小麦粉のおいしさが味わえると評判の超熟食パン。風味や食感を検証しました

小麦粉のおいしさが味わえると評判の超熟食パン。風味や食感を検証しました

敷島製パンの大ヒット商品です。1998年の発売以来、多くのパン好きに愛されて続けてきました。ふわふわでやんわりした食感と小麦本来の味が評判です。かつては販売地域が限定されていましたが、2019年に九州全県へ進出するなど、近年では販売エリアも拡大しています。発売20年となる2018年にはさらなる品質と食感の向上のため、リニューアルを行っています。つまり、ここ数年食べていない人にとっては、現在の超熟食パンは未知の味なのです。現在はどんな味なのでしょうか? 実際に食べてみて風味や食感も検証していきます。


超熟食パンを実際に食べてみました

超熟食パン全体像

超熟食パンのパッケージを見ると、安心感がわいてきます。この白地に青いデザインの「超熟」という文字が描かれたパッケージを見たことのない人は、おそらくほとんどいないのではないでしょうか?

スーパーやコンビニでも「超熟」の文字が目につきます。定番中の定番の食パンといっていいでしょう。パッケージには「小麦粉本来のおいしさ」とあります。小麦粉の味とはどんなものなのでしょうか?

2018年のリニューアルでは、原材料の配合割合を変えたとのこと。つまり、リニューアル以降のパンを食べないと、超熟食パンを語ることはできません。そこで現在の超熟食パンを実際に食べてみました。そのままはもちろんのこと、トースト、オープンサンドなどさまざまな食べ方で超熟食パンの実力を検証しました。

超熟食パンとはどんなパン? 公式サイトの情報などを調査

超熟食パンは「炊きたてのごはんのような、毎日食べても飽きないおいしさ」というコンセプトのもとで開発され、1998年に発売開始以来、多くの人から支持されるヒット商品になりました。2008年には『超熟ヒットの理由―「食パン」から学ぶブランドNO.1物語』という本も出版されています。

この食パンの特徴になっているのはふんわりとしたやわらかな食感と、余分なものを一切いれていない素材にこだわった安心できる食パンであること。毎日食べることがテーマとなっているので、オーソドックスなパンという表現もできるでしょう。

「超熟」という名前は、小麦粉を熱湯でアルファ化(糊状にすること)し、低温でじっくり熟成させて焼き上げる手法のことです。もっちり、しっとり、サラッとした口どけを実現したとのこと。「超熟」シリーズとして、山型、ライ麦入り、ロール、ロールレーズンなどの商品も発売中です。

超熟食パンの口コミや評判は? SNSやECサイトでの評価は?

超熟食パン口コミ

超熟食パンについての口コミや評判をインターネット上で検索してみました。食感や味までさまざまな意見があります。ここでは良かった口コミと悪かった口コミをどちらも紹介していきます。

超熟食パンの良かった口コミ

「家族で毎朝、食べています」という声がたくさんありました。「やわらかくて、風味があって、おいしい」という感想もたくさん。「10年前から毎日ずっと食べている」「安心安定の味」といった声もありました。

また、「超熟という名前は知っていたけれど近くで販売されておらず、最近購入してやっと食べてみて、憧れの味に出会えて感激した」という声も。さらには「余分なものが入っていないので安心して食べられる」という声もありました。

食パンは毎日食べるものだからこそ、体に良いものをと考えている人が多いのでしょう。超熟パンに対する信頼がうかがえる口コミからは、ロングセラー商品の秘密も見えてきます。

超熟食パンの悪かった口コミ

認知度が高いだけに、期待しすぎてがっかりしたという口コミもあります。「そこまでやわらかくない」「もっとおいしいパンがある」という声も。これは超熟食パンに対する期待値が高くなりすぎたのでしょう。

「6枚切りのつもりで買ったら8枚切り、パッケージが似すぎている」という口コミもありました。「おいしいけれど、ちょっと値段が高い」という声も。

良い口コミが圧倒的に多いのですが、注目されている商品であるがゆえの辛口の意見もあるようです。

超熟食パンを実際に食べてわかった美味しい食べ方 検証レビュー

超熟食パン中身

超熟食パンを食べてみた味わい、風味、食感、美味しい食べ方など、実感したこと、わかったことを写真とともに紹介します。

うわさどおりのふわふわしたやわらかな食感

超熟食パン感触

パッケージを開けて食パンにふれた瞬間に、ふわふわした感触が伝わってきます。生まれたての赤ちゃんを抱きかかえるように、優しく扱いたくなる感触です。皿の上に並べてもその柔らかさがわかります。

