PR(アフィリエイト)

ウェッジおすすめ14選|初心者から中級者・上級者向けまで

ウェッジおすすめ14選|初心者から中級者・上級者向けまで
ウェッジおすすめ14選|初心者から中級者・上級者向けまで

◆本記事はプロモーションが含まれています。

ウェッジは、おもに短めの距離のアプローチショットで利用されるゴルフクラブです。アイアンセットに加えて単品でウェッジを追加するゴルファーも増えており、自分にぴったりのモデルを見つけたいところ。

この記事では、スポーツライターのtoyaさんと編集部が選んだ、おすすめ商品や選び方のポイントについて紹介します。テーラーメイドやタイトリストなど人気メーカー・ブランドの商品を中心に、シーンに合ういろんな製品をピックアップしています。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


目次

全てを見る全てを見る

この記事を担当するエキスパート

ゴルフライター
toya
小学生から地元のスポーツ少年団で野球を始め、中学校ではシニアリーグに所属してジャイアンツカップ出場。高校生になり軟式野球部に所属して全国大会優勝という経歴がある。俊足巧打の外野手で核弾頭タイプ。 現在は30歳を過ぎてから始めたゴルフにハマり、ゴルフライターとしてデビューしはや5年。ついに自身のラジオ番組まで持つようになった。 趣味はゴルフに釣り、カメラマンとして撮影を行ったり、コスメコンシェルジュとしてモデルへのメイクも手掛ける。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

ゴルフクラブのウェッジとは(種類と特徴)

 

ウェッジは、ピンまで残りの数が100ヤードやグリーン周りなど、距離が短いアプローチショットに使われることが多いゴルフクラブです。ほかにもフルショットをはじめ、振り幅を小さくしたようなコントロールショットやバンカーからの脱出など、あらゆるシチュエーションで使えるよう設計されているのが特徴。

もともとアイアンセットにウェッジが含まれていましたが、近年はピッチングウェッジまでのセットも増えているため、単品でウェッジを追加購入してセッティングするゴルファーも多くなっています。

ウェッジはボールに接する面(フェース)の角度「ロフト角」で分類され、以下の4種類に分けられます。

PW(ピッチングウェッジ)
AW(アプローチウェッジ)
SW(サンドウェッジ)
LW(ロブウェッジ)


適切な使い分けをすることで、スコアの向上が期待できますよ。

PW(ピッチングウェッジ):ボールを高く上げてグリーン上で止めるのに最適

ウェッジ
Pixabayのロゴ
ウェッジ
Pixabayのロゴ

PWは、アイアンセットに含まれていることが多いです。

PW(ピッチングウェッジ)は、おもにグリーン周辺でボールを高く上げてから転がす、ランニングアプローチに使用されます。アイアンセットにPWまで含まれていることも多く、ロフト角が少なめ(44~47度)に設定されているのが特徴です。

飛距離の目安はロフト角により異なりますが、約100~120ヤードを打つクラブです。アイアンセットのPWのロフト角を目安にしながら、追加するウェッジの角度や本数を検討するといいでしょう。

AW(アプローチウェッジ):グリーン周辺からピッチ&ランが打ちやすい

ウェッジ
Pixabayのロゴ
ウェッジ
Pixabayのロゴ

AWは、ボールが適度に上がるウェッジです。

AW(アプローチウェッジ)は、PWとSWの中間に位置し、飛距離の差を埋めてくれるクラブです。間の距離を補うことから「ギャップウェッジ」とも呼ばれています。

ロフト角により異なりますが、飛距離の目安は90ヤード前後で、ロフト角は約48〜53度。また、グリーン周辺からのアプローチショットに使うと、ボールがほどよく上がるのが特徴。ピッチ&ランが打ちやすくなるでしょう。

