【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる

【2020】プリンターおすすめ人気ランキング16選|コスパ良く写真や文書をキレイに仕上げる
家電製品・家電流通ライター
近藤克己(プラスワン・クリエイティブ)

家電業界専門誌の編集長を経て独立、家電製品専門のフリーペーパー「カデンプラス」を発行しながら、フリーランスのライターとしても活動中。日々、家電製品と格闘している。 家電量販店業界にも精通し、家電流通のウラのウラまで知り尽くしている。趣味はフォークギーター、アニメ、登山、ゴルフ。

本記事では、家電製品・家電流通ライター近藤克己さん監修のもと、プリンターの選び方とタイプ別おすすめ人気ランキング16選をご紹介いたします。どんなタイプがあり、どんな用途で使用するのかなど、プリンターについての基礎知識をしっかり解説しているので、ぜひ参考にしてください。プリンターの売れ筋も分かりますよ。


プリンターは機能によってコスパが変わる コピー機能・値段・スキャナー付きなど

プリンターの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

プリンターは、写真や文章、イラストを印刷してくれる家電。現在では、様々なニーズに合わせてたくさんの種類が登場しています。ひとくちに「プリンター」といっても、用途や目的、使う頻度によって、同じ家庭用でも写真・文章のプリントのきれいさや維持コストなどが大きく変わってくるため、選び方がとても重要になってきます。

本記事では、「とりあえずどんなプリンターがあるのか知りたい。」「プリンターが必要になり始めた」という方に向け、家電製品・家電流通ライター近藤克己さん監修のもと、プリンターの選び方とおすすめランキングをメーカー含めてご紹介いたします。本記事を読めば、プリンターの基本的な選び方は網羅できますので、自宅にピッタリの商品を購入するため、ぜひ参考にしてください。

プリンターの選び方

【Step1】印刷方式の種類を確認

プリンターの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

まず初めに、プリンターの印刷方式を押さえておきましょう。印刷方式はインクジェット式とレーザー式に2つに大別され、一般的に家庭用はインクジェット、ビジネス用はレーザーというように分かれています。

プリンター購入の際にはチェックしておくと失敗がないです。インクジェットであればインク代の安いプリンターなど絞りやすくもなります。ランニングコストも含め、あらかじめ計算しておきましょう。

インクジェット方式(インクジェットプリンター)

インクジェット方式は、インクに圧力や熱を加えることで細かな粒子にし、印刷用紙に吹きかけてプリントする方式。家庭用に向いているのがこの方式を採用したインクジェットプリンターです。

シンプルな印刷方式を採用しているため、本体のサイズがコンパクトに収まり、機種によっては、解像度の高い写真印刷も可能です。しかし、印刷時間が掛かってしまうのがデメリットです。ランニングコストがかかるので、コストパフォーマンスを考えて選択しましょう。

レーザー方式(レーザープリンター)

レーザー方式は、「ドラム」と呼ばれる内部の筒にレーザービームを照射し、インクを付着させ、その筒を印刷用紙に押し当ててプリントする方式。そのため、ビジネス用に向いているのがレーザープリンターです。

「ドラム」をスタンプの様に押し当てて用紙に印刷していくため、早く、大量に印刷することが可能なのがメリット。しかし、解像度があまり高くなく、写真や画像の印刷には不向きです。白黒のみのコピー機や印刷機としては業務用プリンターとして大活躍してくれます。

メリット・デメリット一覧表

インクジェットプリンターとレーザープリンターのメリット、デメリット

Photo by マイナビおすすめナビ

(※)ポイント:家庭用で使用するならインクジェット方式を!

メリットではないかもしれませんが、最近発売されているインクジェットプリンターの多くが、自動両面印刷や自動電源ON/OFFなどの機能を搭載しています。

ランニングコストも、大容量インクの登場などにより、かなり低く抑えられていますので、ご家庭用で使われるのであれば、私はレーザープリンターよりもインクジェットプリンターをおすすめしたいと思います。

中古での販売も多く、安い時期を見定めれば激安で手に入れられる機会も多いでしょう。ただ、中古は耐久性に懸念点があるので、壊れにくいプリンターが欲しい場合はよく検討しましょう。

【Step2】プリンターのタイプを確認

プリンターには、「複合機タイプ」、「単機能タイプ」、「フォトプリンタータイプ」の3種類があります。用途・目的によって選ぶことで使いやすさやコスパが変わってきます。しっかり押さえておきましょう。

複合機タイプのレーザープリンター カラーやモノクロも!

複合機タイプは、印刷だけでなく、書類のコピーやスキャン、FAX、ほかにも、CDやDVDのラベル印刷まで、様々な機能を搭載しているプリンターです。本体サイズが大きく、より高機能であれば価格も高くなりますが、とくにこだわりがないなら、スキャン、コピー機能の付いた複合機がおすすめです。

たまに使う程度であれば、サイズのコンパクトさや本体価格で選ぶのもいいでしょう。大量にプリント・コピーをする場合は、ランニングコストをよく考えて選びましょう。

近年の複合機プリンターは格安で高機能!