軽く鼻を近づけると、香ばしい香りが広がり、まずは鼻がその美味しさを察知。毎朝この超熟食パンを食べると、このパンの香りこそが朝の香りなのではないかと、刷り込まれてしまいそうです。

今回食べたのは6枚切りです。まずはトーストせずにそのまま食してみました。手で割ってみたときの感触もやはりふんわりとしたもの。なんだか食べるのが申し訳なくなるようなやわらかさです。

最初に感じるのは独特の甘みと風味。これがパッケージに書いてある「小麦本来のおいしさ」ということなのでしょう。ほんのりとした甘さが食欲をそそります。

甘すぎず、甘みが薄すぎず、食感はしっとりとして、もちっとしたもの。軽い弾力性があって、ふっくらとしています。この食べやすさが超熟食パンの大きな長所といえそうです。

トーストすると表情が一変するところが魅力

超熟食パントースト

次はトーストして食べてみました。トースターの性能によっても違うと思いますが、通常の食パンよりもややキツネ色になるのに時間がかかる傾向があるようです。自宅のトースターだと、5~6分といったところでしょうか。朝の忙しい時間帯に食べるならば、焼き上がりの時間も逆算しておく必要がありそうです。

トーストすると、食パンの表情は一変します。ふわふわもちっとした感触からサクサクへ。でも内部はふわふわ感を維持しています。香りはさらに香ばしくなり、見た目もさらに食欲をそそる色へと変化。バターをのせると、バターの風味が加わって香りのシンフォニーを奏でます。

ジャムを乗せるとケーキ感覚

超熟食パンジャム

ジャムを乗せると、トーストでありながらちょっとしたケーキ感覚も味わえます。もちろん、オープンサンドにするのもOK。

トーストせずにそのままでもいいですが、個人的にはトーストの上に野菜をたくさん乗せるのが好みです。焼いたトーストのサクッとした感触と野菜との相性はかなりいいでしょう。

保存して食べても、味の変化は少ない

超熟食パン保存

今回は、超熟食パンを冷凍保存すると味がどう変化するかもチェックしてみました。数日冷凍庫で保存してから自然解凍させたものと、トーストしたものとを食べ比べです。

自然解凍したパンの場合、味や風味の劣化がまったくないわけではないのですが、味はさほど変わりませんでした。自然解凍したものをトーストした場合は、風味もそれほど大きな変化はありません。

ただし感触はどちらの場合も新鮮なパンとは異なりました。ふわふわ感がかなり減ってしまうのです。もちもち感はそこまで変化せずにキープといったところでしょうか。すぐに食べるに越したことはないのですが、食べきれないときには冷凍庫での保存はありだと考えます。

Pasco(敷島製パン)『超熟』

パスコPASCO超熟6枚切

出典:Amazon

スライスの種類 4枚、5枚、6枚、8枚、10枚 ほか
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

超熟食パンを食べてみた評価と感想のまとめ レビュー総括

超熟食パンチャート

超熟食パンを試した感想をチャートにしてみました。
※執筆者の主観を数値化したものです。

超熟食パンを食べてみた評価は、やはり評判どおりというものでした。小麦粉のおいしさもやわらかな食感もしっかり実感できます。ただし、本当のパン好きを満足させる味とはいいきれません。専門店のパンを食べている人にとっては、個性がないと感じる可能性もあるからです。もっと歯ごたえのあるパンこそがパンだという意見もあるでしょう。

しかし、日本人の平均的な好みを見事に満たしているという点では、とても水準の高い食パンです。派手さはないけれど、日常のさりげないシーンを支え続けてくれます。人間に例えるならば、実直で勤勉な人のような安心しておすすめできるパンです。

Pasco(敷島製パン)『超熟 山型』

【バラ売】パスコ超熟山型5枚スライス 【バラ売】パスコ超熟山型5枚スライス

出典:楽天市場

スライスの種類 4枚、5枚、6枚
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、でんぷん、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)