SW(サンドウェッジ):バンカーショット向き

バンカーショット
Pixabayのロゴ
バンカーショット
Pixabayのロゴ

SWは、バンカーショットなどで使用されます。

SW(サンドウェッジ)は、バンカーショットに適しています。ほかに、深い芝からのショットや、ボールを高めに上げるロブショットなどに使用されることも。

ロフト角は約55〜58度で、飛距離の目安は80ヤード前後です。バウンス角も大きめに設定されているモデルだと、初心者でも悪条件のラフからのショットを打ちやすいでしょう。

逆にバウンス角が小さい場合は、スピンのきいたバンカーショットや、フェアウェイからのショットに向いています。

LW(ロブウェッジ):ボールを高く上げて、着地時にボールが転がるのを防ぐ

 

60°以上のロフト角を備えているのが、LW(ロブウェッジ)。ボールを高く上げ、スピンをかけやすいです。ボールを着地時にピタッと止めるのに適しています。

また、ラフやフェアウェイなどからふわっとボールを上げるロブショットを打ちたい場面にもぴったり。ボールが転がるのを防ぐので、芝目を読めないシーンでは重宝しますよ。

ウェッジの選び方

 

短距離のアプローチに欠かせないゴルフクラブ「ウェッジ」。上記で解説したとおり、ウェッジにはいくつかの種類があり、適してる場面が異なります。ここからは、ウェッジを選ぶ際のポイントをご紹介します。ポイントは下記の5点。

【1】ソール幅
【2】ロフト角
【3】バウンス角
【4】シャフト
【5】ネック

自分の使い方にぴったりの、ウェッジを選ぶために参考にしてみてくださいね。

【1】ソール幅:広いと打ちやすい。初心者はヘッドが大きいものを

 

まずは、ウェッジのヘッド形状をチェックしてみましょう。ソールの接地面が大きくなるようデザインされているモデルは、インパクト時にヘッドが刺さりにくく、ミスへの寛容性が高くなります。

ソール幅が広いものであれば、ダフリのミスも補いやすくなるのが特徴です。また、ヘッドが大きいモデルはブレにくいのがメリット。

一方、ソールの接地面が小さいほうがよりテクニックを使いやすくなるため、レベルに合わせて選びましょう。

【2】ロフト角:PWを基準に同じ間隔でそろえる

 

アイアンセットにPWまで入っていることが多いため、PWのロフト角を基準にしながら均等にロフト角の間隔を空けて、ウェッジをそろえるといいでしょう。そうすると、飛距離の差が均等になりやすいです。

たとえば、PWのロフト角が44度の場合、50度・56度の6度間隔でウェッジを2本追加したり、48度・52度・56度と4度間隔で取り入れたりしてもいいでしょう。

【3】バウンス角:地面の食い込み具合で決める

 

バウンス角は、シャフト軸を地面と垂直に置いたときに、ヘッドのソール部分にできる角度のことです。

バウンス角が小さいウェッジはダフリやザックリを起こしやすいものの、ソールの出っ張りが少ないため、薄い芝の上や土の地面にあるボールを拾いやすくなります

一方バウンス角が大きいと、インパクト時に滑るようにヘッドが動いて、ダフリやザックリのミスを抑えやすくなります。ただし、ソールの出っ張りが大きいぶん、ソールが地面に触れて弾かれやすく、トップのミスに注意が必要です。

【4】シャフト:アイアンと同じタイプに統一

 

ウェッジのシャフトは、初心者の場合アイアンセットと同じものを選ぶのがベターです。たとえば、カーボンシャフトのPWを使用しているのであれば、ウェッジを追加するときもカーボンシャフトを選びましょう。

そうすれば、アイアンとの重量に統一性を持たせやすくなります。ウェッジが重すぎても軽すぎても、ダフリやトップなどのミスが起こりやすくなるため、適切なシャフトを見つけてください。

【5】ネック:初心者にはグースネックがおすすめ

 

ネックの形状はグースネック、セミグース、ストレートネックの3つがあります。

●グースネック:初心者向け
シャフトの中心線より後ろにフェースが引っ込んでいる形状。そのため、ボールの当たるタイミングが一瞬遅れて、捕えやすいのが特徴です。ザックリやダフリを抑えられるので、バウンス角の大きい方がおすすめ。

