フィッシュグリップのおすすめ11選|魚にキズをつけない【計量機能つきも】

DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』
出典:Amazon
ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

魚をキズつけずに持ち上げ、自分の手を魚の歯やヒレから守ることができるフィッシュグリップ。釣り初心者でもひとつ持っておくとなにかと便利です。この記事では、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さん取材のもと、フィッシュグリップの選び方、おすすめ11選をご紹介します。自分が使いやすいフィッシュグリップを見つけ、釣りライフを楽しみましょう。


フィッシュグリップを使うメリット

釣りを楽しむ男性たち

Photo by Tessa Wilson on Unsplash

フィッシュグリップの特徴をおさえておきましょう。

フィッシュグリップとは魚の口元をはさんで持ち上げるための道具です。フィッシュグリップではさんで持ち上げることで、手でつかむよりも吊り上げた魚をキズつけなくて済みます

鋭利な歯や口を持つ魚から自分の手を守れるうえに、記念撮影にも役立ちます。商品によっては重さや魚の大きさの計測が同時にできるものもあり、釣りを趣味にしている人であればひとつは持っておきたい道具といえるでしょう。

フィッシュグリップの選び方 素材、サイズ、機能、形状で比較

釣りには欠かせないフィッシュグリップは、どのような点に注意して選べばいいでしょうか。

グリップの素材や形状など、注意しておきたいポイントについていくつかまとめましたので、グリップ選びの参考にしてみてください。

壊れにくい素材かチェック

フィッシュグリップにはステンレスやアルミ合金などの金属製のものと、安くて軽いプラスチック製でできたものがあります。ステンレスやアルミを使っている製品は、丈夫でサビにくいので、長くつかうことができますよ。

また、プラスチック製の商品はリーズナブルですが、金属製のものに比べてどうしても強度は弱まってしまいますので、注意してくださいね。

用途に合ったサイズのグリップを選ぶ

どれくらいの大きさの魚を釣るのかによっても、選ぶべきグリップは異なります。ヒラマサやブリなど大型の魚をつかむのであれば、当然大型魚に対応したグリップを選んだほうがいいです。

逆に、アジなどの小型の魚をつかむのであればトングタイプなど先が細いタイプのグリップが適していますが、大型魚・小型魚どちらもつかめるグリップもありますので、商品ページなどの説明を読んでチェックしておくといいでしょう。

魚をつかむ以外の機能にも着目!

フィッシュグリップには魚をつかむだけでなく、折りたたむことができて持ち運びに便利なものや、魚の重さを測れるスケール機能があるものなど便利な機能が搭載されているものも多く存在します

専用アプリを使ってグリップを使って魚を吊り下げている写真を撮るだけで、魚の大きさや重さが測れてしまう商品もあります。

グリップの形状も重要

つかみやすさ、持ちやすさも重要なポイントです。とくに大きな魚をフィッシュグリップでつかんで数分持ったままでいると、手が疲れてしまうもの。

手で持つ部分が握りやすい形状になっているか、ラバーや樹脂などのやわらかい素材を使っているかもチェックしておきましょう。実際に持ったときはどんな感じなのかをイメージしておくといいですよ。

魚にストレスを与えない道具 ワイルドライフクリエーターからのアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

水中に暮らす魚は人の体温で火傷をするといわれています。もちろん鋭利な歯やヒレからも自身の手を怪我から守る役目を果たしますが、なによりも必要以上のストレスを与えない道具として導入したいですね

ロックが可能なものもありせっかく釣り上げた逃がしてしまったり、落として傷つけたりしないアイテムとしても一台あるといいでしょう。

フィッシュグリップのおすすめ11選 魚の重量を計測できる、持ちやすい、大型向けなど

釣った魚から釣り針を外すときや、記念撮影の際に大いに役立つフィッシュグリップのなかからおすすめの商品を全部で11品ご紹介します。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』はトリガータイプで扱いやすく計量が可能なモデル。操作性がよく女性や冬場に厚手のグローブをしていてもトリガータイプでストレスなくクリッピングができます。重量も測れて一石二鳥ですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』

オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』

出典:Amazon

サイズ 290×45×35mm
カラー シルバーグレー、バーミリオンレッド、オーシャンブルー
重量 277g
素材 アルミ合金

つかんだ魚の重量を計量できる!

