PS4アンプおすすめ5選【初心者が間違えやすい注意点と選び方】

PS4アンプおすすめ5選【初心者が間違えやすい注意点と選び方】
ITライター
海老原 昭

大学在学中よりパソコン総合誌、Windowsプログラミング誌、Mac専門誌の記者/編集者として活動し、その後輸入自動車やカーナビ等のマニュアル翻訳/制作などを経て、フリーランスとして現在に至る。 キャリアは25年目に突入。専門はアップル製品だが、WindowsもAndoridも周辺機器もソフトも等しく愛する何でも屋。

ITライターの海老原 昭さんに、PS4アンプの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。サウンドに興味を持ち、いざ設置しようとしても、初心者だと何を基準に機器を選べばいいのか分かりませんよね。本記事では、アンプの特徴や選び方、注意点などを解説しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね!


サラウンドアンプで、PS4の音質を豪華に!

さまざまな人気タイトルが発売されているPS4、せっかくゲームするならサウンドにもこだわってみませんか? PS4とアンプを接続し、音をサラウンド化することで、FPSで敵の位置をより正確に知れたり、RPGでは壮大な音楽でストーリーを進められたり、また、共闘プレイではミキシング機能でボイスチャットをしながらゲームを楽しむことができます。

PS4をひとりで楽しむとき、オンラインでみんなで楽しむときも、こだわりのある音質だと、プレイがさらに楽しくなります。

【注意点】アンプの設定にはPCが必要

ITライター

PCがない場合、本体で設定可能なモデルを

一部の機種を除いて、PS4用のゲーミングアンプの設定にはパソコンのソフトが必要です。

パソコンで設定を変更し、その設定をアンプに保存することで、PS4に接続したとき、その設定が引き継がれます。PCをUSBで接続したままPS4に光デジタルで接続すれば、設定を頻繁に変更するときでも素早く実行できます。

逆に、PS4とPCの位置が遠かったり、設定ソフトが動作するPCを持っていないときは、本体に設定変更する機能があるモデルを選んだほうがいいでしょう。

注意点まとめ

基本的に、PS4用のゲーミングアンプの設定にはパソコンのソフトが必要。
・設定を頻繁に変更する場合は、素早く実行できるものを。
・設定変更を頻繁にしない、またはPCを持っていない場合は、アンプやPS4本体に設定変更する機能があるモデルを選ぶ。

PS4アンプの選び方 ITライターに聞いた

ITライターの海老原 昭さんに、PS4アンプを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

PlayStation 4のコントローラーとPS4アンプにつないだヘッドフォン

Photo by Aman Shrestha on Unsplash

大音量でゲームを楽しみたいときはヘッドフォンが便利! PS4アンプにつなげば大迫力サウンドで楽しめます。

使っているPlayStation 4の機種で選ぶ ポイント①

ITライター

PlayStation 4で利用できるサラウンドアンプは、光デジタル接続(S/PDIF)USB接続の2種類あります。

光デジタル端子はPlayStation 4とPlayStation 4 Proで利用でき、「Dolbyサラウンド」規格に対応した機器につなぐことで立体音響が楽しめます。

一方、PlayStation 4 Slimを使っている場合、光デジタル端子がないため、USB接続のアンプを使用するか、HDMIコンバーターを介して光デジタルに変換する必要があります。

手軽なのはUSB接続ですが、サラウンド機能はバーチャルサラウンドになります。Dolbyサラウンドを使いたい場合はコンバーターの利用も検討しましょう。

Creative『Sound BlasterX G6』

DOLBY AUDIO対応でリアルなサウンドが楽しめる。さらに、かすかな動きを音で聞き取りやすくするScout Mode搭載!

