ライスクッカーおすすめ10選|野外でも炊き立てのおいしいご飯を!

ライスクッカーおすすめ10選|野外でも炊き立てのおいしいご飯を!
アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®
SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。 アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。 サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。 同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。

アウトドアライター・キャンプブロガーであるSAMさんへの取材をもとに、ライスクッカーのおすすめ商品と選び方をご紹介します。ご飯がおいしく炊けるライスクッカーは、キャンプなどのアウトドアで大活躍してくれます。しかしその種類や形、サイズはさまざまで、メーカーによって機能も異なります。ぜひこの記事を参考に、自分にぴったりのライスクッカーを見つけてくださいね。


ライスクッカーの魅力 飯ごうとどう違う?

直火でごはんを炊く様子
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

ライスクッカーと飯ごうってどう違うの? と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。飯ごうはアウトドアでお米を炊く調理器具として一般的ですが、慣れた人でないと火加減や水加減が難しいです。

一方、ライスクッカーは飯ごうに比べて厚みがある構造なので、炊飯時間が短縮でき、焦げ目や炊きムラが起こりにくいのが特徴。初心者でも比較的使いやすいのがメリットです。

ライスクッカーの選び方 容量・素材・機能

まずはライスクッカーの選び方をご紹介していきます。容量や素材など、チェックしておきたいポイントごとに詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。使いやすいライスクッカーを手に入れて、キャンプご飯を楽しみましょう!

キャンプの人数に応じて容量を選ぶ

ライスクッカーを使用する際は人数に応じて容量を決めましょう。気ままにひとりキャンプを楽しむのであれば2合炊きかそれ以下のもの、仲間や家族で使用するのであれば5合までたっぷり炊けるものもあります。

また、クッカーがいくつかセットになった便利な商品も。製品によっても容量は異なるので事前に確認しましょう。

ライスクッカーの素材にも注目しよう

ライスクッカーに使われている素材はおもにアルミとステンレスです。アルミ製は飯ごうでもよく使われる素材。熱伝導はいいですが、強度はそれほど高くありません。それに対してステンレス製は、サビにくく頑丈なのが特徴。初心者でも扱いやすい素材と言えるでしょう。

また、熱伝導率は低いものの、軽量で耐食性にすぐれたチタンを使ったものもあります。熱しにくくうまくお米が炊けなさそうなチタンですが、メーカーオリジナルの構造でおいしくご飯が炊けるライスクッカーも開発されています。購入の際はそれぞれの特徴を知り、自分に合ったものをチョイスしてくださいね。

それぞれの商品の機能もチェック

よりおいしいご飯を調理するために、ライスクッカーについている機能にも注目しましょう。内側に目盛りがついているものや、重ねてスタッキング収納できるものなどは便利に使えます。フッ素加工やテフロン加工があると、焦げ付き防止になりお手入れもラクチンです。自分が使う状況を想像して、必要な機能を見極めて選びましょう。

おすすめのアウトドアメーカーから選ぶ

ライスクッカーはさまざまなアウトドアメーカーから販売されています。信頼性と機能性を重視するのであれば、大手メーカー製品を選ぶのもひとつの手です。代表的なメーカーの特徴をご紹介していくので、参考にしてみてください

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

キャプテンスタッグはアイテムの種類とデザインの豊富さで多くの支持を得ている、国内大手アウトドアメーカーのひとつ。とくにステンレス製のものやチタン製のものなど、品質と価格が見合った製品が多いのが特徴です。ライスクッカー以外の調理器具も一緒にそろえることもできます。

UNIFLAME(ユニフレーム)

日本屈指の金属加工の町、新潟県燕市に本社を置くのがユニフレーム。それゆえにクオリティの高いステンレス製品を多数そろえ、ユニークなアイデア力と多数の定番ギヤで、キャンパーから長年の支持を集めています。独自の特徴を持つさまざまな製品があるので、ぜひチェックしてみてください。

trangia(トランギア)

スウェーデン発のメーカーであるトランギア。熱伝導の高いアルミニウム製のアイテムが多く、軽くて持ち運びやすいので多くのキャンパーに愛されています。ほかのメーカーの商品と比べると比較的安価なのもうれしいポイントです。

