PR(アフィリエイト) article type icon アンケート・調査

カナディアンウイスキーのおすすめ人気ランキング7選 | 芳醇な甘み! 高級品も

カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 [ ウイスキー カナダ 750ml ]
出典:Amazon
カナディアンウイスキー カナディアン クラブ 20年 [ ウイスキー カナダ 750ml ]
出典:Amazon

◆本記事はプロモーションが含まれています。
◆本記事は2020年06月05日に公開された記事です。

カナディアンウイスキーは、スコッチなどと並ぶ世界の5大ウイスキーとして親しまれています。クセがないソフトな口あたりが人気です。

この記事では、プロによるカナディアンウイスキー選びのポイント解説に加え、マイナビニュース・ウーマン会員が選んだ「カナディアンウイスキー人気ランキング&口コミ」を紹介していきます。銘柄の種類は豊富なので好みに合う商品を見つけましょう。

後半には、比較一覧表や通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミとあわせてチェックしてみてください。


この記事を担当するエキスパート

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター
杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)
コピーライター、歌舞伎役者、シトロエンのトップセールス、支配人兼ソムリエとしてフレンチレストラン経営、モノ系雑誌の編集ライターを経て現在好事家フリーライター。 編集時代は文房具やスーツケース、ガジェットなどに関するコンテンツを多数担当。 またブルゴーニュとシャンパーニュの「古酒」専門フレンチレストラン、オーセンティックなカウンターBarを経営していたため、ワインはもちろん、スピリッツ・リキュール・日本酒・焼酎にも造詣が深い。

マイナビおすすめナビ編集部

担当:食品・ドリンク、ペット
吉川 優美

[ 「食品・ドリンク」「ペット」カテゴリーを担当。犬とネットショッピングをこよなく愛する主婦編集者。主婦仲間から情報収集をし、家族が喜ぶおいしい食べ物や調味料を探すのが日課となっている。

カナディアンウイスキーの特徴とは?

 
元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター:杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

世界5大ウイスキーの中でも、スコッチやアメリカ(バーボン)よりもいまいちなじみの薄いカナダウイスキー。しかし飲み口がスムーズで飲みやすいため、実はウイスキー入門にぴったりです。

なめらかで口あたりのよさがカナダウイスキーの特徴ですが、銘柄によって香りや味わいが異なります。熟成に使う樽や水の質、倉庫での寝かせ方でも風味は変化するからです。まずは、いろいろな銘柄のウイスキーを飲み比べてみるのがおすすめです。

このクセの少なさ、そしてブレンドされているライ麦ウイスキーのピリッとした刺激が口中をさっぱりさせてくれるため、水割り、ソーダ割りにすると食中酒におすすめ。繊細な味わいの和食にもよく合います。

カナディアンウイスキーの条件

カナディアンウイスキーとは、カナダの法律で決められている条件をクリアしたウイスキーのこと。その条件は3つです。

【1】原料はとうもろこしやライ麦などの穀類のみ。
【2】麦芽の持つでん粉分解酵素によって糖化し、酵母を使って発酵させること。
【3】カナダ国内で蒸留し、180リットル以下の樽で3年以上熟成したもの。


この厳しい条件をクリアしたカナディアンウイスキーの特徴は、シングルオリジンではなく、ブレンデッドウイスキー(モルトウイスキー原酒とグレーンウイスキー原酒をブレンドしてつくったウイスキー)である点です。

カナディアンウイスキーの選び方

JSA認定ソムリエの数寄monoライター・杉浦直樹さんに取材をして、カナディアンウイスキーの選び方のポイントを教えていただきました。認証や原料をよくチェックすることが大切です。ぜひカナディアンウイスキー選びの参考にしてください。

「カナディアンウイスキー」の認証があるか

 

カナディアンウイスキーにはカナダの食品・医薬品法でラベル表示が義務づけられています。

「Canadian Whisky(カナディアンウイスキー)」、「Canadian Rye Whisky(カナダライ麦ウイスキー)」、「Rye Whisky(ライ麦ウイスキー)」のいずれかの表示が瓶のラベルに書かれているものが、カナディアンウイスキーと認められた製品です。購入するときには、ラベルをチェックしてこの表記があるかどうかを確認してください。

「ライ麦」が原料として使用されているか

大量の麦
Pixabayのロゴ
大量の麦
Pixabayのロゴ

ライ麦の香りがカナディアンウイスキーの特徴です。カナディアンウイスキーと認定されるためには、ライ麦などの穀類が使われているかどうかがポイントになります。

ライ麦の使用比率などは特に定められていませんが、少量でも使われていればラベルに記載がありますのでチェックしてみましょう。

ブレンドの種類や比率にも注目

 

