ハッピーターンは安定の美味しさ?口コミや評判を実食して検証!

ハッピーターンは安定の美味しさ?口コミや評判を実食して検証!

亀田製菓が販売している「ハッピーターン」。ハッピーターンは、日本が第一次オイルショックで不景気となっていた時代に「幸せ(ハッピー)がお客様に戻って来る(ターン)ように」との願いを込めて名付けられました。1976年の発売以来、多くの人に愛され続けているロングセラー商品。子どもの頃には食べていたけれど、どんな味だったかな?と、うろ覚えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、ハッピーターンを実食し、口コミや評判と比較しながらその味などについて検証しました。「実は食べたことがない」という方や「どんな味だったか覚えていない」という方も是非参考にしてみてください。


ハッピーターンを実際に食べてみました

ハッピーターン全体パッケージ

『ハッピーターン』が発売開始されたのは、1976年のこと。当時は堅焼きしょうゆせんべいが主流だった時代でしたが、『ハッピーターン』は洋風で甘い味のおせんべいをコンセプトとして開発されました。

おせんべいの表面に「ハッピーパウダー」と呼ばれる粉を振りかけることで、甘じょっぱくてクセになる味に仕上げています。

また、『53gパウダー250%ハッピーターン』や『67gハッピーターン』には、ラッキーアイテムであるハートの形をした「ハートハッピー」が入っていることがあり、遊び心も忘れていません。

今回の検証では、おやつとして食べてみるのに加え、お酒のおつまみとして合うのかどうかも試してみました。

ハッピーターンとは?

『亀田の柿の種』や『おばあちゃんのぽたぽた焼』など数々のロングセラー商品を世に売り出してきた亀田製菓。

『ハッピーターン』も、その亀田製菓を代表する商品のひとつです。元気が出そうな暖色系のパッケージは、まさに食べる人の気持ちをハッピーにしてくれそうですね。

『ハッピーターン』は、パウダーキャッチ製法で、美味しさの元である「ハッピーパウダー」をせんべい表面のへこんだ部分にしっかりとキャッチ。一度食べたら止まらない、クセになる味に仕上がっています。

ハッピーターンの原材料名

原材料には、うるち米やもち米粉、たんぱく加水分解物、食塩、粉末油脂、酵母パウダーなどが使用されています。

少し残念なことに、この原材料名を確認するだけでは、なにが「ハッピーパウダー」を作り出しているのかまでは読み解けませんでした。

ハッピーターンの口コミや評判は?

ハッピーターンの口コミは?

『ハッピーターン』についての口コミ・評判をインターネット上で探してみたところ、やはり「美味しい」「食べだしたら止まらない」と絶賛する声が多数ありました。

そのほかにもさまざまな口コミがあったので、ポジティブな口コミだけでなく、ネガティブな口コミもまじえて紹介します。

ハッピーターンのポジティブな口コミ

まずは、ポジティブな口コミです。

こちらは、「美味しくて、手が止まらない」という意見が多い傾向にありました。「美味しすぎるがゆえに1袋を一気に食べてしまった」と、メーカーの方が聞いたら泣いて喜びそうな声も。

また、「ハッピーターンが大好きで親子で食べている」といった家族でハッピーターンを囲んでおやつタイムをしている様子も伺えました。

子どもから大人まで、年代を問わずに美味しさを感じられる『ハッピーターン』。ロングセラーである理由がよくわかりますね。

ハッピーターンのネガティブな口コミ

美味しさを感じる人が多い一方、「塩辛くて食べられない」という人も。

「昔食べたハッピーターンよりも、味が濃くなっているのでは?」と疑問を投げかけていた口コミもありました。塩分が気になっているという人には向いていないのかもしれませんね。

ハッピーターンを実食した感想を紹介!

口コミでは「美味しい!」「手が止まらない」と絶賛の嵐だった『ハッピーターン』。

筆者自身も子どもの頃によく食べていましたが、確かに手が止まらなかった記憶があります。その頃から10年ほど経った今、あらためて『ハッピーターン』を子どもと一緒に食べてみました。

今回購入したのは、『32gハッピーターン』です。

ハッピーターンの美味しさで皆がハッピーに!

