ウキのおすすめ11選|種類別に解説! サビキ釣り向け・セット商品も

シマノ『コア ゼロピット ベイシス』
出典:Amazon

ウキ釣りは初心者から上級者まで多くの人に親しまれている釣り方です。しかし、ウキにもいろいろな形状や特徴があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、ウキを選ぶためのコツや、山岳写真家でアウトドア・エキスパートの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめのウキ11種類を紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家
荒井 裕介

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。

ウキはなぜ必要?

水面に浮いているウキ
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

ウキの特徴をみながら選んでみよう。

釣りをこれからはじめる予定の方は、ウキという言葉は聞いたことがあっても、なぜ必要なのか、そしてどんな種類があるのかあまりわからないかもしれません。ウキには大きく分けると次の3つの役割があります。

1)エサを一定の位置に浮遊させること。
2)仕掛けを遠くに飛ばすことです。
3)潮の流れやスピード感を釣り人に伝えること。

ウキを選ぶ際のポイント 種類・色・投げる距離・浮力など

ウキの商品は種類が豊富。「ウキなんてどれも同じでは?」と思ったら大間違い。サイズや色、浮力表示などの微妙な違いがその日の釣果も左右します。

そこで、おもにみっつのポイントに気をつけながら選ぶようにしましょう。

デュエル『TG タイドマスター流技』

ウキの種類 円錐ウキ・棒ウキなど

ウキは、形状の違いによってさまざまなタイプに分類することができます。ここではそのなかでも代表的な円錐と棒ウキをそれぞれ紹介します。

どのような場所でなにを狙って釣りを想定しているか、そして釣り方の好みによって使い分けましょう。

ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』

円錐ウキ 遠くに飛ばせて便利

ささめ針『ウルトラ簡単飛ばしサビキセット(S-552)』

ウキの真んなかの穴に道糸を通すタイプで、絡まる心配が少ないのが円錐ウキ。軽い仕掛けとの相性がよいところも特徴のひとつです。

遠投を考えているのであれば、こちらを利用するのがポイント。形状によって、ドングリ、逆円錐、円形といったタイプに細分できます

棒ウキ 一瞬のあたりも見逃さない

釣研『ウキ釣り超入門セット棒ウキ』

魚の食いつきがあると、すぐにわかるのが棒ウキのメリット。スリムタイプのものを選べば、さらにアタリの感度を上げることができます。

ただし、安定性は円錐ウキに軍配が。棒ウキは風や波が強い局面での使用には適しません。棒ウキで安定性を高めたいのであれば、下膨れタイプのものを選ぶのもよいでしょう。

天候や時間で色を選ぶ

山田電器工業『ハピソン 5点発光ウキ(YF-8412)』

ウキの色は、周囲の明るさや天候、海水の色などを考慮して選ぶのが大切。また、赤色のように目立つ色を選ぶと、自分のウキを認識しやすいはずです。

さらに、悪天候で暗いときには、黄色が活躍することや、水が濁っているときはオレンジがよいことも頭に入れておきましょう。

サイズは投げる距離を考慮

ダイワ『ベガスティック タフ 遠投ロング 自立』

投げる距離によって、サイズを決める必要があります。遠投するのであれば、Lサイズのように大きめのものを選ぶのがポイント

安定しているので風に左右されずに飛ばすことができます。汎用性のあるものを選ぶのであれば、Mサイズもよいでしょう。

浮力表示に注目

ウキはなんといっても、浮力が重要です。そこで、それぞれの浮力を確認するに浮力表示をチェック。

一般的に、00号から始まり、0α、0号、G5、G2、B、2B、3Bと徐々に浮力が上昇します。ここからは、浮力の選び方をご紹介。

シマノ『コア ゼロピット ベイシス』

使用するオモリや水深に対応させる

フィッシングピアレ『ピアレ LED 超遠投うき』

浮力に迷ったら、自分が使用しているオモリに対応したものを選ぶのが無難です。一般的に、ウキに対応するオモリが記載されているので、事前にチェック。

また、水深が深い釣りをするのであれば、浮力の強いものを選ぶようにしましょう。

汎用性が高いのは3B前後

キザクラ『みえとび波止』

まだ釣りをはじめたばかりなら、どんなオモリを使うのか、まだ決まっていない人も。そんな時は、汎用性が高いと知られる3B前後のウキを購入しておくのがよいでしょう。