今の時代、コンビニに行けばプリントできます。コピーもFAXも可能です。便利な時代になったものですね。しかし、特に子どもがいたりすると、やれ保険証のコピーが必要だ、資料をスキャンしてメールで送付、FAXを送受信しなければならないなど、複合機があれば便利なのにと思うシーンは比較的多いものです。それらの機能がついた複合機も安く買える時代になっていますので、単機能のプリンターではなく複合機を購入しておくことをおすすめします。

単機能プリンタータイプ

単機能プリンターは、プリント機能のみを搭載したプリンターです。機能が絞られたぶん、ローコストであることが多く、相場よりも格安で手に入れることも可能。コンパクトプリンターやモバイルプリンターも多く、省スペースであるケースがほどんどです。

ただし、写真印刷をすることができるものもありますが、多くはモノクロ・白黒の印刷に特化したタイプです。そのため、写真印刷がきれいなプリンターを探している場合には別途探しましょう。「たくさんの機能はいらない」「プリントさえできればいい」という方は単機能プリンターがおすすめです。

フォトプリンタータイプ

フォトプリンターは、スマートフォンやデジタルカメラの写真をそのまま印刷できるプリンターです。接続方法は機種により、Wi-Fiや有線などがあります。写真のみ印刷することができるもので、本体サイズも小さく、価格も安いため、「画像データを気軽に印刷したい」という人にとっては、コスパが抜群でおすすめです。しかし、商品の中にはA4不可やハガキサイズのみといった機種もありますのでしっかし確認しておきましょう。

【Step3】使用インクの種類を確認

印刷の仕上がりに影響するインクには、「顔料インク」、「染料インク」、染料と顔料を一緒に使用する「ハイブリッドインク」の3種類があります。家庭用インクジェット複合機では、ハイブリッドインクを使用するケースがほとんどですが、ここもしっかり押さえておくと、印刷の写りが変わります。

顔料インク

顔料インクは、インクの粒子が大きく、水に溶け切っていないインクのこと。印刷用紙に染み込ませないで、表面にインクを付けられるので、鮮明な色合いを表現します。また、速乾性も高く、かすみにくいため、写真やグラフなどが多い資料の印刷もきれいに仕上げます。カラープリンターとしてきれいに印刷できるかは重要な指標なので、しっかりと確認しておきましょう。

染料インク

染料インクは、インクの粒子が細かく、水に溶け切っているインクのこと。印刷用紙の繊維にインクを浸透させ、発色させるため、用紙の紙質を活かした、鮮やかで透明感のある色合いを表現します。しかし、乾くまでに時間がかかり、また、水滴がかかるだけで滲んでしまうので、印刷直後や保管には注意が必要です。

ハイブリッドインク

ハイブリッドインクは、顔料インクと染料インクを組み合わせたインクのこと。文章の印刷、写真・画像の印刷の際、最適なインクを選び、自動で使い分けてくれるため、それぞれの被写体に合わせたきれいにプリントできます。

しかし、たくさんのインクを使用するのでインクコストが掛かります。プリンター本体が安く買えても、インクコストが高くなってしまっては元も子もありません。本当に必要な写真印刷のレベルはどの位なのかを、よく見極めた方がいいでしょう。

トナーインク

トナーインクは、ミクロサイズの粉末状になっている、レーザープリンター専用のインクのこと。粉末状で粒子が定着しやすいため、滲まずにプリントができます。また、インクコストも安いです。しかし、様々な色合いを表現するには不十分ですので、ビジネスで文章印刷する際に活躍するインクです。

【Step4】本体のインクカートリッジを確認

インクのカートリッジについても、「分割型」「一体型」「トナー型」の3種類があります。カートリッジ方法によっては、ランニングコストが大きく変わりますので、しっかり押さえておきましょう。

カートリッジ分割型

プリンターの中のインクの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

多くのインクジェットプリンターで採用されているのが分割型。各色ごとにカートリッジがあり、1色が切れた際にはその色のみの交換で済みます。一体型に比べ大きくランニングコストを節約できるでしょう。

カートリッジ一体型

全色一つのカートリッジに入っているのが、一体型。本体サイズの小さなプリンターはほとんどがこのタイプでしょう。ただし1色でも切れると印刷することができず、ほかの色が残っていても取り換える必要があります。

トナー型

オフィスプリンターのインク取り替えの画像
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

カラーレーザーやモノクロレーザーなど、レーザープリンターで採用されているのがトナータイプ。トナーは1本で1万円ほどすることもあり、一見するとコスパが悪いようにも感じますが、その1本で2,000枚ほどプリントすることが可能ですので、交換頻度は3種類の中で最も少なくなります。

有名メーカー・ブランドをチェック

家庭用プリンターを販売しているメーカーは数多く存在しますが、その中でも3強ともいえるのがキャノン、エプソン、ブラザーの3社。パソコンの接続機能や操作性なども含めてメーカーのカンタンな特徴をご紹介しますので、商品選びの参考にしてみてください。
※各社のシェア率は、IDC Japan調べ、2017年 国内インクジェットプリンター/MFP市場実績 より

エプソン(EPSON)

エプソンで有名なのは、写真印刷のクオリティの高さが売りの「カラリオ」シリーズでしょう。もともとエプソンは写真プリントに定評がありましたが、最近では全て染料インクの6色対応タイプが増えたことで、より鮮明な画質でプリントできるようになりました。国内のインクジェットプリンターシェアは43.8%(※)で、業界1位に立っています。

エプソンのプリンターはコスパ最強との呼び声も高く、小型プリンターの評判もいいです。カートリッジにも大きな変更を加え、コスト面、環境面でメリットのある大容量エコタンク(インクタンク)機種も発売。2017年にはA3サイズに対応した機種が登場するなど、印刷技術だけでなく、プリンターそのものの機能性を高めてきているメーカーです。

キヤノン(CANON)

国内のインクジェットプリンターシェアも43.7%(※)を占める2番目人気のメーカー。人気機種「PIXUS(ピクサス)」を筆頭に、6色のハイブリッドインクを採用している機種が多く、写真、文書ともに、バランスのよい印刷をすることができます。

