土のう袋おすすめ11選【備えあれば憂いなし!】災害対策やガーデニングにも

土のう袋おすすめ11選【備えあれば憂いなし!】災害対策やガーデニングにも
整理収納・防犯コンサルタント、住宅建築コーディネーター、防災士
瀬尾 さちこ

「捨てる」こと以上に大切なのは、ずっと使い続けられるモノを「選ぶ」こと。 維持しやすい環境を作ること”という思いのもと、一般家庭から企業までのサポートをしています。 岐阜県多治見市と愛知県東海市のコミュニティエフエムでラジオパーソナリティとしても活動。

防災グッズとして台風や豪雨による浸水から私たちを守ってくれる土のう袋。ほかにも作業現場では部品入れやガラ入れ、土砂崩れ予防などにも活躍します。また、麻製のものはおしゃれで、ガーデニングやインテリアなどにも使えますね。今回は、土のう袋の選び方のポイントと、防災士の瀬尾さちこさんと編集部が選んだおすすめ商品をご紹介します。機能や販売価格もそれぞれなので、用途にあったものをぜひ選んでみてください。


土のう袋の種類

土のう袋の選び方 防災士に取材

積み上げらた麻素材の土のう袋
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

台風や集中豪雨など水害時に使われることの多い土のうですが、素材の種類や機能性があるものなど、さまざまなタイプがあります。

土のう袋は、一般的に水害などの災害対策として、なかに土を入れて積み上げたり、土木作業で多く使用されているイメージがありますね。最近では、麻素材のおしゃれなものをガーデニングに使用したり、家庭内で収納袋として使ったりといったケースも。

土のう袋を使うシーンは災害対策をはじめ、さまざまな用途に対応するものがあります。まず使う目的を明確にしてから、それに応じた種類のものを選びましょう。

素材で選ぶ

土のう袋は、もともと麻製のものが多用されていましたが、現在はポリエチレンが主流です。ポリエチレンは軽量で、UV加工のものなら紫外線にも強く、長期間屋外に置いても安心という点がメリット。

また、麻製は見た目もおしゃれで通気性がよく、ガーデニングやDIYにも使われています。

耐久性で選ぶ

耐久性の面から見ると、麻製のものよりもポリエチレン製のほうが耐久性にすぐれています。現場作業など屋外で長期間使用する目的なら、厚手のタイプでUV加工がされているものが丈夫でおすすめ。

なお、土のう袋はポリエチレン素材、ガラ入れは尖ったものを入れても破れにくいポリプロピレン素材で作られています。ケガなどのないように、ポリエチレン素材の土のう袋をガラ入れには使わないようにしましょう。

用途に合わせて選ぶ

自然災害などの緊急用、建設工事現場用、ガーデニング、ゴミ入れ、収納袋など、使う人によって用途が幅広い土のう袋は、商品によってそれぞれの特徴があります

まずは、使うシチュエーションをイメージしてどんな土のう袋がよいのか選びましょう。

災害対策

近年、大雨による水災害が多くなってきています。いざという時にしっかり対策できるように、丈夫で長期保存にも対応した、信頼できる商品を選びましょう。

災害時などに積み上げて使用するには、滑り止め加工のされているものが使いやすいです。また、ふだんは使う機会が少ないでしょうから、扱いやすさもチェックしましょう。

工事現場などで使う

建設現場などに設置する土のう袋は、丈夫で耐用期間の長いものがおすすめ。廃材などを入れる場合は、大きめのものを選ぶと使い勝手もよいでしょう。ただし、重くなりすぎないように大きさを考えましょう。ガラ入れとする場合は強度のあるポリプロピレン素材のものを。

また、直射日光の影響を受けやすい場所に設置するなら、UV加工されているものを選んでください。

エクステリアに使う

ガーデニング用には麻製のものが好まれる傾向にあります。見た目にもおしゃれで、ポリエチレンよりも通気性にすぐれているのも魅力。水はけもよいので、植物や野菜の栽培にも適しています。プランターとは違い使用後折りたためて保管できるのも長所。

