おしゃれなメンズマウンテンブーツおすすめ19選|登山やタウンユースでも

[ザノースフェイス] トレッキングシューズ ヴェルヴェラ ライトパッカー III GORE-TEX TNFブラック×ホワイト 26.5 cm
出典:Amazon

登山やトレッキングに行く際に履くのはもちろん、タウンユースで取り入れる人も多いマウンテンブーツ。

もともと山道で使用する靴なので、ソールのグリップ性の高さ、素材に防水透湿素材GORE-TEX(ゴアテックス)を使うなど、耐久性や機能面も優れています。

本記事では、マウンテンブーツの選び方とおすすめ商品をご紹介します。後半には通販サイトの最新人気ランキングのリンクがありますので、売れ筋や口コミもチェックしてみてください。


目次

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者
平 格彦

メンズファッションがメインのライター/編集者/コラムニスト。 AllAbout「メンズファッション」ガイド。[着こなし工学]提唱者。 また、メンサ (JAPAN MENSA) 会員。野菜ソムリエの資格も保有。 出版社から独立後、計60近くのメディアに関わり、客観的、横断的、俯瞰的なファッション分析を得意とする。そんな視点を活かした[着こなし工学]を構築中。 最近の「マイナビおすすめナビ」の記事においては、商品選びのアドバイスなど、監修者として携わる。

マウンテンブーツとは

崖に向けて足を投げ出す人
Payless images logo

マウンテンブーツとは、登山をする際の履き心地を考えたシューズのこと。坂道や悪路などを歩いても、怪我をしないための保護性能に加え、天候不良のための防水性や耐久性にも優れています。

商品によってそれぞれ特化した機能があり、防水性だけでなく浸透耐性、滑りにくいグリップ力など種類も豊富です。また、ファッション性もあり、タウンユースとしても着用され、紳士服のスタイルやストリート系など、様々なコーディネートを楽しむことができます。

(★)ポイント:登山やトレッキングに使用するなら本格派を選ぶ

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

登山などで欠かせない具体的な機能は、ソールのグリップ性、アッパーなどの防水性や透湿性、全体的な耐久性や軽量性などです。山道などはデコボコや傾斜があるのは当たり前。ぬかるんでいる場所があったり天候が急変したりすることもあります。長時間の歩行では靴の内部が蒸れやすく、それが足先の体温を奪うこともあります。

疲労は軽減できるに越したことありません。ブーツの機能性でトラブルを回避しやすくなりますので、きちんと意識して確認しましょう。

マウンテンブーツおすすめ19選

Ex oa

DIEMME(ディエッメ)『ディエッメ ロッチャベット』

DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメロッチャベット』

出典:Amazon

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

足にフィットし安定感にすぐれた逸品

登山靴専用メーカーとしてイタリアで誕生した「ディエッメ」の定番モデルです。トラディショナルなマウンテンブーツのデザインではありますが、比較的スマートなフォルムがモダンな印象も感じさせます。

インソール、履き口、タンの裏がクッション性にすぐれているため、履いた際は全方位的にフィット感が高くて快適。高機能なビブラムソールを採用しているため、グリップ力や安定感にもすぐれています。

Ex oa

KEEN(キーン)『ターギー スリー ミッド ウォータープルーフ』

KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』 KEEN(キーン)『ターギースリーミッドウォータープルーフ』

出典:Amazon

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

フィット感と防水性を備えたスキのない機能美

アウトドア系のスポーツサンダル「ユニーク」で人気のキーンですが、実はアウトドア向きのシューズを幅広くラインナップ。ブーツの定番はターギーシリーズで、その最新モデル(2019年2月10日時点)がこれです。

前作よりもいっそうタイトなフィッティングになっているアッパーに加え、足裏の形状に沿った立体成型のフットベッドは健在で圧巻のフィット感を実現。独自に開発した靴専用の防水透湿素材を起用するなど、細部までスキのない機能性を搭載しています。

Ex oa

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラ ライトパッカーIII GORE-TEX』

THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』 THENORTHFACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラライトパッカーIIIGORE-TEX』

出典:Amazon

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

軽量×安定 オールマイティに利用可能

人気のアウトドアブランド、「ザ・ノース・フェイス」もブーツを何種類かラインナップしていますが、このモデルはオールマイティに使えるのでおすすめ。残雪期から夏まで対応してくれるでしょう。

