自転車サドルカバーおすすめ10選|防水性やクッション性をチェック!

自転車サドルカバーおすすめ10選|防水性やクッション性をチェック!

自転車サドルカバーは、お尻の痛みやサドルの劣化を軽減してくれる大切なアイテム。ノーマルな自転車からスポーツタイプのものまで、幅広い自転車に使用できます。

この記事では、自転車サドルカバーの機能や快適に使えるかどうかに注目して解説し、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんと編集部が選んだおすすめ商品を紹介します。通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。


目次

整理収納コンサルタント/暮らしコーディネーター
瀧本 真奈美

株式会社クラシングR 代表取締役 化粧品会社勤務、看護師を経て転職。 整理収納コンサルタント、住宅収納スペシャリスト、時短家事コーディネーター(R)expert他、資格有。 出版書籍6冊、掲載誌は130冊を超える。 専門家として「サタデープラス」「ZIP!」「ラヴィット!」などメディア出演も多数。 SNS総フォロワー19万人のインフルエンサーとして暮らしを提案、執筆、講演、SNSコンサル業務、ショップ経営など幅広く活動している。

自転車サドルカバーは必要?メリットは?

公園の脇に置かれているサドルカバーのついた自転車。
Pixabayのロゴ

自転車のサドルに被せて何度でもつけ外しができるサドルカバー。クッション性を高めて乗り心地を向上させたり、サドルの劣化を防いだりしてくれる便利なアイテムです。

自転車のサドルは、ハンドルに次いで触れる時間が長い部分なので、非常に傷みやすいパーツです。雨や日光でも劣化しやすく、サドルカバーを付ければ、雨や日光などのダメージからサドルを守り、破れたり痛むのを抑制できます。

また、クッション性のあるカバーをつければ、走行中のお尻への負担も減らせるでしょう。100均の商品やビニール袋を付けている人もいますが、なるべく品質の良いサドルカバーを付けることで、自転車を長持ちさせたり、見た目もおしゃれになったりするのがメリット。

ノーマルタイプの自転車や電動自転車、スポーツバイクなど、種類によってサドルカバーのサイズが異なるのが特徴です。自分の自転車に合ったものを選びましょう。

自転車サドルカバーの選び方 防水性やクッション性をチェック!

 

自転車用のサドルカバーは、座り心地のいいクッション性の高いものや、耐水性などの機能、ワンタッチで取りつけることができるものなど種類が豊富。

自転車のタイプやどんな機能を重視するのかを考えて選びましょう。

目的に合わせて選ぶ

 

サドルの劣化を防ぐ、乗り心地をよくするなど、人によってサドルカバーを付ける目的は異なります。目的や用途とあわせて、注目したい機能をまとめたので、ご紹介していきます。

自分の用途に合ったものを探してみましょう。

防水性のあるカバーで雨よけに

 

屋根がない場所に自転車を置く場合には、撥水ポリエステルなどの防水性・撥水性の高いサドルカバーを選びましょう。

サドル本体は水に弱いわけではありませんが、長時間雨に打たれることは、少しずつ劣化が進む原因にもなります。カバーを被せるだけで劣化を防げるので、キレイな状態をキープしやすくなるでしょう。

クッション性のあるカバーで痛み防止に

 

長時間自転車に乗っているとお尻が痛くなってきて、苦痛を感じることもあるでしょう。そんなときは低反発素材などのクッション性があるサドルカバーが悩みを解決。

衝撃吸収にも効果的なので、段差を乗り越えた時の振動や衝撃が気になる方にもおすすめです。

UVカットで日焼け防止に

 

サドルは日に当たると変色したり、破れたりしてきます。日の光による劣化を防ぎたい方は、UVカット機能つきのものに注目しましょう

また、暗い色は紫外線を通しにくいため、ダークネイビーや黒色を選ぶと効果的です。

通気性のあるものでムレ防止に

 

お尻のムレが気になる方は、通気性のいいカバーを選ぶことが大切

スポーツウェアにも使われるライクラ生地を使ったものやメッシュ素材なら、通気性・速乾性にすぐれるので、汗をかきやすい夏場でも快適に使うことができるでしょう。

自転車に合うサイズのものを選ぶ

 

