記事種別: article type icon レビュー

PCに貼って繰り返し使える! 『wemoパッドタイプ』の使い心地を徹底レビュー

PCに貼って繰り返し使える! 『wemoパッドタイプ』の使い心地を徹底レビュー

PCのモニターのまわりがメモしたポストイットだらけでごちゃごちゃになって困っている人もいるのではないでしょうか。 何度でも書いて消せるウェアラブルメモが手元にあれば、とっさに受けた指示や連絡もサッとかけて、モニターまわりがポストイットだらけになるのを防ぐことができますよ。ここでは、ウェアラブルメモの『wemoパッドタイプ』を、実際に使用している様子を写真を交えながら詳しくご紹介します。 モニターまわりのポストイットをどうにかしたいと思っている人やウェアラブルメモはどんなものなのか気になっている人はぜひ参考にしてみてくださいね。


マイナビおすすめナビ編集部

担当:生活雑貨・日用品
吉川 優美

「生活雑貨・日用品」カテゴリー担当。時短につながる日用品や、生活の質を上げてくれるモノを探すのが趣味の主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、ECサイトで魅力的な商品を探すのが日課となっている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

『wemo』を使うメリットとは?

wemo全体像

仕事中に他の人からの指示や連絡を受けたとき、メモが見つからずに困った経験のある人もいるのではないでしょうか。

指示や連絡を手元にあるポストイットにその都度書いて、そのままモニター脇にたくさん貼りつけはするものの、どの仕事を優先してやればいいのかわからなくなる人も多いはず。

『wemo』を使用すれば、とっさの指示や連絡もその場でメモすることができます。ボールペンで何度でもかける&指で消せるので長く使えてとても便利です。

書いたらすぐに消さなくてはならない、書いたものをそのまま残せないデメリットこそありますが、うまく活用することでメモのし忘れを防ぎ、メモ用紙の数を減らせるでしょう。

今回『wemo』を実際に使用してみたところ、使い方に注意すれば快適に使えてとても便利なメモだということが判明しました。

『wemo』の大きさや詳細

 

『wemo』は、シートやテープの開発・製造を行っている「コスモテック」から発売されている商品のひとつ。今回レビューする商品はMサイズ2枚セットで、大きさは9×6.8cm。シリコン素材で作られており、油性ボールペンで繰り返し書いて消せるのが大きな特徴です。

商品説明にはノートPCのタッチパッドの横に貼って使用する旨が書かれていますが、タッチパッド横はもちろん、デスク上や壁など目に触れる場所に貼って使用することができます。

パッドの裏側にはコスモテック独自の粘着素材を使用。何度でも貼ったり剥がしたりできます。また、汚れやホコリがついて粘着力が弱まっても、水洗いをすれば粘着力がもとに戻ります。

『wemo』の口コミ&評判は?

wemo口コミ

『wemo』を実際に使っている人の口コミや評判を、インターネット上で調べてみたところ、業務中のメモや大量のポストイットに悩まされている人が多く利用していることが判明しました。

口コミはポジティブなものだけではなく、ネガティブな口コミもピックアップしてみました。参考にどうぞ。

ここがよかった! 『wemo』のポジティブな口コミ

指や消しゴムで何度も消せる&PCに貼れるので便利。ポストイットだらけだったPCモニターからポストイットが消えてうれしい! という声が多くありました。 また、書き心地がなめらかで使いやすいという声も。

PCモニターのポストイットが増えすぎて困っている人にとくによろこばれている印象です。

ここはイマイチ…『wemo』のネガティブな口コミ

持ち歩いているとき、摩擦で書いた内容がかすれてしまい見えにくくなるという口コミがちらほらありました。

さらに時間が経つと、消そうとしてもうっすら残って完全には消えないという声も。 メインのメモ帳としてではなく、ふとしたときに書ける一時メモとして使ったほうがいいです。

『wemo』を実際に購入して使ってみました

wemo全体像

繰り返し書いて消せるウェアラブルメモ『wemo』を実際に購入して使ってみました。使っている様子や使い心地を写真を交えながら詳細に説明していきます。

『wemo』の質感は?

wemo めくっている画像

まずは厚みや素材をチェック。厚みは1mmあるかないかといったところです。シリコン素材なのでフニャッとやわらかく曲がり、ソフト下敷きのような感じです。表面はつるつるとしていてさわり心地はいいです。

wemo裏側の透明のカバーを外している画像

裏側の粘着部分には、透明のカバーがついています。透明のカバーをはがしてから使いたい場所に貼りつけましょう。

wemo 指にくっつけている画像

粘着部分を指につけてみたところ。かんたんには剥がれませんが、軽く指で引っ張れば剥がれます。粘着力はシールやテープほど強くはないので、机や機械にシール跡がつくことはありません。ただし、木・紙・革製品には使えませんので注意してください。

気になるかき心地&消え具合をチェック!

