ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


MXGM10DBを実際に購入して使ってみた

パッケージとマウス本体

ELECOM『MXGM10DB』は、ワイヤレスでありながら、とてもリーズナブルな価格で購入できるマウスです。握りやすさを徹底的に追求したデザイン、使う場所を選ばないBlueLEDを搭載しているなど、使いやすさを前面に押し出しています。

価格もかなり安いですし、ふだん使いのマウスとして選びやすそうですよね。しかし安い商品であるがゆえに、操作性や機能性に不安をもってしまう人もいるのではないでしょうか。

この記事では『MXGM10DB』を実際に購入し、商品の特徴や操作性などについて検証してみました。ぜひ参考にしてくださいね。

MXGM10DBとは?

ELECOM『MXGM10DB』は、マウスの「握る」「左右にスライドさせる」といった動作を行なう際によく使う親指・薬指に注目した右手用のワイヤレスマウス。この部分になじむ形状に設計することで、握りやすさを徹底的に追求しました。

98%もの医師が「人に勧めたい」と評価(公式サイトより*1)しているほどの信頼性。また奇をてらわない5ボタン構成で、それぞれが押しやすい配置になっています。

多少の凹凸やホコリがあっても快適に使用できる、BlueLEDを搭載。ガラスやテーブルクロスの上など、使用する場所を選びません。

また、Googleが提供しているChrome OSを搭載したノートパソコン『Chromebook』の標準マウスとして使える、「Chromebook対応認定」も取得。『Chromebook』は使用できる周辺機器が少なく、どれを選べばいいかわからない人も多いかもしれませんが、『MXGM10DB』なら気軽に使用できますよ。

*1:ELECOM『EX-G ワイヤレスBlueLEDマウス Mサイズ』公式サイト:
https://www.elecom.co.jp/products/M-XGM10DBBK.html

MXGM10DBのセット内容は?

MXGM10DBのセット内容

『MXGM10DB』のセット内容はマウス本体、レシーバユニット、単3乾電池1本、ユーザーズマニュアル。レシーバユニットをパソコンのUSB端子に差し込むだけでセッティングは完了です。

マニュアルにはセッティングの仕方だけでなく、管理ツールのインストール方法や操作方法も記載されています。やはり紙の説明書が付属されていると便利ですよね。

MXGM10DBの評判や口コミをまとめてみた

MXGM10DBの口コミは?

とてもリーズナブルで使いやすいイメージの『MXGM10DB』ですが、実際に使っている人はどう感じているのでしょうか。ここでは『MXGM10DB』のポジティブな口コミとネガティブな口コミをまとめてみました。

MXGM10DBのポジティブな評判や口コミ

やはり「ワイヤレスなのに安くて使いやすい」という評判が多いですね。握りやすさにこだわって作られたフォルムの評判もいいようです。

また「クリック音が静かでいい」という声もありました。

MXGM10DBのネガティブな評判や口コミ

「ポインターの動きが不安定・敏感すぎる」という声がありました。ポインターの動きが速すぎて使いづらいようですね。管理ツールで移動速度を落としたほうがよさそうです。

クリック音については「静音マウスに比べるとやはり気になる」という人も。また左側のサイドグリップがレザー調で滑りにくい反面、「汚れが気になる」という声もあります。

MXGM10DBを実際に使って検証

ELECOM『MXGM10DB』を実際に購入して使ってみました。「デザイン」「握りやすさ」「操作性」「カスタマイズ」の観点から、それぞれ検証していきます。

MXGM10DBのデザインは?

