小麦粉のおいしさが味わえると評判の超熟食パン。風味や食感を検証しました

小麦粉のおいしさが味わえると評判の超熟食パン。風味や食感を検証しました

敷島製パンの大ヒット商品です。1998年の発売以来、多くのパン好きに愛されて続けてきました。ふわふわでやんわりした食感と小麦本来の味が評判です。かつては販売地域が限定されていましたが、2019年に九州全県へ進出するなど、近年では販売エリアも拡大しています。発売20年となる2018年にはさらなる品質と食感の向上のため、リニューアルを行っています。つまり、ここ数年食べていない人にとっては、現在の超熟食パンは未知の味なのです。現在はどんな味なのでしょうか? 実際に食べてみて風味や食感も検証していきます。


超熟食パンを実際に食べてみました

超熟食パン全体像

超熟食パンのパッケージを見ると、安心感がわいてきます。この白地に青いデザインの「超熟」という文字が描かれたパッケージを見たことのない人は、おそらくほとんどいないのではないでしょうか?

スーパーやコンビニでも「超熟」の文字が目につきます。定番中の定番の食パンといっていいでしょう。パッケージには「小麦粉本来のおいしさ」とあります。小麦粉の味とはどんなものなのでしょうか?

2018年のリニューアルでは、原材料の配合割合を変えたとのこと。つまり、リニューアル以降のパンを食べないと、超熟食パンを語ることはできません。そこで現在の超熟食パンを実際に食べてみました。そのままはもちろんのこと、トースト、オープンサンドなどさまざまな食べ方で超熟食パンの実力を検証しました。

超熟食パンとはどんなパン? 公式サイトの情報などを調査

超熟食パンは「炊きたてのごはんのような、毎日食べても飽きないおいしさ」というコンセプトのもとで開発され、1998年に発売開始以来、多くの人から支持されるヒット商品になりました。2008年には『超熟ヒットの理由―「食パン」から学ぶブランドNO.1物語』という本も出版されています。

この食パンの特徴になっているのはふんわりとしたやわらかな食感と、余分なものを一切いれていない素材にこだわった安心できる食パンであること。毎日食べることがテーマとなっているので、オーソドックスなパンという表現もできるでしょう。

「超熟」という名前は、小麦粉を熱湯でアルファ化(糊状にすること)し、低温でじっくり熟成させて焼き上げる手法のことです。もっちり、しっとり、サラッとした口どけを実現したとのこと。「超熟」シリーズとして、山型、ライ麦入り、ロール、ロールレーズンなどの商品も発売中です。

超熟食パンの口コミや評判は? SNSやECサイトでの評価は?

超熟食パン口コミ

超熟食パンについての口コミや評判をインターネット上で検索してみました。食感や味までさまざまな意見があります。ここでは良かった口コミと悪かった口コミをどちらも紹介していきます。

超熟食パンの良かった口コミ

「家族で毎朝、食べています」という声がたくさんありました。「やわらかくて、風味があって、おいしい」という感想もたくさん。「10年前から毎日ずっと食べている」「安心安定の味」といった声もありました。

また、「超熟という名前は知っていたけれど近くで販売されておらず、最近購入してやっと食べてみて、憧れの味に出会えて感激した」という声も。さらには「余分なものが入っていないので安心して食べられる」という声もありました。

食パンは毎日食べるものだからこそ、体に良いものをと考えている人が多いのでしょう。超熟パンに対する信頼がうかがえる口コミからは、ロングセラー商品の秘密も見えてきます。

超熟食パンの悪かった口コミ

認知度が高いだけに、期待しすぎてがっかりしたという口コミもあります。「そこまでやわらかくない」「もっとおいしいパンがある」という声も。これは超熟食パンに対する期待値が高くなりすぎたのでしょう。

「6枚切りのつもりで買ったら8枚切り、パッケージが似すぎている」という口コミもありました。「おいしいけれど、ちょっと値段が高い」という声も。

良い口コミが圧倒的に多いのですが、注目されている商品であるがゆえの辛口の意見もあるようです。

超熟食パンを実際に食べてわかった美味しい食べ方 検証レビュー

超熟食パン中身

超熟食パンを食べてみた味わい、風味、食感、美味しい食べ方など、実感したこと、わかったことを写真とともに紹介します。

うわさどおりのふわふわしたやわらかな食感

超熟食パン感触

パッケージを開けて食パンにふれた瞬間に、ふわふわした感触が伝わってきます。生まれたての赤ちゃんを抱きかかえるように、優しく扱いたくなる感触です。皿の上に並べてもその柔らかさがわかります。

軽く鼻を近づけると、香ばしい香りが広がり、まずは鼻がその美味しさを察知。毎朝この超熟食パンを食べると、このパンの香りこそが朝の香りなのではないかと、刷り込まれてしまいそうです。

今回食べたのは6枚切りです。まずはトーストせずにそのまま食してみました。手で割ってみたときの感触もやはりふんわりとしたもの。なんだか食べるのが申し訳なくなるようなやわらかさです。