●セミグースネック:中級者向け
セミグースはグースネックとストレートネックの中間に位置する形状。グースネックのアイアンを使用している人で、操作性を求める方はセミグース形状を選んでも良いでしょう。

●ストレートネック:上級者向け
シャフトの中心線よりフェースが前に出ている形状。そのため、ボールの下に入れやすく、ボールを上げやすくなっています。また操作性も高いので、プロに多く用いられています。

「ウェッジ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザイン SM9 ウェッジ』
PING(ピン)『グライド4.0 ウェッジ Wグラインド』
PING(ピン)『グライド フォージド プロ ウェッジ』
TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』
TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド 3 ウェッジ』
Callaway(キャロウェイ)『JAWS フルトウ ウェッジ』
Callaway(キャロウェイ)『JAWS ウィメンズ ウェッジ クロム』 
Cleveland Golf(クリーブランドゴルフ)『RTX ジップコア ツアーサテン ウエッジ』
BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2 ウェッジ』
PRGR(プロギア)『R45 ウェッジ』
本間ゴルフ『BERES-W』
FOURTEEN(フォーティーン)『DJ-5 ウェッジ』
KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジ DW-120G』
C3i(シースリーアイ)『ウェッジ  65°』
商品名 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザイン SM9 ウェッジ』 PING(ピン)『グライド4.0 ウェッジ Wグラインド』 PING(ピン)『グライド フォージド プロ ウェッジ』 TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』 TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド 3 ウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWS フルトウ ウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWS ウィメンズ ウェッジ クロム』  Cleveland Golf(クリーブランドゴルフ)『RTX ジップコア ツアーサテン ウエッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2 ウェッジ』 PRGR(プロギア)『R45 ウェッジ』 本間ゴルフ『BERES-W』 FOURTEEN(フォーティーン)『DJ-5 ウェッジ』 KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジ DW-120G』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ 65°』
商品情報
特徴 弾道や安定性を高めたモデル スピン性能を重視したモデル 操作性と打感にすぐれたコンパクトヘッド すぐれたコントロール&スピン性能 やわらかい打感のウェッジ フェースを開いて打つときにぴったり 距離のコントロール性能がいいモデル 初速とスピン量が安定 番手別の肉厚デザインですぐれた性能を実現 かんたんに上げてピンに寄せられる 高い機能とデザイン性を両立 アマチュア向けの扱いやすいウェッジ フェアウェイにも、ラフにも、バンカーにも バンカーやラフからきれいに脱出
ロフト角 48 度 54度/56度/58度/60度 60度 60度 56度 54度 52度 48度 52度 45度 58度 58° 58度 65°
バウンス角 10 度 14度 6度 10度 12度 12度 12度 10度 8度 0.5度 11度 センター8.0/ヒール4.0/トゥ1.0 2度
クラブ重量 約438g -(56 Sグラインド:約454g) 約456g 476g 約451g 約387g 443g 453g 485g 401g 446g 約392g --
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月7日時点 での税込価格

ウェッジのおすすめ14選

ここからは、スポーツライター・toyaさんと編集部が選んだウェッジのおすすめ商品をご紹介します。

エキスパートのおすすめ

Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザイン SM9 ウェッジ』

Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』 Titleist(タイトリスト)『ボーケイデザインSM9ウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

弾道や安定性を高めたモデル

重心と打点位置を合わせることで、飛距離や弾道のコントロール性能を高くしたウェッジです。浅重心になっており、インパクトの安定性がよくなって狙ったとおりのショットを生み出しやすいでしょう。

またロフト角によって溝の幅を変化させているうえ、パラレルミーリングも採用した独自設計によって、すぐれたスピンコントロール性能をかなえています。

ロフト角 48 度
バウンス角 10 度
クラブ重量

ロフト角 48 度
バウンス角 10 度
クラブ重量

PING(ピン)『グライド4.0 ウェッジ Wグラインド』

PING(ピン)『グライド4.0ウェッジWグラインド』 PING(ピン)『グライド4.0ウェッジWグラインド』
出典:Amazon この商品を見るview item