家庭用プリンターとして使われることが多く、最新プリンターの評価も毎度高いです。基本色でもあるシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色は染料インク、これに顔料インクのライトグレー、ブラックの2色を加えることで、色の階調性を整えています。にじみがなくシャープな印象を与える印刷ができるので、特に文字印刷ではその真価を発揮してくれるでしょう。

ブラザー(brother)

国内のインクジェットプリンターシェア10.3%(※)で、3位になっているのが、世界40カ国に拠点を置くグローバル企業・ブラザー。特にインクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」シリーズは低コスト、高機能と人気が高く、主力商品となっています。

パソコン用のプリンターであればどれも非常に使いやすく、慣れによる部分が大きいかもしれません。ブラザーでは6色インクには対応しておらず、4色インクのみでの印刷となります。先述の2社と比較すると、必要十分の機能をバランス良く搭載したコスト面で優れた機種を揃えています。

(※)ポイント:プロから見たそれぞれの特徴

キヤノン、エプソン、ブラザーならば、全国の家電量販店やホームセンターに純正インク、一部の100円ショップやディスカウントショップでは互換インクが売っており、どのメーカーを選んでも失敗はないです。あえて言うなら、印刷の美しさならエプソン、キヤノン。コスト重視ならブラザーでしょうか。

各社、年賀状などのダウンロードコンテンツも豊富で、パソコンプリントだけでないさまざまな楽しみ方を用意しています。また、キヤノンは下取りサービス、エプソンは未開封純正インクのポイント交換を含む5年サポート(有償)と、買い替え時のサービスも充実してます。正直言って、どのメーカーを選ぶかはユーザーの好みです。家電量販店の店頭で本体デザインと印刷サンプルを見て、自分好みのプリンターを探しましょう。

【レーザープリンター】おすすめランキング3選

まずは家電製品・家電流通ライター近藤克己さんが選んだ、レーザープリンターのベスト3をご紹介します。小規模オフィスなど、ビジネスの際にメインで活躍するプリンターを紹介いしているので、ぜひ参考にしてください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第3位】ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』

3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 3位ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』

出典:Amazon

印刷方式 レーザー
タイプ 単機能
ボディーの色 ブラック
インクの種別と色数 トナー/1色(ブラック)
ランニングコスト A4モノクロ文章約3円
機能 プリント、Wi-Fi対応
最大用紙サイズ A4

約34枚/分の高速モノクロレーザー

テキスト印刷だけなら低価格なモノクロレーザーがオススメ。A4モノクロ文章の印刷スピードは毎分約34枚と高速。高さわずか18.3cmのコンパクトボディならが自動両面印刷機能を標準搭載しており、用紙コストが削減できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第2位】キヤノン『Satera(LBP841C)』

2位キヤノン『Satera(LBP841C)』

出典:Amazon

印刷方式 レーザー
タイプ 単機能
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 トナー/4色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト A4カラー文章約11.1円、A4モノクロ文章約2.8円(大容量トナー使用時)
機能 プリント
最大用紙サイズ A3

A3カラープリントができるレーザープリンター

カラー/モノクロともに26枚/分の高速印刷が可能。ファーストプリントが約7.9秒と、立ち上がりが早いのも特徴です。大容量トナーを使用すれば、A4カラー文章1枚当たり約11.1円と低ランニングコスト。

A3用紙トレイを標準装備していますが、オプショントレイを使えば最大4段多段給紙で異なる用紙・サイズを同時にセットできます。手差しトレイを使えば最長1,200mmの長尺印刷にも対応します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第1位】ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』

1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 1位ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』

出典:Amazon

印刷方式 レーザー
タイプ 複合機
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 トナー/4色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト A4カラー文章約17.4円、A4モノクロ文章約3.1円
機能 プリント、コピー、スキャン、ファクス、Wi-Fi対応
最大用紙サイズ A4

両面スキャンも簡単なファクス機能搭載A4レーザー

文ファクス機能搭載のA4カラーレーザー複合機です。印刷速度はカラー/モノクロともに約24枚/分(片面)。2本のCISスキャナーの採用により、1回の走行で両面同時スキャンが可能。両面自動プリント機能も搭載。

A4用紙カセットのほかに多目的トレイを搭載しており、封筒など厚手の用紙も印刷できます。A4用紙トレイには250枚が収納可能。無線LAN搭載で、パソコンとの接続も容易です。

【インクジェットプリンター】おすすめランキング10選

続いては家電製品・家電流通ライター近藤克己さんが選んだ、インクジェットプリンターのベスト10選をご紹介します。家庭用のプリンターとして活躍する機種ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第10位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(DCP-J582N)』

10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』 10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』 10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』 10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』 10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』 10位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(DCP-J582N)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト L版約18.6円(用紙合計)、A4カラー文書約8.4円
機能 プリント、スキャン、コピー
最大用紙サイズ A4

自動原稿送り装置(ADF)を省いたことで本体価格を抑えたエントリーモデルです。低価格ながらコピー/スキャナー機能を搭載し、文字くっきりの顔料ブラックインク、自動両面プリントなど、上位モデルと同等の機能を有しています。

ランニングコストも上位モデルと同じ。富士フイルムのインクジェットペーパー「画彩 写真仕上げ Proモード」に対応した専用モードを搭載しており、デジカメやスマホの写真をきれいに印刷できます。

ADFを省いて価格を抑えたエントリーモデル

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第9位】キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS5330)』

9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』 9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』 9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』 9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』 9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』 9位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS5330)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック、ホワイト、ピンク
インクの種別と色数 顔料インク/4色(BKブラック、シアン、マゼンダ、イエロー)
ランニングコスト A4カラー普通紙:約18.5円(大容量)、L判写真:約27.8円(大容量)
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A4