「完全には消えない」「書いたものがかすれる」などの書き心地や消え具合に関するネガティブな口コミが気になっている人もいるかと思います。そこで、実際にボールペンと指、消しゴムを使って、メモをとって消してみました。

wemo試し書き

13インチのノートPCのタッチパッドの横に貼りつけてみたところ、ぴったりはまりました。

3色ボールペンで『wemo』に文字を書いてみました。書き心地は表面がやわらかいのでペン先がグッと入っていく感じ。書きやすいかどうかは個人差がある印象です。キレイに文字を書くことには適していませんが、とりあえずメモをとるぶんには問題ないです。

ちなみに、ボールペンはいずれの色もZEBRA社のジムノック0.7芯を使用。筆者の筆圧は強めです。

wemoに指を置いている画像

最初に、いちばん下の青い文字を指で消していきます。消し残しやにじみ具合などを調べます。

wemo 指でこすった後の画像

数回指でこすっただけでかんたんに消えました。筆圧強めで書きましたが、書き跡もまったく残っていません。消したあとは指が汚れますが、手でこすれば汚れはすぐにとれます。それでも指の汚れが気になる人は石鹸で手を洗いましょう。

反対に、メモをスマホや手帳などの表面に貼りつけて、カバンに入れて持ち運んだりした場合は書いたものが消えてしまうので注意しましょう。

wemoと消しゴム

次に赤い文字を消しゴムで消していきます。消しゴムでも手と同じように消せるかどうかを試してみます。

wemo 消しゴムで文字を消した画像

数回消しゴムでこすったところ、文字が跡形もなく消えました。また、消しゴムのカスもそこまで多くは出ませんでした。消しゴムのほうが指よりもすんなりと消える印象。なにより手が汚れないのがいいですね。

wemo 全ての文字を消した画像

黒色でかかれた文字も消しゴムで消してみたところ。どの色も消しあと&にじみはみられませんでした。

正しい方法で使わないと、消しあとやにじみが残ることも

『wemo』の注意書きをみたところ、使用するペンが0.7mm以下のもの、三菱鉛筆製ジェットストリームを使用すると消えづらく跡が残る場合があると記載がありました。

また、記載したままの状態で長時間経つと色移りする可能性があるともかかれていました。このルールが守られなかった場合は、書いたものが消えなかったりにじんだりする恐れがあります。

今回は『wemo』の注意書きで推奨されている0.7mm以上のボールペン芯を使用したのと、書いたあとすぐに指や消しゴムで消したのでキレイに消えましたが、ボールペンの芯やインクの種類によってはインクがにじんだり、跡が残ってしまうことがある点は、心にとめておくといいでしょう。

ご自身が持っているボールペンでキレイに書いて消せるかどうか気になる場合は、まずメモの端っこのほうに試し書きをしてみましょう。

コスモテック『wemo(ウェモ)パッドタイプ』

wemoパッドタイプMサイズ(ライトグレー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ライトグレー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ライトグレー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ライトグレー)2枚 wemoパッドタイプMサイズ(ライトグレー)2枚
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ Mサイズ(90×68×1.0mm)
材質 シリコン
特徴 油性ボールペンで書いたものを指や消しゴムを使って消すことができる

『wemo』は忙しい人にぴったりのメモパッド!

wemoレーダー

『wemo』を試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『wemo』を使用することで、指示や連絡の書き忘れを防ぎ、業務の効率化をはかることができます。

メモをとったあとすぐに消す必要こそありますが、すぐに消せるようメモした業務をこなせば、ポストイットにメモをとってモニターに貼ってそのまま……という事態を防げます。仕事も早く終わらせることができそうです。

『wemo』をうまく活用して、忙しい毎日の業務を効率よくこなしましょう。

なお、『wemo』シリーズは、パッドタイプだけではなく、腕に巻いて使える「バンドタイプ」とスマホケースとしても使える「ケースタイプ」もありますので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

