モバイルプリンターおすすめ13選【canon・ブラザー・エプソン】スマホ対応モデルも

Canon インクジェットプリンター PIXUS iP110 モバイルコンパクト
出典:Amazon


モバイルプリンターは、持ち運びに便利な軽量でコンパクトなプリンターのこと。A4サイズやスマホ対応のモデルも多く、キヤノンやブラザー、エプソンなどのメーカーからさまざまな製品が販売されています。

本記事では、モバイルプリンターの賢い選び方とおすすめのモデルをご紹介。また、Amazonや楽天など通販サイトの最新人気ランキングも載せていますので、売れ筋や口コミもあわせてチェックしてみてください。


目次

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー
古賀 竜一

令和3年度 中小企業庁 「中小企業119」登録専門家。 ITサポートエンジニアとして2002年に創業しこれまでに数多くのサポート実績があります。 オーダーPCの製作をはじめ、コンピューター端末・周辺機器などのハードウェア、IT環境保守が専門です。 個人、事業所問わず提案型技術アドバイザーとしてIT環境のリプレース、リペアを数多く成功させています。 メディアへの記事監修協力、IT記事寄稿なども行っています。

モバイルプリンターとは


さまざまなプリンターが市販されていますが、モバイルプリンターとそれ以外のプリンターの明確な線引きはどのあたりにあるのでしょうか?

持ち運びができる便利なプリンター

モバイルとは、「可動性の」「動きやすくて」のような意味の英語、mobileのこと。つまり、直訳するなら「可動性の、持ち運べるプリンター」といった意味になります。あちこちに移動して使用するプリンターと言いかえてもよいでしょう。

一般的には、2Kg程度までの移動可能なプリンターをモバイルプリンターといいます。

A4サイズまでの印刷を想定

モバイルプリンターで、重さとともに気になるのが印刷能力です。とくにどの大きさの紙に対応しているかは、使用場面可能シーンにも直結する重要なポイントです。

モバイルプリンターとして市販されている製品は、大きくてもA4サイズまでの印刷までを想定しています。逆に小さいサイズは、レシートサイズやA7、写真サイズなど製品によってバリエーションがあります。

業務用アプリケーションと連動し、出先で帳票やレシートが出力できるものもあります。

モバイルプリンターの選び方


それでは、モバイルプリンターの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の5つ。







上記の5つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

【1】印刷するものに合わせて選ぶ

モバイルプリンターで、おもにどのような印刷を行うのか、その印刷に適した機能を重視しましょう。「文書だけ」「資料をカラーで出力したい」「写真も印刷したい」など想定はさまざまだと思います。

たとえば、写真が必要な場合はインク色の多いカラー印刷重視のものにする、会議資料や書類を印刷することが多いならA4用紙に対応しているものにするなど、求める機能に適した機種を選ぶと使い勝手がよくなります

【2】印刷方式で選ぶ


印刷法域には、インク代がお手頃価格のインクジェット式、インクが不要でコンパクトな感熱式があり、それぞれ特徴がことなるので、解説していきます。

▼インク代がお手頃価格のインクジェット式

プリンターにセットされたインクカートリッジ
Pixabay license logo

家庭用プリンターの印刷方式のなかでもメジャーなのが「インクジェット式」。インクカートリッジをセットして印刷するタイプで、使用する用紙などにかかわらずキレイに印刷できます

一方で、印刷をするほどインクは消耗するため、お手頃価格のインク代でもランニングコストがかかります。モバイルプリンターを外で使う場合には、インク残量に気をつけて使いましょう。

▼インク不要でコンパクトな感熱式

「感熱式」は、専用の用紙へ熱を加えることで写真や文章を印刷するタイプ。レジのレシートなどで使われている方式で、インクを使わないぶん、本体が軽くなりやすいのがメリットです。