>> Amazonで詳細を見る

ポイント①まとめ

【PlayStation 4・PlayStation 4 Pro】
・光デジタル接続(S/PDIF)
・USB接続のアンプ
※「Dolbyサラウンド」規格に対応した機器につなぐことで立体音響が楽しめる。

【PlayStation 4 Slim】
・USB接続のアンプ
※サラウンド機能はバーチャルサラウンド。Dolbyサラウンドを使いたい場合はコンバーターの利用も検討する。

出力する機器で選ぶ ポイント②

ITライター

わざわざアンプを使って音声出力するのは、サラウンド音声を楽しみたいため、という場合がほとんどでしょう。サラウンド環境はスピーカーでもヘッドフォンでも構築可能ですが、ほとんどの人はヘッドフォンを使うと思われます。

サラウンド対応のヘッドフォンはAUX端子(3.5ミリのステレオミニジャック)とUSB接続に別れるので、自分が利用したいヘッドフォンの端子に合った出力端子がアンプ側にもあることを確認しましょう。

一方、すでにスピーカーでサラウンド環境を構築済みで、音楽や映画も楽しみたいという場合は、ライン出力(光デジタル)に対応しているアンプを選びましょう。既存のアンプに接続して、スピーカーから音声を出力できます。

XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』

ヘッドフォン出力のみのコンパクトで軽量な手のひらアンプ。通常のステレオ音源でも独自のXROUND技術で臨場感あるバーチャルサウンドで聴ける!

>> Amazonで詳細を見る

ポイント②まとめ

サラウンド対応のヘッドフォン
・AUX端子(3.5ミリのステレオミニジャック)
・USB接続
※ヘッドフォンの出力端子が、アンプ側にあることを確認する。

スピーカーでサラウンド環境を構築済みの場合
・ライン出力(光デジタル)に対応しているアンプ
※既存のアンプに接続して、スピーカーから音声を出力する。

その他の機能で選ぶ ポイント③

ITライター

ゲーム用のアンプには、プレイ中に便利な機能を用意したものがあります。たとえばゲームによってイコライザーを調節し、チャット音声だけを強調したり、足音や銃声などを聴きやすくしたい、壮大なBGMを楽しみたい、ということもあります。

こうした設定を保存しておいて、ワンタッチで切り替えが可能なプリセット機能を備えていれば、ボタン操作だけで素早く切り替えることができ、便利です。

また、設定の切り替えのためにパソコンを使わず、アンプ単体で変更できるものは、プレイに集中することができます。

このほか、音量調整ダイヤルが用意されていたり、複数系統の音声を同時に流す(ミキシング)など、機器によってさまざまな機能があるので、ゲームプレイに集中したい、配信に利用したいなど、目的に合った機能がある製品を選びましょう。

SteelSeries『GameDAC』

有機ELディスプレイ搭載で、ミキシング・EQ・サラウンドなどが本体のみで設定可能!

>> Amazonで詳細を見る

ポイント③まとめ

便利機能一覧
・ワンタッチで切り替えが可能なプリセット機能
→ゲームごとのイコライザなどをボタン操作だけで素早く切り替えられる。

・アンプ単体で設定の切り替えができる機能
→BGMの強調やチャット音声の強調などをアンプのみで切り替えられる。

・音量調整ダイヤルが用意
→シーンや自分の好きなタイミングにあわせて音量を微調整できる。

・複数系統の音声を同時に流す(ミキシング)
→ゲーム音を楽しみながらボイスチャットなどを楽しんだりすることができる。

※ここでまとめた機能は、あくまでほんの一部です。

PS4アンプおすすめ5選 ITライターが選んだ

ここまで紹介したPS4アンプの選び方のポイントをふまえて、ITライターの海老原 昭さんに選んでもらったおすすめ商品を紹介します。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Logicool(ロジクール)『Astro MixAmp Pro TR』

Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』 Logicool(ロジクール)『AstroMixAmpProTR』

出典:Amazon

サイズ -
重量 -
入力端子 光デジタル、USB、AUX
出力端子 USB、AUX
その他機能 ミキシング、DOLBY AUDIO、カスタマイズが可能なEQモード
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

2系統のミキシングに対応したゲーミングアンプ

マウスなどの周辺機器で知られるロジクールが販売する、光デジタル端子とUSB端子のどちらにも接続可能な小型のアンプです。

音量調整ダイヤルが2つあり、メインのボリュームとチャットなどのボリュームを個別に音量調整できるのも便利です。AUX端子が2つあるため、ゲームの音声とSkypeなど別の音声をミキシングすることもできます。

