バイク用ネックウォーマーおすすめ11選|極寒に耐える!【フリース素材や防風機能付き】

おたふく手袋 ボディータフネス 発熱防風 保温 ネックウォーマー ブラック×グレー JW-124
出典:Amazon

モーターサイクル・ジャーナリストの野岸“ねぎ”泰之さんへの取材をもとに、首や顔を風から守り、温めてくれるバイク用ネックウォーマーの選び方とおすすめ11選を紹介します! 極寒の地でも耐えられるあったかアイテムをたっぷり厳選したので、ぜひチェックしてみてくださいね。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


モーターサイクル・ジャーナリスト
野岸“ねぎ”泰之

30年以上にわたってバイク雑誌等に執筆しているフリーライター。ツーリング記事を中心に、近年はWebメディアで新車のインプレッションやアイテムレビューも多く執筆。また、バイクツーリング&アウトドアを楽しむ『HUB倶楽部』を仲間と運営するなど幅広く活動している。 日本の全都道府県をバイクで走破しているほか、オーストラリア、タイ、中国など海外でのツーリング経験も持つ。キャンプツーリング好きのため、バイクはスペックよりも実際の使い勝手や公道での走りが気になる。現在の愛車はヤマハMT-09トレーサー、TT-250Rレイド、カワサキKSR-II。

バイク用ネックウォーマーの選び方 素材、形状、機能性など

山間の風景を背にバイクにまたがる男性
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

バイクに乗っているときの風の寒さから守ってくれるバイク用ネックウォーマー。

まずは、バイク用のネックウォーマーの選び方を3つ紹介。ポイントはずばり「素材」「形状」「機能性」をチェックすることです。詳しく解説するので、チェックしていきましょう!

素材で選ぶ|肌触りや伸縮性をチェック フリース、裏起毛、ボア、特殊加工素材など

バイク用ネックウォーマーは、フリースなど首元を温める素材か、特殊素材が使用されています。

フリースは、裏起毛やボアなどで保温性を高め、肌触りもよいところが魅力。特殊素材は、防風・保温のために特殊な加工が施されています。薄手のものも多く、ヘルメットをかぶる際に邪魔にならず快適。

フリースと特殊素材を組み合わせている商品もあるので、どのような素材を組み合わせているかをチェックしましょう。

形状で選ぶ|保温したい部位に合わせる 首や鼻までタイプ、かぶりタイプなど

バイク用ネックウォーマーはいくつかの形状に分けることができます。首元だけのもの、頭まで被れるものなどそれぞれ保温できる部位に違いがあるのがポイント。具体的に使用するシーンをイメージしながら、防寒性や被りやすさを比較することが大切です。

首や鼻までのタイプは着脱しやすい

首や鼻まで覆うタイプはワンアクションで着脱ができるため、気軽に使えるのがメリット。ただし、首までのものは隙間から風が入りやすく、鼻まで覆うタイプはずり落ちやすいので真冬や極寒の環境では寒く感じる可能性もあります。

頭部までのタイプは耳や頭まで温まる

頭部まで覆うタイプは耳や頭も保温できますので、よりしっかりとした防寒対策が可能。一方でヘルメットをかぶったときにずれやすく、着脱にも手間がかかるというデメリットもあります。

機能性で選ぶ|快適なツーリングに欠かせない! 防風機能、伸縮素材やストラップほか調節機能など

寒い季節や地域でも快適なライディングができるよう、機能性を確認することも大切。防風機能と大きさの調節はネックウォーマーとして重要なポイントなので、しっかりとチェックしてくださいね。

防風機能はマストでチェック

バイク用ネックウォーマーは寒さや風を遮るためにつけるものなので、防風機能は必ずチェックしましょう。基本的にすべての商品に備わっていますが、防ぎ方や加工方法にはそれぞれ違いがあるので、じっくり見くらべることが大切です。

顔の大きさに合わせた調節機能も確認

サイズ展開のあまりないネックウォーマーの場合、大きさの調節ができることも重要なポイント。伸縮性のある生地か、ストラップで首元の大きさが調節できるものであれば体にしっかりとフィットし、防風・保温性を高めることができるでしょう。

