サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスマウスピースおすすめ22選|フェノール樹脂・エボナイト・金属製も!

サックスの音色を左右するパーツのひとつがマウスピースです。奏者によって適する商品が異なります。この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が、サックスマウスピースの選び方やおすすめ商品を厳選! ソプラノ、アルト、テナー、バリトンとサックスの種類に分けて紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


この記事を担当するエキスパート

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

◆本記事の公開は、2020年09月30日です。記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

サックスマウスピースの選び方 サックスの種類、マウスピースの素材、ティップオープニング、フェイシングの長さなど

まずは、サックスマウスピースの選び方をチェックしていきましょう。

元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんのアドバイスもご紹介しています。自分の使い方にぴったりのサックスマウスピースを選ぶために参考にしてみてくださいね。

サックスの種類を確認しよう! 基本はソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類から

サックス
Pixabayのロゴ

サックスは「ソプラニーノ」「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」「バス」と、おもに6つの種類にわかれます。

ソプラニーノはサックスのなかでも高音域を出せ、低い音域を出すのがバスです。サックスを趣味ではじめたり、習い事や部活動ではじめたりする場合は、「ソプラノ」「アルト」「テナー」「バリトン」の4種類から選ぶことになるでしょう。

サックスマウスピースはサックスの種類によってサイズが異なるため、自分の演奏するサックスに合ったアイテムを選んでください。

マウスピースの素材で選ぶ エボナイト、フェノール樹脂、金属、クリスタルガラスなど

次は、サックスマウスピースの素材の違いについて紹介します。

エボナイト(ハードラバー)

 

エボナイトとは天然の生ゴムからできている素材で、ハードラバーとも呼ばれています。天然ゴムに硫黄を加え練り上げたあと、釜で焼き上げる製法でつくられていて合成樹脂製よりも減りが少ないことが特徴。やわらかくツヤのある音色を出せる素材です。

楽器メーカーによって原材料の配合比率が違い、マウスピースの減りや音色が異なります。

フェノール樹脂(合成樹脂製)

 

フェノール樹脂とは合成樹脂の一種で、硬度があり軽量という点が特徴の素材です。マウスピース自体が軽く、音色はややかたさがある軽やかなサウンドを出すことができます。

合成樹脂製のマウスピースは吹きやすさがメリットで初心者に適した素材です。また、価格も控えめなので練習用のマウスピースを探している人もチェックしてみましょう。

金属製(メタル)

 

金属でできたサックスマウスピースもあります。使用される金属は真鍮やステンレス、アルミ合金などです。また、金属の表面の仕上げも銀メッキや金メッキ、クロームメッキなどさまざまな方法があり、気に入ったものを選べます。

金属製のマウスピースはかたく力強い音色が出せるため、ロックやフージョン系、アンプをとおす演奏をする際に向いています。

クリスタルガラス

 

クリスタルガラスを素材にしてつくられたサックスマウスピースも存在します。

クリスタルガラスは明るくクリアな音色が奏でられる素材です。アイテムによっては少ない息で音が鳴るタイプもあり、中高生や初心者、上級者など幅広く対応してくれるでしょう。

クリスタルガラスのマウスピースを探すならクラリネット奏者であったコジモ・ポマリコが立ち上げた楽器メーカー・ポマリコマウスピースの製品から探してください。

ティップオープニングは音質や息の量に応じて選ぶ 広いものとせまいものの違い

 

ティップオープニングとは、マウスピースとリードを重ねたときにできる先端の開きのことです。ティップオープニングの幅によって音の鳴りに違いが出ます。

ティップオープニングが広い:抵抗が増す。豊かで力強い音が鳴る
ティップオープニングがせまい:音がらくに出せるが音色の線が細い。明るく響く

ティップオープニングが広いタイプはなるべく大きな音を出したい人に適しており、せまいタイプは肺活量が少なく演奏中に疲れやすい人に適しています。

フェイシングの長さもチェック! 長いものと短いものの違い

 