Dolbyサラウンドにも対応しており、手持ちのヘッドフォンでも臨場感あふれるサウンドを楽しめます。また、同じアンプ同士を有線で接続し、ローカルで遅延のないチャットが利用できるなど、eスポーツでのチームプレイ向け機能もあるなど、ゲームに特化した機能も特徴です。

今年モデルチェンジして第4世代になりましたが、第3世代でも基本的な機能は変わらないため、どちらを選んでもいいでしょう。かなり多機能ですが、配信者からプロゲーマーまで広く適合する一台です。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

SteelSeries『GameDAC』

SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』 SteelSeries『GameDAC』

出典:Amazon

サイズ -
重量 -
入力端子 光デジタル、USB
出力端子 ライン
その他機能 カスタマイズイコライザー、ハイレゾ対応、ミキシング
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

単体で設定可能なディスプレイ搭載アンプ

ゲーム周辺機器ブランド「SteelSeries」が販売するゲーム向けのアンプです。ほかのアンプがPCで設定変更するのを前提としているのに対し、「GameDac」は単体でディスプレイを搭載しており、PCを介さずに直接アンプ上で操作してイコライザーなどの設定を変更できます。

注意点としては、出力インピーダンス(電圧と電流の比)が最大80Ωと低めなので、高インピーダンスな高級ヘッドフォンと組み合わせると音が小さく聞こえることがあります。普通のヘッドフォンなら問題はないでしょう。

家にPCがなかったり、わざわざ設定のためにPCと繋ぐのは面倒だ、という人にはピッタリでしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Creative『Sound BlasterX G6』

Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』 Creative『SoundBlasterXG6』

出典:Amazon

サイズ 約111×24×70mm
重量 約144g
入力端子 ライン、光デジタル、マイク、USB
出力端子 ライン、光デジタル
その他機能 DOLBY AUDIO、Scout Mode、ハイレゾ・DSD対応
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

定番サウンドカードのポータブルアンプ

SoundBlasterブランドのポータブルアンプの最新モデルで、ゲーム向けの機能がさらに強化されています。

パソコン用のソフトで設定すればボイスチェンジャー機能も利用できるので、ボイスチャット時にも楽しめます。

別項で紹介する「Sound BlasterX G5」の後継モデルという位置付けですが、G5では非対応だったDolbyサラウンドに対応しており、光デジタル接続すれば、臨場感あふれるサウンドが楽しむことができます。

代わりに、G5では可能だったミキシングがX6では切り替え式になっているなど、仕様上の微妙な差異もあります。

ミキシングを使う予定がなければG6のほうがおすすめです。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』

XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』

出典:Amazon

サイズ 92×27×155mm
重量 35g
入力端子 USB、AUX
出力端子 AUX
その他機能 XROUND技術
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

小型・シンプルなUSB接続専用アンプ

非常にコンパクトで持ち運びに適したシンプルなアンプです。

同社の独自サラウンド技術「XROUND」は、どんな音楽ソースでもサラウンドに変換できる技術で、ゲームだけでなくステレオ音声の音楽などもサラウンドに変換してくれます。

PlayStation 4との接続はUSBで、出力はAUX端子のみとなっており、ヘッドフォンやスピーカーにつないで使います。

設定の変更はできず、あらかじめ用意された設定しか利用できませんが、手持ちのヘッドフォンなどでお手軽にサラウンド環境を揃えたいという場合に最適でしょう。

Ex oa 3f0256c2a11b1e48776d7c061b73f0d404edaa7884fd0d3e23050b5018e26084

Creative『Sound BlasterX G5』

Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』 Creative『SoundBlasterXG5』

出典:Amazon

サイズ 約70×111×24mm
重量 約145g
入力端子 ライン、光デジタル、USB、マイク
出力端子 ライン、光デジタル
その他機能 バーチャル7.1サラウンド、Scout Mode、ハイレゾ対応、ミキシング
Thumb lg 60e03aca 3acd 4759 8da8 328fb53d3398