皿の上にハッピーターン

袋から取り出してみると、昔と変わらぬ形にたっぷりとかかっている「ハッピーパウダー」。子どもの頃に食べた『ハッピーターン』と何も変わらずに一安心しました。

ハッピーターンといえば、個包装されているイメージが強く残っていましたが、今回購入したハッピーターンは個包装されてはいませんでした。1~2人で食べ切るのにはちょうどいい量だったと思います。

はじめてハッピーターンを食べた子どもにも好評!

ハッピーターンを食べる子ども

一口食べるとハッピーパウダーの甘じょっぱい味が口いっぱいに広がりました。「昔よりも味が濃くなったのでは?」という口コミもありましたが、私にはそう感じませんでした。

我が家の5歳児は、今回はじめてハッピーターンを実食しましたが、テーブルに出したとたん、みるみるうちに完食しそうな勢いで食べ進め、「ちょっと待った!」と割って入るほど。

手が止まらない美味しさ!

割ったハッピーターンのアップ

おせんべいはほどよくサクサクとしていましたが、いわゆる堅焼きせんべいより堅くはありません。食べ続けていてもあごが痛くなるような堅さではないためか、手が止まらないのです!

食べ過ぎには注意したいところですね。

手が汚れるので注意

ハッピーターンのアップ

パッと見ではわかりにくいですが、『ハッピーターン』の表面には想像以上に「ハッピーパウダー」がついています。『ハッピーターン』を食べていくうちに、その「ハッピーパウダー」が手にどんどんついてしまいました。

今回私が実食した『ハッピーターン』は個包装されていなかったため、ハッピーパウダーが手についてしまうのを回避できず。

個包装されていない『ハッピーターン』を食べるときは、お手拭きを用意しておいたほうがいいでしょう。

おつまみにもぴったり

ハッピーターンと塩トマト

『ハッピーターン』は、おやつとしていただくのもいいですが、晩酌のお供としてもぴったり。

甘じょっぱい『ハッピーターン』は、ビールはもちろんのこと、ワインや日本酒などとも相性抜群です。ミニトマトと一緒におつまみとして用意して、晩酌してみてもいいですね。

また、『ハッピーターン』を砕いてトマトの上にまぶすと、甘じょっぱい『ハッピーターン』が良いアクセントに。切っただけのトマトにちょっとした隠し味と歯ごたえの良さが加わって、よいおつまみになりました。

アイデア次第では、料理のトッピングとしての活躍も期待できそうです。

亀田製菓『32g ハッピーターン』

亀田製菓ハッピーターン(10袋入り)32g 亀田製菓ハッピーターン(10袋入り)32g 亀田製菓ハッピーターン(10袋入り)32g 亀田製菓ハッピーターン(10袋入り)32g 亀田製菓ハッピーターン(10袋入り)32g

出典:Amazon

内容量 32g
賞味期限 150日
主原料 うるち米(米国産、国産)、植物油脂、砂糖、でん粉、もち米粉(タイ産)、たん白加水分解物、食塩、粉末油脂、酵母パウダー、ほか
アレルゲン表示 大豆(卵、乳成分、小麦、えび、落花生を使用している工場で生産しています)

ハッピーターン実食レビューまとめ

ハッピーターンレーダー

ハッピーターンを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

今回、はじめて食べてから約10年の時を経て亀田製菓の『ハッピーターン』を実食しましたが、美味しさは昔と変わらず健在でした。はじめて『ハッピーターン』を食べた子ども達にも好評です。

甘じょっぱい食感は、子どもから大人まで共通してクセになる味わいに仕上がっており、塩っぽさが気にならない方にはおすすめです。

おやつとしてだけではなく、晩酌のお供としても活躍します。ストックしておくと、あらゆる場面で重宝するお菓子といえるでしょう。

今回紹介した『32gハッピーターン』以外にも、『60g ハッピーターンミニ4連』や『52g やさしいハッピーターン 4連』といった食べやすいひと口サイズの商品もあります。

まだ食べたことがない方は、是非とも試してみてはいかがでしょうか。

亀田製菓『60gハッピーターン ミニ4連』

亀田製菓ハッピーターンミニ4連×10袋 亀田製菓ハッピーターンミニ4連×10袋 亀田製菓ハッピーターンミニ4連×10袋 亀田製菓ハッピーターンミニ4連×10袋 亀田製菓ハッピーターンミニ4連×10袋

出典:Amazon

内容量 60g
賞味期限 150日
主原料 うるち米(米国産、国産)、植物油脂、砂糖、でん粉、もち米粉(タイ産)、たん白加水分解物、食塩、粉末油脂、酵母パウダー、ほか
アレルゲン表示 大豆(卵、乳成分、小麦、えび、落花生を使用している工場で生産しています)