使いやすさ重視のエントリーモデル

一体型染料3色インクタンクと独立した顔料ブラックタンクを搭載。女性と若いユーザーをターゲットにラウンド型のやさしいデザインを採用しました。スマホメニューが充実しており、スマホ写真を多用するユーザーにおすすめのエントリーモデルです。

印刷頻度はそれほど多くなく、画質にもそれほど強いこだわりを持たないけど、デザイン性と使い勝手にはこだわりたいユーザーにオススメ。一人暮らしの大学生にも人気です。スマートフォン内の写真を自動補正して印刷する機能や、LINEのトーク画面に写真を送信するだけで簡単に印刷できるトークプリント機能も搭載。フェイスブックのMessengerにも対応(写真のみ)しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第8位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EW-452A)』

8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』 8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』 8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』 8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』 8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』 8位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EW-452A)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト L版光沢写真用紙約25.7円(用紙合計)、A4カラー文書約13.3円
機能 プリント、スキャン、コピー
最大用紙サイズ A4

自動両面印刷に対応したエントリーモデル

低価格ながら、4色独立インクタンク搭載で経済性に優れ、自動両面印刷機能も搭載したエントリーモデル。幅375×奥行き300×高さ170mmのコンパクトボディとシンプルなデザインで、置き場所を選びません。

もちろん、コピー/スキャナー機能を搭載。書斎や子ども部屋用など、2台目用途として選んでもよいでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第7位】エプソン『インクジェット複合機 カラリオ(EP-982A3)』

7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』 7位エプソン『インクジェット複合機カラリオ(EP-982A3)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 染料6色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ)
ランニングコスト L判写真20.6円(税別)
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A3

経理、統計などA3用紙でも印刷が必要なら

A3用紙対応のインクジェット複合機です。経理や事業収益シミュレーション、統計などエクセルを多用する業務や、イベント運営など見取り図を使う業務ではA3用紙印刷機能があると便利。四つ切写真用紙にも対応しており、写真を大きく引き伸ばして印刷することも可能です。

スキャンサイズは最大A4までですが、A3原稿を2つに折って2回スキャンすればPCなしでもA3用紙にコピーでき、A4サイズ・B5サイズの冊子の見開き2ページ分を1枚にコピーすることもできます。自動両面印刷機能も搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第6位】エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』

6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 6位エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 染料4色+顔料1色(マットブラック、フォトブラック、シアン、マゼンダ、イエロー)
ランニングコスト A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税別)
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A4

文章をたくさん印刷するし、写真もキレイに残したい

エプソンの大量印刷ニーズ向けエコタンクシリーズのスタンダードモデル。本体価格を4万円弱(税別)に抑えるとともに、インクも使い切りパック(3,000円、税別)と注ぎ足しパック(1万円、同)の2種類を用意し、買い求めやすくなりました。

使い切りパックは5色インクの1回分で、A4カラー文書約1,000ページの印刷が可能、1枚あたりのコストは2.9円。

注ぎ足しパック(増量サイズ)はA4カラー文書約3,700枚分、1枚あたりのコストは2.7円。

インク5色のうち、にじみが少なく文書印刷に適した黒色顔料インクが1個、残り4個は黒・青・赤・黄の染料インクとなります。

人物の顔を自動的に判別し、逆光や色かぶりを自動補正して印刷する「オートフォトファイン!EX」を搭載。失敗写真も鮮やかに蘇ります。前面1段給紙カセット、自動両面プリント機能も搭載しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第5位】キヤノン『A4インクジェット複合機 G6030』

5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』 5位キヤノン『A4インクジェット複合機G6030』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック
インクの種別と色数 特大容量タンク4色(BKブラック、シアン、マゼンダ、イエロー)
ランニングコスト A4カラー普通紙:約1.0円、A4モノクロ普通紙:約0.5円
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A4

大容量タンク搭載のエコノミーモデル

大量印刷ニーズ向けの特大容量タンク搭載「GIGA TANK」シリーズのスタンダードモデル。A4カラー普通紙の1枚当たり印刷コストは約0.9円、A4モノクロでは1枚約0.4円。

前面カセットに250枚、背面トレイに100枚、合計350枚の普通紙をセットでき、自動両面印刷にも対応しているので、大量印刷でも紙を補給する手間が省けます。

ダウンロード無料のソフトウエアにはチラシ・ポスター・POPのテンプレートが業種別に約100種類用意されているほか、写真・クリップアートも多数利用できるので、SOHOや店舗経営者にもおすすめ。A4用紙を16枚合わせたA0サイズの大判印刷機能も搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第4位】キヤノン『A4カラーインクジェット複合機 G3310』

4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』 4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』 4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』 4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』 4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』 4位キヤノン『A4カラーインクジェット複合機G3310』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック
インクの種別と色数 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト A4カラー文書約0.8円、A4 モノクロ文書約0.3円
機能 プリント、スキャン、コピー
最大用紙サイズ A4

大容量タンクをもっと安く

大量印刷ニーズ向け「GIGA TANK」シリーズのエントリーモデルです。ブラックインクボトル1本で約6,000枚、カラーは約7,000枚の印刷が可能。

顔料ブラックインクボトルを2本同梱しているので、さらにお得です。印刷コストはA4カラー普通紙1枚あたり約0.8円、A4モノクロ1枚あたり約0.3円とダントツの安さ。

自動両面印刷機能と有線LANポートを省いたことで本体の低価格化を実現しました。仕事や学校のレポート、レジャーの下調べでウエブページ印刷など、頻繁に大量印刷する人にオススメです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第3位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(MFC-J903N)』