最初に感じるのは独特の甘みと風味。これがパッケージに書いてある「小麦本来のおいしさ」ということなのでしょう。ほんのりとした甘さが食欲をそそります。

甘すぎず、甘みが薄すぎず、食感はしっとりとして、もちっとしたもの。軽い弾力性があって、ふっくらとしています。この食べやすさが超熟食パンの大きな長所といえそうです。

トーストすると表情が一変するところが魅力

超熟食パントースト

次はトーストして食べてみました。トースターの性能によっても違うと思いますが、通常の食パンよりもややキツネ色になるのに時間がかかる傾向があるようです。自宅のトースターだと、5~6分といったところでしょうか。朝の忙しい時間帯に食べるならば、焼き上がりの時間も逆算しておく必要がありそうです。

トーストすると、食パンの表情は一変します。ふわふわもちっとした感触からサクサクへ。でも内部はふわふわ感を維持しています。香りはさらに香ばしくなり、見た目もさらに食欲をそそる色へと変化。バターをのせると、バターの風味が加わって香りのシンフォニーを奏でます。

ジャムを乗せるとケーキ感覚

超熟食パンジャム

ジャムを乗せると、トーストでありながらちょっとしたケーキ感覚も味わえます。もちろん、オープンサンドにするのもOK。

トーストせずにそのままでもいいですが、個人的にはトーストの上に野菜をたくさん乗せるのが好みです。焼いたトーストのサクッとした感触と野菜との相性はかなりいいでしょう。

保存して食べても、味の変化は少ない

超熟食パン保存

今回は、超熟食パンを冷凍保存すると味がどう変化するかもチェックしてみました。数日冷凍庫で保存してから自然解凍させたものと、トーストしたものとを食べ比べです。

自然解凍したパンの場合、味や風味の劣化がまったくないわけではないのですが、味はさほど変わりませんでした。自然解凍したものをトーストした場合は、風味もそれほど大きな変化はありません。

ただし感触はどちらの場合も新鮮なパンとは異なりました。ふわふわ感がかなり減ってしまうのです。もちもち感はそこまで変化せずにキープといったところでしょうか。すぐに食べるに越したことはないのですが、食べきれないときには冷凍庫での保存はありだと考えます。

Pasco(敷島製パン)『超熟』

パスコPASCO超熟6枚切

出典:Amazon

スライスの種類 4枚、5枚、6枚、8枚、10枚 ほか
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

超熟食パンを食べてみた評価と感想のまとめ レビュー総括

超熟食パンチャート

超熟食パンを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

超熟食パンを食べてみた評価は、やはり評判どおりというものでした。小麦粉のおいしさもやわらかな食感もしっかり実感できます。ただし、本当のパン好きを満足させる味とはいいきれません。専門店のパンを食べている人にとっては、個性がないと感じる可能性もあるからです。もっと歯ごたえのあるパンこそがパンだという意見もあるでしょう。

しかし、日本人の平均的な好みを見事に満たしているという点では、とても水準の高い食パンです。派手さはないけれど、日常のさりげないシーンを支え続けてくれます。人間に例えるならば、実直で勤勉な人のような安心しておすすめできるパンです。

Pasco(敷島製パン)『超熟 山型』

【バラ売】パスコ超熟山型5枚スライス 【バラ売】パスコ超熟山型5枚スライス

出典:楽天市場

スライスの種類 4枚、5枚、6枚
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、でんぷん、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

Pasco(敷島製パン)『超熟 ライ麦入り』

【バラ売】パスコ超熟ライ麦入り6枚スライス 【バラ売】パスコ超熟ライ麦入り6枚スライス

出典:楽天市場

スライスの種類 5枚、6枚
原材料 小麦粉(国内製造)、ライ麦加工品(ライ麦、食塩)、砂糖、バター入りマーガリン、はちみつ、パン酵母、食塩、小麦たんぱく ほか

Pasco(敷島製パン)『超熟ロール』

【バラ売】パスコ超熟ロール6個入

出典:楽天市場

スライスの種類 -
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、乳等を主要原料とする食品、マーガリン、でんぷん、バター、パン酵母、加工油脂、食塩、小麦たんぱく ほか

そのほかの食パン関連の記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:peat32、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ココナッツバターおすすめ8選|栄養たっぷりで健康志向な方に【オーガニックも】

ココナッツバターおすすめ8選|栄養たっぷりで健康志向な方に【オーガニックも】

ココナッツバターとはココナッツの実をすりつぶしてペースト状にしているもの。ココナッツをまるごと使っているので栄養価も抜群です。使いやすくさまざまな料理に使用できることから、料理のバリエーションも広がりそうですね。この記事では、フードスタイリスト・料理家の江口恵子さんと編集部が選んだ、ココナッツバターの商品についてご紹介をしていきます。


パンカットガイドのおすすめ11選|厚さ調節できるタイプを選ぼう!

パンカットガイドのおすすめ11選|厚さ調節できるタイプを選ぼう!