自分のレベルに合うモデルを選ぶ アウトドアライター・キャンプブロガーによるアドバイス

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

実は、もっとも難しいアウトドアの調理は「炊飯」です。ふだんスイッチを押すだけのことをアウトドアではフルマニュアルでおこなうわけですから。それは翻(ひるがえ)って、炊飯を極めるのはアウトドアの大きな楽しみともいえるのです。

そうは言ってもできるだけ失敗をしたくはない、いやむしろチャレンジしてみたいなど、どう思うかはキャンパー次第。自分の求めるレベルにそぐうモデルはどれかを見極めましょう。

ライスクッカーおすすめ10選 工夫の凝らしたものからお得なセットまで

ここまでの選び方のポイントをふまえたうえで、ここからはライスクッカーおすすめの商品をご紹介していきます。ご飯がおいしく炊けるよう工夫の凝らしたものからお得なセットまで、さまざまな商品をピックアップしました。ぜひお気に入りのアイテムを探してみてください。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

私がもっとも長く、もっとも信頼をして使い続けるライスクッカーがユニフレーム『fanライスクッカーDX』。実に安定した調理ができ、まず失敗がない。同時においしく炊けるのだから言うことなし。ユニフレーム本拠地の新潟は誰もが知っているコメどころ。

おいしいご飯を炊けるかどうかは沽券(こけん)にかかわります。少し慣れてくるとおこげをおいしく作ることもできます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanライスクッカーDX(660089)』

UNIFLAME(ユニフレーム)『fanライスクッカーDX(660089)』

出典:Amazon

サイズ (約)直径210×高さ115mm
重量 約770g
容量 2~5合
素材 アルミニウム(フッ素加工)

目盛りつきで水加減が分かりやすい

焚き火・炭火・バーナーとあらゆる調理法でご飯が炊けるライスクッカー。加熱時に圧力をかける重いフタが、「カタカタ」という合図で難しい火加減のタイミングを教えてくれます。大切な水加減も、目盛りつきで誰でもカンタンに調節が可能。初心者でも扱いやすいでしょう。

2mmの肉厚なアルミニウム製なので、鍋の底部と上部の温度差を小さくできるのもポイント。野外でよりおいしいご飯を食べたい人は必見のアイテムです。

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

ビギナーが無理なく間違いない炊飯をしたいとなれば、コールマン『アルミライスクッカー』でしょう。炊飯の補助になる付属品もほぼオールインワン。よくみれば黒と赤のデザインがちょっとスタイリッシュでこれもよし

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』

Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』

出典:Amazon

サイズ (約)直径190×高さ180mm
重量 920g
容量 3合
素材 アルミニウム、ステンレス

うまみを逃がさない2重の内ブタ

鍋・内ブタのほかに米とぎ用のザルと軽量カップがついた商品。フタが二重層になっているのが特徴。鍋は2.5mm厚みのアルミ製なので熱伝導率がよく、また内ブタは放射状に穴が開いており、うまみを閉じ込めてくれます

耐久性にもすぐれているので強い火力にさらしてもキズつきにくく、ノンスティック加工もされているので焦げ目もつきにくくなっています。

UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜 3合炊き(660218)』

UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜3合炊き(660218)』 UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜3合炊き(660218)』 UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜3合炊き(660218)』 UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜3合炊き(660218)』

出典:Amazon

サイズ (約)直径206×高さ150mm
重量 約1350g
容量 3合
素材 アルミ鋳造

内部のすり鉢形状がお米をふっくらさせる!

