【現役ロードレーサーが選ぶ】ロードバイク用ライトおすすめ6選+10選|明るい、機能面で優れた商品を紹介!

【現役ロードレーサーが選ぶ】ロードバイク用ライトおすすめ6選+10選|明るい、機能面で優れた商品を紹介!

自転車ライター:浅野 真則
自転車ライター
浅野 真則

自転車専門誌やウェブサイトなどで活動する自転車専門のライター。 ロードバイクやサイクルパーツ、サイクルアパレル、自転車用デジタルデバイスなどのインプレッション記事、トレーニング系の記事、ロングライドの実走レポートなどを得意とする。 執筆活動の傍ら、Jエリートツアーの選手としてロードレースやタイムトライアル、ヒルクライムなど幅広いレースに参戦。 自転車版の耐久レース・エンデューロも好きでよく出場している。

ロードバイクについて詳しい浅野真則さんがおすすめするロードバイク用ライトの選び方や、ロードバイク乗りの方たちに人気の商品を紹介します。浅野真則さんは、ロードバイクやロード系パーツをはじめとした自転車関係のあらゆるデバイス・ウェアに関するレビュー記事などを幅広く執筆しています。ライター業のかたわら、実業団エリートツアーの選手としても活躍中です。キャットアイ、ノグ、レザイン、ガーミンなど注目の商品を紹介。ショッピングサイトの売れ筋ランキングも参考にしてください。


ロードバイク用ライトの選び方|現役ロードレーサーに聞いた!

実業団エリートツアーの選手としても活躍している、自転車ライターの浅野真則さんに、ロードバイク用のライトを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

夕日の中をロードバイクで走るロードレーサー
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ロードバイクライトは、視界面でも安全面でもロードバイクを乗る上で欠かせないアイテムです。

暗い夜道ならば300ルーメン以上のライトを装着

自転車ライター

自転車は、道路交通法上は軽車両として扱われます。ライトは自転車への装着が義務づけられていませんが、夜間の走行およびトンネル内のような見通しが悪い道路を通行するときには必ずライトを点灯しなければなりませんので、実質的にライトの装着が必須となります。

ヘッドライト(前方を照らすライト)は10m先のものがはっきり見えるよう明るく照らすことができるもので、光の色は白か淡黄色でないといけません。また、メインのライトは点滅ではなく、必ず点灯させる必要があります。

ライトのカタログには、点灯モードの種類とともに、モードごとのルーメンやカンデラ(明るさを表す数値)が記されています。ルーメンは光源から出る全体の光の強さ、カンデラは一定方向への光の強さを示しますが、どちらも数字が大きい方が明るいです。都心部など、夜でも比較的明るい場所なら100~200ルーメン程度のライトでもじゅうぶんですが、街灯が少ない暗めの場所を走るのなら300~400ルーメン以上のライトを装着しておくことが望ましいです。

CAT EYE(キャットアイ)『ボルト800』

小型で、充電池式の最大800ルーメンが特徴の自転車ライト。一回の充電で2時間使えるところもポイント。

>> Amazonで詳細を見る

ロードバイク用ならば電池式のライトを選ぶ

自転車ライター

自転車につけるライトの稼働時間は、内蔵している電池の容量とライトの明るさによって決まります。軽快車(いわゆるママチャリ)でよく見られる、走りながら点灯に必要な電源が供給できるダイナモ式は、半永久的に点灯できます。ただ、稼働に負荷がかかるうえに速度で光量が増減するので、ロードバイクには不向きです。ロードバイク用としては電池式のライトを選択しましょう。

たとえ明るいライトでも、バッテリーの持ちがじゅうぶんでないと使うには心許ないですし、長時間稼働しても明るさが足りなければ、あまり意味がありません。

基本的には、明るく長時間照らし続けられるライトが安心ですが、光量と電池容量がともに大きいライトは本体のサイズ・重量が大きくなる傾向にあります。やみくもにハイスペックのライトを選ぶのではなく、どのぐらいの明るさが必要で、どのぐらいの時間ライトを付けながら乗る必要があるのかによって自分に合ったライトを決めるといいでしょう。