フェイシングとはリードの先端からリードとマウスピースが接する部分までの長さを指します。息を吹き込んだときにリードが振幅する長さのことです。

フェイシングが長い:丸くやわらかで豊かな音が出せる。音の表現が増す一方、抵抗が増しピッチの安定性が下がる
フェイシングが短い:クリアな音色が出せる。軽い力で音が鳴りピッチコントロールがスムーズにできるが、音に表現がつけにくい

フェイシングは長さによって特徴が異なるので、自分の求める音色や性能で選びましょう。

できれば試奏してみる 吹き比べてサウンドを確かめることも大切

サックスプレーヤー
Pixabayのロゴ

サックスマウスピースは素材、ティップオープニング、フェイシングなどによって出せる音色が異なります。ひとつずつ手作りしているメーカーの場合、同じ製品でも音色や吹奏感に違いが出ることも。

サックスマウスピースは実際に試奏して、吹き心地とサウンドを確かめてください。試奏ができる楽器店に足を運ぶのもいいです。ネット購入する場合はプロ奏者が試奏した記事を探してみるのもおすすめです。

お気に入りの奏者の音色を頼りに選ぶのもおすすめ 元大手楽器メーカー勤務がアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

サックスのマウスピース選びは楽器の吹奏感などを左右するため慎重に選ぶことをおすすめします。

選び方のひとつにお気に入りの奏者の音色と、どのようなマウスピースを選んでいるのかを頼りに探す方法もあります。

今は動画サイトで吹いたときの情報なども得やすいため、さまざまなレビューをもとに希望に見合うマウスピースを購入してください。

サックスマウスピースおすすめ5選|ソプラノ用

それではここから、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ、ソプラノ用サックスマウスピースのおすすめ5商品を紹介します。

VANDOREN(バンドーレン)V16『ソプラノサクソフォン マウスピース S6(SM802)』

ジャズ初心者に適したソプラノ用のマウスピース

バンドーレン社が販売するV16シリーズのスタンダードモデル。やわらかくツヤのある音色が出せるエボナイト製のマウスピースです。ジャズ初心者に適しています。

ティップオープニングは1.58mmでフェイシングはミディアム・ロングタイプです。息が入りやすい構造なのでアーティキュレーションもスムーズにおこなえるでしょう。

YAMAHA(ヤマハ)『ソプラノサックス用マウスピース(4C)』

YAMAHA(ヤマハ)『ソプラノサックス用マウスピース(4C)』 YAMAHA(ヤマハ)『ソプラノサックス用マウスピース(4C)』
出典:Amazon この商品を見るview item

価格が控えめなフェノール樹脂のマウスピース

日本の楽器メーカー・ヤマハが販売するソプラノサックス用マウスピース。レスポンスの軽快さが特徴のアイテムです。フェノール樹脂(合成樹脂)を使用しているので、スムーズな息の流れを感じることができるでしょう。

素材の特性によって重量が軽くなっているため軽やかな音色が出せます。価格が控えめで初心者に適している商品です。

SELMER Paris(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォン マウスピース(S80 D)』

SELMERParis(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォンマウスピース(S80D)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォンマウスピース(S80D)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォンマウスピース(S80D)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォンマウスピース(S80D)』
出典:Amazon この商品を見るview item

世界的な標準モデル

セルマー・パリ社が販売するソプラノサックス用マウスピース。高音から低音までレスポンスがよくボリュームのバランスがいい商品です。温かみのある音色を表現できます。

ティップオープニングは1.27mm、フェイシングは18.00mmです。世界的な標準モデルで多くの愛好家がいるアイテム。メーカー問わずあらゆるソプラノサックスに適応してくれます。

柳澤管楽器 YANAGISAWA『クラシックモデル エボナイト ソプラノ(SC120)』

熟練の職人がひとつずつ手作りしている

柳澤管楽器が販売する国産のサックスマウスピースです。安定した品質をたもつために熟練の職人が手作業で一本ずつ製作しています。

高音から低音までの鳴りのバランスを追求して設計したデザインが特徴。心地いい吹奏感が得られるアイテムで、豊かな響きを出してくれるでしょう。クラシックを演奏する人や吹奏楽でサックスを使うときに適しています。

Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタル Hibiki 響 ソプラノ(#5)』

Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHibiki響ソプラノ(#5)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHibiki響ソプラノ(#5)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHibiki響ソプラノ(#5)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ジャズやフュージョン、ポップスに対応する真鍮製

人の声に近い倍音が出せるようなマウスピースを製作しているゴッツ社の商品。なかでも Hibikiシリーズはゴッツ社のクオリティをたもったまま、限界までコストダウンをはかったオリジナルマウスピースです。

明るすぎず暗すぎない音色が出せます。ジャズやフュージョン、ポップスなどの音楽ジャンルに対応できるので、真鍮製のサックスマウスピースを探している人は一度チェックしてください。

サックスマウスピースおすすめ6選|アルト用

次は、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ、アルトサックス用マウスピースのおすすめ6商品を紹介します。

柳澤管楽器 YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピース メタル(#7)』

柳澤管楽器YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピースメタル(#7)』 柳澤管楽器YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピースメタル(#7)』 柳澤管楽器YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピースメタル(#7)』
出典:Amazon この商品を見るview item

癖が少ないメタル製マウスピース

サックスを開発し続ける柳澤管楽器のマウスピースです。柳澤管楽器の製品は国産で品質の高さに定評があります。

メタル製となっておりティップオープニングは2.05mm、フェイシング23.00mm。メタルらしい力強い音色が出せるアイテムです。癖が少なくコントロールしやすいので、メタル製がはじめての人にも適しています。専用のリガチャーとキャップもついているのでぜひチェックしてください。

D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズ アルトサクソフォン用マウスピース D8M(MJS-D8M)』

D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズアルトサクソフォン用マウスピースD8M(MJS-D8M)』 D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズアルトサクソフォン用マウスピースD8M(MJS-D8M)』 D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズアルトサクソフォン用マウスピースD8M(MJS-D8M)』
出典:Amazon この商品を見るview item

機械生産されたジャズ向けのサックスマウスピース

ヴィンテージのマウスピースデザインと現代の生産技術を融合させた商品。心地いい吹奏感を得られ、ヴィンテージ感の強い音色を表現できます。レスポンスがよくジャズスタイルに適したサックスマウスピースです。

コンピューターで正確にコントロールされた機械生産のアイテムで、均一性が高い品質が特徴。ティップオープニングは2.24mm、フェイシングはミディアムとなっています。

Claude Lakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピース ラバー 5 3』

ClaudeLakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピースラバー53』 ClaudeLakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピースラバー53』 ClaudeLakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピースラバー53』
出典:Amazon この商品を見るview item

パワフルな音色を生み出すサックスマウスピース

ジャズ向けのサックスマウスピースです。また、ロックやファンク、フュージョンなどの音楽ジャンルにも対応してくれるので、多くのサックスプレーヤーから支持されています。

ティップオープニングサイズは2.03mmでショートフェイシングタイプです。太く力強い音色が特徴で、ハードな音色とアタックのはっきりした音もつくり出せます。

VANDOREN(バンドーレン)OPTIMUM(オプティマム)『アルトサクソフォン マウスピース AL3(SM711)』

クラシック向けのアルトサックスマウスピース

バンドーレン社のオプティマムシリーズの商品です。オプティマムのサックスマウスピースは豊かな響きが特徴でクラシック向けのタイプ。低音から高音まですべての音域で丸みのあるサウンドを表現できます。

ティップオープニングが1.52mm、フェイシングはミディアム・ロングです。現代のサックス奏者のニーズを満たした軽快な吹奏感を得られる一本となっています。

SELMER Paris(セルマー・パリ)『アルトサックス マウスピース ソロイスト Soloist(C*)』

SELMERParis(セルマー・パリ)『アルトサックスマウスピースソロイストSoloist(C*)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『アルトサックスマウスピースソロイストSoloist(C*)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『アルトサックスマウスピースソロイストSoloist(C*)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『アルトサックスマウスピースソロイストSoloist(C*)』
出典:Amazon

