『スノーマン』冬になると読みたくなる! 子どもの記憶に残る絵本【現役ママの読レポ】

『スノーマン』冬になると読みたくなる! 子どもの記憶に残る絵本【現役ママの読レポ】

一度読むと忘れられない冬の名作『スノーマン』。文字がないのにもかかわらず、国境・世代を超えて読み継がれている不朽の名作には、一体どんな魅力があるのでしょうか?おすすめナビでは、絵本の内容やママの口コミを総まとめ! 実際、子ども達に読み聞かせたからこそ分かった愛され続ける理由を、絵本の魅力とともにお届けします。


『スノーマン』を実際に読み聞かせてみた! 文字がない絵本

スノーマン表紙

『スノーマン』は、イギリス生まれの冬の物語。世界中の人々から愛され続け、その発売からもうすぐ半世紀です

日本でもCMで放映されたり、グッズが販売されているので、絵本を読んだことがなくても、『スノーマン』に馴染みがある方は多いのではないでしょうか。

みどころは、何といっても「文字がない」というところ。絵の展開のみにも関わらず、世代を超えて読み継がれている『スノーマン』の魅力に迫ります。

『スノーマン』人の心を揺さぶる冬の物語 作者についても調査

【絵本情報】
作・絵 : レイモンド・ブリッグス
価格 :1,600円(税別)
出版社 : 評論社
ページ数 : 32ページ
サイズ : 30.2×21.6cm
出版年月日 : 1998年10月

1978年発売『ゆきだるま』の愛蔵版である『スノーマン』。主人公の男の子が”スノーマン”を作り、楽しい一夜を過ごすファンタジー物語。淡く優しい絵のタッチが特徴的

82年にはアニメーション化され、アカデミー賞にもノミネート。絵本作家レイモンド・ブリックス氏の代表作として人気を誇っている。

▼▼▼レイモンド・ブリックスってどんな人?▼▼▼
1934年生まれのイギリス の国民的絵本作家。『ゆきだるま』ではフランシス・ウィリアムズ・イラストレーション賞を、『さむがりやのサンタ』ではケイト・グリーナウェイ賞を受賞するなど、何世代にもわたって読み継がれる名作を生み出してきた。

読む人によって変わる言葉 『スノーマン』のココがすごい!

スノーマン図解

文字がなく、主人公の男の子の名前さえも分からないのに、読むと感情移入してしまう不朽の名作『スノーマン』。

読み始めると、まるで男の子と”スノーマン”の声が聞こえてくるかのようです。

読む人によって選ぶ言葉が違うのに、確かに心に届く絵本のメッセージ。心を揺さぶられる読者が多い理由を、さっそく探っていきましょう。

みんなの口コミ&レビュー 読者の評価は?

絵本『スノーマン』は、読者にはどう映っているのでしょうか?実際に『スノーマン』を読んだ方の口コミ&レビューをポイントを押さえて紹介します。

【高評価レビュー】

・優しい色使いの絵に癒される
・切なく優しい物語に涙した
・自分の作ったゆきだるまが動き出すなんて夢がある
・男の子の思いやりがほほえましい
・子どもの頃好きだったから、自分の子どもにも読んであげたい
・冬になると読みたくなる

【低評価レビュー】

・ラストが悲しい

低評価レビューが全く見当たらなかった『スノーマン』の口コミ。あえて挙げるとすれば、ラストが切なく悲しいというレビューがありました。

『スノーマン』は希望あふれるファンタジー絵本だった 実際に読んでレビュー

スノーマン子ども

では、本当のところどうなのでしょうか?実際に、『スノーマン』を我が家の子ども達に読み聞かせてみました。

文章がないのに読み聞かせできる?

文章がないので、最初、読み聞かせに不安がありました。それでもいざ読み始めると、自然と言葉がでてきます

つたないながらも読み聞かせると、子ども達は飽きることなく最後まで話に聞き入り、たまに自分達で声を入れたりして楽しんでいましたよ。

子ども達がもう少し大きくなったら、次は子どもが創る『スノーマン』の話を聞いてみるのも楽しいですね。

子どもが笑顔になれる言葉のチョイスするのがポイント

どんな別れのシーンも、やっぱり切ないですよね。ラストが悲しいという口コミもありましたが、別れのシーンにどんな言葉をのせるかで、聞く人への響き方が変わってくるところが『スノーマン』の醍醐味。

我が家ではパパが、「また雪が降ったらいいな。」という主人公の男の子の言葉で締めくくっていました。子ども達の顔にはもちろん笑顔。一気に希望に溢れたストーリーになりましたよ。パパやママ、子どもたちがどんな言葉を選ぶのか、違いを楽しむのも素敵ですね。

実際に読んでみて分かったこと

おもしろかったのは、パパと筆者の表現が違ったこと。表現方法も、話し方も、気になるポイントも違いました。世代を超えて読み継がれている大きな理由は、「大好きな人の言葉」が子ども達の記憶に確実に残っているからではないでしょうか。

読み聞かせを通して、『スノーマン』は、親の言葉で子どもの心に直接語りかけられる絵本だということが分かりました。

評論社『スノーマン』

スノーマン(児童図書館・絵本の部屋)

出典:Amazon

作・絵 レイモンド・ブリッグズ
出版 評論社
ページ数 32ページ
サイズ 縦32.0×横21.6cm
初版 1998年10月

『スノーマン』は世代を超えて手元に置いておきたい名作 レビュー総括

『スノーマン』は、冷たく寒い冬のお話なのに、心がホッと温まるストーリー。読み聞かせは、きっと家族の特別な時間になるでしょう。季節の絵本がほしい方にも、冬に贈る子どもへのプレゼントにもぴったりです!

