テスターのおすすめ12選|デジタル式? アナログ式? 用途に合った商品をご紹介

テスターのおすすめ12選|デジタル式? アナログ式? 用途に合った商品をご紹介
空間デザイン・DIYクリエイター
網田 真希

「インテリア空間デザイン」「スタイリング」「写真」「テレビ撮影」「監修」「執筆」などフリースタイルにて幅広く活動中。 予算100万円で自身が住む自宅をフルリノベーション、古材、流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。 幼少期から物作りが好きで、何でもまず作ってみる、やってみる精神、そんな好きが高じて、趣味から現在のお仕事に発展。 【すわろチャンネル】 <a href="http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる" target="_blank">http://www.youtube.com/c/スワロちゃんねる</a>

この記事では、DIYクリエイターの網田真希さんにお話をうかがい、テスターの選び方とおすすめ商品12選をご紹介します。通電や電圧、電流や抵抗を調べるために使われるテスターですが、アナログやデジタルなど、アイテムによって使い勝手が異なります。サイズや種類も豊富ですから、しっかりと選び方を把握しておく必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、使いやすいテスターを選んでくださいね。


テスターはどんなときに使う?

テスターは、マルチメーターや回路計とも呼ばれています。内部の回路を切り替え電流や電圧などを調べる目的で使うアイテムで、多くは家庭での車やバイクの整備、家電の修理のときなどに使用されます。テスターには商品や種類によってさまざまな違いがあるので、あらかじめなにが自分に適しているのかを把握しておきましょう。

テスターの選び方 DIYクリエイターに聞く

まずはテスターの基本的な選び方について見ていきましょう。あわせて、DIYクリエイターの網田真希さんからのアドバイスもご紹介します。

テスター
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

重視する点に合わせて表示様式で選ぶ

テスターにはおもに、アナログ式とデジタル式のふたつの種類が存在します。どちらがすぐれているということはないので、用途や熟練度に合わせて選びましょう。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なりますからよく確認してください。

数字の変化を確かめたいなら「アナログ式」

電流や電圧の変化を目で確かめることができるのがアナログ式です。針と目盛りで視覚的に表示させるタイプで、電気が通ることにより針が動いてくれます。デジタル式に比べると、リーズナブルな価格で購入可能です。

目盛りを読む必要があり、慣れていない人は面倒に感じるかもしれません。さらに、専門性が高いものでは、計測範囲の切り替えスイッチが多かったり、電極を間違えてしまう危険性などがあります。アナログ式を使う場合は、しっかりと使い方を把握しておく必要があるでしょう。

正確さと便利さを重視するなら「デジタル式」

数値の正確さや便利さを求める方には、デジタル式がおすすめです。デジタル式の場合は測定した数値が液晶画面に表示されます。測定した結果が正確な数字となってあらわれるので、目盛りを読み間違える心配がありません。

さらに判定範囲の切り替えスイッチが、アナログ式に比べて少ないのではじめての方でも比較的かんたんに扱うことが可能です。またそれ以外にも、ペン型やポケットに入る小型のもの、カード型など形状もさまざまで持ち運びに便利なものもあります。商品によっては交流電流の測定やオートパワーオフなど、多彩な機能が備わっていることがあるのも特徴のひとつです。

利用状況に合わせて測定レンジ切り替えのタイプで選ぶ

テスターには、マニュアルレンジとオートレンジの製品があります。乾電池なのか、車のバッテリーなのか……測定したいものによって必要となる測定レンジは変わってきます。

測ることのできる電圧の大きさには限りがあり、うっかり低い測定レンジで大きな電圧を測ってしまうと、故障や事故につながりかねません。なにをどのくらいの頻度で測るのか、あなたの技術の熟練度にも合わせて選択しましょう。

対象物が決まっている場合は「マニュアルレンジ」

テスターを使用したい対象の機器などが決まっているのであればマニュアルレンジがおすすめです。対象物が決まっていれば、測定レンジはある程度判別が可能ですからマニュアルで設定可能です。

