オリンパスのミラーレスカメラおすすめ9選|コンパクトなPEN・本格派のOM-D

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark II』
出典:Amazon

小型軽量でしかもオシャレなスタイルが人気のミラーレスカメラ。オリンパスは初心者や女子に人気の「PEN」シリーズやプロも愛用する「OM-D」シリーズを展開しています。本記事では、写真家の藤井智弘さんにお話をうかがい、選び方のポイントとおすすめ現行機種をまとめてご紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


目次

写真家
藤井 智弘

1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科を卒業。96年に写真展を開催後、フリー写真家になる。 カメラ専門誌やWebでの撮影、執筆を中心に、各種撮影やセミナー講師などで活動。作品では国内や海外の街を撮影し、ライカカメラジャパンの公式インスタグラムにも作品が掲載される。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。デジタルカメラグランプリ選考委員。NHK文化センター講師。

オリンパスのミラーレスカメラの特徴 小型で軽量コンパクト、「PEN」と「OM-D」の2系統

白い布の上に置かれたオリンパスPEN
Pixabayのロゴ

大きくごつい一眼レフをスタイリッシュにして人気になったオリンパスPEN

小型のミラーレスシステム、マイクロフォーサーズを普及させたオリンパス。最近は35mmフルサイズ(以下フルサイズ)のミラーレスカメラが注目を集めていますが、オリンパスの大きな魅力はフルサイズよりシステムが小型軽量なこと。以下に特徴を説明します。

マイクロフォーサーズ規格の採用で小型軽量化 交換レンズはパナソニックと同企画

 

現在のオリンパスのレンズ交換式システムは、すべてマイクロフォーサーズ規格です。フルサイズより撮像素子(イメージセンサー)が小さいのですが、A3サイズを超える大きなプリントにしても高い解像力の仕上がりが得られます

さらにパナソニックLUMIX Gシステムもマイクロフォーサーズ規格を採用していて、レンズが共用できるのもメリット。幅広いレンズ選びが楽しめます。

ラインナップはPENとOM-Dの2シリーズ 初心者向けの機種からプロ仕様のハイスペック機まで

 

オリンパスには、スタイリッシュなPENシリーズと、一眼レフを思わせる本格派スタイルのOM-Dシリーズの2種類がラインナップ。初心者向けのライトな機種からプロ仕様のハイスペック機まで、好みに応じたモデルが選べます。

オリンパスのミラーレスカメラの選び方 写真家による解説

初心者向けから本格派向けまで多くの機種がそろっているオリンパスのミラーレスカメラ。ここでは、選び方のポイントしてモデルの特徴や注目すべき機能を説明します。

モデルで選ぶ

現在のオリンパスは、スタイリッシュなPENシリーズが2モデル、本格派スタイルのOM-Dシリーズが7モデル、ラインナップしています。どちらがいいかはお好み次第ですが、気軽に扱いたい人はPENシリーズ、本格的に写真を楽しむならOM-Dシリーズ、がおすすめです

またOM-Dシリーズのなかにも初心者向けのモデルからプロ向けまであり、ご自分のレベルにあったモデルが選べます。

PENシリーズ オシャレなデザインでカメラ女子にも人気

 

かつてテレビCMでも話題になり、ミラーレスカメラの普及に貢献してきたPENシリーズ。スタイリッシュなデザインと上質感のある仕上がりで、女性ユーザーを一気に増やしました。

現行のE-PL9、E-PL10ともに女性にピッタリのデザイン。性能も高く、オリンパスおなじみのアートフィルター機能を使えば、アート感覚溢れる写真が手軽に楽しめます。オシャレにカメラを持ち歩きたい人におすすめ。

OM-Dシリーズ 小型軽量から本格派まで

 

フィルム一眼レフのOMシリーズを思わせる本格派のデザインを持つOM-Dシリーズ。大きく分けるとプロ向けのE-M1シリーズ、ハイアマチュア向けのE-M5シリーズ、エントリー向けのE-M10シリーズがあります。

とくにE-M1シリーズとE-M5シリーズは、高い防塵・防滴・耐低温性能を持つのも特徴。過酷な環境に対応するため、大自然のなかでも小型軽量システムを活かした撮影が楽しめます。

手振れ補正機能で選ぶ

 

オリンパスのミラーレスカメラには、すべてボディ内手ブレ補正機構が搭載されています。なかでも優秀なのがOM-Dシリーズ。現行モデルはすべて回転ブレやシフトブレにも対応した5軸手ブレ補正を搭載しています。しかも最上位機のE-M1XとE-M1 Mark IIIは、最大7.5段の補正効果を実現。1秒を超えるスローシャッターでも手持ち撮影が可能です。