ただし、フルカラーなどの専用用紙は高額になりやすく、コストが大きくなりやすいというデメリット。クオリティよりも手軽さを優先したい人ほど、使いやすいでしょう。

【3】電源タイプを確認

モバイルプリンターの電源タイプは、「AC電源タイプ」か「バッテリー対応タイプ」かの2種類です。外出先とはいっても、印刷する場面で電源を確保できる場所ばかりなら、AC電源型でも問題ありません。逆に、モバイルプリンターを使うときに電源のそばにいないことが多いと考えられる場合は、バッテリー対応タイプでないと困ります。

ビジネス用途で取引先での印刷がメインの使い方なら、バッテリ対応タイプがスマートです。「旅行先で撮影した写真を印刷したいけど、印刷はホテルでする」という場合はAC電源タイプを選んでも問題ありません。

基本的にはバッテリー対応タイプが無難ですが、コストとの兼ね合いでしっかり検討しましょう

(★)PC・タブレット・スマホに対応しているかも重要

モバイルプリンターの使いやすさを重視するなら、PCやスマホなどとの接続方式もチェックしましょう。USBケーブルを用いた有線接続だけでなく、Bluetoothなどの無線接続に対応していると、より使い勝手がよくなります。

また、専用のアプリを使って写真を加工し、その場で印刷できるものも。接続方式や機能をきちんと確認し、PCやスマホとしっかり連動できるものを選びましょう。

エキスパートのアドバイス

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

モバイル用途の範囲の想定を明確にしよう

モバイルプリンターは、持ち運びの頻度が多い場合、できるだけコンパクトなものがよいのは言うまでもありません。しかし、据え置きプリンターとして使う頻度のほうが多い場合や機能的に一般的なプリンター同等のものがほしい場合は、サイズアップを多少妥協して機能的に充実したものを選ぶ必要があります。

モバイル用途としてどこまで機能的なものを求めているかを明確にすることで適切な機種選びができます。

モバイルプリンターのおすすめメーカー


インキメーカーごとにモバイルプリンターの特徴と得意分野をご紹介していきます。

キャノン

さまざまなタイプのプリンターを販売し、プリンターを扱うメーカーのなかでも知名度が高い「キャノン」。キャノンのモバイルプリンターはA4サイズまで対応したものや、コンパクト性を追求したものなど、さまざまなタイプがラインナップされています。

自分の使い方や求める機能に合わせて選びやすいので、シーンに合わせても細かく選びたい人にぴったりです。

エプソン

個人向けから事業用まで、さまざまな機器を販売している「エプソン」。エプソンのモバイルプリンターは、シンプルなデザインが特徴的で、お客さんの前でも使いやすい仕様になっています

また、インクの発色がよく、写真から文章まで幅広く対応できるのもポイント。ビジネスシーンで使うプリンターを探している人ほど、使い勝手のよいプリンターを見つけられるでしょう。

HP

「HP」は、ノートパソコンや周辺機器を主に扱うアメリカの企業です。HPのモバイルプリンターはインクトラブルに強いのが魅力で、出先での黒インク切れなどにもしっかり対応できます

さらに、ビジネスモデルや写真モデルなど、印刷したいものや目的に合わせたモデルが多いのもポイント。外出先でもモバイルプリンターを使う機会が多い人におすすめのメーカーです。

ブラザー

愛知県を中心に、世界各国に拠点を持つメーカーである「ブラザー」。日本の企業でありながら、日本よりも海外でのシェア率が高く、より多くの人に製品が使われています。

ブラザーのモバイルプリンターは、A4サイズでも高速プリントが可能になるなど、使いやすい機能性の高さが魅力。無線接続にも対応しているモデルもあり、使いやすさを重視して選ぶなら外せないメーカーです。

モバイルプリンターおすすめ6選|A4対応


ビジネス用途で主流になる、A4用紙が印刷できるモバイルプリンターをご紹介します。

Canon(キャノン)『 PIXUS(iP90V)』

CanonPIXUS(ピクサス)iP90V

出典:Amazon

商品重量 3.34 kg
サイズ 約W310×D174×H51.8mm
タイプ カラー、モノクロ
電源 -
使用可能サイズ -
給紙タイプ -
最高解像度(dpi) 4,800×1,200dpi

コンパクトながら驚きの画質を実現!

