Mサイズ改定!『マミーポコ』12kgの子どもまで使えるその実力を実際に使って検証!

Mサイズ改定!『マミーポコ』12kgの子どもまで使えるその実力を実際に使って検証!

赤ちゃんが必ず使うものといえばおむつ。紙タイプのおむつは手間がかからないので使っている方が多いと思いますが、どれが自分の赤ちゃんに合っているのか、また自分のライフスタイルに合っているのかを考えたことはありますか?産院で使っていたメーカーのものをそのまま使っていたり、なんとなく最初に買ったものをそのまま使っているなど、ずっと同じものを使ってる方も多いはず。今回はさまざまなメーカーのおむつを実際に使い比べてみた筆者が『マミーポコ』の特徴についてお伝えします。おむつを変えようかと悩んでいる方、これから赤ちゃんが生まれる方、贈り物におむつを選びたい方、ぜひご覧下さい!


マミーポコを実際に使ってみた

マミーポコのパッケージ

1日に何度もおむつ替えをすると1パックなんてすぐに終わってしまいます。赤ちゃんのものなので品質を落としたくない! でも毎日のものなのでコスパがいいものを使いたい……そう思うこともありますよね。

小さいうちは1日に7~10回近くおむつ替えをすることもあり、昼夜問わず1日の大半をおむつ替えで終わったような感覚になることも……。

おむつのメーカーを変えるのは、それなりにメリットを感じないとなかなか思い切れないもの。ちなみに筆者自身も、産院で使っていたからという理由で第一子、第二子共に同じメーカーのものを使っていました。

おむつは1パック買うと50枚近く入っているため、試しにいろんな種類をたくさん買っても子どもに合わないと無駄になってしまうので自分で比較するのは難しいですよね。

ぜひこの記事をおむつ選びの参考にしてみてください!

マミーポコってどんなおむつ?

マミーポコは大手衛生用品メーカーであるユニ・チャームから販売されている商品。ユニ・チャームが扱うおむつは、さまざまなシリーズに加え水遊びオムツなどもあり、その種類もとても豊富です。マミーポコはパンツタイプですので、「たっち」や「あんよ」が出来るようになった赤ちゃんに向いている商品です。

ユニ・チャーム独自の12時間吸収ジェルを採用しているので長時間のお出かけでも安心。ウエストまでしっかりおむつが引きあがるのでたくさん動いても漏れを心配はいりません。また、足回りはサポートギャザーを採用しているので、しっかりフィットしてくれてすきま漏れを防いでくれます。

内容量は1パック56枚で男女兼用。6kg~12kgと他のMサイズに比べると大きめなのが特徴。標準より大きめの赤ちゃんや、活発に動く赤ちゃんでも漏れの心配が少ないおむつです。

マミーポコの口コミ&評判

マミーポコの口コミは?

マミーポコの口コミ評判をインターネット上で検索してみたところ、コスパの良さを大変評価している方が多く、目立った悪い口コミはあまりないように感じました。その中から、良い点悪い点をそれぞれ紹介していきます。

マミーポコのいい口コミ

Mサイズは「12kgまで使えてありがたい」「コスパがとても良い」という声が多く、中には「不満はない!」という声も。総合してとても評価の高い商品のようです。

マミーポコの悪い口コミ

「デザインが良くない」という見た目に対する不満や、「10時間着けると漏れる」「素材がガサガサ」などという声がありました。

マミーポコを6.5kgと12kgの子どもに実際使ってみた感想

実際に『マミーポコ』を6.5kgと12kgの我が子たちに使ってみた結果、使用感などをレビューしていきます!

ギャザーは広く太ももまわりもしっかり!

マミーポコをはいた子ども

まず、初めて見て特徴的に感じたのは、ギャザーの細かさと長さです。おむつの半分はギャザーで出来ていると言っても過言ではないほどギャザーで出来上がっています。

手て伸ばしてみてもフィットしてズレにくく、細かいギャザーが小さな手の凹凸まで包み込んでくれました。

12kgの子どもでも使用出来るのか検証

マミーポコをはく12kgの子ども
マミーポコをはく12kgの子どもの後ろ姿

ウエスト部分、太もも周りともに問題なくはくことができました。走ったり、たくさん動き回ってもズレることなく、子ども本人も嫌がることなく過ごしていたのではき心地は悪くないのだと思います。

夜は日によって漏れてしまうこともありましたが、毎日漏れるわけではなかったので、心配な時はLサイズに変えるなどの対策を講じれば全く問題なく感じました。

伸縮性と吸収性をチェック

マミーポコの伸縮性

おむつをはかせる時に大事なのがウエスト部分の伸縮性です。他のおむつと比べると伸縮性は平均的といったところ。ウエストゴムが長めなので、小さいうちはおへその上まですっぽり隠れ、12kg近い子どもでもウエストや足回りがズレることなくはかせることができました。

