PS4 Proにおすすめ【SSD】7選|外付や大容量商品多数! 転送速度もチェック

PS4 Proにおすすめ【SSD】7選|外付や大容量商品多数! 転送速度もチェック
ゲームキャスター
吉﨑 智宏

ゲームキャスター・MC・NA・コミュニケーションコンサルタント。 東京タワーDJ・ディズニーチャンネルのお兄さん・MCを経て、2015年TokyoGameShowから各ブースのMC・実況を担当。 代表的な競技シーン実況はカードゲーム「Gwent世界大会」、FPSゲームは「OverWatch W杯」。 配信放送では「Hearth Stone」またサッカー元日本代表前園真聖さんをゲストに迎えて「NBA2K19」のバラエティ配信MC等幅広く活動。 「ゲームで皆が楽しい」をコンセプトに、笑顔の役に立ちたいとゲーミングステージに立っている。   ゲーム以外では「承認力」をテーマに上司と部下のコミュニケーションコンサルティングを企業講義。 大手電機会社より受託、製品のプロモーションディレクター(販売士)。 他にもVP・企業展示会ナレーター、ステージMCと稼働中!   今回のエキスパート取材案件も二つ返事で受託、今後も時間の許す限り楽しく自分と仕事を広げていく予定。 趣味は「バスケットボール・読書・ゲーム・断捨離・QOL向上の模索・美味しいお店探し」 モットーは「面白そうな事は全てやる」

PS4 Proでゲームをしている人のなかには、ロード時間が長い! とイライラしている人もいるのではないでしょうか。そんなときに試したいのが「SSD」です。もともとついているHDDからSSDに交換すると、ロード時間がかなり短縮されます。本記事では、ゲームをより快適に楽しめるPS4 Pro向けのSSDの選び方について解説。ゲームキャスターの吉﨑智宏さんと編集部のおすすめ商品を紹介します。


ゲームを快適にしてくれるSSD

ゲームをするときの読み込みの遅さにストレスを感じたら、SSDを試してみるといいかもしれません。

美しいグラフィックが魅力的な「PS4 Pro」。しかし、そのぶん扱う容量が大きくなり、ゲームの種類によってはロード時間が長いものもあります。せっかくの楽しいゲームも、待ち時間が長いとイライラしてしまいますよね。もともとPS4 Proには標準のHDDがついていますが、読み込み速度はそこまで速くはありません。そんなときには「SSD」に交換してみましょう! 今までよりもロード時間が大幅に短縮され、快適にゲームを楽しむことができますよ。

PS4 ProにうってつけのSSDの選び方 ゲームキャスターからのアドバイス

ひとくちにSSDと言っても、種類はさまざま。パソコン向けに製造されているものが多く、なかにはゲーム機に使うには容量が足りないものや、そもそもサイズが大きくて入らないものもあるので注意が必要です。

では、PS4 Proに適したSSDをどのように選べばいいのか見ていきましょう。

サイズや容量はPS4 Proに対応しているか

SSDを買ったはよいものの、肝心のPS4 Proに入らない! なんていうことがないように事前にサイズを把握しておきましょう。PS4で使えるSSDは、2.5インチのサイズ、容量160GB以上、厚さ9.5mm以下です。ノートパソコン用のSSDであれば2.5インチで、厚さも7mmのものが多いので使用可能です。しかし、160GB以下の低容量は使用できないので注意しましょう。

SSDの種類について

SSDを選ぶうえで重要なのが「NAND型フラッシュメモリチップ」というデータを実際にため込んでいく場所で、「ストレージ」とも言われています。このフラッシュチップはおもに4種類。ここからは企業向けを除く、3つのタイプについて解説します。

今主流のコスパがいい「MLC」

サンディスクのSSD
Pixabay license logo 3b3fc0aa677d743be87026c8e4d64326af2ad69a9f57e1e105f34c1476e230b0

品数の多さであれば、「MLC」採用のSSDでしょう。セルと呼ばれるデータを保存する部屋に、2ビットの情報を保存する方式で、速度や耐久性にすぐれます。コスパも高いと言えるでしょう。

とにかく安い「TLC」

SSDのなかでも、安価で購入できるのが「TLC」。ひとつのデータ保存部屋に対して3ビット保存する方式です。大容量なのに安価で購入できますが、耐久性が低いのがデメリットと言えるでしょう。近年改良されてきており、耐久性を向上したTLCタイプも製造されています。

ニューカマー! 大容量の「3D MLC/TLC」

新しい方式の「3D MLC/TLC」。記憶する部分を立体的にすることで密度が上がり、大容量の保存が可能になりました。まだ商品数が少ないですが、価格帯もそこまで高くなく高性能なので、購入検討の価値ありと言えそうです。

スペックを確認する

容量やMTBFなど、こまかいスペックも製品によって異なります。一番は、自身のニーズに合っているものを選ぶこと。ここでは、そのほかの注目すべきスペックについて解説していきます。

読み取り速度、書き込み速度はどうか?