3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』 3位ブラザー『A4インクジェット複合機プリビオ(MFC-J903N)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック
インクの種別と色数 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー)
ランニングコスト L版写真約18.6円(用紙合計)、A4カラー文書約8.4円
機能 プリント、スキャン、コピー、FAX
最大用紙サイズ A4

いざという時にファクスの送受信ができる

文コンパクトながらファクス機能を搭載しており、パソコンからファクスの送信と受信ができます。今や多くの情報のやり取りはメールで行われますが、小規模な店舗や一部の公的機関ではまだファクスが使われており、ファクス機能があればいざというときに便利です。

液晶ディスプレーで受信内容を確認する「みるだけ受信」機能で用紙・インクの節約ができ、送信時には「みてから送信」機能を使えば誤送信が防げます。最大20枚までの原稿を連続で読み取れる自動原稿送り装置(ADF)搭載で、ファクスやスキャン時に手間が省けます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第2位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EP-882A)』

2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』 2位エプソン『A4インクジェット複合機カラリオ(EP-882A)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック、ホワイト
インクの種別と色数 6色、染料、独立型インク(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ)
ランニングコスト L判写真20.6円(税抜)
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A4

安心の1台、迷ったらコレを買っておけ

エプソンの家庭用インクジェット複合機と言ったら800シリーズ。定番中の定番で、間違いのないモデルです。A4カラー文書1枚あたりの印刷コストは約12円、L判写真は約20.6円と、エコタンクモデルに比べると高くつきますが、発色性のよい6色染料インクにより、スマホ写真も美しいプリントが楽しめます。

逆光補正や普通紙の写真画質を鮮やかにするモードなど、PCを使わずに写真・画像をよりきれいに補正できる機能を搭載しており、文書よりも写真・画像の印刷が多い人に最適です。

また、無線LAN接続したPC・スマホから印刷指定しただけで電源が入り、自動で排紙トレイをオープン。いちいちプリンターのそばまで行って準備する必要がないので、離れた部屋から印刷指示するときに便利です。自動両面プリント機能搭載。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第1位】キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS8330)』

1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』 1位キヤノン『A4インクジェット複合機PIXUS(TS8330)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 複合機
ボディーの色 ブラック、ホワイト、レッド
インクの種別と色数 染料+顔料インク/6色(ブラック(PGBK)、ブラック(BK)、シアン、マゼンタ、イエロー、グレー)
ランニングコスト A4カラー普通紙:約9.9円(大容量/標準容量)、L判写真:約19.4円(大容量)
機能 プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント
最大用紙サイズ A4

キヤノンで迷ったらコレ、全部入りのハイスペック機

6色ハイブリッドインク、4.3型タッチパネル式液晶モニター、多目的トレイ、SDカードスロット搭載によるダイレクトプリントなど、たくさんの機能がぎゅっと詰まったピクサスシリーズのハイスペックモデルです。

新たにプラスされた染料グレーインクにより色の安定性が増しました。文書印刷もそこそこ多い、一眼レフカメラを所有しているので写真にはちょっとこだわりたい、というファミリーユーザーにおすすめ。

多目的トレイにより、ネイルシールのプリントができます。週末だけオシャレしたいという娘さん、クリスマスやお正月だけ特別なネイルをしたいというイベント好きにピッタリです。パソコン/スマホからの印刷指示で自動的に電源オン/排紙トレイオープン機能も搭載。また、CD/DVD/BDのレーベルプリントも可能。

【ハガキ・スマホ写真・持ち運び用】おすすめランキング3選

最後にハガキ専用など、機能特化型のものを番外編的に選んでいただきました。使用用途がフィットする場合は、一般的なインクジェット複合機より、こちらの方がいいかもしれませんので、ぜひ参考にしてください!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第3位】キヤノン『PIXUS(iP110)』

3位キヤノン『PIXUS(iP110)』 3位キヤノン『PIXUS(iP110)』 3位キヤノン『PIXUS(iP110)』 3位キヤノン『PIXUS(iP110)』

出典:Amazon

印刷方式 インクジェット
タイプ 単機能
ボディーの色 ブラック
インクの種別と色数 染料インク、顔料インク/5色(ブラック、4色カラー)
ランニングコスト L判フチなし:約16.2円/枚
機能 プリント、Wi-Fi対応
最大用紙サイズ A4

横幅32cm、携帯できるプリンター

スマホやタブレットから簡単にプリントできる、持ち運び可能なプリンターです。横幅が32cmと、とてもコンパクトなので机の引き出しに収納することもできます。ハイブリッドインクを採用しているので高品質な印刷が可能。

なお対応用紙のサイズはA4までです。モバイル用途はもちろん、普段は改定でプリンターをほぼ使わないけどテレワークで急に印刷が必要になったときのための備えの1台として適しています。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第2位】エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』

2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 2位エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』

出典:Amazon

印刷方式 --
タイプ 単機能
ボディーの色 ホワイト
インクの種別と色数 染料、4色一体型
ランニングコスト L版写真印刷約24.3円(用紙含む)
機能 Wi-Fi対応
最大用紙サイズ A5

面倒な年賀状もこれ1台で大量簡単印刷

パソコンで年賀状を作るのが難しいと感じているのなら、このハガキ専用プリンターがオススメです。

ハガキテンプレート1,000種類を含む4,429種類のデザインを内蔵、ハガキを原寸大で表示できる液晶タッチパネル画面を使い、出来上がりをイメージしながら思い通りの年賀状が作れます。

