贈り物にも最適! 『ジョッター』機能性と外観の美しさを検証レビュー

贈り物にも最適! 『ジョッター』機能性と外観の美しさを検証レビュー

イギリスの高級筆記具ブランドPARKER(パーカー)のボールペン『ジョッター』。英国王室からロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授与されている歴史あるメーカーです。本記事で紹介する『ジョッター』は、日常使いできるワンランク上のボールペンとして広く使われています。ボールペンである以上、高級感やデザイン以上に使い心地も気になるところ。実際に購入し、書き心地や握り心地について検証してみました。少しでも興味をもった人はぜひ読んでみてください。


ジョッターを実際に購入し使ってみました

ジョッター箱入り

『ジョッター』は、PARKERのなかでもスタンダードなモデルとして販売されています。リーズナブルな価格でありながら、化粧箱に入った状態で購入できるため、贈り物にも適しています。

英国王室御用達のPARKERのボールペンはデザイン性も高いため気になっている人も多いと思います。

しかし、どれだけ歴史がありデザイン性が高くても、使い心地が悪ければボールペン本来の役割を果たしません。

本記事では、使い心地が気になっている人のために、『ジョッター』を実際に購入して検証してみました。商品の特徴や使い心地など、試して感じたことをお伝えします!

ジョッターってどんなボールペン?

高級感のある洗練されたデザインでありながら日常使いもできる『ジョッター』は、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を授与されているPARKERが一番最初に開発したボールペンです。

ロイヤルワラントとは、機能性と外観の美しさのバランスを備えている商品に与えられる名誉ある称号です。

『ジョッター』は、60年以上変わらないデザインで作られ、クリップの矢羽デザインも発売当時のまま。拠点であるイギリスだけでなく、世界的に人気の高い商品です。

インクは油性を採用。滑らかさと速乾性をあわせもった「クインク」と名付けられたインクを使用し、独自の「クインクフロー®技術」により、紙の上をツルツル滑るような書き心地を実現しました。

欠陥などが認められた場合、2年間の保証が受けられるボールペンである点も『ジョッター』の特長のひとつです。

ジョッターの口コミ&評判

ジョッターの口コミは?

「商品写真で見たとおりの高級感があった」という意見は多いですが、「実際に購入すると期待していたほどの高級感は感じない」との反対意見も複数ありました。そのほか、書き味や握り心地についての口コミもいくつかあったので、ポジティブな口コミ、ネガティブな口コミに分けて紹介します。

ポジティブな口コミ

ポジティブな口コミとして目についたのは「インクが濃い」「滑らかに書ける」でした。そのほかには、「高級感や重量バランスのよさが気に入っている」という意見も複数ありました。

ネガティブな口コミ

ネガティブな口コミで一番多く目についたのは「ボディが細すぎる」でした。この意見に関連し、「長時間使っていると手が疲れる」との口コミも見られました。

また、ポジティブな口コミで「高級感がある」といった意見もありましたが、反対に「高級さはない」と感じている人もいるようです。

ジョッターを実際に使用してわかったこと

筆者は、これまでデザインでボールペンを選んだことはなかったため、見た目と書き心地のよさを兼ね備えた『ジョッター』にはとても興味がありました。

ネット通販で購入する商品は、写真と実物のギャップも気になるので、口コミでもあげられていた高級感をはじめ、「書き心地」「握りやすさ」「乾きの早さ」「裏写り」についても実際に購入して検証しました。

そのほか、筆者が気になる点についてもチェックしてみたので、結果をわかりやすくお伝えします。

書き心地は?

ジョッターとフォルティアの比較

本記事で使用している『ジョッター』は、PARKERではスタンダードと呼ばれている、中字(M)で、ペン先の太さは1.0mmです。紙とペン先との間に起こる、ボールペン特有の抵抗感はありますが、書き心地はとても滑らかだと感じました。

銀行や郵便局などに設置されているボールペンは、0.5mmや0.7mmが多いので、ペン先の太さを比較するため、筆者の自宅にあった、ゼブラのフォルティア(0.7mm)との書き比べも同時に行ないました。

写真で上にあるボールペンが本記事でレビューしている『ジョッター』、下が『フォルティア』です。

『ジョッター』の文字のほうが濃くはっきりしていることがわかりますね。

小さな文字の書き心地は?