あらゆる音楽ジャンルに対応するアイテム

セルマー・パリ社のアルトサック用マウスピースです。ソロイストは1960年代に製造されていたモデルを現代に蘇らせたデザイン。クラシック、ジャズ、吹奏楽、ポピュラーなどあらゆるジャンルの音楽に対応してくれます。

ティップオープニングは1.70mm、フェイシングが22.00mmの商品で、豊かな色彩感のある音色が特徴。また、低音と高い音域でのアタックが正確にできます。

ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピース ジャズプロフォース(#6)』

ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピースジャズプロフォース(#6)』 ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピースジャズプロフォース(#6)』 ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピースジャズプロフォース(#6)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ラバーのよさとメタルの力強さを兼ね備えている

ホワイトカラーが特徴的なブルズアイエンタープライズ社が販売するサックスマウスピース。ラバーのよさを残しつつメタル的な力強さを兼ね備えた一本です。

ティップオープニングは1.9mmで設計されています。オクターブキーを押したとき、Aから上の音域の音色にツヤがありレンスポンスがいいことも特徴。このアイテムに適するリガチャーも付属しています。

サックスマウスピースおすすめ6選|テナー用

次は、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ、テナーサックス用マウスピースのおすすめ6商品を紹介します。

YAMAHA(ヤマハ) 『マウスピース テナーサックス用 カスタムシリーズ(7CM)』

価格が控えめなマウスピース

ヤマハのカスタムシリーズのマウスピースで、素材にエボナイトを採用したアイテムです。ツヤがある色彩豊かなサウンドを奏でられます。

ティップオープニングは2.00mm、フェイシングが24.00mmに設計された商品です。価格が控えめなので初心者の人やヤマハのテナーサックスマウスピースのストックとして持ちたい人はチェックしてください。

SELMER Paris(セルマー・パリ)『テナーサックス マウスピース(S90)』

SELMERParis(セルマー・パリ)『テナーサックスマウスピース(S90)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『テナーサックスマウスピース(S90)』 SELMERParis(セルマー・パリ)『テナーサックスマウスピース(S90)』
出典:Amazon この商品を見るview item

学生からプロ奏者まで幅広く使える

セルマー・パリ社がテナーサックス用として販売しているマウスピース。シャープかつ温かみのあるサウンドが特徴の商品です。クラシックなど古典的なジャンルからジャズまであらゆる音楽に対応してくれます。

音色が均一に響き柔軟性としなやかさもあるので、学生からプロ奏者まで幅広いプレーヤーの要求に応えてくれる一本です。

Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタルHL 2018 テナー(#7)』

Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHL2018テナー(#7)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHL2018テナー(#7)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHL2018テナー(#7)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHL2018テナー(#7)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースメタルHL2018テナー(#7)』
出典:Amazon この商品を見るview item

倍音が豊かな錫合金を素材に採用

ゴッツ社が販売するメタルHL 2018シリーズは、1980年代のハイバッフルにエッジを加え、音色が太く明るくなるようにアレンジされたマウスピースです。

素材に採用された錫合金はエボナイトに性質が近く、倍音が豊かなサウンドが特徴。天然素材のリードと相性がよく、ポップスやフュージョンに適しています。キャップとリガチャー、ポーチが付属した商品です。

Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピース マスター2018(8)』

Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピースマスター2018(8)』 Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピースマスター2018(8)』 Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピースマスター2018(8)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

ヴィンテージマウスピースを再現したデザイン

ゴッツ社がヴィンテージマウスピースの成分を分析し、当時使用されていた真鍮に近い素材を厳選してつくったマウスピース。ニッケルメッキと18金メッキで仕上げた商品です。コールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターが愛用していたマウスピースが再現されています。

ティップオープニングは2.59mmです。ダークで太く渋い音色が奏でられ、サブトーンは芯があるサウンドが出せます。

VANDOREN(バンドーレン)JAVA(ジャバ)『テナーサクソフォン マウスピース T45(SM511B)』

ジャズやソウル、ファンクに向いた商品

バンドーレン社のJAVAシリーズはジャズやソウル、ファンクに適しているサックスマウスピースです。素材は吹き心地のいいエボナイトを採用していますが、メタル製と同じくらいのサウンドが得られます。

