ルームミラーモニターおすすめ7選|量コスパ・高性能モデルも紹介

KEENAXIS『ダッシュカム ミラータイプ』
出典:Amazon

運転する上で大切なドライブレコーダーやバックカメラ機能も搭載したルームミラーモニター。ミラーとしての機能だけでなく、様々な用途に使用できるため、近年人気となっています。

しかし、それぞれサイズや機能も異なるので、どのポイントをチェックすればいいのかわかりにくいですよね。

本記事では、ルームミラーモニターの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事を一通り読んでいただければ、商品を選ぶ際に必要な機能などについてしっかり把握できるはずです。

さらに、小型なものから、映像が見やすいもの、さらにドラレコ機能が付いたものまで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


目次

自動車ライター/エディター
塚田 勝弘

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライター/エディターとして約12年が経過。自動車雑誌、モノ系雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビやカーオーディオ、カー用品、カーエレクトロニクスなどを執筆しているほか、自動車メーカー関連の公式サイトの執筆や監修なども行っている。

ルームミラーモニターとは

 

ルームミラーモニターとは、自動車のミラーに液晶画面を設置したミラーのこと。

液晶画面がついているため、自動車後方の映像を映して確認したり、さらに、機種によってはドライブレコーダーとして使用できるものもあります。映し出す映像は、後方に設置したカメラからの映像のため、ミラー調節などの手間も省け、運転をサポートしてくれます。

タッチパネル操作が基本で、ほとんどがミラーの上から覆い被せる形で設置するタイプ。取り付けも簡単で、近年人気となっているアイテムです。

ルームミラーモニターを選び方

それでは、ルームミラーモニターの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。

【1】サイズ
【2】デジタルインナーミラー
【3】入力端子
【4】調光機能
【5】タッチパネル式


上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】サイズをチェック

ルームミラーモニターのサイズは商品によって大きく異なります。そこで、ルームミラーモニターに何を求めるかによってサイズを決めるのが大切

そのなかでも代表的な4.3インチと7~10インチに分けて紹介します。

▼バックカメラ映像だけなら4.3インチ

 

駐車に不安があり、安心して車をバックさせるために、バックカメラ目的でルームモニターを購入する方も多いでしょう。

バックカメラと連動させることだけが目的であれば、バックミラーと同程度の大きさである4.3インチあれば充分に対応可能です。

▼動画を視聴するなら7〜10インチ

 

ルームモニターは動画を楽しむことにも使うことができます。後部座席で落ち着かない子どもも、好きなアニメなどが観られれば、静かにしていてくれるはず。

この場合、後部座席からはっきりと映像が観られるように、7インチ以上は必要です。

【2】デジタルインナーミラーをチェック

 

車種によっては、バックカメラが搭載されていない場合もあります。そこで、バックカメラがセットになったデジタルインナーミラーに注目。

ドライブレコーダーをつけていない場合は、万一の事故に備え、ドライブレコーダーを兼ねたルームミラーモニターを選ぶのもいいでしょう

【3】入力端子をチェック

 

2画面や3画面のように画面分割が必要であれば、複数入力端子を備えていることがポイント。これは、商品の説明にある、2系統や3系統といった表記で確認することができます。

ワイヤレス接続可能な商品であれば、複雑な配線接続も不要です。

【4】調光機能をチェック

 

ルームミラーモニターは、ミラーとしての役割も考慮する必要があります。日差しが強い日中や夜中など、環境によって見にくくならないように、周りの明るさに適応させる調光機能も。

自動調光になっていれば、都度の設定も不要なので便利です。また、映り込み防止フィルムを貼ることで反射を防ぐこともできます。

【5】タッチパネル式かどうかチェック

 

ふだんスマートフォンを使っている場合、ボタン操作よりタッチパネル操作に慣れている人も多いでしょう。ルームミラーモニターにも、タッチパネル式商品が豊富に揃っています

また、後部座席での動画視聴を予定しているのであれば、リモコンがあった方がいいでしょう。

【※】取りつけ時の注意点

自分で取りつけを考えているのであれば、差し込むだけで配置可能なシガーソケット給電タイプがおすすめ。また、固定に不可欠な取りつけステーがあるかも確認しておきましょう。