なかにはオモリが不要なウキもあるので、釣りをしながら自分のあったものを探し当ててください

そのほかに注意すべきポイント

タカミヤ『サビキセット 下カゴ』

そのほか、ウキには止め糸や止めゴムも欠かせません。また、小さくてなくす可能性もあるため、ポーチやケースなど収納しやすいものを用意しておくことも重要。

一回でそろえたいという人は、セットでも販売されているので注目してみてください。

ますます釣りが楽しくなるウキ11選 円錐タイプ、棒ウキタイプ、機能が充実しているものなど

ここまで説明したウキの特徴や選び方のポイントをもとに、11種類のウキをご紹介。

円錐タイプ、棒ウキタイプ、機能が充実しているものなど各商品個性があります。きっと自分のスタイルにあっているものが見つかるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

フィッシングピアレ『ピアレ LED 超遠投うき』

フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』 フィッシングピアレ『ピアレLED超遠投うき』

出典:Amazon

タイプ 流線
サイズ展開 8号、10号、12号、15号、18号、20号
トップカラー

より遠くに飛ばせるこだわりの設計

アジや鯛などを狙って、オキアミなどのコマセを入れたかごを沖合の狙った場所に投げ入れる「遠投カゴ釣り」という釣り方で使われるウキです。このウキは流線形状で、100m超えの遠投を狙うことが可能。

軽量タイプの8号や10号から大物向けの20号まで6種が用意されています。先端部分にLEDライトが設置されており、夜釣りでも遠投を楽しみたいという人も、目標を失わず、心置きなく楽しむことが可能です。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

フィッシングピアレ『ピアレ LED 超遠投うき』は、夜釣りや曇りの日も安心の遠投対応のウキ。空気抵抗が少なく視認性のよいLEDつきのウキでアタリが取りやすく安定感のあるウキです。うねりがある日や流れの速い磯場では波に潜りやすいですが、一個あると出番の多いアイテムなのは間違いなし。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ダイワ『ベガスティック タフ 遠投ロング 自立』

ダイワ『ベガスティックタフ遠投ロング自立』

出典:Amazon

タイプ
サイズ展開 0、B、2B、3B、5B、1
トップカラー

棒ウキのデメリットも解消

チヌ(クロダイ)やグレ(メジナ)を狙った遠投に向いたウキです。全長60cmにも及ぶ長い棒ウキでその長さと槍のような形状から、風の向きに左右されず、遠くまで飛ばすことができるのがメリットです。

波に弱いといわれる棒ウキのデメリットを見事克服しているのもアピールポイントです。ボディとトップの長さ、重さを調整することで、見事なバランスを実現。視認性と安定性両方を両立することができます。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ダイワ『ベガスティック タフ 遠投ロング 自立』は、今までになかった棒ウキ。波があると出番がないのが棒ウキですが、これは少々の波なら驚くほどの安定感を持ち、アタリの感度は棒ウキならではの敏感な反応を見せてくれます。視認性と感度で選ぶならオススメです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

デュエル『TG タイドマスター 流技』

デュエル『TGタイドマスター流技』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 00、0、G5、G2、B、2B、3B、5B
トップカラー

下膨れ形状で安定性が高い

下膨れ形状で安定性を重視した円錐ウキ。波や風に流されにくいうえ、浮力が強く視認性も高いのが魅力的です。釣りをはじめたけれど、うまく操れないという方は、こちらを使用してみてはいかがでしょうか。

表面はハードコート仕様という点にも注目。釣りをするたびに、強い衝撃を受けても、塗装が剥げにくいので安心して長く使うことができます。

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

デュエル『TG タイドマスター流技』は、風や波があるときに実力を発揮してくる高浮力のウキですが、安定した波のときも扱いやすいアイテムです。磯場での釣りでも頑丈なトップコートで安心して使えエントリーユーザーにもオススメです。