ゴアテックスを起用した防水仕様がベースですが、バリスティックメッシュ×スエードのアッパーで軽量化にも成功しています。安定感にすぐれているミッドソールや滑りにくいビブラムソールなど、どこをとっても高機能で頼れるブーツです。

Ex oa

adidas(アディダス)『テレックス パスメーカー CW』

adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』 adidas(アディダス)『テレックスパスメーカーCW』

出典:Amazon

Thumb lg 5087d321 e817 49a1 b188 cf78f43b373e

ライター/編集者、[着こなし工学]提唱者

ハイレベルな機能性! 注目の一足

最近、個人的に注目しているのが「アディダス」のアウトドアライン「テレックス」。持ち前のテクノロジーを投入しているのが大きな魅力で、このブーツにも反発力を生む「Boost(ブースト)」を採用。さらに「Climawarm(クライマウォーム)」が温かさと通気性の両立を実現し、「PRIMALOFT(プリマロフト)」の中綿で保温性と軽量性も両立させています。

サポート力、安定力、グリップ力もハイレベル。ルックスもモダンなので、どれを購入しようか迷う方にはおすすめのマウンテンブーツです。

SOREL(ソレル)『カリブー NM1000』

SOREL(ソレル)『カリブーNM1000』

出典:Amazon

極寒の地で誕生した防寒マウンテンブーツ

「SOREL」はカナダで誕生したウインタースポーツブランドです。十分な厚さをほこるソール部分とヒール部分は、地表からの冷気を伝わりにくくするだけではなく、登山の際に受ける足への衝撃を緩衝してくれる役割を果たしています。

本革をメイン素材として採用し、見るからに本格的なマウンテンブーツです。防寒性はもちろん高級感のあるマウンテンブーツがほしいという方にはぴったりな一足といえるでしょう。

SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダー エックス ミッド GTX』

SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダーエックスミッドGTX』

出典:Amazon

岩場を中心とした環境にも対応するマウンテンブーツ

岩場の多い山道を登る際に最適なマウンテンブーツです。秘密はソール部分に隠されている「インパクトブレーキシステム」とよばれる独自の技術。地面に接地した際の衝撃を和らげ、同時にグリップ性能も向上。

ソール部分は斜めにカットされているため、足場の不安定な岩場であっても滑りにくい構造となっています。登山中級者から上級者向けのマウンテンブーツといえるでしょう。

Danner(ダナー)『MOUNTAIN LIGHT(マウンテンライト)』

Danner(ダナー)『MOUNTAINLIGHT(マウンテンライト)』 Danner(ダナー)『MOUNTAINLIGHT(マウンテンライト)』 Danner(ダナー)『MOUNTAINLIGHT(マウンテンライト)』

出典:楽天市場

縫い目にまで配慮された防水性にすぐれた一足

マウンテンライトは、アメリカの老舗ブランド「ダナー」を代表するシリーズ。クラシックな面持ちながらもいまだに古さを感じさせず、ファッションアイテムとしても魅力的です。

縫い目に工夫がなされており、アッパーから浸水することを防いでくれる撥水レザー。急な雨が降っても足元を守れるでしょう。グリップ性にもすぐれており、山などの荒れた道でも安定的な歩行を実現します。

BUTTERO (ブッテロ)『マウンテンブーツ ZENO B8030』

BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』 BUTTERO(ブッテロ)『マウンテンブーツZENOB8030』

出典:Amazon

高級感のある牛革と無骨なアウトソールを兼備

イタリアで創業された「ブッテロ」による高級感のある牛革を使用したアイテム。シボ感がありますが、質感はソフトで耐久性にすぐれています。マウンテンブーツにもかかわらずアウトドア色を薄め、洗練された雰囲気を演出。タウンユースにも違和感なくスタイリングできるのではないでしょうか。

イタリアのソール専門メーカー、ビブラム社によるクレッターリフトソールを採用。すぐれたグリップ力を誇るとともに、無骨な雰囲気を備えます。

Columbia(コロンビア)『セイバー3 ミッドオムニテック』

Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』 Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』 Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』 Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』 Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』 Columbia(コロンビア)『セイバー3ミッドオムニテック』

出典:Amazon

有名アウトドアブランドながらお手頃価格!