亀田製菓『52g やさしいハッピーターン 4連』

亀田製菓やさしいハッピーターン4連×10袋 亀田製菓やさしいハッピーターン4連×10袋 亀田製菓やさしいハッピーターン4連×10袋 亀田製菓やさしいハッピーターン4連×10袋

出典:Amazon

内容量 52g
賞味期限 180日
主原料 うるち米粉(米国産、国産)、植物油脂、でん粉、砂糖、もち米粉(タイ産)、たんぱく加水分解物、粉末油脂、ほか
アレルゲン表示 未使用

そのほかの米菓に関する記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:michiyo_crowd、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


せんべいのお取り寄せおすすめ13選【味や食感いろいろ】全国各地のせんべいを厳選!

せんべいのお取り寄せおすすめ13選【味や食感いろいろ】全国各地のせんべいを厳選!

お土産やお中元などの贈り物として老若男女に愛されている「せんべい」。お米や小麦粉など原料が異なり、味も塩味や醤油、えびなどさまざまなものが販売されています。スーパーなどでも手軽に買うことができますが、せっかくなら有名店のものやご当地のせんべいをお取り寄せして食べたいですよね。そこで、レビューブロガーのsakko* さんに、せんべいのお取り寄せの選び方とおすすめの商品を教えてもらいました。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。


梅のお菓子おすすめ15選|梅好き必見! スーパーやコンビニでは入手困難なレア商品も!

梅のお菓子おすすめ15選|梅好き必見! スーパーやコンビニでは入手困難なレア商品も!

甘酸っぱい味わいがクセになる梅は、お菓子にしてもおいしさが引き立ちます。この記事では梅のお菓子の選び方とおすすめ商品をご紹介。スーパーやコンビニで買えるものから、ネットショップでしかお目にかかれないレアなお菓子まで幅広くピックアップしています。梅が好きでいろいろな味を楽しみたいという方も、最近梅のお菓子にハマり出した方も、ぜひお気に入りの「梅のお菓子」を見つけてみてください。


柿の種チョコおすすめ14選【亀田やフルタも】作り方・アレンジレシピも紹介!

柿の種チョコおすすめ14選【亀田やフルタも】作り方・アレンジレシピも紹介!

柿の種にチョコレートのコーティングがされたものや、クランチタイプのものなど、さまざまな商品が販売されている「柿の種チョコ」。定番の亀田やフルタ、浪花屋製菓の商品や、コンビニでは買えないご当地限定の柿の種チョコもあるので、お土産にもぴったり! この記事では、そんな柿の種チョコの選び方とおすすめの商品を紹介します。記事後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングや、手作りで柿の種チョコを作れるレシピも掲載! ぜひ参考にして、美味しい柿の種チョコを見つけてくださいね。


えびせんべいおすすめの11選|えびの種類にも注目【サクサク香ばしい!】

えびせんべいおすすめの11選|えびの種類にも注目【サクサク香ばしい!】

子どもからも大人からも愛されているえびせんべい。日々のおやつや旅先のおみやげ、贈答品としてもえびせんべいは人気が高いですよね。メーカーによって甘えびや白えびなど使用しているえびが違うのはもちろん、製法も異なります。そんなさまざまな種類があるえびせんべいの選び方を、フードアナリスト・平林玲美さんに伺いました。平林さんおすすめの商品も合わせてご紹介するので、ぜひ参考にして自分好みのえびせんべいを見つけてみてください。


柿の種おすすめ15選|人気のチョコやわさび味・梅ざらめ・ビーナッツなしも!

柿の種おすすめ15選|人気のチョコやわさび味・梅ざらめ・ビーナッツなしも!

お酒のおつまみやお土産として人気の柿の種。歴史あるお菓子でもあり、市販の辛口醤油味のほかチーズ味、柿の種チョコやご当地限定などの種類があります。 ピーナッツの比率もメーカーによってさまざま。この記事では、「科学する料理研究家」さわけんさんへの取材をもとに、柿の種の選び方とおすすめの商品を紹介します。記事の後半には、柿の種の美味しい食べ方や口コミチェックに役立つ通販サイトランキングも紹介しているので参考にしてください!


関連するブランド・メーカー


亀田製菓

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。