扱い慣れない方は、土のう袋スタンドと合わせて使うと、扱いやすいです。

土以外を入れて使う

デザイン性にすぐれた土のう袋はご家庭でインテリアや保管袋としても使えます。急な来客で玄関周りをすっきりさせたい場合にも便利。また、常温保存可能な野菜や果物の保存にも活躍。必要に応じてカットして使えばDIYの資材にもなりますね。

機能性で選ぶ

土のう袋は素材や大きさだけではなく、便利な機能を兼ね備えた商品もたくさんあります。持ち運びやすさを考慮したものや、土なしで使用できるもの、さらには、一定期間経過すると自然分解される環境にやさしいものなどさまざまです。

持ち手つき

重たい土のう袋を運ぶのはとても大変な作業です。持ち手がついていれば大変な作業も軽減でき、複数人での持ち運びも簡単になります。持ち運ぶ場面が想像される場合は、持ち手つきのものを選びましょう

吸水ポリマー入り

土を用意する必要がない、吸水ポリマー入りの土のう袋もあります。水につけて数分待てば土のうが出来上がります。使用後の処理もかんたんで一般ごみとして処分できます。

身近にじゅうぶんな土が用意できない都心部などに住んでいる人にもおすすめ。

肥料が埋め込まれた植生土のう袋

なんとも画期的な、袋自体に肥料成分が入っているタイプ。肥料成分がゆっくり溶け出すことで、長期にわたる肥料効果が期待できます

また土壌中の保肥力や保水力、通気性にも効果的で手間いらずなので植生用にぴったり。

サイズもチェック

土のう袋の標準的なサイズは480×620mmです。土のう袋として使う場合を想定し、重さや持ち運びやすさを考慮した大きさになっているようです。

なかには容量1tの大型サイズや、約350×450mmの小さめのサイズも販売されています。必要に応じて選びましょう。

コスパで選ぶ

リーズナブルな価格の土のう袋は短期利用や使い捨てに向いている商品が多いです。反対に、2~3年と長期で使える耐久性をもつものや、厚手で丈夫な素材をつかったりUV加工などを施したりしたものは、比較的高価となりますが機能面ですぐれています。

使い捨てでコスパ重視なのか、ある程度の長く使いたいかによっても商品の価格帯が異なってくるため、しっかりと確認しておきましょう。

使用目的を明確にして、素材や機能が適したものを選ぼう 防災士からのアドバイス

整理収納・防犯コンサルタント、住宅建築コーディネーター、防災士

土のう袋は、土を入れて水害の応急対策や土木工事に用いられるもの。ガラ入れやガーデニングに用いるものとは区別されていました。デザイン性や機能性が向上し、今では多様に使われるようになっています。まずは、どのように使うのか、使用目的を明確にしましょう。

ふだんから外に置きっ放しにしておくのなら、UV加工のされている耐久性の高いものを。水害時の応急対策で使うなら、吸水させるだけで使える扱いやすいものを選ぶのがおすすめです。

タイプ別に紹介! 土のう袋おすすめ11選 防災のプロと編集部が選んだ!

ここからは、防災士の瀬尾さちこさんと編集部で選んだおすすめの土のう袋をタイプ別に紹介します。使う用途や欲しい機能をチェックしながら選んでみてください。

【吸水ポリマー入り】おすすめ3選 災害対策として備えておきたい!

いざというときに、土や砂が身近になくて使い物にならない……という事態を防げる、便利な吸水ポリマー入り。普段はコンパクトに収納でき、台風や豪雨など必要な時に水に浸すだけで膨らみます。

近年多くなってきている自然災害用に備えておくと安心ですね。

整理収納・防犯コンサルタント、住宅建築コーディネーター、防災士

DCMホールディングス『DCMブランド 水で膨らむ土のう袋』は、初期水害対策品ですが、初心者でも扱いやすいようによく考えられている製品です。

ポリマーに水を吸わせると四角いボックス型に膨らみます。取っ手を持って運べて、玄関ドアなどの前に並べるだけで水害対策ができます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

DCMホールディングス『DCMブランド 水で膨らむ土のう袋』

DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』 DCMホールディングス『DCMブランド水で膨らむ土のう袋』