目的に応じて使い分けよう! モーターサイクル・ジャーナリストからのアドバイス

モーターサイクル・ジャーナリスト

バイク用ネックウォーマーはそれほど高価な商品ではないので、通勤・通学など短時間の乗車用には脱着が簡易なもの厳寒期のロングツーリング用には高機能のしっかりしたタイプなど、複数を使い分けてもいいでしょう。

バイク用ネックウォーマーのおすすめ11選 人気のコミネほか、ずれるのを防ぐもの、最強の防寒、防水商品も

ここからは、おすすめのバイク用ネックウォーマーを紹介していきます! 首・鼻まで覆うタイプから頭まで覆うタイプまで幅広くピックアップしています。そのほか素材や機能面の情報についてもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴア ウインドストッパー ネックウォーマー極寒(RR5884)』

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴアウインドストッパーネックウォーマー極寒(RR5884)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴアウインドストッパーネックウォーマー極寒(RR5884)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴアウインドストッパーネックウォーマー極寒(RR5884)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴアウインドストッパーネックウォーマー極寒(RR5884)』

出典:Amazon

素材 ウインドストッパーフリース、ボア
カバー範囲 首、胸
機能 防風、透湿

寒い場所でも安心の防風・保温仕様

高い防風性と湿度を逃がす効果のある特殊素材ウインドストッパーを使ったアイテム。裏はボアで肌触りがよく、表面には撥水加工が施されています。

胸まで覆ってくれる長さもポイント。激しく動いても、ジャケットから外れて隙間から風が入る心配がありません。ファスナーですのでワンアクションで着脱もできますよ。

趣味職人『FIXFIT ネックウォーマー』

趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』 趣味職人『FIXFITネックウォーマー』

出典:Amazon

素材 本体:ポリエステル100%、切替部分:ナイロン85%、ポリウレタン15%
カバー範囲 首、鼻
機能 防風、透湿、防水、撥水

3層のラミネート加工でしっかり風と水を防ぐ

サイトスというポリウレタンフィルムを使ったネックウォーマー。水圧に強く、表面に撥水性があるため、雨に打たれながらのバイク走行でも水が入ってきません

ネックウォーマー自体が、3層のラミネート加工になっているのもポイント。強い風でも防げるので、首元の冷えを防ぎ温かさが持続します。

藤和『TS-DESIGN BALACLAVA 6WAYフェイスガード(tw-84291)』

藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』 藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』 藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』 藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』 藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』 藤和『TS-DESIGNBALACLAVA6WAYフェイスガード(tw-84291)』

出典:Amazon

素材 ニット部分:ポリエステル90%、ポリウレタン10%、ラミネート部分:ポリエステル100%
カバー範囲 首、鼻、頭
機能 防風、制電、保湿、吸汗速乾

制電加工でいやな静電気も防止

マイクロフリース素材を使ったマルチネックウォーマー。頭までかぶれるのはもちろん、頭の部分だけを外したり、首の部分だけを外して帽子にしたりと6WAYの使い方ができます

制電加工が施されているのもうれしいところ。パチパチとした静電気を軽減できるので、冬の時期でも安心してかぶることができるでしょう。

KOMINE(コミネ)『ネオプレーンウォームマスク(AK-020)』

KOMINE(コミネ)『ネオプレーンウォームマスク(AK-020)』

出典:Amazon

素材 ネオプレーン
カバー範囲 首、鼻
機能 保温

立体型のネックウォーマーでぴったりフィット

鼻まで覆われた立体型のネックウォーマー。面ファスナーで調節できるので、顔にぴったりフィットします。

ネオプレーンという合成ゴムを原料とする特殊素材を使用しているのもポイント。ウエットスーツに採用されるほど風や水を通しにくいので、しっかり体を保温してくれるでしょう。

OTAFUKU GLOVE『ボディータフネス』

OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』 OTAFUKUGLOVE『ボディータフネス』

出典:Amazon

素材 ポリエステル、アクリル、レーヨン、ポリウレタン
カバー範囲
機能 発熱サーモ、保温、防風

防風機能と発熱効果でダブル保温

防風加工と発熱効果の2つの機能を組み合わせたアイテム。水分を吸収すると発熱する特殊素材を使用しており、寒さを防ぐだけでなく自ら熱を生み出すことができます。

防風対策としてはネックウォーマーの前面にはポリウレタンをコーティング。風を防ぎつつ発熱することで、単純に防風機能がついているネックウォーマーよりも高い保温効果が期待できます