ITライター

ハイレゾ対応のポータブルアンプ

PCのゲーム用サウンドカードとして長い歴史と高いシェアを誇る「Sound Blaster」ブランドのポータブルアンプです。

ハイレゾに対応しており、ハイレゾ音楽向けのポータブルアンプとしても人気がありますが、PS4とは光デジタル接続が可能で、さらにUSBでPCとつなぎ、USBからの音声と光デジタルの音声をミキシングすることができるので、たとえばPCで音声チャットしつつPS4で遊べます。

また、足音だけを強調する「スカウトモード」など、ゲームプレイ向きの機能もワンタッチで使えます。

しかし、残念なことに光デジタル入力は2chしか対応しておらず、Dolbyサラウンドには対応していません。サラウンドはさほど重視しないが、音声チャットしながらプレイしたい、というケースであればおすすめです。

「PS4アンプ」のおすすめ商品の比較一覧表

画像
Logicool(ロジクール)『Astro MixAmp Pro TR』
SteelSeries『GameDAC』
Creative『Sound BlasterX G6』
XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』
Creative『Sound BlasterX G5』
商品名 Logicool(ロジクール)『Astro MixAmp Pro TR』 SteelSeries『GameDAC』 Creative『Sound BlasterX G6』 XROUND(エックスラウンド)『XPUMP』 Creative『Sound BlasterX G5』
商品情報
特徴 2系統のミキシングに対応したゲーミングアンプ 単体で設定可能なディスプレイ搭載アンプ 定番サウンドカードのポータブルアンプ 小型・シンプルなUSB接続専用アンプ ハイレゾ対応のポータブルアンプ
サイズ - - 約111×24×70mm 92×27×155mm 約70×111×24mm
重量 - - 約144g 35g 約145g
入力端子 光デジタル、USB、AUX 光デジタル、USB ライン、光デジタル、マイク、USB USB、AUX ライン、光デジタル、USB、マイク
出力端子 USB、AUX ライン ライン、光デジタル AUX ライン、光デジタル
その他機能 ミキシング、DOLBY AUDIO、カスタマイズが可能なEQモード カスタマイズイコライザー、ハイレゾ対応、ミキシング DOLBY AUDIO、Scout Mode、ハイレゾ・DSD対応 XROUND技術 バーチャル7.1サラウンド、Scout Mode、ハイレゾ対応、ミキシング
商品リンク

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

※各社通販サイトの 2020年1月27日時点 での税込価格

通販サイトの最新人気ランキングを参考にする PS4アンプの売れ筋をチェック

Yahoo!ショッピングでのPS4アンプの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング:PS4アンプランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】PS4周りを活性化させるアイテム

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページなどで商品情報を確認できない場合は、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※マイナビおすすめナビでは常に情報の更新に努めておりますが、記事は掲載・更新時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。修正の必要に気付かれた場合は、ぜひ、記事の下「お問い合わせはこちら」からお知らせください。(掲載:マイナビおすすめナビ編集部)

マイナビおすすめナビ編集部

関連する記事


2020年【モニターアーム】おすすめ22選|壁面固定タイプから2画面対応まで

2020年【モニターアーム】おすすめ22選|壁面固定タイプから2画面対応まで

デスクがごちゃごちゃしていて、仕事に集中できない。そんなときに活躍してくれるのがモニターアームです。そこで、各商品の特徴や選び方をこの記事で解説していきます。また、家電販売員・たろっささんと編集部が選んだおすすめ商品22選とモニター台3選も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。


【2020年】|AV評論家が選び方を詳しく解説!|AVアンプのおすすめ6選

【2020年】|AV評論家が選び方を詳しく解説!|AVアンプのおすすめ6選

自宅で映画館さながらの迫力感あるサウンドを再現できる、AVアンプ。音を増幅させる働きを持つAVアンプは、ホームシアターを楽しむうえで不可欠なオーディオ機器であると同時に、ゲームや音楽鑑賞でも活躍してくれるアイテムです。いざAVアンプを買おうと思っても、どれを選ぶべきかわからない……という方も多いのではないでしょうか。そこで、AV評論家の折原一也さんへの取材をもとに、専門用語の解説も交えながら、AVアンプの選び方とおすすめの商品をご紹介いたします。


【動画解説】オーディオインターフェイスおすすめ11選|PC接続/音質/端子の種類

【動画解説】オーディオインターフェイスおすすめ11選|PC接続/音質/端子の種類

オーディオインターフェイスは、パソコンと楽器・オーディオ機器とをつなぎ、入出力させるための機材です。この記事では、DTMに精通するオーディオライターの藤本 健さんと編集部が厳選したオーディオインターフェイス11選をご紹介します。また、各機能の役割を動画で解説。さらに選び方のポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


地デジ用アンテナおすすめ5選|室内用・屋外用をご紹介!