出典:Amazon

素材 袋:PP、吸水材:吸水性ポリマー
サイズ 吸水前:(約)300×250×25mm、吸水後:(約)300×200×250mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 持ち手つき、吸水性ポリマー入り

取っ手付きで便利、水に浸して約5分で膨らみます

台風や豪雨による初期水害に効果的なポリマー入り。およそ5分で約15kgに膨らみます。持ち手がついているので持ち運びもかんたん。

普段はコンパクトに収納しておけるので、オフィスや工場、ご家庭にも災害対策備品として常備しておくのもおすすめです。使用後は脱水剤をふりかけて乾燥させ、一般ごみとして処分できます

キーストン『ダッシュバッグ』

キーストン『ダッシュバッグ』 キーストン『ダッシュバッグ』 キーストン『ダッシュバッグ』

出典:楽天市場

素材 外袋:麻、内袋及び縫製糸:綿、吸水材:吸水ポリマー(ポリアクリル酸ナトリウム)
サイズ 吸水前:長さ600×幅360×高さ8mm、吸水後:長さ520×幅300×高さ155mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 吸水性ポリマー入り、保存期間:製造日より4年間(パッケージ未開封、屋内冷暗所保管)

すぐれた吸水性と耐久性で、水害や浸水対策に

災害対策グッズの製造販売などをおこなっているキーストンの商品です。自社で行なった耐久性テストで、225kgfの荷重に耐え、理論上16段まで積み上げられることが実証されています。

もうひとつの特徴は、すぐれた保管性。キーストンが開発した紫外線カットフィルムパッケージは、湿気をほぼ100%カットするので、使用前の劣化を防ぎます。必要なときじゅうぶんに性能を発揮してくれます。

中村建設『水ピタ H型』

中村建設『水ピタH型』 中村建設『水ピタH型』 中村建設『水ピタH型』 中村建設『水ピタH型』

出典:Amazon

素材 袋:-、吸水材:吸水ポリマー
サイズ 吸水前:500×400×5mm、吸水後:450×350×110mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 紐つき、吸水性ポリマー入り

緊急時にも素早く膨らむ吸水ポリマー

海水でも真水でも膨らむ吸水ポリマー。海水なら3分、真水なら1分と驚きのスピードで土のうが完成します。さらに、水害時の濁水でも膨らむので、浸水防止だけではなく、床下浸水等の排水にも使えます

また、災害時だけでなく、グラウンドの水たまりを早く乾かしたい時にも便利です。常備しておくといろいろなシチュエーションで役立ちます。

【耐久性しっかり】おすすめ3選 長く丈夫に使える!

屋外での使用が多い土のう袋は、紫外線による劣化が致命的です。より長く丈夫な状態で使用できるように、UV加工がされた商品も多数販売されています。

整理収納・防犯コンサルタント、住宅建築コーディネーター、防災士

トラスコ中山は建築・土木などのものづくりの現場を陰で支えるプロツールの専門商社です。『TRUSCO 強力カラー袋(TKB4862)』もプロ仕様。10枚単位で購入できるのでご家庭で備えやすいかと思います。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

トラスコ中山『TRUSCO 強力カラー袋(TKB4862)』

トラスコ中山『TRUSCO強力カラー袋(TKB4862)』

出典:Amazon

素材 袋:ポリオレフィン、口紐:ポリオレフィン
サイズ 480×620mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 口紐つき

豊富なカラーバリエーションの強力タイプ

土のう袋としての用途のほかに、ボルトやナットなど現場資材を入れて運んだり、保管する用途にも適しています。

土のう袋では珍しいカラーバリエーションの豊富さも魅力。グリーン、ブルー、ブラックなどのラインナップで、色別で購入して資源ごみの分別袋や資材の種類で色分けも可能。しぼりロープ付きの巾着タイプで開閉もかんたんです。