4色のインクによって、コンパクトな形状ながら詳細までくっきり描き出すキレイな印刷を実現したプリンター。スマホからのワイヤレスプリントにも対応しており、撮影した写真をその場でキレイに印刷できます。

また、標準モードでの印刷と同程度の品質を保ちながらブラックインクの使用量を抑えることも可能。印刷のコスパも高く、使い勝手のよいモバイルプリンターです。

HP『Officejet(H470)』

HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470 HPOfficejetコンパクト・モバイルA4インクジェットプリンタH470

出典:Amazon

商品重量 約2.09kg
サイズ 約W340.2×D163.8×H80.5mm
タイプ カラー、モノクロ
電源 -
使用可能サイズ -
給紙タイプ -
最高解像度(dpi) -

高速印刷でが出先でも使い勝手がよい!

モノクロなら1分間に22枚、カラーなら1分間に18枚という、高速印刷を可能にしたモバイルプリンター。外出先でも自宅や職場と同じ環境で印刷できるので、ストレスを感じさせないのが魅力です。

インクカードリッジはデスクトッププリンターと同容量のものを使用でき、たっぷり印刷できるのもポイント。さらに、片方のカートリッジだけで印刷できるなど、外出先での使い勝手のよさが際立つプリンターです。

Ex oa

Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』

Canon(キヤノン)『PIXUSiP110』

出典:Amazon

商品重量 約2.0kg
サイズ 約W322×D185×H62mm
タイプ カラー、モノクロ
電源 AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ A4~A5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、長形封筒3号/4号、はがき
給紙タイプ 後トレイ
最高解像度(dpi) 9,600(横)×2,400(縦)

Thumb lg 92476b3e d278 4c86 8062 b612b5c35612

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

オールマイティーに使えるモバイルプリンター

大きさや重量としては、絶えず携帯するといった用途よりも、設置場所を変える環境に向いています。インク色は5色、Wi-Fi対応など通常のプリンターに必要な機能は備わっていますので、コンパクトな据え置きプリンターとしても使えるでしょう。

省スペースをできる限り求める環境にも適しています。営業活動や学生のサークル活動、イベントの現場、会議などビジネスからホームユースまでオールマイティーに使えるモバイルプリンターです。

EPSON(エプソン)『PX-S06』

EPSON(エプソン)『PX-S06』

出典:Amazon

商品重量 約1.7kg(外付けバッテリー装着時:約2.0kg)
サイズ W309×D159×H61mm(収納時)
タイプ カラー、モノクロ
電源 AC100-240V±10% 周波数50/60Hz
使用可能サイズ A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか
給紙タイプ 背面MPトレイ
最高解像度(dpi) 最高:5,760×1,440dpi

持ち運びやすい形の本格モバイルプリンター

モバイルプリンターは、持ち運べるという前提があるために大きさや機能に制限があるケースも少なくありません。

本製品は、外付けバッテリーを付けても2kgで大き目のビジネスバッグにいれて持ち運べるサイズながら、据え置きのプリンターにも負けない多様な種類のプリントに対応しています。

使用する紙も普通紙が使用でき、A4サイズにも対応。ミーティングや打ち合わせ先での資料印刷に活躍してくれることでしょう。

Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』

Brother(ブラザー)『USB接続モデルPJ-723』

出典:Amazon

商品重量 約480g(充電池型コネクタ装着時)、約610g(充電池装着時)
サイズ W255×D55×H30mm
タイプ 感熱紙
電源 ACアダプター、カーアダプター、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池)
使用可能サイズ A4、A4ロール紙、A5、レター、リーガル、カスタム
給紙タイプ 手差し
最高解像度(dpi) 300×300