ささめ針『ウルトラ簡単飛ばしサビキセット(S-552)』

ささめ針『ウルトラ簡単飛ばしサビキセット(S-552)』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 S、M、L
トップカラー オレンジ

カゴがついているのでサビキ釣りに便利

円錐ウキだけでなく、仕掛けなど必需品を含んだお得なセット。気軽に楽しむことが魅力のサビキ釣りには不可欠などんぶりカゴが付属しています。あとは竿さえあれば家族ですぐにサビキを楽しめますね。

道糸と結ぶだけでカンタンにセッティングできる点もこの商品の魅力。釣るのは楽しいけれど、準備が面倒と思っている人もこれなら手軽です。

ハヤブサ『コンパクトロッド カンタンウキ釣りセット 堤防用(HA176)』

ハヤブサ『コンパクトロッドカンタンウキ釣りセット堤防用(HA176)』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 S、M、L、LL
トップカラー ピンク

夜釣りにも対応できるセット商品

円錐ウキだけでなく、仕掛けセット一式が含まれており、手間がかからないので初心者にありがたい商品。予備仕掛けもふたつ付属しています。小さいので、毎度ついつい仕掛けをなくしてしまう人も、これなら安心。

別売の発光体を接続して、ウキを光らすことも可能。より大きな魚を釣るため、今後夜釣りに挑戦することを考えている人にもうれしいポイントですね。

シマノ『コア ゼロピット ベイシス』

シマノ『コアゼロピットベイシス』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 00、0、1、2B、3B、5B、B、G3
トップカラー オレンジ、マスカット

瞬時交換で決定的チャンスを逃さない

瞬時に交換可能な円錐ウキ。糸を切らずに、パイプを差し入れするだけでウキを交換することができるのがポイントです。潮流を読みながらそのときどきに適したものにすぐに交換可能です。大切な獲物ヒットのチャンスも活かせるでしょう。

サイズはS(磯際)/M(幅広の対応)/L(沖の潮目)の3種類で、おもりは00から1号など8種類を組みあわせ可能です。

ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』

ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』 ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』 ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 B、3B
トップカラー 赤、緑

2色切り替え可能なので自分のウキがわかりやすい

その状況に応じて色を選べる2色発光の小型のLED円錐ウキ。ボタン操作ひとつで赤色と緑色を切り替えることができます。友人と似た色のウキを使用しているときでも、この機能を使えば自分のものが一目でわかるようになり安心。

浮力はBと3Bの2種類です。幅広い釣りに対応できます。また、中通しウキなので、糸がらみが心配な人も気持ちよく使うことが可能。

山田電器工業『ハピソン 5点発光ウキ(YF-8412)』

山田電器工業『ハピソン5点発光ウキ(YF-8412)』

出典:Amazon

タイプ
サイズ展開 0.8号、1号
トップカラー 赤、緑、黄色

5点で発光するからアタリがわかりやすい

上下に5つの発光体が連なっているのが印象的なかんざし形のウキ。

3色で鮮やかに照らしてくれるので、ウキの視認性が高く、アタリがあった時にもすぐにわかるのが魅力です。大切な瞬間を見落としたくない人におすすめ。アタリの繊細なメバルやクロダイ釣りに適しているウキです。

浮力が大きくて重心を低く構えているのもこの商品の特徴。風にも強いので、安定性を重視する人にとっても、心強いでしょう。

タカミヤ『サビキセット 下カゴ』

タカミヤ『サビキセット下カゴ』 タカミヤ『サビキセット下カゴ』 タカミヤ『サビキセット下カゴ』

出典:Amazon

タイプ 円錐
サイズ展開 -
トップカラー オレンジ

動画で仕掛けの作り方も確認できる

商品に付属しているQRコードを読み取るだけで、仕掛けの作り方を紹介した動画を視聴できます。釣りは楽しそうだけれども、そこに至るまでの準備がたいへんと思っている人も、動画をみながら手軽にセッティングすることが可能。