スピン性能を重視したモデル

「グライド」シリーズの第4世代として発売されたモデル。同シリーズは、ソール形状の違いで4タイプを用意しており、その中で一番ソール幅が広く、ダフリにくいのがWグラインドです。

リーディングエッジ付近の溝の改良、フェースの表面仕上げ、溝の間隔と角度の最適化により、ウェッジに求められているスピン性能がさらに進化、グリーンまわりのさまざまなシチュエーションで、しっかり止まるショットを実現

疎水性にすぐれたハイドロパールクローム仕上げになっているため、濡れた状態でも、しっかりとスピン性能を発揮してくれます。

ロフト角 54度/56度/58度/60度
バウンス角 14度
クラブ重量 約438g

ロフト角 54度/56度/58度/60度
バウンス角 14度
クラブ重量 約438g

PING(ピン)『グライド フォージド プロ ウェッジ』

PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』 PING(ピン)『グライドフォージドプロウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

操作性と打感にすぐれたコンパクトヘッド

2種類のソールタイプが用意された、ショットメーカー向けのウェッジです。ヘッドは軟鉄鍛造タイプで、ツアープレーヤーや上級者のニーズに合わせた心地のいい打感を追求しました。

ヘッドサイズがコンパクトなぶん、操作性がいいのが魅力です。また、ソールの形状を工夫することで、フェースを開くなどのあらゆるショットに対応できます。

ロフト角 60度
バウンス角 6度
クラブ重量 -(56 Sグラインド:約454g)

ロフト角 60度
バウンス角 6度
クラブ重量 -(56 Sグラインド:約454g)

エキスパートのおすすめ

TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』

TAYLORMADE(テーラーメイド)『ハイ・トウロウウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ハイ・トウロウウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ハイ・トウロウウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ハイ・トウロウウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ハイ・トウロウウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item
ゴルフライター:toya

ゴルフライター

フェースの溝が縦横に入っているのが特徴的な『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』。フェースを開いてもスピンを確保しやすく、さらにフェース面はノンメッキ仕上げで、スピン量にこだわりたいゴルファーにオススメです。

すぐれたコントロール&スピン性能

契約プレーヤーの多くが利用している「ハイ・トウ」シリーズに、さらなるスピン性能を加えたモデルです。グリーンまわりでほどよいスピンを生み出すため、フェースに「ZTP RAWグルーブデザイン」を採用。

こまかく深いグルーブとレーザーエッチングを組み合わせて、スピン性能を高めました。ヘッドの重心を高めるハイ・トウデザインにより、コントロール性能にもすぐれています

ロフト角 60度
バウンス角 10度
クラブ重量 約456g

ロフト角 60度
バウンス角 10度
クラブ重量 約456g

TAYLOR MADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド 3 ウェッジ』

TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』 TAYLORMADE(テーラーメイド)『ミルドグラインド3ウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

やわらかい打感のウェッジ

スピン・フィーリング・コントロールと、ウェッジに求められている性能を集約させた上級者向きのモデル。フェース面だけがノンメッキ仕様になっており、溝がより鋭くなることでスピン性能が高められています。

また、ノンメッキは太陽の光の反射を防いでくれるのもメリットです。打感はソフトで、インパクトの際にボールがフェースに乗るようなイメージが出やすいでしょう。

ロフト角 56度
バウンス角 12度
クラブ重量 476g

ロフト角 56度
バウンス角 12度
クラブ重量 476g

Callaway(キャロウェイ)『JAWS フルトウ ウェッジ』

Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSフルトウウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

フェースを開いて打つときにぴったり

前面にスコアラインを設けたノンメッキフェースと、37V+ななめに配置されているマイクロフィーチャーの組み合わせで、高いスピン性能を発揮します。

またフェースを開くアプローチショットを考慮して、ヒール側は薄くトウ側は厚く設計したうえで、バンス裏にあるポートのうち2つを深めに設定。これにより、フェース面をななめに抜けるボールへしっかりスピンがかかります。