つかんだ魚の重量をその場で計量可能! 約12kgまで測れます。修正機能つきで目盛りがズレてしまってもラクに修正できて安心です。本体にはサビに強くて丈夫なアルミニウム合金を使用。グリップ部分にはラバーを使用し、水に濡れた状態でもしっかりとつかむことができます。

トリガータイプで余計な力をかけなくても魚をつかむことができるので、力の弱い女性や子どもでも手軽に使えますよ。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』はタックルボックスや腰に下げておくのに便利なサイズでしかもスタイリッシュ。女性にもおすすめなグリップです。

クリップ部分のホールド感もしっかりとしていていビギナーでも扱いやすいので最初に選ぶならおすすめですよ。 

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』

DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』

出典:Amazon

サイズ 約130mm
カラー ブラック、シルバー
重量 約80g
素材 ステンレス

持ちやすいデザインで小型〜中型魚まで対応!

スタイリッシュでかっこいい見た目のフィッシュグリップ。グリップ部分は持ちやすい形状でつかみやすいですよ。魚をつかむアーム部分はサビないステンレスを使用し、小型〜中型魚をつかむのにぴったりです

カラビナやチェーンつきで、パンツのベルト通しやベスト、カバンにつけて使えます。紛失の心配もありません。見た目にも使いやすさにも拘りたい人向けの一品です。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ビッグゲームをするならスミス『スミスグリップ 2700』がおすすめ。下顎が動くクリップを採用しているので、上を押しつけるようにすればクリッピングミスも少なく暴れる魚も捉えやすいのがポイントです。

海釣りはもちろんトイラウト、メガマウスといった大型狙いにもいいですよ。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

スミス『スミスグリップ 2700』

スミス『スミスグリップ2700』

出典:Amazon

サイズ 270mm
カラー レッド、ブルー
重量 134g
素材 本体:アルミ、グリップ:EVA

つかみやすくて軽量! 大型魚向けの一品!

アーム上部は固定式、下部だけが動く珍しいタイプのフィッシュグリップで、大型で下顎の厚い魚もつかみやすいです。魚の歯やヒレ、ロングミノーについている大きな釣り針などから手を守るため、本体は長めにつくられています。

グリップ部分には耐久性が高くほどよくやわらかいEVA素材を使用し、重い魚をつかんでも握りやすいですよ。軽量でありながらも大きな魚を安心してつかめる商品がほしい人にぴったりです。

ウミボウズ『フィッシュグリップ ピストル型』

ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』 ウミボウズ『フィッシュグリップピストル型』

出典:Amazon

サイズ 約280mm
カラー レッドブラック、オールブラック、レッド、ブルー、グリーン、シルバー、ピンク
重量 195g
素材 航空技術用アルミニウム

釣り好きの口コミを参考に生まれた一品!

多くの釣り好きからの口コミを参考に、丈夫さ、軽さ、扱いやすさにこだわってつくられた一品。サビに強く丈夫な航空技術用のアルミ素材でできたグリップで、とにかく軽くて持ちやすいです

トリガー式で大きな魚もラクにつかめます。本体自体は大きく、魚をつかんだときに適度に距離をとることができます。鋭利な歯やヒレを持った大型魚向けです。

SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』

SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』

出典:Amazon

サイズ 335mm
カラー シルバー、ブラック
重量 約410g
素材 ガラス強化ナイロン、ステンレス

大型魚対応&計量もできる高性能グリップ!

20kgまでの魚の重量を計測可能。高強度設計で大型の魚をつかむのに適した一品。ねじれに強く、耐荷重も高い3Dアームを採用。3cmまで開くので大きくて力の強い魚も難なくつかめます。

トリガーからアームまでの距離も長めなので、大型のルアーの取り外しもラクにできますよ。大型魚を吊り上げることが多い人に適しています。

PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』

PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』 PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』 PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』 PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』

出典:Amazon

サイズ 約200mm
カラー ゴールド、ガンスモーク、パープル、レッド
重量 192g
素材 ステンレス

耐久性の高く強靭なステンレスアームを採用

ボディには軽量なアルミを使用してラバーグリップで持ちやすく、扱いやすい一品。五角形型のアームは丈夫でサビないステンレス製で、中型サイズの魚をつかむのに適しています