比較的安価ですし、測定するものが限られているのであればマニュアルレンジタイプで充分でしょう。

対象物が決まっていない場合は「オートレンジ」

対象物が決まっていない、いろいろなものを測りたい場合はオートレンジがおすすめです。測定する対象物がどの程度のものなのか、判別がつかないときにも測定レンジを自動で変更してくれます。

自分で変更する手間が省けるので、ラクに作業できるでしょう。デメリットは、マニュアルレンジに比べて高価なものが多いことです。

用途に合わせて形で選ぶ

テスターにはさまざまな形状があります。机のうえに置くもの、持ち運びがかんたんにできるもの、ペン型など商品によって形も違えば大きさも異なります。用途に合わせて、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

精密な結果が必要なら「据え置き型」

テスターで電圧をチェックする手元の画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

精密な結果を求める人には据え置き型がおすすめです。電池ではなく、ACアダプターによってコンセントから電源をとります。電池切れの心配もありませんし、つねに安定してテスターを使用できるので、じっくりと作業するのにも向いています。

また、小型のテスターより高機能なものが多く、誤差が少なく済みます。商品によって多彩な機能が備わっていることが多いのも特徴です。

持ち運びが多いなら「ハンディタイプ」

気軽に持ち運んで使いたいなら、ハンディタイプがよいでしょう。持ち運びやすく多機能なものが多いので、なにがいいのか悩んだときにはハンディタイプがおすすめです。メーカーごとにいろいろな機能が搭載されていて、とりあえずひとつ持っておけばいろいろな場面で活躍してくれますよ。

また、アナログ式は測定範囲のスイッチやメーターの都合上、ハンディタイプが多い傾向があります。

コンパクトに持ち運びたいなら「ポケット型・カード型」

ポケットに入れてコンパクトに持ち運ぶなら、ポケット型やカード型がいいでしょう。ポケット型・カード型は、直流の電圧測定や抵抗の測定、導通のチェックなどシンプルな機能のみのものがほとんどで、多くの機能は必要ないという方にもぴったりです。

価格も手ごろでシンプルなので、初心者でもかんたんに使えます。測定範囲はかなり限られてしまうこともあり、ものによっては範囲外となって使えないことがあるので注意しましょう。

狭い場所で使うなら「ペン型」

狭い場所でもさっと使いたいなら、ペン型がおすすめです。ペンのような形をしていて、カード型よりもさらにスリムになっています。本体も小さく、テストリードがつながっているのが特徴です。

狭い場所でも手軽に測定できて、とても便利です。その反面、基礎的な測定機能しか備わっていないので、用途をよく検討してから購入しましょう。

こまかい作業に使うなら「ピンセット型」

ピンセットのような形状をしているのが、ピンセット型のテスターです。こまかい作業に適していて、回路をチェックするような作業に重宝するでしょう。ピンセット型の本体にテストリードが左右にひとつずつついています。片手でかんたんに測定ができ、ハンダづけの確認など電子工作に向いています。

ただし、このタイプも最低限の機能しか搭載されていないので、自分の使いたい場面で使用できるかはチェックしましょう。

車やバイクいじりなら検電テスターという選択肢も

車やバイクいじりの際に、電気が流れているかどうかや、電気が流れるタイミングを知りたいという場合には、「検電テスター」も選択肢に入ります。電装品を接続する配線コードを誤らないためにも、通電しているかの確認は必須。単機能なぶん、リーズナブルな価格で手に入りますよ

使い方も比較的かんたんなので、初心者の方にもおすすめ。検電テスターは、直流電流の測定専用のため、交流電流には使用できない点に注意してください。

数値を読むか、変化を調べるかによってタイプが分かれます DIYクリエイターからのアドバイス

空間デザイン・DIYクリエイター

テスターは大きく分けて、アナログ式とデジタル式に分類できるかと思います。そのため、数値の変化を調べたいのならアナログ式、正確な数値のみを瞬時に計測したいのならデジタル式から選ぶとよいでしょう、そしてそのなかから、大きさや価格などで自身にあったテスターを見つけてください。