5mm方眼紙にジョッターで筆記

紙とペン先の抵抗感が大きいボールペンは、小さい文字が書きにくいことが多いため、5mmマスの方眼用紙への書き心地を検証。

ペン先が1.0mmなので、文字の太さは感じますが、ペン先の滑りがいいため書きやすい印象です。漢字も字がつぶれていないので、小さな文字も問題なく書けます。

握りやすさは?

ジョッターと鉛筆とメジャー

全長は128mm、最大径は9.6mmで、ボディ中央部分は鉛筆と同じくらいの太さですが、グリップ部分は鉛筆より細いです。

ジョッターを握る手

ボールペンを握った感じは、重量感、太さともに手に持った感じはよいと思いました。

しかし、グリップ部分に滑り止めはなく、先に向かって細くなっているため、書いている最中の握り心地はあまりよくなく、安定させるために指先に力が入ります。「長時間使っていると手が疲れる」との口コミの意味がわかりました。

乾きの早さは?

ノートにジョッターで筆記し速乾性を試す

ボールペンのインクはできるだけ早く乾いてほしいと思う人は多いはず。そこで、『ジョッター』のインクの乾きの早さについても検証しました。

写真の上の文字は、「おすすめナビ」と書き終わった直後に指でこすってみたもの。下の文字は、書き終わって3秒数えてこすった場合です。

濃く発色するので直後ににじんでしまうのは仕方ないと思いますが、3秒程度でしっかりと乾くなら早いほうではないでしょうか。

ジョッターで筆記後マーカーを重ねる

次に、マーカーを引いた場合の検証です。「おすすめナビ」と上から順番に書き、書き終わった後にピンクのマーカー、黄色のマーカーの順番で線を引いてみました。

黄色のマーカーの部分に若干にじみましたが、一般的なボールペンと比較してもにじみは少ないと思います。書いてすぐにノートを閉じても、隣のページにインクが写ることもありませんでした。

裏写りはする?

ジョッターの裏うつりの様子

『ジョッター』は発色のよいボールペンで濃い黒なので、表に書いた文字は裏から透けて読み取れます。

ボールペンを押し当ててできる凸凹した跡は、机の上に紙を1枚だけ置いて書いた場合にはほとんどわかりません。しかし、ノートや手帳など、下がやわらかいものの場合は裏に凸凹した跡が残ります。

クリップの強さは?

キャンパスノートとジョッター

「クリップが強い」という口コミを目にしたため、手持ちのノートの表紙を使って試しに『ジョッター』を挟んでみました。

ジョッターをノートに挟む様子

スッと入るほどスムーズではありませんが、ボールペンの下半分を支えた状態でも挟みにくいとは感じませんでした。

ノックの使い心地は?

ジョッターをノックする手

ノックは少しかためです。グッと力を入れて押し込まなければペン先が出た状態で固定されません。

しかし、ノックを軽く押しただけでも本体からペン先が飛び出るため、ポケットの中が汚れる可能性はあります。シャツやカバンのポケットに入れる場合、ノックを押してしまわないよう注意が必要です。

ノック部分を軽く押しただけではペン先は引っ込みません。ペン先を中に入れたい場合は、指でノック部分をしっかり押し込む必要があります。

PAEKER(パーカー)『ジョッター ボンドストリート ブラックCT(1953346)』

パーカーボールペン油性ジョッターコアラインブラックCT1953346正規輸入品ペン先M中字 パーカーボールペン油性ジョッターコアラインブラックCT1953346正規輸入品ペン先M中字 パーカーボールペン油性ジョッターコアラインブラックCT1953346正規輸入品ペン先M中字

出典:Amazon

サイズ 132×12mm
本体素材 ステンレススチール
芯径 1.0mm
カラーバリエーション ブルー、レッド、パープル、ウォーターブルー、バイオレット、オレンジ、ほか

ジョッターを実際に購入して試してみたうえでのまとめ

ジョッターのレーダーチャート

ジョッターを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

『ジョッター』は、見た目の高級感に加え、書き味のよさを求める人におすすめのボールペンです。高級ブランドのわりにはリーズナブルで、箱もオシャレなので「ボールペンを贈り物にしたい」という人にもピッタリです。

