クッキングマットおすすめ10選【お菓子やパン作りに】オーブン対応商品も!

クッキングマットおすすめ10選【お菓子やパン作りに】オーブン対応商品も!

クッキーやパン、ピザをオーブンで焼くときにクッキングシートを使用している方も多いでしょう。しかし、使い捨てでコストが気になるところ。クッキングマットは、繰り返し使うことができ、耐熱性があるものは天板の上にそのまま乗せてオーブンに入れられる便利なものです。フードコーディネーターの加治佐由香里さんにお話をうかがい、クッキングマットの選び方とおすすめ10選を紹介します。


目次

フードコーディネーター
加治佐 由香里

日本フードコーディネーター協会理事。2000年よりフードコーディネーターとしての仕事をスタート。現在、1級フードコーディネーターとして、商品開発、レシピ開発、スタイリング・撮影、食イベントの企画運営、講演会講師、料理教室講師など、食に関する業務に広く携わり、「食の楽しさと大切さ」を伝えています。新しいもの、便利なものを取り入れながら、古き良きもの、伝統的な食文化も重んじるのが私のスタイル。ここでは、豊かなフードライフスタイルの実現に向けて提案を行っていきたいと考えています。 【資格等】 フードコーディネーター1級、香蘭女子短期大学非常勤講師、だしソムリエ協会認定講師、ジャパンテーブルアーチストアカデミー認定講師、博多阪急百貨店料理教室講師、食生活アドバイザー、食空間コーディネーター、ティーコーディネーター、卓育インストラクター、味わい教育インストラクター等 <a href="https://www.fcaj.or.jp/" target="_blank" rel="nofollow">日本フードコーディネーター協会HP</a>

クッキングマットの選び方のポイント

クッキングマットとは、クッキーなどのお菓子の生地、ピザやパン、うどんなどの麺類の生地をこねることができる作業台に敷くマットのことです。

作業台が汚れにくく、耐熱温度が高いものは天板の上にそのまま乗せてオーブンに入れられるので、お菓子作りを頻繁にする方にはとくに便利です。また、洗って繰り返し使用できるので経済的。作業台も汚れにくく、後片付けもらくですよ。

耐熱・耐冷温度を確認しよう

耐熱温度が高いものは、電子レンジに入れることもできます。クッキーやパン、ピザ作りをする場合は、耐熱温度が200℃以上あるものであれば、生地をこねて成形し、そのままオーブンで焼くことも可能です。

また、耐冷温度が-20℃や-40℃のものもあるので、冷凍庫でも使用を想定する人は耐冷温度の確認もしておきましょう。

サイズは作業台やオーブンにあわせて

サイズをきちんと確認せずに購入してしまうと、「作業台からはみ出る」「思っていたより小さい」「オーブンのサイズに合わない」などということも。使用する作業台の大きさにあったサイズのマットを購入しましょう

またオーブンを使用する場合、天板に乗せるのか、オーブン用皿やレンジ用ターンテーブル(機種により不可)に乗せるのかでサイズも異なってくるため注意しましょう。

くっつきやズレを防ぐ素材を選ぼう

クッキングマットの上でいろいろな生地をこねるため、くっつきにくく、ズレを極力防げる素材が使いやすいでしょう。

やわらかく、扱いやすいシリコン素材やシリコン加工のものは、粘りのある生地でもくっつきにくく、滑りにくいのでおすすめです。

生地や材料がくっつきにくいと、打ち粉も少なくすむので経済的。作業をマットのうえで完結できれば、周りも汚れにくいので後片付けもスムーズですよ。

ピザなどの生地づくりには目盛りつきが便利

ピザや麺類の生地作りには、目盛りがあるほうが円形に広げやすく便利です。生地の厚みのムラも軽減されるので、はじめて生地作りをする方もスムーズに作業が進められますよ。

目盛りは中央から円形がガイドされているタイプと、四辺に目盛りがあるタイプ、方眼タイプとさまざまで、組み合わさったタイプもあります。作るものによって、お好みの目盛りのマットを選んでみてください。