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』

出典:Amazon

素材 -
カバー範囲 首、鼻
機能 防塵、防風、紫外線カット

紫外線や風・塵をしっかり遮断

バイク乗りのためにつくられた、1年を通して使用できるマルチアイテム。防塵はもちろん、夏は紫外線をカットし、冬は風を遮断します

バイクやヘルメットにカラーやデザインを合わせられるのも魅力。ネックウォーマー以外にもヘッドバンドなど10通りの使い方ができ、機能性とデザイン性を兼ね備えています。

KOMINE(コミネ)『サーモライトRフルフェイスマスク(AK-315)』

KOMINE(コミネ)『サーモライトRフルフェイスマスク(AK-315)』

出典:Amazon

素材 サーモライト
カバー範囲 首、鼻、頭
機能 保温、蒸散

ヘルメット装着時窮屈にならず快適

高い断熱効果を誇りながら、蒸散効果もあるTHERMO LITEという特殊素材を使用。蒸れずに温かさを維持できるため、バイクの運転中でも不快感がありません。

素材は薄く伸縮性があり、ヘルメットをかぶるときにも邪魔にならないのも魅力。運転中も窮屈に感じないので、快適に過ごせるでしょう。

KADOYA(カドヤ)『HRT4-NECK WARMER』

KADOYA(カドヤ)『HRT4-NECKWARMER』

出典:Amazon

素材 表:伸縮素材ポリエステル、中間層:防水・透湿性メンブレン、裏:マイクロフリース
カバー範囲 首、鼻
機能 ストレッチ、防風、透湿、保温、抗菌防臭

革ジャンに合う防水性のあるアイテム

繊維メーカー東レとカドヤが共同開発した、特殊素材を使ったネックウォーマー。革ジャンに合うというコンセプトでつくられているのが特徴です。

ストレッチ性や防風機能はもちろん、防水や抗菌・防臭機能もあるのが魅力。湿気は逃がしながらも、素材の中間層に防水素材を採用しているため、雨の日でも安心して着用できます。

LEAD MOTORCYCLE GEAR(リード工業)『WARMTH KH-005T ネックウォーマー』

LEADMOTORCYCLEGEAR(リード工業)『WARMTHKH-005Tネックウォーマー』

出典:Amazon

素材 フリース
カバー範囲 首、鼻
機能 保温、防風

起毛処理が施された肌触りのいいネックウォーマー

フリース素材でつくられた肌触りのいいネックウォーマー。裏面のみ起毛処理がされており、つけた瞬間から温かさが感じられます

表面はフラットな状態ですので、ヘルメットをかぶるときにも摩擦を抑えやすく、邪魔になりません。前面がやや長めになっていて、ジャケットから外れにくくなっているのもうれしいポイント。

藤和『TS-DESIGN FLASH ネックウォーマー(842913)』

藤和『TS-DESIGNFLASHネックウォーマー(842913)』

出典:Amazon

素材 ニット部分:ポリエステル90%・ポリウレタン10%、裏ボア部分: ポリエステル95%・ポリウレタン5%
カバー範囲
機能 防風、保温、反射

反射材で夜でも安心して走行できる

マイクロフリース素材を使ったアイテム。裏ボアで保温性を高め、ラミネート加工で風を通さないようつくられています。

反射材を使用しているのも魅力。ライトをあてると模様が明るく浮かび上がり、対向車にも視認されやすい仕様になっています。夜もよくバイクに乗るという方でも安心して走行できますね。