羽釜炊きタイプのライスクッカーです。本体には蓄熱性の高いアルミ、フタとハンドルにはステンレスを採用。羽釜の内部がすり鉢形状になっているため、対流が起こることでご飯がふっくらおいしく炊きあがります

天然木のフタのツマミが雰囲気のあるデザインも魅力的。写真映えするキャンプを楽しみたい人にもおすすめです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』

CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』

出典:Amazon

サイズ (約)外径175×高さ140mm(本体のみ)
重量 810g
容量 5合
素材 18-10ステンレス

バツグンの伝熱性を保持する5層構造ライスクッカー

伝熱性の高い軟鉄を耐食性にすぐれた18-10ステンレスで挟んだ、5層構造のライスクッカー。高い耐久性により多少の衝撃ではキズつきにくく、火力の強い焚き火やガスバーナーでの調理にもしっかり対応します。

内部には便利な目盛つきで、初心者にもやさしい作りです。たっぷり5合炊きなので、大勢のキャンプやバーベキューで強い味方になってくれるでしょう

Keith(キース)『Multifunctional Titanium Cooker(Ti6300)』

Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』 Keith(キース)『MultifunctionalTitaniumCooker(Ti6300)』

出典:Amazon

サイズ 幅118×奥行108×高さ158mm
重量 256g
容量 2合
素材 チタン

IH対応で外でも自宅でも使用可能

チタン製の2合炊きライスクッカーです。外ポットから内ポットに蒸気が入ることで熱をまんべんなくお米に伝え、「蒸し」ながら炊くことが可能

非常に軽くて耐久性にすぐれているので、野外ではひとりキャンパーに向いています。ガスや焚き火だけでなくIHにも対応しているので、自宅で使いやすいところもうれしいですね。

大木製作所『アルポット』

大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』 大木製作所『アルポット』

出典:Amazon

サイズ 直径130×高さ250mm
重量 約1.5kg
容量 2合
素材 ステンレス

アルコールコンロ付属で着火するだけ!

ガスや電気を使わずに沸かす、煮る、炊く調理ができる画期的な商品。底部にアルコールコンロがついており、燃料を注いで着火するだけなので、初心者でも手軽に使うことができます。

お米2合が炊けるだけでなく、一度に800mlまでのお湯を沸かすことができるので味噌汁やラーメンなども味わえます。ひとりキャンプにピッタリの便利なアイテムです。

Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』

Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』

出典:Amazon

サイズ 鍋大:142×66mm、鍋小:121×61mm、フタ兼用フライパン:146×30mm、フタ兼用皿:129×14mm
重量 447g
容量 -
素材 ステンレス

一食分が一度に調理できる便利なセット

大鍋と小鍋、フタ兼用フライパン・皿のクッカー4点セット。大鍋でおかずを調理し小鍋でご飯をたけば、これだけでひとりぶんの食事が作れます。アウトドア用調理器具を持っていない初心者にありがたいセットです。

順番に重ねればスタッキング収納でき、収納袋も付属しているのでコンパクトに持ち運べます。リーズナブルなお値段も魅力で、災害用にもっておくのもよいでしょう。

Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM) ソロクッカーセット(2000012957)』

Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM)ソロクッカーセット(2000012957)』

出典:Amazon

サイズ (約)ポット:直径125×高さ100mm、カップ:直径120×高さ50mm
重量 約250g
容量 ポット:0.9L、カップ:0.4L
素材 アルミニウム(ノンスティック加工)

調理もお手入れもしやすいソロキャンプセット

大手アウトドア用品メーカーのひとり用のアルミ製クッカーセットです。内側はノンスティック加工されており、焦げつきや汚れをカンタンにふき取れます。片づけもしやすく、ソロキャンプにピッタリ。

取り外し可能なハンドルは持ち手が熱くなりにくいシリコン製。底面にはバーナー上でも滑りにくいスパイラル加工が施されているなど、使いやすい工夫が散りばめられています。

Aandyou『クッカーセット』

Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』 Aandyou『クッカーセット』

出典:Amazon

サイズ 鍋:直径160×高さ90mm、フライパン:直径170×高さ45mm、ポット:直径150×高さ80mm
重量 890g
容量 鍋:2L、ポット:1.1L
素材 アルミ合金

アウトドアにも家庭用にも使用できる万能セット!