アウトドアブランドとして有名な「コロンビア」が販売しているマウンテンブーツです。スニーカーのようなスリムな形状が特徴的で、マウンテンブーツ特有のゴツゴツした大柄なイメージとは一線を画したデザインです。

アウトドアブランドだけあって高い防水性。なおかつ通気性もしっかりと確保しているため、夏の暑い季節のアウトドアにも適しています。ヒール部分には衝撃を和らげるクッション材も入っており、長時間歩いていても疲れにくい設計となっています。

HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWP HT BTU14』

HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWPHTBTU14』

出典:Amazon

高い防水性をほこる合成皮革マウンテンブーツ

合成皮革でありながらも約4時間の防水性をほこるマウンテンブーツです。ソール部分も2.5cmでじゅうぶんな厚さがあり、機能性にすぐれています。

さらに驚くべきポイントは、その軽さにあります。片足で360gとスニーカーなみの軽さをほこり、マウンテンブーツとしては驚きの軽さといっていいでしょう。

価格も安価で、動きやすい設計の一足で、アウトドア初心者向けのマウンテンブーツです。

SALOMON(サロモン)『X ULTRA 3 MID GTX』

SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』 SALOMON(サロモン)『XULTRA3MIDGTX』

出典:Amazon

タウンユースから本格的なアウトドアまで

スキーやスノボのブランドとして有名な「サロモン」が開発したマウンテンブーツです。アッパー部分には合成皮革を使用し、内側にはゴアテックスを採用。圧倒的な軽量化とともに防寒性と耐久性も高めることに成功しました。

冬季のアウトドアや本格的な登山はもちろんですが、ちょっとしたウォーキングなどにも活躍してくれる一足といえるでしょう。タウンユースとしてもほとんど違和感がなく利用できます。

MERRELL(メレル)『モアブ 2 ミッド ゴアテックス』

MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』 MERRELL(メレル)『モアブ2ミッドゴアテックス』

出典:Amazon

クッション性に特化したマウンテンブーツ

登山で負担がかかりやすいのは上りよりも下りといわれています。そんなときに選びたいのがこちらのマウンテンブーツ。ヒール部分にほどこされたクッション素材によって、足や膝にかかる衝撃を吸収。長時間歩いていても負担を感じにくい設計となっています。

このクッションの秘密は独特の形状にあります。ヒール部分のクッションはカップのような形状をしており、足が地面に接地した際にかかと全体をクッションが包み込んでくれます。
登山初心者はもちろん、足を痛めている方のウォーキングにも適したマウンテンブーツです。

MAMMUT(マムート)『ティー エナジー ハイ GTX』

MAMMUT(マムート)『ティーエナジーハイGTX』 MAMMUT(マムート)『ティーエナジーハイGTX』 MAMMUT(マムート)『ティーエナジーハイGTX』 MAMMUT(マムート)『ティーエナジーハイGTX』

出典:Amazon

過酷な雪道にも耐えられるオールラウンダー

厚みのある3cmソールが特徴的なこちらの商品。実はこの分厚いソールには足にかかった体重を分散してくれる仕組みがあり、長時間立っていても疲労を感じにくい設計となっています。

また、ブーツの形状そのものが幅広タイプとなっているので、長時間履き続けても足を締め付けにくいです。ウォータープルーフ機能も搭載していて、雪や雨が降っても水がブーツ内に侵入するのを防いでくれます。

SCARPA(スカルパ)『クリスタロ GTX』

SCARPA(スカルパ)『クリスタロGTX』 SCARPA(スカルパ)『クリスタロGTX』 SCARPA(スカルパ)『クリスタロGTX』 SCARPA(スカルパ)『クリスタロGTX』 SCARPA(スカルパ)『クリスタロGTX』

出典:Amazon

ソールのクッションが快適な履き心地を実現

表面には合成皮革、内側にはゴアテックスを採用し快適性を高めています。鮮やかなオレンジ色がアクセントとなり、華やかな印象のマウンテンブーツです。また、ソール部分には独自の技術で開発されたクッションが搭載されており、長時間歩いていても疲れにくい素材が使用されています。

重量は片足800gと少し重めですが、衝撃吸収性の高いソールの効果で履き心地の良さを実感できるでしょう。

CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』

CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』

出典:Amazon

ゴアテックスで防寒性能が高いマウンテンブーツ

靴の表面であるアッパーには合成皮革を、内側のライニング部分にはゴアテックス素材を採用したマウンテンブーツです。

マウンテンブーツとしての役割をしっかりはたせるように、足首まわりはクッション性とホールド性を兼ね備えた設計となっています。一方で、登山初心者にとっても履きやすいように窮屈すぎない配慮もされています。スニーカーにも近い履き心地を実現しており、タウンユースの靴としても使える一足です。

