバイスと編集部が選んだおすすめ商品12選もチェックしていきましょう。


人気の記事


>>総合ランキングを見る