テスターおすすめ12選 DIYクリエイターと編集部が選ぶ

ここからは、DIYクリエイターの網田真希さんと編集部が選んだおすすめ商品12選をご紹介します。自分が使用したいテスターの種類をしっかりと把握して、どんなテスターが合っているのかを考えていきましょう。

空間デザイン・DIYクリエイター

Suncosmo『DT-830B』は、小型のテスターで持ち運びや収納にもかさばりません。価格帯も大変安く、気軽に購入できるので、まずテスターはどんなものなのか試しに購入してみたい、なんて方にもおすすめの商品です。

テスターといったら、私は最初にELPA『CX-04MB』の形を想像します。アナログ式なのでデジタル式のように瞬時に数値を読み取るのは難しいですが、数値の変化を目で追うことができます。テスターの使用に慣れている方、変化を計測したい方向けの商品です。

MARVEL『MT-44』はコンパクトでとても軽いカード型。小さいボディーでも瞬時に正確な数値を計測してデジタル表示してくれます。ポケットに入れて作業ができますので、持ち歩きが必要な方におすすめしたい商品です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Suncosmo(サンコスモ)『小型デジタルテスター(DT-830B)』

サンコスモ小型デジタルテスター/マルチメーターDT-830B サンコスモ小型デジタルテスター/マルチメーターDT-830B サンコスモ小型デジタルテスター/マルチメーターDT-830B

出典:Amazon

表示様式 デジタル
レンジ切替 マニュアル
形状 ハンディ型
電圧レンジ 直流:200mV/2V/20V/200V/1000V、交流:200V/750V
電流レンジ 直流:200μA/2000μA/20mA/200mA/10A
抵抗レンジ 200Ω/2kΩ/20kΩ/200kΩ/2MΩ

手のひらサイズの小型デジタルテスター

デジタル式でハンディタイプのテスターです。手のひらサイズなので、ポケットなどに入れて持ち運びもラクラク。電流をかんたんにチェックできるマルチテスターで、直流や交流の電圧のほか、直流、抵抗値などを測ることができます。また、ダイオードとトランジスタのチェック機能も備えています。

車の整備や配線のチェック、接触不良を修理するときなどに役立ちます。さまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』

ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』

出典:Amazon

表示様式 アナログ
レンジ切替 マニュアル
形状 据置き型
電圧レンジ 直流:10V/50V/250V/500V、交流:50V/250V/500V、バッテリー:1.5V/9V
電流レンジ 直流:25mA/250mA
抵抗レンジ 200kΩ/2MΩ

マグネット内蔵で本体を固定できるから作業しやすい

背面の内蔵マグネットを使って、本体を固定することができます。金属面がある場所での使用では、自分で支える必要がなくなるので、重宝することでしょう。

ブザーとLEDライトで導通を知らせてくれるシステムが搭載されています。1.5Vと9Vのバッテリーチェックが可能で、テストリードには保護キャップがしっかりとついています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

MARVEL(マーベル)『カード型デジタルテスター(MT-44)』

MARVEL(マーベル)『カード型デジタルテスター(MT-44)』

出典:楽天市場

表示様式 デジタル
レンジ切替 オート
形状 カード型
電圧レンジ 直流:419.9mV~500V(5レンジ)、交流:4.199V~500V(4レンジ)
電流レンジ -
抵抗レンジ 419.9Ω~41.99MΩ(6レンジ)

フルオートレンジで超軽量・小型なカード型テスター

こちらの商品は、小型で高性能なテスターです。なんと重さが60gで、厚さは9.5mmのカードサイズ。フルオートレンジで超軽量なのがうれしいポイントです。オートパワーセーブ機能もついているので、電源を切り忘れても問題ありませんね。

コンセントの奥まで届いてくれる、プローブが使用されています。導通レンジはAC500Vまで過電圧保護してくれるので、安心です。

origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』

origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』

出典:Amazon

表示様式 デジタル
レンジ切替 マニュアル
形状 ハンディ型
電圧レンジ 直流:600V(±0.8% +3dgt)、交流:600V(±1.2% +5dgt)
電流レンジ 交流:20A/200A/600A
抵抗レンジ 2KΩ/200KΩ/2MΩ