またPENシリーズは3軸手ブレ補正を搭載。ふだん使いなら充分な補正効果を発揮し、夕方や屋内など薄暗い場所でも気軽に手持ち撮影ができます。

ビューファインダーやモニターで選ぶ

OM-DとPENの大きな違いは、EVF(電子ビューファインダー)を搭載しているか否か。OM-DはすべてEVFを搭載し、現在のPENにはEVFがありません

本格派向きのEVF

 

EVFがあるとカメラをしっかり構えられるため、望遠レンズや暗い場所で安定した撮影が可能。まさに本格派のスタイルです。

それに対しPENは背面モニターのみ。スマートフォンのカメラ機能に近い感覚なので、スマホからステップアップしたい人でもスムーズに扱えます。またファインダーを覗かないので、女性はお化粧がカメラに付かないのもメリットです。

いろんなアングル重視か自撮りを楽しむか

 

背面モニターはすべてタッチパネルで可動しますが、OM-D E-M10シリーズは上下方向のみ。E-M5とE-M1シリーズは本体横に開いて回転させるバリアングルタイプ。さまざまなアングルで快適な撮影ができます。

PENのモニターは上下方向のみですが、下方に180度回転できるのが特徴。ラクに自撮りができて、タッチ操作で手がレンズにかぶさることがありません。

付加機能で選ぶ

たとえば、すべての機種に静音モードを搭載しています。ドライブモードをハートマークにすると、電子音もシャッター音もしない無音撮影ができます。音楽ホールや寝ているお子さんを撮る場合など、音が気になるシーンで活躍します。

このほか、カスタマイズ機能、動画機能など多様な機能を搭載した機種があります。どのような機能が自分に必要か、見極めて選びましょう。

カスタマイズで使い勝手をよくする

 

OM-DシリーズもPENシリーズも、一部のボタンの機能をカスタマイズができます。とくにOM-Dシリーズの上位クラスになると、ボタン類だけでなくダイヤルの機能変更など豊富なカスタマイズができ、自分好みのカメラに仕上げられます。

使い勝手を求める人には見逃せないポイントです。

動画撮影にこだわる

 

写真だけでなく動画も撮りたいなら、動画機能もチェックしましょう。オリンパスのミラーレスカメラはすべて手ブレ補正機構があるため、手持ちでの動画撮影も得意です。

とくに高画質にこだわるなら4K対応がおすすめ。しかもOM-Dの上位クラスはデジタルシネマ対応のCinema 4Kで撮影できます。

画素数にはあまり差がない

 

フルサイズミラーレスは2000万画素クラスから6000万画素クラスまでさまざまな画素数がありますが、マイクロフォーサーズのオリンパスは1600万画素クラス、もしくは2000万画素クラスになります。

ハイエンドモデルでも2000万画素だと少ないイメージを持つかもしれませんが、実用上は1600万画素でも大きなプリントに耐えるほど高精細な仕上がりが得られます。また1600万画素も2000万画素も仕上がりに極端な差はないため、オリンパスのミラーレスカメラを選ぶ際は画素数を気にする必要はないと言えるでしょう。

レンズとセットの商品がお得で安い

 

OM-D E-M1Xを除くOM-DとPENは、ボディ本体のみ販売だけでなく、レンズとセットになったレンズキットを選ぶことができます。どれも標準ズームレンズがセットになっているので、これからオリンパスのシステムをそろえる人におすすめ。

E-M1シリーズとE--M5シリーズは、大口径で高い描写性能を誇るプロ仕様のM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROが選べます。

オリンパスのミラーレスカメラおすすめ9選 手ぶれ補正機能・付加機能もチェック!

ここではオリンパスのミラーレスカメラの現行機種を紹介します。初心者にも扱いやすいPENシリーズからプロ仕様もあるOM-Dシリーズまで、まとめて紹介します。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL9』

OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL9』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL9』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL9』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL9』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL9』

出典:Amazon

シンプルな操作性で扱いやすい! 自撮りも楽しめる

ひと目でPENとわかる直線と曲線がバランスよくあわさった美しいデザイン。シンプルな操作性とタッチパネルにより、はじめてレンズ交換式を手にする女性でも扱いやすい仕上がりです。

ユニークなのが、背面モニターが下方に180度反転すること。気軽に自撮り(セルフィー)が楽しめて、撮影中にタッチ操作をしてもレンズの前に手が入りません。またモニターを反転すると画面は左右反対に表示するため、鏡に映している感覚でスムーズな撮影ができます。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』

OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『PENE-PL10』

出典:Amazon

高画質の写真をSNSにすぐにアップロード可能

E-PL9の後継機として登場したモデル。基本的な機能は共通ですが、E-PL10はアートフィルター機能の色味や効果が調整できるようになり、自分好みの仕上がりに追い込めます。また操作画面も新しくなり、より扱いやすくなりました。

さらにスマートフォンの専用アプリを用いて、E-PL10とスマホがかんたんに接続でき、写真をシェアしてSNSにすぐアップロードできます。ミラーレスカメラで撮影した高画質の写真をSNSで見せたい人に注目のカメラです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark II』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkII』

出典:Amazon

本格派ながらコンパクトで手軽に持ち歩ける

OM-Dシリーズのエントリーモデル。コンパクトなので本格派のデザインながら手軽に持ち歩けます。しかも入門クラスのボディ内手ブレ補正は多くが3軸ですが、このカメラは5軸を採用。暗い場所はもちろん、手ブレしやすい近接撮影にも強い仕上がりです

またEVFを搭載し、しっかり構えて撮影できるのも特徴。背面モニターが見づらい明るい屋外でも威力を発揮します。これから本格的に写真をはじめたいが、本格的なスタイルにもこだわりたい初心者におすすめです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M10MarkIII』

出典:Amazon

フラッシュ内蔵で4K動画にも対応可能

フィルム一眼レフを思わせるクラシカルなデザインとコンパクトなボディを持つエントリーモデル。しかも5軸手ブレ補正やタッチパネル、EVFを搭載し、充実した機能を持ちます。

またE-M10シリーズはOM-Dのなかでフラッシュを内蔵しているのも特徴。E-M10 Mark IIIもフラッシュを内蔵し、室内や日中シンクロに活躍します。さらに4K動画も可能なので、写真にも動画にもこだわりたい初心者にイチオシです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark II』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkII』

出典:Amazon

コンパクトでタフなボディは大自然のなかで活躍

OM-Dのミドルクラス、E-M5シリーズの二代目。5軸手ブレ補正機構はシャッター速度5段分(レンズによって6段分)の補正効果が得られ、夜や屋内など暗い場所でも手持ち撮影が行なえます。

さらに防塵・防滴・-10℃耐低温構造により、雨や砂埃、雪のなかでも安心して撮影可能。ミドルクラスとは思えないほどタフなのが自慢です。しかも小型のカメラバッグに収まってしまうコンパクトなボディ。日常のスナップだけでなく、風景や山岳など、大自然のなかでも使ってみたいカメラです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark III』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M5MarkIII』

出典:Amazon

像面位相差AF採用で動体に強い! しかも高機能

E-M5シリーズの最新モデル。E-M5 Mark IIのコンパクトなボディや5軸手ブレ補正は受け継ぎながら、最新の撮像素子と画像処理エンジンを搭載。より高画質になったとともに、AFもE-M5シリーズではじめて像面位相差AFを採用し、動体に強くなりました

さらに1stレリーズで取り込みを開始し、2ndレリーズでさかのぼった14コマ分を記録することで決定的瞬間がとらえられるプロキャプチャーモードや、1回のレリーズでピント位置を少しずつ移動させながら撮影できるフォーカスブラケット、ピント位置が異なる8枚を合成して、近接撮影でも手前から奥までピントが合った写真が撮れる深度合成モードなど、上位機E-M1シリーズに迫る高機能も実現しています。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『 OM-D E-M1 Mark II』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkII』

出典:Amazon

SDカード2枚のダブルスロットで大量撮影も安心

プロ仕様のハイエンドクラスながら、OM-Dらしいコンパクトなボディ。オールクロス121点の像面位相差AFと、AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写の組み合わせは瞬間に強い仕上がり。防塵・防滴・耐低温性能により悪条件でも確実な撮影が行なえます。もちろん5軸手ブレ補正機構も搭載。

そしてSDカードが2枚入るダブルスロットを採用し、大量の撮影やバックアップなど、プロの要求に応えられます。4K動画やCinema 4Kなど動画機能も充実。現行E-M1シリーズのなかでもっとも購入しやすい価格なので、E-M10やE-M5、PENシリーズユーザーがステップアップしやすいのもうれしいカメラです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1 Mark III』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1MarkIII』