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』

出典:Amazon

素材 ウインドストッパーフリース
カバー範囲
機能 防風、透湿、保温

裏地をボアに仕上げた使い勝手のいいアイテム

ウインドストッパーのフリース素材を使ったアイテム。シンプルな筒状ですので着脱もかんたんです。裏地がボアになっているため、肌触りがとてもよい商品です。

防風・透湿効果もあるため、肌が蒸れずに温かさだけをキープ。肌の弱い人でも安心して使えるでしょう。保温・透湿・防風効果の高い、すぐれたネックウォーマーです。

「バイク用ネックウォーマー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴア ウインドストッパー ネックウォーマー極寒(RR5884)』
趣味職人『FIXFIT ネックウォーマー』
藤和『TS-DESIGN BALACLAVA 6WAYフェイスガード(tw-84291)』
KOMINE(コミネ)『ネオプレーンウォームマスク(AK-020)』
OTAFUKU GLOVE『ボディータフネス』
ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』
KOMINE(コミネ)『サーモライトRフルフェイスマスク(AK-315)』
KADOYA(カドヤ)『HRT4-NECK WARMER』
LEAD MOTORCYCLE GEAR(リード工業)『WARMTH KH-005T ネックウォーマー』
藤和『TS-DESIGN FLASH ネックウォーマー(842913)』
ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』
商品名 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴア ウインドストッパー ネックウォーマー極寒(RR5884)』 趣味職人『FIXFIT ネックウォーマー』 藤和『TS-DESIGN BALACLAVA 6WAYフェイスガード(tw-84291)』 KOMINE(コミネ)『ネオプレーンウォームマスク(AK-020)』 OTAFUKU GLOVE『ボディータフネス』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『マルチネックゲーター(RR7600)』 KOMINE(コミネ)『サーモライトRフルフェイスマスク(AK-315)』 KADOYA(カドヤ)『HRT4-NECK WARMER』 LEAD MOTORCYCLE GEAR(リード工業)『WARMTH KH-005T ネックウォーマー』 藤和『TS-DESIGN FLASH ネックウォーマー(842913)』 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ウインドストッパーマルチウォーマー極寒(RR5873)』
商品情報
特徴 寒い場所でも安心の防風・保温仕様 3層のラミネート加工でしっかり風と水を防ぐ 制電加工でいやな静電気も防止 立体型のネックウォーマーでぴったりフィット 防風機能と発熱効果でダブル保温 紫外線や風・塵をしっかり遮断 ヘルメット装着時窮屈にならず快適 革ジャンに合う防水性のあるアイテム 起毛処理が施された肌触りのいいネックウォーマー 反射材で夜でも安心して走行できる 裏地をボアに仕上げた使い勝手のいいアイテム
素材 ウインドストッパーフリース、ボア 本体:ポリエステル100%、切替部分:ナイロン85%、ポリウレタン15% ニット部分:ポリエステル90%、ポリウレタン10%、ラミネート部分:ポリエステル100% ネオプレーン ポリエステル、アクリル、レーヨン、ポリウレタン - サーモライト 表:伸縮素材ポリエステル、中間層:防水・透湿性メンブレン、裏:マイクロフリース フリース ニット部分:ポリエステル90%・ポリウレタン10%、裏ボア部分: ポリエステル95%・ポリウレタン5% ウインドストッパーフリース
カバー範囲 首、胸 首、鼻 首、鼻、頭 首、鼻 首、鼻 首、鼻、頭 首、鼻 首、鼻
機能 防風、透湿 防風、透湿、防水、撥水 防風、制電、保湿、吸汗速乾 保温 発熱サーモ、保温、防風 防塵、防風、紫外線カット 保温、蒸散 ストレッチ、防風、透湿、保温、抗菌防臭 保温、防風 防風、保温、反射 防風、透湿、保温
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年1月12日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキングTOP3を発表! バイク用ネックウォーマーのおすすめはコレ!

ここまで紹介した商品のなかから、モーターサイクル・ジャーナリストの野岸“ねぎ”泰之さんが選ぶ、バイク用ネックウォーマーのおすすめランキングTOP3を発表します。ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

3位 藤和『TS-DESIGN BALACLAVA 6WAYフェイスガード(tw-84291)』

モーターサイクル・ジャーナリスト

藤和『TS-DESIGN BALACLAVA 6WAYフェイスガード』は、本来は作業用の商品ですので防寒性はバイク用より劣りますが、充分な防風性のほか、肌触りがよく伸縮性もあるため、バイク用としても重宝します。使い方に応じて6通りのかぶり方ができるのも便利です。

2位 趣味職人『FIXFIT ネックウォーマー』

モーターサイクル・ジャーナリスト

形状はシンプルですが、高対水圧、高透水の機能性素材「サイトス」を採用している趣味職人『FIXFIT ネックウォーマー』。風を通さず、蒸れず、雨に強いという3拍子揃った機能をしっかりと実現しているすぐれた商品です。

1位 ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴア ウインドストッパー ネックウォーマー極寒(RR5884)』