ただし、車検に関わることもあるので、車検対応商品かどうかもチェック。不安なら専門業者に依頼するのが一番です。

エキスパートのアドバイス

自動車ライター/エディター

視界、安全に関わる装備なので、目の焦点が合いやすいかなど、見やすいのかどうかがとくに重要です。

さらに、バックカメラやドライブレコーダーなどの機能も兼ねているアイテムは、愛車にどんな機能がついているのかを確認しましょう。

サイズは大きい方が視認性は高まりますが、大きいほど前方視界を妨げることになるので、バランスも大切です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Data System『バックミラーモニター(LTM6023Ⅱ)』
フジ電機工業『ルームミラーモニター(AV-M02)』
BOSCAM『バックカメラモニターセット』
LOSKA『ルームミラーモニター』
OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』
OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』
YAO-YOROZ『TAXIONプレミアム ドライブレコーダー』
商品名 Data System『バックミラーモニター(LTM6023Ⅱ)』 フジ電機工業『ルームミラーモニター(AV-M02)』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 LOSKA『ルームミラーモニター』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアム ドライブレコーダー』
商品情報
特徴 伸縮式のスライドレバーで取りつけカンタン バックカメラ連動機能で後方確認も安心 カンタン取りつけ可能なワイヤレスタイプ リモコンつきなので後部座席から操作可能 上下左右にカメラアングルを調節できる シガーソケット給電で取りつけ負担もなし 大画面ではっきり映像を確認
映像入力数 2系統 2系統 - 2系統 1系統 - -
ミラー調光 - あり - - - あり あり
タッチパネル - - - - - あり あり
インチ 4.3インチ 4.3インチ 5インチ 7インチ 4.3インチ 9.35インチ 約12インチ
バックカメラ あり あり あり あり - あり あり
給電方法 ヒューズ - シガーソケット ヒューズ シガーソケット シガーソケット シガーソケット
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年7月1日時点 での税込価格

ルームミラーモニターおすすめ7選

上記で紹介した選び方のポイントを踏まえ、ルームミラーモニターのおすすめ商品を紹介します。

Data System『バックミラーモニター(LTM6023Ⅱ)』

データシステム(Datasystem)バックミラーモニターLTM6023II データシステム(Datasystem)バックミラーモニターLTM6023II データシステム(Datasystem)バックミラーモニターLTM6023II データシステム(Datasystem)バックミラーモニターLTM6023II データシステム(Datasystem)バックミラーモニターLTM6023II

出典:Amazon

伸縮式のスライドレバーで取りつけカンタン

伸縮するスライドレバーを活用し、バックミラーに装着する4.3インチサイズのモニターです。軽量設計でかんたんに装着できるので、ルームミラーモニター装着に抵抗を感じていた人も気軽にセッティングできるでしょう。

国産や高機能で安心なうえ、ノイズ対策により、GPS受信による画像の乱れを防ぐことができます。ストレスなくモニター確認ができますね。

フジ電機工業『ルームミラーモニター(AV-M02)』

フジ電機工業『ルームミラーモニター(AV-M02)』

出典:楽天市場

バックカメラ連動機能で後方確認も安心

バックカメラ連動機能が搭載されたルームミラーモニターです。ギアをバックに入れただけで、リアカメラからの映像を確認することができるので、駐車時も安心。もちろん、OFF時は全面ミラーとして、後方を確認できます。

国産メーカーで機能も充実。ボタンで明るさ、彩度、コントラストを簡単調節できるので、自分の見やすい状態にセッティングできて便利です。

BOSCAM『バックカメラモニターセット』

BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』 BOSCAM『バックカメラモニターセット』

出典:Amazon

カンタン取りつけ可能なワイヤレスタイプ

ケーブルひとつでセッティングできるワイヤレスタイプ。慣れない取り付けで、うまくできるか不安に思っている人でも、これなら業者に依頼せずに自分でできます。5インチなので、前方の視界を妨げません。

リアルタイム監視機能やバックカメラが搭載されている点も心強いです。電波干渉防止対策も取られているので、キレイな映像で周囲を確認することができてスイスイ運転できますね。

LOSKA『ルームミラーモニター』

LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』 LOSKA『ルームミラーモニター』

出典:Amazon

リモコンつきなので後部座席から操作可能

1m範囲内でリモコン操作可能なルームミラーモニター。リモコンを後部座席の人に渡しておけば、自身は運転に集中したまま、動画を楽しんでもらうことができます。2系統入力なので、バックカメラのみならずDVDも視聴可能です。

サイズは7インチなので、後部座席からの動画視聴も問題なし。LEDバックライト液晶で、高画質な映像を臨場感たっぷりに楽しむことができるでしょう。

OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』

OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』 OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』

出典:Amazon

上下左右にカメラアングルを調節できる

上下左右それぞれ12度カメラを傾けることが可能。カメラアングルを自由に調節し、好みの角度を保つことができるので、快適な走行を実現してくれます。軽量なので、ミラーへの負担も少なく、余計なグラつきもありません。