電流測定可能だから安全に使えるハンドヘルド型

非接触での電流測定ができる安全なハンドヘルド型のテスターです。クランプを開き、測定対象の導線を通してあげるだけで測定することが可能となります。ダイオードなどの抵抗測定や、導電チェックなどの機能も備わっていますので、いろいろな場面で使えるでしょう。

負荷保護機構を内蔵しているため、安心安全に使えますよ。

sanwa(三和電気計器)『アナログマルチテスタ(AP33)』

表示様式 アナログ
レンジ切替 マニュアル
形状 ハンディ型
電圧レンジ 直流:10V/50V/250V/500V、交流:50V/250V/500V、バッテリー:1.5V/9V
電流レンジ 直流:25mA/250mA
抵抗レンジ 10kΩ/1MΩ

巻き取り収納ができる小型アナログテスター

小型のポケットサイズのテスターです。サンワのアナログテスターは、リーズナブルな価格で購入することができます。ナイロンを編み込んだ切れにくいテストリードが使われているので、使っているうちに切れてしまうリスクは低いでしょう。

さらにテストリードは、巻き取り収納が可能。絡まったり、場所をとることもありません。1.5V/9Vの2レンジでのバッテリーチェックもOK。本体には衝撃吸収ラバーがついているので万が一落とした場合でも安心です。

ANENG『非接触 AC 電圧電気テスターペン(VD802)』

ANENG『非接触AC電圧電気テスターペン(VD802)』 ANENG『非接触AC電圧電気テスターペン(VD802)』 ANENG『非接触AC電圧電気テスターペン(VD802)』

出典:楽天市場

表示様式 ランプ
レンジ切替 マニュアル
形状 ペン型
電圧レンジ 交流:12~1000V、48~1000V
電流レンジ -
抵抗レンジ -

狭くて暗い場所でも使えるペン型デジタルテスター

ペン型で、重量はわずか50gととってもコンパクトなテスターです。また、ライトつきなので、狭くて暗い場所でもラクラク作業OK。検出器を電圧回路に近づけるたけで、電圧を光またはブザーで知らせてくれます。

5分間使用されていない場合、自動的に電源をオフにしてくれて節電にもつながる仕様です。モードボタンを押すことによって、12Vから1,000Vまたは48Vから1,000Vの測定範囲に切り替えが可能。家電製品のほか、電気回路や工業にも活用できるでしょう。

Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』

Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』

出典:Amazon

表示様式 デジタル
レンジ切替 マニュアル
形状 ハンディ型
電圧レンジ 直流:200mV/2V/20V/200V、交流:2V/20V/200V
電流レンジ 直流:200μA/2000μA/20mA/200mA/10A、交流:200μA/2000μA/20mA/200mA /10A
抵抗レンジ 200Ω/2kΩ/20kΩ/200kΩ

データを記録したい人におすすめの機能が満載

こちらのテスターは学校や家庭、研究室から工場など社会で広く活躍しているモデルです。バックライトLCDを搭載しているので、暗い場所での作業でもしっかりと数値を読み取ることができます。

コンパクトで持ち運びやすく、操作方法もかんたんなのではじめて使用するときも安心です。電流や電圧、抵抗値や周波数、ダイオードテストなどマルチに活躍してくれるでしょう。

amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』

amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』

出典:Amazon

表示様式 デジタル
レンジ切替 -
形状 ペン型
電圧レンジ 直流:9~15V
電流レンジ -
抵抗レンジ -

ペン型なのにデジタル表示の画面つき

車のメンテナンスをする人におすすめしたいテスター。ペン型でありながら、数値をデジタル表示してくれる画期的なテスターです。通電と極性、導通の3つの確認が可能。デジタル表示なので、値を読み間違える心配もなく、マイナス線もデジタル表示で、電圧値を調べることができます。また、オートオフ機能を備えているので、切り忘れがあっても問題ありません。2点間の導通を確認できます。

「車のメーターの光の色を変える際に、電圧値を知りたい」「スイッチ類のマイナス線を特定したい」といったときにも活躍すること間違いなしです。

Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』

Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』 Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』 Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』 Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』