まずは『MXGM10DB』の外観を見ていきましょう。医師が認めたフォルムなどの特徴も合わせてご紹介します。

上から見たところ

MXGM10DBを上から撮影

『MXGM10DB』のフォルムは、中央付近から上端・下端までの傾斜がやや大きめ。左側のスカート部分が広く、安定性はよさそうです。

MXGM10DBを上端から撮影

上端側から見ると、傾斜の大きさが際立って見えますね。ちなみに、ホイール下の「ELECOM」と書いてある部分はボタンではありません。

横から見たところ

MXGM10DBを左側から撮影

サイドには2つのボタンがあり、管理ツールで機能を割り当てることができます。スカート部分はサイドボタンよりもさらに奥までへこんだ形になっていますよ。

裏から見たところ

MXGM10DBの裏側を撮影

『MXGM10DB』を裏側から見てみました。右下に電源オン・オフのスイッチ。

MXGM10DBの裏側上端

電源オン時は上側のLEDが青く点灯します。

MXGM10DBの電池部分

乾電池は単3。同梱されている乾電池で、しばらくは問題ないでしょう。

レシーバーの収納場所

なにげに便利なのが、中央にあるくぼみ。ここには外したレシーバユニットを挿しておくことができます。小さくてなくしやすいものですから、これはうれしいですよね。別の場所に持っていくときにも役立つでしょう。

MXGM10DBの握りやすさは?

「握り心地」のよさにこだわって作られ、多くの医師がおすすめするという『MXGM10DB』ですが、本当に手にしっかりフィットするのか検証してみました。

筆者の手のサイズ

筆者の手の大きさはこのような感じ。ハンドボールが握れないので、男性としては小さいサイズだと思います。

MXGM10DBを握る手

握ってみると、しっかりとフィットしました。中央付近から上下左右の端までの傾斜が大きいので、多少大きい手や小さい手でも、持ちにくいほど手に合わないことはないでしょう。

MXGM10DBとはかり

重さは電池を入れた状態で97.8g。軽いです。軽いマウスは長時間使っても疲れにくくてよいですね。実際に筆者は使い心地を試すために3時間ほど使い続けましたが、手に疲労感はほとんど残りませんでした。

親指を配置する左側だけでなく、薬指を配置する右側も少しだけへこんでいるため、とても持ちやすく感じました。どちらもラバー素材なので、指の置き心地がいいです。

MXGM10DBの左側

マウスの左側。丸で囲んだ部分が大きくくぼんでいます。

MXGM10DBの右側

マウスの右側。こちらも丸で囲んだ部分がへこんでおり、薬指を置くのに便利。

2つのサイドボタンはそれぞれ大きさが異なるため、触るだけでどちらのボタンか認識できます。ふだんは親指をくぼんだところに置いて、必要なときだけサイドボタンを押すという操作も自然にできました。

筆者は握り心地にまったく不満はなかったです。ラバー素材なので汚れやすいデメリットがあげられていましたが、そこは日ごろの拭き掃除を欠かさないことで解消できるでしょう。

MXGM10DBの操作性は?

まず感じたのは、ポインターの動きがデフォルトでは少し速すぎるということ。

MXGM10DBの管理ツールキャプチャ1

管理ツールでマウスポインタの速度を左に4つくらい遅くすると、筆者にはちょうどよくなりました。スクロール速度も変えられますが、こちらはデフォルトのままでも気にならなかったです。

クリックボタンの押し心地は快適。サイドボタンも含めてクリック音はそれなりにするので、静かな場所ではちょっと気になるかも。筆者はそれほど気になりませんでしたけどね。スクロールホイールの音は静かです。

サイドボタンはデフォルトの状態では「進む」「戻る」が設定されています。これは便利。ページを変えるのがボタンひとつで済むのはありがたい!

MXGM10DBをタオルの上で動かす

使う場所を選ばないBlueLED搭載ということで、接地面が不安定なタオルの上で実際に使ってみましたが、まったくストレスなく動きました。

MXGM10DBをチラシの上で動かす

やたら情報量が多いチラシの上で操作するとマウスの誤認識が起こりそうな気もしますが、こちらもまったくノンストレスに動きましたよ。

MXGM10DBを使用して絵を描く

ペイントツールで絵と文字を書いてみました。デフォルトの状態ではマウスの感度がよすぎて、逆に操作がしづらいですね。

管理ツールでカスタマイズしやすい?