付属のキーボードで文字入力も簡単。もちろん、住所録機能も搭載しています。L版/2L版の写真用紙にも対応しているので、普段はデジカメやスマホの写真プリンターとしても利用できます。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

【第1位】キヤノン『iNSPiC(PV-123)』

1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』 1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』 1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』 1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』 1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』 1位キヤノン『iNSPiC(PV-123)』

出典:Amazon

印刷方式 --
タイプ --
ボディーの色 ピンク、ブルー、ゴールド
インクの種別と色数 --
ランニングコスト 専用フォトペーパー1枚あたり43円(50枚入り)
機能 Bluetooth対応
最大用紙サイズ 50×76mm

スマホの写真をいつでもどこでもプリント

118×82×19mmと手のひらサイズのミニプリンターで、スマートホンやタブレットの写真をいつでもどこでもプリントできます。専用フォトペーパーは裏面がシールになっているので、フォトブックを作ったり、切り抜いてプリクラのように使うこともできます。


専用アプリにはコラージュやフォトフレーム、フィルターなど楽しい機能が満載で、友達との旅行やレジャーの思い出をその場でプリントすれば盛り上がること間違いなしです。

おすすめ商品の比較一覧表

画像
【第3位】ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』
【第2位】キヤノン『Satera(LBP841C)』
【第1位】ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』
【第10位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(DCP-J582N)』
【第9位】キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS5330)』
【第8位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EW-452A)』
【第7位】エプソン『インクジェット複合機  カラリオ(EP-982A3)』
【第6位】エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』
【第5位】キヤノン『A4インクジェット複合機 G6030』
【第4位】キヤノン『A4カラーインクジェット複合機 G3310』
【第3位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(MFC-J903N)』
【第2位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EP-882A)』
【第1位】キヤノン『A4インクジェット複合機  PIXUS(TS8330)』
【第3位】キヤノン『PIXUS(iP110)』
【第2位】エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』
【第1位】キヤノン『iNSPiC(PV-123)』
商品名 【第3位】ブラザー『ジャスティオ(HL-L2375DW)』 【第2位】キヤノン『Satera(LBP841C)』 【第1位】ブラザー『ジャスティオ(MFC-L3770CDW)』 【第10位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(DCP-J582N)』 【第9位】キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS5330)』 【第8位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EW-452A)』 【第7位】エプソン『インクジェット複合機 カラリオ(EP-982A3)』 【第6位】エプソン『A4インクジェット複合機(EW-M752T)』 【第5位】キヤノン『A4インクジェット複合機 G6030』 【第4位】キヤノン『A4カラーインクジェット複合機 G3310』 【第3位】ブラザー『A4インクジェット複合機 プリビオ(MFC-J903N)』 【第2位】エプソン『A4インクジェット複合機 カラリオ(EP-882A)』 【第1位】キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS8330)』 【第3位】キヤノン『PIXUS(iP110)』 【第2位】エプソン『カラリオ(PF-81-2020)』 【第1位】キヤノン『iNSPiC(PV-123)』
商品情報
特徴 約34枚/分の高速モノクロレーザー A3カラープリントができるレーザープリンター 両面スキャンも簡単なファクス機能搭載A4レーザー ADFを省いて価格を抑えたエントリーモデル 使いやすさ重視のエントリーモデル 自動両面印刷に対応したエントリーモデル 経理、統計などA3用紙でも印刷が必要なら 文章をたくさん印刷するし、写真もキレイに残したい 大容量タンク搭載のエコノミーモデル 大容量タンクをもっと安く いざという時にファクスの送受信ができる 安心の1台、迷ったらコレを買っておけ キヤノンで迷ったらコレ、全部入りのハイスペック機 横幅32cm、携帯できるプリンター 面倒な年賀状もこれ1台で大量簡単印刷 スマホの写真をいつでもどこでもプリント
印刷方式 レーザー レーザー レーザー インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット インクジェット -- --
タイプ 単機能 単機能 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 複合機 単機能 単機能 --
ボディーの色 ブラック ホワイト ホワイト ホワイト ブラック、ホワイト、ピンク ホワイト ホワイト ホワイト ブラック ブラック ブラック ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト、レッド ブラック ホワイト ピンク、ブルー、ゴールド
インクの種別と色数 トナー/1色(ブラック) トナー/4色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー) トナー/4色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー) 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー) 顔料インク/4色(BKブラック、シアン、マゼンダ、イエロー) 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー) 染料6色(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ) 染料4色+顔料1色(マットブラック、フォトブラック、シアン、マゼンダ、イエロー) 特大容量タンク4色(BKブラック、シアン、マゼンダ、イエロー) 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー) 顔料インク(ブラック)+染料インク3色(シアン、マゼンタ、イエロー) 6色、染料、独立型インク(ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ) 染料+顔料インク/6色(ブラック(PGBK)、ブラック(BK)、シアン、マゼンタ、イエロー、グレー) 染料インク、顔料インク/5色(ブラック、4色カラー) 染料、4色一体型 --
ランニングコスト A4モノクロ文章約3円 A4カラー文章約11.1円、A4モノクロ文章約2.8円(大容量トナー使用時) A4カラー文章約17.4円、A4モノクロ文章約3.1円 L版約18.6円(用紙合計)、A4カラー文書約8.4円 A4カラー普通紙:約18.5円(大容量)、L判写真:約27.8円(大容量) L版光沢写真用紙約25.7円(用紙合計)、A4カラー文書約13.3円 L判写真20.6円(税別) A4モノクロ1.2円、カラー2.7円(税別) A4カラー普通紙:約1.0円、A4モノクロ普通紙:約0.5円 A4カラー文書約0.8円、A4 モノクロ文書約0.3円 L版写真約18.6円(用紙合計)、A4カラー文書約8.4円 L判写真20.6円(税抜) A4カラー普通紙:約9.9円(大容量/標準容量)、L判写真:約19.4円(大容量) L判フチなし:約16.2円/枚 L版写真印刷約24.3円(用紙含む) 専用フォトペーパー1枚あたり43円(50枚入り)
機能 プリント、Wi-Fi対応 プリント プリント、コピー、スキャン、ファクス、Wi-Fi対応 プリント、スキャン、コピー プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、スキャン、コピー プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、スキャン、コピー プリント、スキャン、コピー、FAX プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、コピー、スキャン、自動両面プリント プリント、Wi-Fi対応 Wi-Fi対応 Bluetooth対応
最大用紙サイズ A4 A3 A4 A4 A4 A4 A3 A4 A4 A4 A4 A4 A4 A4 A5 50×76mm
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年10月16日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする プリンターの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのプリンターの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:プリンタランキング
楽天市場:プリンタランキング
Yahoo!ショッピング:インクジェットプリンター、インクジェット複合機ランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【プロが選ぶ】操作性&コスパ No.1商品