カナディアンウイスキーはトウモロコシを主原料として蒸留したベースウイスキーに、ライ麦などを原料にしたフレーバリングウイスキーを配合して作っています。

蒸留所によって配合が異なり、辛さや香りが違ってきます。そのためブレンドの比率をチェックすることが重要です。ただしブレンド比率はメーカーの重要なレシピなので、企業秘密になっている場合もあります。

お気に入りのカナディアンウイスキーを見つけるには、ブレンド比率も大切だと覚えておきましょう。

アルコール度数もチェック

 

お酒には商品によって度数が決まっていますが、市販されているウイスキーの場合は40~46度が一般的です。この度数が原酒を飲みやすくする基準になっています。

40度前後のウイスキーを水や氷で割って飲むのが、カナディアンウイスキーの楽しみ方です。カナダから届くカナディアンウイスキーは英語表記ですが、ラベルに「ABV(Alcohol By Volume)」とある部分をチェックしてください。

なお、度数は%で表示されることもあります

熟成年数もチェック

 

容量180リットル以下の樽で、最低3年以上の熟成をカナダ国内でおこなったものがカナディアンウイスキーの条件です。はじめてカナディアンウイスキーを購入するときは、熟成年数も確認しましょう。

熟成年数が長いほど高級というイメージがありますが、必ずしも当てはまりません。味は個人の好みなので、お気に入りを見つけるまで熟成期間の異なるウイスキーを飲んでみることが必要です。

カナディアンウイスキーのおすすめ7選

日本に紹介されているカナディアンウイスキーは、まだそれほど多くありません。しかしカナディアンウイスキーは世界5大ウイスキーのひとつ。おいしさと魅力を初心者はもちろん、広くみなさんに知っていただけるよう、おすすめのカナディアンウイスキーをランキング形式でご紹介します。
※ランキングは、マイナビニュース・ウーマン会員307名へのアンケート結果をもとにしています

カナディアンクラブ『ウイスキー』 みんなの選んだランキング1位

カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『ウイスキー』
出典:Amazon この商品を見るview item

いろいろな飲み方ができる

カナダウイスキーを代表するブランド・カナディアンクラブのウイスキーです。カナダの長い冬のなかで6年以上の熟成期間で育てられた味わいは、クセがない飲みやすい仕上がりになっています。安い価格も魅力的です。

ライトでスムーズな味わいはウイスキー初心者にも適しており、カクテルベースとして楽しむこともでき、いろいろな味わい方をアレンジできます。お気に入りにふさわしい明るく透きとおるようなゴールドの色合いは、晩酌のお供にぴったりです。

【選んだ理由(アンケート回答)】
・手頃な価格で美味しいから(男性 42歳)
・ほのかに香る樽のメープルの香りが良いのでよく飲んでいる(男性 39歳)
・すっきりとした中にも味わい深くて余韻が楽しめて美味しい(男性 40歳)

原材料 モルト、グレーン
アルコール度数 40%
熟成期間 6年以上
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 モルト、グレーン
アルコール度数 40%
熟成期間 6年以上
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

エキスパートのおすすめ

カナディアンクラブ『カナディアンクラブ 20年』 みんなの選んだランキング2位(同率)

カナディアンクラブ『カナディアンクラブ20年』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブ20年』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブ20年』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブ20年』
出典:Amazon この商品を見るview item
元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター:杉浦 直樹(スギウラ ナオキ)

元歌舞伎役者・JSA認定ソムリエの数寄monoライター

ベースウイスキーとフレーバリーウイスキーをブレンドしてから樽詰めする「プレ・ブレンディング」という製法を用い、20年の熟成を重ねた琥珀色の液体は、ブランデーを思わせる芳醇な香りを放ちます。

濃い琥珀色のピュアな風味

オンタリオ州ウォーカーヴィルに本社と工場があるメーカーで作られたカナダウイスキー。商品名の「20年」にふさわしい熟成されたウイスキーのコクと、柔和な気品を感じさせてくれます。

色は濃い琥珀色で、ひと口含むとキャンディ・レーズン・スモモ・リンゴの花のような芳醇な香りが口のなかに広がります。ピュアな風味と余韻を楽しませてくれるカナダウイスキーです。

【選んだ理由(アンケート回答)】
・味わい深い奥行きに酔いしれるから(男性 41歳)
・自分の好みの味だから(男性 53歳)

原材料 -
アルコール度数 40%
熟成期間 20年
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 -
アルコール度数 40%
熟成期間 20年
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

Crown Royal(クラウンローヤル)『ウイスキー』 みんなの選んだランキング2位(同率)