出典:Amazon

7.5段手振れ補正で機動力がさらにアップ

E-M1 Mark IIの後継モデル。画素数こそE-M1 Mark IIと同じ2000万画素ですが、最新の画像処理エンジンTruePic IXを搭載。16回撮影して合成することで5000万画素の高解像度が手持ちでできる手持ちハイレゾショットに対応しました。さらにE-M1Xで好評の、複数の画像を合成して疑似的に露光時間を延ばすライブNDも搭載し、表現力がいっそうアップ。

そして見逃せないのが手ブレ補正機構。なんと7.5段の効果が得られます。これにより1秒を超えるスローシャッターも手持ち撮影が可能。OM-Dが持つ高い機動力を存分に活かした撮影が楽しめます。

縦位置グリップ一体型のE-M1Xと異なり、オプションで脱着式なのも特徴。撮影スタイルや被写体に応じて縦位置グリップの有無を選べるのがポイントです。

エキスパートのおすすめ

OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1X』

OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-DE-M1X』

出典:Amazon

縦位置グリップを一体化したプロ仕様モデル

オリンパスではじめて縦位置グリップを一体化したプロ仕様モデル。大柄にはなりますが、グリップがしっかり握れるため、望遠レンズでも安定して構えられます。また縦位置シャッターボタンも備え、縦位置でも横位置と同じ感覚で撮影ができるのもポイント。バッテリーが2個入り、大量の撮影や長時間の動画撮影にも対応します。

画像処理エンジンのTruePic VIIIを2基搭載。疑似的に露光時間を伸ばすライブNDのほか、ディープラーニング技術を活用したインテリジェント被写体認識AFを実現しました。これはモータースポーツのレーサーのヘルメット、飛行機のコックピット、鉄道の運転席を自動で検出してピントを合わせる機能。E-M1Xだけが持つ動体に強いAFです。

さらに7.5段の手ブレ補正機構も搭載し、夜景も手持ち撮影。本格的に望遠レンズでスポーツや乗りものを撮りたい人にもっともおすすめしたいカメラです。

「オリンパスのミラーレスカメラ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL9』
OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark II』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark II』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark III』
OLYMPUS(オリンパス)『 OM-D E-M1 Mark II』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1 Mark III』
OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1X』
商品名 OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL9』 OLYMPUS(オリンパス)『PEN E-PL10』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark II』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M10 Mark III』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark II』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M5 Mark III』 OLYMPUS(オリンパス)『 OM-D E-M1 Mark II』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1 Mark III』 OLYMPUS(オリンパス)『OM-D E-M1X』
商品情報
特徴 シンプルな操作性で扱いやすい! 自撮りも楽しめる 高画質の写真をSNSにすぐにアップロード可能 本格派ながらコンパクトで手軽に持ち歩ける フラッシュ内蔵で4K動画にも対応可能 コンパクトでタフなボディは大自然のなかで活躍 像面位相差AF採用で動体に強い! しかも高機能 SDカード2枚のダブルスロットで大量撮影も安心 7.5段手振れ補正で機動力がさらにアップ 縦位置グリップを一体化したプロ仕様モデル
本体サイズ 117.1×68.0×39.0mm 117.1×68×39mm 119.5×83.1×46.7mm 121.5×83.6×49.5mm 134.1×90.9×68.9mm 125.3×85.2×49.7mm 134.1×90.9×68.9mm 134.1×90.9×68.9mm 144.4×146.8×75.4mm
本体重量 約332g 約332g 約351g 約362g 約498g 約366g 約498g 約504g 約849g
モニター 3.0型 可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 2軸可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 2軸可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 2軸可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 2軸可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル 3.0型 2軸可動式液晶、約104万ドット(3:2)、静電容量方式タッチパネル
ファインダー - - アイレベル式OLEDビューファインダー、約236万ドット アイレベル式OLEDビューファインダー、約236万ドット アイレベル式液晶ビューファインダー、約236万ドット アイレベル式OLEDビューファインダー、約236万ドット アイレベル式液晶ビューファインダー、約236万ドット アイレベル式液晶ビューファインダー、約236万ドット アイレベル式液晶ビューファインダー、約236万ドット
本体手ぶれ補正 撮像センサーシフト式3軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式3軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正 撮像センサーシフト式5軸手ぶれ補正
付加機能 アートフィルター、アドバンストフォトモード、4K動画、Bluetooth、Wi-Fi アートフィルター、アドバンストフォトモード、4K動画、Bluetooth、Wi-Fi アートフィルター、Wi-Fi、タイムラプスムービー、ハイスピードムービー アートフィルター、アドバンストフォトモード、4K動画、Wi-Fi、顔優先AF・瞳優先AF 高速連写/高速AF、OM-Dムービー、静音モード ライブコンポジット/ライブバルブ/ライブタイム、プロキャプチャーモード、OM-Dムービー 高速連写/高速AF、防塵・防滴・-10℃耐低温性能、OM-Dムービー、静音モード ライブND、防塵・防滴・耐低温性能、ボディー内フィッシュアイ補正 インテリジェント被写体認識AF、ハイレゾショット、OM-Dムービー、防塵・防滴・耐低温構造
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年8月28日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする オリンパスミラーレスカメラの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのオリンパスミラーレスカメラの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ミラーレス一眼ランキング
楽天市場:ミラーレス一眼カメラ オリンパスランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのミラーレスカメラ関連の記事はこちら 【関連記事】

