トロンボーンスタンドおすすめ12選【アイダ楽器・K&Mなど】持ち運びに便利なものも!

トロンボーンスタンドおすすめ12選【アイダ楽器・K&Mなど】持ち運びに便利なものも!

トロンボーンをステージ上などで設置するとき使うのが、トロンボーンスタンドです。演奏するトロンボーンに合ったものを選ぶほか、軽量タイプやベルに収納できるもの、ミュートをつけて立てられるものなどいろいろなものがあります。この記事では、大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんにお話をうかがい、トロンボーンスタンドの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


目次

この記事を担当するエキスパート

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務
山野辺 祥子

武蔵野音楽大学出身。卒業後某大手楽器メーカーの法人部に入社。 音楽教室の運営や講師指導のサポート、店舗接客、楽器セッティングなどを担当するイベントクルーとして全国を飛び回る。また、出版部に在勤中は楽譜校正、楽譜情報誌編集の経験も。 現在はピアノ講師のかたわらフリーランスライター、校正者として活動中。プライベートでは3児の母。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:ホビー
水貝 英斗

「ホビー」カテゴリーを担当。小学校から大学まで柔道に明け暮れた元体育会系であり、大のゲーム・アニメ好き。その他、広告関連記事の制作にも携わり、SEOの知見を活かし商品販促のプランニングも行っている。

記事中の本文・商品の選定・ランキングなどのコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作され、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。広告は「PR」と表記し明確に区別しています。

トロンボーンスタンドの選び方

ここからは、トロンボーンスタンドの選び方をみていきましょう。対応する楽器や重量をよくチェックすることが大切です。

演奏するトロンボーンの種類に合わせて選ぶ

 

トロンボーンスタンドは、スタンドによって使用できるトロンボーンの種類が異なります。テナートロンボーン、バストロンボーンなど自分が演奏するトロンボーンに使用できるトロンボーンスタンドを選びましょう。

また、アイテムによっては複数のトロンボーンの種類に対応しているものもあります。複数のトロンボーンを演奏する場合は、いろいろな種類に対応しているものを選ぶのも選択肢です。

安定性の高いものを選ぼう

大切なトロンボーンを支えるには、安定性の高いトロンボーンスタンドを選ぶのが重要です。安定性を重視したトロンボーンケースの選び方をおさえておきましょう。

重量は持ち運びと安定性のバランスで選ぶ

 

一般的に、重量のあるトロンボーンスタンドのほうが安定性が高く、トロンボーンを支えている状態でもぐらつきにくくなっています。バストロンボーンやテナートロンボーンなど、ある程度長さのあるトロンボーンには、重量のあるトロンボーンスタンドを選びましょう。ぐらつきにくく、安定して使用できます。

ソプラノトロンボーンなど、小柄なトロンボーンの場合は重量ではなく、持ち運びもしやすい重量で選ぶ方法もあります。

脚が大きく開くものならぐらつきにくい

 

バストロンボーンやテナートロンボーンなど、ある程度長さや大きさのあるトロンボーンでも、軽くて持ち運びがしやすいものを選びたいという人もいるでしょう。そのさいには、脚が大きく開くタイプのトロンボーンスタンドが向いています。

脚が大きく開くタイプなら、安定性が高くトロンボーンを支えている状態でもぐらつきにくくなっています。

コンパクトに収納できるものを選ぶ

トロンボーンスタンドは、便利に持ち運べるものを選びたい人も多いです。トロンボーンスタンドのなかには、持ち運びに便利な機能や工夫のあるアイテムもそろっています。

たとえば、コンパクトにまとめてトロンボーンのベルのなかに収納できるトロンボーンスタンドもあります。トロンボーンケースのなかに一緒に収納できるので、持ち運びのさいにも便利です。なお、ベルに収納できるタイプの場合は、トロンボーンをキズつけない機能や工夫のあるものを選びましょう。