出典:Amazon

表示様式 -
レンジ切替 -
形状 ピンセット型
電圧レンジ 直流:6V
電流レンジ -
抵抗レンジ -

LEDの導通チェックや極性の確認をしたいときに

ピンセットでつまむようにして対象をチェックできるテスターです。LEDの導通や極性の確認をしたいときにおすすめで、電池可動でありながらも長時間使用できるのが魅力的です。

ばらばらになってしまったチップLEDなどのチェックや、リードカットしてしまって極性がわからなくなってしまった砲弾型LEDのチェックの際には重宝することでしょう。

MotherTool(マザーツール)『ポケット型デジタルマルチメータ(MT-4090)』

MotherTool(マザーツール)『ポケット型デジタルマルチメータ(MT-4090)』 MotherTool(マザーツール)『ポケット型デジタルマルチメータ(MT-4090)』

出典:楽天市場

表示様式 デジタル
レンジ切替 マニュアル
形状 ハンディ型
電圧レンジ 直流:200mV/2V/20V/200V/600V、交流:2V/20V/200V/600V
電流レンジ 直流:20mA/200mA、交流:20mA/200mA
抵抗レンジ 200Ω/2KΩ/20KΩ/200KΩ/2MΩ/20MΩ

操作パネルが日本語表示だから初心者でも使いやすい

こちらのテスターも小型で使いやすいのが特徴的です。操作パネル部が日本語表示となっていて、誰でも使いやすいのがうれしいポイント。ケースとの一体型なのでテストリードもきれいに収納できます。