2~3人用のアウトドアクッカーセット。鍋やフライパン、やかんなどの容器類のほか、しゃもじやスプーン、フォーク、ナイフなどの食器類もついたお得な商品となっています。

容器のフタはプラスチック製で断熱性と滑り止め効果を保持し、安全性も◎。軽量でコンパクト、アウトドア用にも家庭用にも使用できる万能セットです。

trangia(トランギア)『ビリーコッヘル ノンスティック(TR-502253)』

trangia(トランギア)『ビリーコッヘルノンスティック(TR-502253)』 trangia(トランギア)『ビリーコッヘルノンスティック(TR-502253)』 trangia(トランギア)『ビリーコッヘルノンスティック(TR-502253)』

出典:Amazon

サイズ 直径215×高さ132mm
重量 399g
容量 2.5L
素材 アルミ(ノンスティック加工)

コンパクトな収納にこだわった設計

フタ、本体ともにアルミ製のスチームクッカーです。ノンスティック加工が施してあり焦げつきが少なく、使用後の洗浄もカンタン。収納に特化して設計されているのも特徴で、同じシリーズのフタやソースパン、プレートなどを順番どおりに重ねることですっきりコンパクトに収めることができます。

炊き込みご飯やシチュー、煮物などもつくることができので、料理の幅も広がりますよ。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ライスクッカーの売れ筋をチェック

楽天市場でのライスクッカーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:クッカーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

ライスクッカーの使い方 おいしいご飯が炊ける!

ここではライスクッカーの基本的な使い方の手順をご紹介します。

まず、お米を火にかける前に30分以上水につけておきましょう。強火で火にかけ、沸騰してフタのまわりから湯気が出てきたら弱火にします。フタの隙間から湯気が出なくなったら火を止め、5~10分ほど蒸らせばできあがりです。

ライスクッカーの正しい炊き方をマスターして、おいしいご飯を炊きましょう。

【番外編】おすすめの飯ごうもチェック! アウトドアライター・キャンプブロガーが選ぶ

番外編として、おすすめの飯ごうをご紹介します。飯ごうはライスクッカーに比べて軽量で持ち運びやすいアイテムです。便利で愛用する人も多い商品をご紹介するので、アウトドアでの調理に慣れてきたら購入を検討してみましょう!

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®

大人気の『メスティン』。味気ないくらいのシンプルなカタチでありながら、意外なほどイージーに炊飯ができてしまうのが魅力です。最近は多彩なレシピがSNSやブログなどでも紹介され楽しみがどんどん広まっていっています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』

trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』

出典:Amazon

サイズ 幅170×奥行95×高さ62mm
重量 150g
容量 約1.8合
素材 アルミ(無垢)

ご飯がキレイに炊ける! ランチボックスとしても

トランギアの取っ手つきアルミ飯ごうです。取っ手は折りたたむか、外して中に収納することも可能。熱伝導率の高いアルミ製のため、直接バーナーにかけてもご飯がおいしく炊けます

