フローラルフォームおすすめ14選|切りやすいブロック型・手軽なボール型も紹介

フローラルフォームおすすめ14選|切りやすいブロック型・手軽なボール型も紹介

フラワーアレンジメントの土台として欠かせないのがフローラルフォーム。いくつか形状があり、ブリックと呼ばれる一般的なブロック型のほか、ボール型やリース型、コーン型などがあり、生花用・ドライフラワー用もあり、選ぶのに迷ってしまいますよね。

本記事では、フローラルフォーム選び方とおすすめ商品を紹介。さらに、記事後半には比較一覧表、通販サイトにおける最新人気ランキングのリンクもあるので、売れ筋や口コミも確認してみましょう。


インテリアコーディネーター
齋藤 令子

インテリアコーディネーター・雑貨コーディネーターとして、個人邸・マンションの内・外装、マンションのスケルトン・インフィルのプラン、マンションのモデルルーム、住宅メーカーのモデルハウス、TVスタジオのスタイリスト、TVCM・カタログ製作撮影スタイリスト、商空間デザイン等のデザイン関係、キャリアアップスクール・大学での講師。 フラワー・ガーデンデザイナーとして、ウェディング、ガーデンデザインを手掛ける。

フローラムフォームとは

花瓶とフローラルフォーム
Pixabayのロゴ

フローラルフォームとは、フラワーアレンジメントでの土台として使用するアイテムのこと。「オアシス」という名前で日本に入ってきたあと、オアシスを模してつくられたものの総称として呼ばれるようになりました。

いくつか形状があり、ブリックと呼ばれる一般的なブロック型のほか、ボール型やリース型、コーン型などがあり、生花用・ドライフラワー用もあり、好みのフラワーアレンジメントによって選ぶことができます。

フローラルフォームの選び方

それでは、フローラルフォームの基本的な選び方を見ていきましょう。ポイントは下記の3つ。

【1】形状
【2】購入数量
【3】地球環境に配慮しているか


上記の3つのポイントを抑えることで、より具体的に欲しい機能を知ることができます。一つひとつ解説していきます。

『すべてのおすすめ商品』を今すぐ見る

【1】形状をチェック

フローラムフォームには、大きく分けて「ブリック」「形どられているもの」の種類があります。一つひとつ解説していきます。

▼ブリック

 

フローラルフォームにはさまざまな形状があり、使用する目的に合わせて選べるようになっています。そのなかでも一般的なのが「ブリック(brick)」と呼ばれるブロック型のもの。

カッターなどで自由にカッティングすることが可能で、ご自宅のアレンジメントに用いる器に合わせて形を整えて使用します。均等にカットできるよう、等分線が引かれているものなどもあります。

『ブリックのおすすめ商品』を今すぐ見る

▼形どられているもの(ボール型やリース型、コーン型など)

 

フローラルフォームには、ブリックのほかにも、ボール型やリース型、コーン型など、さまざまな形状があります。こうしたフローラルフォームに花を挿すだけで、華やかなアレンジメントができあがるため、贈りものやイベント用の装飾づくりの必須アイテムとして人気を集めています。

生花はもちろん、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーに用いるドライ用のものも多数登場し、活躍の場が広がっています。ご自分の感性をいかしたアレンジメントに最適な形のフローラルフォームをご用意ください。

『ボール型やリース型などのおすすめ商品』を今すぐ見る

(★)ポイント:作りたいアレンジによって形状を決めよう

インテリアコーディネーター

「オアシス」という呼び方が広まっていますが、一般的に生花用の土台をフローラルフォームと呼びます。ブロック状で自由にカットができるのが一般的ですが、リース用やラウンド型、大型などさまざまな種類があります。

「吸水性」のものは生花・プリザーブドフラワーの両方に使え、花材用の標準タイプから茎が太いもの向きのハードタイプまでかたさも多種多様。「ドライ用」はプリザーブドフラワー・ドライフラワー向きで、かたさの種類は「吸水性」のものと同じ。アーティフィシャルフラワー(造花)に向いているのかたいスタイロフォーム製のもので、大きさ・形も多種多様です。