プローブ先端長は15mm、金メッキが使用されています。使用電池はボタン電池で、連続使用は150時間なので、長期間にわたってメンテナンスなしで使えます。

MASTECH(マステック)『スマートSMDテスター(MS8910)』

MASTECH(マステック)『スマートSMDテスター(MS8910)』 MASTECH(マステック)『スマートSMDテスター(MS8910)』

出典:楽天市場

表示様式 デジタル
レンジ切替 オート
形状 ピンセット型
電圧レンジ -
電流レンジ -
抵抗レンジ 300Ω/3kΩ/30kΩ/300kΩ/3MΩ/30MΩ

データホールドもできるピンセット型テスター

ピンセット型のテスターで使いやすい商品です。データホールドも可能で、チップ抵抗の容量を自動的に認識してくれるので、面倒な手間からは解放されます。

容量、抵抗やダイオードオートスキャンに対応、オートパワーも搭載されています。10分以上使用されない場合は、自動的に電源が切れる仕様になっています。

amon(エーモン)『検電テスター(A49)』

エーモン検電テスター エーモン検電テスター エーモン検電テスター エーモン検電テスター エーモン検電テスター

出典:Amazon

表示様式 LED
レンジ切替 -
形状 -
電圧レンジ 直流:6V〜24V
電流レンジ -
抵抗レンジ -

車いじりに! 単機能でリーズナブルな価格が魅力

車用品や、車のメンテナンス用品の大手メーカーであるエーモンの検電テスターです。LEDライトで通電確認ができます

用途は限られますが、シンプルで初心者にも使いやすいアイテム。コスパのよい商品をお探しの方におすすめです。

「テスター」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Suncosmo(サンコスモ)『小型デジタルテスター(DT-830B)』
ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』
MARVEL(マーベル)『カード型デジタルテスター(MT-44)』
origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』
sanwa(三和電気計器)『アナログマルチテスタ(AP33)』
ANENG『非接触 AC 電圧電気テスターペン(VD802)』
Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』
amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』
Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』
MotherTool(マザーツール)『ポケット型デジタルマルチメータ(MT-4090)』
MASTECH(マステック)『スマートSMDテスター(MS8910)』
amon(エーモン)『検電テスター(A49)』
商品名 Suncosmo(サンコスモ)『小型デジタルテスター(DT-830B)』 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』 MARVEL(マーベル)『カード型デジタルテスター(MT-44)』 origin『デジタルクランプメーター(MMDT3266)』 sanwa(三和電気計器)『アナログマルチテスタ(AP33)』 ANENG『非接触 AC 電圧電気テスターペン(VD802)』 Crenova(クレノヴァ)『デジタルマルチメーター(LFUBEM0137EFBANS)』 amon(エーモン)『デジタル検電テスター(1142)』 Sunhayato(サンハヤト)『LED点灯チェッカー(LC-LED1)』 MotherTool(マザーツール)『ポケット型デジタルマルチメータ(MT-4090)』 MASTECH(マステック)『スマートSMDテスター(MS8910)』 amon(エーモン)『検電テスター(A49)』
商品情報
特徴 手のひらサイズの小型デジタルテスター マグネット内蔵で本体を固定できるから作業しやすい フルオートレンジで超軽量・小型なカード型テスター 電流測定可能だから安全に使えるハンドヘルド型 巻き取り収納ができる小型アナログテスター 狭くて暗い場所でも使えるペン型デジタルテスター データを記録したい人におすすめの機能が満載 ペン型なのにデジタル表示の画面つき LEDの導通チェックや極性の確認をしたいときに 操作パネルが日本語表示だから初心者でも使いやすい データホールドもできるピンセット型テスター 車いじりに! 単機能でリーズナブルな価格が魅力
表示様式 デジタル アナログ デジタル デジタル アナログ ランプ デジタル デジタル - デジタル デジタル LED
レンジ切替 マニュアル マニュアル オート マニュアル マニュアル マニュアル マニュアル - - マニュアル オート -
形状 ハンディ型 据置き型 カード型 ハンディ型 ハンディ型 ペン型 ハンディ型 ペン型 ピンセット型 ハンディ型 ピンセット型 -
電圧レンジ 直流:200mV/2V/20V/200V/1000V、交流:200V/750V 直流:10V/50V/250V/500V、交流:50V/250V/500V、バッテリー:1.5V/9V 直流:419.9mV~500V(5レンジ)、交流:4.199V~500V(4レンジ) 直流:600V(±0.8% +3dgt)、交流:600V(±1.2% +5dgt) 直流:10V/50V/250V/500V、交流:50V/250V/500V、バッテリー:1.5V/9V 交流:12~1000V、48~1000V 直流:200mV/2V/20V/200V、交流:2V/20V/200V 直流:9~15V 直流:6V 直流:200mV/2V/20V/200V/600V、交流:2V/20V/200V/600V - 直流:6V〜24V
電流レンジ 直流:200μA/2000μA/20mA/200mA/10A 直流:25mA/250mA - 交流:20A/200A/600A 直流:25mA/250mA - 直流:200μA/2000μA/20mA/200mA/10A、交流:200μA/2000μA/20mA/200mA /10A - - 直流:20mA/200mA、交流:20mA/200mA - -
抵抗レンジ 200Ω/2kΩ/20kΩ/200kΩ/2MΩ 200kΩ/2MΩ 419.9Ω~41.99MΩ(6レンジ) 2KΩ/200KΩ/2MΩ 10kΩ/1MΩ - 200Ω/2kΩ/20kΩ/200kΩ - - 200Ω/2KΩ/20KΩ/200KΩ/2MΩ/20MΩ 300Ω/3kΩ/30kΩ/300kΩ/3MΩ/30MΩ -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年6月4日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年5月8日時点 での税込価格

エキスパートのおすすめランキング テスターのTOP3はこれ!

ご紹介した商品の中から、空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんがおすすめする商品ランキングを発表します。テスター選びの参考にしてみてください。

3位から1位の順に紹介します!

3位 MARVEL(マーベル)『カード型デジタルテスター(MT-44)』

2位 Suncosmo(サンコスモ)『小型デジタルテスター(DT-830B)』

1位 ELPA(エルパ)『アナログテスター(CX-04MB)』

空間デザイン・DIYクリエイターの網田真希さんがおすすめする商品ランキング1位から3位をご紹介しました。テスターを選ぶ際の検討材料にしてください。

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする テスターの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのテスターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:テスターランキング
Yahoo!ショッピング:電子計測器、電子計量器、テスターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかの記事も参考にしてみてください

ギターのエフェクター基盤やラジコンの配線などの電子工作をするなら、まず必要になるのがハンダゴテ。ハンダづけの仕上がり次第で、作品の性能は大きく変わってきます。ひんぱんに使う道具だけに、自分に合ったものを用意したいところですが、加熱方式などにより価格やワット数も性能も大きく変わるので、どれを選ん...