充電式バッテリーか乾電池式タイプか

自転車ライター

電池式の自転車用のライトは、充電池を内蔵しているタイプと乾電池式のものがあります。充電池を内蔵しているものは、乾電池式と比べてライトがとても明るいのが特徴です。

充電時はUSB接続で充電するものが多いですが、外出先で電池が切れてしまうと基本的に充電することができません。モバイルバッテリーなどで充電は可能ですが、充電に時間がかかるのが難点です。また、バッテリーが劣化してきた場合には、基本的にライトを買い換える必要があります。なお、一部の製品ではバッテリーがカートリッジ式になっているものもあり、予備のバッテリーを携行すれば外出先でも入れ替えることができるので、夜間に長時間走る必要がある人にはおすすめです。

一方、乾電池式のものは、電池が切れてもコンビニなどで電池を購入するか、あらかじめ予備の乾電池を用意しておけばいいので安心です。バッテリー交換さえすれば、すぐに使えるようになるのが乾電池式の強みです。しかし、充電池内蔵式のものと比べるとライトの明るさでは劣りますし、サイズや重量が大きくなりやすいという欠点があります。

ロードバイク用ライトを選ぶならここもチェック

長距離のロードバイクライドならライトの軽さも重要

夕暮れを走るロードレーサー
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ロードバイクライトを選ぶときは、光量、稼働時間、サイズ、重量を総合的に見て判断しましょう。

ロードバイク用ライトの軽さもあなどれない?

ライトの軽さだけを変えても全体重量に対して大きな変化はありませんが、ロードバイクで長距離を走る場合はできるだけパーツの重さを減らして、身体への負担を減らしたいもの。軽くてコンパクトなライトは取り回しもよくて扱いやすい半面、光量や稼働時間が物足りなく感じるかもしれません。光量、稼働時間、サイズと重量を総合的に見ることが重要です。

ロードバイク用ライト6選|現役ロードレーサーのおすすめ

上の選び方を参考に、実業団エリートツアーの選手としても活躍している、自転車ライターの浅野真則さんおすすめのロードバイク用のライトを6つ紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAT EYE(キャットアイ)『シンク コア』

出典:楽天市場

光量/使用時間
500ルーメン/約2時間
充電時間
約3~6時間
電池方式
USB充電
重量
94g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

セーフティライトと同期可能なヘッドライト

キャットアイの2019モデルです。最大500ルーメンで2時間連続点灯が可能なヘッドライトの『シンク コア』に、別売のテールライト『シンク キネティック』や、セーフティライト『シンク ウェアラブル』をペアリングさせると、『シンク コア』のスイッチを入れるだけでほかのライトも自動的に点灯させることができます。

ライトのペアリングは専用のスマートフォンアプリで行ないますが、このアプリを使うと各ライトのバッテリーの残量もひと目でわかるという、一歩進んだライトシステムとなっています。ハンドルの太さに関わらず素早く確実に固定できる別売のライト専用の台座『フレックスタイトブラケット』は、ほかのモデルとも共用できるので便利です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAT EYE(キャットアイ)『ボルト800』

出典:Amazon

光量/使用時間
800ルーメン/約2時間
充電時間
約5~9時間
電池方式
USB充電
重量
140g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

小型軽量ながら最大800ルーメンのパワフルさ

最大800ルーメンのハイパワーな充電池式のLEDライトで、点灯時間は800ルーメンで2時間とじゅうぶんです。カードリッジ式のバッテリーを採用し、予備バッテリーを購入して携行すれば、出先で電池切れになっても交換できます。バッテリーは『ボルト400』など、同社のほかのモデルとも共用可能。さらに、バッテリーが劣化してもバッテリーだけを交換できるので、ランニングコストも安く、長く使えるのも魅力です。

ハンドルの太さに関わらず素早く確実に固定できる別売のライト専用の台座『フレックスタイトブラケット』は、『シンク コア』同様、ほかのモデルとも共用できるので便利です。