イギリス国王への献上酒として誕生

1939年にイギリス国王としてはじめてカナダ訪問を果たしたジョージ6世への献上酒として生まれたのが、「クラウンローヤル」です。ボトルの形は国王の王冠からヒントを得ています。

600種ものブレンドを試作したうえで誕生したこのカナダウイスキーは、個性的でありながらクセがなく、コクと香りが絶妙のバランスを保っている格調高いウイスキーです。

世界各国でカナディアンウイスキーの代表的名酒として愛されています。

【選んだ理由(アンケート回答)】
・親しみやすい味わいだから(女性 28歳)

原材料 モルト、グレーン
アルコール度数 40%
熟成期間 10年
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 モルト、グレーン
アルコール度数 40%
熟成期間 10年
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

カナディアンミスト『ウイスキー』 みんなの選んだランキング2位(同率)

カナディアンミスト『ウイスキー』 カナディアンミスト『ウイスキー』 カナディアンミスト『ウイスキー』 カナディアンミスト『ウイスキー』
出典:Amazon この商品を見るview item

こだわりの蒸留と熟成から生まれた

カナダのオンタリオ州コリングウッドにあるカナディアンミスト蒸留所で作られたカナダウイスキーです。そのこだわりの蒸留の仕方が、ウイスキーの味にも表れています。

3回蒸留後にホワイトオーク樽で熟成されたこのウイスキーは、まろやかな口あたりとすっきりした味わいが楽しめる商品。水や炭酸で割ってもよし、カクテルでも楽しめるカナダウイスキーです。

原材料 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 -
アルコール度数 40%
熟成期間 -
内容量 750ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

カナディアンクラブ『カナディアンクラブ クラシック 12年』 みんなの選んだランキング5位

カナディアンクラブ『カナディアンクラブクラシック12年』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブクラシック12年』
出典:Amazon この商品を見るview item

熟成された芳醇な味わい

12年の熟成期間を経て誕生したカナダウイスキーで、色合いはブロンズゴールド。見るからに豊かな香りを感じさせるボトルです。

じゅうぶんに熟成されたウイスキーだけが持つ芳醇な風味と深い味わいがあり、ソフトでまるみのある口あたりが特徴です。リッチでまろやかなオークの香りと、ほのかなバニラの甘味を感じさせてくれるカナダウイスキーです。

原材料 グレーン(穀物原料)
アルコール度数 40%
熟成期間 12年
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 グレーン(穀物原料)
アルコール度数 40%
熟成期間 12年
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

カナディアンクラブ『ブラックラベル』 みんなの選んだランキング6位

カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』
出典:Amazon この商品を見るview item

水割りやソーダ割りにぴったり

カナディアンクラブは「C.C.」の愛称で親しまれているカナダウイスキーの定番といえる銘柄です。樽詰めする前にブレンドする「プレ・ブレンディング」という製造法を採用しています。

一般のブレンデッドウイスキーは熟成したもの同士をブレンドしますが、プレ・ブレンディングはブレンドしてから熟成させるのでまろやかな味わいに。

この「ブラックラベル」は日本人の味覚に合わせた風味で、水割りやソーダ割りにぴったり。オーク樽で8年以上熟成させたカナダウイスキーです。

原材料 グレーン、モルト
アルコール度数 40%
熟成期間 8年以上
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 グレーン、モルト
アルコール度数 40%
熟成期間 8年以上
内容量 700ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

カサ・マエストリ『レゼルヴァ・デ・MFM』 みんなの選んだランキング7位

アウトドアに持っていきたいボトル

ボトルが印象的なカナダウイスキーです。おしゃれなフラスクボトルを採用しており、飲み終わったあともほかの飲みものを入れて再利用できます。キャップがなくならないように留め具もついており、アウトドアに適したウイスキーです。

ライ麦が原材料として使われており、カナダウイスキーの本領ともいえるすっきりした味わいと香りが特徴。ジーンズのポケットに納まるスタイルは、キャンプやフィッシングのお供に向いています。

原材料 ライ麦など
アルコール度数 40%
熟成期間 -
内容量 200ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