トロンボーンのどの部分で支えるかで選ぶ

トロンボーンスタンドは、ベル部分を差し込んで支えるタイプと、スライド部分で支えるタイプがあります。ベル部分で支えるタイプは一般的なトロンボーンスタンドのタイプのため、幅広いアイテムから選べるのがメリットです。

スライド部分で支えるタイプは、ミュートをつけたまま使えるのがメリット。ただし、ベル部分で支えるアイテムよりも選択幅が狭まります。使用するシーンや重視したいポイントによって、どの部分で支えるかを選びましょう。

大切なトロンボーンをしっかり支えられるスタンドを 元大手楽器メーカー勤務のエキスパートがアドバイス

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

トロンボーンには数種類が存在し、ベルの大きさや重量もJAZZ用やオーケストラ用といったモデルによって異なります。もともと長さがあることがトロンボーンの特徴でもありますので、スタンドを選ぶ際は、サイズだけにとどまらず材質やどの部分で支えるのかなどもチェックすることが重要です。

ステージ上や練習場所で大切な楽器をバランスよく立てられるスタンドを選びましょう。

トロンボーンスタンドおすすめ12選 持ち運びに便利なタイプも!

ここからは、おすすめのトロンボーンスタンドを12商品ご紹介します。トロンボーンの種類や機能でいろいろな商品を選びましたので、ぜひ商品選びに役立ててください。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

K&M『トロンボーンスタンド(14985 #ST14985)』は、1キロちょっとという重量ですが、安定性にすぐれています。設置もかんたん。

エキスパートのおすすめ

K&M『トロンボーンスタンド(14985 #ST14985)』

軽くて組み立てもスピーディー

バストロンボーン、テナートロンボーンのためのトロンボーンスタンドです。軽量タイプで持ち運びしやすい一方、しっかりと大きく開く三脚タイプで、安定感も両立させています。

三脚を開いてポールを伸ばし、上部のパーツを調整するだけでかんたんに組み立てできるので、スピーディーな設置も可能。手にしやすい価格も魅力です。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

アイダ楽器『トロンボーンスタンド(TB-98)』はアルミ製なのでさらに軽いことが特徴。コンパクトに持ち歩ける点も魅力です。

エキスパートのおすすめ

アイダ楽器『トロンボーンスタンド(TB-98)』

軽量タイプのスタンドを探すなら

軽くて丈夫なアルミパイプを採用したトロンボーンスタンドです。持ち運びや取り扱いのしやすさで選びたい人に向いています。ネジを回し組み立てるタイプです。

別売りで、コンパクトに折りたたんで収納できる専用ケースもあります。トロンボーン演奏のツールをまとめて持ち運びしたいときにも便利です。

ピアノ講師・元大手楽器メーカー勤務

HERCULES『TRAVLITEトロンボーンスタンド(DS420B)』は4脚タイプ。重心も低いのでしっかり支えられます。

エキスパートのおすすめ

HERCULES『TRAVLITEトロンボーンスタンド(DS420B)』

HERCULESTravLiteトロンボーン用ベル収納DS420B HERCULESTravLiteトロンボーン用ベル収納DS420B HERCULESTravLiteトロンボーン用ベル収納DS420B
出典:Amazon この商品を見るview item

四脚で高い安定感を誇る

ハーキュレス製のトロンボーンスタンドのなかでも、安定性の高いアイテムがこちら。スタンドを支える脚が4つあり、大きく開くのでトロンボーンを支えてもぐらつきにくくなっています。

折りたたむとトロンボーンのベルのなかに収納できるので、楽器ケースのなかに一緒に入れての持ち運びも可能。設置も収納も、かんたんにおこなえるのも魅力です。

K&M『トロンボーンスタンド(15270 #ST152/7)』

K&Mトロンボーン用スタンド15270カラー:ブラック K&Mトロンボーン用スタンド15270カラー:ブラック
出典:Amazon この商品を見るview item