KNOG(ノグ)『PWR ROAD』

出典:Amazon

光量/使用時間
600ルーメン/約2.3時間
充電時間
3.5時間(PWRバンク)
電池方式
USB充電
重量
125g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

ライトとバッテリーを自由に組み合わせて使える

ノグが2019年モデルで発表したライトのニューモデル『PWR』シリーズは、ライトのヘッド部分と「パワーバンク」と呼ばれるバッテリー部分を自在に組み合わせて使えるモジュラー方式を採用しているのが特徴です。「パワーバンク」はモバイルバッテリーとして使うこともでき、スマートフォンやサイクルコンピューターの充電も可能なほか、ランタンやスピーカーの電源としても使えます。

この製品は、600ルーメンのLEDヘッドライトと3350mAhの「パワーバンク」をセットにしたモデルで、ヘッド部分は進行方向をワイドに照射する独自の楕円ビームのレンズパターンを採用しているため、ナイトライドも安心です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LEZYNE(レザイン)『マクロドライブ 1100XL リモートキット』

出典:Amazon

光量/使用時間
650ルーメン/約2.5時間
充電時間
約4時間
電池方式
USB充電
重量
195g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

リモートスイッチで手元操作が可能

レザインのハイパワーLEDライト『マクロ ドライブ1100XL』にリモートスイッチ対応モデルが登場しました。リモートスイッチを本体後ろのコネクターに接続すると、手元のスイッチでライトの操作が可能になります。

ベースとなる『マクロ ドライブ 1100XL』は、650ルーメンで2.5時間、450ルーメンで4.5時間の連続点灯が可能ですが、重量も軽く、ロードバイクに装着しても違和感がありません。シリコンバンドで簡単に取り付け・取り外しが可能なので、コンビニ休憩時などに簡単に外せるのも良い点です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

GARMIN(ガーミン)『バリア UT800』

出典:Amazon

光量/使用時間
800ルーメン/約1.5時間
充電時間
約4時間
電池方式
USB充電
重量
130g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

明るさを自動調節するスマートライト

周囲の明るさに応じて日中はデイフラッシュ、暗い場所に行くとライトが自動点灯するなど、ライトの点灯モードや明るさが自動調節できるスマートライトです。

スマートライトとして使うには、別売の『サイクルコンピューター・エッジ』シリーズの対応モデルとペアリングしなければなりませんが、ライト単体で使うことも可能です。『バリア UT800』は最大800ルーメンで1.5時間の連続点灯が可能なハイパワーLEDライトでもあります。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

CAT EYE(キャットアイ)『アーバン』

出典:楽天市場

光量/使用時間
400カンデラ/約10時間
充電時間
-
電池方式
単3形アルカリ乾電池2本
重量
78g
Thumb lg 16aa25fe 01d6 486c 8689 42efcb8d80d5
自転車ライター

乾電池式で小型、しかも明るい

小型軽量で手軽に使える乾電池式ヘッドライトです。電源は単3形アルカリ乾電池2本なので、もし走行中に電池が切れてしまっても、コンビニなどで容易に代わりの電池が手に入るのが魅力。

800カンデラと従来のモデルと比べて明るさが2倍になっているのも特徴で、明るさが400カンデラになるまで10時間の連続点灯を可能とし、点滅モードなら最大250時間稼働できます。

街灯で比較的明るい都心部を走る際のメインライトとしてだけでなく、ハイパワーライトのサブライトとして活用するのもおすすめです。別売の専用台座『フレックスタイトブラケット』対応モデルです。

ロードバイク用ライトは安全のために|現役ロードレーサーのアドバイス

自転車ライター

アクティブセーフティ(事故を未然に防ぐ予防安全)の観点から、夜間だけでなく、ライトを日中も点灯させてドライバーや歩行者からの被視認性を高めるデイライトの重要性も指摘されています。

また、被視認性という観点からはライトは明るいほうが有効です。自転車のライトというとコンパクトさや軽さだけで選んでしまいがちですが、安全のためにしっかりと明るく照らすことができるものを選びましょう。