【2】購入数量をチェック

 

生花用のフローラルフォームは、幅23cm・縦11cm・高さ8cmサイズの立法形、1カートン48個入りで売っているのが一般的です。まとめ買いは「お買い得」ではありますが、使い切れずに長い間置いておくと、劣化することがあります。

吸水が悪くなった場合は、ドライフラワーなどにも応用できますが、使いきれるか、置く場所があるかを考慮して個数を選びましょう。48個入りより単価は上がりますが、1個入りや10個入り、20個入りも発売されています。

【3】地球環境に配慮しているかチェック

バラの花の生け花とフローラルフォーム
Pixabayのロゴ

生花用・ドライ用のフローラルフォームは、先発の「オアシス」に準じてフェノール樹脂でできているのがほとんど。近年では、多くのメーカーは地球環境に配慮しています。

製造過程でフロンガスを使用しないものや、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質を排出しないフローラルフォームをつくったりと工夫をこらしています。また、「土に還る」商品として、トウモロコシを使った植物由来のエコ商品も開発されています。

フローラルフォームおすすめ14選

それでは、フローラルフォームのおすすめ商品をご紹介いたします。

▼【ブリック型】はこちら(自由にカットして形状を決める)

▼【ボール型やリース型など】はこちら(もともと形が決まっている)

▼【おすすめ商品の比較一覧表】はこちら


すぐに各商品が見たい方は、上記のリンクをクリックしてくださいね。

▼【ブリック型】はこちら(自由にカットして形状を決める)

スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム スタンダード』

インテリアコーディネーター:齋藤 令子

インテリアコーディネーター

1個買いならこれがおすすめ

初めてフローラルフォームを使う方で、使用頻度が少なく、大きさもおおよそレンガ大くらいで足りるのであれば、古くからフラワー資材を提供している東京堂が扱うフローラルフォームをおすすめします。

ただし、たくさん入っている1ケース買いに比べてかなり割高になることは否めません。1個売りの場合、透明フィルムで包装しているものもありますが、これはひとつひとつが箱入りなので、メーカーもわかり安心です。

松村工芸『アクアフォーム スタンダード』

松村工芸『アクアフォームスタンダード』 松村工芸『アクアフォームスタンダード』 松村工芸『アクアフォームスタンダード』

出典:Amazon

インテリアコーディネーター:齋藤 令子

インテリアコーディネーター

使いやすい数量に見合う納得の価格

「西洋の生け花」として日本に「フラワーデザイン」が入ってきたときから、旧来の剣山と器の代わりをつとめたのが「オアシス」でした。日本の花材市場はオアシスを長い間使用してきましたが、プロに花資材を提供する業者・松村工芸が開発したのが、このアクアフォームです。

アクアフォームに用意された3種のかたさのうち、ソフトとハードの中間にあたるスタンダードは、名前の通り一般的なアレンジメントに向いたもの。かたすぎず柔らかすぎず、ちょうどいい使いやすさです。量も、使い切りやすい10個入りというのはうれしいですね。

アスパック『フローラルフォームプレミアム』

アスパック『フローラルフォームプレミアム』 アスパック『フローラルフォームプレミアム』 アスパック『フローラルフォームプレミアム』 アスパック『フローラルフォームプレミアム』

出典:Amazon

インテリアコーディネーター:齋藤 令子

インテリアコーディネーター

コストパフォーマンスに優れています

1ケース48個入り。入り数が多いため、置き場所がある方、使い切ることができる方向きの商品です。大量に入っているので、販売価格はどうしても高くなりますが、数量で割れば1個当たりはかなりの低価格。