コスモテック『wemo(ウェモ)バンドタイプ』

wemoバンドタイプ(本体,白) wemoバンドタイプ(本体,白) wemoバンドタイプ(本体,白) wemoバンドタイプ(本体,白)
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ 45×238×8mm
材質 シリコン
特徴 油性ボールペンで書いたものを指や消しゴムを使って消すことができる

コスモテック『wemo(ウェモ)ケースタイプ』

wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド) wemoウェアラブルメモケースタイプ(iPhone11Pro,コーラルレッド)
出典:Amazon この商品を見るview item
サイズ iPhone 11 Pro 対応サイズ
材質 シリコン、ポリカーボネート、ソフトマイクロファイバー
特徴 油性ボールペンで書いたものを指や消しゴムを使って消すことができる

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メモ帳の売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのメモ帳の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:メモ帳ランキング
楽天市場:ノート・メモ帳ランキング
Yahoo!ショッピング:メモ帳ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのメモ帳に関する記事はこちら 【関連記事】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【2022年】システム手帳カバーおすすめ22選|バイブルサイズ、A5サイズなど!

【2022年】システム手帳カバーおすすめ22選|バイブルサイズ、A5サイズなど!

システム手帳は、プライベートや仕事の予定を、好みに合わせてリフィルにカスタマイズすることができます。日記を書いたり、メモ帳として使ってる方も多いと思います。この記事では、文房具の専門家に取材し、システム手帳のカバーの選び方からおすすめ商品をご紹介します。レディースからメンズ、普段使いからビジネス使い、また、本皮から合皮まで幅広くおしゃれで高級感のあるデザインを集めました。ぜひ、チェックしてみてください!

tag icon 手帳・カレンダー , ノート・手帳・カレンダー , 日用品

サークルカッターおすすめ11選【DIYや工作に】使い勝手に着目!

サークルカッターおすすめ11選【DIYや工作に】使い勝手に着目!

丸い円を切り抜きたいとき、普通のカッターナイフやはさみを使うと、円のふちがガタガタになってしまうことがありますよね。そんなときは、サークルカッターを使えばきれいに円を切り取ることができますよ! 紙だけでなく布やベニヤ板を切れるものもあるので、用途に合わせて商品を選びましょう。本記事では、雑貨アーティストの上島佳代子さんに取材のもと、サークルカッター選び方とおすすめ商品を紹介します。記事後半では、Amazonなどの人気売れ筋ランキングも掲載しているので、こちらもぜひ参考にして、使いやすいサークルカッターを見つけてください。

tag icon 手芸・クラフト , カッター , 日用品

定規・ものさしのおすすめ20選|小学生から大学生・大人向けまでをご紹介!

定規・ものさしのおすすめ20選|小学生から大学生・大人向けまでをご紹介!

とても身近な文房具である定規・ものさし。小学生が使いやすいものや、高校生に人気のブランドものなどさまざまな商品があります。本記事では、定規・ものさしを選ぶポイントとおすすめ商品についてご紹介します。記事後半では、amazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミもぜひ参考にしてください。

tag icon 生活雑貨 , 文具 , 新生活

両面テープおすすめ13選【屋外用・室内用】強力な両面テープやはがせるタイプも!

両面テープおすすめ13選【屋外用・室内用】強力な両面テープやはがせるタイプも!

紙同士を接着したり、家具の補強に使えたりと日常的に便利に使える両面テープ。工作やDIYでも活躍し、ダイソーやセリアなどの100均でも売られています。この記事では、フラワー装飾1級技能士の岡 明彦さんへの取材をもとに、両面テープの選び方とおすすめ商品をご紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 日用消耗品 , テープ , 日用品

おしゃれなブックカバーのおすすめ24選|素材別に厳選

おしゃれなブックカバーのおすすめ24選|素材別に厳選

本を持ち歩く際の破れ、汚れを防ぐことができる「ブックカバー」。紙製や布製、革製などさまざまな素材でがあります。サイズも文庫本や新書、A5サイズなど本に合わせて豊富。なかには、どんな大きさの本にも対応できるブックカバーも。この記事では、目利きライターの納富廉邦さんにお話をうかがい、ブックカバーの上手な選び方、おすすめ商品を素材別にご紹介しています。記事後半には、通販サイトランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 生活雑貨 , 文具 , 本・雑誌

関連するタグ


文具

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。