印刷スピードとバッテリー性能の向上でより便利に

USB接続専用の感熱紙式モバイルプリンター。軽量コンパクトで印刷スピードも速く、ビジネス利用の多いブラザーの機種です。

従来機のPJ-600シリーズと比べて、バッテリー性能および印刷スピードが向上しており、さらに魅力的な製品になっています。取引先で書類を印刷することが多いビジネスパーソンに向いている機種です。

USB接続専用の本製品以外にも、PJ-700ではBluetooth対応機、無線LAN対応機などもラインナップされています。

Ex oa

EPSON(エプソン)『PX-S05』

EPSON(エプソン)『PX-S05』

出典:Amazon

商品重量 約1.6kg
サイズ 約W308×D232×H217mm
タイプ カラー、モノクロ
電源 AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか
給紙タイプ 背面MPトレイ
最高解像度(dpi) 5,760×1,440

Thumb lg 92476b3e d278 4c86 8062 b612b5c35612

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

本格的モバイル用途に最適

このモバイルプリンターは、サイズや重量がコンパクト仕様になっていて、頻繁に持ち運んで使用するモバイル用途に適しています。出先で必要となる設定や操作をサポートする機能も装備しています。

液晶モニタつきで操作性もよく、モバイルバッテリーからの充電が可能など、外でもじゅうぶんにプリンター印刷が可能です。ビジネスなど出先で紙媒体を必要としている方におすすめです。

モバイルプリンターおすすめ7選|スマホ対応、写真印刷


スマホからBluetooth接続で印刷できるモバイルプリンターなどをご紹介します。

Ex oa

HP『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet200MobileCZ993A#ABJ』

出典:Amazon

商品重量 2.1kg
サイズ 約W364×D186×H69mm
タイプ ISOカラー、ISOモノクロ
電源 AC100~240V 50/60Hz
使用可能サイズ A4、A5、A6、B5(JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき
給紙タイプ 後トレイ
最高解像度(dpi) モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200

Thumb lg 92476b3e d278 4c86 8062 b612b5c35612

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

一般的なプリンターのように自然に使える

このモバイルプリンターは、モバイル用という特殊性を意識することなく自然に使用できます。それは、ヘッド一体型インクはほかの一般的なインクジェットプリンターと共通のため、インク入手もしやすく、取り換えもかんたん。

インク共通のHP製プリンターをほかにも使用していれば、インクストックも共通化できて便利です。サイズや重量はそこそこありますが、ACアダプタ式ではなくコンセント電源方式ですから、持ち運ぶ際にはかさばりません。仕事で印刷する機会が多い方のプリンターサブ機としてもおすすめです。

Ex oa

HP『OfficeJet 250 Mobile AiO』

HP(ヒューレット・パッカード)『OfficeJet250MobileAiO』

出典:Amazon

商品重量 3.06kg
サイズ W380×D198×H91mm
タイプ ISOカラー、ISOモノクロ
電源 AC100~240V、50/60Hz
使用可能サイズ A4、A5、A6、B5 (JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき
給紙タイプ 後トレイ
最高解像度(dpi) モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200

Thumb lg 92476b3e d278 4c86 8062 b612b5c35612

九州インターワークス代表者/IT環境保守リペアラー

コンパクトサイズな複合機

複合機でありながら、モバイルと銘打っているだけあって一般的な複合機よりもかなりコンパクトなサイズです。スマホ対応でバッテリー駆動もできるため、モバイルプリンターとしての本領も発揮できますし、必要なときに必要な場所へ移動して使うのにも適しているでしょう。

一般的な複合機並みの機能を持っていますので、コンパクトサイズの据え置きプリンターとしても活用できます。

3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』

3E(スリーイー)『pomini(ポミニ)MA-100』

出典:Amazon

商品重量 186g(本体のみ)
サイズ W120×D74×H22.8mm
タイプ 専用紙(カラー)
電源 付属の専用USBケーブルにて充電
使用可能サイズ 50mm×76mm
給紙タイプ 専用紙をセット
最高解像度(dpi) 313