Pasco(敷島製パン)『超熟 ライ麦入り』

【バラ売】パスコ超熟ライ麦入り6枚スライス 【バラ売】パスコ超熟ライ麦入り6枚スライス

出典:楽天市場

スライスの種類 5枚、6枚
原材料 小麦粉(国内製造)、ライ麦加工品(ライ麦、食塩)、砂糖、バター入りマーガリン、はちみつ、パン酵母、食塩、小麦たんぱく ほか

Pasco(敷島製パン)『超熟ロール』

【バラ売】パスコ超熟ロール6個入

出典:楽天市場

スライスの種類 -
原材料 小麦粉(国内製造)、砂糖、乳等を主要原料とする食品、マーガリン、でんぷん、バター、パン酵母、加工油脂、食塩、小麦たんぱく ほか

そのほかの食パン関連の記事はこちら 【関連記事】

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。写真の見え方により、色味などが実際のものと多少異なる場合があります。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更していたり、製造・販売が中止されている場合があります。

(制作協力:peat32、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


パン切り包丁のおすすめ14選【キッチンツール専門店店主が選ぶ】

パン切り包丁のおすすめ14選【キッチンツール専門店店主が選ぶ】

家に1本あると便利なパン切り包丁(ブレッドナイフ)。ホームベーカリーで焼いた食パン、フランスパンを切るときに重宝します。最近ではさまざまな長さのもの、形の違いなど、多種類のものが販売されています。この記事ではキッチンツール専門店店主、田中 文さんへの取材をもとに、おすすめのパン切り包丁をご紹介します。あなたにピッタリのお気に入りを見つけてくださいね。


プレッツェルおすすめ7選&ランキング【おやつやお酒のつまみに!】番外編も

プレッツェルおすすめ7選&ランキング【おやつやお酒のつまみに!】番外編も

料理ライターの宮﨑奈津季さんへの取材をもとに、プレッツェルのおすすめ商品を紹介! ドイツ発祥のお菓子として知られるプレッツェル。おやつとして気軽に食べられるスナックタイプと、食事にもできるパンタイプの2つがあります。この記事では、プレッツェルの選び方も紹介しています。記事の後半には通販サイトのランキングも掲載。自分好みのプレッツェルを選ぶ参考にしてみてくださいね。


パンこね機おすすめ8選&ランキング|パン作りを究めるならこれ!

パンこね機おすすめ8選&ランキング|パン作りを究めるならこれ!

家で過ごす時間が多い今、自宅でパン作りを楽しむ人が増えています。そこでおすすめなのが「パンこね機」。ふわふわのパン生地をかんたんに作れますよ。この記事ではパンこね機の選び方とおすすめ商品をご紹介。日本ニーダー、大正電機、キッチンエイドなど人気商品をピックアップしました。記事後半では、おすすめランキングも発表しますのでぜひ参考にしてみてください。


【レトロ?シンプル?高級感?】好みに合うおしゃれなトースターおすすめ9選

【レトロ?シンプル?高級感?】好みに合うおしゃれなトースターおすすめ9選

家電ライターの田中真紀子さんへの取材のもと、キッチンのインテリアにもなる、おしゃれなトースターの選び方とおすすめ商品をタイプ別にご紹介します。レトロ、シンプル、高級感など、キッチンのデザインに合わせて選んでみてください!


こだわりのお取り寄せパン5選! フードスタイリストがおすすめ

こだわりのお取り寄せパン5選! フードスタイリストがおすすめ

ひと口にパンといっても、食パンやバケット、クロワッサン、ベーグルなどさまざまな種類があります。同じ種類のパンでも、使用する小麦粉の産地や酵母の違いのほか、熟成時間や焼き方など製造過程のちょっとした違いでもまったく異なる味わいや食感になるのが面白いところ。お取り寄せだと、さまざまな地域、店舗でこだわって作られたパンを気軽に楽しむことができるのが魅力です! 本記事では、フードスタイリストの江口恵子さんに聞いた、お取り寄せパンの選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひいろいろなパンを試してみてくださいね。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


食品・ドリンクの人気記事


>>もっと見る