SIRIO(シリオ)『P.F.46-3』

SIRIO(シリオ)『P.F.46-3』 SIRIO(シリオ)『P.F.46-3』 SIRIO(シリオ)『P.F.46-3』

出典:楽天市場

TPUリブゲージで安定した歩行感を実現

日本人の足幅にフィットするよう研究されたシリオのマウンテンブーツは、アッパーにTPUリブゲージを搭載。柔軟性があり安定感のある歩行を実現するでしょう。さらにマッドガードによりブーツへの砂の侵入も防いでくれるため、砂利道でのストレスを軽減できます。

機能素材のゴアテックスを採用することで、すぐれた防水性を発揮するとともに透湿性も確保。独特のトレッドパターン(靴底の溝)を備えたビブラムソールで、地面をしっかりとグリップします。

GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズ GK84 』

GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズGK84』

出典:Amazon

登山からキャンプまで活躍するシックなデザイン

履き口の内側の本革が洗練された印象。やわらかいレザーなので足首を守るクッションとしても役立ち、履くほどに足に馴染んでくる逸品です。

ダークブラウンとブラックをベースにしたシックな色使いで、コーディネートを選ばないのも魅力。本格的なトレッキングはもちろん、ちょっとしたキャンプやバーベキューなどあらゆる場面で愛用したくなる一足です。

Mont-bell(モンベル)『アルパインクルーザー 2500 Men's』

Mont-bell(モンベル)『アルパインクルーザー2500Men's』

出典:Amazon

雪にも対応可能なすぐれた耐水性が魅力

本格的な登山靴をお探しの方にはモンベルのブーツがぴったりです。独自に開発した高機能ソールにより、しっかりとしたねばりと耐久性を実現。これにより、高度なグリップ力を備え、積雪期にも安全な歩行が可能です。

アウトドアや登山などのアクティビティではできるだけ快適に歩きたいもの。防水性の高いゴアテックスアッパーと高機能ソールで雨や水たまりをシャットアウトし、汗も発散する透湿性も兼備しています。快適な歩行が期待できるマウンテンブーツです。

Timberland(ティンバーランド)『6インチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ(10061)』

[ティンバーランド]6インチプレミアムウォータープルーフブーツ10061イエロー26.0cm

出典:Amazon

Timberlandの定番モデル

日本でも90年代のストリートファッションの定番ブーツとして若者たちに愛用されてきたTimberland。なかでも、街中で最も多く見られたのがこのモデル。通称「イエローブーツ」「6インチブーツ」と呼ばれる型です。

最近ではストリートファッションのイメージが強いティンバーですが、アウトドアでもその実力を発揮します。 ソールには、「タンクパターン」という荒地でのグリップを最大限に引き出す加工と細部にわたる防水加工が施されています。ファッション性だけでなく、高い耐久性と防水性も特長です。

