PR(アフィリエイト)

硬式テニスボールおすすめ10選【練習用・試合用】ノンプレッシャーなど種類も解説

硬式テニスボールおすすめ10選【練習用・試合用】ノンプレッシャーなど種類も解説
硬式テニスボールおすすめ10選【練習用・試合用】ノンプレッシャーなど種類も解説

◆本記事はプロモーションが含まれています。

同じように見える硬式テニスボールにもさまざまな種類があります。

練習用に使うテニスボールはどんなものがよいのか? 試合用で使うテニスボールは? キッズ向けのテニスボールはどんなものがよい? といった悩みをもつ人も多いでしょう。

試合出場や部活など本格的にテニスを楽しむ人、テニスをはじめたばかりという初心者、キッズやジュニアなど、そのレベルに合ったテニスボールを比較して選びたいものです。

この記事では、テニスマイスターの杉浦直樹さんに取材のもと、硬式テニスボールの選び方とおすすめ商品をご紹介。 ブリヂストンのダンロップフォートなどの定番商品のほか、コスパの良いノンプレッシャーボールなどをピックアップしています。

記事後半には、比較一覧表、通販サイトの売れ筋人気ランキングもあるので、口コミや評判もチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

物心がついたときにはラケットを握っていたテニスマイスター
杉浦 直樹
実家がテニスクラブを経営していたため、物心がついた時にはすでにラケットを握っていた。テニス歴は約50年。ジョン・マッケンローを尊敬し、「ボールのタッチ」を重視したプレーを身上とする。1970年代から現在に至る歴代名プレーヤーのエピソード、ラケットやシューズといったグッズの変遷、人気の移り変わりなどに深い知見を持つ。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、スポーツ・自転車
沼田 裕貴

主に「食品」「ドリンク・お酒」「スポーツ・自転車」を担当する40代編集者。好奇心旺盛で「何事にもまずは試してみる」をモットーにしてる。最近は格闘技好きが高じて、ボクシングや柔術を習っている。休日はスーパーでお買い得品を探すのも趣味。新商品には目がないので、ついつい買いすぎてしまうのが悩み。

硬式テニスボールの選び方 試合用か練習用かを考慮

 

テニスマイスター・杉浦直樹さんに取材のもと、硬式テニスボールの選び方を紹介します。購入前に、ポイントをチェックしておきましょう。

使用シーンにあわせてボールの種類を選ぶ プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの違い

硬式テニスボールには、プレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。それぞれの特徴を踏まえておきましょう。

試合・実践向けの「プレッシャーボール」

 

硬式テニスボールの内側には、コアとよばれるなかが空洞になっているゴムがあります。コアの部分に外の気圧よりも高いガスを封入してあるのが、「プレッシャーボール」です。プレッシャーライズドボールともよばれています。

ガスによる高い反発力と打球を打ち返すときの心地よさがあるのが特徴。ただし、打っていくごとになかのガスが少しずつ抜けていくので、反発力も損なわれていきます。試合用や試合を踏まえた実戦練習など、ここぞというときに使用するのがおすすめです。

ノンプレッシャーボールと比べてコストのかかるプレッシャーボールですが、なかにはリーズナブルなものも。練習用として使用するのにも向いています。

部活やスクール・練習向けの「ノンプレッシャーボール」

 

ノンプレッシャーボールはコアの部分にガスを封入していないタイプの硬式テニスボールです。ガスがない分反発力などはプレッシャーボールに劣りますが、その分耐久性の高いのが魅力。打つ機会の多い練習用として使用されます。

また、プレッシャーボールよりも一球あたりの価格が手ごろなので、ボールを大量に使う部活やスクールなどで活用したいときにも向いています。

キッズボールにも色別にレベルがある スポンジボール、レッドボール、オレンジボール、グリーンボールの違い

 

一般的な硬式テニスボールだと、子どもの身長や打球の力に合わないことがあります。子どもが硬式テニスをプレイするときには、子どもの身長や力に合った反発力になっている、キッズボールやスポンジボールを使いましょう。

レベルや年齢に応じたステージで色分けされていて、硬さや大きさ、ボールの飛びも違います。

スポンジボール
幼児や超初心者向け・スポンジでできたボール
【STAGE3】レッドボール
3~8歳程度が対象・飛び75%減
【STAGE2】オレンジボール
7~11歳程度が対象・飛び50%減
【STAGE1】グリーンボール
8歳以上が対象・飛び25%減

キッズボールは基本、子ども向けですが、テニススクールなどでは意図的に練習で使う場合もあります。うまく活用してください。

おすすめはリーズナブルなプレッシャーボール テニスマイスターがアドバイス

物心がついたときにはラケットを握っていたテニスマイスター:杉浦 直樹

物心がついたときにはラケットを握っていたテニスマイスター

ふだんの練習にはプレッシャーとノンプレッシャー、どちらを選ぶべき? という質問を受けますが、基本的にプレッシャーボールをおすすめします。この2つは反発力が異なるため、「飛んでいく場所」が異なります。

そのため長年ノンプレッシャーで練習していて試合前にプレッシャーボールに戻しても、感覚の修正にはかなりの時間がかかります。安価なものを選べば、コストもそこまで気になりません。

硬式テニスボールのおすすめ5選【プレッシャーボール】 人気のウィルソンやダンロップなど!