カラビナ&スパイラルコードつきで、ズボンやベスト、バッグに取りつけしやすく紛失のおそれがありません。お手頃価格で軽く、扱いやすいフィッシュグリップを試しにつかってみたい人に適しています。

タカミヤ『REAL METHOD エキスパートフィッシュグリップ』

タカミヤ『REALMETHODエキスパートフィッシュグリップ』 タカミヤ『REALMETHODエキスパートフィッシュグリップ』 タカミヤ『REALMETHODエキスパートフィッシュグリップ』

出典:楽天市場

サイズ 約236mm
カラー レッド×ブラック、ガンメタル×ブラック、ブラック×ゴールド、ブルー×ブラック、ピンク×ブラック
重量 約172g
素材 アルミ、ステンレス

魚へのダメージを抑える工夫がされている一品

アルミ合金でできた軽量かつ丈夫なボディが特徴的なフィッシュグリップ。アームの先端が厚めに設計されていて、魚が暴れてもねじれません。アーム先端の内側はラウンド形式で、魚の口内がキズつかないよう考慮されています

グリップ部分は滑り止めのシリコンラバーを使用。手にやさしくフィットし魚をガッチリつかみます。魚へのダメージを極力抑えたいと考える人にぴったりです。

レインズ『フィッシュグリップSP』

レインズ『フィッシュグリップSP』

出典:楽天市場

サイズ 265×30×35mm
カラー ブラック、ブラウン、レインズオレンジ
重量 145g
素材 ナイロン、ガラス繊維、銅紛

小型の魚をつかむのにぴったりなトングタイプ

細いアームが特徴的なトングタイプ。先端部は細身に設計されているので、つかんだ魚を大きく見せられますよ。厚みがあり握りやすい形状のハンドルにはケミカルライトを装着可能。辺りが暗くても見えやすく使いやすいです。

抗菌剤を配合しているため、いつでも清潔に使えるのもうれしいポイント。トリガータイプのフィッシュグリップが合わない人や小型の魚を釣ることが多い人向けの一品です。

ハピソン『計測グリップライト』

ハピソン『計測グリップライト』

出典:Amazon

サイズ 165×60×20mm
カラー -
重量 約125g
素材 -

専用アプリを使えば、瞬時に魚のサイズも計測可能!

軽量&グリップ部分に突起があり持ちやすく、女性や子どもでも扱いやすいフィッシュグリップ。魚をつかむだけでなく、魚のサイズを計測する機能つき。専用アプリを使って写真を撮れば、魚のサイズもすぐにわかります

撮った写真は各種SNSにすぐにシェアできるので、SNSに釣りの写真をたびたびあげている人にも適した一品です。

スタジオオーシャンマーク『OG2100Newbie』

スタジオオーシャンマーク『OG2100Newbie』

出典:Amazon

サイズ 210mm
カラー マットロイヤスブルー、マットレッド、ショットシルバー、ショットブラック、マットグレー
重量 97g
素材 -

重量97gでとにかく軽いうえに丈夫で長く使える!

本体の重量が100gを切っていてとにかく軽いです。軽さを実現させるためにスケール機能をなくし、コンパクトに仕上げられています。

アームは片方だけが可動し、魚のアゴをつかめるよう工夫されています。アーム先端は内側に曲げられていて魚の脱落を防いでくれるところも魅力。グリップはロングタイプで、中〜大型の魚向きの一品です。

ドレス『グラスパー フィッシュグリップ グルカ』

ドレス『グラスパーフィッシュグリップグルカ』 ドレス『グラスパーフィッシュグリップグルカ』 ドレス『グラスパーフィッシュグリップグルカ』 ドレス『グラスパーフィッシュグリップグルカ』

出典:Amazon

サイズ 約270mm
カラー ブラック×ゴールド、ブラック×ブラック、ブラック×パープル、ブラック×レッド
重量 約182g
素材 -

折りたたみ機能つきでオールマイティに使える!