原材料 ライ麦など
アルコール度数 40%
熟成期間 -
内容量 200ml
認証ラベル
全てを見る全てを見る

「カナディアンウイスキー」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
カナディアンクラブ『ウイスキー』
カナディアンクラブ『カナディアンクラブ 20年』
Crown Royal(クラウンローヤル)『ウイスキー』
カナディアンミスト『ウイスキー』
カナディアンクラブ『カナディアンクラブ クラシック 12年』
カナディアンクラブ『ブラックラベル』
カサ・マエストリ『レゼルヴァ・デ・MFM』
商品名 カナディアンクラブ『ウイスキー』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブ 20年』 Crown Royal(クラウンローヤル)『ウイスキー』 カナディアンミスト『ウイスキー』 カナディアンクラブ『カナディアンクラブ クラシック 12年』 カナディアンクラブ『ブラックラベル』 カサ・マエストリ『レゼルヴァ・デ・MFM』
商品情報
特徴 いろいろな飲み方ができる 濃い琥珀色のピュアな風味 イギリス国王への献上酒として誕生 こだわりの蒸留と熟成から生まれた 熟成された芳醇な味わい 水割りやソーダ割りにぴったり アウトドアに持っていきたいボトル
原材料 モルト、グレーン - モルト、グレーン - グレーン(穀物原料) グレーン、モルト ライ麦など
アルコール度数 40% 40% 40% 40% 40% 40% 40%
熟成期間 6年以上 20年 10年 - 12年 8年以上 -
内容量 700ml 750ml 750ml 750ml 700ml 700ml 200ml
認証ラベル
商品リンク

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2023年11月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする カナダウイスキーの売れ筋をチェック

楽天市場でのカナダウイスキーの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:カナダウイスキーランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

カナディアンウイスキーの好きな飲み方は? マイナビニュース・ウーマン会員に聞いた!

カナディアンウイスキーの銘柄がおおよそ把握できてきたところで、ここからは、飲み方を紹介していきましょう。まずは、マイナビニュース・ウーマン会員に実施したウイスキーに関するアンケートの結果から、みんなの好きな飲み方をご紹介します。

カナディアンウイスキーの好きな飲み方に関するアンケート結果グラフ
カナディアンウイスキーの好きな飲み方に関するアンケート結果グラフ

今回のアンケートでは、初心者・中級者・上級者にそれぞれ好きな飲み方を聞いてみました。アンケートの結果はご覧のとおり。初心者は、ウイスキー自体に慣れていないこともありますが、アルコールを調整しやすいハイボールや水割りに回答が多く集まりました。一方で、中上級者は、ロックとストレートと回答した方が多く、飲み慣れてくると、ウイスキーの個性を楽しむ飲み方が好まれるよになることがわかりました。

初心者の方なら、水割りやハイボールでウイスキーに慣れるところから始めてみて、後々はぜひロックやストレートでカナディアンウイスキーの良さを堪能してみてください。

カナディアンウイスキーのカクテルレシピ

いろいろアレンジができるのがカナダウイスキーですが、カクテルドリンクのベースにすると楽しみ方も広がります。アルコールが苦手な方でも、カクテルベースのカナダウイスキーならお気に召すことでしょう。

工夫次第でバリエーションを楽しめる、カナダウイスキーの飲み方を2つご紹介します。

グラスに入ったカナダウイスキー
Pixabayのロゴ
グラスに入ったカナダウイスキー
Pixabayのロゴ

さわやか「ジンジャーエール割り」

季節によってアレンジすれば、いろいろな味わいを楽しめるのがカナダウイスキーです。暑い夏にはすっきりとさわやかな風味がほしくなりますが、そのときぴったりなのが「ジンジャーエール割り」。

カナダウイスキーとジンジャーエールを1:4の割合で作りますが、レモンやライムなどをスライスして加えれば夏の暑さが心地よく感じるおいしさに変化。「ジンジャーエール割り」はまさに夏向きです。

見た目も華やかな「クランベリーミックス」

カクテルベースではいろいろなアレンジでカナダウイスキーを楽しめますが、「クランベリーミックス」は華やかさと甘すぎないすっきりした味わいが魅力です。

カナダウイスキーに4倍のクランベリージュースを加えれば「クランベリーミックス」のできあがり。鮮やかな色合いにミントの葉を加えれば、切れのよいすっきり感がさらに増します。

その他のウイスキーのおすすめ記事

◆アンケート情報
調査時期: 2023年4月27日〜2023年4月28日
調査対象: マイナビニュース・ウーマン会員
調査数: 合計307名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※マイナビニュース・ウーマン会員とは、Tポイントが貯まるアンケートやキャンペーンの参加、メールマガジンの購読などができる「マイナビニュース・マイナビウーマン」の会員サービスです。(https://news.mynavi.jp/lp/2018/present/present/register_campaign/)
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

PR(アフィリエイト)

◆Amazonや楽天を始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しており、当記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されます。◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆記事中のコンテンツは、エキスパートの選定した商品やコメントを除き、すべて編集部の責任において制作されており、広告出稿の有無に影響を受けることはありません。◆アンケートや外部サイトから提供を受けるコメントは、一部内容を編集して掲載しています。◆「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品スペックは、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。◆レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

企画/制作/編集:マイナビおすすめナビ編集部

page top button