モーターサイクル・ジャーナリスト

ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)『ゴアウインドストッパーネックウォーマー極寒』は、首からかぶるタイプではなく、ファスナーで暖かい襟をプラスするイメージの商品。筒状の商品に比べ、首から隙間風が入ることがなく、3シーズンジャケットにプラスするだけで防寒効果がアップするのでおすすめです。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする バイク用ネックウォーマーの売れ筋をチェック

Amazonでのバイク用ネックウォーマーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:ネック ウォーマーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

バイク・ツーリングに関するおすすめグッズはこちら 【関連記事】

編集部より

この記事では、バイク用ネックウォーマーのおすすめ11商品を紹介しました。バイク用ネックウォーマーのほとんどは防風・保温加工が施されています。しかし、その加工方法はさまざまなので、商品ごとに比較して自分のお気に入りを探しましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2021/01/12 一部コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


バイク用メッシュジャケットおすすめ11選|夏でも涼しく快適【耐久性と涼感を両立】

バイク用メッシュジャケットおすすめ11選|夏でも涼しく快適【耐久性と涼感を両立】

夏の暑い時期でも、ツーリングを涼しく快適にしてくれるバイクウェアがバイク用メッシュジャケット。見た目は軽装ですが、背中や胸部などにプロテクターが入っているので、万が一の事故や転倒の際、衝撃を軽くしてくれる可能性があります。この記事では、バイク雑誌フリーライターであるNANDY小菅さんへの取材をもとに、バイク用メッシュジャケットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、バイク用メッシュジャケットのお手入れ方法、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。


バイク用スマホホルダーおすすめ17選|がっちり固定&着脱しやすいモデルも

バイク用スマホホルダーおすすめ17選|がっちり固定&着脱しやすいモデルも

行ったことのない道をツーリングする場合、ナビがついていないと大変不安。しかし、スマホを見ながらツーリングすることは危険ですし、そもそも不可能です。そんなときに便利なのが、スマホをナビとして使用できるバイク用スマホホルダー。数多くのライダーも愛用しており、一般的なアイテムとして普及しています。しかし実は、ホルダーであればどれでもいい訳ではなく、着脱方式や防水性など、使い勝手のために選び方のポイントが重要になります。本記事では、バイク用スマホホルダーのメリットや注意点、選び方、そしておすすめ商品をご紹介。本記事を一通り読めば、携帯ホルダーとして役立つもの、防水なもの、着脱しやすいものなど、選ぶポイントごとに基本を把握できますので、ぜひ参考にしてください。


バイクカバーおすすめ13選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

バイクカバーおすすめ13選|防水・防塵で愛車を確実に守る!

車庫がない限り、バイクを自宅の前に駐車しておくことは、愛車を放置しているのに近い環境。雨や砂などにより、愛車が傷ついたり、部品が腐食してしまう危険があります。そんな時に便利なのが、バイクをシートで覆ってくれるバイクカバーです。雨などの汚れや砂による傷、直射日光の影響からも愛車を守ってくれます。本記事では、バイクカバーの購入を考えるライダーの方に向け、愛車を雨や砂から守るバイクカバーについて、特徴や寿命、選び方、そしておすすめ商品をご紹介します。本記事を読めば、バイクカバーを選ぶ際のポイントが一通り把握できますので、ぜひ参考にしてくださいね。


バイク用サイドバッグおすすめ12選|旅行やツーリング、キャンプにも

バイク用サイドバッグおすすめ12選|旅行やツーリング、キャンプにも

ツーリングの際、荷物の積載量をアップしてくれるバイク用サイドバッグ。バイクにはもともと収納スペースがほとんどないため、日帰りツーリングでも荷物スペースとして取り付けると便利! 雨やちょっとした修理に使える、レインウェアや工具なども収納できます。この記事では、バイク用サイドバッグのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。後半に野岸さんによるランキングもありますので、ぜひ参考にしてみてください。


バイク用リアボックスのおすすめ11選|街乗りやツーリングで愛車を快適に!

バイク用リアボックスのおすすめ11選|街乗りやツーリングで愛車を快適に!

バイクのツーリングや買い物時の荷物入れに大活躍の「バイク用リアボックス」。ヘルメットやレインコートなどを収納できる大容量さが魅力です。人気のキジマやGIVIをはじめ、取り付け簡単なものやアルミ製のかっこいいものなど種類はさまざま。どれを購入したらいいか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、モーターサイクル・ジャーナリストに取材のもと、バイク用リアボックスの選び方とおすすめ11選を紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。