折りたたみ機能つきでコンパクトにたたんでも使えます。従来品からムダなパーツをできる限り取り除きつつも性能は落とさないよう工夫されていて、持ち運びもしやすく状況や魚の大きさに応じて臨機応変に使える一品です。

グリップは樹脂製で手にフィットしやすいうえに、ゆるやかに角度がつけられ、トリガーを引きやすいですよ。小型〜大型の魚までつかめるフィッシュグリップがほしい人にぴったりです。

「フィッシュグリップ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』
DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』
スミス『スミスグリップ 2700』
ウミボウズ『フィッシュグリップ ピストル型』
 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』
PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』
タカミヤ『REAL METHOD エキスパートフィッシュグリップ』
レインズ『フィッシュグリップSP』
ハピソン『計測グリップライト』
スタジオオーシャンマーク『OG2100Newbie』
ドレス『グラスパー フィッシュグリップ グルカ』
商品名 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』 スミス『スミスグリップ 2700』 ウミボウズ『フィッシュグリップ ピストル型』 SHIMANO(シマノ)『フィッシュグリップ』 PROX(プロックス)『フィッシュキャッチャーRレギュラー』 タカミヤ『REAL METHOD エキスパートフィッシュグリップ』 レインズ『フィッシュグリップSP』 ハピソン『計測グリップライト』 スタジオオーシャンマーク『OG2100Newbie』 ドレス『グラスパー フィッシュグリップ グルカ』
商品情報
特徴 つかんだ魚の重量を計量できる! 持ちやすいデザインで小型〜中型魚まで対応! つかみやすくて軽量! 大型魚向けの一品! 釣り好きの口コミを参考に生まれた一品! 大型魚対応&計量もできる高性能グリップ! 耐久性の高く強靭なステンレスアームを採用 魚へのダメージを抑える工夫がされている一品 小型の魚をつかむのにぴったりなトングタイプ 専用アプリを使えば、瞬時に魚のサイズも計測可能! 重量97gでとにかく軽いうえに丈夫で長く使える! 折りたたみ機能つきでオールマイティに使える!
サイズ 290×45×35mm 約130mm 270mm 約280mm 335mm 約200mm 約236mm 265×30×35mm 165×60×20mm 210mm 約270mm
カラー シルバーグレー、バーミリオンレッド、オーシャンブルー ブラック、シルバー レッド、ブルー レッドブラック、オールブラック、レッド、ブルー、グリーン、シルバー、ピンク シルバー、ブラック ゴールド、ガンスモーク、パープル、レッド レッド×ブラック、ガンメタル×ブラック、ブラック×ゴールド、ブルー×ブラック、ピンク×ブラック ブラック、ブラウン、レインズオレンジ - マットロイヤスブルー、マットレッド、ショットシルバー、ショットブラック、マットグレー ブラック×ゴールド、ブラック×ブラック、ブラック×パープル、ブラック×レッド
重量 277g 約80g 134g 195g 約410g 192g 約172g 145g 約125g 97g 約182g
素材 アルミ合金 ステンレス 本体:アルミ、グリップ:EVA 航空技術用アルミニウム ガラス強化ナイロン、ステンレス ステンレス アルミ、ステンレス ナイロン、ガラス繊維、銅紛 - - -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月23日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキング フィッシュグリップのTOP5!

ご紹介した商品のなかからワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんがおすすめするランキングを発表します。迷ったときの参考にしてみてくださいね。

5位 ウミボウズ『フィッシュグリップ ピストル型』

4位 タカミヤ『REAL METHOD エキスパートフィッシュグリップ』

3位 オーシャンブレイブ『ブレイブキャッチEX』

2位 スミス『スミスグリップ 2700』

1位 DAIWA(ダイワ)『フィッシュグリップV』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする フィッシュグリップの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフィッシュグリップの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フィッシュグリップ・魚つかみランキング
楽天市場:フィッシングスケールランキング
Yahoo!ショッピング:フィッシングツール フィッシュグリップランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】釣りの関連グッズをご紹介!

専用ロッドを買うほどではないけど、ちょっとだけ試してみたい。一本しか釣竿を持っていけないけど、あれもこれも釣ってみたい。そんな欲張りな願いをかなえてくれるのが万能竿です。万能竿を選ぶにあたって、振出タイプや並継タイプ、長さはどのぐらいがよいのか、河川から海釣りまで、やりたい釣りに適応しているの...