スマホでさまざまな加工をして印刷

スマホで撮影した写真を専用アプリで好きなように加工してから印刷を楽しめる、スマホ専用のモバイルプリンター。アプリで加工した画像に音声データをつけて、QRコードでシェアも可能です。(QRコードの保存期間は1年)

InstagramなどSNSで写真加工が楽しい、と感じている方ならすんなりと使いこなせそうです。ただ、専用紙が少々高いためじゃんじゃん印刷するというのではなく、友人たちと集まったときなどの記念撮影に向いています。

Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』

Canon(キヤノン)『iNSPiCPV-123』

出典:Amazon

商品重量 160g(内蔵電池含む)
サイズ W118×D82×H19mm
タイプ 感熱紙式(Zero Ink® technology)
電源 USB充電
使用可能サイズ 50×76mm
給紙タイプ 手差し
最高解像度(dpi) -

スマホの写真印刷に最適! かわいいデザインが魅力

スマホの写真を撮影してその場でプリントしたい、というときに活躍するモバイルプリンター。メモ帳サイズで丸みを帯びた長方形、パステルカラーでおしゃれなデザインです。気軽に写真を印刷してスクラップブックに貼ったり、友人と一緒に自撮りしたあと印刷して渡したり、といった楽しみ方に向いています。

印刷方式は感熱紙式で、専用の紙を使う必要があります。専用紙はシールになっているため、そのままノートに貼り付けられます。スマホからの専用アプリで操作する、スマホのためのモバイルプリンターです。

HP『Sprocket 1AS85A#ABJ』

HP(ヒューレット・パッカード)『Sprocket1AS85A#ABJ』

出典:Amazon

商品重量 170g
サイズ W118×D80×H22mm
タイプ 感熱紙(ZINK Zero Ink)
電源 電源の種類:リチウム ポリマー7.4 V、2セル、550 mAh内蔵充電式バッテリ
使用可能サイズ -
給紙タイプ フォト:最大10ページおよびスマートシート
最高解像度(dpi) 313×400

Bluetooth接続で複数のスマホから写真印刷

感熱紙方式でカラー印刷をする、1サイズ印刷に特化したHPのモバイルプリンター。ZINK対応で、インクカートリッジ不要の印刷が可能です。とてもコンパクトなサイズで、スマホと同じ感覚で持ち歩けます。

Bluetooth接続で複数のスマホからのアクセス、印刷が可能なので、友人同士で撮影しあってその場で印刷したり、写真を交換したりすることもかんたんです。専用のフォト用紙は背面シールなので、「思い出をどんどんノートに貼りつけて、みんなで思い出を書き込みあう」ということもできます。

FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』

FUJIFILM(富士フイルム)『スマホdeチェキinstaxSHARESP-3SQ』

出典:Amazon

商品重量 312g(バッテリー、フィルム別)
サイズ W116×D130.5×H44.4(突起部除く)
タイプ その他(フジフイルム インスタントフィルム instax SQUARE)
電源 充電式バッテリー NP-50(1個)
使用可能サイズ -
給紙タイプ そのほか(フィルムパックをセット)
最高解像度(dpi) 12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)

チェキの風合いは残しつつ高画質スクエアプリント

チェキのような風合いは残しつつも、高精細の銀塩写真のような美しい写真がプリントできます。従来機種はプリント画面サイズが、62×42mmでしたが、SP-3では62×62mmと大きなスクエア型にグレードアップ。より繊細な表現が可能になりました。

本シリーズの大きな楽しみのひとつでもある多彩なテンプレートはさらに充実。専用スマホアプリも充実の機能でオリジナルの写真づくりが楽しめるプリンターです。

Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』

Brother(ブラザー)『MprintMW-145MFi』

出典:Amazon

商品重量 約300g(充電池・感熱紙C-11含む)
サイズ W160×D100×H17.5mm
タイプ 感熱紙
電源 リチウムイオン充電池、充電用ACアダプター、充電用カーアダプター
使用可能サイズ ブラザー純正A7カット紙 69×100mm(複写紙の場合:62×95mm)
給紙タイプ ペーパーカセットによる自動給紙機構
最高解像度(dpi) 300×300