DIYで欠かせない工具のひとつである「ノギス」。ノギスとは、板などの厚みや丸い球体状のものの直径など、ものの幅や大きさや寸法を正確に測定できる仕組みを備えた器具で、プロの測量だけでなくDIYなど家庭でもよく使われています。ノギスの種類はさまざまあり、内側と外側両面で測定できるもの、持ち歩きに便...

建物と地面が水平かどうかを確認するための道具として使う、水平器。土木、建築、測量などの分野からDIYまで幅広いニーズがあります。さらに、床の修理や洗濯機の排水口の傾斜度調整、家の改造やカメラの水平度など、使い道は幅広いため、スマートフォンでもそういったアプリがありますが、実物があると安心感も増...

PCやテレビなど、生活家電を使っているとコンセントの数が不足してしまうことがありますよね。そんなとき便利なのが「電源タップ」。使用できるコンセントの数を増やしてくれたり、延長コードで機器を使えるようにしてくれたり機能や形状もさまざまです。この記事では、IT・家電ライターの河原塚英信さんと編集部...

自分にとって使いやすいテスターを見極めよう

この記事では、テスターの種類やそれぞれの特徴、おすすめの商品などをご紹介しました。テスターを購入しようと思ったら、まずはなににテスターを使用するかを考えてください。万が一、規定を超える電圧などを測定したがために事故につながってしまったら危険です。

また商品によって、初心者向きのものや専門性の高いものなどさまざまです。なにを測定したいのかを明確にしたうえで、ご自身が使いやすいと感じるものを選ぶといいですね。日本語表記になっているものや、ペン型で使いやすいものなど、商品によって特色が異なります。ぜひ、あなたのほしい「テスター」を探してみてください。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/6/4 コンテンツ追加のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 横尾忠徳)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


メジャー・巻尺のおすすめ5選|測定できる長さ、用途、素材をチェック

メジャー・巻尺のおすすめ5選|測定できる長さ、用途、素材をチェック

手芸や裁縫、デッキ作りなど木工作品のDIYなどでサイズを計測するときに欠かせない工具といえば、メジャーや巻尺。洋服を採寸しつくるときは曲線を測ることのできる洋裁メジャーが、建築現場で長い空間を測るときはコンベックスと呼ばれるメジャーが活躍します。この記事では、DIYクリエイターの網田真希さんに聞いた、メジャー・巻尺の選び方とおすすめ5選をご紹介します。


ミニルーターのおすすめ6選! DIYアドバイザーが選び方・使い方を解説

ミニルーターのおすすめ6選! DIYアドバイザーが選び方・使い方を解説

サイズや形の違うビット(先端工具)を付けた先端部分を回転させ、研磨や切断・磨きなどを行う工具「ミニルーター」。PROXXON(プロクソン)やDremel(ドレメル) など、さまざまなメーカーから販売されています。DIY初心者は、製品選びのポイントや使い方などわからない人が多いのではないでしょうか。そこで本記事では、DIYアドバイザーの野口 僚さんに、ミニルーターの選び方とおすすめ商品を伺ったので紹介します。DIYによく使うアイテムなのでぜひ参考にしてみてください。


溶接めがねおすすめ5選&選び方|【アーク溶接・ガス溶接】厳選!

溶接めがねおすすめ5選&選び方|【アーク溶接・ガス溶接】厳選!