実験として35mLの水を流し込むと少しブヨブヨとしますが吸水性は良く、触り心地が変わることはありませんでした。

おむつの丸めやすさ・捨てやすさ

マミーポコを丸める

後ろに一本おむつを丸めるためのテープがついています。元々が薄いタイプのおむつなので吸収後もそこまでかさばることがない印象です。

太もも周りのギャザーは少ないので丸めやすく、ギャザーにうんちが付いて丸めるのが大変! ということもありませんでした。

おむつの分厚さ・かさばりの程度

マミーポコのかさばり具合1
マミーポコのかさばり具合2

1枚1枚が薄めなので多く持ち運ぶ時や保育園や幼稚園に持っていく時にとても便利だと感じました。

持ち運び以外でも、ズボンなどピッタリした服を着ていてもオムツ特有のダボ付きが少ないのでスッキリと洋服が着られるのもとても良いと思いました。おしっこをした後でも形があまり変わらないので、ピッタリした服も着せやすいと思います。

ユニ・チャーム『マミーポコパンツ Mサイズ』

【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚 【パンツMサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(6~12kg)58枚

出典:Amazon

サイズ Mサイズ(6~12kg)
枚数 Mサイズ(58枚)

マミーポコを使ってわかったこと

マミーポコパンツレーダー

『マミーポコ』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

マミーポコを使ってみて、他のメーカーの商品と比べると、吸水性、速乾性も問題なく、12kgの子どもまで使えるのでコスパがとても良いということがわかりました。10時間着けると漏れるとの口コミがありましたが、12kgの子に使うと夜は漏れることもあったので、夜だけ違うサイズのものに変えるなど工夫をすれば問題ないと筆者は感じます。

実際に使ってみて、やはり品質に対してのコスパの良さをとても感じました。細身の6.5kgの子どもでも漏れることなく、12kgの動き回る子どもでも漏れることがほぼなかったので、ギリギリまでMサイズを使いたい方にとても向いている商品だと感じました。

1日に何度も替えなければならないおむつ替えだからこそ、赤ちゃんにとっても、替える人にとっても使いやすく、気に入ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

ユニ・チャーム『マミーポコパンツ Lサイズ』

【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚 【パンツLサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(9~15kg)44枚

出典:Amazon

サイズ Lサイズ(9~15kg)
枚数 Lサイズ(44枚)

ユニ・チャーム『マミーポコパンツ ビッグサイズ』

ユニ・チャームマミーポコパンツビッグサイズ12~22kg38枚入りドラえもん ユニ・チャームマミーポコパンツビッグサイズ12~22kg38枚入りドラえもん

出典:楽天市場

サイズ ビッグサイズ(12~22kg)
枚数 ビッグサイズ(38枚)

ユニ・チャーム『マミーポコパンツ ビッグより大きいサイズ』

【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚 【パンツビッグより大きいサイズ】マミーポコパンツドラえもんオムツ(13~28kg)26枚

出典:Amazon

サイズ ビッグより大きいサイズ(13~28kg)
枚数 ビッグより大きいサイズ(26枚)

そのほかのおむつに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:五所、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メリーズ さらさらエアスルーってどう?実際に使って検証してみました!

メリーズ さらさらエアスルーってどう?実際に使って検証してみました!

赤ちゃんがいる家庭では、消耗品の中でも相性があったり使用頻度が高かったりするものがおむつですよね。とくに、紙おむつは履かせやすく捨てやすい特徴をもち、手間が省けてメリットだらけ。しかし、紙おむつにも種類はたくさんあります。各メーカーから特徴の違う紙おむつが多種多様に販売されており、我が子にはどれが合うのか、ママやパパにとって使いやすいのはどれか、など悩むことも多いはず。そこで本記事では、さまざまなメーカーの紙おむつを実際に使い比べている筆者が『メリーズ さらさらエアスルー』の使い勝手などを検証してみました。おむつの種類を変えてみたい方、これから産まれる赤ちゃんのためにおむつを探している方、ぜひご覧ください。


おむつ用消臭袋おすすめ26選【徹底消臭・コスパ】ロングタイプや持ち運び用も!

おむつ用消臭袋おすすめ26選【徹底消臭・コスパ】ロングタイプや持ち運び用も!

この記事では、育児グッズライターのSATOさんへの取材のもと、おむつ用消臭袋を選ぶポイントやおすすめの商品、あると便利なグッズを紹介します。赤ちゃんと外出中に出た使用済おむつや、家のゴミにおむつを捨てるときなどに活躍する防臭袋。赤ちゃんのいるご家庭ではひんぱんに使うものなので、耐久力や内容量の多さ、おむつがいくつ入るかも気になりますよね。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


【紙製&布製】水遊び用パンツおすすめ12選|保育園でも使える!

【紙製&布製】水遊び用パンツおすすめ12選|保育園でも使える!