ルアーの量が増えてくるとどうしても必要になるのが専用のケースです。いきなり大型のタックルボックスを買うのもよいですが、小分け用にいくつか入れられる小型のものがあると、あとあと持ち出し用に使えて便利です。この記事では実釣にぴったりの小型ルアーケースについて、釣りライターの中山一弘さんに選び方のコ...

釣りライターの中山一弘さんがおすすめする餌箱6選をご紹介します。エサ釣りをする際、エサを保管し、いつでも使えるように釣り場で使う「餌箱」は必須アイテムになります。エサ釣りといっても多種多様のエサを使うため、それぞれに合わせた餌箱が必要です。でも、調べてみるとかなりの種類があるようです。そこで釣...

アウトドアライターの夏野 栄さんがおすすめのランディングネット6選をご紹介します。本格的に釣りをするなら、ぜひともランディングネットをそろえておきたいですよね。自分の釣りのスタイルや対象魚種、さらには使い勝手など、ランディングネットを購入する際に押さえておきたいポイントはいろいろあります。そこ...

山岳写真家でアウトドアのエキスパートである荒井裕介さんへの取材をもとに、おすすめの釣り用クーラーボックスをご紹介します。釣り用クーラーボックスは、釣った魚を大事に保管するために必要不可欠ですが、何でもいいというわけではありません。サイズや保冷効果など選ぶポイントはさまざまです。シマノやダイワと...

通勤や通学のほか旅行などさまざまなシーンで活躍してくれるのがリュックです。なかでもコールマンのリュックは機能性が高く扱いやすいことから注目を集めています。この記事では、選び方のポイントを解説するとともに、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだコールマンのリュックのおすすめ13商品をご紹介します。

釣りやシュノーケリングなど、海や川のレジャーに必須のアイテム「ライフジャケット」。この記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだ、ライフジャケットのおすすめ14選をご紹介します。また、あわせて動画によるライフジャケットの使い方や選び方のポイントについても解説していきます。

キャンプやバーベキュー、海水浴や釣りなどあらゆるアウトドアで活躍するハードクーラーボックス。コールマン、イグルー、キャプテンスタッグなどさまざまメーカーから販売されています。そこで、アウトドアライターのSAMさんと編集部が、ハードクーラーボックスの選び方とおすすめの11商品をご紹介します。保冷...

編集部から一言

フィッシュグリップを使うことで、ルアーの取り外しや写真撮影がしやすくなるうえに、魚をキズつける回数も少なくなります。このページを参考に、あなたに合ったフィッシュグリップを見つけて、釣りを楽しんでくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


ロッドケースおすすめ5選|【ソフト・セミハード・ハード】厳選!

ロッドケースおすすめ5選|【ソフト・セミハード・ハード】厳選!

釣り場に向かうとき、釣竿を剥き出しのまま運んでしまうと破損の恐れがあります。さらに複数の竿や玉網(タモ)の柄なども持ち歩こうと思うなら、専用のロッドケースを用意したほうが安心です。ここでは、釣りライターの中山一弘さんと編集部が選んだロッドケースのおすすめと選び方のコツについてご紹介します。


釣りたい魚に合わせて選ぶ!PEラインおすすめ人気ランキング40選

釣りたい魚に合わせて選ぶ!PEラインおすすめ人気ランキング40選

釣り・アウトドアライターの中山一弘さんへの取材と501名へのアンケート調査をもとに、PEラインの特徴と、シーバス釣りやエギングなど、ターゲット別のおすすめランキングを紹介いたします。ぜひ参考にしてください!