「メンズマウンテンブーツ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DIEMME(ディエッメ)『ディエッメ ロッチャベット』
KEEN(キーン)『ターギー スリー ミッド ウォータープルーフ』
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラ ライトパッカーIII GORE-TEX』
adidas(アディダス)『テレックス パスメーカー CW』
SOREL(ソレル)『カリブー NM1000』
SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダー エックス ミッド GTX』
Danner(ダナー)『MOUNTAIN LIGHT(マウンテンライト)』
BUTTERO (ブッテロ)『マウンテンブーツ ZENO B8030』
Columbia(コロンビア)『セイバー3 ミッドオムニテック』
HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWP HT BTU14』
SALOMON(サロモン)『X ULTRA 3 MID GTX』
MERRELL(メレル)『モアブ 2 ミッド ゴアテックス』
MAMMUT(マムート)『ティー エナジー ハイ GTX』
SCARPA(スカルパ)『クリスタロ GTX』
CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』
SIRIO(シリオ) 『 P.F.46-3』
GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズ GK84 』
Mont-bell(モンベル)『アルパインクルーザー 2500 Men's』
Timberland(ティンバーランド)『6インチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ(10061)』
商品名 DIEMME(ディエッメ)『ディエッメ ロッチャベット』 KEEN(キーン)『ターギー スリー ミッド ウォータープルーフ』 THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)『ヴェルベラ ライトパッカーIII GORE-TEX』 adidas(アディダス)『テレックス パスメーカー CW』 SOREL(ソレル)『カリブー NM1000』 SPORTIVA(スポルティバ)『ボルダー エックス ミッド GTX』 Danner(ダナー)『MOUNTAIN LIGHT(マウンテンライト)』 BUTTERO (ブッテロ)『マウンテンブーツ ZENO B8030』 Columbia(コロンビア)『セイバー3 ミッドオムニテック』 HI-TEC(ハイテック)『ロックネススノーWP HT BTU14』 SALOMON(サロモン)『X ULTRA 3 MID GTX』 MERRELL(メレル)『モアブ 2 ミッド ゴアテックス』 MAMMUT(マムート)『ティー エナジー ハイ GTX』 SCARPA(スカルパ)『クリスタロ GTX』 CARAVAN(キャラバン)『トレッキングシューズ』 SIRIO(シリオ) 『 P.F.46-3』 GRANDKING(グランドキング)『トレッキングシューズ GK84 』 Mont-bell(モンベル)『アルパインクルーザー 2500 Men's』 Timberland(ティンバーランド)『6インチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ(10061)』
商品情報
特徴 足にフィットし安定感にすぐれた逸品 フィット感と防水性を備えたスキのない機能美 軽量×安定 オールマイティに利用可能 ハイレベルな機能性! 注目の一足 極寒の地で誕生した防寒マウンテンブーツ 岩場を中心とした環境にも対応するマウンテンブーツ 縫い目にまで配慮された防水性にすぐれた一足 高級感のある牛革と無骨なアウトソールを兼備 有名アウトドアブランドながらお手頃価格! 高い防水性をほこる合成皮革マウンテンブーツ タウンユースから本格的なアウトドアまで クッション性に特化したマウンテンブーツ 過酷な雪道にも耐えられるオールラウンダー ソールのクッションが快適な履き心地を実現 ゴアテックスで防寒性能が高いマウンテンブーツ TPUリブゲージで安定した歩行感を実現 登山からキャンプまで活躍するシックなデザイン 雪にも対応可能なすぐれた耐水性が魅力 Timberlandの定番モデル
ブラック、モガーノ キャンティーン×ブラックオリーブ、キャンティーン×マルチ、グレー×キャプテンブルー、 TNFブラック×ホワイト、ココアブラウン×プランテーショングリーン ブラック×ホワイト×シルバー バフ、ブラック、ブルーノ、オートミール ブルー×イエロー ブラウン、ブラック ブラック カーボンステート、ブラック、メイプルシュガー ブルー、ブラック カスターグレー、ベルガ、ブラック ほか全7種 アース、キャッスルロック、ベルーガ ブラックスプラウト、グラファイトアトランティック、グラファイトレイブ オレンジ グレー、レッド、ブラウン、ネイビー、ブラック×シルバー チタン ブラウン ブラウン グレーヌバック/ピンク、ダークベージュ、ウィートヌバック、ペストー、ダークオレンジ など
メイン素材 レザー 防水レザー、メッシュ ゴアテックス、EVA シンセティック、EVA、ラバー 天然皮革 スエードレザー、ビブラム フルグレイン防水レザー レザー ウォータープルーフシンセティックレザー、ポリエステルメッシュ 合成皮革、合成繊維 合成皮革、ゴアテックス 合成皮革 合成繊維 合成皮革、ゴアテックス ゴアテックス、合成皮革 撥水加工済ナブックレザー、撥水加工済みナイロン、TPUリブケージ 2.0mmフルグレイン・プルアップレザー ヌバックレザー、ゴアテックス 天然皮革、ヌバックレザー
ヒールの高さ 約3cm - - - 約3cm - 2.5cm 5.5cm - 約3.5cm 約1.9cm 約3.5cm 約4.0cm - 約4.5cm - - - 1cm
生産国 イタリア タイ ベトナム 中国 - - アメリカ イタリア - インドネシア ベトナム ベトナム - - - ベトナム - - 中国
重量 - - 約650g(27cm片足) 約390g(27cm片足) 約1080g(26cm片足) 約500g(片足) 730g (26cm片足) - 約467.5g 約360g(22.5cm片足) 約450g 約422g 約601g(27cm片足) 約800g(26.7cm片足) 約590g(26cm片足) 約600g(26cm片足) 約720g(26cm片足) 731g(25.5cm片足) -
サイズ 25.5~27.5cm(40~43) 25.0~30.0cm 24.0~28.5cm(6~10.5) 30.0~31.0cm 25.0~32.0cm(7~14) 24.9~27.9cm(39~44) 24.0~29.0cm 25.0~29.0cm 25.0~29.0cm 22.5~29.0cm 25.0~28.0cm    25.0~30.0cm 25.0~31.5cm 25.5~29.1cm(40~46) 22.5~30.0cm 22.5~29.0cm 22.5~30.0cm 24.0~30.0cm 24.0~31.0cm
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月29日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月26日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年11月19日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする メンズマウンテンブーツの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのメンズマウンテンブーツの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:メンズトレッキングブーツランキング
Yahoo!ショッピング:アウトドア 登山靴、トレッキングシューズランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