機能充実! ルーメン別にロードバイク用ライト10選をさらにご紹介

いろいろ比べて選びたい方のために、ルーメンの大きい順に商品をご紹介していきます。

INVAVO『自転車ライト 1200ルーメン』

出典:Amazon

光量/使用時間
1200ルーメン/3~6時間
充電時間
2~3時間
電池方式
USB充電式
重量
120g

夜道でも安心の1200ルーメンの自転車ライト

シンプルなデザインの自転車ライトです。1200ルーメンといういう光量で、暗い道でも100m先まで照らしてくれます。防水性もあるので、急な雨の日でもストレスなく使用可能です。

パワフルながら強モードで3時間、弱モードで6時間と持続性も充分。バッテリー残量が少なくなってくると表示ですぐに分かるのもうれしいポイントです。

STREET CAT『自転車ライト』

出典:Amazon

光量/使用時間
1000ルーメン/5-6時間
充電時間
約5時間
電池方式
USB充電
重量
-

大容量リチウム電池搭載で1000ルーメン5時間!

おもな光源が水平以下に集まるため、まぶしくて対向車や歩行者に迷惑をかける心配がありません。点灯モードも、ハイ・ミドル・ロー・点滅があり、用途や条件に合わせて使い分けも可能です。

防水ヘッドライトなので、雨天時にも安心。高品質2600mAhリチウムイオン電池を採用し、USB充電式バッテリーで充電することで繰り返し使用することができます。

Gyue『自転車ライト』

出典:楽天市場

光量/使用時間
1000ルーメン/約3.5~6時間
充電時間
約4~5.5時間
電池方式
USB充電
重量
約260g

ボタンスイッチタイプの1000ルーメンライト

防水防塵仕様で、強い雨の日でも安心して使用できます。1000ルーメンの高輝度白色LED電球を搭載し、夜でも明るく安心。ボタンスイッチを採用し、ミスタッチによる誤作動を解消しています。グローブなどをはめたままでもボタン操作が可能。テールライトも付属しています。

ATARAXIA『自転車ライト 800ルーメン』

出典:Amazon

光量/使用時間
800ルーメン/1.3~4.5時間
充電時間
(約)3.5時間
電池方式
USB充電式
重量
-

85度の投影範囲で視野が広がる!夜道も安心走行

オーソドックスなUSB充電タイプの自転車ライトです。5種類のモード切り替えができてストレスのない走行が可能。投影範囲が85度で、対向車や歩行者の視界を邪魔せず、事故を防ぐ設計になっています。

充電式で電池交換が必要ない経済的にもお得な自転車ライトと言えるでしょう。充電時間は3.5時間。見た目にもおしゃれです。

ATARAXIA『自転車ライト 600ルーメン』

出典:Amazon

光量/使用時間
600ルーメン/2.5~6.5時間
充電時間
3.5時間
電池方式
USB充電式
重量
116g

雨の日でも怖くない!防水性に優れた自転車ライト

最大光度は600ルーメンと明るく周囲を照らすことができる自転車ライト。防水設計なので、突然の雨でも問題なく走行できます。

明るさを3段階に調節できることに加え、低速点滅モードやフラッシュモードも搭載。モードによって連蔵使用時間が異なり、低光度モードであれば約5時間の使用が可能です。工具を使わず数秒で取りつけ、取り外しができます。

LIBIQ(リビック)『USB充電式フロントライト 600ルーメン LQ001』

出典:楽天市場

光量/使用時間
600ルーメン/(約)1時間30分~5時間
充電時間
(約)3.5時間
電池方式
USB充電
重量
135g

電池残量がすぐにわかる!インジケーター搭載

USB充電型の自転車ライトです。「ハイ」「ミドル」「ロー」「SOS」の4つのモードを搭載。視野を確保できることはもちろん、あらゆる状況で自分の居場所をしっかりと周囲に知らせることができます。防水仕様で突然の雨でもストレスなく使用できるのもポイントです。