ランチボックスとしても使える形状と軽量な点が魅力です。通常サイズのほかにラージサイズもあり、一緒に行動する人数に合わせて選べます。

「ライスクッカー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
UNIFLAME(ユニフレーム)『fanライスクッカーDX(660089)』
Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』
UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜 3合炊き(660218)』
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』
Keith(キース)『Multifunctional Titanium Cooker(Ti6300)』
大木製作所『アルポット』
Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』
Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM) ソロクッカーセット(2000012957)』
Aandyou『クッカーセット』
trangia(トランギア)『ビリーコッヘル ノンスティック(TR-502253)』
trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』
商品名 UNIFLAME(ユニフレーム)『fanライスクッカーDX(660089)』 Coleman(コールマン)『アルミライスクッカー(2000012931)』 UNIFLAME(ユニフレーム)『キャンプ羽釜 3合炊き(660218)』 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)『3層鋼ごはん炊きクッカー(M-8610)』 Keith(キース)『Multifunctional Titanium Cooker(Ti6300)』 大木製作所『アルポット』 Hac(ハック)『アウトドアクッカー4点セット』 Coleman(コールマン)『パックアウェイ(TM) ソロクッカーセット(2000012957)』 Aandyou『クッカーセット』 trangia(トランギア)『ビリーコッヘル ノンスティック(TR-502253)』 trangia(トランギア)『メスティン(TR-210)』
商品情報
特徴 目盛りつきで水加減が分かりやすい うまみを逃がさない2重の内ブタ 内部のすり鉢形状がお米をふっくらさせる! バツグンの伝熱性を保持する5層構造ライスクッカー IH対応で外でも自宅でも使用可能 アルコールコンロ付属で着火するだけ! 一食分が一度に調理できる便利なセット 調理もお手入れもしやすいソロキャンプセット アウトドアにも家庭用にも使用できる万能セット! コンパクトな収納にこだわった設計 ご飯がキレイに炊ける! ランチボックスとしても
サイズ (約)直径210×高さ115mm (約)直径190×高さ180mm (約)直径206×高さ150mm (約)外径175×高さ140mm(本体のみ) 幅118×奥行108×高さ158mm 直径130×高さ250mm 鍋大:142×66mm、鍋小:121×61mm、フタ兼用フライパン:146×30mm、フタ兼用皿:129×14mm (約)ポット:直径125×高さ100mm、カップ:直径120×高さ50mm 鍋:直径160×高さ90mm、フライパン:直径170×高さ45mm、ポット:直径150×高さ80mm 直径215×高さ132mm 幅170×奥行95×高さ62mm
重量 約770g 920g 約1350g 810g 256g 約1.5kg 447g 約250g 890g 399g 150g
容量 2~5合 3合 3合 5合 2合 2合 - ポット:0.9L、カップ:0.4L 鍋:2L、ポット:1.1L 2.5L 約1.8合
素材 アルミニウム(フッ素加工) アルミニウム、ステンレス アルミ鋳造 18-10ステンレス チタン ステンレス ステンレス アルミニウム(ノンスティック加工) アルミ合金 アルミ(ノンスティック加工) アルミ(無垢)
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月7日時点 での税込価格

ライスクッカーに関連する記事をご紹介

編集部からひと言

ライスクッカーおすすめ10選+αをご紹介しました。最後に選び方のポイントをおさらいです。キャンプの人数に応じて容量を選び、素材にも注目しましょう。それぞれの商品で機能も異なるので自分にあったものをチョイスしてください。信頼性の高いアウトドアメーカーから選ぶのもいいですね。

ご紹介した内容を参考にして、あなたのほしいライスクッカーを見つけてくださいね!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

中級者向けテントの選び方&おすすめ7選|スノーピークなど人気商品を厳選

キャンプをはじめアウトドアの場数を踏むようになると、テントを使う場面や用途も幅広くなってきます。ここでは、アウトドアライターの夏野 栄さんと編集部が選んだアウトドアシーンの用途に応じて選べる中級者向けテントおすすめ7選と選び方のポイントについてご紹介します。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

ウッドストーブのおすすめ4選+14商品! アウトドアのプロ厳選|キャンプや防災にも使える優れもの

アウトドアキャンプには欠かせないアイテムのウッドストーブ。ここでは、アウトドアやキャンプのエキスパートである大森弘恵さんへにお話をうかがい、ウッドストーブの選び方のコツと、おすすめの商品をご紹介します。動画によるお湯の沸かし方も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

メンズ用フリースのおすすめブランド17選【アウトドアやデイリーに】人気ブランド集合!

肌ざわりが心地よく軽量で保温性も高いことから、アウトドアでの中間着として必須のフリース。アウトドアだけでなくデイリーユースにも活躍します。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、メンズフリース選び方や、おすすめブランドと商品をご紹介。人気のノースフェイスやパタゴニア、コロンビアなどのアイテムをセレクトしています。


アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

アウトドア用の鉈(なた)おすすめ7選【キャンプの薪割りや焚き火用に】

キャンプや狩猟などでよく使われる鉈(なた)。おもに火おこしに使用する薪割りなどで重宝されています。キャンプではまず火をおこせるようにならないといけませんが、そのままの木材を燃料として使うのは困難です。木材を適切な大きさに切断・加工できる鉈は、キャンプではとても便利なアイテムです。しかし、鉈といっても形・大きさ・重量など、さまざまなものがあり、ベストなものを選ぶのはキャンプに慣れた上級者でないと難しいでしょう。本記事では山岳写真家として知られる荒井裕介さんへの取材をもとに、鉈の選び方やおすすめの商品をご紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る