吸水性にも優れていて、一般的な花のアレンジには使い勝手がよくおすすめです。お教室をもっていらっしゃる方で、大量に使用する場合にぜひお試しください。

スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム マックスライフ デラックス』

インテリアコーディネーター:齋藤 令子

インテリアコーディネーター

大きなアレンジメントにはかためのオアシスで

フローラルフォームの代名詞ともいえるのがオアシス社の『オアシス』です。プロ向けの商品でもあり、安心して使用することができるのは大きなメリットでしょう。

「デラックス」は、オアシスのなかでもっともかたい商品で、茎の太い花にも対応可能です。こちらの商品は20個入りですが、48個入りと大量に入ったものもあります。プロほど頻繁に使用するのでなければ、20個でじゅうぶんな量であるはずです。中間のかたさである「スタンダード」と上手に使いわけてください。

東京堂『アレンジフォーム』

インテリアコーディネーター:齋藤 令子

インテリアコーディネーター

アーティフィシャルフラワー(造花)に最適!

茎にワイヤーが入ったアーティフィシャルフラワー(造花)をアレンジメントするなら、生花用とはまったく違う素材の「アレンジフォーム」を使いましょう。

これは、断熱材としても使われるスタイロフォームを、生花用のフローラルフォームに近いブロック型にカットしたもの。この商品以外にも、さまざまな大きさが用意されています。

細く切った布テープなどでしっかりと器にとめたり、器との隙間や底に油粘土を入れて重さを出したりするなどの工夫で、スタイロフォームが動かないようにすれば、ワイヤーの入った造花に対応できます。

ニッパン『フローラルフォーム』

大きさ入数ともに使い勝手のよいフローラルフォーム

ご自宅の花器に合いやすく、使い勝手のよい大きさで人気のフローラルフォーム。12個入りなので頻繁に使う家庭であれば無理なく使い切れます。フローラルフォームは使い捨てにせざるをえないため、あまり高価なものは選べないという方もいらっしゃいますが、その点この商品はコストパフォーマンスがよいといえるでしょう。

フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』

フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』 フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』 フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』

出典:Amazon

利便性が高くリーズナブルなフローラルフォーム

吸水性のフローラルフォームですが、生花だけでなく、さまざまな用途に応用可能です。ブリザーブドフラワーやドライフラワー、アーティフィシャルフラワーなどのアレンジ用としても使えます。本体には2等分ラインや3等分ライン、横ラインなどが引かれており、フローラルフォームを等分に分割できるのもうれしいポイントです。

スミザーズオアシスジャパン『ドライ用セックブリック』

用途の広いドライ用フローラルフォーム

ドライフラワーやプリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなど、水を必要としないフラワーアレンジメント全般に使えるドライ用フローラルフォームです。きめがこまかく、粉が少ないレギュラータイプで、強度が必要なアレンジでも使いやすいのが大きなメリットです。

松村工芸『アクアフォーム ドライ』

松村工芸『アクアフォームドライ』 松村工芸『アクアフォームドライ』 松村工芸『アクアフォームドライ』

出典:Amazon

プロに認められたドライ用フローラルフォーム

プロのフローリストからの信頼が厚い松村工芸が開発した、ドライ用フローラルフォーム。

アーティフィシャルフラワーやドライフラワー、プリザーブドフラワーをアレンジするためには、重量のあるお花をしっかりホールドする必要があります。この商品は、適度なかたさとホールド力があり、お花をちゃんと支えてくれるので、安心してアレンジに取り組めます。

アミファ『マルチフローラルフォーム』

アミファ『マルチフローラルフォーム』 アミファ『マルチフローラルフォーム』

出典:楽天市場

さまざまな用途に応用可能なお徳用ブリック

生花はもちろん、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなど幅広い用途に対応できるブリック状のフローラルフォーム。

さまざまな花器にフィットさせられる使い勝手のよいサイズが48個も入っているので、生け花教室・アレンジメント教室などを開いている方、プロのフローリストのニーズにもこたえられます。