クッキングマットの選び方|重要ポイント フードコーディネーターからのアドバイス

フードコーディネーター

クッキングマットには、生地作り用とオーブン焼成用の2つの機能があります。「生地作り」の観点では、作業台に乗る範囲でなるべく面積が広く、生地離れがよく、ずれにくい厚手のシリコン製を選ぶといいでしょう。また、定規のような目盛りや円形が記されたものであれば、生地の分割や成形の目安となり便利です。

一方、「焼成用」としても使いたい場合は、耐熱温度を見てオーブン対応商品から天板に合うサイズを選びましょう。

クッキングマットおすすめ10選 オーブン対応商品もご紹介

ご紹介した選び方を参考に、おすすめのクッキングマットをピックアップしました。使うシチュエーションに合ったアイテムを見つけてみてくださいね。

フードコーディネーター

LIMNUO『クッキングマット』は生地作り用におすすめ。厚みがあり安定しやすく、生地がくっ付きにくいマット加工が施されています。40×60cmと広めで、円形ガイドと長さの目盛りが付いているので、作業効率がグンとアップします。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

LIMNUO『クッキングマット』

LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』 LIMNUO『クッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 40×60cm
耐熱温度 -40~220℃
素材 シリコン
目盛り あり

大きめサイズで作業しやすい

大判サイズなので、クッキングマットの外に粉が飛びちりにくく、掃除もらくらく。シリコン製で折りたたんで収納できるので、かさばらないのも便利です。円形ガイドでピザなどの丸い形もきれいな円状にできるので、焼き上がりもより一層おいしそうに見えますね。

クッキーやパン、パスタなどの麺類の生地をこねたり、クッキングシートの上でカットしたりできるので、いろいろ作りたいという方におすすめです。

フードコーディネーター

Adoric『シリコンマット』は用途が広くて便利! 大マットには円形ガイドと長さの目盛りがあり、小さい円が記された小マットはオーブンにも対応。スケッパーも付属され、生地こねから分割、成形、焼成まで機能性にすぐれています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Adoric『シリコンマット』

Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』 Adoric『シリコンマット』

出典:Amazon

サイズ クッキングマット:40×60cm、ベーキングマット:42×29.5cm
耐熱温度 クッキングマット:-20~230℃、ベーキングマット:-40~250℃
素材 シリコン
目盛り あり

クッキーやパンなどの成形に便利なベーキングマット

生地作り用のクッキングマットとベーキングマットのセットなので、こねて成形して焼く工程がスムーズ。クッキングマットが大きすぎる場合は、はさみでカットもできます。どちらも耐熱性があるのが便利ですね。

シリコン製なので、ズレにくく作業もしやすいです。ベーキングマットに小さい円形の型があり、子どもでもかんたんにクッキーなどを成形することができます。

フードコーディネーター

cotta『シルパン』は、クッキーやパイなどの焼成用におすすめ。メッシュ状に加工されたマットから余分な油分や水分が抜け、サックリとした生地に! 何度も繰り返して利用でき、エコなのもうれしいですね。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

cotta『シルパン』

cotta『シルパン』 cotta『シルパン』 cotta『シルパン』

出典:Amazon

サイズ 24×36cm
耐熱温度 -40~250℃
素材 シリコン、グラスファイバー
目盛り なし

サクサクに焼き上がるオーブンシート

グラスファイバーにシリコンがコーティングされたオーブンシート。生地をこねるシートではありませんが、焼き菓子をよく作る方にはおすすめです。家庭用オーブンの天板にもあいやすいサイズで、そのままオーブンに入れられます

余分な油分や水分が加工された網目から抜けて、クッキーなどはサクサクに焼きあがります。生地がシートから浮きにくいので、裏面の焼き上がりもなめらかです。

toppest『目盛り付き クッキングマット』

toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』 toppest『目盛り付きクッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 50×40cm
耐熱温度 -40〜220℃
素材 シリコン
目盛り あり