メンズマウンテンブーツの選び方

それでは、メンズマウンテンブーツの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の4つ。

【1】サイズの選び方
【2】素材
【3】レザー製の重厚なマウンテンブーツ以外も選択肢に
【4】タウンユースも意識してシンプルなカラーリングを基本に


上記の4つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】サイズの選び方

4足のマウンテンブーツ
Payless images logo

マウンテンブーツでもっとも重要なのがサイズ選びです。マウンテンブーツは登山用の靴下と組み合わせて履くのが一般的。登山用靴下は通常のものに比べてクッション性や保温性を高めるため厚手のものが多くなっています。

そのため、マウンテンブーツを選ぶ際には通常の靴のサイズよりも0.5〜1cm程度大きめのサイズのものを選ぶようにしましょう。登山用靴下は靴ずれの防止にも役立つため、余裕をもったサイズのマウンテンブーツを選ぶことが重要です。

【2】素材をチェック


革製はファッション性にすぐれているだけでなく、外部からの衝撃に強く耐久性にもすぐれているので、登山用にも適しています。その反面、重量があるのが難点です。その点を考慮して選んでみてください。

▼本革

本革のマウンテンブーツ
Payless images logo

本革の魅力はなんといっても耐久性の高さにあります。手入れさえしっかりしていれば合成皮革とは比べものにならないほど長持ちし、年数が経つほどに革独特の味わいを感じることもできます。

また、本革独特のしなやかさはマウンテンブーツの履き心地にも直結するものです。素材自体の高級感もあり、普段使いのブーツとしても違和感なく溶け込みます。ほかの素材に比べて価格は高めですが、予算がゆるす場合は検討してみましょう。

▼シンセティックレザー

シンセティックレザーとは人工皮革ともよばれるものです。その名のとおり人工物のレザーで、合成皮革よりも本革に近付けたような色合いや艶感が特徴的です。シンセティックレザーは本革と合成皮革の中間に位置しているようなもので、耐久性も合成皮革より高い傾向にあります。

▼ゴアテックス

防寒用品に多く利用されているゴアテックスという素材。一度は耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。ゴアテックスの最大の特徴は防水性にすぐれている点でしょう。また、防寒性にすぐれているにもかかわらず、中にこもった水蒸気を外に逃がす性質も持ち合わせています。

有名メーカーが多くのゴアテックス製マウンテンブーツを販売しています。チェックしてみてはいかがでしょうか。

【3】レザー製の重厚なマウンテンブーツ以外も選択肢に

ブーツの定義はいわゆる「長靴」。山で履くように考慮された長靴はすべて、マウンテンブーツといえます。

伝統的なマウンテンブーツは、レザー素材や丸みのあるフォルムが特徴的ですが、最近はナイロン素材やニット生地などを用いたスマートなタイプも登場しています。

軽量性やストレッチ性にすぐれた歩きやすいブーツを活用することで、登山やトレッキングがいっそう楽しくなりますのでおすすめです。

(★)ポイント:ソールは柔らかく「屈曲性」のあるものを


ソールは柔らかく「屈曲性」(足裏の曲がり方)のあるものを選ぶようにしましょう。ソールが硬いものだと、長時間の登山で足に負担がかかってしまいます。

【4】タウンユースも意識してシンプルなカラーリングを基本に


高機能なマウンテンブーツは派手な配色のタイプもありますが、せっかく購入するのであれば街でも履けるシックなカラーリングのタイプを選んでおきましょう。わかりやすいのはモノトーンでクールにまとめたタイプや、ワントーンでシンプルに仕上げたタイプです。

ヴィヴィッドなカラーをコーディネートのスパイスとして活用するテクニックもありますが、それはあくまで上級者向き。迷うくらいならシンプルで落ち着きのあるカラーを選ぶとよいでしょう。

悪天候用のブーツとしても最適!