Bluetooth接続でiPhoneなどから印刷

このモバイルプリンターは、さらに小型化。A7印刷に特化しており、携帯性を重視したモデルとなっています。Bluetooth接続でiPhoneやiPadから印刷できるようになって操作性も向上。感熱紙タイプの印刷方式で、印刷物の品質は鮮明で、インクカートリッジの残量を気にする必要はありません。

重さも、充電池や感熱紙をセットした状態でも約300gと軽量で、ビジネスバッグに入れて気軽に持ち歩けます。A7サイズのコピーが可能になった点も便利です。

番外編|レシート・プリント用モデル


業務用としてレシートやバーコードなどのプリントが可能な超小型プリンター。屋外イベントなどでの出店時にも活躍しそうです。

SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』

SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』

出典:Amazon

商品重量 約180g
サイズ W79×D110×H44mm
タイプ 感熱ラインドット方式
電源 Li-lon充電池
使用可能サイズ -
給紙タイプ サーマルロール紙(紙幅58mm)
最高解像度(dpi) -

レシートや帳票印刷に活躍する超小型プリンター

小売店のレジやフリーマーケット、バザーなどのレシート用プリンターとしても活躍してくれる手のひらサイズの超小型モバイルプリンターです。業務システムに組み込むことで、帳票やバーコードなどの印刷も可能なので、企業で大規模導入を検討するケースもあるようです。