自転車のタイプによってサドルの形は違います。事前にサドルの寸法を確認して、適したサイズのカバーを選ぶことがポイント。とくにスポーツタイプのサドルはサイズが小さめなので要注意。一般サイズのものはうまくつけられないため、専用のものを使いましょう。

カバーのなかには、伸縮性の高いものもあり、自由に使えるだけでなくサドルにぴったりフィットするものもあります。

使いやすさも忘れずにチェック

 

サドルカバーは、快適に使えるかどうかも重要なポイントです。

固定用ベルトや盗難防止など、付いていると便利でうれしい機能をご紹介していきます。ぜひ選ぶときの参考にしてください。

盗難防止機能つきで離れても安心

 

自転車を使う際、盗難対策はしっかりとしておきたいポイントです。自転車と繋げられる盗難防止機能つきのサドルカバーなら、盗まれる心配も少なく安心です

通勤・通学などで共用の駐輪場に長い時間置いておくことが多い方は、ぜひ検討してみてください。

固定力があるものはズレにくい

面ファスナー(マジックテープ)でしっかりと固定できるサドルカバーは、ズレる心配が少なく快適に使うことができます。きちんと固定できないと、サドルとカバーがズレて違和感が生じ、その都度取りつけ直すと手間がかかります。

とくに長時間乗り続けると気になってくるポイントなので、自転車旅やツーリングに出かける方はチェックしておきましょう。

取り外ししやすいものを選ぶ

盗難防止機能つきでないものや通気性が悪いカバーの場合、使わないときは取り外して保管しておいたほうが安心。

しかし、取り外しにくいタイプだとストレスになるため、伸縮性がある取り外ししやすいものを選びましょう

サドルのサイズに合ったものを選ぼう 専門家からのアドバイス

整理収納コンサルタント/暮らしコーディネーター

サドルカバーを選ぶ際に一番大切なのは、サイズの確認です。

大きすぎたり幅が足りなかったりなど、フィットしないのでは固定が不十分でずれが生じます。手持ちのサドルをきちんと測定し、また形状に適応するサドルカバーを選びましょう

長時間走行には痛みを緩和するクッション性の高いものを、雨に備えるには防水性の高いものを、デザイン重視なら好みの柄や素材など、重視したいポイントに合わせて購入すると満足度の高い買い物になります。

自転車サドルカバーおすすめ10選 防水性やクッション性の高い商品も!

ここからは、選び方要素で挙げた機能性を含む、厳選した自転車サドルカバーを紹介します。

自転車の置き場所や、普段どのくらいの距離を走行するのかなどを考えると、自身に適した自転車サドルカバーをみつけることができるでしょう。

ぜひお気に入りの一品を見つけてください。

VICKMALL『自転車サドルカバー』

VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』 VICKMALL『自転車サドルカバー』

出典:Amazon

サドルに被せて留め紐を引くだけで装着

サドルに被せてマジックテープを留め、紐を引くだけでサイズ調整ができるサドルカバー。伸びたストラップも収納でき、走るときも気になりません。

素材はポリエステルやメッシュを使っており、通気性にすぐれているのが特徴。やわらかい3Dシリコーンも含まれているためクッション性があり、快適な乗り心地を実現してくれます。

SERFAS『SCB-1 ウォータープルーフ』

雨の日でも安心して座れる防水性カバー

防水性があって雨の侵入をしっかり防いでくれるサドルカバー。通常サイズの1.5倍伸びる伸縮性も有しているので、後ろまで覆うことで多方向からの雨に対処することができます。

マウンテンバイクやクロスバイクなどのスポーツバイク用のカバーとして製作されており、細めのサドルに適しています。内側に滑り止めがついているため、激しい動きをしてもズレることは少ないでしょう。

aile『のび〜るチャリCAP』

aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』 aile『のび〜るチャリCAP』

出典:Amazon

盗難防止用のループつき! かわいいデザインも魅力

スヌーピーが描かれた、かわいらしいサドルカバー。ボロボロになったサドルや特徴のないサドルも、カバーをかぶせるだけでおしゃれに変身! スヌーピーが好きな方や、個性的なカバーが欲しい方におすすめのアイテムです。