ロフト角 54度
バウンス角 12度
クラブ重量 約451g

ロフト角 54度
バウンス角 12度
クラブ重量 約451g

Callaway(キャロウェイ)『JAWS ウィメンズ ウェッジ クロム』 

Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』 Callaway(キャロウェイ)『JAWSウィメンズウェッジクロム』
出典:Amazon この商品を見るview item

距離のコントロール性能がいいモデル

「37Vグルーブ」を新たに採用した、レディース用ウェッジです。溝のエッジが鋭くてボールにしっかり食いつくのが特徴。

これによりフルショットのほか、ゆっくりとしたスイングスピードのアプローチショットでもスピンがしっかり入って、距離をコントロールしやすくなっています。

また、アイアンセットに含まれているPWやAWからの流れを考慮し、フォルムがスムーズに変わっていくようデザインされているのもうれしいポイントです。

ロフト角 52度
バウンス角 12度
クラブ重量 約387g

ロフト角 52度
バウンス角 12度
クラブ重量 約387g

Cleveland Golf(クリーブランドゴルフ)『RTX ジップコア ツアーサテン ウエッジ』

ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』 ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』 ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』 ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』 ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』 ClevelandGolf(クリーブランドゴルフ)『RTXジップコアツアーサテンウエッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

初速とスピン量が安定

ネック部分に軽いセラミックピンを挿入し、そのぶんの余剰重量をトウ側に配置しています。重心位置がユーザー打点位置と近くなったため、初速とスピン量が安定するほか、打感がよくなって狙いどおりのコントロールショットを打ちやすいのがメリットです。

また精度が高く深い溝を設けており、ラフや濡れた状態などの悪条件におけるスピン性能を高めています。溝の数も多く配置していることで、スピンコントロール性能にもすぐれています。

ロフト角 48度
バウンス角 10度
クラブ重量 443g

ロフト角 48度
バウンス角 10度
クラブ重量 443g

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2 ウェッジ』

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『BRM2ウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

番手別の肉厚デザインですぐれた性能を実現

プロニーズを取り入れ、スピン性能にこだわったウェッジです。スピンを安定させるための間隔で溝を作ったうえで、溝と溝の間にはミーリングを大小7本配置しています。

これによりボールへの食いつきがよくなり、スピン性能を高めました。また、48度・50度はヒールにかけて肉厚をコントロールすることでアイアンからの流れに配慮するなど、番手ごとにバックフェースの肉厚が調整されています。

ロフト角 52度
バウンス角 8度
クラブ重量 453g

ロフト角 52度
バウンス角 8度
クラブ重量 453g

PRGR(プロギア)『R45 ウェッジ』

かんたんに上げてピンに寄せられる

ピンまでのアプローチを、キャリー1:ラン1の比率で打てるように設計されたモデルです。「上げて寄せる」がよりかんたんになったのが、大きな魅力。

ワイドソール設計でフェースを開かずバンカーショットが打てるため、距離のあるバンカーショットにぴったりです。またPWに近いロフト角で、100ヤード以内のアプローチでも活躍します。

ロフト角 45度
バウンス角 0.5度
クラブ重量 485g

ロフト角 45度
バウンス角 0.5度
クラブ重量 485g

本間ゴルフ『BERES-W』

本間ゴルフ『BERES-W』 本間ゴルフ『BERES-W』 本間ゴルフ『BERES-W』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

高い機能とデザイン性を両立

機能性はもちろんのこと、デザインの美しさにもこだわって作られたウェッジです。ソール面は地面と接するため、キズつきにくいニッケルクロムで仕上げました。ソール形状は抜けがいいよう工夫されています。

またフェース面は独自のブラックニッケルで仕上げており、スピン性能をサポートしています。フェースの全面にはCNC加工を施しており、インパクトとスピンが安定しやすいです。