また、各種モバイル決済にも対応しているも大きな特徴です。現金のやりとりしかできなかったイベント出店時にも手軽に導入できるので顧客の利便性向上にも役立ちます。

一般用途では特殊なプリンターですが、業務用途では応用の幅の広い製品です。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
Canon(キャノン)『 PIXUS(iP90V)』
HP『Officejet(H470)』
Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』
EPSON(エプソン)『PX-S06』
Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』
EPSON(エプソン)『PX-S05』
HP『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』
HP『OfficeJet 250 Mobile AiO』
3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』
Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』
HP『Sprocket 1AS85A#ABJ』
FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』
Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』
SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』
商品名 Canon(キャノン)『 PIXUS(iP90V)』 HP『Officejet(H470)』 Canon(キヤノン)『PIXUS iP110』 EPSON(エプソン)『PX-S06』 Brother(ブラザー)『USB接続モデル PJ-723』 EPSON(エプソン)『PX-S05』 HP『OfficeJet 200 Mobile CZ993A#ABJ』 HP『OfficeJet 250 Mobile AiO』 3E(スリーイー)『pomini(ポミニ) MA-100』 Canon(キヤノン)『iNSPiC PV-123』 HP『Sprocket 1AS85A#ABJ』 FUJIFILM(富士フイルム)『スマホ de チェキ instax SHARE SP-3 SQ』 Brother(ブラザー)『Mprint MW-145MFi』 SII(セイコーインスツルメント)『MP-B20』
商品情報
特徴 コンパクトながら驚きの画質を実現! 高速印刷でが出先でも使い勝手がよい! オールマイティーに使えるモバイルプリンター 持ち運びやすい形の本格モバイルプリンター 印刷スピードとバッテリー性能の向上でより便利に 本格的モバイル用途に最適 一般的なプリンターのように自然に使える コンパクトサイズな複合機 スマホでさまざまな加工をして印刷 スマホの写真印刷に最適! かわいいデザインが魅力 Bluetooth接続で複数のスマホから写真印刷 チェキの風合いは残しつつ高画質スクエアプリント Bluetooth接続でiPhoneなどから印刷 レシートや帳票印刷に活躍する超小型プリンター
商品重量 3.34 kg 約2.09kg 約2.0kg 約1.7kg(外付けバッテリー装着時:約2.0kg) 約480g(充電池型コネクタ装着時)、約610g(充電池装着時) 約1.6kg 2.1kg 3.06kg 186g(本体のみ) 160g(内蔵電池含む) 170g 312g(バッテリー、フィルム別) 約300g(充電池・感熱紙C-11含む) 約180g
サイズ 約W310×D174×H51.8mm 約W340.2×D163.8×H80.5mm 約W322×D185×H62mm W309×D159×H61mm(収納時) W255×D55×H30mm 約W308×D232×H217mm 約W364×D186×H69mm W380×D198×H91mm W120×D74×H22.8mm W118×D82×H19mm W118×D80×H22mm W116×D130.5×H44.4(突起部除く) W160×D100×H17.5mm W79×D110×H44mm
タイプ カラー、モノクロ カラー、モノクロ カラー、モノクロ カラー、モノクロ 感熱紙 カラー、モノクロ ISOカラー、ISOモノクロ ISOカラー、ISOモノクロ 専用紙(カラー) 感熱紙式(Zero Ink® technology) 感熱紙(ZINK Zero Ink) その他(フジフイルム インスタントフィルム instax SQUARE) 感熱紙 感熱ラインドット方式
電源 - - AC100~240V 50/60Hz AC100-240V±10% 周波数50/60Hz ACアダプター、カーアダプター、リチウムイオン充電池(Li-ion充電池) AC100~240V 50/60Hz AC100~240V 50/60Hz AC100~240V、50/60Hz 付属の専用USBケーブルにて充電 USB充電 電源の種類:リチウム ポリマー7.4 V、2セル、550 mAh内蔵充電式バッテリ 充電式バッテリー NP-50(1個) リチウムイオン充電池、充電用ACアダプター、充電用カーアダプター Li-lon充電池
使用可能サイズ - - A4~A5、レター、リーガル、洋形封筒4号/6号、長形封筒3号/4号、はがき A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか A4、A4ロール紙、A5、レター、リーガル、カスタム A6~A4、リーガル、レター、六切、ハイビジョン、名刺、KG、2L判、L判、ほか A4、A5、A6、B5(JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき A4、A5、A6、B5 (JIS)、封筒(長形3号/長形4号)L判、2L判、はがき、往復はがき 50mm×76mm 50×76mm - - ブラザー純正A7カット紙 69×100mm(複写紙の場合:62×95mm) -
給紙タイプ - - 後トレイ 背面MPトレイ 手差し 背面MPトレイ 後トレイ 後トレイ 専用紙をセット 手差し フォト:最大10ページおよびスマートシート そのほか(フィルムパックをセット) ペーパーカセットによる自動給紙機構 サーマルロール紙(紙幅58mm)
最高解像度(dpi) 4,800×1,200dpi - 9,600(横)×2,400(縦) 最高:5,760×1,440dpi 300×300 5,760×1,440 モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200 モノクロ(最高):1,200×1,200、カラー(最高):4,800×1,200 313 - 313×400 12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ) 300×300 -
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2021年4月28日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年6月10日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする モバイルプリンターの売れ筋をチェック

Amazon、Yahoo!ショッピングでのモバイルプリンターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:モバイルプリンタランキング
Yahoo!ショッピング:モバイルプリンターランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

まとめ


ITサポートエンジニア・古賀竜一さんにお話をうかがい、モバイルプリンターの選び方とおすすめ機種をご紹介しました。

古賀さんのアドバイスにもありましたが、モバイルプリンターは、印刷方式によって特徴が異なります。それぞれの特徴を踏まえたうえで機種選びをはじめましょう。電源方式も忘れず確認しておくことで、購入後も満足して使える商品が選べます。

モバイルプリンターはなんでもできるものより、目的を絞り込んだ方がリーズナブルな価格で購入できます。自分の目的に合ったモバイルプリンターを購入することで、ビジネスや遊びでの活用もより便利になりますよ。

【関連記事】そのほかのプリンターもチェック

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

「痩せます」が口癖の美人妻とかわいい子供たちと暮らすサッカー好きの30代編集者。プロを目指していた大学生までは、筋肉に覆われていた身体(酔うと服を脱ぎ筋肉自慢)だったものの、数年前に社会人サッカーを引退してから一気に太り、見るも無残な身体に。「美容・健康」以外のジャンルであれば、特に得意・不得意もないオールラウンダー。最近、自宅から徒歩圏内のスタジアムに観戦に行くと、必ずホームチームが負けるので、特に応援しているチームではないものの、疫病神かもしれないと心配している。