ティップオープニングは2.35mm、フェイシングはミディアムタイプです。ジャズ初心者にも適したサイズなのでぜひチェックしてください。

D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品 マーブル マウスピース ジャズセレクト ラバー テナー サクソフォーン用 D6M』

D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品マーブルマウスピースジャズセレクトラバーテナーサクソフォーン用D6M』 D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品マーブルマウスピースジャズセレクトラバーテナーサクソフォーン用D6M』 D'AddarioWOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品マーブルマウスピースジャズセレクトラバーテナーサクソフォーン用D6M』
出典:Amazon この商品を見るview item

マーブル模様のマウスピース

ジャズスタイルに対応したテナー用サックスマウスピースです。限定品として生み出されたマーブル模様が特徴的なアイテムで、テナーサックスに装着すると特別感を味わえるでしょう。

サックスのトッププレーヤーと設計者がヴィンテージマウスピースのデザインを現代の技術で再現した商品です。コンピューターによる機械生成のため一本ごとの均一性も高くなっています。

サックスマウスピースのおすすめ5選|バリトン用

最後に、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんと編集部が選んだ、バリトンサックス用マウスピースのおすすめ5商品を紹介します。

Otto Link(オットーリンク)『バリトンサクソフォン マウスピース メタル(5)』

OttoLink(オットーリンク)『バリトンサクソフォンマウスピースメタル(5)』 OttoLink(オットーリンク)『バリトンサクソフォンマウスピースメタル(5)』 OttoLink(オットーリンク)『バリトンサクソフォンマウスピースメタル(5)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ジャズの定番マウスピース

多くのジャズミュージシャンから支持を集めているオットーリンク社のマウスピース。ジャズ用の商品のなかでも定番といわれている一本です。

図太く力強い音色からささやくようなサブトーンまで幅広く対応してくれます。素材はメタル(金属製)ですが、温かみのある表現も可能です。ティップオープニングは2.30mmとなっています。

柳澤管楽器 YANAGISAWA『マウスピース エボナイト バリトンサクソフォーン(#7)』

国内の職人がつくるバリトンサックス用マウスピース

国産のバリトンサックス用マウスピースです。素材にはエボナイトを採用しています。柳澤管楽器のマウスピースは熟練の職人がひとつずつ手作りしていることが特徴。そのため品質の高いマウスピースで演奏を楽しむことが可能です。

「#7」はティップオープニングが 2.50mm、フェイシングが29.00mmの設計となっています。

VANDOREN(バンドーレン)V5『バリトンサクソフォン マウスピース B35(SM432)』

クラシック奏者の要望に応えてくれるアイテム

バンドーレン社のV5シリーズのマウスピースです。チェンバー(マウスピースの空間)が伝統的な丸い形状になっているので、クラシックやジャズなど幅広く対応してくれます。

ティップオープニングは2.10mm、フェイシングがショートタイプです。開きが広い設計ため、とくにクラシックにおいては演奏者の要望に応えてくれるでしょう。

Bobby Dukoff(ボビーデュコフ)『メタル バリトンサックス用(D6)』

BobbyDukoff(ボビーデュコフ)『メタルバリトンサックス用(D6)』 BobbyDukoff(ボビーデュコフ)『メタルバリトンサックス用(D6)』 BobbyDukoff(ボビーデュコフ)『メタルバリトンサックス用(D6)』
出典:楽天市場 この商品を見るview item

パワフルで金属的な音色が楽しめる

ボビーデュコフ社がつくるメタル製のバリトンサックス用マウスピースです。直線的な角度と極端に浅いバッフルのデザインが特徴。金属的な音色とスピード感やエッジの効いた響きが楽しめるでしょう。

パワフルでキレのよさに定評があるので、フュージョンやロックなどのジャンルに適した商品です。リガチャーとキャップも付属しています。

Gottsu(ゴッツ)『マウスピース セピアトーン VI バリトン(#8)』

Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピースセピアトーンVIバリトン(#8)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ゴッツ社のなかでも人気の高いモデル

ゴッツ社のスタンダードモデルで、日本でも人気の高いマウスピースです。吹いても飽きがこないどこか懐かしさを感じさせる音色が特徴。また、響きがよく吹きやすいためサックス奏者の好みの音を出すこともできます。