▼【ボール型やリース型など】はこちら(もともと形が決まっている)

東京堂『オアシス球』

場を華やかに演出できるボール型フローラルフォーム

トピアリー(装飾的な造形)や吊り下げアレンジが可能なボール状のフローラルフォームが6個セットになった商品です。どの角度から見てもお花が楽しめる、ボール型のフローラルフォームを使用したフラワーアレンジメントに向いています。また、初心者向けの適度な大きさで扱いやすいのもポイントです。

ホワイエ『FSニューリング』

あらゆるタイプのリースに使えるリングタイプ

リースやスタンドアレンジのベースとして用いられる、リング状のフローラルフォームです。生花はもちろん、ドライフラワーやプリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワーなどにも対応しているので、さまざまな用途でお花を楽しめます。

松村工芸『アクアコーン』

松村工芸『アクアコーン』 松村工芸『アクアコーン』

出典:楽天市場

クリスマスツリーなどのアレンジに最適

ドライ用のフローラルフォームとして使用されることが多いコーン型ですが、こちらは生花もアレンジできるタイプです。生花を用いたクリスマスツリーのアレンジに適しています。

また、生花以外にも、ドライフラワーやプリザーブドフラワーのアレンジにも使用可能。さらに、粘土などでつくったマカロンをタワー状にするための土台にも向いています。クリスマスなど、さまざまなイベントを盛り上げる小道具のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

アスパック『フローラルフォーム ミニシリンダー』

アスパック『フローラルフォームミニシリンダー』 アスパック『フローラルフォームミニシリンダー』 アスパック『フローラルフォームミニシリンダー』

出典:楽天市場

机のうえにちょっとしたお花の華やぎをプラス

直径7.5cm、高さ6cmと扱いやすいサイズのミニシリンダー状フローラルフォーム。平型で、小さめの花器にもすっぽり収まり、食卓のうえなどにちょっとお花の華やぎを添えたいときに最適な大きさです。

生花はもちろん、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーなどにもつかえるようにつくられているため、さまざまなニーズにも対応可能です。紫外線に強く、変色・劣化しにくいのもうれしいポイントです。

▼【おすすめ商品の比較一覧表】はこちら

画像
スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム スタンダード』
松村工芸『アクアフォーム スタンダード』
アスパック『フローラルフォームプレミアム』
スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム マックスライフ デラックス』
東京堂『アレンジフォーム』
ニッパン『フローラルフォーム』
フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』
スミザーズオアシスジャパン『ドライ用セックブリック』
松村工芸『アクアフォーム ドライ』
アミファ『マルチフローラルフォーム』
東京堂『オアシス球』
ホワイエ『FSニューリング』
松村工芸『アクアコーン』
アスパック『フローラルフォーム ミニシリンダー』
商品名 スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム スタンダード』 松村工芸『アクアフォーム スタンダード』 アスパック『フローラルフォームプレミアム』 スミザーズオアシスジャパン『オアシス フローラルフォーム マックスライフ デラックス』 東京堂『アレンジフォーム』 ニッパン『フローラルフォーム』 フラワーデザインスタジオReve『フローラルフォーム』 スミザーズオアシスジャパン『ドライ用セックブリック』 松村工芸『アクアフォーム ドライ』 アミファ『マルチフローラルフォーム』 東京堂『オアシス球』 ホワイエ『FSニューリング』 松村工芸『アクアコーン』 アスパック『フローラルフォーム ミニシリンダー』
商品情報
特徴 1個買いならこれがおすすめ 使いやすい数量に見合う納得の価格 コストパフォーマンスに優れています 大きなアレンジメントにはかためのオアシスで アーティフィシャルフラワー(造花)に最適! 大きさ入数ともに使い勝手のよいフローラルフォーム 利便性が高くリーズナブルなフローラルフォーム 用途の広いドライ用フローラルフォーム プロに認められたドライ用フローラルフォーム さまざまな用途に応用可能なお徳用ブリック 場を華やかに演出できるボール型フローラルフォーム あらゆるタイプのリースに使えるリングタイプ クリスマスツリーなどのアレンジに最適 机のうえにちょっとしたお花の華やぎをプラス
形状 ブリック ブリック ブリック ブリック、ボール、リングなど ブリック ブリック ブリック ブリック ブリック ブリック ボール リング コーン ミニシリンダー
サイズ 幅23×奥行11×高さ8cm 幅23×奥行11×高さ8cm 幅66.5×奥行33×高さ46.5cm 幅23×奥行11×高さ8cm 幅19.5× 奥行10×高さ7.5cm 幅15.7×奥行11×高さ8.1cm 幅23×奥行11×高さ8cm 幅23×奥行11×高さ8cm 幅23×奥行11×高さ8cm 幅23×奥行11×8cm 直径7cm 直径20×高さ4cm 直径14×高さ33cm 直径7.5×高6cm
入数 1 10 48 48 1 - 1 1 1 48 6 2 2 3
素材 フェノール樹脂 フェノール樹脂 フェノール樹脂 フェノール樹脂 ポリスチレン フェノール樹脂 フェノール樹脂 ウレタン樹脂 フェノール樹脂 フェノール樹脂 フェノール樹脂 フェノール樹脂 発砲フェノール樹脂 フェノール樹脂
かたさ 中間 中間 中間 かため かため 中間 中間 中間 かため 中間 中間 中間 中間 中間
商品リンク