スケッパーつきで初心者の方におすすめ

生地をカットするスケッパーつきなので、はじめてパンを作る方や、生地を作る方におすすめ。円形ガイドがあるのでピザ作りに挑戦するのもいいですね。

生地作りといえばパンやピザ、お菓子を思い浮かべますが、餃子の皮もかんたんに作ることができますよ。自家製の皮で包んだ餃子はモチモチなので、家族で皮作りに挑戦するのもたのしそうですね。

SUPER KITCHEN『マカロン クッキングマット』

SUPERKITCHEN『マカロンクッキングマット』 SUPERKITCHEN『マカロンクッキングマット』 SUPERKITCHEN『マカロンクッキングマット』 SUPERKITCHEN『マカロンクッキングマット』 SUPERKITCHEN『マカロンクッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 42×29.5cm
耐熱温度 -40~251℃
素材 シリコン
目盛り なし

自宅でマカロンが焼ける!

作るのが難しいといわれるマカロンですが、マカロンシートがあればサイズが一定に保たれるので焼きムラの軽減にもつながり、失敗しにくくなるでしょう。

ガイドのサイズが異なるものがセットになっているので、マカロン以外にドーナッツやクッキーなども焼くことができます。もちろん耐熱温度も251℃まであるので、そのままオーブンに入れることができますよ。

SUPER KITCHEN『大きいサイズクッキングマット』

SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 SUPERKITCHEN『大きいサイズクッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 71×51cm
耐熱温度 -34~243℃
素材 シリコン、強化ガラス繊維
目盛り あり

厚手で大きめ! 頼れるクッキングマット

シリコンと強化ガラス繊維を組み合わせて作られたクッキングマット。比較的厚めで大きさもあり、重量感があるので、力を入れてこねる生地でもマットがずれにくいです。収納するときは丸めてスリムになります。

キッチンやテーブルに出しておいてもおしゃれなデザイン。子ども用のランチマットとしてもかわいいです。

HANBUN『クッキングマット』

HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 50×40cm
耐熱温度 -20~230℃(本体)
素材 本体:シリコン、ハンドル:ABS、金属部分:スチール(クロムメッキ)
目盛り あり

届いたらすぐに生地が製作できる

綿棒と生地をカットするスケッパーがついているので、道具を買いそろえなくてもすぐに生地を作ることができます。円形ガイドが小さめのサイズからついているので、トースターに収まるサイズのピザなども作れますね。

マットはシリコン素材で、くっつきにくく打ち粉も少量でいいので経済的。ズレにくいのも作業が快適なポイントです。

エコー金属『製菓用クッキングマット』

エコー金属『製菓用クッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 30×30cm
耐熱温度 -10~70℃
素材 ポリプリロピレン
目盛り あり

コスパよしでホールケーキも等分できるすぐれもの

初心者の方やあまり頻繁にクッキングマットを使わないという方にとって、本格的なクッキングマットは価格的にも挑戦しにくいこともありますよね。こちらはリーズナブルなのでこれまでクッキングマットを使用したことがない、試しに使ってみたかったという方にもおすすめです。

生地をこねる以外にもホールケーキの切り分けガイドもついているので、ケーキ作りを頻繁にする方にも便利ですね。

SUPER KITCHEN『かぼちゃクッキングマット』

SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 SUPERKITCHEN『かぼちゃクッキングマット』

出典:Amazon

サイズ 66×40cm
耐熱温度 -40~230℃
素材 シリコン、強化ガラス繊維
目盛り なし

使い方は自由自在! イラスト入りマット

かわいらしい柄がポイントで、子どものテーブルマットや、イベント時やBBQなどの食事のときのテーブルマットとしても使用できますよ。耐熱性もあり、鍋敷きとしても利用できます。フラットなので鍋がガタつく心配もありません。

表面は防水加工が施され、油汚れもつきにくいのでお手入れもかんたん。食洗器にも対応しており、清潔に使用できるのでいいですね。

Tm&Co.『シルパン』

Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』 Tm&Co.『シルパン』

出典:Amazon

サイズ 36×24cm
耐熱温度 -
素材 シリコン
目盛り -

お店で食べるようなサクサクパイが作れる

メッシュ部分が余分な油分と水分を逃がしてくれるオーブンシート。パイもベタっとしにくく、お店で食べるようなサクサク食感が作れます。

メッシュ部分のお手入れは、歯ブラシなどでやさしくこすってあげると、残った生地も取りやすいです。強くこすると劣化の原因にもなるので、頑固な汚れの場合は食器用洗剤を使用し、つけ置き洗いしましょう。