初心者でも操作に迷わない!【簡単操作】のNo.1

キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS8330)』

キヤノン『A4インクジェット複合機 PIXUS(TS8330)』(商品紹介はこちら)です。

スマホの写真を補正・加工して直接印刷したり、LINEアプリを使ってプリンターに写真や文章を送って印刷したりと、スマホとの相性がバツグンです。ネイルシールやペーパークラフト、大人の塗り絵など、多彩なコンテンツも魅力的ですね。

何より維持費が安く済む!【コスパ重視】のNo.1

キヤノン『A4カラーインクジェット複合機 G3310』

キヤノン『A4カラーインクジェット複合機 G3310』(商品紹介はこちら)です。

印刷コストがA4カラー普通紙1枚あたり約0.8円、A4モノクロ1枚あたり約0.3円とダントツの安さです。本体価格は3万円台と若干高めですが、テレワークで家庭での印刷が増えたり、子どもが中高大・専門学校と成長するにつれてパソコンの使用が増えことを考えると、長期的に見てトータルコストはむしろ安くなるでしょう。

【ケース別対処法】無線LANプリンターが接続できない

トラブルになったプリンター
Payless images logo 7d75d46922da333d985fdbdff6420aad801d95739d2bd451a5187eec7ce851e9

当たり前になってきたプリンターの無線LAN接続ですが、まれにうまくつながらない場合があるようです。簡単ですが、対策法などをご紹介します。

【Case.1】無線LANの通信規格が違う

無線LANには11a/11b/11g/11n/11ac/11adという6つの規格があり、それのどれかを使用することになります。接続するプリンター、ルーター、パソコンが使用する規格に対応しているかどうか確認しましょう。商品型番でネット検索して、各社の商品ページを参考にするのがてっとり早いと思います。

【Case.2】最新ドライバーをインストールされていない

Windowsには汎用のプリンタードライバーが用意されていますが、プリンターの機能を正しく使うためにはメーカーが提供している最新ドライバーのインストールが必要です。説明書の指示にしたがってインストールしましょう。また、以前使用していたプリンターのドライバーが残っている場合はアンストールしておいてください。

【Case.3】セキュリティソフトがブロックしている

セキュリティソフトが通信をブロックしている場合があります。セキュリティソフトで、プリンターとの通信を許可するように設定してください。

【Case.4】違うSSIDに接続している

1つのルーターで複数SSIDを設定する場合、プリンターとパソコンを違うSSIDに接続しないようにしてください。ルーターにデフォルトで設定されたSSID名だと末尾が違うだけという場合が多く、画面で確認しにくいので注意してください。

(※)ポイント:Wi-Fiダイレクトを使う方法もある

パソコンとプリンターを直接接続するWi-Fiダイレクトに両機器が対応している場合は、ルーターを介さず、Wi-Fiダイレクトで直接プリントアウトをすることができます。もしWi-Fiルーターの用意がない場合は使用してみてください。

【Case.5】原因不明の場合

各機器の電源コードがぬけているなどの問題でなければ、 ルーター→パソコン→プリンターの順番に、各機器を再起動すれ起動ば治る場合があります。また接続できているが印刷できていない場合は、用紙切れやインク切れのエラーがでていないか、失敗している印刷ジョブが「印刷待ち」の状態になっていないか、などを確認してみてください。

各社トラブルシューティングの情報を発信しています。お使いのプリンターメーカーのホームページをチェックしてみましょう。
・エプソン
・キヤノン
・ブラザー

まとめ

現在、コンビニなどでも手軽に書類や写真の印刷、コピーなどができ、家庭での必要性はあまり感じなくなっています。しかし、急に免許証のコピーが必要になった、明日提出の書類データを印刷したいなど、プリンターがあるとちょっとした手間もなくなり、とても便利になります。

また、プリンターひとつで写真の印刷やアルバム作りまで、友人や家族同士で楽しめることも増えます。本記事を参考に、どんな用途でどんな機能が必要かを知って、ぜひ自分にピッタリのプリンターを選んでくださいね。

おすすめナビの他記事はこちら

※紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

※2020/11/24 コンテンツ修正のため、記事を更新しました。(マイナビおすすめナビ編集部 加藤佑一)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


フラットベッドスキャナおすすめ7選|高速スキャンで鮮明にデータ化できる機種も

フラットベッドスキャナおすすめ7選|高速スキャンで鮮明にデータ化できる機種も

本記事では、IT・テックライターの石井英男さんへの取材のもと、フラットベッドスキャナの選び方とおすすめ商品をご紹介します。様々な種類の書類を、かんたんにスキャンできる機種も多数紹介しているので、ぜひ参考にしてください!