夜間走行にぴったりの600ルーメンで、明るく気軽な自転車走行を実現。インジケーターが搭載されているので3色で電池残量がすぐにわかります。

CAT EYE(キャットアイ)『VOLT400XC』

出典:Amazon

光量/使用時間
100~400ルーメン/2.5~13.5時間
充電時間
6時間
電池方式
USB充電式
重量
95g

電池残量20%以下になればスイッチ点灯でお知らせ

コンパクトな軽量モデルの自転車ライト。脱着がラバーバンドを取りつけるだけなので手軽です。左右に180度の角度を調整できるので、あらゆるシーンで利用可能。

「ハイ」「ロー」「点滅」「デイタイムハイパーコンスタント(常時点灯+点滅)」の4つのモードを備えています。シンプルなデザインもおしゃれな印象です。

LEZYNE(レザイン)『ミニドライブ 400XL』

出典:Amazon

光量/使用時間
15~400ルーメン/1~20時間
充電時間
電池方式
USB充電式
重量
83g

バッテリー残量を確認しやすい長時間駆動のライト

最長で20時間という長時間点灯を可能とする自転車ライトです。電源ボタンのインジケータで常にバッテリー残量を見ることができるので、充電のタイミングを逃すことなく使用できます。

防水性にもすぐれているので、雨の日でも安心して自転車ライフを満喫できます。装着はハンドルに腕時計のようにつけるだけなので、かんたんに使用可能です。

LEZYNE(レザイン)『KTVドライブ・ペア』

出典:Amazon

光量/使用時間
フロント:15~200ルーメン リア:3~10ルーメン/フロント:2~10時間 リア:4.5~12.5時間
充電時間
3時間(フロント・リア共通)
電池方式
USB充電式
重量
フロント:45g リア:47g

最大20時間照射!フロントとリアのペアセット

シリコンボディのデザインが特徴的なLEDライト。回転式マウントを採用しているので、左右に角度を調整できます。

バッテリーは最大で20時間持続。長時間の走行でもバッテリー残量にストレスを感じることがなさそうです。ストラップもシリコン製で着脱がとてもかんたん。フロントライトとリアライトのペアセットです。

mujina『自転車用 USB LEDライト』

出典:Amazon

光量/使用時間
- /4時間
充電時間
約2時間
電池方式
USB充電
重量
85g

着脱簡単な耐水性ライト

簡単に着脱できて盗難の心配がないマウントタイプです。耐水性のため、外出先での急な天候の変化にも対応でき、低価格帯ながら機能性のある自転車用ライトです。4段階に調節可能な取付用の専用バンド、コンパクトなminiUSBケーブルも付属しています。

一覧表でおすすめ商品を比較する

画像

CAT EYE(キャットアイ)『シンク コア』
CAT EYE(キャットアイ)『ボルト800』
KNOG(ノグ)『PWR ROAD』
LEZYNE(レザイン)『マクロドライブ 1100XL リモートキット』
GARMIN(ガーミン)『バリア UT800』
CAT EYE(キャットアイ)『アーバン』
INVAVO『自転車ライト 1200ルーメン』
STREET CAT『自転車ライト』
Gyue『自転車ライト』
ATARAXIA『自転車ライト 800ルーメン』
ATARAXIA『自転車ライト 600ルーメン』
LIBIQ(リビック)『USB充電式フロントライト 600ルーメン LQ001』
CAT EYE(キャットアイ)『VOLT400XC』
LEZYNE(レザイン)『ミニドライブ 400XL』
LEZYNE(レザイン)『KTVドライブ・ペア』
mujina『自転車用 USB LEDライト』

商品

CAT EYE(キャットアイ)『シンク コア』 CAT EYE(キャットアイ)『ボルト800』 KNOG(ノグ)『PWR ROAD』 LEZYNE(レザイン)『マクロドライブ 1100XL リモートキット』 GARMIN(ガーミン)『バリア UT800』 CAT EYE(キャットアイ)『アーバン』 INVAVO『自転車ライト 1200ルーメン』 STREET CAT『自転車ライト』 Gyue『自転車ライト』 ATARAXIA『自転車ライト 800ルーメン』 ATARAXIA『自転車ライト 600ルーメン』 LIBIQ(リビック)『USB充電式フロントライト 600ルーメン LQ001』 CAT EYE(キャットアイ)『VOLT400XC』 LEZYNE(レザイン)『ミニドライブ 400XL』 LEZYNE(レザイン)『KTVドライブ・ペア』 mujina『自転車用 USB LEDライト』