※各社通販サイトの 2021年1月18日時点 での税込価格

各通販サイトのランキングを見る フローラルフォームの売れ筋をチェック

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでのフローラルフォームの売れ筋ランキングも参考にしてみてください。

Amazon:フローラルフォームランキング
楽天市場:フォームランキング
Yahoo!ショッピング:フラワーアレンジメント用フローラルフォームランキング

※上記リンク先のランキングは、各通販サイトにより集計期間や集計方法が若干異なることがあります。

【関連記事】そのほかのフラワー関連の記事はこちら

最後に|エキスパートのアドバイス

インテリアコーディネーター

生花に使用するとき、フローラルフォームにじゅうぶん水を吸わせたつもりでも、置き場所によっては、蒸発が早く進んでしまうことがあります。まずは毎日のフォームの様子を観察することが大切です。蒸発が進んでいるようなら、100mlほどの水を補給しましょう。その際、生花用の保持剤を入れておくことをおすすめします。

フローラルフォームは、1度挿した茎を抜いて挿しなおしする際、より深く挿さなければ抜いた茎の空間ができてしまい、水を吸い上げないことがあります。これを避けるためには、どの方向からも挿すことが可能というメリットを活かして中心向きに挿していくこと。中心部分は茎も重ならず、水の吸い上げもできるので大切なお花が長持ちします。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がマイナビおすすめナビに還元されることがあります。

※「選び方」で紹介している情報は、必ずしも個々の商品の安全性・有効性を示しているわけではありません。商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。

※商品スペックについて、メーカーや発売元のホームページ、Amazonや楽天市場などの販売店の情報を参考にしています。

※レビューで試した商品は記事作成時のもので、その後、商品のリニューアルによって仕様が変更されていたり、製造・販売が中止されている場合があります。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

マイナビおすすめナビ編集部

映画・アニメ鑑賞が趣味の20代編集部員。ホラー以外ならなんでも好みで、学生時代は800本以上の作品を鑑賞。知りたがりで、気になったことは何でも調べてしまう半面、興味のないことには見向きもしない性格。ちなみに、夏でも冬でも半袖Tシャツを着る根っからの暑がりで、冷暖房の気温はみんなが寒いと思うくらいがちょうどいい。担当は『家電』『アウトドア』『ホビー』など。