今回紹介した『スノーマン』の他に、竹書房からは、訳付きの絵本も出版されています。人によってはそちらの方がいいという方もいるかもしれませんね。

冬になると読みたくなる世界の名作『スノーマン』。この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

竹書房『スノーマン』

スノーマン

出典:Amazon

作・絵 作・絵:レイモンド ブリッグズ/訳:樹山 かずみ
出版 竹書房
ページ数 32ページ
サイズ 縦22×横25cm
初版 1994年11月

評論社『スノーマン とびだすアコーディオンブック』

スノーマン―とびだすアコーディオンブック(児童図書館・絵本の部屋・しかけ絵本の本棚)

出典:Amazon

作・絵 レイモンド・ブリッグズ
出版 評論社
ページ数 14ページ
サイズ 縦13×横13cm
初版 2014年10月

大日本絵画『パペットスノーマン』

パペットスノーマン(パペットしかけえほん)

出典:Amazon

作・絵 作・絵:レイモンド ブリッグズ/訳:おがわ やすこ
出版 大日本絵画
ページ数 10ページ
サイズ 縦26×横26cm
初版 2013年9月

そのほかの絵本の記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:牛島、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【0~5歳】絵本のおすすめ年齢別62選|読み聞かせや子どもが自分で読める人気ベストセラーも

【0~5歳】絵本のおすすめ年齢別62選|読み聞かせや子どもが自分で読める人気ベストセラーも

絵本専門士の柴田 香さんに取材のもと、お子さんの年齢や興味にあわせた絵本の選び方と、読み聞かせにピッタリなおすすめ絵本を、0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳と年齢別に紹介していきます! 後半にはAmazonや楽天市場など通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。


絵本セットおすすめ15選【出産祝いやプレゼントに】人気ランキングも

絵本セットおすすめ15選【出産祝いやプレゼントに】人気ランキングも

絵本セラピストの福井一恵さんへの取材をもとに、ご自宅用はもちろん、プレゼントにもぴったりの絵本セットを紹介します。「子どもが好きな絵本をいくつかそろえたい」「出産祝いやクリスマスのギフトとして絵本を贈りたい」という人にぴったりの絵本セット。子どもが好きな絵本をセットでそろえれば喜ばれますし、読まない絵本が出る心配もありません。この記事を参考にすてきな絵本セットをさがしてみませんか? 通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


大人の絵本おすすめ25選【心のデトックス】泣ける絵本やブラックユーモア作品も!

大人の絵本おすすめ25選【心のデトックス】泣ける絵本やブラックユーモア作品も!

絵本専門士の高橋真生さんへの取材をもとに、大人の絵本選びのポイントとおすすめの絵本を紹介します。絵本というと、小さな子どものために読むもの、子どもがわかりやすいもの、というイメージがあるかもしれません。しかし、読み聞かせているときや、ふと子どものころに読んでもらった本を読み返したときに、じわっと感動することはありませんか? 秀逸な作品は大人の読者の心をも揺さぶります。「大人だからこそ気付ける、文の持つ雰囲気、リズム、そして沈黙を味わって、絵も楽しもう」という高橋さんのアドバイスやおすすめ商品を参考にしてくださいね。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングへのリンクもあるので売れ筋や評判・口コミなども確認してみましょう。


【月齢別】布絵本のおすすめ23選|仕掛けいっぱいでギフトにも人気! 手作りキットも紹介

【月齢別】布絵本のおすすめ23選|仕掛けいっぱいでギフトにも人気! 手作りキットも紹介

この記事では、ママライターでチャイルドボディセラピストの榮 樹実さんへの取材をもとに、布絵本の選び方とおすすめ商品を月齢別にご紹介します。新生児から幼児までおすすめ商品をピックアップ! 楽しい仕掛けはもちろん、洗濯のしやすさにも注目。人気のはらぺこあおむしやアンパンマンも紹介します。通販サイトの売れ筋人気ランキングとあわせてチェックしてくださいね!


1歳児向け絵本のおすすめ10選|男の子が好きなのりものや人気のどうぶつ絵本も!

1歳児向け絵本のおすすめ10選|男の子が好きなのりものや人気のどうぶつ絵本も!

絵本の読み聞かせは、親子のきずなを深めるとともに子どもの創造力や感受性を育みます。とくにだんだんと言葉を理解しはじめる1歳前後は、絵本に興味を持ってもらう絶好のチャンス! この時期にたくさん絵本の読み聞かせをしてあげましょう。本記事では、絵本専門士・柴田 香さんへの取材をもとに、1歳児向けの絵本の選び方とおすすめ商品を紹介します。どうぶつやのりものをテーマにした絵本、夏をテーマにした季節系の絵本などジャンルもさまざま。プレゼントにも喜ばれるステキな絵本ばかりです。ぜひ参考にしてみてください。


関連するブランド・メーカー


大日本絵画 竹書房

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。