ベルに収納できて持ち運びに便利

折りたたんだあとに、トロンボーンのベルのなかに収納できるタイプのトロンボーンスタンドです。トロンボーンと一緒にケースのなかに収納できるので、持ち運びのときにも便利。また、スタンドのペグ部分はフェルトパッドで保護されているので、トロンボーンのベルをキズつけません。

脚の部分が大きく開く仕様になっているので、安定性も高くなっています。

K&M『バストロンボーンスタンド(149/1B #ST149/1)』

大きなバストロンボーンをしっかり支える

K&M製のバストロンボーンのためのトロンボーンスタンドです。大きく開く三脚タイプで安定性も高く、マイクスタンドのようにかんたんに設置できます。

ベル部分で支えるタイプですが、木製のペグ部分にはフェルトパッドを貼ってあるので、トロンボーンのベルをキズつけることもありません。

アイダ楽器『トロンボーンスタンド(9116)』

スタンダードなトロンボーンスタンド

スチールを材質に採用、クロームメッキで仕上げたトロンボーンスタンドです。丈夫でしっかりとした作りに脚部分にもスチールを使用しているので、安定性が高くなっています。

トロンボーンのベルを支える部分には、やわらかいシリコン樹脂を採用。支えているときにベルをキズつけない仕様になっています。スタンダードなスタンドをもとめている人に向いています。

オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-401)』

位置調節可能な軽量タイプ

軽くて丈夫なスチール製のトロンボーンスタンドです。大きく開く脚部分で安定性が高く、トロンボーンをしっかりと支えます。マウントホルダーの位置をネジで上下に調節可能です。

シンプルで扱いやすいため、組み立てがしやすいのも魅力。持ち運びや組み立ての便利さを重視してトロンボーンスタンドを選びたい人に向いています。

オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-400)』

脚周りやベル周りに使いやすい工夫

スチール製のトロンボーンスタンドで、やや重さがある分安定性が高いのが特徴。大きく開く三脚タイプの脚周りに、支えとなる大型のパーツを採用しています。トロンボーンをよりぐらつかず、安定して支えられる構造です。

ベルを支える部分にはシリコン樹脂を採用。ひらたい構造のため、ベル部分をキズつけずに支えるのと同時に、外すときも外しやすくなっています。

マックコーポレーション J.Michael『管楽器用スタンドトロンボーン用(TBS-201)』

簡易的なスタンドを求めるなら

楽器やアクセサリー類を展開している、マックコーポレーションのブランドJ.Michael製のトロンボーンスタンドです。こちらもほかのアイテムと同じく、手にしやすい価格になっています。

簡易的なスタンドのため、演奏の合間や展示のさいに使用できるトロンボーンスタンドを探しているときにぴったりです。設置のさいには、転倒しないように配慮して使用しましょう。

On-Stage『トロンボーンスタンド(TS7101B)』

三脚をさっと折りたためる

オンステージブランドのトロンボーンスタンドです。黒を基調としたデザインで、ステージ上での演奏から店舗での展示まで、いろいろなシーンに使いやすくなっています。

ベル部分には黒のベルベットゴムを使用し、キズつけずに支えます。しっかり支えられる三脚部分はコンパクトに折りたためるため、設置から撤収もすばやくおこなえます。持ち運びにも便利です。

HERCULES『トロンボーンスタンド(DS520B)』

HERCULESスタンドトロンボーン用DS520B HERCULESスタンドトロンボーン用DS520B HERCULESスタンドトロンボーン用DS520B
出典:Amazon この商品を見るview item

ミュートをつけたまま収納できる

ほとんどのトロンボーンに使用できるスタンドです。一般的なベルで支えるスタンドではなく、スライド部分で支えるのが特徴。そのため、ミュートをつけたままでも使用できます。スライドの幅に一度つまみを合わせれば、都度の調整は不要です。スライドの支柱を2カ所にかけるだけで支えられます。