ここからは、テニスマイスター・杉浦直樹さんと編集部で選ぶ、おすすめの硬式テニスボールをタイプ別にご紹介! 試合や練習など使用シーンや、個人のレベルに合ったテニスボールを選びましょう。

エキスパートのおすすめ

Prince(プリンス)『TENNIS BALLS(princeball)』 テニスマイスターのおすすめ商品!

耐久性の高さが魅力

なかのガスが抜けやすいプレッシャーボールは、耐久性の低さが気になる人も多いです。こちらは、コア部分に抗弾性の高いラバーを使用し、ガス抜けしにくくしているのが特徴。

さらにフェルト素材も丈夫なものを採用し、従来モデルよりも耐摩耗性を高くしています。全体的に耐久性が高いので、長く使えるプレッシャーボールを探している人に向いています。

内容量 1缶4球入
タイプ プレッシャーボール
素材 天然ウール、ナイロン、コットン、天然ゴム

内容量 1缶4球入
タイプ プレッシャーボール
素材 天然ウール、ナイロン、コットン、天然ゴム

エキスパートのおすすめ

DUNLOP(ダンロップ)『FORT(フォート)(DFDYL2DOZ)』 テニスマイスターのおすすめ商品!

DUNLOP(ダンロップ)『FORT(フォート)(DFDYL2DOZ)』 DUNLOP(ダンロップ)『FORT(フォート)(DFDYL2DOZ)』
出典:Amazon この商品を見るview item

安定力の高いロングセラー商品

半世紀以上にわたって、国内のいろいろな公式試合で使用されているプレッシャーボールです。いつの時代でも安定した打ち心地と反発力をたもっているロングセラー商品。プレイヤーがいつでも同じ感覚でプレイできるサポートとなるでしょう。

1.8気圧の窒素ガスがコアに封入されているので、缶を開封していなくても少しずつガスが漏れています。購入後は早めに使用するようにしましょう。

内容量 1缶2球入
タイプ プレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、ゴム

内容量 1缶2球入
タイプ プレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、ゴム

Wilson(ウイルソン)『US OPEN EXTRA DUTY(WRT1000J)』

Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『USOPENEXTRADUTY(WRT1000J)』
出典:Amazon この商品を見るview item

高校生の実戦用にも

US OPEN大会で使用されているウィルソンのプレッシャーボールです。ハードコートでの使用を想定したプレミアムフェルトを採用しているのが特徴。

公式試合のための実戦を踏まえた練習や本番への仕上げ段階に使用するのに向いています。また、男女とも全国高体連インターハイと選抜大会の使用球でもあるので、高校生の全国大会用の実戦練習用としてもおすすめです。

内容量 1缶2球入
タイプ プレッシャーボール
素材 プレミアムフェルト

内容量 1缶2球入
タイプ プレッシャーボール
素材 プレミアムフェルト

エキスパートのおすすめ

Wilson(ウイルソン)『TOUR STANDARD(WRT103800)』 テニスマイスターのおすすめ商品!

Wilson(ウイルソン)『TOURSTANDARD(WRT103800)』 Wilson(ウイルソン)『TOURSTANDARD(WRT103800)』 Wilson(ウイルソン)『TOURSTANDARD(WRT103800)』
出典:Amazon この商品を見るview item

コートの状態が悪くても使用しやすい

撥水性に富んだウィルソンのプレッシャーボールです。土のコートも多い日本のテニスプレイシーンに合わせて開発された商品で、悪天候時の水はけの悪いコートでもボールが水を吸わず、重くなりません。

高性能のフェルトを採用、空気圧耐久性も高くなっています。マイルドな打ち心地のためいろいろな練習シーンに活用しやすくなっています。

内容量 1缶4球入
タイプ プレッシャーボール
素材 -

内容量 1缶4球入
タイプ プレッシャーボール
素材 -

DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』

DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』 DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』 DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』
出典:Amazon この商品を見るview item

ATP大会使用球で実戦練習にも

ATPツアーのために開発されたダンロップのプレッシャーボールです。ATPツアー大会のグランドスラムやファイナルズをふくめた大会で、もっとも多く採用されています。

国内外のATPツアーに採用される質の高さが魅力。ATPツアーの実戦を踏まえた本格的な練習に向いています。外側のフェルトは使うほど摩耗していくので、大切な試合のための練習球として使用するのがよいでしょう。

内容量 1缶4球
タイプ プレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、コットン、ゴム

内容量 1缶4球
タイプ プレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、コットン、ゴム

硬式テニスボールのおすすめ3選【ノンプレッシャーボール】 人気のヨネックスやダンロップなど!