HDDやSSDには、読み込み速度と書き込み速度が表記されています。それぞれ、MB/sの単位で表記されており、数値が大きいほどロード時間が短くなります。同じSSDでも、容量によって読み込み速度や書き込み速度が異なるため、注意して確認しましょう。

自分の使用頻度などに合っている容量か?

書き込み速度や読み込み速度が上がるのは、もちろん容量が大きいものです。しかし、あまりゲームをやらない人にとっては、大容量のSSDは必要ないでしょう。容量が大きくなるほど価格も高くなる傾向にあるため、低容量SSDと外付けHDDを併用して使うのも方法のひとつです。

普段よくプレイするゲーム、またはロードに時間のかかるゲームをSSDに入れておくというのが一般的です。

平均故障時間(MTBF)が短いと故障しやすい!

機械には、必ず寿命があります。永遠に使えるものではありませんが、できる限り長く使用したいですよね。そのために、チェックすべきなのが「MTBF」です。これは平均故障時間の略で、この数値が大きいほど故障しにくいという意味になります。

また、SSDの速度も使用頻度により次第に速度が低下していきますが、「trimコマンド」(※)で改善が可能です。

※trimコマンド:OS上で削除を実行しても実際のデータはまだSSD内に残っている。その削除済みの残骸データを消去してSSDを最適化するコマンド。

私のSSD選び方はコチラ! ゲームキャスターからのアドバイス

ゲームキャスター

1)SSDの転送速度
SSDに換装するのだから本来の目的の「転送速度上昇」にはこだわりたいところ。購入前には必ず各SSDの転送速度を見くらべましょう。

2)大容量
できるだけ1TB以上を選びましょう。外付けHDDで増設もできますが、ソフトダウンロードを繰り返してすぐにデータ移動が必要になってしまいます。またシステムのためにSSD容量を圧迫するのはできるだけ避けておきたいところ。それだけに2TBのSSDは高いですが選択肢に入りますよ。

3)メーカー対応
メーカーによっては、期限を設けた「保証・復旧ソフト付」やバックアップシステム提供などに対応しています。換装時の不意の不良がまだまだあるディスク関連、企業対応の厚い製品を選ぶのもひとつ。

PS4 Proにはこちら! SSD7選 ゲームキャスターと編集部が選ぶ

ロード時間の短縮にはSSDが欠かせません。しかし、なかにはゲーム機に対応していないタイプもあるので、選ぶときには対応デバイスを必ず確認しましょう。ここでは、ゲーム機に対応しているSSDのなかでも、PS4 Proに適しているものを紹介します。

ゲームキャスター

『MX500 3D NAND SATA Internal SSD』は値は張りますが、2TB・3D NAND搭載・5年保証と熱い一品! オープンワールド系のゲームも初期HDDとくらべてかなり時間短縮ができるため、転送速度もじゅうぶんではないでしょうか。取りつけもカンタンですからエントリモデルとして選択肢に入れるのもありかも!? ただ、不良時の返送は自己負担になりますのでご注意を!

『エクストリーム プロ ポータブルSSD』は耐衝撃・耐振動・耐温度、そしてデータ復旧ソフト1年利用特典が大きい一品。それだけに1TBで2万円台と値は張りますが、安心を第一にゲームを楽しみたい人には選択肢に入るでしょう。2TBモデルはPS4の値段を越えますが、転送速度「1050MB/sec」を謳(うた)っているだけに「よいものを長く」という考えなら、これも選択肢に入れたいです。5年限定保証もうれしいですね。

PS5の情報が見え隠れするこの時期ですが「大容量」が第一の方には『WD Blue 3D NAND SATA SSD』を! 数少ない生産メーカーとして信頼性も高く、バックアップシステムの利用も可能なため「容量・信頼・バックアップ」の面から安心したい方にはおすすめ。しかし……エントリクラスPCが買えちゃう値段です。増設HDDに保管しているデータもすべてSSDに一括でまとめておきたい人にはひとつの選択肢!