スタンド自体もコンパクトな仕様のため、いろいろな場所で活用できます。

K&M『トロンボーン用スタンド(149/9B)』

K&M(ケーアンドエム)トロンボーン用スタンドブラック149/9 K&M(ケーアンドエム)トロンボーン用スタンドブラック149/9 K&M(ケーアンドエム)トロンボーン用スタンドブラック149/9
出典:Amazon この商品を見るview item

いろいろなトロンボーンに使いやすい

三脚タイプで安定性が高く、コンパクトに折りたためるトロンボーンスタンドです。ペグ部分はラバー製になっているので、ベルをキズつけずにトロンボーンを支えられます。

トロンボーンの種類によってスタンドを2段階の高さに調節できます。いろいろな種類のトロンボーンに使用できるので、異なるトロンボーンを演奏する人にも向いています。

「トロンボーンスタンド」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
K&M『トロンボーンスタンド(14985 #ST14985)』
アイダ楽器『トロンボーンスタンド(TB-98)』
HERCULES『TRAVLITEトロンボーンスタンド(DS420B)』
K&M『トロンボーンスタンド(15270 #ST152/7)』
K&M『バストロンボーンスタンド(149/1B #ST149/1)』
アイダ楽器『トロンボーンスタンド(9116)』
オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-401)』
オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-400)』
マックコーポレーション J.Michael『管楽器用スタンドトロンボーン用(TBS-201)』
On-Stage『トロンボーンスタンド(TS7101B)』
HERCULES『トロンボーンスタンド(DS520B)』
K&M『トロンボーン用スタンド(149/9B)』
商品名 K&M『トロンボーンスタンド(14985 #ST14985)』 アイダ楽器『トロンボーンスタンド(TB-98)』 HERCULES『TRAVLITEトロンボーンスタンド(DS420B)』 K&M『トロンボーンスタンド(15270 #ST152/7)』 K&M『バストロンボーンスタンド(149/1B #ST149/1)』 アイダ楽器『トロンボーンスタンド(9116)』 オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-401)』 オオハシ産業『トロンボーンスタンド(WS-400)』 マックコーポレーション J.Michael『管楽器用スタンドトロンボーン用(TBS-201)』 On-Stage『トロンボーンスタンド(TS7101B)』 HERCULES『トロンボーンスタンド(DS520B)』 K&M『トロンボーン用スタンド(149/9B)』
商品情報
特徴 軽くて組み立てもスピーディー 軽量タイプのスタンドを探すなら 四脚で高い安定感を誇る ベルに収納できて持ち運びに便利 大きなバストロンボーンをしっかり支える スタンダードなトロンボーンスタンド 位置調節可能な軽量タイプ 脚周りやベル周りに使いやすい工夫 簡易的なスタンドを求めるなら 三脚をさっと折りたためる ミュートをつけたまま収納できる いろいろなトロンボーンに使いやすい
対応楽器 テナートロンボーン、テナーバストロンボーン - - - バストロンボーン - - - - - ほとんどすべてのトロンボーン テナートロンボーン、バストロンボーン、ソプラノトロンボーンなど
サイズ 高さ:60~97cm、折りたたみ時: 56.2×8.2×8.2cm - 高さ:87cm、折りたたみ時:12.6×12.1×54.7cm 高さ:58.5~88.5cm 高さ:65~114cm - - - - 高さ:73.7~119.4cm 高さ:86cm、折りたたみ時:13.5×11.5×7.9cm 高さ:55.5~86.5cm
重量 1.168kg 0.7kg 1.23kg 1kg 2.21kg 1.3kg 1.5kg 3.0kg - - 1.6kg 1.44kg
材質 ファイバーグラス、強化プラスチック製ベース アルミパイプ、シリコン樹脂 - フェルトパッド付きブラックプラスチック製ペグ - スチールクロムメッキ仕上げ、シリコン樹脂 スチールクロームメッキ仕上げ、シリコン樹脂 スチールクロームメッキ仕上げ、シリコン樹脂 - - メタル -
収納方法 折りたたむ 折りたたむ 折りたたんでベルのなかへ 折りたたんでベルのなかへ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ 折りたたむ
支える場所 ベル ベル ベル ベル ベル ベル ベル ベル ベル ベル スライド ベル
商品リンク