モニター部分のみ鏡面反射率を下げ、映り込みを軽減。日差しが強いときでも、難なくモニター確認をすることができるので安心です。

OTOGINO『ルームミラー型ドライブレコーダー(QD-M101)』

シガーソケット給電で取りつけ負担もなし

Type-Cのケーブルで、電源コードをシガーソケットから給電できます。安定した電力確保ができるうえ、セッティングもラクチンです。エンジンをかけるだけで起動するので、電源のオンオフを忘れる心配もありません

2画面分割可能なので、必要な情報を並行して確認可能。フロントカメラ、リアカメラ双方にSONYセンサーを搭載することで、精細な映像を確認できる点も魅力です。

YAO-YOROZ『TAXIONプレミアム ドライブレコーダー』

YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』 YAO-YOROZ『TAXIONプレミアムドライブレコーダー』

出典:Amazon

大画面ではっきり映像を確認

約12インチのルームミラーモニターで後部座席からもしっかりと確認可能。さらに、前方170°、後方120°とそれぞれ広範囲で映像をとらえることができるので、荷物で死角になってしまう部分も見られて安心です。

音声案内告知機能が搭載されているのも、この商品ならでは。エンジン始動時など音声が流れることで、運転者の安全意識を高めることができます。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ルームミラーモニターの売れ筋をチェック

Amazonでのルームミラーモニターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:車載用ミラーモニター ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】その他の関連アイテムをチェック

まとめ

本記事では、ルームミラーモニターの特徴や選び方、そしておすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?商品を選ぶ際は、下記の5つのポイントを抑えておきましょう。

【1】サイズ
【2】デジタルインナーミラー
【3】入力端子
【4】調光機能
【5】タッチパネル式


上記のポイントを抑えることで、より使いやすいルームミラーモニターを選べるはずです。

ルームミラーモニターはミラーのように後方を映すだけでなく、ドラレコとしての機能を持つものまであります。使いこなせれば、ドライブをより豊かにすることができますので、ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリの商品を見つけてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

2歳の子供のイヤイヤ期に奮闘中の新米ママ。仕事と育児の合間にSNSでメイク動画や美容アカウントをチェックするのが趣味。新作コスメカレンダーが頭に入っているほどのコスメ好き。担当カテゴリは、『ベビー・キッズ』と『美容・健康』。

関連する記事


エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤおすすめ7選|高性能ウェットグリップ・長持ち・長寿命な商品も

エコタイヤに替えて愛車の燃費を向上させたいと考えていても、エコタイヤとはどのような種類のタイヤかよく知らない、ノーマルタイヤと何が違うのかわからない、たくさんの商品があってどのタイヤにしたらよいのか迷ってしまう、そんな方も多いのではないでしょうか。この記事では、自動車ライター&エディターである高橋 満さんと編集部が厳選したエコタイヤのおすすめと選び方をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon タイヤ , カー用品 , メンテナンス用品(自動車・バイク)

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックおすすめ17選|8本収納可能な商品から台車タイプまで紹介

タイヤラックがあれば、省スペースでタイヤを保管できるうえに、経年劣化を遅らせることもできます。しかし、キャスター付きや伸縮タイプなどさまざまな商品があってなにを選べばいいのか迷ってしまう人もいるはずです。本記事では、タイヤラックの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 棚・ラック・シェルフ , タイヤ , 家具

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

ヘッドレストモニターおすすめ13選|ブルーレイ対応や大画面モニターも!

長時間のドライブなどで役立つヘッドレストモニター。小さなお子さんのいる家庭では、長旅を飽きさせないためのアイテムとして購入を検討している方も多いのではないでしょうか。本記事では、ヘッドレストモニターの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon モニター・ディスプレイ , パソコン周辺機器 , パソコン

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

バックカメラおすすめ14選|ワイヤレスやモニターセットなど紹介!

後方の安全確認やバックで駐車する時の視野確保に活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後付けが可能なカーアクセサリーのひとつです。本記事では、バックカメラの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングや口コミ掲載もありますので参考にしてみてくださいね!

tag icon カー用品

車用スマホスタンドのおすすめ7選|正しい取り付け方法でドライブを快適に!

車用スマホスタンドのおすすめ7選|正しい取り付け方法でドライブを快適に!

スマホをカーナビとして使ったり、車内で音楽を再生したりする時は、車用スマホスタンドがあると便利ですよね。固定方法や取り付け方法などさまざまなタイプの商品が販売されているので選ぶ際に困ってしまいます。そこで本記事では、車用スマホスタンドの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

tag icon 携帯電話アクセサリ , カーアクセサリー , スマートフォン・携帯電話

関連するタグ


カー用品

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。