「クッキングマット」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
LIMNUO『クッキングマット』
Adoric『シリコンマット』
cotta『シルパン』
toppest『目盛り付き クッキングマット』
SUPER KITCHEN『マカロン クッキングマット』
SUPER KITCHEN『大きいサイズクッキングマット』
HANBUN『クッキングマット』
エコー金属『製菓用クッキングマット』
SUPER KITCHEN『かぼちゃクッキングマット』
Tm&Co.『シルパン』
商品名 LIMNUO『クッキングマット』 Adoric『シリコンマット』 cotta『シルパン』 toppest『目盛り付き クッキングマット』 SUPER KITCHEN『マカロン クッキングマット』 SUPER KITCHEN『大きいサイズクッキングマット』 HANBUN『クッキングマット』 エコー金属『製菓用クッキングマット』 SUPER KITCHEN『かぼちゃクッキングマット』 Tm&Co.『シルパン』
商品情報
特徴 大きめサイズで作業しやすい クッキーやパンなどの成形に便利なベーキングマット サクサクに焼き上がるオーブンシート スケッパーつきで初心者の方におすすめ 自宅でマカロンが焼ける! 厚手で大きめ! 頼れるクッキングマット 届いたらすぐに生地が製作できる コスパよしでホールケーキも等分できるすぐれもの 使い方は自由自在! イラスト入りマット お店で食べるようなサクサクパイが作れる
サイズ 40×60cm クッキングマット:40×60cm、ベーキングマット:42×29.5cm 24×36cm 50×40cm 42×29.5cm 71×51cm 50×40cm 30×30cm 66×40cm 36×24cm
耐熱温度 -40~220℃ クッキングマット:-20~230℃、ベーキングマット:-40~250℃ -40~250℃ -40〜220℃ -40~251℃ -34~243℃ -20~230℃(本体) -10~70℃ -40~230℃ -
素材 シリコン シリコン シリコン、グラスファイバー シリコン シリコン シリコン、強化ガラス繊維 本体:シリコン、ハンドル:ABS、金属部分:スチール(クロムメッキ) ポリプリロピレン シリコン、強化ガラス繊維 シリコン
目盛り あり あり なし あり なし あり あり あり なし -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年7月3日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする クッキングマットの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場でのクッキングマットの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:クッキングマットランキング
楽天市場:ベーキングシートランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

そのほかのキッチンツールもチェック 【関連記事】

管理栄養士の横川仁美さんと編集部が選ぶ、おすすめの料理用バットを紹介! 食材を置く、漬け込むなどの調理だけでなく、揚げ物の油切りや食材の保存など多用途に使える料理用バット。上手に使えば調理の時短にも! サイズや素材はさまざまなので、それぞれの特徴を押さえたうえで商品を選びましょう。記事後半では...

料理研究家のRyogoさんに聞いた、ピザがおいしく焼けるピザストーンのおすすめ商品を紹介します! ピザ釜がなくてもかんたんにおいしいピザを焼くことができる「ピザストーン」。丸型や角型、サイズやお手入れのしやすさなど、さまざまな商品が販売されています。オーブンや電子レンジなど、どの調理器具でピザ...

料理研究家の上田のりこさんと編集部で、ロティサリーグリルの選び方とおすすめ商品をご紹介します。海外や野外フェスなどで、鶏の丸焼きが回転しながら焼かれている「ロティサリーチキン」を見たことがある方もいると思います。自宅で調理する場合、ロティサリーグリルが必要で、誕生日やクリスマス、ホームパーティ...

ガジェット系ライターの堀井塚 高さんにオーブンレンジの選び方とおすすめの商品5選を教えていただきます。従来の電子レンジが備える温め機能に加え、スチーム(過熱水蒸気)、グリル、オーブンなどの機能を備えているのがオーブンレンジ。焼く、炒める、蒸す、煮る、揚げるなど、1台でさまざまな調理が可能です。...