マウスピースの素材としては一般的なエボナイトを採用しています。「#8」はティップオープニングが2.85mmの商品です。

「サックスマウスピース」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
VANDOREN(バンドーレン)V16『ソプラノサクソフォン マウスピース S6(SM802)』
YAMAHA(ヤマハ)『ソプラノサックス用マウスピース(4C)』
SELMER Paris(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォン マウスピース(S80 D)』
柳澤管楽器 YANAGISAWA『クラシックモデル エボナイト ソプラノ(SC120)』
Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタル Hibiki 響 ソプラノ(#5)』
柳澤管楽器 YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピース メタル(#7)』
D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズ アルトサクソフォン用マウスピース D8M(MJS-D8M)』
Claude Lakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピース ラバー 5 3』
VANDOREN(バンドーレン)OPTIMUM(オプティマム)『アルトサクソフォン マウスピース AL3(SM711)』
SELMER Paris(セルマー・パリ)『アルトサックス マウスピース ソロイスト Soloist(C*)』
ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピース ジャズプロフォース(#6)』
YAMAHA(ヤマハ) 『マウスピース テナーサックス用 カスタムシリーズ(7CM)』
SELMER Paris(セルマー・パリ)『テナーサックス マウスピース(S90)』
Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタルHL 2018 テナー(#7)』
Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピース マスター2018(8)』
VANDOREN(バンドーレン)JAVA(ジャバ)『テナーサクソフォン マウスピース T45(SM511B)』
D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品 マーブル マウスピース ジャズセレクト ラバー テナー サクソフォーン用 D6M』
Otto Link(オットーリンク)『バリトンサクソフォン マウスピース メタル(5)』
柳澤管楽器 YANAGISAWA『マウスピース エボナイト バリトンサクソフォーン(#7)』
VANDOREN(バンドーレン)V5『バリトンサクソフォン マウスピース B35(SM432)』
Bobby Dukoff(ボビーデュコフ)『メタル バリトンサックス用(D6)』
Gottsu(ゴッツ)『マウスピース セピアトーン VI バリトン(#8)』
商品名 VANDOREN(バンドーレン)V16『ソプラノサクソフォン マウスピース S6(SM802)』 YAMAHA(ヤマハ)『ソプラノサックス用マウスピース(4C)』 SELMER Paris(セルマー・パリ)『ソプラノサクソフォン マウスピース(S80 D)』 柳澤管楽器 YANAGISAWA『クラシックモデル エボナイト ソプラノ(SC120)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタル Hibiki 響 ソプラノ(#5)』 柳澤管楽器 YANAGISAWA『アルトサックス用マウスピース メタル(#7)』 D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『セレクトジャズ アルトサクソフォン用マウスピース D8M(MJS-D8M)』 Claude Lakey(クラウド・レイキー)『アルトサクソフォン・マウスピース ラバー 5 3』 VANDOREN(バンドーレン)OPTIMUM(オプティマム)『アルトサクソフォン マウスピース AL3(SM711)』 SELMER Paris(セルマー・パリ)『アルトサックス マウスピース ソロイスト Soloist(C*)』 ブルズアイエンタープライズ『アルトサックスマウスピース ジャズプロフォース(#6)』 YAMAHA(ヤマハ) 『マウスピース テナーサックス用 カスタムシリーズ(7CM)』 SELMER Paris(セルマー・パリ)『テナーサックス マウスピース(S90)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピース メタルHL 2018 テナー(#7)』 Gottsu(ゴッツ)『テナーサックス用メタルマウスピース マスター2018(8)』 VANDOREN(バンドーレン)JAVA(ジャバ)『テナーサクソフォン マウスピース T45(SM511B)』 D'Addario WOODWINDS(ダダリオウッドウインズ)『限定品 マーブル マウスピース ジャズセレクト ラバー テナー サクソフォーン用 D6M』 Otto Link(オットーリンク)『バリトンサクソフォン マウスピース メタル(5)』 柳澤管楽器 YANAGISAWA『マウスピース エボナイト バリトンサクソフォーン(#7)』 VANDOREN(バンドーレン)V5『バリトンサクソフォン マウスピース B35(SM432)』 Bobby Dukoff(ボビーデュコフ)『メタル バリトンサックス用(D6)』 Gottsu(ゴッツ)『マウスピース セピアトーン VI バリトン(#8)』
商品情報
特徴 ジャズ初心者に適したソプラノ用のマウスピース 価格が控えめなフェノール樹脂のマウスピース 世界的な標準モデル 熟練の職人がひとつずつ手作りしている ジャズやフュージョン、ポップスに対応する真鍮製 癖が少ないメタル製マウスピース 機械生産されたジャズ向けのサックスマウスピース パワフルな音色を生み出すサックスマウスピース クラシック向けのアルトサックスマウスピース あらゆる音楽ジャンルに対応するアイテム ラバーのよさとメタルの力強さを兼ね備えている 価格が控えめなマウスピース 学生からプロ奏者まで幅広く使える 倍音が豊かな錫合金を素材に採用 ヴィンテージマウスピースを再現したデザイン ジャズやソウル、ファンクに向いた商品 マーブル模様のマウスピース ジャズの定番マウスピース 国内の職人がつくるバリトンサックス用マウスピース クラシック奏者の要望に応えてくれるアイテム パワフルで金属的な音色が楽しめる ゴッツ社のなかでも人気の高いモデル
素材 エボナイト(ハードラバー) フェノール樹脂(合成樹脂) エボナイト(ハードラバー) エボナイト(ハードラバー) 真鍮 金属、銀メッキ仕上 ラバー ラバー エボナイト(ハードラバー) - - エボナイト(ハードラバー) - 錫合金 真鍮、ニッケルメッキ、18金メッキ エボナイト(ハードラバー) ラバー 金属 エボナイト(ハードラバー) エボナイト(ハードラバー) 金属 エボナイト(ハードラバー)
ティップオープニング 1.58mm 1.20mm 1.27mm 1.20mm 1.4mm 2.05mm 2.24mm 2.03mm 1.52mm 1.70mm 1.9mm 2.00mm 1.80mm 2.41mm 2.59mm 2.35mm 2.54mm 2.30mm 2.50mm 2.10mm 2.67mm 2.85mm
フェイシング ミディアム・ロング 19mm 18.00mm 20.00mm - 23.00mm ミディアム ショート ミディアム・ロング 22.00mm - 24.00mm 23.00mm - - ミディアム ミディアム - 29.00mm ショート - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年11月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする サックスマウスピースの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのサックスマウスピースの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:サックスマウスピースランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