関連する記事


プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる

プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる

本記事では家電製品・家電流通ライター近藤克己さん監修のもと、プリンターの選び方とタイプ別おすすめ人気ランキング16選をご紹介いたします。どんなタイプがあり、どんな用途で使用するのかなど、プリンターについての基礎知識をしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , 生活家電

格安プリンターおすすめ11選|高機能な高コスパモデルを紹介

格安プリンターおすすめ11選|高機能な高コスパモデルを紹介

「プリンターを購入しようと考えているけど、できるだけ費用は抑えたい。」「安い機種は欲しいけど、機能性も充実している方が嬉しい。」そう考えている方は多いのではないでしょうか。実際、プリンターの価格は昔と比べ下がり、高機能なものでも1万円を切るものまで販売されています。しかし実は、「本体価格は下がってもランニングコストは上がってしまう」というケースもあり、一概に安さだけで選んではいけません。本記事では、低価格なプリンターを購入しようと考えている方に向け、安いプリンターのお得な選び方、そして、1万円以下で高機能なコスパのいいおすすめプリンターをご紹介。本記事を読めば、購入した後も、コスパよくプリンターを活用でき、機能にも満足できる商品選びに近づくはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , プリンター

コピー用紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

コピー用紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

書類などを印刷するときに必要なコピー用紙。オフィスだけでなく、プリンターのあるご家庭でも必需品です。同じように見えるコピー用紙ですが、上質紙や普通紙、再生紙といった紙の違いや、白さ、厚みなどの要素によって、質感や印刷物の映え方が異なってきます。本記事では、コピー用紙の選び方とおすすめ商品を紹介。記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。

Icon mini tag パソコン , パソコンサプライ品 , プリンター

インクジェットプリンターおすすめ10選|ヘッド一体型の機種も紹介

インクジェットプリンターおすすめ10選|ヘッド一体型の機種も紹介

コンパクトなサイズと汎用性の高さから、家庭用印刷機の定番であるインクジェットプリンターは、イラストや写真の印刷に向いています。本体価格も安価なものが多く、手軽に入手できる反面、インクカートリッジの費用がかかるのでトータルでの印刷コストへの注意が必要です。セルフでもきれいに印刷できるか、長期保管しても色が落ちないかどうかなども気になるポイントですよね。本記事では、インクジェットプリンターの選び方と、写真印刷・Wi-Fi対応・価格重視など、様々な観点からおすすめ機種を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Icon mini tag パソコン , パソコン周辺機器 , プリンター

エプソンのプリンターおすすめ11選【エコタンク、6色インキ、スキャナー、A3対応】

エプソンのプリンターおすすめ11選【エコタンク、6色インキ、スキャナー、A3対応】

写真印刷に特化したモデルが多く、家庭向けの「Colorio」、より高画質な写真印刷ができる「Proselection」などがあり、年賀状の印刷も可能なエプソンのプリンター。インクが継ぎ足し・印刷コスパが安いエコタンク搭載モデル、6色インクモデル、スキャナー・コピー機能があるモデル、A3がプリントできるモデルなど種類が豊富な点も魅力です。この記事では、エプソンプリンターの選び方、おすすめ商品をご紹介します。家電製品・家電流通ライターの近藤克己さんからのアドバイス、通販サイトの口コミや評判、最新人気ランキングやスペック比較表もあるので、ぜひチェックしてみてください。

Icon mini tag パソコン周辺機器 , プリンター

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、安心・べんりなお買い物サポートメディアです。知識豊富なエキスパートがあなたの欲しいモノ、商品の選び方、情報を解説してサポート。ユーザーアンケートや人気ランキングなど、役に立つ情報で満足いくお買い物を「ナビ」します。