地デジ用アンテナおすすめ5選|室内用・屋外用をご紹介!

プロの家電販売員のたろっささんに地デジ用アンテナを選ぶポイントとおすすめの商品5選を教えていただきました。ケーブルテレビや光回線の契約をしていない、または集合住宅などで共聴アンテナを使用していないといった場合、地上デジタル放送(地デジ)を視聴するには、アンテナを設置する必要があります。地デジ用のアンテナは従来からある八木アンテナに加え、室内に設置できるものや景観にマッチしたスタイリッシュなアンテナなども販売されていて、選択肢が広がってきています。どれを選べばいいか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。最後に通販サイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

HDMI切替器おすすめ9選|ポート数・切り替え方式・4K対応で選ぶ! リモコンつきも

テレビ画面とブルーレイレコーダーやゲーム機、PC、HDDレコーダーなどをつなぐのに便利な「HDMI切替器」。ただのHDMIケーブルだけの場合いちいち差し替える必要があり面倒ですが、切替器があればカンタンに操作することが可能です。そこで、HDMI切替器の選び方を解説するとともに、IT・家電ジャーナリストである安蔵靖志さんと編集部が選んだおすすめの製品を紹介します。


新着記事


クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

クライミング用アッセンダーおすすめ11選│ハンド用とチェスト用の種類別に徹底比較!

アッセンダーは登高器とも呼ばれるクライミング時に使用するギア。ロープ上に固定し、クライミングを効率よくするものです。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだおすすめの商品を紹介します。サイズ・重量・右手用と左手用など、クライミング用アッセンダーの選び方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。


火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

火起こし送風機おすすめ8選|初心者でもかんたん【電動・手動も】

キャンプやバーベキューで炭を使って火を起こすとき、うちわであおいでいると時間がかかりますが、火起こし送風機を使えば、効率よく炭に風を送り、かんたんに火を起こすとができます。この記事では、登山愛好家の山崎友貴さんと編集部が選んだ、電動式と手動式それぞれのおすすめ商品をご紹介します。効率よく火を起こして、バーベキューやたき火を快適に楽しみましょう!


菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

菜切り包丁おすすめ12選|切れ味、ステンレス製で調理効率があがる【お手入れ方法も】

野菜を刻んだり切ったりするときに大活躍する「菜切り包丁」。しかし菜切り包丁といっても素材・大きさがさまざまで、なにを選べばいいか悩んでしまいますよね。この記事では、フードコーディネーターの加治佐由香里さんと編集部が、菜切り包丁の選び方と厳選したおすすめの12商品をご紹介します。


2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

2020年【ギターワイヤレスシステム】おすすめ12選|自宅やライブで!

ギターとアンプをシールドを使わずに接続できる機材がギターワイヤレスシステム。それぞれ、チャンネル数、使用周波数帯、通信可能範囲などが異な音楽機材です。そこで、 ピアノ講師/元大手楽器メーカー勤務・山野辺祥子さんと編集部で、ギターワイヤレスシステムを選ぶときのポイントと、おすすめ商品12選をご紹介します。


ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

ミニカーのおすすめ商品12選|素材、手押し・プルバック型など厳選!

子どものとき大好きだったミニカー。大人にとっても単なるオモチャではありません。バス、スポーツカー、パトカー、消防車など、車は今でも男の子の憧れ。そこで、大人と子どもが一緒に遊べるミニカーのおすすめ商品12選を、保育士の武田優希さんと編集部が厳選しました。選び方もあわせてご紹介します。


人気の記事


>>総合ランキングを見る