サックスマウスピースのお手入れ方法 水洗いは毎回必要?

ここでは、マウスピースのお手入方法を紹介します。毎日の練習後のお手入れと、汚れが気になってきた際のお手入れの仕方や洗い方を解説するので、参考にしてみてくださいね!

練習後、マウスピースにスワブをシャンク側から一回だけ通しましょう。一回で充分に水分が取れます。何度もやってしまうと、マウスピースの内部に傷をつけてしまう可能性があるので注意してください。

練習の頻度にもよりますが、汚れが気になってきたときや1ヶ月に1回程度のペースでマウスピース全体を水洗いしましょう。

唾液による頑固なタンパク汚れが付いている場合は、ぬるま湯や食器用中性洗剤で洗うのもおすすめです。洗った後は、水ですすいで水分をよくふき取ってください。

また、お手入れの際は誤って落としてしまうことのないように十分に気をつけましょう。

そのほかのサックス関連の記事はこちら 【関連記事】

演奏スタイルに合うサックスマウスピースを見つけよう 初心者でもはじめられる

サックスマウスピースは種類に合ったサイズと素材で選ぶことがポイントです。フェノール樹脂やエボナイト、金属などによって音色や吹奏感が異なるので、自分の演奏スタイルに合わせて探してください。

また、ティップオープニングの幅とフェイシングの長さにも注目しましょう。今回紹介したおすすめ商品も参考にして、自分の用途に合うサックスマウスピースを見つけてください。

◆記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。◆特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部