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』

BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』
出典:Amazon この商品を見るview item

バスケット入りで使いやすい

ブリヂストンから発売されている、ノンプレッシャータイプの硬式テニスボールです。ガス抜けの不安がないため、プラスチック製バスケットにまとめて収納できます。

たくさんボールを使うスクールやレッスン、練習に向いています。初心者でとにかくたくさん練習したいときにも使えるでしょう。12球入のほか、30球入もあるので使用する量に応じて選べます。

内容量 1袋12球入(30球入あり)
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 ウール、合成繊維、天然ゴム、合成ゴム

内容量 1袋12球入(30球入あり)
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 ウール、合成繊維、天然ゴム、合成ゴム

DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』

DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』 DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』 DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』
出典:Amazon この商品を見るview item

重みを軽減して使いやすい

ガスを封入していない分、重くなりがちなノンプレッシャーボールの重さを軽減したモデルがこちら。重量がないため打ちやすく、テニス初心者にも使いやすくなっています。

耐久性が高いため、日ごろの練習にぴったり。30球をまとめて入れて持ち運びできる、ハンドルつきのバッグが付属しています。手にしやすい価格も魅力です。

内容量 1袋30球入
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、ポリエステル、ゴム

内容量 1袋30球入
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 ウール、ナイロン、ポリエステル、ゴム

Wilson(ウイルソン)『TRAINER BUCKET 72BALLS(WRT131200)』

Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』 Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』 Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』 Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』 Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』 Wilson(ウイルソン)『TRAINERBUCKET72BALLS(WRT131200)』
出典:Amazon この商品を見るview item

練習やレクリエーションでたくさん使える

ガスを封入していないので一定の反発性が維持できる、ウィルソンのノンプレッシャーボールです。プレッシャーボールよりも打ち返しのよさはないぶん、耐久性と安定した反発性があるので、練習にぴったり。

1バケツのなかに72球の大容量サイズ。部活やスクールなどで大量に使用するときや、レクリエーションで使いたいときにも向いています。

内容量 1バケツ72球入
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 -

内容量 1バケツ72球入
タイプ ノンプレッシャーボール
素材 -

硬式テニスボールのおすすめ2選【キッズ・ジュニアボール】 小さなお子さんの練習に最適!

Prince(プリンス)『STAGE 3 RED BALL(7G329)』

Prince(プリンス)『STAGE3REDBALL(7G329)』 Prince(プリンス)『STAGE3REDBALL(7G329)』 Prince(プリンス)『STAGE3REDBALL(7G329)』 Prince(プリンス)『STAGE3REDBALL(7G329)』
出典:Amazon この商品を見るview item

テニスラケットの大きさで選びやすい

プリンスからはテニスラケットの大きさによって選べるキッズ用の硬式テニスボールが発売されています。こちらはラケットサイズ21~23インチに対応した仕様です。

ステージごとに異なるツートンカラーを採用しています。ボールの回転がわかりやすいので子どものテニス上達につながります。また、カラーがはっきりとしているのでサイズの違うボールを誤って選んでしまうことも少ないです。

内容量 1袋12球入
タイプ キッズボール
素材 アクリル、ナイロン、 ラバー

内容量 1袋12球入
タイプ キッズボール
素材 アクリル、ナイロン、 ラバー

YONEX(ヨネックス)『子供用 (3歳~8歳) テニスボール マッスルパワーボール20 (1ダース12個入り) 』

YONEX(ヨネックス)『子供用(3歳~8歳)テニスボールマッスルパワーボール20(1ダース12個入り)』 YONEX(ヨネックス)『子供用(3歳~8歳)テニスボールマッスルパワーボール20(1ダース12個入り)』
出典:Amazon この商品を見るview item

テニスラケットの大きさで選びやすい

ITF公認のボールスピードで、3歳~8歳を対象としたキッズ用のボールです。テニススクールなどでも広く利用されています。ラケットサイズの目安は21~23インチで、ボールの直径も7.1~8.0cmと大人用より1cm近く大きい仕様。その反面36.0gと軽量であるため子どもの練習に最適な公式テニスボールです。