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Crucial(クルーシャル)『MX500 3D NAND SATA Internal SSD』

Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』 Crucial(クルーシャル)『MX5003DNANDSATAInternalSSD』

出典:Amazon

容量 250・500・1000・2000GB
インターフェース SATA 6.0Gb/s
シーケンシャルIO Read:560MB/s、Write:510MB/s
ランダムIO Read:95K IOPS、Write:90K IOPS
サイズ 2.5インチ
重量 -

安心の5年保証つき! 取りつけもカンタン

容量2TBの大容量モデルで読み込み速度は560MB/s、書き込み速度も510MB/sを実現。ゲームのロード時間を効率的に短縮してくれるでしょう。

次世代のMicron 3D NANDを搭載することにより、低消費電力なのに高いコストパフォーマンスを可能に。データ保護と耐久性にすぐれ、さらに5年保証がついているので万が一故障した場合でも安心です。公式サイトに取りつけについてのガイドページがあるので、はじめてでもカンタンに取りつけることができるでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SanDisk(サンディスク)『エクストリーム プロ ポータブルSSD』

SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリームプロポータブルSSD』

出典:Amazon

容量 500・1000・2000GB
インターフェース USB3.1 Gen2
シーケンシャルIO Read:1050MB/s
ランダムIO -
サイズ 110.26×57.34×10.22mm
重量 -

ハイスピードでゲームを快適に

PS4だけでなく、WindowsとMacにも対応している製品。なんとデータ復旧ソフトが、1年間利用可能なので、誤ってデータを消してしまったときでも安心です。

防滴・耐振・耐衝撃にすぐれており、その強靭さが特徴。最大1050MB/sの転送スピードも魅力的で、データの保存なども問題なくおこなえます。ゲーム機以外での使用や、さまざまな場面で使いたい人にもおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Western Digital(ウエスタンデジタル)『WD Blue 3D NAND SATA SSD』

WesternDigital(ウエスタンデジタル)『WDBlue3DNANDSATASSD』 WesternDigital(ウエスタンデジタル)『WDBlue3DNANDSATASSD』

出典:楽天市場

容量 250・500・1000・2000・4000BG
インターフェース SATA
シーケンシャルIO Read:560MB/s、Write:530MB/s
ランダムIO Read:95K IOPS、Write:84K IOPS
サイズ 2.5インチ(100.2×69.85×7mm)
重量 -

4TBの大容量! バックアップも充実

驚異的なスピードとオプティマイズされたストレージが魅力のひとつです。4TBと大容量なので、PS4などのゲーム機で使用しても安心です。

無料ダウンロード可能な「WD SSDダッシュボード」でドライブの状況をパソコンなどから管理することが可能。バックアップシステムも充実していて、無料でダウンロードできるソフトウェアを使用することですべてのデータをバックアップできます。

ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』

ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』

出典:Amazon

容量 250・500・1000GB
インターフェース USB3.2 Gen2
シーケンシャルIO Read:1000MB/s、Write:900MB/s
ランダムIO -
サイズ 35×103×11.2mm
重量 約35g(本体)

耐衝撃性、耐振動性にすぐれたコンパクトボディ

読み込み速度は1000MB/sを実現! 外付けSSDとくらべて約10倍のデータ転送速度を実現しています。とにかく高速なデータ移行をしたい人には、うってつけでしょう。

容量は250GBと、そこまで大容量を求めない人にはちょうどいい容量。PS4での動作も確認済みで、専用の拡張ストレージが設定できるマニュアルも付属しています。手のひらサイズで超軽量のコンパクトでありながら、耐衝撃性と耐振動性にすぐれたボディを実現しています。

BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』

BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』

出典:Amazon

容量 120・240・480・1000・1900GB
インターフェース USB3.2 Gen1
シーケンシャルIO -
ランダムIO -
サイズ 75×11.5×117mm
重量 約100g(1.9TBのみ:約110g、ケーブル含まず)

PS4のロード時間がHDDにくべて約63%短縮!

持ち運びに便利なコンパクトサイズの商品です。チャットやLINEで相談できる窓口があるなど、サポート体制が充実しているので初心者でも安心ですね。

米国規格で判断された、耐震・耐衝撃設計が魅力のひとつ。HDDとくらべてデータアクセスが約55%、ロード時間が約63%も短縮することが可能です。新設計のコネクターを搭載。しっかり保護する形状なので、接続トラブルを軽減してくれます。

Silicon Power(シリコンパワー)『Ace A55』

SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』 SiliconPower(シリコンパワー)『AceA55』

出典:Amazon

容量 64・128・256・512・1000・2000GB
インターフェース SATA3
シーケンシャルIO 512GB(ATTO)Read:560MB/s、Write:530MB/s
ランダムIO -
サイズ 100×69.9×7mm
重量 63g