溶接をする際に発生する強い光や熱から目を保護する「溶接めがね」。DIYや仕事などで溶接作業をする方は、自分の身を守るためにもぜひ持っておきたいアイテムです。ここでは、芸術大学教員でありDIYアドバイザーでもある野口 僚さんと編集部が選んだ溶接めがねのおすすめと選び方のポイントについてご紹介します。


マグネットシートおすすめ5選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートおすすめ5選|DIYアドバイザーが選び方を伝授

マグネットシートは、磁力が超強力なタイプから弱いタイプまで、シートの裏に粘着シートがついているタイプとついていないタイプなど、タイプがいろいろあり、使い分けると活用方法はかなり広がります。一般的には、ホワイトボードタイプを使用することが多いですが、マグネットシートを活用して車に貼り、動く広告にしたり、屋内外での店舗広告などにも利用することができます。また、磁力が強力なものは、車にデザインとして貼るのも楽しいですね。この記事では、DIYアドバイザーの鈴木ひろ子さんにお話をうかがい、おすすめのマグネットシートと選び方を紹介していきます。


水平器のおすすめ商品7選! DIYに最適、気泡・デジタルなどタイプ別に紹介

水平器のおすすめ商品7選! DIYに最適、気泡・デジタルなどタイプ別に紹介

建物と地面が水平かどうかを確認するための道具として使う「水平器」。土木、建築、測量などの分野からDIYまで幅広いニーズがあります。気泡タイプやデジタルタイプ、レーザータイプなど種類もさまざま。最近ではスマートフォンでも水平器アプリがありますが、実物があると安心感も増えますよね。液晶画面のバックライト付きやマグネット付きなど、種類もいろいろあるので、どれが現場や用途に合う水平器なのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、空間デザイン・DIYクリエイターである網田真希さんへの取材をもとに、水平器の選び方とおすすめ商品を紹介します。


新着記事


【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

【プロ厳選ランキング】メンズスノーボードウェアのおすすめ21選|GORE-TEX素材のウェアもご紹介!

保温性にすぐれており、ウインタースポーツで活躍するメンズスノーボードウェア。さまざまな商品が販売されており、素材や機能性も異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますね。そこでここでは、メンズスノーボードウェアの選び方のポイントをご紹介していきます。プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、デザイン性と機能性にすぐれたおすすめの商品も一緒にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

レディーススノーボードウェアのおすすめ21選|選び方も徹底解説

冬に楽しみたいレジャーは「スノーボード」という方も多いでしょう。スノーボードを思い切り楽しむためにはウェア選びは重要です。おしゃれなウェアを身にまとうと、さらにテンションが上がりますよね。しかし「滑っているうちにびしょ濡れになった」など、ウェア選びに失敗したことがある方も多いようです。この記事では、レディーススノーボードウェアの選び方を解説し、プロスノーボードコーチの出口 超さんと編集部が選んだ、おすすめ21商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

【プロ厳選ランキング】リーシュコードのおすすめ11選|絡みにくいコードの選び方も解説!

サーフィンをするときに忘れてはいけないのが、サーフボードを体につなぎとめておくリーシュコードです。ただ、「大事なのは知っているけれど、どう選べばいいのかわからない」という声もよく聞かれます。リーシュコードは長さや太さなどの種類が多く、なにを選べばいいのか悩む方が多いようです。この記事ではリーシュコードの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフィングローブのおすすめ11選|水温に合わせた選び方もご紹介!

寒い地域や冬場のサーフィンに欠かせない「サーフィングローブ」。防寒だけではなく、紫外線やけがなども防いでくれる便利なアイテムです。しかし、各メーカーからさまざまな商品が販売されているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人も多いですよね。ここでは、サーフィングローブの選び方のポイントを解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだおすすめ11商品をご紹介します。自分にぴったりのグローブを見つけて、快適にサーフィンを楽しみましょう!


【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

【プロ厳選ランキング】サーフボードケースのおすすめ11選|ニットケースからトラベルケースまでご紹介!

衝撃や紫外線、潮風などで傷みやすいサーフボードを守るために欠かせない「サーフボードケース」。購入しようと思うと種類が多く、サイズやデザインもさまざまで正直どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、サーフボードケースの選び方を解説し、ワイルドライフクリエーターの荒井裕介さんと編集部が選んだ、おすすめの11商品をご紹介します。


住まい・DIYの人気記事


>>もっと見る