へら竿のおすすめ7選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

へら竿のおすすめ7選! シマノ・ダイワほか人気モデルや選び方を解説

池や湖、大型河川などに多く生息するへらぶなは、釣り人に人気のターゲットです。へらぶながたくさん放流された管理型の池などもあり、大会なども盛んにおこなわれています。釣りの入門にも最適ですが、食性(プランクトン食)からエサの作り方を少し変えるだけで釣果が変わるなど、奥深さがあるのも魅力です。へら竿は「カーボン竿」と「竹竿」の2種類。シマノやダイワをはじめさまざまなメーカーから販売されています。では初心者がへらぶな釣りをはじめるには、どんな竿を用意すればよいのでしょうか。釣りライターの中山一弘さんに選び方のポイントをうかがったので、ぜひ参考にしてみてください。


ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りテントおすすめ8選|サイズ・設営タイプ・重量で選ぶ

ワカサギ釣りの必需品といえば「ワカサギ釣り用テント」です。持ち運びに便利なコンパクトタイプや、初心者でも安心なワンタッチで設営できるもの、ドーム型や連結型など種類はさまざまです。また、Coleman(コールマン)やCAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)、DOD(ディーオーディー)などメーカーによっても特徴は違います。そこでこの記事では、フィッシングライターの田澤 晃さんと編集部が選んだワカサギ釣り用テントのおすすめ商品8選とその選び方を紹介します。あなたにぴったりのテントを見つけワカサギ釣りを快適に楽しんでください。


ダイワのベイトリールおすすめ7選! 釣りライターがダイワの特徴と選び方を紹介

ダイワのベイトリールおすすめ7選! 釣りライターがダイワの特徴と選び方を紹介

あらゆる釣り人に人気のベイトリールメーカーといえば、真っ先にダイワが思い浮かびます。初心者にやさしいコストパフォーマンスに優れたエントリーモデルから、トッププロが愛用するハイエンドモデルまで幅広いラインナップが魅力です。この記事では、釣りライターの中山一弘さんに、ダイワのベイトリールの特徴や選び方、おすすめの商品を伺いました。人気の商品や最新モデルも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


新着記事


丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

丸大豆せんべいはホッとする味? 実際に食べて口コミや評判を検証しました

三幸製菓が販売している「丸大豆せんべい」。どこか懐かしさを覚えるようなパッケージに安心感が芽生えます。インターネットで口コミや評判を調査してみても、味や食感に満足している人が目立ちますが、実際はどうなのか気になるところ。そこで、今回は丸大豆せんべいを実食してみます。口コミや評判と比較しながら、味や食感について検証してみました。


MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

MicrosoftのArc Mouseは使いやすいのか? 実際に使用して検証してみた

折り曲げて使うという従来のマウスとはまったく違うデザインがひときわ目を引くMicrosoftの『Arc Mouse』。ただ奇抜なデザインというだけでなく、薄くて軽量なのでバッグなどに収納しやすく、持ち運びがしやすいというメリットも。外出先で使うのに役立ちそうな『Arc Mouse』ですが、使い心地はどうでしょうか。この記事では、実際に『Arc Mouse』を購入し、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのMXGM10DBは使いやすい? 実際に使用して検証してみた

ELECOMのワイヤレスマウス『MXGM10DB』。手の形状をもとにした握りやすいフォルムで、使う場所を選ばないBlueLED搭載などをウリにしています。そしてなんといっても魅力的なのは、選びやすい価格。安いうえに機能性にもすぐれたコストパフォーマンスのいい商品です。この記事ではそんな『MXGM10DB』を実際に購入して、商品の特徴や操作性などを検証してみました。


幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

幅広いシーンで活躍する! 『ケイト アイブロウ』使用感や落ちやすさを検証レビュー

顔の印象を決めるといわれるほど重要なまゆ。メイクの中で、まゆに多くの時間を割く女性も多いのではないでしょうか。現在は、ペンシルやリキッド、まゆマスカラなど、さまざまな種類のアイブロウアイテムがあるので、どれが自分に合っているのかわからない人も多いはずです。そこで今回は、プチプラで注目を集めるケイトのアイブロウを紹介します。実際にケイトのアイブロウを使った人の口コミや評判も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。


ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボン バタークッキーの評判や口コミの真実は? 実際に食べて徹底レポート

ブルボンから発売されている『バタークッキー』は、赤いパッケージに小麦と商品の実物の画像が描かれていて、明るくておいしそうなイメージ。インターネットの評判を見るとよい評価がたくさん見られますが、はたしてそのレビューは信じてもいいのでしょうか。そこで、『バタークッキー』を実際に購入して、口コミの是非を徹底検証しました。クッキー好きの方は、ぜひ見逃さずにご覧ください。


アウトドア・キャンプの人気記事


>>もっと見る