エレコムアシスタントのURL(取扱説明書)

説明書に記載されているURLにアクセスすれば、管理ツール「エレコムマウスアシスタント5」をダウンロードできます。

ボタン機能割当

MXGM10DBの管理ツール2

ここではボタンごとに機能を割り当てられるほか、フライングスクロール機能の設定、マウスポインタやスクロールの速度変更が可能です。

ボタン機能は5つのボタンで設定可能な候補はすべて同じ。左クリックに「Enter」を設定することもできますが、筆者はデフォルト状態がいちばん使いやすかったのでまったく変更は加えませんでした。

もうひとつ気になるのは「フライングスクロール」機能。これは「中クリック/オートスクロール」を設定したボタンを押すと、ホイールを強く回すことで自動スクロールが可能になるというもの。

ホイールの回転数やスクロール速度などを自分好みで設定できるので、長い文章を読み進めたいときなど、かなり重宝しそうです。

プレゼンテーションモード機能割当

MXGM10DBの管理ツール3

こちらはPowerpointなどでプレゼンをするときなどに便利なページ送りや戻しなどをマウス操作で行なえるようにするものです。

ただし、ボタンのどれかに「プレゼンテーションモードON/OFF」が設定されていないと使えません。便利な機能ですが、今の筆者には使う機会はなさそうです。

ジェスチャー機能割当

MXGM10DBの管理ツール4

ジェスチャー機能とは、マウスの動きでキーボードのボタン操作などが可能になるというもの。たとえば「マウスを右にスクロールさせると、Enterボタンのかわりになる」というような使い方ができます。

こちらもボタンのどれかに「ジェスチャー機能」を設定しておかないと使えません。設定も少し手間がかかりますが、使いこなせるとより便利なマウスになりそうです。

ELECOM『EX-G ワイヤレスBlueLEDマウス Mサイズ(M-XGM10DB)』

エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK エレコムマウスワイヤレス(レシーバー付属)Mサイズ5ボタン(戻る・進むボタン搭載)BlueLED握りの極みブラックM-XGM10DBBK

出典:Amazon

サイズ 幅73.8×奥行109.6×高さ40.8mm
対応OS Windows、Mac OS、Macintosh OS、Chrome OS
読み取り方式 光学センサー方式
ボタン数 5個 ※ホイールボタン含む
電源(本体) 単3形アルカリ乾電池、単3形マンガン乾電池、単3形ニッケル水素電池のいずれか1本
連続動作時間 約370時間
想定電池使用期間 約722日

コスパのいいMXGM10DBはふだん使いに選びやすい!

MXGM10DBレーダー

MXGM10DBを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

ELECOM『MXGM10DB』を実際に購入し、商品の特徴や操作性などについて検証してきました。

リーズナブルな分、余計なものを排除したシンプルなマウスといえるでしょう。しかし握りやすさを重視したフォルムは、実際に使ってみてもやはり手にしっかりフィット。デフォルトのままでもじゅうぶん使いやすい機能を管理ツールを使ってさらにカスタマイズすることができます。

それほどパソコンを使いこなしているわけではなく、仕事やプライベートでひととおり使えればいいという人におすすめ。コストパフォーマンスの面では、かなり優れているといえるでしょう。

興味を持った人は、ぜひ『MXGM10DB』を使ってみてくださいね!

そのほかのマウスに関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様を変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:micksrate、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

トラックボールおすすめ8選|ロジクールやエレコムなど人気モデルを厳選

ITライター酒井麻里子さんへの取材をもとに、マウスの中でも一度使ったら手放せないという声も多いトラックボールについて、選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介します。この記事では、ロジクール、エレコム、ケンジントンなど人気ブランドのエントリーモデルから上級者が納得できる1台までをご紹介。通販サイトの人気売れ筋ランキングも確認していただけます。ぜひ手にしっくりなじむトラックボールを見つけてください!


【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

【2020年版】キーボードおすすめ23選|Windows用ほかMacとの両対応モデルも

ITサポートエンジニアの古賀竜一さんにいただいたアドバイスをもとに、おすすめのキーボードを紹介します。快適なキータッチで軽快にタイピングができると、パソコン作業の効率にも影響します。本記事ではキーボードとマウスのセットや、Macでも使えるキーボードも合わせて紹介しますので、参考にしてみてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

ワイヤレスキーボードおすすめ8選|人気のロジクール製ほかゲーミングモデルも!