特徴

セーフティライトと同期可能なヘッドライト 小型軽量ながら最大800ルーメンのパワフルさ ライトとバッテリーを自由に組み合わせて使える リモートスイッチで手元操作が可能 明るさを自動調節するスマートライト 乾電池式で小型、しかも明るい 夜道でも安心の1200ルーメンの自転車ライト 大容量リチウム電池搭載で1000ルーメン5時間! ボタンスイッチタイプの1000ルーメンライト 85度の投影範囲で視野が広がる!夜道も安心走行 雨の日でも怖くない!防水性に優れた自転車ライト 電池残量がすぐにわかる!インジケーター搭載 電池残量20%以下になればスイッチ点灯でお知らせ バッテリー残量を確認しやすい長時間駆動のライト 最大20時間照射!フロントとリアのペアセット 着脱簡単な耐水性ライト

価格

楽天市場 : ¥ 8,545
Yahoo!ショッピング : ¥ 8,545
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,849
楽天市場 : ¥ 12,298
Yahoo!ショッピング : ¥ 12,298
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 10,584
楽天市場 : ¥ 10,584
Yahoo!ショッピング : ¥ 15,149
※各社通販サイトの 2019年2月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 13,500
※各社通販サイトの 2019年2月27日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 21,384
楽天市場 : ¥ 20,350
Yahoo!ショッピング : ¥ 19,602
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 2,244
Yahoo!ショッピング : ¥ 1,658
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 2,150
Yahoo!ショッピング : ¥ 2,709
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 9,999
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 6,980
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,402
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 3,400
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,903
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,600
Yahoo!ショッピング : ¥ 3,160
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
楽天市場 : ¥ 5,390
Yahoo!ショッピング : ¥ 5,390
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,050
楽天市場 : ¥ 4,227
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,227
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 4,389
楽天市場 : ¥ 4,389
Yahoo!ショッピング : ¥ 4,389
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 6,028
楽天市場 : ¥ 6,028
Yahoo!ショッピング : ¥ 6,028
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格
Amazon : ¥ 1,480
楽天市場 : ¥ 1,923
※各社通販サイトの 2019年10月15日時点 での税込価格

光量/使用時間

500ルーメン/約2時間 800ルーメン/約2時間 600ルーメン/約2.3時間 650ルーメン/約2.5時間 800ルーメン/約1.5時間 400カンデラ/約10時間 1200ルーメン/3~6時間 1000ルーメン/5-6時間 1000ルーメン/約3.5~6時間 800ルーメン/1.3~4.5時間 600ルーメン/2.5~6.5時間 600ルーメン/(約)1時間30分~5時間 100~400ルーメン/2.5~13.5時間 15~400ルーメン/1~20時間 フロント:15~200ルーメン リア:3~10ルーメン/フロント:2~10時間 リア:4.5~12.5時間 - /4時間

充電時間

約3~6時間 約5~9時間 3.5時間(PWRバンク) 約4時間 約4時間 - 2~3時間 約5時間 約4~5.5時間 (約)3.5時間 3.5時間 (約)3.5時間 6時間 3時間(フロント・リア共通) 約2時間

電池方式

USB充電 USB充電 USB充電 USB充電 USB充電 単3形アルカリ乾電池2本 USB充電式 USB充電 USB充電 USB充電式 USB充電式 USB充電 USB充電式 USB充電式 USB充電式 USB充電

重量

94g 140g 125g 195g 130g 78g 120g - 約260g - 116g 135g 95g 83g フロント:45g リア:47g 85g

商品情報

通販サイトのロードバイク用ライトのランキングを参考にする

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのロードバイク用ライトの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:自転車用ライトランキング
楽天市場:ライト・ランプランキング
Yahoo!ショッピング:自転車 ライトランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのロードバイクのおすすめ商品はこちら