手軽さが魅力のサビキ釣り向け商品。必需品のカゴも付いているので、誰でもすぐにサビキ釣りを楽しむことができます。

釣研『釣研ウキ釣り超入門セット棒ウキ』

釣研『釣研ウキ釣り超入門セット棒ウキ』 釣研『釣研ウキ釣り超入門セット棒ウキ』

出典:楽天市場

タイプ
サイズ展開 -
トップカラー オレンジ

初心者でもカンタンに取りつけ可能

ウキだけでなく、仕掛け一式が付属した入門セット。はじめて釣りをスタートする人でも、これさえあればカンタンにセッティング可能です。リーズナブルなので、まだ本格的に釣りをはじめるか決めていない人にもぴったり

棒ウキタイプで、アタリの感度が高いのも魅力のひとつ。アタリがきたときの感動を充分に味わえるので、これを使えばすぐに釣りの魅力に気づかされるはずです。

キザクラ『みえとび波止』

キザクラ『みえとび波止』

出典:Amazon

タイプ
サイズ展開 1、1.5、2
トップカラー オレンジ、白、黄

下膨れ形状でアタリが出やすい棒ウキ

下膨れのボディ形状でオモリの鉛を内蔵している棒ウキです。サイズは245mmあるので、足元から少々離れても対応しやすい見えやすさがあります。また、魚のアタリに対して反応がよいのが特徴。

オモリを内蔵している自立タイプですから、仕掛け作りやセッテイングも容易。ケミホタル25対応の発光チューブを取り付けることができますので、夜間や夕暮れどきでも時合を見逃さないのもうれしいところ。

「ウキ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
フィッシングピアレ『ピアレ LED 超遠投うき』
ダイワ『ベガスティック タフ 遠投ロング 自立』
デュエル『TG タイドマスター 流技』
ささめ針『ウルトラ簡単飛ばしサビキセット(S-552)』
ハヤブサ『コンパクトロッド カンタンウキ釣りセット 堤防用(HA176)』
シマノ『コア ゼロピット ベイシス』
ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』
山田電器工業『ハピソン 5点発光ウキ(YF-8412)』
タカミヤ『サビキセット 下カゴ』
釣研『釣研ウキ釣り超入門セット棒ウキ』
キザクラ『みえとび波止』
商品名 フィッシングピアレ『ピアレ LED 超遠投うき』 ダイワ『ベガスティック タフ 遠投ロング 自立』 デュエル『TG タイドマスター 流技』 ささめ針『ウルトラ簡単飛ばしサビキセット(S-552)』 ハヤブサ『コンパクトロッド カンタンウキ釣りセット 堤防用(HA176)』 シマノ『コア ゼロピット ベイシス』 ルミカ『チャップオン2カラー(C21080)』 山田電器工業『ハピソン 5点発光ウキ(YF-8412)』 タカミヤ『サビキセット 下カゴ』 釣研『釣研ウキ釣り超入門セット棒ウキ』 キザクラ『みえとび波止』
商品情報
特徴 より遠くに飛ばせるこだわりの設計 棒ウキのデメリットも解消 下膨れ形状で安定性が高い カゴがついているのでサビキ釣りに便利 夜釣りにも対応できるセット商品 瞬時交換で決定的チャンスを逃さない 2色切り替え可能なので自分のウキがわかりやすい 5点で発光するからアタリがわかりやすい 動画で仕掛けの作り方も確認できる 初心者でもカンタンに取りつけ可能 下膨れ形状でアタリが出やすい棒ウキ
タイプ 流線 円錐 円錐 円錐 円錐 円錐 円錐
サイズ展開 8号、10号、12号、15号、18号、20号 0、B、2B、3B、5B、1 00、0、G5、G2、B、2B、3B、5B S、M、L S、M、L、LL 00、0、1、2B、3B、5B、B、G3 B、3B 0.8号、1号 - - 1、1.5、2
トップカラー オレンジ ピンク オレンジ、マスカット 赤、緑 赤、緑、黄色 オレンジ オレンジ オレンジ、白、黄
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年9月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする ウキの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのウキの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:釣り用ウキランキング
楽天市場:ウキランキング
Yahoo!ショッピング:ウキランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】ウキ関連のそのほかの商品情報