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2022年4月12日時点 での税込価格

通販サイトの人気ランキング トロンボーンスタンドの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのトロンボーンスタンドの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:管・吹奏楽器スタンドランキング
Yahoo!ショッピング:トロンボーンスタンドランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのトロンボーンに関連する記事はこちら 【関連記事】

使いやすいトロンボーンスタンドを選ぼう

大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんへの取材をもとに、トロンボーンスタンドの選び方とおすすめ12商品をご紹介しました。トロンボーンスタンドは、商品によって対応しているトロンボーンの種類や重量、収納方法が異なります。

自分が演奏するトロンボーンの種類や、使用するシーンに応じたものを選ぶと使いやすいトロンボーンスタンド選びにつながります。演奏や持ち運びのしやすいトロンボーンスタンドを選んで、外での演奏にもぜひ役立ててください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。
※特定商品の広告を行う場合には、商品情報に「PR」表記を記載します。
※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。
※商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。
※記事で紹介する商品の価格やリンク情報は、ECサイトから提供を受けたAPIにより取得しています。データ取得時点の情報のため最新の情報ではない場合があります。
※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


クラリネットリガチャーおすすめ17選【種類別】クランポンやウッドストーンも

クラリネットリガチャーおすすめ17選【種類別】クランポンやウッドストーンも

クラリネットの音色を左右するパーツのひとつ「リガチャー」。ロブナーやボナード、ウッドストーンやクランポンなど人気のメーカーからさまざまな商品が販売されています。本記事では、そんなクラリネットリガチャーの選び方とおすすめの商品を厳選! 対応するクラリネット別に紹介するので、自分の持っているクラリネットに合うものを探してくださいね。記事の後半には、通販サイトの人気売れ筋ランキングもあるので、ぜひ最後までチェックしてください。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

リコーダーのおすすめ9選&ランキング|ソプラノ・アルトそれぞれの商品も紹介

リコーダーのおすすめ9選&ランキング|ソプラノ・アルトそれぞれの商品も紹介

リコーダーと聞くと、小学校のころ音楽の授業で苦戦した思い出のある方も多いのではないでしょうか。本記事では、ピアノ講師で大手楽器メーカーで勤務経験のある山野辺祥子さんと編集部が厳選したリコーダーのおすすめと選び方をご紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

ホルンマウスピースのおすすめ11選|ヤマハ・アレキサンダー・ティルツなど!

ホルンマウスピースのおすすめ11選|ヤマハ・アレキサンダー・ティルツなど!

この記事では、元大手楽器メーカー勤務の山野辺祥子さんへの取材をもとに、ホルンマウスピースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。部活動でホルンを担当する中学生・高校生はもちろん、大人のプロ奏者までぜひ参考にしてください!

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

初心者のためのサックスおすすめ9選と選び方|種類や音色、仕組みを徹底解説

初心者のためのサックスおすすめ9選と選び方|種類や音色、仕組みを徹底解説

サックスをはじめたい初心者の方はどんな種類やメーカーのサックスを選べばいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、サックスの選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , 音楽用品

クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

クラリネットのおすすめ10選|種類や値段の目安をプロが解説【初心者必見】

吹奏楽やオーケストラに欠かせない、音色がやわらかく美しい「クラリネット」。材質による音色の違いや、人気のヤマハなどメーカーごとの特徴を知っておくと購入する際に役立ちます。楽器は高価なものだからこそ、間違いのない商品を選びたいですよね。そこで楽器に詳しい、レコーディングエンジニアの小野寺孝樹さんに取材のもと、クラリネットの選び方とおすすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。

tag icon 管楽器・吹奏楽器 , 楽器 , ホビー・ゲーム

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。