ロードバイク用ライトについて8つのポイントをおさらい

1)都心部など夜でも明るい場所なら100~200ルーメン程度
2)暗い夜道なら300ルーメン以上
3)電池式のライトを選ぶ
4)ダイナモ式は速度で光量が増減するため不向き
5)充電池内蔵式はとても明るいが、出先で電池が切れてしまうと基本的に充電できない
6)乾電池式は簡単に電池を購入できるが、サイズや重量が大きく充電池内蔵式に比べ明るさは劣る
7)やみくもにハイスペックのライトにするのではなく、自分の用途に合ったライトを選ぶ
8)ライトは明るいほうが安全のためにも有効

ロードバイク用のライトは周囲のことも考えて選ぼう

テールライトもつけて、昼間も点灯すると安心

ロードバイクや自転車も、扱いは車と同じ「車両」です。歩行者や周囲のことを考え、前方だけでなく、後方のテールライトもつけて昼間でも点灯するように心がければ周囲も認識できて安心です。天候や服装、周囲の状況によっては昼間でも視認されにくいことがありますので、とくに車道で高速走行をする場合は、安全のためにも点滅ライトなどをつけたほうが安心です。

人通りの多い場所では明るさの調節を

街灯がないような真っ暗な道では最低でも300~400ルーメン程度の明るさ、歩行者が歩いている夜道では200ルーメンまでの明るさが好まれます。

基本的に、ほとんどのライトの光量は調節できます。ハイスペックのライトを使ってはいけないということでありませんが、歩行者が多く、街灯もあってそれほど暗くない道では、意識的にライトの明るさを調節することが歩行者に対する思いやりであり、マナーだといえるでしょう。

まずは安全のために、しっかり明るく照らせるものを

ロードバイク用のライトは利便性や見た目の前に、安全のためのものであることを再度認識しましょう。電池の方式や光量の大きさ、防水防塵性、取りつけのしやすさ、他のライトとの連携など、さまざまな違いがあります。実際にロードバイクで使用するイメージに合わせて、商品を選んでみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2019/10/24 コンテンツ追加のため、記事を更新しました(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

【スポーツライターが解説】自転車テールライトおすすめ6選|夜間でも安全に走行

スポーツライターで、ミラソルデポルテ代表の今 雄飛さんにおすすめ6選と選び方を教えてもらいました。自転車のテールライトは、クルマからの視認性を高めるために必要な装備のひとつです。しかし自転車を、通勤だけに使用する、遠出をするなど用途によって、最適なテールライトは変わってきます。どのような点に注意して選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、ぴったりなテールライトを見つけてください。売れ筋ランキングも掲載しています。


【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

【輪行袋おすすめ4選!】自転車ジャーナリストに聞いた|飛行機も電車移動も

電車などを使って自転車を手荷物として運ぶ輪行。いつもの場所とは違った景色のなかを走るのは楽しいものですが、輪行の規則に適した商品を選ばなければ、思わぬトラブルに発展することもあるので注意が必要です。本記事では自転車ジャーナリストの菊地武洋さんにおうかがいした輪行袋の選び方とおすすめ商品を紹介します。プロの選び方を参考に、安全で快適な輪行を実現させましょう。


【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

【自転車チェーンオイル】おすすめ商品6選|自転車ライターが選び方のコツを解説!

自転車ライターが選ぶ自転車チェーンオイル6選をご紹介します。自転車を長く愛用するためには、チェーンのメンテナンスが大切です。しかし、走るときの天候のほか、リキッドタイプやスプレータイプなどチェックするべきポイントが多く、どのように選べばいいか悩んでしまいます。本記事では、数ある自転車チェーンオイルの中から厳選した商品と選び方のポイントを、自転車ライターの浅野真則さんに解説していただきます。また、最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


シュアファイアのライト5選【キャンプライターおすすめ】圧倒的光量と高い信頼性!

シュアファイアのライト5選【キャンプライターおすすめ】圧倒的光量と高い信頼性!