お菓子やピザ作りなどにクッキングマットを活用しよう

この記事では、クッキングマットのおすすめ10商品をご紹介しました。

生地をこねるだけではなく、耐熱性があるものはオーブンにそのまま入れることができたり、鍋敷きとしても使用できたりと、便利なクッキングマット。ぜひ活用して、楽しく料理をしましょう!

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


鉄瓶のおすすめ10選【南部鉄器など】おしゃれなデザインを紹介

鉄瓶のおすすめ10選【南部鉄器など】おしゃれなデザインを紹介

鉄瓶でお湯を沸かすと鉄分が豊富でまろやかな味を味わえます。またデザインもおしゃれな南部鉄器など世界からも注目を集めている鉄瓶もあります。今回は鉄瓶を買おうか悩んでいる人にもわかりやすい選び方とおすすめ商品をご紹介します。さらに通販サイトランキングもあるので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


離乳食作りの便利グッズおすすめ17選【時短調理に】用意するもの、必需品は?

離乳食作りの便利グッズおすすめ17選【時短調理に】用意するもの、必需品は?

離乳食を作るために必要な道具には、おろし器、すりこぎ、はさみなどがあります。ひとつずつ使いやすいものを選ぶのもいいですし、なかには必要な道具がまとめてセットになった商品も。人気のリッチェルやピジョンなど、さまざまなメーカーから販売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでこの記事では、離乳食作りの便利グッズの選び方とおすすめ人気商品を紹介。さらに、通販サイトの人気ランキングや口コミもあるので、きっとあなたに使いやすい商品が見つかりますよ。


ドライフルーツメーカーおすすめ15選【レシピ付きも】魚や野菜、ジャーキーも作れる!

ドライフルーツメーカーおすすめ15選【レシピ付きも】魚や野菜、ジャーキーも作れる!

ドライフルーツはお店で購入するものだと思っていませんか? 果物の甘味がぎゅっとつまった食べごたえのあるドライフルーツは、ドライフルーツメーカーを使えば自宅でかんたんに作れます! この記事では、自作のドライフルーツを作るのに便利なドライフルーツメーカーの選び方とおすすめの製品を厳選! いろんなフルーツをたくさんのせられる大容量タイプや、収納に困らないコンパクトタイプなど、さまざまな製品を紹介します。記事後半には、Amazonや楽天市場など通販サイトの人気売れ筋ランキングや、ドライフルーツメーカーの使い方、気になる電気代についても掲載しています。ぜひ最後までチェックして、あなたのライフスタイルに合うものを見つけてくださいね。


家庭用わたあめメーカーおすすめ7選|選び方やうまく作るコツも解説

家庭用わたあめメーカーおすすめ7選|選び方やうまく作るコツも解説

カラフルでインスタ映えアイテムとして評判の「わたあめ」。家庭用わたあめメーカーがあれば、ご自宅でカンタンにわたあめを作ることができます。本記事では、家庭用わたあめメーカーの選び方、そして、子どもと一緒に作るのにぴったりのおすすめ商品をご紹介。また、記事後半には、わたあめを作るためのコツも解説していますので、ぜひ参考にしてください。


ル・クルーゼの鍋おすすめ12選|シリーズごとの特徴や選び方も解説

ル・クルーゼの鍋おすすめ12選|シリーズごとの特徴や選び方も解説

ひと目でル・クルーゼとわかるおしゃれなデザインと機能性が魅力ですよね。揚げ物・炒め物・炊飯もこれひとつでOKな万能鍋です。しかし、いざル・クルーゼの鍋を購入しようと思っても、様々な種類があり、どれを選んで良いか迷ってしまいますよね。本記事では、ル・クルーゼの鍋の特徴やシリーズごとの特徴、選び方、そして、おすすめ商品をご紹介!おしゃれで様々な調理に適したモデルも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


関連するブランド・メーカー


cotta(コッタ)

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。