低消費電力で音が静かなのが魅力

SLCキャッシュテクノロジーを搭載することで高速な書き込みと、耐久性・高寿命化を実現。できる限り長く愛用したい人は、購入を検討して損はないでしょう。

モニタリングソフトの無償ダウンロードが可能なのもうれしいポイント。転送速度や消耗頻度状況などをモニター上で確認することができます。低消費電力で騒音がないのも魅力的。機械音などのノイズが苦手な人でも、快適に使用できるでしょう。

SanDisk(サンディスク)『ウルトラ 3D ソリッド ステート ドライブ』

SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ3Dソリッドステートドライブ』

出典:Amazon

容量 250・500・1000・2000・4000GB
インターフェース SATA3
シーケンシャルIO Read:560MB/s、Write:530MB/s
ランダムIO -
サイズ 7×100.5×69.95mm
重量 -

高速転送と耐久性を兼ね備える

読み出し速度560MB/s、書き込み速度530MB/sの超高速転送を実現しています。3D NAND技術によって耐久性にもすぐれているので、丈夫さとデータ転送速度の速さを求める人には、うれしい商品と言えるでしょう。

SSD診断ソフトウェアを無償提供しているのも魅力のひとつ。低消費電力なので、バッテリーも長持ちしてくれますよ。

「PS4 Pro向けSSD」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Crucial(クルーシャル)『MX500 3D NAND SATA Internal SSD』
SanDisk(サンディスク)『エクストリーム プロ ポータブルSSD』
Western Digital(ウエスタンデジタル)『WD Blue 3D NAND SATA SSD』
ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』
BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』
Silicon Power(シリコンパワー)『Ace A55』
SanDisk(サンディスク)『ウルトラ 3D ソリッド ステート ドライブ』
商品名 Crucial(クルーシャル)『MX500 3D NAND SATA Internal SSD』 SanDisk(サンディスク)『エクストリーム プロ ポータブルSSD』 Western Digital(ウエスタンデジタル)『WD Blue 3D NAND SATA SSD』 ELECOM(エレコム)『超高速外付けポータブルSSD』 BUFFALO(バッファロー)『SSD-PGU3/NLシリーズ』 Silicon Power(シリコンパワー)『Ace A55』 SanDisk(サンディスク)『ウルトラ 3D ソリッド ステート ドライブ』
商品情報
特徴 安心の5年保証つき! 取りつけもカンタン ハイスピードでゲームを快適に 4TBの大容量! バックアップも充実 耐衝撃性、耐振動性にすぐれたコンパクトボディ PS4のロード時間がHDDにくべて約63%短縮! 低消費電力で音が静かなのが魅力 高速転送と耐久性を兼ね備える
容量 250・500・1000・2000GB 500・1000・2000GB 250・500・1000・2000・4000BG 250・500・1000GB 120・240・480・1000・1900GB 64・128・256・512・1000・2000GB 250・500・1000・2000・4000GB
インターフェース SATA 6.0Gb/s USB3.1 Gen2 SATA USB3.2 Gen2 USB3.2 Gen1 SATA3 SATA3
シーケンシャルIO Read:560MB/s、Write:510MB/s Read:1050MB/s Read:560MB/s、Write:530MB/s Read:1000MB/s、Write:900MB/s - 512GB(ATTO)Read:560MB/s、Write:530MB/s Read:560MB/s、Write:530MB/s
ランダムIO Read:95K IOPS、Write:90K IOPS - Read:95K IOPS、Write:84K IOPS - - - -
サイズ 2.5インチ 110.26×57.34×10.22mm 2.5インチ(100.2×69.85×7mm) 35×103×11.2mm 75×11.5×117mm 100×69.9×7mm 7×100.5×69.95mm
重量 - - - 約35g(本体) 約100g(1.9TBのみ:約110g、ケーブル含まず) 63g -
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年3月12日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする PS4 Pro向けSSDの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのPS4 Pro向けSSDの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:外付SSDランキング
楽天市場:外付けSSDドライブランキング
Yahoo!ショッピング:PS4 SSDランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのPS4 Pro関連の記事も参考にしてみてください

ITライターの海老原 昭さんへの取材をもとに、PS4 Proに適したHDD5選と、選び方のポイントをご紹介します。専門家の視点で厳選していただいたHDDは、信頼できるメーカーからリリースされている製品ばかり。さらには、通販サイトのランキングも掲載していますので、PS4 Proのグレードアップ用...