カバーには盗難防止用のループも付いており、自転車に固定することが可能。盗難を未然に防止できるので、お気に入りのカバーを無くす心配が少なくなります。

SanDoll『自転車サドルカバー』

SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』 SanDoll『自転車サドルカバー』

出典:Amazon

後ろにある反射ラインで夜間走行も安心

良質なシリコーンの低反発素材を採用するだけでなく、さらに記憶フォームスポンジで厚みを加えてクッション性を高めたサドルカバー。走っているときの衝撃や振動をほとんど吸収してくれるため、快適に乗ることができます。

カバーの後方部には反射板がついており、夜間の走行も安心。走行中の車にも気づいてもらいやすく、事故防止にも繋がります。

Sportneer『自転車サドルカバー』

Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』

出典:Amazon

裏地に滑り止め加工がありズレにくい

カバーの裏側には滑り止め加工がされており、装着後はズレにくい仕組みになっています。悪路を走ってもズレる心配がないので、自然豊かな道も楽しく走ることができるでしょう。

高品質のシリコーンジェルと低反発スポンジを採用した二重構造も注目したいポイントです。振動や衝撃を軽減して、お尻を守ってくれるでしょう。

SERFAS『ハイブリッドGEL』

SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 SERFAS『ハイブリッドGEL』

出典:Amazon

ウレタンフォームを取り入れたクッション性の高さ

柔軟性の高いウレタンフォームの上に、衝撃吸収性にすぐれたリアクティブゲルを30%増しで重ねたサドルカバー。局部への圧迫感を減らすディープグループデザインを採用し、ソフトでふわふわな座り心地を実現した商品です。

ストレッチ素材で伸縮性にも長けているのも特徴。ぐんと伸びるので、取り外ししやすいところも魅力のひとつですね。

OMOMOAKARI『サドルカバー自転車』

サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー) サドルカバー自転車防水PU生地お尻痛くない低反発クッションズレない衝撃吸収ロードバイク/マウンテンバイク/クロスバイク用(A-グレー)

出典:Amazon

人間工学にもとづいたデザインでお尻にフィット

サドルカバーの後ろの幅を広くすることで、お尻に接する面積を増やした人間工学にもとづいたデザイン。衝撃がお尻全体に分散され、痛みを伴うことが少なくなるでしょう。

クロスマジックテープを採用することにより、サドルへ巻き付くようにがっちりと装着。さらに裏面に滑り止めを施すことで、カバーがズレにくい仕組みになっています。

BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』

BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』 BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』 BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』 BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』

出典:Amazon

低価格で防水機能つきのサドルカバー

リバーシブル仕様のサドルカバーです。雨に打たれてもめくって乾いた面を表側にすることで、お尻を濡らさず自転車に乗ることができます。通学などで天候を問わず自転車を使う方におすすめ。

信頼のおける自転車メーカー製でありながら低価格な点も魅力。野ざらしで使って劣化しても、価格が安いためリピート購入しやすいアイテムです。

KIMIHE『自転車 サドルカバー』

KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』 KIMIHE『自転車サドルカバー』

出典:Amazon

特殊溝加工でお尻にやさしい

ジェル入りで厚みのある座面が衝撃をしっかりと吸収し、快適な乗り心地を実現。また、特殊溝加工を施した独自の形状により、長時間自転車に乗り続けた時のお尻の辛さを軽減してくれます。

防水カバーが付属しており、サドルカバーの上から被せることで雨の日にも対応可能。こまかい塵まで防いでくれるので、風の強い日にも活躍してくれるでしょう。

USK STORE『低反発 サドルカバー』

USKSTORE『低反発サドルカバー』 USKSTORE『低反発サドルカバー』 USKSTORE『低反発サドルカバー』 USKSTORE『低反発サドルカバー』 USKSTORE『低反発サドルカバー』 USKSTORE『低反発サドルカバー』