関連する記事


生け花用フラワーベース・花瓶のおすすめ10選|おしゃれ&インテリアに彩りを

生け花用フラワーベース・花瓶のおすすめ10選|おしゃれ&インテリアに彩りを

本記事では、生け花用フラワーベースの選び方とおすすめ商品をご紹介。さらに、記事後半では、花瓶・フラワーベースの通販サイトへのリンクも掲載しています。素材、形状、デザインが魅力的な商品を豊富に紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 花瓶・花器 , インテリア雑貨

お洒落な花瓶おすすめ23選|おしゃれな北欧風やガラス製なども紹介

お洒落な花瓶おすすめ23選|おしゃれな北欧風やガラス製なども紹介

本記事では、インテリアとして映えるお洒落な花瓶の選び方とおすすめ商品をご紹介。一輪挿し、つぼ型、筒型、ラッパ型など形状別に紹介していきます。人気ブランドのiittala(イッタラ)、Kahler(ケーラー)などの商品にも注目。ぜひお部屋の雰囲気にピッタリ合う花瓶を見つけてくださいね。さらに、後半にはAmazonなど通販サイトの最新人気ランキングのリンクもあるので、ぜひ売れ筋や口コミを確認してみてくださいね。

tag icon 花瓶・花器 , インテリア雑貨

花瓶のおすすめ18選|形状別に、おしゃれ・かわいい商品を紹介

花瓶のおすすめ18選|形状別に、おしゃれ・かわいい商品を紹介

花をおしゃれに飾るための花瓶。少し前までは花を飾るためだけのものでしたが、今ではお部屋のインテリアの1つとして活用をしている方も多いと思います。アンティーク調のものや北欧風のものからニトリ、無印良品、100均のダイソーまでさまざまな商品が販売されており、素材もガラス、陶器、プラスチック、値段も高いものかた安いものまでどれを選んでよいか迷っている方もいるのではないでしょうか? 本記事では、花瓶の選び方やおすすめ商品をご紹介。プレゼントや贈り物などでも使える商品もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

tag icon 花瓶・花器 , インテリア雑貨

一輪挿しおすすめ12選|ガラスや陶器製まで、おしゃれでかわいい商品を紹介

一輪挿しおすすめ12選|ガラスや陶器製まで、おしゃれでかわいい商品を紹介

花瓶よりも小さい一輪挿しは、テーブルコーディネートがしやすく、さまざまな飾り方を楽しむことが可能。ニトリや無印良品、ダイソーやセリアなどの100均でも売られています。本記事では、一輪挿しの選び方とおすすめ商品をご紹介。値段が安いものから、おしゃれなブランドアイテムまでさまざまな商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

tag icon 花瓶・花器 , インテリア雑貨

ハンギングプランターおすすめ11選|植物を空間演出する選び方も紹介

ハンギングプランターおすすめ11選|植物を空間演出する選び方も紹介

「自宅のインテリアや庭先にナチュラルさをプラスしたい」「鉢植えをおしゃれに飾りたい」そう考えている方にピッタリなのが、ハンギングプランターです。天井から吊り下げたプランターから見えている緑や花々を見ていると、安らぎを感じられると同時に、ガーデニングの幅も広がります。そんなハンギングプランターですが、壁掛けタイプと吊り下げタイプがあり、素材もアイアンやプラスチックなどさまざまな種類が売られており、選び方を間違えると部屋に不釣り合いになってしまいます。本記事では、ハンギングプランターの種類ごとの特徴や選び方、そしてタイプ別のおすすめ商品をご紹介。一通り読んでいただければ、ハンギングプランターの選び方をしっかり網羅できるはずです。ぜひ参考にしてください。

tag icon インテリアグリーン , 花瓶・花器 , 鉢・プランター

マイナビおすすめナビについて


マイナビおすすめナビは、「買いたいものがきっと見つかる」サイト。各分野の専門家と編集部があなたのためにおすすめの商品を厳選してご紹介します。モノ選びに悩むことなく、簡単スマートに自分の欲しいモノが見つけられます。