内容量 1袋12球入
タイプ キッズボール
素材 アクリル、ナイロン、 ラバー

内容量 1袋12球入
タイプ キッズボール
素材 アクリル、ナイロン、 ラバー

「硬式テニスボール」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Prince(プリンス)『TENNIS BALLS(princeball)』
DUNLOP(ダンロップ)『FORT(フォート)(DFDYL2DOZ)』
Wilson(ウイルソン)『US OPEN EXTRA DUTY(WRT1000J)』
Wilson(ウイルソン)『TOUR STANDARD(WRT103800)』
DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』
BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』
DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』
Wilson(ウイルソン)『TRAINER BUCKET 72BALLS(WRT131200)』
Prince(プリンス)『STAGE 3 RED BALL(7G329)』
YONEX(ヨネックス)『子供用 (3歳~8歳) テニスボール マッスルパワーボール20 (1ダース12個入り) 』
商品名 Prince(プリンス)『TENNIS BALLS(princeball)』 DUNLOP(ダンロップ)『FORT(フォート)(DFDYL2DOZ)』 Wilson(ウイルソン)『US OPEN EXTRA DUTY(WRT1000J)』 Wilson(ウイルソン)『TOUR STANDARD(WRT103800)』 DUNLOP(ダンロップ)『ATP(DATPYL4DOZ)』 BRIDGESTONE(ブリヂストン)『ノンプレッシャーテニスボール』 DUNLOP(ダンロップ)『SRIXON(スリクソン)LP』 Wilson(ウイルソン)『TRAINER BUCKET 72BALLS(WRT131200)』 Prince(プリンス)『STAGE 3 RED BALL(7G329)』 YONEX(ヨネックス)『子供用 (3歳~8歳) テニスボール マッスルパワーボール20 (1ダース12個入り) 』
商品情報
特徴 耐久性の高さが魅力 安定力の高いロングセラー商品 高校生の実戦用にも コートの状態が悪くても使用しやすい ATP大会使用球で実戦練習にも バスケット入りで使いやすい 重みを軽減して使いやすい 練習やレクリエーションでたくさん使える テニスラケットの大きさで選びやすい テニスラケットの大きさで選びやすい
内容量 1缶4球入 1缶2球入 1缶2球入 1缶4球入 1缶4球 1袋12球入(30球入あり) 1袋30球入 1バケツ72球入 1袋12球入 1袋12球入
タイプ プレッシャーボール プレッシャーボール プレッシャーボール プレッシャーボール プレッシャーボール ノンプレッシャーボール ノンプレッシャーボール ノンプレッシャーボール キッズボール キッズボール
素材 天然ウール、ナイロン、コットン、天然ゴム ウール、ナイロン、ゴム プレミアムフェルト - ウール、ナイロン、コットン、ゴム ウール、合成繊維、天然ゴム、合成ゴム ウール、ナイロン、ポリエステル、ゴム - アクリル、ナイロン、 ラバー アクリル、ナイロン、 ラバー
商品リンク

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2024年2月15日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 硬式テニスボールの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場での硬式テニスボールの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:硬式テニスボールランキング
楽天市場:テニスボールランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

硬式テニスボールは一定期間で買い替えるのが正解 内圧が低い中古ではなく新品を選ぼう

テニスボールとラケットの写真
Pixabayのロゴ
テニスボールとラケットの写真
Pixabayのロゴ

硬式テニスボールは消耗品です。だからこそ新品を使用しましょう。

大量に使うテニスボールはコスト面が気になります。けれども、できるだけ安く購入するために中古を選ぶのはやめておきましょう。

とくにプレッシャーボールは一度開封すると、少しずつなかのガスが抜けていきます。新品よりも中古は反発力も打球の打ちやすさもないため、プレッシャーボールのメリットをいかせません。

ノンプレッシャーボールの場合は、数回程度の使用なら新品とほぼ変わらないことがあります。ただし、ネットで中古を購入するときには状態が確認しづらいため、思ったよりも状態が悪い場合もあります。納得できる使用感を得るために、新品を選ぶのがよいでしょう。

硬式テニスラケットも一緒にそろえよう 【関連記事】

硬式テニスをプレイするときは、ボールだけでなく自分のプレイスタイルやレベルに合ったテニスラケット選びも重要です。

マイナビおすすめナビでは、硬式テニスラケットやガットのおすすめ商品も紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

テニスプレイヤーでは使用している人も多いテニスラケット用の振動止め。より快適にプレイできるので多くのプレイヤーが導入しています。この記事では、テニスラケット用振動止めの選び方とおすすめ商品をご紹介。

硬式テニスボール選びがテニスの上達や試合を決める まとめ

テニスマイスター・杉浦直樹さんと編集部で硬式テニスボールの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

硬式テニスボールは、プレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。使用するシーンや使用する人のレベルに応じたテニスボールを選びましょう。

はじめたばかりのときは大きめのボール、子どもならキッズボールを選ぶのも重要です。競技や趣味と目的に応じた硬式テニスボールを選べば、もっとテニスの上達につながります。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button