ロフト角 58度
バウンス角 11度
クラブ重量 401g

ロフト角 58度
バウンス角 11度
クラブ重量 401g

FOURTEEN(フォーティーン)『DJ-5 ウェッジ』

FOURTEEN(フォーティーン)『DJ-5ウェッジ』 FOURTEEN(フォーティーン)『DJ-5ウェッジ』
出典:Amazon この商品を見るview item

アマチュア向けの扱いやすいウェッジ

テクニックではなく、道具でスピンがかけられることを狙ったアマチュアゴルファー向きの1本。扱いやすさに注力して改良されていて、アプローチに苦手意識を持っている人やより簡単に寄せたいと考えるゴルファーにおすすめ。

リンクブレード設計や、新しいユニバーサルソールを加えていることで、思ったショットが打ちやすくなっているのでぜひお試しください。

ロフト角 58°
バウンス角
クラブ重量 446g

ロフト角 58°
バウンス角
クラブ重量 446g

KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジ DW-120G』

KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジDW-120G』 KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジDW-120G』 KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジDW-120G』 KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジDW-120G』 KASCO(キャスコ)『ドルフィンウェッジDW-120G』
出典:Amazon この商品を見るview item

フェアウェイにも、ラフにも、バンカーにも

ドルフィンウェッジはシリーズ合計で23万本も売り上げ、高い人気を誇っています。こちらは、抜けの良さや操作性などを追求した4つの面からなるクアッドソールを採用し、フェースを開かなくても潜ったり、刺さったりする心配がありません。

セミグースネックでボールが捕まりやすいので、アプローチが苦手な方にもおすすめできます。

ロフト角 58度
バウンス角 センター8.0/ヒール4.0/トゥ1.0
クラブ重量 約392g

ロフト角 58度
バウンス角 センター8.0/ヒール4.0/トゥ1.0
クラブ重量 約392g

C3i(シースリーアイ)『ウェッジ 65°』

C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』 C3i(シースリーアイ)『ウェッジ65°』
出典:Amazon この商品を見るview item

バンカーやラフからきれいに脱出

65度のロフトできれいにカットするので、あらゆるバンカーの砂のコンディションにも対応できます。もちろん、ラフからでもしっかり打つことができます。

バックスピンもコントールしやすく、50ヤード以内のさまざまなショットに使えますよ。

ロフト角 65°
バウンス角 2度
クラブ重量 --

ロフト角 65°
バウンス角 2度
クラブ重量 --

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ゴルフクラブ・ウェッジの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのゴルフクラブ・ウェッジの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ゴルフクラブ・ウェッジランキング
楽天市場:ゴルフクラブ・ウェッジランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのゴルフクラブの記事はこちら 【関連記事】

【よくある質問】ウェッジに関するQ&A

question iconウェッジの形状はどう選ぶべき?

answer icon

ウェッジのフェース形状やソール形状にはさまざまなバリエーションがあるものの、形状をそろえることにはこだわりすぎず、構えたときにしっくりくると感じるものを選ぶといいでしょう。

question iconウェッジの適正なロフト間隔は?

answer icon

ウェッジのロフトの間隔は、6度以内を目安にしながら設定するといいでしょう。ただし、ロフトだけでなく狙った距離や高さを出しやすいかどうかも考慮して選んでください。

question iconウェッジのシャフトはアイアンと違うものでもいい?

answer icon

ウェッジのシャフトを選ぶときは、重量をチェックしてください。アイアンと同程度の重量帯から選ぶか、やや重ためのものを選ぶといいでしょう。

ソール形状を見てウェッジの性能を見極めよう

ゴルフライター:toya

ゴルフライター

アプローチやバンカーなど色々な場面で使われるウェッジ。ソール形状によって得意な場面やショットが変わってきます。

スピンがしっかり入る、というのはもはや当たり前。その上でオートマチックに打っていきたいのか、フェースを開閉して操作したいのか、など欲しい性能が変わってきます

ソール形状を見て、どのウェッジがどんなユーザーにマッチするのか、を見極めるのがウェッジ選びの大切なポイントです。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button