萩原工業『スーパーUV土のう』

萩原工業『スーパーUV土のう』 萩原工業『スーパーUV土のう』 萩原工業『スーパーUV土のう』

出典:Amazon

素材 袋:ポリエチレン、口紐:ポリプロピレン
サイズ 480×620mm
耐久年数 約2年
UV加工
機能性 口紐つき

丈夫で安価な中期間使用タイプ

UV加工で紫外線にも強い仕様です。黒いラインが容量25kgの目安となっており、計量する必要もなく入れ過ぎも防止でき、また、大きさも均一にそろえられます。

2年間と比較的長い期間使用でき、価格も一袋あたり100円以下とお得なのも魅力。サイズ、耐候性、使用期間、価格など総合的にみて、非常にバランスのよい商品です。

熱田資材『WING ACE UVスーパーブラック土のう Blacky3(UV-3SB)』

熱田資材『WINGACEUVスーパーブラック土のうBlacky3(UV-3SB)』 熱田資材『WINGACEUVスーパーブラック土のうBlacky3(UV-3SB)』

出典:楽天市場

素材 袋:ポリエチレン、口紐:ポリプロピレン
サイズ 480×620mm
耐久年数 約3年
UV加工
機能性 口紐つき

信頼の日本製、耐候性に優れた黒を採用

耐候性強化処理がされたポリエチレン素材で耐久性抜群、驚きの約3年間の長期利用が可能。長期にわたる河川や土木工事の土塁設置、農作業にもぴったりです。

丈夫で長期利用型なので、ご家庭でも万が一の自然災害用のお守りとして備蓄しておくと、いざという時に活躍してくれます。国産なので、安定した品質を重視する方にもおすすめ。

【コスパ抜群】おすすめ3選 短期間の使用に!

価格重視の人におすすめ。ガーデニングの廃材や、お庭の剪定(せんてい)作業で出た落ち葉を一時的に集めておいたりと、短期の使用を目的とした低価格な土のう袋もあります。

整理収納・防犯コンサルタント、住宅建築コーディネーター、防災士

アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋 口紐付』は丈夫なポリプロピレン製の土のう袋で、ガラ入れとしても使えます。

色もベージュで大きめなので「いかにも土のう袋」といった雰囲気ではなく、ナチュラル系のインテリアにもなじみやすいです。発想次第でさまざまな使い方ができそうですね。強度・デザインともにこだわりたい方におすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋 口紐付』

アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋口紐付』 アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋口紐付』

出典:楽天市場

素材 ポリプロピレン
サイズ 600×900mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 口紐つき

大きめサイズで多目的に使える

一般的な土のう袋のサイズより大きめなので、土のう目的以外にも活用できます。家庭用収納袋やごみ入れ、キャンプやアウトドアでは空き缶・空きビンの回収袋、インテリア性の高い収納袋にも。

もちろん、土木現場の資材の運搬・保管、廃材の回収運搬にも適しています。使いやすいベージュカラーで、麻袋よりも丈夫。コスパの面も抜群です。

熱田資材『WING ACE 土のう袋ブルーライン(PE-104)』

熱田資材『WINGACE土のう袋ブルーライン(PE-104)』

出典:Amazon

素材 ポリエチレン ほか
サイズ 480×620mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 口紐つき

コスパよし! 必要時に気軽に使える

いちばんの特徴はコスパ面です。低価格なので購入しやすく気軽に使用できます。紫外線への耐性はなく、長期の使用には不向きですが、刈り取った草の一時保存、廃材や危険なガラス等の短期保管には充分です。

短期間の使用を目的にしている、または使い捨てで使用するのであれば量もたっぷり入っていてお得な商品です。

コーナン商事『オリジナル 土のう袋(KMT04-6589)』

コーナン商事『オリジナル土のう袋(KMT04-6589)』

出典:楽天市場

素材 -
サイズ -
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 口紐つき

価格重視のあなたにはコーナンオリジナルブランド

水災害などの防災用、農業資材の収集やガラ入れ、ご家庭でのガーデニングなどに気軽に使えるコーナン商事の土のう袋。

短期間の利用で一度にたくさんの数が必要な場合や、使い捨てで使用する場合にぴったりのコスパのよい商品です。低価格で購入しやすいので、いざというときのための防災用品として、常備しておくのもよいですね。

【麻素材】おすすめ2選 使い方いろいろ!