コピー紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

コピー紙おすすめ10選|家庭用A4サイズから使いやすい安いものまで

書類などを印刷するときに必要なコピー用紙。オフィスだけでなく、プリンターのあるご家庭でも必需品です。同じように見えるコピー用紙ですが、上質紙や普通紙、再生紙といった紙の違いや、白さ、厚みなどの要素によって、質感や印刷物の映え方が異なってきます。この記事では、ITライターの酒井麻里子さんへの取材をもとに、コピー用紙の選び方とおすすめ商品を紹介します。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


【2020年版】チェキおすすめ13選|パーティーなど2次会で使える!

【2020年版】チェキおすすめ13選|パーティーなど2次会で使える!

モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんへの取材をもとに、2020年版チェキ13選をご紹介します。撮った画像の編集や加工もできるチェキをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


安いプリンターのおすすめ5選|コスパ抜群! インク代もおさえられる

安いプリンターのおすすめ5選|コスパ抜群! インク代もおさえられる

書類や年賀状、写真など、家庭でもさまざまな印刷物の出力に活躍してくれるプリンター。近ごろは、コンパクトで廉価ながらもコピーやスキャナーはもちろん、自動両面印刷や自動原稿送り装置付きなど、コスパのよい多機能モデルや高性能モデルは少なくありません。ここでは、ITライターの海老原 昭さんが選んだ格安プリンターを選ぶポイントとおすすめ商品をご紹介します。後半には各通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、あわせて参考にしてみてください。


ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

ブラザーのプリンターおすすめ7選【FAX機能やA3対応・スマホアプリ連携も】

家電ライターの秋葉けんたさんへの取材をもとに、ブラザーのプリンターの選び方とおすすめ商品を紹介します。ブラザーの商品は、ファックス機能を搭載した複合機やA3サイズの印刷に対応したプリンターなど、ラインナップが豊富です。また、ブラザーでは、購入後のユーザー登録で充実したカスタマーサービスが受けられます。製品についての問合せへの対応、万が一の故障による修理サービスもあります。本記事を参考にして、ブラザーのプリンターを検討してみてくださいね。通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


新着記事


ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

ファッションアイテム感覚で持ち歩きたい! シャーペン『ジョッター』のおしゃれさや魅力を検証レビュー

『ジョッター』は、英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号をふたつも獲得する高級筆記具ブランド「パーカー」のコレクションのひとつ。万年筆やボールペンだけでなく、シャーペンもラインナップされています。「パーカー」の象徴である矢羽をモチーフにしたクリップをそなえたシャーペンは、上質な雰囲気でスタイリッシュ。特別感があって、所有するよろこびを感じさせてくれます。しかも、1,000円台で販売されており手を出しやすいのがうれしいところ。本記事では、『ジョッター』のシャーペンを実際に試したレビューをご紹介していきます。手に取ってみないと分からない持ち心地や書き心地もくわしく見ていくので、ぜひ記事を読んで購入の参考にしてくださいね。


コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

コスパ良しのフェイスパウダー!『キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー』のカバー力を徹底検証

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムのひとつ。たくさんの種類のアイテムがあり、カバー力やキープ力などその特徴もさまざまです。そこで今回は、プチプラコスメの『マシュマロフィニッシュパウダー』をご紹介。カバー力や使い心地などについて、徹底検証してみました!


汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

汗に強いフェイスパウダー「チャコット フィニッシングパウダー」キープ力など人気の秘密を徹底検証

メイクの仕上がりを左右するといっても過言ではない、フェイスパウダー。選ぶアイテムによって仕上がる肌の質が異なり、販売されている種類もさまざまです。そこで今回は、汗に強くキープ力が高いと評価されているチャコットの『フィニッシングパウダー』をご紹介。カバー力や使用感などの評価について、実際に検証してみました。ぜひ参考にしてみてください。


【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

【2021】『クオバティス手帳』はビジネスシーンで使いやすい? 徹底レビューしてみました!

2021年度の手帳をどうしようかいろいろ情報収集していくなかで、よく見かける「クオバディス」のビジネス手帳。海外製の手帳で自分に合っているのかどうか不安に思っていたり、どのように使えばいいのかわからず購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。そこで、ここでは『クオバディス手帳』の「ビジネスプレステージ・クラブ」を実際に購入したので、カバーの質感や気になる手帳の中身を、写真を交えながら徹底レビューします。『クオバディス手帳』の中身や機能性が気になる人は、当記事を参考にしてみてくださいね。


乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

乾燥性敏感肌のための保湿ケア『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』ベタつきのない軽やかな使い心地を検証レビュー

毎日のスキンケア。保湿力が高くても、なかには肌トラブルを起こしてしまう刺激の強いものもあり、購入したものの肌に合わず使用を中止した経験がある方もいるのではないでしょうか。とくに敏感肌の方などは、スキンケアのアイテム選びはなかなか難しいですよね。そんな方におすすめなのが、乾燥性敏感肌のためにつくられた『キュレル 潤浸保湿 フェイスクリーム』。肌へのやさしさを考慮しつつも、しっとり保湿し軽やかな使い心地が魅力の保湿クリームですが、なかには残念なレビューも。この記事では、実際に使って、商品の特徴や使用感を詳しく検証。気になっているけど購入を迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


PC・スマホ・カメラの人気記事


>>もっと見る