プロの家電販売員のたろっささんへの取材のもと、ワイヤレスキーボードの選び方とおすすめ商品をご紹介します。また、ワイヤレスキーボードが反応しなくなったときのチェックポイントも解説してますのでぜひ参考にしてください。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

静音マウスのおすすめ5選|集中力を切らさない【Bluetooth対応タイプも】

ITライターの酒井麻里子さんに聞く、静音マウスの選び方とおすすめ5選ご紹介します。PC操作に便利なマウスですが、図書館や授業中、深夜の作業では小さなクリック音でも気になるものです。このような環境でPCを操作することが多い方は、静音マウスを使うと便利ですよ! 商品選びにお困りの方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。記事後半には、Amazonなどの人気売れ筋ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。


【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

【2020年】ゲーミングキーボードおすすめ17選|片手用やテンキーレスなども

IT・テックライターの石井英男さんに取材した内容をもとに、ゲーミングキーボー17選と選び方をご紹介します。世界大会の開催やプレイヤーのプロ化など、PCゲームを取り巻く環境は急速に変わりつつあります。そして、ゲームをプレイするためのデバイス(機材)もまた進化しています。なかでも、自分の手足の役割を果たすキーボードは、その操作性によってプレイの結果に違いをもたらす重要パーツのひとつ。さらに、タイプ別の人気商品や通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ商品選びの参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


ELECOM(エレコム)

新着記事


2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

2020年Amazonサイバーマンデー|BigSaleの折り返し!目玉商品を編集部が厳選紹介!

Amazonの3大セールのひとつ「サイバーマンデー」。ゲーム機、家電、日用品などをセール価格で購入できるイベントです。毎年趣向を凝らした限定商品や、目玉アイテムが展開されます。お得な商品を逐一チェックしたいひとや、クリスマスプレゼントを探している人などにおすすめ。本記事では、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、数量限定のおすすめセール攻略法などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

【2020年】Amazonブラックフライデーの目玉商品33選|今年最後のBigSaleを編集部が厳選

2019年に続き2020年のAmazonの大規模セールAmazon Black Friday(ブラックフライデー)セール。今年はサイバーマンデーも同時期開催の運びとなり、5日間のロングセールとなります。攻略方法などの紹介に加え、事前に発表されているセール対象商品だけでなく、限定公開品をおすすめナビ編集部が厳選紹介していきます。


独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

独自の漂白活性化剤配合!『ワイドハイター EXパワー』ニオイの原因菌を分解!? 検証レビュー

タオルの生乾きのニオイ対策や黄ばみの漂白としても使用されることが多い『ワイドハイター EXパワー』。独自の漂白活性化剤がプラスされているので、ワイドハイターよりも洗浄力がアップ! さらにニオイや黄ばみ対策に期待ができますね。お店や通販でも、さまざまな種類の漂白剤が並んでいるので、どの汚れにどの漂白剤を使用したらいいのか迷ってしまいますが、汚れ落ちの効果はもちろんのこと、やはり日常的に使いやすいのは、「入れるだけ」の手軽さではないでしょうか? ニオイの原因菌の増殖を抑えたり、食べこぼし汚れにも期待できる『ワイドハイター EXパワー』を使用した後に感じたことをご紹介します!


ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

ユニ アルファゲルは疲れにくい&集中が続く! グリップのかたさのちがいも試して検証

『ユニ アルファゲル』は、三菱鉛筆が販売する握りやすさを追求したシャーペンです。やわらかなゲルグリップは疲れにくく、たくさん文字を書くひとにはぴったりのアイテム。集中力維持にも効果が期待できます。今回は、『ユニ アルファゲル』を実際に試したレビューをご紹介していきます。3種類ラインナップされたグリップのかたさも、すべて試して使い心地を比較。『ユニ アルファゲル』に興味があるひとや、どのかたさのグリップにするか悩んでいるひとは、ぜひ記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね。


セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

セラミックナイフもOK!『ダイヤモンドロールシャープナー』簡単な動作で使える研ぎ心地を検証レビュー

『ダイヤモンドロールシャープナー』は、セラミックナイフOKの両刃用手動シャープナーで、とても簡単に包丁を研ぐことができます。刃を傷めないバネ構造を採用しており、包丁研ぎになれていない人にも安心の商品です。しかし、口コミをみると「切れるようにならない」「刃がかけた」など悪い評価もあります。評判を気にして購入をためらっている人もいそうですね。そこで、口コミが正しいのか、実際に購入して試してみました。包丁の切れ味は復活するのか、安全性に問題はないのか、見極めてください!


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る