世界中の警察や軍に採用され、高い信頼性を実証しているシュアファイア(SUREFIRE)は日本でも人気のライトメーカーです。サバゲーではとくに有名なアイテムなので知っている人も多いと思いますが、安定した大光量や頑丈さはアウトドアで使うのにも向いています。この記事ではキャンプや山歩きなどにぴったりのシュアファイアのライトをキャンプライターの中山一弘さんに紹介してもらいます。


【照明をオシャレに!】シャンデリアおすすめ3選|建築家に取材

【照明をオシャレに!】シャンデリアおすすめ3選|建築家に取材

建築家の岩間誠治さんに聞いた、シャンデリアのおすすめ商品と選び方のポイントを掲載。シャンデリアというと、クリスタルや透明な材質でキラキラとしていたり、豪華な装飾のあるものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしそういったもの以外にも、木でできたぬくもりのあるものや、モダンなデザインなものなどもあるんです。本記事を参考に、自宅のインテリアや雰囲気にあうシャンデリアをみつけてくださいね。最後には各通販サイトのランキングもありますので、ぜひ参考にしてください。


最新の記事


パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーがおすすめ【フィットネスシューズ5選】|ジム通いに必須

パーソナルトレーナーの田子政昌さんに、フィットネスシューズの選び方とおすすめ商品を紹介してもらいました。フィットネスシューズも、そのほかのスポーツシューズに近い構造となっている場合が多いですが、野外の運動シューズを室内で使うと、床に跡が残ってしまったりして迷惑がかかってしまいます。また、動作の際の適切なクッション性も感じることができ安全性も高まるので、やはりジムに通う際はフィットネスシューズを使用した方が無難です。パーソナルトレーナーの田子政昌さんの意見を参考にして、自分に合ったシューズで快適なフィットネスライフを楽しみましょう。


【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

【振動スピーカー】の選び方&おすすめ5選|家電コンシェルジュが商品を厳選!

家電コンシェルジュが選ぶ振動スピーカー5選をご紹介します。机や棚の振動を利用して音を増幅する振動スピーカー。一度使えば、自宅使用だけでなく旅行などにも手放せない存在になるでしょう。しかし、振動スピーカーを販売しているのは日本では無名なメーカーが多いため、選ぶのに困ることも。そこで、家電ライターの松本レイナさんにお話をうかがい、おすすめの選び方から厳選した商品までをご紹介いただきました。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

【名刺スキャナー】の選び方&おすすめ6選|ガジェットレビュアーが商品を厳選!

ガジェットレビュアーが選ぶ名刺スキャナー6選をご紹介します。名刺は捨てることがあまりないので、たまる一方ですよね。名刺スキャナーがあれば、ファイルにまとめる必要はなく、大量の名詞を手軽に管理することが可能です。本記事では、大くのガジェットをレビューしている東雲八雲さんに、名刺スキャナーのおすすめ商品を教えてもらいました。かんたんに使える商品もたくさんありますので、ぜひお気に入りの1台を見つけてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。


【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

【スマートキーケース】のおすすめ商品8選|カージャーナリストが選び方を解説

カージャーナリストが選ぶスマートキーケース8選をご紹介します。スマートキーの持ち運びと保護に役立つスマートキーケースですが、リレーアタック対策が施されているタイプや、防水加工が施されているタイプなど、商品によって機能が異なります。本記事では、スマートキーケースのおすすめ商品と選び方について、カージャーナリストの松村 透さんにお話をうかがいました。各商品の特徴を見比べて、用途に合ったスマートキーケースを選びましょう。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ガジェット・家電ライターおすすめ【ひとり暮らしに最適なアイロン7選】|自宅でシワ取り

ひとり暮らしに必要な家電のひとつ「アイロン」。クリーニング屋さんを使用しない分、おうちでYシャツやブラウスなども安上がりにすみます。ですが、アイロンといっても多くのメーカーが商品展開していて選ぶのが大変ですよね。この記事では、ガジェット・家電ライターとして長年家電をレビューしてきた、渡辺まりかさんに選び方やおすすめ商品についてうかがいました。