ママライターの武田優希さんへの取材をもとに、水遊び用パンツの選び方とおすすめ商品をご紹介します。赤ちゃんに水遊びを楽しませてあげるには、おしっこやうんちをしてもカバーしてくれる専用のパンツが必要です。紙製と布製の2種類があり、それぞれの特徴を知ったうえで、用途に合ったものを選んであげましょう。記事の後半には通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて水遊び用パンツを選ぶときの参考にしてみてください。


おむつ替えシートのおすすめ13選|便利な使い捨てタイプも! 防水で汚れ防止◎

おむつ替えシートのおすすめ13選|便利な使い捨てタイプも! 防水で汚れ防止◎

この記事では、助産師の浅井貴子さんにおむつ替えシートの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。そもそも必要?というママの疑問の声にもお答えしています。人気の西松屋のやニトリの商品もピックアップ♪通販サイトの売れ筋人気ランキングも掲載しているのであわせてチェックしてくださいね~!


おむつポーチのおすすめ21選【おしゃれ・シンプルなデザインなど】おしりふき内蔵タイプも!

おむつポーチのおすすめ21選【おしゃれ・シンプルなデザインなど】おしりふき内蔵タイプも!

赤ちゃんとのお出かけに必需品となるおむつ。おむつを便利に運べるアイテムがおむつポーチです。形状や収納できる容量も幅広い商品が出ているため、できれば自分が快適に使えるものを選びたいと思っている人が多いでしょう。収納力だけでなく、ブランドやデザイン、消臭などの機能にも注目して選びたいものです。ここでは、ママライターでチャイルドボディセラピストの榮 樹実さんに、おむつポーチの上手な選び方とおすすめ商品を取材し、まとめました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


関連するブランド・メーカー


unicharm(ユニ・チャーム)

新着記事


【目のかゆみ】おすすめ目薬12選|花粉症・炎症・ものもらいなど

【目のかゆみ】おすすめ目薬12選|花粉症・炎症・ものもらいなど

乾燥や季節、住む環境など、さまざまなこと要因で引き起こされる目のかゆみ。こすらずにはいられないつらい目のかゆみにはその症状に適した目薬を使用することが大切です。本記事では、医療ライターの西村テツジさんと編集部が、目のかゆみに効く目薬の選び方やおすすめ12商品をご紹介します。これから目のかゆみに効く目薬を購入予定の人は、ぜひ参考にしてください。


マキタコードレス掃除機おすすめ20選|業務用にも使われる高性能が特徴!

マキタコードレス掃除機おすすめ20選|業務用にも使われる高性能が特徴!

マキタのコードレス掃除機ってどんな使い勝手? バッテリーは? 吸引力は? と、疑問に思うことが多々あるかと思います。家電メーカーではないだけに、マキタのコードレス掃除機をくわしく知っている人も少ないかもしれません。そこで本記事では、電動工具メーカーであるマキタの魅力をはじめ、電動工具メーカーが作るコードレス掃除機の選び方や実際の商品などをご紹介します。


寝室用加湿器おすすめ14選|加湿方式別のメリット・デメリットや効果的な置き場所も紹介

寝室用加湿器おすすめ14選|加湿方式別のメリット・デメリットや効果的な置き場所も紹介

湿度が下がって乾燥する冬。ほとんどの方が、朝起きたら「のどが痛い」「肌が乾燥している」という経験をしたことがあるでしょう。そんなときにあるとうれしいのが寝室用加湿器。リビングに置く加湿器と、選び方がどのように違うのか、加湿方式別に解説します。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


パナソニックの空気清浄機おすすめ6選+α|よく聞く「ナノイー」ってなに?

パナソニックの空気清浄機おすすめ6選+α|よく聞く「ナノイー」ってなに?

パナソニックの独自技術「ナノイー」。みなさんも一度は聞いたことがありませんか? 本記事では、パナソニックの空気清浄機の選び方とおすすめ商品をご紹介するとともに、「ナノイー」についても詳しく解説しています。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひパナソニックの空気清浄機を選ぶ際の参考にしてみてください。


シャープの空気清浄機おすすめ11選|加湿? 除加湿? 付加機能をどのように選ぶかも解説!

シャープの空気清浄機おすすめ11選|加湿? 除加湿? 付加機能をどのように選ぶかも解説!

シャープの空気清浄機は多彩な機能を搭載しているのが特徴。ラインナップがたくさんあり、どれを購入すればよいのか迷ってしまいますね。本記事では、シャープの空気清浄機の選び方とおすすめ商品をご紹介するとともに、独自テクノロジーの「プラズマクラスター」についてもくわしく解説していきます。記事後半には、プロの家電販売員であるたろっささんのおすすめランキングなども紹介していますので、ぜひシャープの空気清浄機を選ぶ際の参考にしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。

 

ベビー・キッズの人気記事


>>もっと見る