パン屋さんやお取り寄せで購入した一斤の食パンを、均一の厚さで切れるようにしてくれるパンカットガイド。パンをセットするだけで、お好みのサイズにカットできます。ここでは、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。選び方の解説もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


パンこね機おすすめ8選&ランキング|餅作り、メレンゲ・生クリームの泡立てに

パンこね機おすすめ8選&ランキング|餅作り、メレンゲ・生クリームの泡立てに

家で過ごす時間が多い今、自宅でパン作りを楽しむ人が増えています。そこでおすすめなのが「パンこね機」。ふわふわのパン生地をかんたんに作れますよ。この記事ではパンこね機の選び方とおすすめ商品をご紹介。日本ニーダー、大正電機、キッチンエイドなど人気商品をランキングとともに厳選しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


クグロフ型おすすめ11選|【初心者向けのシリコンから上級者向けの陶器タイプまで】

クグロフ型おすすめ11選|【初心者向けのシリコンから上級者向けの陶器タイプまで】

フードスタイリストの水嶋千恵さんと編集部が、クグロフ型の選び方とおすすめ11選をご紹介します。クグロフとはフランスやスイス、ドイツなどで発祥したとされる伝統的な菓子で、その型はさまざまな素材で作られていて、仕上がりや使い勝手にも影響しますので選び方にはコツがあります。ゼリーやアイスケーキ、ババロアなども作ることができるので、ぜひ参考に。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


パンミックスのおすすめ10選【ホームベーカリー用やオーブン用も紹介】

パンミックスのおすすめ10選【ホームベーカリー用やオーブン用も紹介】

手作りパンがかんたんに作れる「パンミックス」。ホームベーカリー専用以外にも、手ごねしてオーブンで焼く用のものもあります。この記事では、フードスタイリストの江口恵子さんに取材し、これからパン作りをはじめる人にもわかる、パンミックスの選び方とおすすめ商品をご紹介。米粉を使った商品も紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてください。


新着記事


鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

鮮やかで濃い発色って本当?『ポスカ』の使い勝手や書きやすさを検証レビュー

カラーマーカーを使うときは、その発色も気になるところ。その発色の鮮やかさを特徴としているサインペンのひとつに、『ポスカ』があります。下地の色に関わらずきれいな発色ができるともいわれており、重ね書きも可能です。しかし鮮やかとはいわれても、実際にどのような色になるのかも気になりますよね。そこで今回は、『ポスカ』の使い勝手や発色性の検証を実際にチェックしてみました。気になる方はぜひ参考にしてみてください!


さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

さっぱり飲みやすい!「ヨーグルッペ」の後味や風味などの詳しい味を検証レビュー

今回は『ヨーグルッペ』を実際に購入して試してみました。アルプスのような山脈と絶妙にリアルな女の子のパッケージで、一度見かけたら思わず調べずにはいられないほどのインパクトですよね。映画やゲームに登場しているのを見かけたり、九州出身のひとにすすめられて気になっているひとも多いのではないでしょうか。そこで、商品の紹介から、どんな味なのかを口コミを元に検証しました! ぜひ参考にしてみてください。


汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

汚れもニオイも解消?『パイプユニッシュ』強力な分解力を検証レビュー

お風呂の排水溝、キッチンシンクの排水溝などが詰まったときに使用される『パイプユニッシュ』。濃厚なジェルが排水溝にとどまりやすいので、目視することが難しい髪の毛の詰まりなどを解消してくれるすぐれもの。お風呂やキッチンは毎日掃除しても、排水溝まで毎日掃除するのはなかなかハードルが高いものです。とはいえヘドロがたまるとニオイの原因にもなりうるので、注ぐだけでかんたんに掃除ができる『パイプユニッシュ』はとっても手軽。ニオイや詰まりを解消してくれる『パイプユニッシュ』を使用してみて感じたことをご紹介します!


顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

顔も身体もしっとり! 『ザーネクリームE』を徹底レビュー! 【口コミ&成分も】

空気が乾燥することで起こる全身の肌トラブルをどうにかしたい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手荒れやニキビ、部位によりさまざまな肌トラブルを抱えている人もいますよね。そんな悩みを抱えている人にぴったりなクリームが、大手製薬会社から発売されている『ザーネクリームE』。お肌をしっかり保湿しつつベタつかないので、肌質を問わず適切なスキンケアをすることができますよ。この記事では『ザーネクリームE』の口コミや成分について紹介するとともに、実際に使用して得られたメリットなどを写真を交えて分かりやすく説明していきます。


『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

『明治 ブルガリアヨーグルト』シンプルでなめらかな味わいのヨーグルトを実際に食べて検証レビュー

さまざまなメーカーから販売されているヨーグルト。最近ではフルーツやアロエといった味がついているものもありますよね。でも、プレーン味となると違いがわからず、ついどれを買おうか悩んでしまうのではないでしょうか。CMでもお馴染みの『明治 ブルガリアヨーグルト』。この記事では数多くのヨーグルトを食べ比べた筆者が、実際に試食し検証していきます! まだ食べたことない方だけでなく、食べたことある方も参考にしてみて下さいね!


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る