ペン先は1.0mmなので、日本で販売されているボールペンの中では太めですが、滑りがよく、スムーズな書き味のため文字の太さは気になりません。濃い文字が好みな人にも適しています。

カラーバリエーションは、今回購入したブラックのほかに、ブルー、レッド、パープル、ウォーターブルー、バイオレット、オレンジがあります。

替芯は、PARKER純正の『パーカー クインクフロー ボールペン替芯 ブラック M (ボール径1.0mm)』です。

『ジョッター』は高級感がありながら、日常使いにも最適なボールペンです。インクがなくなっても替芯があり、長く使えます。これまでとは違うワンランク上のボールペンをお探しの人はぜひ試してみてください。

PARKER(パーカー)『クインクフロー ボールペン替芯 ブラック M (ボール径1.0mm)』

PARKER(パーカー)パーカークインクフローボールペン替芯ブラックM(ボール径1.0mm) PARKER(パーカー)パーカークインクフローボールペン替芯ブラックM(ボール径1.0mm) PARKER(パーカー)パーカークインクフローボールペン替芯ブラックM(ボール径1.0mm) PARKER(パーカー)パーカークインクフローボールペン替芯ブラックM(ボール径1.0mm)

出典:Amazon

サイズ
本体素材
芯径 1.0mm
カラーバリエーション ブラック

そのほかのボールペンに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:澤田、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

ぺんてるのボールペンおすすめ11選!【おなじみのモデルから高級ラインまで】

この記事では、ギフトソムリエで文具にも詳しいPapp Hidekoさん監修のもと、ぺんてるのボールペンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。数多くのボールペンが販売されていますが、なかでも老舗メーカーのうちのひとつが「ぺんてる」。ぺんてるは創業70年以上の歴史があり、ゲルインキのボールペンをはじめ、リーズナブルなものから高級モデルまでそろっています。種類豊富なぺんてるのボールペンについて、みていきましょう。


消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

消せるボールペンおすすめ13選【フリクション・ユニボール】人気の3色タイプも!

書き間違えたとき、すぐに書きなおしできる「消せるボールペン」。パイロットの『フリクション』シリーズ、三菱鉛筆の『ユニボール』が主流となっています。廉価モデルから高級モデルまで、幅広いラインアップがありますよ。本記事では、教育・受験指導専門家である西村 創さんへの取材をもとに、消せるボールペンの選び方とおすすめ商品を紹介します。


高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

高級感あるデザインとなめらかな書き味が評判のゼブラ『サラサグランド』本当に書き味がよいのか検証レビュー

ゼブラが販売する高級感あるジェルインク式ボールペンの『サラサグランド』。口コミを見ると書きやすい、デザインがいいなど高評価が多く、気になる方も多いのではないでしょうか。おすすめナビ編集部では購入した方の口コミをチェックし、さらには実際に『サラサグランド』を購入してその使い心地を徹底検証してみました!


中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

中屋万年筆おすすめ11選│手作りで高品質【個性的な背鰭や女性向けピッコロも紹介】

プラチナ万年筆の製造工場で、40年以上勤務してきた万年筆職人が開いた手作り万年筆ショップである「中屋万年筆」。ひとりひとりに合った書き心地の万年筆を、ていねいに1本1本作り上げています。中屋万年筆では「ロング」や「ポータブル」などの定番商品から、特注品までさまざまな万年筆を扱っています。この記事では、小物王の納富廉邦(のうとみやすくに)さんと編集部が、中屋万年筆を選ぶときのポイントや、おすすめ商品をご紹介します。


【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

【2020年】最新ボールペンおすすめ人気ランキング42選|評価や口コミも紹介!

ボールペンは会社でも家でも外出先でも1本持っていると便利な筆記用具ですよね! 高級ブランドのパーカーやモンブランは女性から男性のプレゼントとして大人気です! この記事では、油性や水性、新作ボールペン別に人気ランキングを紹介します! 記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミもありますので参考にしてみてくださいね!


関連するブランド・メーカー


PARKER(パーカー)

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


生活雑貨・日用品の人気記事


>>もっと見る