ITライターの海老原 昭さんに、PS4アンプの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。サウンドに興味を持ち、いざ設置しようとしても、初心者だと何を基準に機器を選べばいいのか分かりませんよね。本記事では、アンプの特徴や選び方、注意点などを解説しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ITサポートのプロフェッショナルの一瀬哲也さんへの取材をもとに、液晶パネルの種類や必要な入力端子など4Kモニターを選ぶときのポイントやおすすめ商品をご紹介していきます。4Kテレビの値段はまだちょっと高価ですが、4Kモニターは一足先に5万円以下の商品もちらほらという状態に。LGエレクトロニクス、...

ガジェットライターが選ぶHDMIケーブル5選をご紹介します。ゲーム機やオーディオ機器、スマートフォンなどに、テレビやパソコンのディスプレイを接続するときに使うのがHDMI(High Definition Multimedia Interface)ケーブル。映像と音声の信号データをデジタルで伝達...

ゲーム機には大容量かつ読み込み・書き込み速度の速いSSDを

PS4などのゲーム機には、容量や読み込み・書き込み速度にすぐれた高性能SSDが適しています。とくに毎日のようにゲームをプレイする人は、最新の3DNANDなどのスペックもチェックしたほうがいいでしょう。ゲーム機を使用する頻度などに合わせて、快適なSSDを見つけてくださいね。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


外付けドライブケースおすすめ5選|HDD・SSD対応のケースもご紹介

外付けドライブケースおすすめ5選|HDD・SSD対応のケースもご紹介

モバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんに取材した内容をもとに、外付けドライブケースの選び方とおすすめ商品を紹介します。パソコンやノートパソコンのストレージは、内蔵型だけではありません。外付けドライブケースを利用することで、内蔵ハードディスクのバックアップや大容量のデータの保存ができます。高速転送が出来たり、最大4台のドライブを外付け可能、放熱性に優れているなど、さまざまな特徴を持ったおすすめ商品を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


M.2接続タイプSSDおすすめ4選|大容量でハイパフォーマンスなものも紹介

M.2接続タイプSSDおすすめ4選|大容量でハイパフォーマンスなものも紹介

M.2接続タイプSSD(ソリッドステートドライブ)の選び方をモバイル情報ブロガーの伊藤浩一さんが解説します。そして、M.2接続タイプSSDのおすすめ製品、5選も合わせて紹介します! パソコンのストレージは、ハードディスクが主流でしたが、ノートパソコンを中心にSSDに代わりつつあります。SSDのメリットは、速度がひじょうに速く、省スペースになるところです。そのSSDの中でも「M.2 SSD」は速度が速くなっています。商品によって処理速度やサイズに違いがあるため、本記事を参考にしてぴったりのものを選んでください。PC起動後の高速処理による発熱など、注意点も紹介しています。


ポータブル外付けSSDおすすめ5選|読み込み速度や性能で選ぶ!

ポータブル外付けSSDおすすめ5選|読み込み速度や性能で選ぶ!

ITライターの海老原 昭さんが厳選したポータブル外付けSSD5選を紹介します。BUFFALO、SanDisk、Samsung、Silicon Power、ELECOMなどのメーカーから発売されている製品のなかから、専門家の視点で選んだおすすめの商品をピックアップ。選ぶときに注意したいポイントも解説しています。さらに、各通販サイトのランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


M.2 SSDヒートシンクおすすめ5選【薄型、高い冷却効果、シンプル】

M.2 SSDヒートシンクおすすめ5選【薄型、高い冷却効果、シンプル】

家電ライターの秋葉けんたさんに、M.2 SSDヒートシンクの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。M.2(エムドットツー)は、拡張カードにおける拡張端子の規格。M.2規格を接続端子としたSSD、M.2 SSDはコンパクトで速度が速いのですが、発熱も多くなります。温度が上がりすぎると熱暴走やシャットダウンを引き起こす危険性があり、自動的に速度を落とす「サーマルスロットリング」という保護機能が付いている製品もあります。つまり、快適にSSDを使うためには、冷却効果の高いヒートシンクを選ぶ必要があるということです。ぜひ、本記事を参考にしてください。


【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

【PCゲームおすすめ5選】ゲームライター厳選の商品を紹介|オンラインRPGも!

ゲームライターの辻村美奈さんに聞いた、PCゲーム選びのポイントとおすすめの商品を紹介します。FPSやRPG、シミュレーションゲームなどさまざまなジャンルのものが販売されているPCゲーム。オンラインでいろんな人と対戦できるものも。「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」など、有名なものもご紹介するので、本記事をPCゲーム選びの参考にしてくださいね。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る