視認性や感度などを考慮して使い分けを アウトドアのエキスパートよりアドバイス

ワイルドライフクリエーター、山岳写真家

ウキは釣法や天候はもちろん、時間帯にもよってさまざまな種類を使いわけるものです。上級者ほど視認性や感度を敏感に使いわけるのがウキです。

一言で言ってしまえば万能なウキはないのですが、ステージごとにオススメの商品がありますので、自分のステージに合わせたウキをチョイスしてください。

まとめ

ウキの11商品を紹介しました。

ウキを選ぶなら、円錐ウキと棒ウキの特性を理解したうえで、天候に合わせた色のものや、距離に応じたサイズに注目。さらに、釣り方や場所に合った重さで選ぶことも大切です。

あなたがほしいウキを選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(制作協力:tsuge-line、掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/04/07 コンテンツ追加・修正のため記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 名原広雄)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


トラウトルアーおすすめ10選|定番スプーンや人気ミノーなど徹底解説

トラウトルアーおすすめ10選|定番スプーンや人気ミノーなど徹底解説

初心者でもハードルが低くはじめやすいトラウトフィッシングは、ルアーで釣れる人気の釣りです。魚種も多いうえに釣り場も渓流から湖、管理釣場までと幅広いため、どんなトラウトルアーを持っていけばよいのか悩んでしまいますね。そこで釣りライターの中山一弘さんに、トラウトルアーの選び方や代表的な種類、おすすめの商品をうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


海釣りルアーおすすめ13選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

海釣りルアーおすすめ13選|釣れない人必見!選び方の基礎をプロが徹底解説

堤防や磯、サーフ、沖など、海のどこでも楽しめるルアー釣り。定番のミノーからワームまで種類はさまざまで、初心者の方は何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、釣りライターの中山一弘さんに、海釣りルアーの選び方やおすすめの商品についてうかがいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


スイムベイトおすすめ10選|バス釣りに最適な選び方と効果的な使い方

スイムベイトおすすめ10選|バス釣りに最適な選び方と効果的な使い方

釣りのなかでも一際人気の高いブラックバス釣り。やわらかい動きと独特の存在感でアピールするスイムベイトは、「スレた魚や大型魚に効く」と評判です。ただスイムベイトは、ルアーの数ある種類の中でも、異色に見えるタイプも存在するルアーであり、何を選んでよいかいまひとつわからないところもあります。そこで、釣りライターの中山一弘さんにスイムべイトの基本と選び方、おすすめ商品についてうかがいました。初心者の方も参考にしてみてください。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


クランクベイトおすすめ15選|バス釣り必須!種類と特徴を徹底解説

クランクベイトおすすめ15選|バス釣り必須!種類と特徴を徹底解説

バス釣りのなかでも「巻物」と呼ばれるキャスト&リトリーブの釣りは、アクティブでリズムよく釣っていけるため人気の高い釣り方です。そんな巻物の代表的なルアーといえばクランクベイト。しかし、たくさんの製品があるので、なにを買えばよいか悩んでしまことも多いですよね。そこで釣りライターの中山一弘さんに、クランクベイトの選び方とおすすめ製品をうかがったので紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


ジグヘッドおすすめ13選【アジング・シーバス】種類や重さ選びを徹底解説

ジグヘッドおすすめ13選【アジング・シーバス】種類や重さ選びを徹底解説

アジングやメバリング、シーバスに欠かせない「ジグヘッド」。重りとフックが合体したシンプルな作りですが意外と奥が深そうです。ヘッド形状には丸型・矢じり型・円柱型、フックの軸の長さはショートシャンクとロングシャンク、フック形状にはオープンゲイブとストレートなどのタイプの違いがあります。そこで、この記事では釣りライターに、ライトソルトゲーム(アジやメバルなどの小型魚を狙うルアー釣り)で使うジグヘッドを解説してもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。