廃材や砂利の整理だけでなく、インテリア性の高い収納袋としても活躍してくれる麻素材。ガーデニングのプランター代わりに使ったり、資源ごみの一時保管などにも重宝します。

生活を感じさせる日常の消耗品なども、麻袋に収納することでおしゃれ感が演出できます。

日本マタイ『ドンゴロス麻袋』

日本マタイ『ドンゴロス麻袋』 日本マタイ『ドンゴロス麻袋』 日本マタイ『ドンゴロス麻袋』

出典:楽天市場

素材
サイズ 600×1000mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 -

大型サイズでガーデニングにもぴったり

「麻袋」が社名の由来ともなっている、重包装製品の製造をしている日本マタイ。60×100cmの大きめサイズで幅広い用途に使えます。

麻袋ならではの通気性のよさを利用して、ハーブの寄せ植えや、季節の植物をプラントにしてもおしゃれです。お庭やバルコニーがレトロな雰囲気に。また、野菜の保存袋や好みのサイズにカットしてDIYにも使えます。

小泉製麻『植生土のう サンリンソロ(SSF#4)』

小泉製麻『植生土のうサンリンソロ(SSF#4)』 小泉製麻『植生土のうサンリンソロ(SSF#4)』

出典:楽天市場

素材 黄麻(ジュート)
サイズ 480×620mm
耐久年数 -
UV加工 ×
機能性 自然分解

環境にやさしい自然分解タイプ

強度や耐久性はポリエチレン素材ほど高くありませんが、天然素材のジュート製なので、時間の経過とともにだんだん腐食し自然分解されます。緑化活動や植生に向いている土のう袋です。

もちろんご家庭でもガーデニングや資材の保管袋としても重宝します。環境にもやさしく、コスパもよいので家計にもやさしい、気軽に使える商品です。

「土のう袋」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
DCMホールディングス『DCMブランド 水で膨らむ土のう袋』
キーストン『ダッシュバッグ』
中村建設『水ピタ H型』
トラスコ中山『TRUSCO 強力カラー袋(TKB4862)』
萩原工業『スーパーUV土のう』
熱田資材『WING ACE UVスーパーブラック土のう Blacky3(UV-3SB)』
アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋 口紐付』
熱田資材『WING ACE 土のう袋ブルーライン(PE-104)』
コーナン商事『オリジナル 土のう袋(KMT04-6589)』
日本マタイ『ドンゴロス麻袋』
小泉製麻『植生土のう サンリンソロ(SSF#4)』
商品名 DCMホールディングス『DCMブランド 水で膨らむ土のう袋』 キーストン『ダッシュバッグ』 中村建設『水ピタ H型』 トラスコ中山『TRUSCO 強力カラー袋(TKB4862)』 萩原工業『スーパーUV土のう』 熱田資材『WING ACE UVスーパーブラック土のう Blacky3(UV-3SB)』 アークランドサカモト『丈夫なPPガラ袋 口紐付』 熱田資材『WING ACE 土のう袋ブルーライン(PE-104)』 コーナン商事『オリジナル 土のう袋(KMT04-6589)』 日本マタイ『ドンゴロス麻袋』 小泉製麻『植生土のう サンリンソロ(SSF#4)』
商品情報
特徴 取っ手付きで便利、水に浸して約5分で膨らみます すぐれた吸水性と耐久性で、水害や浸水対策に 緊急時にも素早く膨らむ吸水ポリマー 豊富なカラーバリエーションの強力タイプ 丈夫で安価な中期間使用タイプ 信頼の日本製、耐候性に優れた黒を採用 大きめサイズで多目的に使える コスパよし! 必要時に気軽に使える 価格重視のあなたにはコーナンオリジナルブランド 大型サイズでガーデニングにもぴったり 環境にやさしい自然分解タイプ
素材 袋:PP、吸水材:吸水性ポリマー 外袋:麻、内袋及び縫製糸:綿、吸水材:吸水ポリマー(ポリアクリル酸ナトリウム) 袋:-、吸水材:吸水ポリマー 袋:ポリオレフィン、口紐:ポリオレフィン 袋:ポリエチレン、口紐:ポリプロピレン 袋:ポリエチレン、口紐:ポリプロピレン ポリプロピレン ポリエチレン ほか - 黄麻(ジュート)
サイズ 吸水前:(約)300×250×25mm、吸水後:(約)300×200×250mm 吸水前:長さ600×幅360×高さ8mm、吸水後:長さ520×幅300×高さ155mm 吸水前:500×400×5mm、吸水後:450×350×110mm 480×620mm 480×620mm 480×620mm 600×900mm 480×620mm - 600×1000mm 480×620mm
耐久年数 - - - - 約2年 約3年 - - - - -
UV加工 × × × × × × × × ×
機能性 持ち手つき、吸水性ポリマー入り 吸水性ポリマー入り、保存期間:製造日より4年間(パッケージ未開封、屋内冷暗所保管) 紐つき、吸水性ポリマー入り 口紐つき 口紐つき 口紐つき 口紐つき 口紐つき 口紐つき - 自然分解
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年4月8日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする 土のう袋の売れ筋をチェック