出典:Amazon

メッシュ素材で汗によるムレを走りながら逃す

特殊な3D立体構造が特徴のサドルカバー。独特のデザインでお尻と接する面を少なくし、負担を減らすことで長距離運転もらくになるでしょう。

また、サドルの溝が熱や湿気を逃がしてくれる役割ももっています。さらに、メッシュ素材が追加されたことにより、汗によるムレも解消。暑い季節にも快適に使えるアイテムです。

「自転車サドルカバー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
VICKMALL『自転車サドルカバー』
SERFAS『SCB-1 ウォータープルーフ』
aile『のび〜るチャリCAP』
SanDoll『自転車サドルカバー』
Sportneer『自転車サドルカバー』
SERFAS『ハイブリッドGEL』
OMOMOAKARI『サドルカバー自転車』
BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』
KIMIHE『自転車 サドルカバー』
USK STORE『低反発 サドルカバー』
商品名 VICKMALL『自転車サドルカバー』 SERFAS『SCB-1 ウォータープルーフ』 aile『のび〜るチャリCAP』 SanDoll『自転車サドルカバー』 Sportneer『自転車サドルカバー』 SERFAS『ハイブリッドGEL』 OMOMOAKARI『サドルカバー自転車』 BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』 KIMIHE『自転車 サドルカバー』 USK STORE『低反発 サドルカバー』
商品情報
特徴 サドルに被せて留め紐を引くだけで装着 雨の日でも安心して座れる防水性カバー 盗難防止用のループつき! かわいいデザインも魅力 後ろにある反射ラインで夜間走行も安心 裏地に滑り止め加工がありズレにくい ウレタンフォームを取り入れたクッション性の高さ 人間工学にもとづいたデザインでお尻にフィット 低価格で防水機能つきのサドルカバー 特殊溝加工でお尻にやさしい メッシュ素材で汗によるムレを走りながら逃す
サイズ 幅27×奥行29×高さ4cm 幅13×奥行24cm 幅16.5×奥行21.5cm 幅17.5×奥行29.5×高さ3cm 幅24.1×奥行26.6cm 幅20.5×奥行28cm 幅17.8×奥行27.5×高さ3.2cm 幅23×奥行6×高さ26cm 幅18×奥行27×高さ3cm 幅18×奥行28cm
素材 ポリエステル、ポリウレタンスポンジ、シリコーン - ポリエステル、ポリウレタン シリコーン、スポンジ シリコーンジェル、低反発クッション リアクティブジェル、ウレタン PU、記憶スポンジ、シリコーンゲル PVC、ポリエステル ポリエステル弾性繊維、シリコーン、スポンジ -
クッション性 あり なし なし あり あり あり あり なし あり あり
防水性 なし あり あり なし あり - あり あり あり なし
固定用ベルト なし なし なし なし なし なし あり なし なし なし
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年6月28日時点 での税込価格

エキスパートによるおすすめランキング 自転車サドルカバーTOP11をご紹介

整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんが選ぶ、自転車サドルカバーのおすすめランキングを発表します

ぜひ商品選びの参考にしてみてください。

10位 USK STORE『低反発 サドルカバー』

9位 SanDoll『自転車サドルカバー』

8位 UGROW『防水自転車サドルカバー』

7位 Sportneer『自転車サドルカバー』

6位 KIMIHE『自転車 サドルカバー』

5位 BRIDGESTONE『スタイリッシュサドルカバー』

4位 SERFAS『ハイブリッドGEL』

3位 aile『のび〜るチャリCAP』

2位 SERFAS『SCB-1 ウォータープルーフ』

1位 VICKMALL『自転車サドルカバー』

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 自転車サドルカバーの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでの自転車サドルカバーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:サドルカバーランキング
楽天市場:サイクルカバー サドルカバーランキング
Yahoo!ショッピング:自転車 サドルカバーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】自転車サドルカバーに関連する記事をご紹介

用途や使いやすさを考慮して選ぶことが重要!