気軽に持ち運べてハイアマチュアのニーズにも応える 写真家からのアドバイス

オリンパスはOM-DシリーズもPENシリーズも、それぞれカメラらしいスタイルにこだわりながら、個性的な機種をラインナップしています。そしてフルサイズ機を圧倒する小型軽量システムが魅力。マイクロフォーサーズならではの高い機動力が楽しめます。

本格的にカメラをはじめたい、あるいは高性能のカメラシステムがほしい、だけど大きくて重いのは苦手、と思っている人は、ぜひオリンパスをチェックしてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

パーティー好きの祭人。編集歴17年。趣味はギターとDJ、ランニング。特技はフリーダイビング。週末はゴールデン街と中華街、コリアンタウンにいることが多い。芸能誌の編集、アスリートもの単行本制作などを経て現在に至る。将来は南の島で悠々自適に暮らしたい。

関連する記事


格安ミラーレスおすすめ14選|初心者でも使いやすい入門編の機種も多数

格安ミラーレスおすすめ14選|初心者でも使いやすい入門編の機種も多数

本記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんへの取材をもとに、格安ミラーレスおすすめ商品をご紹介します。カメラの買い時を探っている人にも役立つミラーレスカメラをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

ミラーレス一眼おすすめ19選|フルサイズ・APS-Cなど厳選

ミラーレス一眼おすすめ19選|フルサイズ・APS-Cなど厳選

誰でも手軽にきれいな写真が撮れるミラーレス一眼は、本格的に写真を撮りはじめた人にぴったり。レンズを交換するとさまざまなニュアンスの写真撮影が可能です。軽くて小さい製品も多く、ママやカメラ女子なども扱いやすくて、アウトドアや登山、旅行などにも役立ちます。この記事では、写真家・カメラ評論家の田中希美男さんと編集部が厳選したミラーレス一眼カメラのおすすめと選び方をご紹介します(※中古品も含まれます)。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

APS-Cミラーレス一眼おすすめ6選|軽い・高画質・高コスパ

高画質で写真を撮りたいけれど、重くて大きなカメラは持ち歩きたくない、そんなときに導入したいのがAPS-C判のミラーレスカメラです。小型軽量で高画質の写真が撮れるということで、SNS投稿用の写真を撮るカメラとしても、バッグに入れて持ち歩いて街角のなにげない景色を撮るお散歩カメラとしても最適です。本記事では、APS-C判ミラーレスカメラの選び方やおすすめ商品をご紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

ソニーのミラーレスカメラ11選|フルサイズ・APS-C機など厳選

ソニーのミラーレスカメラ11選|フルサイズ・APS-C機など厳選

SONY(ソニー)のミラーレスカメラは、初心者でも扱える手ぶれ防止機能や、暗いところでもきれいな画質で撮影できるなど、ソニーの技術を結集したモデルが揃っています。ここでは、写真家・藤井智弘さんと編集部が厳選したソニーのミラーレスカメラのおすすめと選び方をご紹介します。後半に通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタル一眼レフカメラ , デジタルカメラ

フルサイズミラーレスおすすめ9選|初心者でもわかる選び方・人気ランキングも

フルサイズミラーレスおすすめ9選|初心者でもわかる選び方・人気ランキングも

写真家・カメラ評論家である田中希美男さんに、フルサイズミラーレスカメラを選び方とおすすめ商品を紹介してもらいます。フルサイズミラーレスとは、センサーサイズが大きく、高画質なものが撮れるカメラで、本格的な撮影ができます。カメラメーカー各社が続々参入し、フルサイズミラーレス市場は一気に選択肢が広がりました。画素数やレンズ互換性、手ぶれ補正といった機能など、ポイントを押さえてみていきましょう。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみてください。

tag icon ミラーレスカメラ , デジタルカメラ , カメラ

関連するブランド・メーカー


OLYMPUS(オリンパス)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。