楽天市場、Yahoo!ショッピングでの土のう袋の売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

楽天市場:土嚢ランキング
Yahoo!ショッピング:工事現場用土のう袋ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの防災グッズも紹介しています!

まとめ

今回は土のう袋の11選をご紹介しました。

最後に選び方のポイントをおさらいしましょう。 まず使用場面に必要な、サイズ、素材、耐久力をイメージ。そして、持ち手やUV加工の有無、口紐付きかどうかなどの付加機能、お好みのカラーなどをイメージして、あなたが欲しい土のう袋を選んでみてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


【初心者向け】家庭菜園におすすめの種・苗10選|育てやすい野菜から始めよう!

【初心者向け】家庭菜園におすすめの種・苗10選|育てやすい野菜から始めよう!

グリーンアドバイザーのふじえりこさんに聞いた、初心者におすすめの家庭菜園の種や苗を紹介します! 「買ってくるのもいいけれど、自分で野菜を育ててみたい!」「無農薬の野菜がほしい」、そんな思いから家庭菜園をスタートする方も少なくありません。なかには「野菜が高いから自分で」なんて方もいます。この記事では、初心者でも育てやすい家庭菜園の種や苗の選び方も紹介していますので、これからはじめたいという方、もしくは一度失敗してしまった方もぜひ参考にしてみてくださいね。


防災向けカセットコンロおすすめ11選【災害時に役立つ|防災専門家が厳選】

防災向けカセットコンロおすすめ11選【災害時に役立つ|防災専門家が厳選】

備え・防災アドバイザーの高荷智也さんに取材した内容をもとに、防災向けカセットコンロの選び方とおすすめ商品を紹介します。近年相次ぐ自然災害。電気やガスのライフラインが停止してしまうと急に生活が深刻になります。カセットコンロがあれば、災害にあったとき役に立つでしょう。加熱調理ができるようになりますし、お湯を沸かすこともできます。近年相次ぐ自然災害に備えて、この記事を参考にぜひ検討してみてください。


農作業用長靴おすすめ13選【メンズもレディースも】折りたたみできるタイプなど!

農作業用長靴おすすめ13選【メンズもレディースも】折りたたみできるタイプなど!

農作業を快適で安全におこなえる、農作業用の長靴。農作業をしている人にとっては、欠かせないアイテムですよね。タイプや履き心地、デザインなど、農作業用長靴を選ぶときにチェックしたいポイントはたくさんあります。この記事では、グリーンアドバイザーのふじ えりこさんに取材し、選び方のポイントとおすすめ商品を紹介していきます。ぜひ参考にして、あなたにぴったりの農作業用長靴をみつけてみてくださいね。


【除草剤おすすめ20選+α】タイプ別に紹介|雑草や虫対策に!

【除草剤おすすめ20選+α】タイプ別に紹介|雑草や虫対策に!