自転車サドルカバーのおすすめを紹介しました。

最近では、セリアやダイソーなどの百均でも手軽に購入できるようですが、使用頻度の高い方や長く使いたいという方は、用途や使いやすさを考慮して選ぶことが重要です。機能や固定力など選び方の要素がさまざまあります。

自分が快適に走ることができるためにも、サイズが合ったものやクッション性が高く痛くない乗り心地がいいものを選びましょう。

ご紹介した内容を参考に、あなたがほしい自転車サドルカバーを選んでみてくださいね。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

2歳の子供のイヤイヤ期に奮闘中の新米ママ。仕事と育児の合間にSNSでメイク動画や美容アカウントをチェックするのが趣味。新作コスメカレンダーが頭に入っているほどのコスメ好き。担当カテゴリは、『ベビー・キッズ』と『美容・健康』。

関連する記事


子ども用自転車おすすめ12選【身長に合わせたサイズ選びを】長く乗れる20インチも!

子ども用自転車おすすめ12選【身長に合わせたサイズ選びを】長く乗れる20インチも!

三輪車を卒業したら、そろそろ自転車の練習をさせたいですよね。子供用自転車は14~26インチがキッズ・ジュニア用と呼ばれ、乗りやすい工夫がたくさん施されています。この記事では、子供用自転車の選び方とおすすめ商品をご紹介します。補助機能があるか、安全基準を満たしているかなど安心して操作できるものを選びましょう。記事後半には、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もありますので、ぜひチェックしてみてください。

tag icon キッズ用品(就学前) , キッズ用品(小学生) , 自転車

【2022年】ミニベロおすすめ22選|折りたたみ可能・軽量・電動などをご紹介!

【2022年】ミニベロおすすめ22選|折りたたみ可能・軽量・電動などをご紹介!

幅広い世代が楽しめるミニベロ。ミニベロには折りたたみ式や電動アシストつきなどさまざまなタイプがあります。コンパクトであるがゆえのメリットやデメリットなどを確認しつつ、どういった自転車が自分に合うのか、選び方をチェックしていきましょう。本記事では、自転車整備士の椿 直之さんと編集部が厳選したダホンやビアンキ、ルイガノ、ジャイアントといった人気メーカーの商品と、選び方をご紹介します。通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミを確認してみましょう。

tag icon 電動自転車 , 自転車

自転車用スマホホルダーおすすめ7選|落ちないもので安全に使おう【操作性や防水機能で】

自転車用スマホホルダーおすすめ7選|落ちないもので安全に使おう【操作性や防水機能で】

最近の自転車ブームによって、自転車にスマホを装着して活用したいと考えるユーザーが増えています。スマホがあれば速度や道順などもカンタンに確認しながら、サイクリングを楽しむこともできますよ。この記事では、プロの家電販売員 兼 家電ライターのたろっささんと編集部が、自転車用スマホホルダーの選び方とおすすめ商品をご紹介。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon 携帯電話アクセサリ , スマートフォン・携帯電話 , 自転車

サイクルキャップおすすめ20選|汗を吸い取り、日差しを防ぐ!【サイクリングに必須】

サイクルキャップおすすめ20選|汗を吸い取り、日差しを防ぐ!【サイクリングに必須】

一般的なキャップよりもつばが短く、かぶったままヘルメットの着用が可能なサイクルキャップ。汗を吸い取ってくれたり、日差しを防いでくれたりなど、快適なサイクリングには欠かせません。また、風の抵抗を軽減してくれたり、前傾姿勢でも視界が良好に保てるなどさまざまなメリットがあります。この記事では、自転車整備士の椿 直之さんと編集部が選び方、厳選した商品をご紹介します。

tag icon 電動自転車 , サイクルウェア・ヘルメット・バッグ , 子供乗せ自転車

通勤用自転車のおすすめ27選|クロスバイクや折りたたみ式も紹介

通勤用自転車のおすすめ27選|クロスバイクや折りたたみ式も紹介

自宅から会社まで自転車で通勤する人も多く、通勤用自転車を購入しようか悩んでいる人も多いかもしれません。ブリヂストンやヤマハなど人気の自転車からおしゃれなデザインの自転車まで多くあります。今回は自転車ジャーナリストの菊地武洋さんに、通勤用に使える自転車のおすすめと選び方を教えてもらいました。通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミを確認してみよう。

tag icon ロードバイク , クロスバイク , 電動自転車

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。