本格派の機能性を備えつつ、タウンユースにも適したカラーのマウンテンブーツを選んでおくと、幅広いシーンで活用できて便利です。登山やトレッキング、ハイキングなどに用途を限定してしまうと使う機会が少なくなってしまいますが、日常でも使うようにすると使用頻度が高まり、費用対効果を高くすることができます。

防水性の高いブーツなら、雨や雪といった悪天候のときにも重宝しますので、そのために高機能なマウンテンブーツをそろえておくのもおすすめです。

登山で役立つその他のシューズに関する記事も要チェック!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


トレッキングシューズおすすめ19選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

トレッキングシューズおすすめ19選|ハイカット・ローカット、軽量・防水モデルも

登山やアウトドアキャンプで使うトレッキングシューズ。足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。本記事では、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんと編集部が厳選したおすすめのトレッキングシューズと選び方のポイントを紹介します。記事の後半には、通販サイトの最新人気ランキングもありますので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag レディースファッション , メンズファッション , アウトドア・キャンプ

メンズムートンブーツのおすすめ14選【アグなど人気ブランドも】

メンズムートンブーツのおすすめ14選【アグなど人気ブランドも】

冬の定番アイテムである、ムートンブーツ。もこもことしたウールが足を包み込んで、冬でも暖かさをキープしてくれます。レディースだけでなく、メンズのムートンブーツも種類豊富に展開されていますよ。この記事では、ファッションライターの平 格彦さんにお話をうかがい、メンズムートンブーツの選び方とおすすめ商品をご紹介します。記事後半には、通販サイトの最新人気ランキングのリンクがあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag メンズファッション , メンズ靴 , メンズブーツ

レッドウィングのメンズブーツおすすめ6選|特徴や押さえておきたいポイントも解説

レッドウィングのメンズブーツおすすめ6選|特徴や押さえておきたいポイントも解説

20世紀初頭に米ミネソタ州で創業した「レッドウィング」。しっかりしたつくりと、経年変化で生まれる独特の味わいを楽しむ男性も多いのではないでしょうか。本記事では「ラインマン」、「アイリッシュセッター」、「ベックマン」などのモデルの中から厳選した商品をご紹介。選び方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag メンズファッション , メンズ靴 , メンズブーツ

メンズ用レインブーツおすすめ15選【ビジネスにも】雨の日をおしゃれに!

メンズ用レインブーツおすすめ15選【ビジネスにも】雨の日をおしゃれに!

雨の日に欠かせないレインブーツ。ハンターやエーグルなどのレインブーツが有名なブランドや、ワークマンなどのアウトドアブランドでも多く展開しています。本記事では、ファッションライターの平 格彦さんへの取材をもとに、メンズ用レインブーツの選び方とおすすめ商品をご紹介。スニーカーのようなレインシューズもあわせてご紹介します。Amazonなど通販サイトの最新人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag メンズファッション , メンズ靴 , 梅雨対策

【2021年】ノースフェイスブーツおすすめ18選【おしゃれで機能的】ユニセックス・レディース・キッズ

【2021年】ノースフェイスブーツおすすめ18選【おしゃれで機能的】ユニセックス・レディース・キッズ

アウトドアだけでなく、コーディネートのアクセントとして活躍してくれるおしゃれなノースフェイスのブーツ。デザイン性はもちろん保温性や防水性、透湿性など機能性にもすぐれている魅力的なブランドです。雨や雪などアウトドアで欠かせないブーツは一足あると重宝しますよ。この記事では、下着研究家・足と靴のカウンセラーの青山まりさんへの取材をもとに、ノースフェイスのブーツのおすすめ商品と選び方をご紹介します。Amazonなど通販サイトの人気ランキングもあるので、売れ筋や口コミをチェックしてみてください。

Icon mini tag レディースファッション , メンズファッション , メンズ靴

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。