グリーンアドバイザーのふじえりこさんへの取材をもとに、除草剤のおすすめ商品をたっぷり紹介! 液剤、顆粒、ハイブリットとタイプ別に紹介します。農地でも使用できるものや、芝生に生えた雑草だけを除去できるもの、環境にやさしい成分で作られたものなど。記事の後半では、各通販サイトの売れ筋ランキングも紹介しますので、ぜひ参考にし、使い方に合う除草剤をみつけてくださいね。


【2020年版】簡易トイレおすすめ5選+α|防災アドバイザーが厳選した非常時も安心できるアイテムは?

【2020年版】簡易トイレおすすめ5選+α|防災アドバイザーが厳選した非常時も安心できるアイテムは?

トイレが使えないときに活躍してくれるのが、携帯用や備蓄用の簡易トイレ。地震や大雨などの非常時だけでなく、登山やキャンプ、長時間ドライブ、また、感染症で自宅療養するときに家族へ伝染さないようトイレを分けるためにも使えます。いざというときのために、ふだんから簡易トイレを備えておくと安心です。この記事では、備え・防災アドバイザーの高荷智也さんへの取材をもとに、簡易トイレの選び方とおすすめ商品をご紹介します。


新着記事


ふくらはぎサポーターおすすめ12選| パフォーマンス向上に!【ミズノ、ザムスト】

ふくらはぎサポーターおすすめ12選| パフォーマンス向上に!【ミズノ、ザムスト】

立ち仕事や激しいスポーツをしている人に、多いふくらはぎの悩み。ふくらはぎのトラブルを未然に防いだり、負担を軽減したいと考えるでしょう。ふくらはぎサポーターは着用することでふくらはぎを保護し安定をサポートします。この記事では医療ライター・宮座美帆さんと編集部で選んだふくらはぎサポーターの12商品をご紹介します。段階式着圧タイプや巻きつけタイプなどについても触れています。選ぶ際の参考にしてみてください。


アルコール消毒液おすすめ9選|濃度や効果や有効成分など選び方も解説

アルコール消毒液おすすめ9選|濃度や効果や有効成分など選び方も解説

この記事では有効成分や手へのやさしさなどアルコール消毒液の選び方を医療ライターの宮座美帆さんに解説していただき、おすすめの商品を紹介します。アルコール消毒液はできるだけ除菌作用があるものを選びたいですよね。自分に合ったものを選んで、毎日を清潔に過ごしましょう。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


ひざ掛けのおすすめ23選|電気ひざ掛けやブランケットタイプも紹介

ひざ掛けのおすすめ23選|電気ひざ掛けやブランケットタイプも紹介

カラーコーディネーターでイメージコンサルタントでもある川島彩子さんへの取材をもとに、ひざ掛けのおすすめ商品23選をご紹介します。ブランケットや毛布とも呼ばれることがある「ひざ掛け」。夏の冷房対策や、冬の防寒対策に必要なアイテムで、学校や自宅、オフィスなどさまざまな場面で活躍します。記事後半には、Amazonや楽天、ヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


アロエベラジュースおすす9選|有効成分や効果について解説!

アロエベラジュースおすす9選|有効成分や効果について解説!

管理栄養士の渡辺愛理さんと編集部が選んだおすすめのアロエベラジュースを紹介します。体にうれしい効果があると期待され、話題のアロエベラジュース。アロエベラに含まれている多くの成分が美容でも注目されています。記事後半には、楽天やヤフーの人気売れ筋ランキングもありますのでぜひチェックしてみてください。


歩行器おすすめ14選|日本製のものからおもちゃ付きも【腰が据わった子どもに】

歩行器おすすめ14選|日本製のものからおもちゃ付きも【腰が据わった子どもに】

赤ちゃんがつかまり立ちができるようになると、歩行器があるといいかなと考えるかもしれませんね。あと追いしてくるので料理ができなかったり、目を離すと危なっかしくてトイレにもいけなかったりと、たいへんな時期の強い味方。この記事では、保育士・河井恵美さんと編集部が選び方、おすすめの14商品をご紹介します。遊び道具にもなるので、使いやすい歩行器を見つける参考にしてみてください。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る